1 :◆oCJZGVXoGI :2018/04/08(日) 21:15:49.58 :t7eLvP620

大槻唯ちゃんの可愛さを少しでも書けていたら幸いです


2 :◆oCJZGVXoGI :2018/04/08(日) 21:21:02.24 :t7eLvP620

唯「Pちゃん、おっつー☆」

P「ん?あぁお疲れ様。レッスンはどうだった?」

唯「バッチリだよー☆ ってあれあれ? Pちゃん本当におつかれ~?」

P「うん、少し疲れ気味かもね」

唯「じゃあそんなおつかれのPちゃんには、ゆいのキャンディーあげる♪」

P「んむっ!? いきなり口に押し込むなよ……って、これもしかして食べ掛け?」

唯「えへへ~!アタシと間接チューだよ☆」

P「はぁ。唯、お前さん誰にでもこんなことするのかい? 大抵の男は勘違いするぞ?」

唯「男の人にはPちゃん以外にはやんないもーん!」

P「そうかい。飴ありがとうな、じゃあ俺はまだ仕事残ってるから」

唯「少しだけ休憩してドリンクバー行こうよー!」

P「ゴメンな、また今度」

唯「ぶーっ」


3 :◆oCJZGVXoGI :2018/04/08(日) 21:21:47.73 :t7eLvP620

P「そうむくれるなって。これも皆が活躍する為なんだからさ」

唯「うーん、ゆい達の為に頑張ってくれるのは嬉しいけど、それでPちゃんと一緒にいれないのは寂しいよー!」

P「今回の件が落ち着いたらまた遊びに行こうな?」

唯「ほんとっ!? 約束だからね!」

P「あぁ。じゃあ、俺は仕事に戻るから」

唯「無理はダメだかんねー☆」

唯(でも、やっぱり寂しいなー……)


4 :◆oCJZGVXoGI :2018/04/08(日) 21:22:43.73 :t7eLvP620

唯「あーあ、最近Pちゃんゆいに構ってくれなくてつまんなーい!」

渚「どうしたのさ急に」

唯「だってだってー! さっきもレッスン終わりにドリンクバー誘ったのに断られたんだもんっ!」

友紀「まぁこの時期は皆忙しいからねー」

薫「かおるもせんせぇと遊べなくてつまんなー!」

唯「ねー☆」

渚「気持ちは分かるけど、お仕事の邪魔はしちゃダメだからね?」

唯・薫「「はーい!!」」

友紀「あっはっはー、良いお返事だ!」


5 :◆oCJZGVXoGI :2018/04/08(日) 21:24:17.02 :t7eLvP620

唯「あーあ、Pちゃんも忙しいしつまんないなー。……あ、たくみんだー☆」

拓海「その呼び方は止めろ! って唯か」

唯「おっつー♪あ、とっこーふくだー! それ着てるの久しぶりじゃない?」

拓海「そうか? まぁあたしと言ったらコレだからな。Pの奴、フリフリの衣装を着るような仕事ばっか取ってきやがってよ……」

唯「えー、可愛いのも似合うじゃーん」

拓海「似合ってねーよ!」

唯「そっかなー? あ、これなんて読むの?ゆいと同じ字が入ってるけど」

拓海「あ? あぁ『天上天下唯我独尊』だな。イカしてるだろ?」

唯「うんうん、イケてるー☆ で、どういう意味なの?」

拓海「あー、確か『天の上も天下も全部引っくるめてあたしが一番だ!』って意味だな」


6 :◆oCJZGVXoGI :2018/04/08(日) 21:25:05.13 :t7eLvP620

唯「凄いんだねー」

拓海「だろ?」

唯「ゆいがどくそん、かー」

拓海「どうした?」

唯「ううーん、なんでも無いよー♪ じゃあまたねー!」

拓海「おう、またな」


7 :◆oCJZGVXoGI :2018/04/08(日) 21:26:13.01 :t7eLvP620

唯「Pちゃーんっ!」

P「おぅっ!? どうしたんだよ唯」

唯「最近Pちゃんがゆいを構ってくれないから、Pちゃんの全部をゆいがどくそんしちゃうの!」

P「唯がどくそん……? もしかして天上天下唯我独尊のことか?」

唯「Pちゃん物知りー☆」

P「それほどでも無いけどね。って、意味が違うんじゃないか?」

唯「そうなの? たくみんからアタシが一番だー!って聞いたよ?」

P「それは誤用、つまりは間違った使い方だね。正しい意味は、えーっと……」

千夏「簡単に説明するなら『誰しもが皆ただ一人の尊い存在である』って所かしら?」

唯「ちなったん♪ ゆいに会いに来てくれたのー?」

P「相川さん、お疲れ様です」

千夏「お疲れ様。はいこれ、こっちのプロデューサーから」

唯「ちなったんお使いだったの?」

千夏「えぇ。唯ちゃんに会いに来るついでにね」


8 :◆oCJZGVXoGI :2018/04/08(日) 21:27:08.49 :t7eLvP620

P「ありがとうございます。意味の方も」

千夏「どういたしまして」

唯「ちなったんも物知り~♪ ねぇねぇ、他にも教えて?」

千夏「構わないわよ。でもプロデューサーさんの事はいいの?」

唯「あっ」

P「俺の事は気にしないでいいよ」

唯「そんなのつまんなーい!」

P「じゃあ、相川さんから聞いた話を後で俺に聞かせてくれよ。ケーキでも食べながらさ」

唯「奢ってくれるの!?」

P「あぁ、前に奢って貰ったお返しにね」

唯「Pちゃん大好きー!」

千夏「……最近、春なのに暑いわよね」

P「からかわないで下さいよ」

千夏「ご馳走さま」

唯「Pちゃん後でねー☆」

P「あぁ」


9 :◆oCJZGVXoGI :2018/04/08(日) 21:28:58.84 :t7eLvP620

唯「……それでねそれでね!」

P「ふぅん、そうなんだ」

唯「ねぇPちゃん、ゆいがどくそんって皆オンリーワンなんだよって意味なんだよね?」

P「簡単には、らしいね」

唯「ゆいは、Pちゃんのオンリーワンになれる?」

P「もうなってるよ」

唯「ホント?」

P「本当さ」


10 :◆oCJZGVXoGI :2018/04/08(日) 21:29:26.55 :t7eLvP620

唯「じゃあPちゃん、ゆいにガラスの靴を履かせてくれる?」

P「……今よりもっと忙しくなるぞ?」

唯「そっかー。ゆい、寂しいのはイヤだなー。それに、Pちゃんが忙しくて倒れたりするのも絶対にイヤ!」

P「唯は優しいなぁ」

唯「だから、Pちゃんの分までゆいが頑張るね☆」

P「倒れるなよ?」

唯「疲れたらおんぶして貰うもーん♪」

P「じゃあ、頑張るか」

唯「うん!」

唯「Pちゃん、ゆいがどくそんだよっ!」


11 :◆oCJZGVXoGI :2018/04/08(日) 21:31:01.47 :t7eLvP620

以上です。総選挙の時期なのでそれっぽい描写も入れてみました。
それでは失礼します


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】大槻唯「ゆいがどくそんっ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1523189749/