1 :◆j20fUipJOr6z :2018/02/06(火) 00:12:09.75 :6sOQcg6GO

乃々「なんですかそれ……」

乃々「え……? はい、はい……」

乃々「えええぇぇ……? プロデューサーさん、それって……つまり、その……」

乃々「も、もりくぼに母性を求めて甘えたい、とか、そういう感じなんですか……?」


2 :◆j20fUipJOr6z :2018/02/06(火) 00:13:26.83 :6sOQcg6GO

乃々「私なんかに、母性を求められても……そんなの、全然ないですし……」

乃々「それに……どうして私なんですか……? もっと包容力のある人は、他にもいると思いますけど……」

乃々「もりくぼには荷が重すぎます……」

乃々「むーりぃー……」


3 :◆j20fUipJOr6z :2018/02/06(火) 00:14:34.92 :6sOQcg6GO

乃々「え……? 無理言って悪かった、ですか?」

乃々「てっきり、いつも見たいにぐいぐい来るのかと……」

乃々「これは仕事じゃないから、って、まあそうですけど……」

乃々「あ、もう行っちゃうんですか……? はい……お疲れ様でした……」

乃々「…………」

乃々「……………………あ……」

乃々「あの……ま、待ってください」


4 :◆j20fUipJOr6z :2018/02/06(火) 00:17:55.86 :6sOQcg6GO

乃々「そ、その、保証はできないんですけど……」

乃々「私、まだ14歳で、何も知らないですし……」

乃々「甘えられた事なんて一度もないですし……がっかりさせちゃうかもしれませんけど……」

乃々「でも、もしも、プロデューサーさんが……本当にしたいんでしたら、その、うう……」


乃々「も、もりくぼに、甘えても……いいですよ……?」


5 :◆j20fUipJOr6z :2018/02/06(火) 00:19:13.02 :6sOQcg6GO

乃々「はい……じゃあ、どうしましょうか……? 甘えたいって、具体的にどういう……」

乃々「えっ、ええぇぇぇ……抱きしめてほしいんですか……?///」

乃々「うう……誰かを抱きしめた事も、一度もないんですけど……」

乃々「……けど、やるって言っちゃいましたし……」

乃々「や、やって、みます……ね……?///」


6 :◆j20fUipJOr6z :2018/02/06(火) 00:20:09.41 :6sOQcg6GO

乃々「プロデューサーさんは、椅子に座ってもらって……」

乃々「それで、私が足の間に立ちます……」

乃々「では……どうぞ、来てください……//////」


7 :◆j20fUipJOr6z :2018/02/06(火) 00:20:53.32 :6sOQcg6GO

乃々「っ……」ギュ

乃々「お、おなかが……じんわり……///」


8 :◆j20fUipJOr6z :2018/02/06(火) 00:22:02.47 :6sOQcg6GO

乃々「あ、その……自分から言っておいて、あれなんですけど……」

乃々「私の身体は、小枝みたいなものですし……あんまり、触ってても楽しくないかもしれません…………」

乃々「え? あ、えっと、そうなんですか……? そうなんですか…………」

乃々「じゃあ……もうしばらく、このままで……」

乃々「…………ふふ」


9 :◆j20fUipJOr6z :2018/02/06(火) 00:23:03.39 :6sOQcg6GO

乃々「……なんだか、プロデューサーさんの体温を感じていると、少し安心します……」

乃々「プロデューサーさんもですか……? あ、でも私、体温低い方ですし……ひんやりさせてしまってたりとかは……」

乃々「ちゃんと温かい、ですか……よかったです……。もりくぼにも、人としての温かみがあったんですね……」

乃々「そりゃそうだろ、って…………ま、まあそうですけどぉ…………」

乃々「それでも、きちんとプロデューサーさんに温まって貰えるか、少し不安だったので…………あっ」


10 :◆j20fUipJOr6z :2018/02/06(火) 00:24:05.17 :6sOQcg6GO

乃々「えっと、その、ひとつ思いついたんですけど……もう少し、プロデューサーさんとくっつく方法……」

乃々「頭を抱え込む形になってしまいますけど……その……」

乃々「私の方からも……しても、いいですか?」

乃々「お、おまかせですか……わかりました、そういう事なら……」

乃々「し、失礼します…………」

乃々「…………」ギュ


11 :◆j20fUipJOr6z :2018/02/06(火) 00:25:04.54 :6sOQcg6GO

乃々「……」

乃々「…………」

乃々「………………」

乃々「…………」ギュ…

乃々「あっ…………」

乃々「…………ふふ」ギュッ


12 :◆j20fUipJOr6z :2018/02/06(火) 00:26:01.08 :6sOQcg6GO

乃々「プロデューサーさんが、私のおなかに抱きついてて……」

乃々「私が、プロデューサーさんの頭を抱きしめてる……」

乃々「なんだか……すごく不思議な状況、ですね……」

乃々「不思議で……あったかい……」


13 :◆j20fUipJOr6z :2018/02/06(火) 00:27:20.61 :6sOQcg6GO

乃々「……プロデューサーさんの髪の毛、かたいです……」サワサワ

乃々「これで普通くらい……? そうなんですか……」

乃々「私の髪は、もっとふにゃふにゃしてるので……やっぱり男の人の髪は、違うんですね……」

乃々「このちくちく感、新鮮です……」


14 :◆j20fUipJOr6z :2018/02/06(火) 00:28:43.59 :6sOQcg6GO

乃々「…………」サワサワ

乃々「…………」ナデ…

乃々「あっ、すみません、つい撫でてしまって…………」

乃々「年下の娘が、プロデューサーさんを撫でるなんて……生意気な事をしてしまい…………え?」

乃々「…………い、いいんですか……?」

乃々「もりくぼに撫でられるの、嫌じゃないですか……?」

乃々「えっと、わかりました……そういう事でしたら、その……」

