1 :◆z80pHM8khRJd :2018/01/16(火) 22:05:38.84 :dC1wmwYN0

P「ああ……今日も765に出勤だ。だるいなあ」トビラガチャ

エミリー「おかえりなさいませ! 仕掛け人さま!」

P「おおっどうしたんだ、エミリー。その恰好は」

エミリー「ふふっ似合ってますか?」

P(エミリーは両手をちょこんと持ち上げ、余裕のある袖を軽く振った)

P「ああ、とてもつもなく」

P(エミリーの服装を端的に表せば和風メイド、といったところだろうか。エミリーのイメージカラーの落ち着いた紫を基調にしている。紫というよりかは小豆色と表現した方が近いか。暗めの色のスカートもかつての女学生をイメージするほど長く、コスプレ感を感じない。白いエプロンには大きめのフリルがついていて、それが落ち着きすぎた色から脱却してすこし垢抜けた印象を持たせ、エミリーのかわいらしさをより印象付けていた。足元を見ると白い足袋に草履を履いている。細かいところまでこだわっているな。長々語ったが何が言いたいかと言うと似合っている、だ)

エミリー「仕掛け人さま?」

P「おおっとすまんすまん」


2 :◆z80pHM8khRJd :2018/01/16(火) 22:06:15.58 :dC1wmwYN0

P「で、これは何なんだ?」

エミリー「はいっ名付けて……エミリー喫茶でございます」

P「エミリー喫茶?」

エミリー「はいっ日本には秋葉原を中心にお手伝いさま喫茶がございますよね?」

P「お手伝いさま?」

エミリー「ああ、ええっと、うーん……」

P「?」

エミリー「冥土喫茶がありますよね?」

P「ああっメイド喫茶ね!ってか当て字が不吉すぎるわ!」

エミリー「お土産もございますよ?」

P「もう完全に冥土の土産じゃん」


3 :◆z80pHM8khRJd :2018/01/16(火) 22:07:18.27 :dC1wmwYN0

エミリー「さて、そこではお客さまのことをこう呼ぶと聞いております。ご主人さま、と」

P「たしかにそうだな」

エミリー「そこで私風にてはずを整えまして、お客さまのことを仕掛け人さま、と呼ばせていただきます」

P「おーなるほどな」

P(ということはエミリー以外の人にも仕掛け人さま、と呼んでもらうことも可能か)

エミリー「仕掛け人さまは最近お疲れのようで、なんとか疲れを癒せる方法を考えていたのです。それがこのエミリー喫茶です」

P「ありがとうエミリー」

エミリー「ふふっ」

P「てっきり三姉妹喫茶で勝ち目がないからヤケになったのかと思ったよ」

エミリー「仕掛け人さまは思ったことがあっても黙っておく、ということも覚えてください」


4 :◆z80pHM8khRJd :2018/01/16(火) 22:08:22.33 :dC1wmwYN0

P「ごめん、ごめん。でメニューは何があるんだ?」

エミリー「! 仕掛け人さま、やってしまいましたね……」

P「?」

エミリー「当店ではお客さまにも大和撫子を目指していただくために、お客さまも横文字は使ってはならないのです」

P「まじか」

エミリー「一回発するごとに1000円いただいております」

P「なんかのボーリング企画みたいだ、ってハッ!」

エミリー「仕掛け人さま……お心苦しいですが」チャリン

P「うわー気を付けないと」


6 :◆z80pHM8khRJd :2018/01/16(火) 22:09:58.87 :dC1wmwYN0

P「ってあそこにいるのは……ロコ!」

ロコだったもの「」

P「ロコー! 大丈夫か!」ユサユサ

ロコ「ロコにとってこのカフェはあまりにもエクスペンシブです」

エミリー「ロコさん、2000円になります」

ロコ「」


7 :◆z80pHM8khRJd :2018/01/16(火) 22:10:56.74 :dC1wmwYN0

P「でもエミリーが誰かに強いるのは珍しいな」

エミリー「はい、実は発案者が他にいて」

P「誰だこんなこと言い出したやつ」

エミリー「『発案者の名は伏せておいてくださいませ、そうそうコロちゃんを呼んでおくとよいですわよ。おーっほっほっほげほっ、ゴホッゲホッ』と伝言をいただいてますので……すみません」

