1 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/03/21(水) 14:40:14.62 :oAjz3E0T0

ちひろ「開口一番相手の正気を疑うなんてあんまりだと思いますよ」

モバP(以降P表…当然秘密だ)「失礼しました。ちひろさんは元よりトチ狂ってますもんね」

ちひろ「ちょっとこっち来てくれませんか?いえちょっと殴るだけですよ」

P「ハッハッお断る。んでどうしたんですか突然。今月の課金徴収額に不満でも?」

ちひろ「いえ、単にそういう企画案が届いたので面白そうだな、と思いまして」

P「いかがわしいビデオの企画じゃないんですから」

ちひろ「でも確実に絶対に滅茶苦茶需要はあると思いますよ!」フンスッ

P「まぁ、そりゃあるでしょうねえ…」

ちひろ「と言う訳ですよ」

P「まず誰が誰にやるんですか。特にくすぐられ側なんて希望する娘なんていないでしょ」

ちひろ「…ドッキリ的に」

P「ただのハラスメントじゃねえか」

ちひろ「チッ、変なところでモラリストですね」

P「埼玉県には紳士とレッズサポーターしかいないんですよ」

ちひろ「……あ、もしもしまゆちゃん?ええ、プロデューサーさんと合法的にイチャコラできるお仕事があるんだけど」

P「千川!おい千川!」

ちひろ「今からマッハで来るそうです」

P「えっ、俺がくすぐるんですか!?」

ちひろ「大事なアイドルをそこらの見知らぬ馬の骨に触らせても良いと?」

P「ウチの娘はやらんぞ!」

ちひろ「お前の娘じゃねえよ」

まゆ「まゆですよぉ」ガチャッ

P「本当に速ぇ!」

ちひろ「すみませんねまゆちゃん。突然お呼び立てして」

まゆ「大丈夫ですよ?ロケはもう終わってましたから。あ、これお土産のポンジュースです」

P(…まぁ、まゆなら大丈夫か。普段のじゃれ合いの延長みたいなもんだし)

こずえ(それはどうかなぁ~…)

P(お仕事頑張りなさい)


2 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/03/21(水) 15:05:18.16 :oAjz3E0T0

ちひろ「さて、カメラカメラっと…」ゴソゴソ

P「後でしっかり検閲しますからね。…んで、このまま俺はまゆの事コチョればいいんですか?」

まゆ「どうぞ!」バッ

P「少しは躊躇いなさい」

ちひろ「そうですねぇ…何人分かの画は欲しいので1人あたり5分間くらいでいきましょうか」

P「5分間くすぐられるって結構キツくないですか?」

まゆ「まゆは一向に構いません!」フンスッ

P「構いなさい。今からオッサンの指がその瑞々しい肌に襲い掛かるというのに」

まゆ「あ、服は着たままでいいんですかぁ?」

P「ノリノリぃ!」

ちひろ「着たままのほうがマニアックでウケると思いますよ」

P「チヒィッ!!」

ちひろ「ではカメラ回しまーす」

まゆ「さぁPさん。さぁ、さぁ!」

P「くっ…!まともなのは俺だけか…!すまんなまゆ。終わったらご飯連れてってやるからな」

ちひろ「本番3秒後ー」

P「もう始まっとる!」

P「ええい、こうなったら決めるぜ覚悟!」

まゆ(Pさんに合法的に触ってもらえるPさんに合法的に触ってもらえるPさんに合法的に触ってもらえるPさんに合法的に触ってもらえる)

P「うーん、まずは定番的に…脇かな?」ツツッ

まゆ「っ!?」ビクンッ

P「れでぃー」

まゆ「あ、あのPさん?思ったよりこそばゆいのでなにとぞお手柔らかに…」

P「ごー!」ゴチョコチョコチョコチョコチョコチョ

まゆ「あひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ!!」

P(ごめんなまゆ…こんなゲスい千川企画にも真摯に付き合ってくれるお前は本当に良い子だよ)コチョコチョコチョコチョコチョ

まゆ「あひゃひゃひゃひゃひゃ!!い、いきが…息が…!!」

P(巷ではヘッポコだのポンコツだのへちょいだの言われてるけどまゆが真面目で素直で頑張り屋な娘だって、俺はちゃんと知ってるからな?)コチョコチョコチョコチョ

まゆ「はひっ!ぴ、Pさ…!て、てかげ…!ひっ!あひっ!ひきゅっ!」

ちひろ(今更ですけどお茶の間に出せる光景じゃありませんよねコレ)Rec


3 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/03/21(水) 15:23:21.83 :oAjz3E0T0

