1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/19(月) 17:45:23.97 :XBT96Pnz0

アイドルになる前の三船美優と佐藤心が出てくる二次創作ssです
原作に登場しないキャラクターが登場しますので苦手な方はご注意ください
デレステの三船美優コミュ1の要素を含んでいます


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/19(月) 17:48:39.80 :XBT96Pnz0

オヤジ「おぉ?そんな格好で来るたぁ珍しいお客さんだなぁ。OLさんかい?」

OL「あ、はい・・・一応」

オヤジ「そうかいそうかい。バットは向こうに置いてあるから、それ使ってくれなぁ」


3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/19(月) 17:49:34.65 :XBT96Pnz0

OL(バッティングセンターなんて初めてですが・・・)

OL(ストレス発散のために来るのは、少し時代遅れでしょうか)

OL「・・・」キョロキョロ

OL(こんな時間ですし、誰もいませんよね)チャリン


4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/19(月) 18:01:03.06 :XBT96Pnz0

OL「・・・えいやっ」スカッ

パスン…

OL(・・・あ、今ので終わりみたいですね)

OL(・・・全然当たらなかったけど、ストレス発散にはなりました・・・あら?)

金髪「おいーっす☆」

オヤジ「おっ、しんちゃんか」

金髪「その呼び方やめろって言ってるだろ☆しばくぞ☆」

オヤジ「わるいわるい、ついな」


5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/19(月) 18:02:05.45 :XBT96Pnz0

金髪「まったく・・・いつものとこ空いてる?」

オヤジ「あー悪いけど、今は空いてねぇなぁ」チラ

OL(あっ・・・いつものとこって、ここのことでしょうか)

金髪「うっそ!?いっつもガラガラなのに!?」

オヤジ「いつもガラガラなのはおめぇさんが深夜にしか来ねぇからだろ」

OL「あ、あの・・・私はもう帰りますので」

オヤジ「おっそうかい?よかったな姉ちゃん、空いたぞ」

金髪「え、まじ?よかった~」


6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/19(月) 18:02:49.35 :XBT96Pnz0

OL(この人、常連さんでしょうか・・・?)

金髪「てか、誰が入ってたの・・・うっわ、すごい美人さんじゃん!」

OL「えぇっ、私がですか?」

金髪「おう☆こんな場所には馴染まないくらい!」

オヤジ「そりゃ上下スウェットのやつに比べたら馴染まないだろうよ。ていうか、こんな場所とはなんだこんな場所とは」

金髪「めんごめんご☆」

OL「えっと、あ、ありがとうございます・・・では、私はこれで・・・」

オヤジ「お~また来てな~」

金髪「じゃーねー」


7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/19(月) 18:03:29.80 :XBT96Pnz0

OL(・・・私が、美人・・・)

OL(・・・お世辞ですね、きっと)


8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/19(月) 18:04:18.37 :XBT96Pnz0

~~
オヤジ「いらっしゃ~い・・・お、この前のOLさんじゃないか」

OL「あ、どうも・・・」

オヤジ「また来てくれて嬉しいねぇ、バットはそこのを使ってくれな」

OL「はい・・・あ、あの人はこの前の・・・」


9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/19(月) 18:09:50.06 :XBT96Pnz0

金髪「うえぇいっ!」ボコっ

ボテっ、コロコロ…

オヤジ「あぁ、しんちゃんのことか?
いつもこの時間によく来てるんだよ。その割には、ちっとも上手くならねぇけどなぁ」

OL「あ、あはは・・・」

金髪「おい☆聞こえてんぞ☆」


10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/19(月) 18:12:17.57 :XBT96Pnz0

金髪「あ~~、名前なんていうの?」

OL「三船美優、です」

金髪「じゃあ美優ちゃんって呼ぶな☆私は佐藤心って言うんだけど・・・まぁ適当に呼んで☆」

OL「じゃあ心さん、で・・・」

金髪「おっけー、美優ちゃんはまだバッセン初心者?なら、私が手取り足取り教えてあげるぞ☆」

オヤジ「お前さんに教えられたんじゃ下手になる一方だろ。俺が教えてやるよ」

金髪「失礼だなオイ☆」

美優「えっと、じゃあ・・・お願いしても・・・?」チラ

金髪「ちょ、美優ちゃんまで」

オヤジ「いいともいいとも。任せときなぁ」


11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/19(月) 18:14:43.56 :XBT96Pnz0