乃々「お、お邪魔します……?」

乃々「…………」ナデ…


15 :◆j20fUipJOr6z :2018/02/06(火) 00:30:03.33 :6sOQcg6GO

乃々「よ、よーしよーし…………」ナデ…ナデ…

乃々「…………わわっ」

乃々「…………」

乃々「…………ふふ」

乃々「……はい、いいですよ……」

乃々「もりくぼでよければ、いくらでも抱きついていいですから……」ナデ…ナデ…


16 :◆j20fUipJOr6z :2018/02/06(火) 00:31:03.56 :6sOQcg6GO

乃々「…………」ナデ…ナデ…

乃々「…………」ポン…ポン…

乃々「…………」ギュー…

乃々「…………ふふ」


17 :◆j20fUipJOr6z :2018/02/06(火) 00:32:36.36 :6sOQcg6GO

乃々「…………」

乃々「…………あの、プロデューサーさん」

乃々「お仕事、つらいんですか……?」


18 :◆j20fUipJOr6z :2018/02/06(火) 00:33:48.51 :6sOQcg6GO

乃々「今日のプロデューサーさん、いつもより疲れてるように見えました…………」

乃々「それも、何だか……いい疲れ方じゃなくて、よくない疲れ方をしているというか……そんな感じに……」

乃々「……なんでそう思ったのか、ですか……?」

乃々「…………えっと、ですね」


19 :◆j20fUipJOr6z :2018/02/06(火) 00:36:06.21 :6sOQcg6GO

乃々「もりくぼも、そうなっちゃう時が、けっこうあるんです……」

乃々「初めての人に会うのが……怖い」

乃々「たくさんの人の前に立つのが……怖い」

乃々「もちろん、自分の世界というか……そういったものを広げられるアイドル活動は……嫌いなわけじゃないんです」

乃々「でも、その為には、知らない人にたくさん会わなきゃいけなくて……」

乃々「知らない人は、怖い人かもしれなくて…………そう考えると」

乃々「むーりぃー、ってなっちゃいます……」


20 :◆j20fUipJOr6z :2018/02/06(火) 00:37:22.63 :6sOQcg6GO

乃々「それでですね……同じような雰囲気と言いますか……そんな空気を、プロデューサーさんから感じたんです……」

乃々「人付き合いに疲れちゃったような……そんな空気を……」

乃々「…………」

乃々「……だから、ですね」ナデ…

乃々「もしもプロデューサーさんも、むーりぃー、ってなっちゃってるなら……」ナデ…ナデ…

乃々「私でよければ、聞かせてくれませんか…………?」ナデ…


21 :◆j20fUipJOr6z :2018/02/06(火) 00:39:05.19 :6sOQcg6GO

乃々「……………………はい……はい……」ナデ…

乃々「えぇぇ……? そんな方が、いたんですか…………」

乃々「それから…………はい…………それは、とっても大変だったのでは…………」ナデ…

乃々「……はい……それじゃあ、プロデューサーさんは……その時、とっても辛かったんですね…………」

乃々「たくさん、たくさん…………我慢したんですね…………頑張ったんですよね……」ナデ…

乃々「頑張ったら、疲れちゃいましたね…………」

乃々「プロデューサーさん、とってもすごいです…………」ポロッ


22 :◆j20fUipJOr6z :2018/02/06(火) 00:40:45.99 :6sOQcg6GO

乃々「あ、ちが、違くてですね……その、この涙は、ですね……」ポロポロ

乃々「その、プロデューサーさんの話してくれた嫌な事を、想像してみたら……すごく、すごく、大変で……」ポロポロ

乃々「もりくぼだったら、3回は気絶してそうな、そんな体験を、されてて…………」ポロポロ

乃々「私が泣いちゃって、ごめんなさい…………で、でっ、でもっ……」ポロポロ

乃々「プ、プロデューサーさんっ、は、もっと辛かったんだと、思う、のでっ…………」ギュウッ

乃々「う、ううっ、うううっ…………」グスッ


24 :◆j20fUipJOr6z :2018/02/06(火) 00:41:44.98 :6sOQcg6GO

乃々「辛かったですね……疲れちゃいましたよね……」ギューッ

乃々「お疲れ様です……本当に、お疲れ様です……」

乃々「大変だった事、私に打ち明けてくれて、ありがとうございます…………」

乃々「誰かの目線が怖いって気持ち、もりくぼには、よくわかります…………だから……」ナデ…ナデ…


乃々「私は、いつでもプロデューサーさんの味方ですからね…………」ギュッ…


25 :◆j20fUipJOr6z :2018/02/06(火) 00:43:03.24 :6sOQcg6GO

────────
────

乃々「あ……お疲れ様です、プロデューサーさん……」

乃々「うう、今日もおしごと……ですよね……そうですよね……」

乃々「…………プロデューサーさんも、ちょっと気が進まないおしごとなんですか……?」

乃々「…………えぇぇ、前にお話してくれた、あの人がいるんですか……?」

乃々「それは……気が進みませんよね……。私もです……お会いしたことは、ありませんけど……」

乃々「どちらも行きたくないのなら、キャンセルという事には……はい、ならないですよね…………わかってました……」


26 :◆j20fUipJOr6z :2018/02/06(火) 00:44:04.57 :6sOQcg6GO

乃々「…………じゃあ、それが終わって、帰ってきたら──」

乃々「──また『あれ』、しましょうか……」ニコリ

おわり


27 :◆j20fUipJOr6z :2018/02/06(火) 00:45:21.52 :6sOQcg6GO

以上です
ありがとうございました
依頼を出してきます


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】【モバマス】森久保乃々「もりくぼにバブみを感じてオギャる……?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1517843529/