ちひろ「はーい、あと30秒ー」Rec

まゆ「ぴ、ぴぃひゃ…!はっ、まゆ、もぉ…!ひっ……!」ビクッビクッ

P(牛タン試食会場でスカウトした時からやたら押しの強い娘だなぁとは思ってたけど…デビュー当初のヤンデレ風評とか何だったんだろうなホント)コチョコチョコチョコチョ

まゆ「はひ…っ!ひぃ、ひぃ……」

ちひろ「はい終了ー!お疲れさまでしたー」

P「…おっと、もう時間ですか。お疲れさん、まゆ。大丈夫か?」

まゆ「………あ……ぅあ………」

P「……」

ちひろ「…小刻みに痙攣しちゃってますね」Rec

P「アカンやりすぎた」

ちひろ「でも何となく幸せそうですね。こんな恍惚とした表情しちゃって」

P「おーいまゆー大丈夫か?まゆ?まゆー?」

まゆ「……す………、すご、かっ……た……っ」ガクッ

P「まゆー!?」

ちひろ「取り合えず仮眠室に寝かせてきましょうか」

P「チクショウ、一体どうして、どうしてまゆがこんな事に……!」

ちひろ「お前がやったんだろ」

P「……」

P「…結構楽しいですねこれ」

ちひろ「私が言うのもアレですけどアンタも大概酷いですね」



P「流石にまゆのあんな姿は使えませんね。さて、次の娘は」

ちひろ「ノリノリじゃないですか」

P「とは言えこんなアホな事にメリットも無くわざわざ付き合ってくれる奇特なアイドルなんてそうそういる訳…」

凛「蒼穹の果て、私はここにいる!」ガチャッ

ちひろ「いらっしゃい。お待ちしてましたよ」

凛「プロデューサーに5分間くすぐられて耐えられたら夕飯デート?まぁ悪くないかな」

P「何か尾ひれついてるんですけど」


4 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/03/21(水) 15:33:43.20 :oAjz3E0T0

凛「さぁプロデューサー。私はもう覚悟出来てるよ。きなよ」

P「俺のほうは何の覚悟も心の準備も理解も追いついてねーですよ」

凛「あ、服は着たままでいいの?」

ちひろ「そっちの方が喜ぶ人がいるんですよ」

P「どなたかこの中で常識人はいらっしゃいませんかー!?俺だけか!」

凛「大袈裟だね。くすぐりなんて子供の悪戯じゃない。5分間くらい全然余裕だよ」

ちひろ「お、フラグですかね」

凛「5分と言わず10分でも20分でもいけると思うよ?私くすぐられるの結構強い方だし」

ちひろ「お、フラグですね」

P「まぁ、凛がその気満々なら別にいいけどもさ」スッ

凛「ひゃん!」ビクッ

P「え?」

凛「ご、ゴメンびっくりしちゃった。…わ、脇なの?」

P「いや、別に個所は決めてないけど…ねぇ?」

ちひろ「まぁ、どこをくすぐるとは決めてませんから」

凛「だ、だったら脇以外にしてもらっていい?…あ、ほら。私脇はあまり効かないからさ。それだと面白くないでしょ?」

P「…ソウダネ」

P「じゃあ…ちょっと下がって脇腹とか」サスッ

凛「ひんっ!」ビビクッ

P「…耳?」スッ

凛「ひぅ!」

P「首筋」ススッ

凛「ひゃうっ!」

P「顎の下」サスサス

凛「ゴロゴロゴロゴロ…」

ちひろ「遊ばないでください」


5 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/03/21(水) 16:03:14.56 :oAjz3E0T0

ちひろ「それではカメラ回しますねー」

P「ええい、それじゃあココならどうだ!」ムンズッ

凛「ひゃっ!ちょっ、足掴まないで!?」

P「そいやっ!」スポーンッ

凛「靴下ぽーんしないで!?」

ちひろ「本番3秒後ー」

P「だからもう始まっとる!」コチョコチョコチョコチョコチョ

凛「あはははははははははははははははは!!ちょ!あ、あし!あしのうら…!はぁっ!」

P(そう言えば最近首が痛いって言ってたっけ…確か首のツボはこの辺り…)コチョコチョコチョコチョ

凛「あはははははは!!ぷ、ぷろでゅー…!いたっ、ちょっといたっくすぐったい息が!息ができな…!」ジタバタ

P(まだ若いし平気だろうけど肝臓と胃と食道のツボもやっておこう)コチョコチョコチョコチョグリグリコチョコチョ

凛「あはははははははっ!痛いくすぐったい痛いさっ、酸素が!酸素が足りない…!」

ちひろ(オッサンに生足掴まれてくすぐられて悶絶している女子高生……何モバコイン取れますかねぇ)Rec

P(ここは小腸)コチョグリグリコチョコチョコチョ

凛「ひぃっ!はひっ!痛くすぐった…無理もう無理ギブ!ギブだって!」ビクッビクッ

P(ここは確かリンパ腺)コチョグリグレコチョコチョコチョ

凛「ま、まいった!私、のっ!ま、負け…あはははははは!も、許しっ!ひゃっ!ひぃっ!」

P(ここは…多分何かの秘孔?)コチョコチョコチョコチョゴリグリコチョコチョ

凛「はひっ!ひっ、はあっ、はあ…!!も、いき、でき、な…!きゃぅ!ゆる、し…!て、ぇ……!」

P(おっと偶然感度が40倍になるツボに指が!)コチョコチョドスッコチョコチョコチョコチョ

凛「~~~~ッ!!!!……っ!!……ァッ!!」

ちひろ(oh…)





