1 :◆jsQIWWnULI :2017/10/26(木) 17:52:40.50 :RA0bS/D70

池袋晶葉「できたぞ、忍!かな子の口に入った食べ物の味を全ておしんこの味に変えるスイッチだ!」

工藤忍「うっわ…。何その超絶無駄なスイッチ…。っていうかなんでその報告をアタシにするの?」

晶葉「だって、スイッチと言ったらやっぱり忍だろ?」

忍「だからなんで?普通こういうのってPさんにするもんじゃないの?」


2 :◆jsQIWWnULI :2017/10/26(木) 17:54:48.62 :RA0bS/D70

晶葉「…忍」

忍「何?」

晶葉「うすうす気が付いているんだろ?なぜ、忍なのかを」

忍「…」

晶葉「つまり、そういうことだ」

忍「今ほど自分の苗字を恨んだことはないよ…」

晶葉「さあ、忍!スイッチを押すんだ!」

忍「…はぁ、わかった、押すよ。押すけど、もうちょっと、そのスイッチによっておこることを具体的に説明してくれる?」


3 :◆jsQIWWnULI :2017/10/26(木) 17:57:39.59 :RA0bS/D70

晶葉「フーム。いや、だいたいさっきの説明ですべてなんだが…そうだな、例えばかな子がケーキを食べるとする。」

忍「うん」

晶葉「その前に、このスイッチを押していれば、そのケーキの味がおしんこに代わるといわけだ」

忍「うん」


4 :◆jsQIWWnULI :2017/10/26(木) 17:59:19.86 :RA0bS/D70

晶葉「つまり、このスイッチは画期的な発明だ!」

忍「それは絶対にないとして、その現象が起こるのって、食べ物のときだけなの?」

晶葉「いや、そこら辺もちゃんとぬかりなく作ってあるぞ。具体的には、水以外の飲み物すべてがおしんこの味になる」

忍「へー、すごいね。ところで、なんで変わる味がおしんこなの?もっと変な味とか、激辛とかでもよかったんじゃない?」

晶葉「忍…」


5 :◆jsQIWWnULI :2017/10/26(木) 18:01:38.50 :RA0bS/D70

忍「うん?」

晶葉「なんて恐ろしいことを、そういとも簡単に思いつけるんだ…。忍!お前には人間の心ってものがないのか!あの甘いもの大好きなかな子が、ただでさえ甘いものを食べているのに甘みを感じられない状態に陥るんだぞ!?その上激辛だと?…私には到底無理だ…。まさかあの忍が、ちひろさんと同族だったなんて…。見損なったよ…」

忍「いやいやちょっと待って。その理論はおかしい。おかしいにも程があるよ。あと、さりげなくちひろさんを鬼悪魔扱いするのはやめなさい」

晶葉「何がだ!ああ、もう忍の身体が蛍光緑に見えてきた…もうおしまいだ…」


8 :◆jsQIWWnULI :2017/10/26(木) 18:05:57.28 :RA0bS/D70

忍「いや、だからそれ、めっちゃちひろさんに対して失礼だからね?あと、アタシにも失礼だからね?」

晶葉「それじゃあ、かな子に対して激辛を味合わせてやろうとしてた自分はどうなんだ!?」

忍「いやだから…わかった、晶葉ちゃんはアタシに何をして欲しいの?」

晶葉「スイッチ押して」

忍「その心は」

晶葉「私が実行犯になりたくない」

忍「鬼悪魔はおまえだよ!」

晶葉「ハハハハハ」

忍「アハハハハ」

晶葉・忍「「……」」


9 :◆jsQIWWnULI :2017/10/26(木) 18:09:17.07 :RA0bS/D70

晶葉「ふう、今日の茶番はいつもより長かったな」

忍「主に晶葉ちゃんのせいだけどね」

晶葉「まあ、そこはひとまず置いておいて。そろそろかな子が事務所につく時間だ。とりあえずスイッチを押してくれ」

忍「オッケー、わかった。…これ?」

晶葉「そう、それだ」

忍「よーし。じゃあさっそく…ぽちっとな」

晶葉「あとはかな子が来るのを待つだけだ」

忍「楽しみだね」


10 :◆jsQIWWnULI :2017/10/26(木) 18:11:35.53 :RA0bS/D70

三村かな子「こんなちは~」

晶葉「おお、かな子!」

かな子「あ、晶葉ちゃん!そうだ、お家でお菓子作ってきたんだけど、晶葉ちゃん食べない?」

晶葉「おお、いいのか。それはうれしいな。かな子のお菓子はいつもおいしいから楽しみだ」

かな子「えへへ、ありがとう。それじゃあ私、他の子たちも呼んでくるね」

晶葉「ああ」


11 :◆jsQIWWnULI :2017/10/26(木) 18:14:58.29 :RA0bS/D70

晶葉(これが今日のお菓子か…いつもの通りうまそうだ…)

晶葉(先に一口味見してみよう…)

晶葉(…うん!うまい!)