オヤジ「もう少し腕上げて・・・よし、そんな感じで、よーくボールを見て振ってみなぁ」

OL「はい・・・えいっ」ポコっ

金髪「おおっ!」

OL「あっ、当たりました・・・!」

金髪「やったじゃん美優ちゃん!」

オヤジ「よしよし、そんな感じでやってたらもっとうまくなるぞぉ」

OL「ほ、本当ですか・・・?」

オヤジ「おうとも。こりゃぁしんちゃんより上手くなるのも時間の問題だなぁ」

金髪「マジか☆私も頑張らなきゃな☆」

オヤジ「教えてやろうかぁ?」

金髪「なんか癪だから我流で頑張るぞ☆」

OL「あはは・・・」


12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/19(月) 18:16:10.45 :XBT96Pnz0

~~
金髪「おーっす、来たぞ☆」

オヤジ「おう、いつものとこなら埋まってるぞぉ」

金髪「あっ、ということは美優ちゃん来てるのか」チラ

OL「・・・えぃっ」ボゴッ

金髪「上手くなったなぁ、マイ手袋までつけてるし☆」

オヤジ「あぁ、ハマってくれて嬉しいもんだなぁ」

OL「ふぅ・・・あ、こんばんは心さん」

~~
金髪「美優ちゃんおっすー☆すっごく上手くなってるじゃん!」

OL「ほ、本当ですか・・・?」

金髪「本当本当!練習の成果でてるでてる!」

オヤジ「もうしんちゃんより上手いんじゃねぇか?」

OL「そうかもしれませんね、ふふ」


13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/19(月) 18:17:44.64 :XBT96Pnz0

金髪「聞き捨てならんなおい☆ところで、美優ちゃんもう帰るの?」

OL「あ、いえ・・・今日はもう少し速いのにも挑戦してみようかな、と」

金髪「えぇっ、私でもまだ挑戦したことないのに・・・!」

オヤジ「実力差は広がっていきそうたなぁ」

金髪「ぐぬぬ・・・私もそっちでやるぞ☆」

オヤジ「おぉ?」

OL「あの、無理しないでもいいんですよ・・・?」

金髪「うるせぇ☆やると言ったらやるぞ☆」


14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/19(月) 18:21:35.07 :XBT96Pnz0

OL「やっぱり、球が速くなると打ちにくくなりますね・・・」

金髪「それでも何回か当たってたじゃん・・・それに比べて私は」ズーン

オヤジ「まさか1発も当たらないとはなぁ」

金髪「そんなはっきり言うなよ☆しばくぞ☆」

OL「今は打てなくても、これから慣れていけばいいじゃないですか」

金髪「うぅ、優しさが痛い・・・」


15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/19(月) 18:22:03.37 :XBT96Pnz0

~~
「また同じミスだよ三船さん、気をつけてって言ったでしょう?」

OL「す、すみません・・・」

「休み前で気が抜けるのはわかるけど、本当に気をつけてよ」

OL「はい・・・」


16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/19(月) 18:22:59.12 :XBT96Pnz0

~~

OL「・・・」ぽこっ

金髪「・・・なんか、今日の美優ちゃん元気なくない?」ヒソヒソ

オヤジ「確かにそうだなぁ。失恋でもしたんじゃねぇか?」ヒソヒソ

金髪「美優ちゃんってもう社会人でしょ?そんな青春みたいな・・・」ヒソヒソ

オヤジ「言ってて悲しくならねぇか?」ヒソヒソ

金髪「うるせぇ☆」ヒソヒソ


17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/19(月) 18:24:04.29 :XBT96Pnz0