凛「」ビクッ…ビクッ

P「あらら…白目剥いて気絶しちゃいましたね」

ちひろ「途中から泣きが入ってましたよ?鬼デューサーさん」

P「いやぁ、つい足ツボに夢中になっちゃって。ああもう、涎出てるぞ凛」フキフキ

凛「」

ちひろ「あらあら、こんなに服もはだけてしまって…凛ちゃんが新しい世界に目覚めちゃったらどうするんですか」

P「取り合えず痙攣してる凛も仮眠室に置いてきますね」

ちひろ「襲っちゃ駄目ですからねー」

P「する訳ないでしょ!」

ちひろ「いや、アンタにじゃなくて」

P「えっ?あ、ちょ凛!何でしがみ付くちょっ!それはやめ……!」 

ちひろ「…そろそろ普通に使えそうな画が取れる娘に来てほしいんですけどねぇ」


アーッ!


12 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/03/22(木) 02:01:29.05 :N7ToG7rU0

P「凛を寝かせてきました」ボロッ

ちひろ「おかえりなさい。…随分お早いんですね」プッ

P「必死に振りほどいて首筋に手刀打ち込んできたわ!」

P「これよく考えたら俺にも危険がありません?」

ちひろ「さぁて次は誰が名乗りを上げてきますかねぇ」

P「貴様さては最初から分かっていたな?」

あやめ「P殿の尋問を5分間耐えられれば日光江戸村に連れて行ってもらえると聞いて!」シュタッ

ちひろ「いらっしゃい。でも上からじゃなくてちゃんとドアから入ってきてね?」

P「尾ひれが段々大きくなってきてません?」

P「って言うかあやめさんや。オッサンにくすぐられるんだぞ?抵抗とか無いん?」

あやめ「最初からずっと天井裏より見届けておりましたので!」

あやめ「ご安心ください。あやめは忍び、まゆさん達のようには行きません!」

P(まゆと凛のあの姿を見て何なのこの自信)

ちひろ「フラグにしか聞こえませんね」

あやめ「さぁさぁ!あやめは逃げも隠れも致しません!」

P「忍者としてどうなんだよそれ」サスッ

あやめ「はひゃんっ」

P「…」

あやめ「ふ、不意打ちとは汚いですぞ!?」

ちひろ「本番1分後ー」

P「とっくに始まっとるんかい!」コチョコチョコチョコチョ

あやめ「ひんっ!あひゃはははははははははははははっ!!こ、これしきのこと…!し、しの、びっ!はぁ…!」

P(今更ながら忍びコスなんだなぁ…脇とかおへそとか丸見えやん)コチョコチョコチョコチョ

あやめ「あ、あらゆる、くつっ、苦痛っ!にぃっ!た、たえ…た、え……!ひゅぃぃっ!!」ビクッビクッ

P(鎖帷子の隙間とかこちょり放題なんだよなぁ…そうだ、ついでに手でも縛ってみようか)ギュッ キュッ コチョコチョコチョコチョ

あやめ「はーっ、はぁー………え、あ、あのP殿…な、なに、をおおぉ!?ひゃふぅ!」

ちひろ(迷いなく忍者コスプレ少女を縛り上げおったあの天然サディスト)Rec

あやめ「くっ、くぅ…!こ、この、ような辱めで…!く、口を割るわたくしでは…あぁっ!?」

P(タートルズ再放送しないかなぁ)コチョコチョコチョコチョ


15 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/03/22(木) 02:35:46.13 :N7ToG7rU0