P「うわー、一体誰なんだろう」


8 :◆z80pHM8khRJd :2018/01/16(火) 22:11:43.71 :dC1wmwYN0

エミリー「そう言えば、仕掛け人さまが足に履いている布は何です?」

P「? 靴下のこと?」

エミリー「はぁ……」

P「今完全にソックスって言わせようとしたよね!?」

エミリー「気のせいです」ニコッ


9 :◆z80pHM8khRJd :2018/01/16(火) 22:12:45.50 :dC1wmwYN0

P「まぁいいや、飲み物でももらおうか」

エミリー「はい、何になさいます?」

P(コーラ飲みてえ)

P「ほら……黒くて砂糖と二酸化炭素をぶち込んだ、あれだよ」

エミリー「おいしく……なさそうですね」

P「ほんとにね!」

P「ほら、しゅわってしてるあれ……」

エミリー「コーラですね」メモメモ

P「えっコーラはセーフなの!?」

P「この感じあれだわ。メニューに忠実に、シェフの気まぐれスープ~春のそよ風にのせて~って注文したら、店員にはい、スープですねーって返事された気恥ずかしさだわ」

エミリー「まさに死なばもろともです♪」

P「やっぱコーラはアウトじゃねえか!」


10 :◆z80pHM8khRJd :2018/01/16(火) 22:14:15.35 :dC1wmwYN0

エミリー「そう言えば仕掛け人さま、お抹茶はお好きですか?」

P「ああ、ハッチポッチのときのあれか」

エミリー「お抹茶はお好きですか?」

P「いや……好きだけど汗かいたしコーラを……」

エミリー「ではお抹茶コーラはお好きですか?」

P「嫌いだよっ!てか混ぜんな!」


11 :◆z80pHM8khRJd :2018/01/16(火) 22:15:14.90 :dC1wmwYN0

P「そういえば腹も減ったな。何かある?」

エミリー「お品書きお持ちしますね」

P「ありがとう……っと、意外とメニュー揃ってるなあ。おすすめはある?」

エミリー「初心者の方は『い組』をオススメしてます」

P「Aセットみたいなものか。何がついてるんだ?」

エミリー「ごはんの卵とじにお飲みのもの、あと私がお写真をとります。お土産もございますよ」


12 :◆z80pHM8khRJd :2018/01/16(火) 22:16:46.47 :dC1wmwYN0

P「チェキも撮れるのか。なかなかメイド喫茶っぽいな」

エミリー「はい! 料金も1200エミリーで大変お得となっております」

P「1200エミリー?」

エミリー「当店の通貨は○○エミリーとなっているのです」

P「ちなみに1エミリーは何円?」

エミリー「少々お待ちを、新聞で確認いたしますね」

P「為替市場あんの!?」

エミリー「えっと本日は……1エミリーが83,4円ですね」

P「計算しづらい!ミリシタの春香コミュか!」

エミリー「しかもあれで正答ですしね」

P「まぁいいや。い組を頼む」

エミリー「はいっ」


13 :◆z80pHM8khRJd :2018/01/16(火) 22:17:41.90 :dC1wmwYN0

エミリー「あっ聞くのを失念しておりました。卵とじに書いてほしい文字はございます?」

P「書いてほしい文字?」

エミリー「はい、赤い液体で」

P「怖ーよ! オムライスのケチャップで書く文字のことだろ?……そうだな、エミリーの好きなものを書いてくれ」

エミリー「かしこまりました♪」

エミリー「ではこちらにお冷を置いておきますね。では作ってまいります」

エミリー「ふんふ~ん♪」

P「女の子がキッチンに立ってる後ろ姿みるのいいよな~」


14 :◆z80pHM8khRJd :2018/01/16(火) 22:19:33.29 :dC1wmwYN0

P「あ、お冷なくなった。すみませーん店員さーん!」

エミリー「……!」フンフン

P「え? ジェスチャーで……メニューをよく見ろと?」

