■関連SS
渋谷凛「くっ、殺せ!」モバP「ふへへ…」
神谷奈緒「アタシに声優の仕事?」


1 :◆Q/bvSRBslQ :2018/01/19(金) 18:44:32.46 :UAq436/l0

関係あるかもしれない前作
渋谷凛「くっ、殺せ!」モバP「ふへへ…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1516281430/


2 :◆Q/bvSRBslQ :2018/01/19(金) 18:45:42.54 :UAq436/l0

奈緒「なんでまた急に……」

P「なんでも、制作スタッフたっての希望らしくてな」

奈緒「??」

P「何はともあれ、はいこれ資料な」

奈緒「……ちょっと待て。」

P「タイトルは『異世界こそ魔法少女で』って言って、確か小説投稿サイトに投稿された小説が原作らしいな」

奈緒「…………」

P「最近流行りの異世界転生モノだな。だけど、現世では男だった主人公が、神様の手違いで異世界では魔法少女として転生してしまったところが斬新らしい」

奈緒「…………」プルプル

P「作者は、神山那尾紀……まぁ、ネットでのハンドルネームみたいなもんかな」

奈緒「…………」ビクッ


P「どうだ?悪くない話だと思うが…………センセ?」ニヤッ

奈緒「だぁっ!もう!気づいてるんだろプロデューサーッ!!!!」


P「なんのことかな?神谷ま奈緒き先生?」

奈緒「あああああっ!!なんでバレたんだよぉぉぉぉぉぉ!!!!」


3 :◆Q/bvSRBslQ :2018/01/19(金) 18:46:58.84 :UAq436/l0

P「いやほら、プロデューサーとしてアイドルのネット対策は基本だろ?比奈の同人活動は公認として、あと怪しいのは奈緒だし?」

奈緒「くっそぉ……アタシが甘かった……」

P「まぁでもいいじゃないか、実際サイトでは人気作品だろ?しかもアニメのスタッフ陣もキャストも豪華だぞ?」

奈緒「それは思ったけども……!前評判だけで覇権は決定的なレベルだけども……!劇場版かってくらいの豪華さだけども……!」

P「だったら……」

奈緒「だからって、やっていいことと悪いことがあるだろぉぉ!?!?」

P「でももう、OPED曲も完成間際だし……」

奈緒「曲……?」パラパラ

奈緒「って、最近練習してる新曲ってこのアニメの曲かよぉぉぉぉぉぉ!!!!」

P「エンディングは奈緒の初作詞曲な」(^^)b

奈緒「そぉいうことかぁぁぁぁ!!!どうりで色々おかしいと……!!!」

P「でも、いい曲じゃないか、作品の世界観によく合ってるぞ?」

奈緒「当たり前だろ!?!? 書いてる、人が、同じ、なんだよっ!!!!」バンバンバン


4 :◆Q/bvSRBslQ :2018/01/19(金) 18:47:55.36 :UAq436/l0

P「すごいな奈緒、アイドル兼作詞家兼声優兼小説家だぞ?」

奈緒「プロデューサーのせいだろうがぁぁぁぁぁ!!!」

P「まぁまぁ、そんなに怒らないで、先生っ」

奈緒「先生はやめろぉ!!!」

P「だって、書籍化も決定したし……」

奈緒「は、はぁっ!?聞いてないぞ!?」

P「だって今日決まったし……」

奈緒「なんで作者のアタシより先にプロデューサーが知ってるんだよ……」

P「だってあのサイトの管理人、今は俺だし……」

奈緒「はぁっ!?なんでだよっ!!」

P「いやほら、大切なアイドルにもしものことがあったら……」

奈緒「アニメ化&書籍化が、その気をつけるべきもしものことだろ……」

奈緒「ってか、書籍化してないネット小説をアニメ化って大丈夫なのか?……ほら、売り上げとかそこら辺は」

P「安心しろ、この件には346プロダクションの完全バックアップが約束されてる」

奈緒「あの豪華スタッフとキャストの謎が解けたよ……」

P「346が本気を出せばこんなもんよ」

奈緒「こんなことで本気を出すなよ……」


5 :◆Q/bvSRBslQ :2018/01/19(金) 18:48:54.40 :UAq436/l0

P「……それで、受けるのか?この仕事」

奈緒「まだアタシに選択権があるなら教えてくれよ……」

P「やったな奈緒!念願の声優デビューだぞ!」

奈緒「念願……?アタシ、プロデューサーにそんなこと……って、まさか……」

P「サイトのプロフィール欄にツ◯ッターのアカウントが載っててな」ニヤッ

奈緒「そっちもバレてたのかよぉぉぉぉぉぉ!!!!!」

P「さすが人気作者だけあって、結構フォロワーも多いんだな」