あやめ「し、しのび、たるもの…っ!こ、これしき…ひぅっ!こ、これしき、のこと、で…!ひぃぃっ!!」

P(ライトアップのブリッジは~♪異次元行きのダイヤモンドアドベンチャー♪)コチョコチョコチョコチョ

あやめ「ひゃはははは!こ、こうさ…降参っ!こ、降参ですP殿っ!!ひっ!負けです!あやめの、ま、け…!!」

P(この星を守るために~♪受け継いできた秘密のち~から~♪)コチョコチョコチョワシャコチョ

あやめ「参りましたっ!参りましたP殿っ!お、お情けを…っ!はひっ!ひぐぅっ!?お許しくださぃぃっ!!」

P(高く強く五色の誓い~はためかせ~♪)コチョコチョコチョコチョ

あやめ「お、堕ちました!あやめはっ…!も、もう堕ちました……っ!ひぃっ!はひっ!ひいぃっ!!」

ちひろ「はい時間でーす」

P「おっと、案外5分ってあっという間なんですねえ」

ちひろ「多分くすぐられてる側にとっては永遠に近い5分間だと思いますけどね」

P「えっ?…お、おいどうしたあやめ!なんて姿に……!」

ちひろ「お前がやったんだよ」

あやめ「」ヒューッ ヒューッ

P「くっ…!無残にも両手まで縛られて…一体誰がこんな外道な真似を」

ちひろ「お前だってばよ」

あやめ「……P、…ど、の……」

P「あやめ!大丈夫かあやめ!?」

あやめ「あ、あやめは……耐え抜きまし、た……」ガクッ

P「全然ダメだったじゃねーかあやめェ!!」

ちひろ「流石ニンジャさんあざとい」




P「例のごとく仮眠室に寝かせてきました」

ちひろ「そろそろベッドが足りなくなりそうですね」

P「結局今の映像も使えそうにないですし」

ちひろ「もうちょい手加減してあげてください。片っ端からKOしてるじゃないですか」

P「いやぁ…つい楽しくなっちゃって」

ちひろ「やだこのケダモノ。私にまで変なことしないでくださいね?」

P「オェェッ」

ちひろ「おいちょっと待てお前コノヤロウやんのかコノヤロウ」


16 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/03/22(木) 03:23:43.68 :N7ToG7rU0

ちひろ「さぁさぁお次は誰が来ますかね?雫ちゃんとか拓海ちゃんあたりなんてどうでしょう」ワクワク

P「やめなさいお茶の間に出せないでしょうが」

ちひろ「でしたら礼子さんとかレナさんあたりで」

P「お茶の間!」

千秋「騒々しいわね…外まで響いてるわよ」ガチャッ

ちひろ「おはようございます千秋ちゃん。ほらプロデューサーさん獲物が来ましたよ?」

P「おはようパッツン」

千秋「聞いたわよ。また馬鹿げた企画を始めたらしいわね」

P「ハハッ、否定のしようもない」

千秋「くすぐりなんて子供の遊びでしょう?それをたった5分我慢するだけでプロデューサーさんがディナーに連れて行ってくれるんですってね」

P「おい誰だ情報操作してんの」

ちひろ「プロデューサーさんプロデューサーさん。今度はきちんと手加減してあげてくださいね?」

P「わかってますよ。いい加減使える映像を撮れないと」

千秋「…聞き捨てならないわね」

ちひろ「え?」

千秋「子供の遊びだとは言ったけれどやるからには本気よ。当然プロデューサーさんも、ね」

P「いやいや、でも年頃の娘さんの体をオッサンがガチでまさぐる訳には…」

千秋「最初の頃に言ったでしょう?どんな特訓だって乗り越えてみせるわ」

ちひろ「と、千秋ちゃんは言ってますけど?」

P「……覚悟は出来てるんだな?」

千秋「当然でしょう?」

P「よし、千秋がそこまで言うなら俺も手加減なんてしないぞ」

千秋「ふふ、例え貴方が相手だろうと負ける気はしないわよ?私は」

ちひろ(昨日マリカーでボロ負けしてメソメソしてたクセに)

P「それじゃちひろさん。カメラお願いします」

ちひろ「がってん」スチャッ

千秋「……ふ、服は脱ぐべきなのかしら?」ソワソワ

P「脱ぐなぁゴールデンに流せねぇだろ」


17 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/03/22(木) 03:38:35.38 :N7ToG7rU0

千秋「それで、私はどうすればいいのかしら」

ちひろ「そうですねぇ…まゆちゃんは正面からコチョりましたしあやめちゃんは縛りましたし…」

千秋「え、縛…?」

P「これまでの経験を踏まえてジタバタされると面倒ですしソファに寝そべってもらうとか?」

ちひろ「お、いいですねぇ。いかがわしい画になりそうです」

千秋「ね、ねぇ縛るって…」

P「それじゃ千秋。そこのソファにゴロンしてくれるか?」

千秋「えっ?え、ええ…こうかしら」ゴロッ

P「両手を頭の上にしてな。…んー、でもこれだとくすぐり難いな」

ちひろ「馬乗りになっちゃったらどうです?」

P「いやそれは流石に絵面が…」

千秋「構わないわよ」

P「…そこは構って欲しいんだけど。……失礼します」ギシッ

千秋「んっ…」

P「重くない?大丈夫か?」

千秋「え、ええ…平気よ」ゾクッ

P「お願いだからそんな目で見ないで」

ちひろ「はい、それでは本番17秒後ー」

P「フライング続きだなぁオイ!」

千秋「遠慮はいらないわ。居眠りしてしまったらごめんなさいね?」

P「凄ぇ自信」

千秋「負ける気がしないと言ったでしょう?」

P「んじゃ早速」コチョコチョコチョ

千秋「あひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃごめんなさい無理無理無理ギブッ!ギブ!!」ジタバタ