お品書き「店員さんを呼ぶときはにゃんにゃん♪と可愛く言ってくださいね」

P「わー恥ずかしいけど……やるか」

P「にゃんにゃん!(低音)」

エミリー「?」

P「にゃんにゃん!(迫真)」

エミリー「ひっ」

P「引くならやらすな!」


15 :◆z80pHM8khRJd :2018/01/16(火) 22:21:39.56 :dC1wmwYN0

10分後

エミリー「お待たせいたしましたっ。い組でございます」

P「わー! ありがとう。さてさてオムライスにはなんて書いてあるんだろう。ひょっとして俺の名前だったり……」

オムライス「紬さん♡」

P「まぁそうだわな」

P「てか食いづらいけど、いただ」

エミリー「お待ちくださいっ」

P「?」


16 :◆z80pHM8khRJd :2018/01/16(火) 22:23:18.74 :dC1wmwYN0

エミリー「ごはんを召し上がる前に、さらにおいしくなる魔法をかけさせていただきますね」

エミリー「おいしくな~れ、おいしくな~れ!」

P「ははっありがとう、たしかにメイド喫茶では一緒に萌え萌えきゅんっとか言ったりするよな。ではいただ」

エミリー「ま、待ってください!」

P「まだなにかあるのか?」

エミリー「あの、あっおまけの選択も可です!」

P「オプションのこと?」

エミリー「そのようなものです」

P「でも早く食べたいし」


17 :◆z80pHM8khRJd :2018/01/16(火) 22:24:21.58 :dC1wmwYN0

エミリー「仕掛け人さまの盛り合わせなどいかがでしょう?」

P「俺が料理されんの?」

エミリー「ちっ違います。私が様々な言い方で仕掛け人さまをお呼びするのです」

P「まぁ……お願いしてみようか」

エミリー「仕掛け人さまっ」

P「何だ?」

エミリー「返事なさらなくても……こちらも恥ずかしいのですから……」

P「ごめんごめん」

エミリー「では続き参りますね」


18 :◆z80pHM8khRJd :2018/01/16(火) 22:25:38.06 :dC1wmwYN0

エミリー「仕掛け人さまっ♪」

エミリー「仕掛け人さま~」

エミリー「仕掛け人さま♡」

エミリー「仕掛け人さま///」

エミリー「仕掛け人さま……」

エミリー「仕掛け人さまっ!!!」


19 :◆z80pHM8khRJd :2018/01/16(火) 22:26:25.04 :dC1wmwYN0

エミリー「仕掛け人さまぁ……ふふっ」

エミリー「なんだか面白くなってきてしまいました」

P「俺も恥ずかしいってば……うれしいけど」

エミリー「仕掛け人summerというのも考えたのですが……」

P「神summerみたいなのはいらない」


20 :◆z80pHM8khRJd :2018/01/16(火) 22:27:18.28 :dC1wmwYN0

エミリー「あとあとっお手伝いさま喫茶にある、萌え萌えじゃんけんを私たち風に行うミリマスじゃんけんや私の歌謡なども定期的に行っております」

エミリー「食べるのをフレーフレーと応援するおまけもございますよ」

P「なあエミリー、いい加減食べたいんだが」

エミリー「申し訳ございません、仕掛け人さま。でもこちらの事情もあって……」

P「事情?」

エミリー「私はそれなりに料理はする方だと自任しているつもりです。ただ、仕掛け人さまにいざ手料理を振舞うとなると……」

P「緊張するんだな」


21 :◆z80pHM8khRJd :2018/01/16(火) 22:28:06.18 :dC1wmwYN0

エミリー「言わないでください……」

P「大丈夫だって。俺が13のころなんて何も料理なんてできなかったぞ。エミリーは立派だって。ほら食べていいか」

エミリー「……よかったら」

P「いただきまーす……うんっおいしい! 卵が半熟でとろふわだ! いくらでも食べらそう」