OL「心さん、こんばんは」

金髪「あっ、美優ちゃんおっすー、今日はもう帰っちゃうの?」

OL「はい・・・少し調子が悪くて」

金髪「あーーーだったら、この後飲みに行かない?明日祝日だし休みでしょ?」

OL「えっ、でも心さんは今来たばっかりじゃ・・・」

金髪「細かいことは気にすんな☆ね?」

OL「は、はぁ・・・」

金髪「さあさあ行こ行こ?今日は飲むぞ~☆」

OL「わ、わかりました・・・」


19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/19(月) 20:07:05.64 :XBT96Pnz0

ーーー

金髪「カンパーイ☆」

OL「か、かんぱーい・・・」

金髪「あーっ、沁みるぅ」

OL「ん・・・美味しいです」

金髪「この店は料理も美味しいから私のお気に入りなんだ~、ほらこれとかめちゃ美味いぞ☆」

OL「いただきます・・・あ、美味しいです」

金髪「でしょ~」ニコ

OL「はい・・・」

金髪(・・・やっぱり落ち込んでる・・・まさか、本当に失恋で・・・?)


20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/19(月) 20:08:46.87 :XBT96Pnz0

金髪(・・・よし)

金髪「あーーっ、えっと」

OL「?」

金髪「美優ちゃんはさ、美人さんだし優しいし落ち着いてるし、ほんと魅力的だと思う!」

OL「えっ、えぇ?」

金髪「だからえーーっと、その、あれだ・・・またすぐいい人見つかるって!ね?」

OL「・・・はい?」

金髪「え?」


21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/19(月) 20:09:35.17 :XBT96Pnz0

OL「あの、一体何を言ってるんですか・・・?」

金髪「えっ・・・いやほら、なんか落ち込んでたみたいだから、恋人にフラれたりしたのかな~なんて」

OL「落ち込んでたのは事実ですけど、それは仕事関係のことでです・・・」

金髪「・・・マジ?」

OL「はい・・・」


22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/19(月) 20:10:53.02 :XBT96Pnz0

OL「あの、元気出してください・・・」

金髪「これが元気でいられるかよぉ~あんな色々恥ずかしい勘違いして~・・・そうだよな、もうそんな年じゃないよな私達って・・・はあぁ」

OL「・・・あの、心さん・・・もしかして、私を元気付けるために誘ってくれたんですか・・・?」

金髪「あー・・・なんか落ち込んでるように見えたからさぁ・・・でも、それだけじゃないぞ☆」

OL「それだけじゃ、ない?」

金髪「バッセン仲間でありライバルでもある美優ちゃんが元気無いと、私も張り合いが無いからな☆だから何でも相談していいんだぞ☆」

OL「心さん・・・」

金髪(・・・ちょっとこっ恥ずかしいな)


23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/19(月) 20:13:45.12 :XBT96Pnz0

OL「・・・仕事で失敗をしてしまったんです・・・でも、落ち込んでる原因はそれだけじゃなくて・・・」

OL「いつも、失敗ばかりで・・・もしかして私は、何も成長できてないんじゃないか、何も変わっていないんじゃないかって・・・」

金髪「うーん、そっかぁ・・・私は、そんなに気にしなくてもいいと思うけどな」

OL「え・・・?」

金髪「毎日同じ失敗してるとか、そういうわけでもないんでしょ?だったら、次からめっちゃ気をつければ、美優ちゃんならきっと大丈夫」

金髪「それにほら、バッテイングだって最初はダメだったけどできるようになったでしょ?美優ちゃんは、ちゃんと成長出来る人だって、私は思うぞ☆」

OL「・・・そう、でしょうか」

金髪「そうだよ!私のお墨付きだぞ☆」

OL「・・・ありがとうございます。少し元気が出てきました」

金髪「それならよかった!さぁさぁ、まだまだ飲むぞ~☆」


24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/19(月) 20:14:42.14 :XBT96Pnz0

~~~

OL「すみません、送っていただいて・・・」

金髪「いいっていいって、うちもここら辺だから」

OL「意外とご近所さんだったんですね」

金髪「まぁ、ここらへんに住んでなきゃあんな小さいバッセンには行かないでしょ」

OL「ふふっ、そうかもしれません」


25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/19(月) 20:15:15.23 :XBT96Pnz0

金髪「それじゃ、またね~」

OL「おやすみなさい」ガチャ

OL(・・・)

OL(私でも・・・私でも、変われるのでしょうか・・・)


26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/19(月) 20:24:47.18 :XBT96Pnz0