P「すまんなよく聞こえない」コチョコチョコチョコチョ

千秋「ひぃっーっ!む、むりっ!これ、こんなのむりぃ!!あはははははっ!!ギブッ!ギブだってば!!あはははは!!」

ちひろ(即堕ちじゃねーか)Rec


18 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/03/22(木) 04:28:46.78 :N7ToG7rU0

P「脇ばっかりじゃ芸がないよな。脇腹とか背中とかもいってみっか」コチョコチョサスサスコチョコチョ

千秋「ひぃっ!?そ、そこはダメぇ!きゅうっ!?こ、降参!私の負け!ま、負けだってばぁ!!きゃははははははっ!!」

P「指先でこう、触れるか触れないかぐらいのタッチでなぞるようにだね」コショコショコショコショ

千秋「ひぃぃっ!!ひゃめっ!そ、それダメこそばゆいのダメぇ!!きゃぅっ!はひっ、ひぃっ!あははははっ!こ、呼吸、が…!」

P「こんなところに偶然筆と羽箒が。比奈や沙紀の忘れ物かな?」コショコショサスサスコショコショ

千秋「あはははは!!無理っ!も、もう無理よ!!お願い許して!ひぎっ!?そ、そんなの無理…!きゃははははは!!い、いっそ殺してぇ…!!」

ちひろ「ヘイそこの鬼。時間ですよー」

P「あ、もう5分ですか。いやぁ、あっという間に感じますねぇ」

千秋「……っ!…ぅ……ぁ…っ…!」ガクガク

P「うわぁ千秋ぃ!!だ、大丈夫か!?」

ちひろ「むしろアンタが大丈夫ですか」

千秋「………ぁ……あぁ…」

P「おい千秋しっかりしろ!千秋!?おい!」

千秋「………ご……」

P「ご?」

千秋「………」キュッ

P「えっ」

千秋「ご…ご主人、さま………」

P「」

ちひろ「oh…」





P「千秋も仮眠室にポイして来ました」

ちひろ「もうベッド空いて無かったんじゃありませんか?」

P「ええ、ですから寝袋に入れて吊っておきました」

ちひろ「うら若き乙女を堕として詰め込んで吊るすとか鬼の極みですね」

P「この企画俺が失うもの多すぎません!?」


34 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/03/23(金) 02:54:42.59 :hdgQZYyU0

ちひろ「全然使える映像が撮れないんですけど」

P「そもそも企画自体に問題があるのでは?」

ちひろ「需要は必ずある筈なんです!問題があるとしたらやっぱりプロデューサーさんだとしか」

P「金の亡者がゲスな笑みを浮かべてカメラ向けてるのがいけないんじゃないですか?」

ちひろ「誰がゲスですか誰が」

P「金の亡者は否定しねぇところが流石と言うか」

ちひろ「だったらプロデューサーさんがカメラ回してくださいよ。ほらほらっ」

P「ちょ、俺が撮って俺がくすぐるんですか?」

ちひろ「金の亡者がカメラ回しているのが原因かもしれませんからねぇ」

P「スネちゃったよこの人面倒臭いな……まぁいいや。んじゃ試しに誰か1人ぐらい」

ちひろ「ちゃんと使えるモノ撮ってきてくださいねー」




P「フンフンフフンフーン♪羊を剃ったらほぼ山羊~♪」スタスタ

P「お」

時子「アァ?」

P「丁度良いところに。暇か?」

時子「豚に割く時間なんて持ち合わせていないわよ」

P「ちょっと協力して欲しい事があるんだよ。あ、人気の無い部屋で話そうか」

時子「豚の耳には念仏どころか言葉も通じないみたいね」

時子「で、何よ」







P「時子が撮れました」ボロッ

ちひろ「何それ超見たい!」

P「ハッハッ、他人に見せたらガチで叉焼にされそうなんで残念ですがお蔵入りですね」スッ

ちひろ「何懐にテープ入れてるんですか自分だけ楽しむつもりですねズルい!」

P「ハッハッ、いやぁ凄かった」


36 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/03/23(金) 03:32:17.75 :hdgQZYyU0