エミリー「仕掛け人さまってば……」


22 :◆z80pHM8khRJd :2018/01/16(火) 22:30:33.28 :dC1wmwYN0


P「ごちそうさまでした」

エミリー「ふふっおそまつさまでした」

P「おいしかったよ」

エミリー「それはなによりです」

エミリー「ではお写真の方もされます?」

P「ああっチェキが撮れるって言ってたな。あっポラロイドだ懐かしい」

エミリー「では撮りますね。はい牛乳を発酵させた固体物!」

P「チーズくらい言えよ」

P「てか俺だけを撮っても仕方ないだろ。エミリーもいっしょに入ってくれ」

エミリー「それは……」

P「まぁ距離が近くなるけどそこは許して」

P「じゃあ俺が自撮り風にカメラ向けるからポーズをとって」

エミリー「なんだか照れくさいですね」

P「まぁ俺もそうだけど勢いでいくもんだよ、こういうのは……チーズと」

エミリー「ありがとうございます、仕掛け人さま」


24 :◆z80pHM8khRJd :2018/01/16(火) 22:31:25.02 :dC1wmwYN0

P「こちらこそだ。っとそろそろ時間かな。仕事に戻るな」

エミリー「はい、付き合っていただいてありがとうございました」

P「エミリーの手料理にツーショット写真……上等じゃないか」

エミリー「何かおっしゃいました?」

P「いや何も」

エミリー「ではこちらお土産です」

P「わーなんだろ」ゴソゴソ

P「これはエミリー風金髪ツインテールのウィッグ!」

エミリー「お揃いです♪」

P「……まぁ機会があったらつけてみるよ」


25 :◆z80pHM8khRJd :2018/01/16(火) 22:32:29.47 :dC1wmwYN0

ゴソゴソ

P「これは?」

エミリー「はいお花です。えっと……」

P「花の名前ぐらい横文字使っていいと思うぞ」

エミリー「はい! この花は最近できた品種のプリンアラモードです。バラ咲きジュリアンの品種ですね」

P「へぇ花びらがフリルみたいになっててかわいい。色も淡い黄色や桃色で綺麗だ」

エミリー「でしょう。ちょうどこの季節から出回るんです」

P「なるほど」

エミリー「プリムラジュリアンと同じように室内の日当たりで管理してくださいね」

P「ちょうど俺たちから連想してるんだな。ありがとう」


26 :◆z80pHM8khRJd :2018/01/16(火) 22:33:38.50 :dC1wmwYN0


エミリー「ではお代ですね。えっと今回はその、大丈夫ですので」

P「まぁせっかくだから払わせてくれ」

エミリー「?」

P「俺なりの誠意ってやつだ。エミリーの手料理に写真まで撮れて、お土産ももらったんだぞ。払わないと失礼だ」

エミリー「仕掛け人さま……」

P「ほら、計算してくれ。小遣いにでもしたらいい」

エミリー「では、い組が1200エミリー、仕掛け人さまの盛り合わせが500エミリーで、合わせて1700エミリーです」

P「分かった」


27 :◆z80pHM8khRJd :2018/01/16(火) 22:34:35.10 :dC1wmwYN0

エミリー「あと横文字を使われた件がありますね」

P(やべえ忘れてた!)

エミリー「仕掛け人さま? 顔色がよろしくなさそうですが」

P(でもカッコつけた以上、言い出させない……)

エミリー「えっと横文字を使った回数が……」

P「……」ゴクリ

エミリー「数え切れないのでこのお話を読んでくださった方に数えていただきますね♪」

P「丸投げかよ」

おわり


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】P「エミリー喫茶?」【ミリマス】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1516107938/