奈緒「後生だから……後生だからこれ以上は……」

P「ファンの人も大切にしてるみたいで、細かくリプライも返してて評判いいぞ?」

奈緒「もう許してくれよ……」

P「ちなみに俺のリプライにも毎回ちゃんと返してくれてる」

奈緒「プロデューサーもアタシにリプしてるのかよっ!!」

P「おみくじ大吉だったんだってな、おめでとう」

奈緒「ツイッ◯ーのネタをリアルでいじられるのってこんなに恥ずかしいのか……」


6 :◆Q/bvSRBslQ :2018/01/19(金) 18:49:47.57 :UAq436/l0

P「まぁ、何はともあれ春からスタートになるから、これから忙しくなるぞ?」

奈緒「はぁ……もうわかったよ……」

奈緒「……ちなみに、このことを知ってる人はプロデューサー以外にいるのか?」

P「俺は誰にもバラしてないぞ?でも、神山那尾紀は分かる人にはわかるだろ」

奈緒「そうだよなぁ……アタシもまさか人気が出ると思ってなくて……もっと関係ない名前にすればよかった……」

P「そうそう、だから加蓮に速攻でバレるんだよ」

奈緒「はっ、はぁっ!?!?」

P「加蓮は『吾輩はにゃおである』からの熱心な読者だぞ?」

奈緒「それ一番最初に書いたやつ!!!なんでだ!?なんでバレたんだ!?!?」

P「まぁ、加蓮を出し抜くのはまだ早いってことじゃないか?」

奈緒「くっそぉ……いつかやり返してやる……」


8 :◆Q/bvSRBslQ :2018/01/19(金) 18:50:55.52 :UAq436/l0

P「じゃあとりあえず、この仕事は受けるという事で。……一応キービジュアルもあるけど確認するか?」

奈緒「するよ……」

P「……それは、主演声優として?それとも原作者として?」

奈緒「どっちもだよ!(ヤケクソ)」

P「はいこれ」ニヤニヤ


奈緒「まったく……一声かけてくれれば……」

P「…用意してたデザインを使えたのに?」

奈緒「」


P「キャラデザデビューおめでとう、先生」

奈緒「なっ……なんでこの絵が使われてるんだよぉぉぉぉぉぉ!!!!」

P「いやほら、ツ◯ッターにピク◯ブのURLが載ってたから……つい……」

奈緒「つい……じゃねーよっ!!!!」


9 :◆Q/bvSRBslQ :2018/01/19(金) 18:52:35.38 :UAq436/l0

P「え、ダメだった?」

奈緒「ダメ……じゃないけど……いや、ダメだろ!!普通に考えて!!!!」

P「でも、ちゃんと代理人の人は通したし……」

奈緒「代理人……?」

P「いやまぁ、俺のことだけど」

奈緒「自作自演かよ!!」

P「やったな奈緒、アイドル兼作詞家兼声優兼小説家兼キャラクターデザイン担当の神山那尾紀先生だぞ!」

奈緒「そんな名前の人知らない……」

P「マルチメディアクリエイターの方がいいか?」

奈緒「プロデューサーのせいだろうがっ!」

P「でももう衣装も仮止め段階だし……」

奈緒「衣装……?」

P「奈緒が着るこの衣装の」

奈緒「えっ、なんでアタシがこれを着るんだよ」

P「ほら、中の人がキャラの衣装着るのってよくあるじゃんか、その準備?」

奈緒「何歩先を歩いてるんだよプロデューサーは」


P「『一歩先を歩けないなら、その一歩目を先に出す……!』」


奈緒「小説から抜粋すんなっ!!」

P「とりあえず、来月に試写会があるからそれまではボイスレッスン中心に行くぞ」

奈緒「わかったよ……もう隠してることはないか?」

P「ない……ないな。うん、さすがにない。」

奈緒「…………」ジト

P「ないって!冗談冗談!」

奈緒「……まぁ、隠れてやってたアタシも悪いしもういいけどよ」

奈緒「次何かある時はちゃんと言ってくれよ?」

P「おう、了解了解!」

奈緒「…………」ジト


10 :◆Q/bvSRBslQ :2018/01/19(金) 18:53:14.08 :UAq436/l0

…その後、アニメは大好評で前評判通りの覇権アニメとなった。



ー半年後ー


P「なぁ、奈緒」

奈緒「うん?」

P「舞台に興味ないか?」

奈緒「」


11 :◆Q/bvSRBslQ :2018/01/19(金) 18:54:21.10 :UAq436/l0

終わりです。


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】神谷奈緒「アタシに声優の仕事?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1516355072/