P「さて、じゃあ後1人2人試してろくなモン撮れなかったら諦めましょうか」

ちひろ「時子ちゃんの映像!」

P「年少組は流石にアウトですしねぇ…俺普通に社会的に死にそうだし」

ちひろ「時子ちゃん映像!」

P「ここは幸子とかみくみたいなバラエティ寄りアイドルだと有難いんだけどなぁ」

美波「そうなんですか?」

P「そうなんだよ。美波とか文香なんて来た日にゃあ深夜枠どころかTSU〇AYAの暖簾の先に陳列される類の内容になっちまいそうだし」

美波「プロデューサーさん、あの暖簾を潜った事があるんですね」

P「いや埼玉には存在しないからあくまで都市伝説としてだね知識としてだね…?」

P「……おはよう美波」

美波「おはようございます。プロデューサーさん」

ちひろ「おはようございます美波ちゃん。規格の趣旨はご理解頂けていますか?」

美波「はい。プロデューサーさんにくすぐられて5分耐えられたら1日何でもしてくれるって」

P「誰だよ誇張してるの!」

美波「本日はよろしくお願いしますプロデューサーさん」ペコリ

P「1日何でもしたりしないしオッサンの指が女子大生の柔肌に触れるんだけど少しは抵抗とか無いん?」

美波「美波、頑張ります!」

P「お仕事熱心ダナー」

美波「えっと…ここはちょっと脱いだりした方がいいんでしょうか?」

P「いい訳あるかぁ」

ちひろ「そのままで構いませんよ。でもその短いスカートだと危険かもしれませんねぇ」

美波「あ、大丈夫です。ちゃんと下に水着を着てきましたから。ほら」ピラッ

P「それでよく風評が云々と文句が言えるなぁ!?」

ちひろ「なら逆にスカートだけ脱いだ方がカメラ映えするんじゃないですかね」

美波「そ、そうですか?」カチャカチャ

P「どなたかこの事務所に理性のある方はおりませんかー!?」





ありす「あれ、どうしたんですか?まるで覗きみたい見えますよ?」

文香「……お色気枠、取られました…」クスン


48 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/03/24(土) 01:45:24.78 :9dHQt9rz0

P「それじゃあコチョるぞ?」

美波「はい。よろしくお願いします」

P「よろしくして良いものだろうか」

美波「あの、どんな姿勢になれば良いんでしょうか?」

P「何でそうみんなしてノリノリなのさ」

ちひろ「じゃあそこのソファに横になってみてもらえますか?」

美波「えっと、こう…ですか?」

ちひろ「お、いいですねぇ。千秋ちゃんはうつ伏せでしたけど美波ちゃんは仰向け派ですか」

美波「えっ」

ちひろ「さぁプロデューサーさん。花盛りの女子大生に馬乗りになってください」

P「言い方が!」

美波「お、お手柔らかに…」ドキドキ

P「だから何故ノリノリ!?」

ちひろ「若さとは躊躇わないことらしいですよ?」

P「年頃の娘さんがこんなんで良いのか……それじゃあ、失礼します」ギシッ

美波「んっ…」

P「跨る姿勢だから体重はかかってない筈だけどもし重かったら言ってくれな?」

美波「お、お構いなく…」

P(しかし今更ながら凄い状況だよなぁ……いかん、余計なことは考えないようにしよう)

ちひろ「それでは本番1分13秒後ー」

P「お前カメラ係向いてねぇなぁ!」

P「それじゃあ早速くすぐるからな。苦しかったりきつかったら右手を上げるんだぞ?」

美波「だ、大丈夫です。アーニャちゃんや蘭子ちゃんとよくふざけてくすぐりっこしたりしていますし」

P「何その尊い世界」コチョコチョコチョ

美波「あんっ!」ビクッ

P「しかも全然大丈夫じゃねぇし」コチョコチョコチョコチョ

美波「ひゃうっ!ちょっ、くすぐっ…!んんっ!んんーーっ!!」

P(お、両手で口を塞いだ。初めてのパターンだ)コチョコチョコチョコチョ

美波「んーっ!!んんっ!!ふぐぅっ!ふぅっ…!ふぅっ……!!)

P(顔を真っ赤にして、身をよじりながら必死に口を押さえているけどくぐもった声が細い指の隙間から熱い吐息と共に漏れ出している)コチョコチョコチョコチョコチョ

美波「ふぐっ!!んんっ!!んーーっ!?ぁう…!ぅく…ぅぅ…ん…!」ビクビクッ

ちひろ(エッッッッッッッッ)Rec


49 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/03/24(土) 03:08:12.72 :9dHQt9rz0