~~~

OL「私がアイドルなんて・・・」

「決めるのは、あなたです」

~~


27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/19(月) 20:25:53.58 :XBT96Pnz0

~~~

金髪「スカウトされたの!?アイドルに!?」

OL「はい・・・346プロダクションっていう会社に・・・」

金髪「うっそめっちゃ大手じゃん!すごいな美優ちゃん!」

OL「あ、ありがとうございます・・・でも、お断りしようかなと思っていまして・・・」

金髪「えっ・・・な、何で?」


28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/19(月) 20:27:18.11 :XBT96Pnz0

OL「だって、アイドルですよ・・・?こんな26歳のOLには・・・きっと、無理ですよ」

金髪「いやいやだってスカウトされたんでしょ?それって美優ちゃんならなれる!って思ったからじゃないの?」

OL「・・・夜中でよく見えなかったのかもしれません」

金髪「美優ちゃん美人だし、なれるって私は思うけどな」

OL「・・・仮に、そうだとしても・・・私より向いてる人は沢山いるはずです」

金髪「んぬぬ、すっごいネガティブ・・・」

OL「・・・それに、今の職を辞めてアイドルになって、生活していけるかもわからないですし・・・」


29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/19(月) 20:29:13.46 :XBT96Pnz0

金髪「・・・じゃあさ、美優ちゃんはアイドルになりませんかって言われてどう思ったの?」

OL「えっ・・・?」

金髪「私じゃ無理だーって、本当にそれだけ?他になにか思わなかったの?」

OL「・・・こんな私でも、アイドルになれるなら・・・輝けるなら・・・それは、素敵だなって思いました・・・けど」


30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/19(月) 20:30:31.84 :XBT96Pnz0

金髪「・・・よしっ、美優ちゃん!」

OL「!?、はっ、はいっ」

金髪「今日はホームラン打つぞ☆というか、打つまで帰さねぇぞ☆」

OL「えぇっ!?」

金髪「オヤジっ!どうせ暇だろ?ちょっと手伝え☆」

オヤジ「暇ではねぇけど、いっちょ付き合ってやるぜ」

OL「えっ、えっ?」

金髪「お金は私が持つから!さぁさぁこっちこっち!」グイグイ

OL「は、はい~」


31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/19(月) 20:31:30.33 :XBT96Pnz0

ーーー
オヤジ「もうちっと打ち上げる感じで振ってみるといいかもなぁ」

OL「えいっ」ボゴッ

金髪「おぉ!いい当たり!」
ーーー
オヤジ「もうちっとパワフルな感じで」

OL「え、えいっ!」ボゴォ

金髪「どんどん飛ぶようになってんじゃん!」
ーーー
オヤジ「ぃよし!その振りだ!」

金髪「美優ちゃんガンバ!」

OL「は、はいっ」

ーーー


32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/19(月) 20:32:25.06 :XBT96Pnz0

ーーー

OL「えいっ!」カキーン

金髪「あっ」
オヤジ「おおっ?」

ガシャ…コロ…

OL「あ、当たった・・・!」


33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/19(月) 20:34:21.16 :XBT96Pnz0

金髪「やったじゃん美優ちゃん!」

オヤジ「大したもんだなぁ!」

OL「はいっ、ありがとうございます・・・!」ニコッ

金髪「おぉぅっ、美優ちゃんの笑顔めっちゃかわいいな☆」

オヤジ「やっぱり美人さんだなぁ」

OL「えっ、あっ・・・私ったら、すみません」カァ

金髪「照れてるな~?かわいいぞ☆」

OL「もうっ、心さん・・・!」


34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/19(月) 20:35:37.68 :XBT96Pnz0

オヤジ「今景品取って来るからなぁ」

OL「あっ、ありがとうございます」

金髪「・・・あー、美優ちゃん・・・いきなり変なことさせてごめんね」

OL「そんな、私も楽しかったですし気にしていませんよ」

金髪「それなら良かった・・・ほっ」