晶葉(こんなにおいしいのにおしんこの味しか感じられないなんて…かわいそうだな…)


12 :◆jsQIWWnULI :2017/10/26(木) 18:17:33.85 :RA0bS/D70

かな子「連れてきたよー」

緒方智絵里「あ、晶葉ちゃん…こんにちは…」

忍「おっは~」

喜多見柚「こっは~」

忍「『こっは~』って何よ」

柚「『おっは~』の派生?」


13 :◆jsQIWWnULI :2017/10/26(木) 18:20:54.05 :RA0bS/D70

忍「なんで疑問形なの…『おっは~』の派生形なら『こっん~』じゃない?」

柚「ええ~?なんで~?」

忍「だって、『おっは~』は『おはよう』が元でしょ。そしたら『こんにちは』を元にしてるから『こっん~」じゃない?」

柚「なんか『こっん~』ってダサくない?『こっは~』の方がカワイイと思うけど」

忍「そうかなー。『こっん~』も可愛くない?」

柚「…忍チャンってたまに穂乃香チャンと同じくらいのカワイサレーダ持ってるよね…」

忍「そこまで言う?」


14 :◆jsQIWWnULI :2017/10/26(木) 18:24:50.51 :RA0bS/D70

かな子「さあ、みんなで食べようよ!」

智絵里「わあ、おいしそう」

晶葉「ああ、美味かったぞ」

かな子「あ、晶葉ちゃんつまみ食いしたの!?」

晶葉「…一口だけだぞ?」

忍「そういう問題じゃなくない?」

晶葉「そうか?」

忍「そうだよ」

智絵里「ま、まあまあ…そろそろ食べましょう?」

かな子「あ、じゃあお茶入れてくるね。みんなは先に食べてて」

智絵里「あ…ありがとうございます、かな子ちゃん」

柚「じゃあ、いっただっきまーす」

忍「私も食べよっと」

智絵里「い、いただきます」

忍「うわ、おいしっ」

柚「ホントにおいしいね、これ」

智絵里「かな子ちゃんの作るお菓子は、いつもおいしいんですよ」

晶葉(自分のことのように自慢する智絵里カワイイ)