美波「んっぅっ…!んっ、んんっ…!……っはぁ!んぐぅーっ!」

P(息も絶え絶えにつたなく体をよじらせて悶えつつ、何故か視線がずっとこちらを向き続けている美波…けしからんと思います)コチョコショコチョコモフコチョ

美波「んぐぅーっ!んっ!やっやめ…んぐっ!んんんーっ!!」バタバタ

P(大丈夫。美波はエロそうなだけであってエロくないのはちゃんと分かってるから)コチョコチョコチョモフモフコチョ

美波「むぐぅっ!?んんーっ!…ぷはっ…!ぷ、ぷろ、でゅ……!ぎぶっ、ギブ……!」

P(スケベじゃなくてムッツリなだけだもんな。誰だ「例のプール」が似合うアイドルとか言ったのは)コチョコチョコチョコチョワシャワシャ

美波「も、もう、ダメ…っ!はぁ、はぁ…!んんっ!んっ、ん……!はっ、激し…んっ!あぁっ!!」

P(安心しろ美波。お前はエロいアイドルなんかじゃないぞ。ロボットアニメのOPみたいな歌ばっか歌うアイドルだ)コチョコチョコモショモショコチョモミコチョ

美波「~~~~~ッ!!!?」

ちひろ(あの男はどうしてこの状況であんな僧みたいな顔をしていられるんだろう…)

ちひろ「あ、時間でーす」

P「おお、もうですか」スッ

美波「はぁ…っ!…はぁ……はぁ……っ!」

P「ど、どうした美波!無事か!?」

ちひろ「どの口が」

P「取り合えず寝かせてきますね?よいしょ、っと…。うわぁ、べちゃべちゃだぁ」

ちひろ「何がですか」

P「それじゃ、仮眠室に連れてってきます」

ガシッ

P「えっ」

美波「………」

P「み、美波…?」

美波「………」ニヘラッ

P「」ゾクッ

ちひろ(あ、アカンこれ)


50 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/03/24(土) 03:34:03.45 :9dHQt9rz0

P「危なかった…本当に、本当に危なかった……」ボロッ

ちひろ「無事で何よりです」

P「無事じゃねぇわ絞りつくされるかと思いましたよ。何をとは言いませんけど」

ちひろ「美波ちゃん結構いい画が撮れたと思うんですけど……企画モノとしては」

P「そうですね。ただし頭にRがつきます」

ちひろ「うーん、残念ですけど次の娘で最後にしましょう。あ、時子ちゃんの映像渡してください」

P「ウェヒヒ」

ちひろ「渡せや」

P「嫌ですよ見せたら俺が時子にポカポカされちまう」

ちひろ「前から思ってましたけど時子ちゃん何だかんだでプロデューサーさんに甘くないですか?」

P「ハハッ、ちょっと何言ってるのかわかんない」ガタッ

乃々「あぅ」

P「おっと悪い」

乃々「お、お構いなくぅ…」

P「…」

ちひろ「…」

P「…」ヒョコッ

乃々「ひぃっ」

P「いつから居たん?」

乃々「…正気か千川、くらいからですけど…」

ちひろ「1レス目じゃないですか」

乃々「…あぅぅ」

P「…」

乃々「あう、あう…」

P「……」

乃々「……」

乃々「ぬ、脱げばいいんですか…?」

P「まって違う」


63 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/03/24(土) 15:20:41.03 :9dHQt9rz0

ちひろ「ではラストは乃々ちゃんですね」

P「待ちなさいな。いくらなんでも森久保は駄目でしょ。色んな意味で」

ちひろ「乃々ちゃんどう?」

乃々「ご、5分耐えればプロデューサーさん1日優待券が頂けるんですよね…?」

P「何所が発行してんだそんなモン!」

乃々「や、やるくぼですけどぉー…!」

P「仕事で見せてほしかった」

ちひろ「さぁプロデューサーさん。恐怖に怯える14歳の瑞々しい体に思う存分指を這わせてください」

P「チッヒ!」

乃々「ひぃぃっ」ポスッ

P「お前も怯えながらなんで膝の上に乗る!?」

乃々「ごめんなさい…顔が見えないのは、怖いです…」クルッ

P「向きの問題では無くてだね」

ちひろ「お、対面〇位ですね」

P「千川自重!」

乃々「や、優しく…してくださいね?」

P「何でこういう時だけ目を見て言うんだよ…」

ちひろ「では本番3秒後ー」

P「二度とカメラ持つな!」

乃々「あ、あの…」

P「大丈夫なのか?いつも言ってるけど本当に嫌なら…」

乃々「あ、あやめさんみたいに縛ったりはしないんですか?」

P「お前の将来が不安だよ」コチョコチョコチョ

乃々「ふひっ!?うひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ!!」

P「大丈夫か?」パッ

乃々「ひぃっ…はひっ……び、びっくりしたんですけど…」

P「せやろね」コチョコチョコチョコチョ

乃々「あひゃひゃひゃひゃひゃ!?」

P「大丈夫か?」パッ

乃々「はぁ…はぁ……だ、だいじょうぶ、ですけど…」

P「なら良かった」コチョコチョコチョコチョ

乃々「はひゃはははは!!、やるならひと思いにしてほしいんですけど…っ!!」

P「えっ何だって?」コショコショコショコショ

乃々「あひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ!」

ちひろ(oh…テクニシャン)