OL「あっでも・・・どうしていきなりホームランを打てなんて言ったんですか?」

金髪「それは・・・美優ちゃんに自信を持って欲しかったから、かな」


35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/19(月) 20:36:35.95 :XBT96Pnz0

OL「自信、ですか?」

金髪「そう!美優ちゃん最初は全然打てなくても、こうやってホームランまで打てるようになったでしょ?」

金髪「同じように、頑張れば何でも出来るようになる、成長できる、変われるって思えるようになって欲しかったんだ」

金髪「今の仕事を続けるにしても、アイドルになるにしても、美優ちゃんならきっと大丈夫!少なくとも私はそう思うぞ☆」

金髪「・・・いやまぁ、たかがバッセンのホームランごときでって言われると困っちゃうんだけど・・・」


36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/19(月) 20:39:19.80 :XBT96Pnz0

OL「・・・私、でも」

金髪「ん?」

OL「何だか、勇気が湧いてきました・・・ありがとうございます、心さん。私、自分を信じるようになれそうです」

金髪「・・・!そっか☆ならよかった!」


37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/19(月) 20:41:36.49 :XBT96Pnz0

オヤジ「景品持ってきたぞぉ、ホラ」

OL「これは・・・バットのストラップ?」

オヤジ「俺が木を彫って作った、ここオリジナルのストラップだ」

金髪「これ無駄に精巧だなオイ☆」

オヤジ「1個作るのに1ヶ月だからなぁ」

金髪「時間かかりすぎだろ☆」

OL「ふふっ、大切にさせていただきますね」

オヤジ「あいどるになったら、それと一緒に宣伝してくれなぁ」

金髪「さっきの話聞いてたのかよ、抜け目ねぇな☆・・・あっ、美優ちゃん、結局アイドルやるの?」

OL「もう少し、考えてみることにします。どちらか選んだ後で、後悔しないために」

金髪「そっか!どっちにしても応援してるぞ☆」

OL「はいっ」


38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/19(月) 20:42:16.93 :XBT96Pnz0

オヤジ「あ~ところで、美優ちゃんは明日大丈夫なのか?」

OL「えっ?・・・あっ、もうこんな時間・・・!私、お先に失礼します」

金髪「あ~~まって美優ちゃん!最後に一ついい?スカウトされたのってどこらへん?」

OL「えぇっと、◯◯の近くの陸橋だったと思います・・・それでは、お休みなさい」

金髪「おっけ~お休み~」


39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/19(月) 20:43:44.13 :XBT96Pnz0

~~~

美優「・・・私、三船美優と申します。こんな私が、人前に立てるんでしょうか?」

「立てます」

美優「本当かしら・・・。まだ・・・まだ、信じられないですけど・・・。私は今日、自分の意志で決めて、ここにきました。・・・お話を、聞かせていただけますか?」

~~


40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/19(月) 20:44:45.37 :XBT96Pnz0

~~

「今日のレッスンですが、もう1人、最近スカウトされた方と一緒に行います」

美優「最近スカウトされた方、ですか?」

「はい。確か、年も同じでしたね」

美優「そうなんですか」

美優(・・・今はまだ、アイドルですらないけれど・・・一生懸命頑張れば、いつか人前にも・・・立てるようになりますよね、きっと)

「こちらの、佐藤心さんです」

心「もう、プロデューサーったら、はぁとって呼べよ☆」

美優「佐藤心・・・えっ?」

心「おっす美優ちゃん!これからよろしく!」


41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/19(月) 21:27:07.32 :XBT96Pnz0

以上で終わりです

ありがとうございました


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】【デレマスss】OLと金髪のバッティングセンター
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1521449123/