64 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/03/24(土) 15:53:44.37 :9dHQt9rz0

P(最初の頃に比べて森久保も随分人里に降りてくるようになったもんだ…)コチョコチョコチョワシャ

乃々「ひゅいっ!?せ、背筋をなぞるのは反則っ…!ひぃっ!」ゾクゾクッ

P(初めは近づくだけですぐ隠れちゃって残像しか見えなかったもんなぁ…それが今では)コチョコチョワシャモシャ

乃々「く、首筋っ…!みみ…っ!て、手つきが、やらしい…っですっけ…どぉ……!」

P(今ではこんな立派に………別の意味で問題児かもしれないけど)コチョコチョコチョコチョ

乃々「ふぐぅぅぅ~~~~っ!?」ギュゥッ

P「ぐぇっ」コチョコチョモシャコチョワシャワシャ

乃々「~~っ!!……んぐぅっ!んんっ……!ふぎゅぅぅぅぅ……!」ガクガク

P(必死にしがみ付いてくる森久保の乱れた吐息が耳元にかかるんですけど)コチョコチョボノコチョ

ちひろ(悟りでも開いてるんですかアイツ)Rec

乃々「んんーーっ!!あぐっ!ふぐ……!ふーっ!ふーーっ……!」

P(痛い痛い噛まれてる噛まれてる」コチョコチョボノノコチョコチョ

乃々「~~~~ッ!!」ビクッ!ビクッ!

ちひろ「はいしゅーりょー。時間ですよー」

P「お、このアホ企画もようやく終わりですね。お疲れ森久保」

乃々「……」グッタリ

P「も、森久保ォ!どうした森久保!猫抱えた留美さんみたいな顔だぞ!」

ちひろ「14歳相手にえげつない指使いしておいて」

乃々「…も、もりくぼは……もう、だめです…」

P「諦めるな森久保ォ!傷は浅いぞ森久保ォ!」

ちひろ「首筋に乃々ちゃんの歯型ついてますよスケコマシ」

P「今すぐ仮眠室連れてってやるからな森久保!気をしっかり持て!」

乃々「お…お城のような建物ですか…」

P「仮眠室!」

ちひろ「いってらっしゃーい。ごゆっくりー」


65 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/03/24(土) 16:09:52.32 :9dHQt9rz0

ガチャッ

P「よーし着いたぞ。すぐに休ませてやるからな?」

P「…あれ、みんな目が覚めてたのか。ごめんな?色々大変だったろ」

P「残念だけど今回は企画倒れだな。もちろんみんなにはちゃんと後で埋め合わせを……って」

P「ど、どうしたみんな…目つきが怖いんですけど?あっ何でカギを!?」

P「あ、いや…確かに俺も悪ノリし過ぎたのは確かだゴメンだから一旦落ち着こう?冷静にまずは話を…話を!」

P「いやいやいやいやマズいマズい!それはアカン!アカンて!!」

P「お、落ち着け!まずは素数をっ素数を数えて!チクショウ全員力強ぇ!!」

P「へ、へるぷみーー!!」



アーーーーーーーーーーーッ!!




ちひろ「…因果応報、ですね」

ちひろ「さぁて、流石にこんな映像テレビで流す訳にはいきませんけど…折角撮ったのにむざむざ廃棄するのも勿体ないですよねぇ」

ちひろ「…」ニヤッ

ちひろ「……プロデューサーさんが身を削って撮ったものを無駄にするのは忍びないですから仕方ないですね。ええ仕方ないんです」

ちひろ「えっと、まずは目元にモザイクを入れて…」ポンポンッ

ちひろ「はい?」

芳乃「ほー」

ちひろ「oh…」

芳乃「そなたの罪を数えるのでしてー」

ちひろ「い、今更数え切れますかぁ!!」




アーーーーーーーーーーーッ!!








アッキー「終わりだ」

優「あははっ、アッキーのホワホワくすぐったい~♪ハミング?」


66 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/03/24(土) 16:16:51.59 :9dHQt9rz0

花粉症で苦しかったのでくすぐりSSにしました。俺は一体何を書いているんだ…?千秋をまともに動かしたのは初めてかもしれません。ポンコツですいませんでも千秋は絶対ポンコツだと信じています。しかし一体何を書いているんだ…。
私事にはなりますが渋限定に上げたものも含めてモバマスSSはこれで99作目になりました。100作記念は……どうしよう?
これからもちょっとだけハジけたウチの子達にお付き合い頂ければ不貞寝する回数も減ります。何卒菩薩のような心でよろしくお願いします


オツカーレ


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】モバP「アイドルをくすぐり倒す企画?正気か千川」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1521610814/