15 :◆jsQIWWnULI :2017/10/26(木) 18:29:35.29 :RA0bS/D70

かな子「お待たせ―。お茶入れてきたよー」

忍「あ、ありがとう」

かな子「それで、味は大丈夫だった?」

柚「もうバッチリだよ!」

智絵里「おいしいです」

かな子「よかった~。実は今日、時間がなくて味見できなかったから、ちょっぴり不安だったんだよね」

晶葉「なんと!かな子が味見をしていないとは…」

かな子「ちょっと晶葉ちゃん!」

晶葉「ははは、すまんすまん」


16 :◆jsQIWWnULI :2017/10/26(木) 18:33:20.78 :RA0bS/D70

かな子「もう…まあいっか。それじゃあ私も、いただきまーす」

かな子「………ん?」

智絵里「ど、どうしたのかな子ちゃん?」

かな子「みんな、これ本当においしかった?」

柚「もっちろん!なんで?なんかあったの?」

かな子「これ、おしんこの味しない?」


17 :◆jsQIWWnULI :2017/10/26(木) 18:36:23.37 :RA0bS/D70

智絵里「おしんこって、あのおしんこ?」

晶葉「あのおしんことはどのおしんこだかわからないが、たぶんそのおしんこで当たってるんじゃないか?」

智絵里「よかった…」

柚「いや、何もよくないから。おしんこって一つしかないから。それよりなんでおしんこの味に感じるんだろう?」

忍「一回お茶でも飲んでみれば?」

かな子「うん…」

かな子「…」

柚「どう?」

かな子「お茶もおしんこの味に感じる…」

智絵里「ええ…」


18 :◆jsQIWWnULI :2017/10/26(木) 18:39:17.64 :RA0bS/D70

かな子「どうしよう、私、変な病気にかかっちゃったかも…」

智絵里「た、大変…救急車呼ばないと…」

柚「そうとなったら早く電話しないと…117、117…」

晶葉「二人とも落ち着け!救急車を呼ぶような事態ではないだろ!それに救急は119だ!」

晶葉「かな子のソレは、どうしてそうなったかの原因はわからないが、おそらく一時的なものだろう。おそらくすぐに治る」

かな子「そ、そうかな…私、一生甘いもの食べられなくなったりしないかな…?」


19 :◆jsQIWWnULI :2017/10/26(木) 18:42:44.18 :RA0bS/D70

晶葉「…ああ、大丈夫だ」

かな子「よかった…晶葉ちゃんが言うなら間違いないよね」

智絵里「取り乱しちゃいました…」

柚「ところで、117ってなんだっけ?」

忍「時報」

柚「ああ、そっか」

晶葉「」チョイチョイ

忍「?」


20 :◆jsQIWWnULI :2017/10/26(木) 18:46:31.47 :RA0bS/D70

忍「どうしたの?こんなとこまで呼んで」

晶葉「…ない」

忍「えっ?」

晶葉「解除方法がない…今気づいたんだ…」


21 :◆jsQIWWnULI :2017/10/26(木) 18:48:51.73 :RA0bS/D70

忍「えっと…、言ってる意味が分からないんだけど」

晶葉「かな子は何を食べてもおしんこの味に感じるようになった。それは良い。あのスイッチは正常に作動しているということだ」

忍「う、うん。そうだね」

晶葉「では、止め方は?私たちはあの現象をどうやって止めればいい?」

忍「それは何かあるんじゃないの?あのスイッチに」

晶葉「何もない」


22 :◆jsQIWWnULI :2017/10/26(木) 18:52:09.92 :RA0bS/D70

忍「は?」

晶葉「あのスイッチはあくまで『かな子の食べたものが全ておしんこの味になる』スイッチだ。それ以外の機能はない」

忍「…つまり?」

晶葉「このままではかな子は一生おしんこの呪いに苛まれ続けることになる」


23 :◆jsQIWWnULI :2017/10/26(木) 18:55:11.35 :RA0bS/D70

忍「やばくない?それ」

晶葉「きわめてまずい」

忍「…どうするの?あのスイッチ壊す?」

晶葉「そんなことをしたら、かな子にどんな影響が及ぶかわからん。やめた方が良いだろう」

忍「じゃあ…」

晶葉「私が今から『かな子が食べたものが全ておしんこになる効果を打ち消す』スイッチを作る」


24 :◆jsQIWWnULI :2017/10/26(木) 18:56:11.42 :RA0bS/D70

忍「じゃあ解決じゃん」

晶葉「違う。一番の問題点はかな子がその間に一切甘味を味わえないことだ」

忍「ええ…大丈夫でしょ」

晶葉「忍、甘いものに命を懸けているかな子が甘味を感じることが出来ないんだぞ?それはもう、怪獣が街をぶっ壊すくらいでは済まないくらいのことが起こるぞ…」

忍「いや、それはいくら何でも言いすぎでしょ」

晶葉「…まあ、十分に注意をしておいてくれ。私は今からスイッチを作り始める」


25 :◆jsQIWWnULI :2017/10/26(木) 18:56:43.05 :RA0bS/D70

忍「わかった。じゃあみんなのところに行ってるね」

晶葉「ああ、くれぐれも気を付けてくれよ」


26 :◆jsQIWWnULI :2017/10/26(木) 18:59:40.84 :RA0bS/D70

忍(晶葉ちゃんはあんなこと言ってたけど、そんなことあるわけないでしょ…)

忍「かな子ちゃん、調子はど…う?」

かな子「甘いもんはどこだあ〝あ〝あ〝!!!」

智絵里「かな子ちゃん、落ち着いて…」

かな子「これが落ち着いていられるかぁぁぁああああああ!」

忍「?!?!?!?!?!?」


27 :◆jsQIWWnULI :2017/10/26(木) 19:00:20.33 :RA0bS/D70

忍「なんだったの…今のがかな子ちゃん…?」

忍「まさか…そんなわけないよ…いつも温厚でやさしいかな子ちゃんんが…」

忍「とりあえず、もう一回確認してみよう」


28 :◆jsQIWWnULI :2017/10/26(木) 19:02:02.61 :RA0bS/D70

かな子「ウガアアアアアアアアアアアアア!」

智絵里「」

柚「あ、智絵里チャン!しっかり!」

かな子「アマイモノガアガガガガガアガガガガガガアガガ!」


29 :◆jsQIWWnULI :2017/10/26(木) 19:04:10.56 :RA0bS/D70

忍「参ったな…」

忍「軽いいたずらのつもりだったのに、まさかこんなことになるなんて…」

忍「…どーしよ、これ…」


30 :◆jsQIWWnULI :2017/10/26(木) 19:07:43.11 :RA0bS/D70

忍「あれ?」

忍「そういえば、かな子ちゃんの雄たけびが聞こえなくなってる」

忍「どうなったんだろう」

忍「ドアをちょっとだけ開けて…」ソロ~


31 :◆jsQIWWnULI :2017/10/26(木) 19:08:32.18 :RA0bS/D70

かな子「ねえ、柚ちゃん」

柚「な、何かな、かな子ちゃん…?」

かな子「私、気が付いたんだ」

柚「な、何をかな?」

かな子「この現象、食べ物以外を口に入れたときはおしんこの味にならないってことにさ」


32 :◆jsQIWWnULI :2017/10/26(木) 19:09:41.19 :RA0bS/D70

柚「そ、それで…?」

かな子「柚ちゃん、さっき、私の作ったお菓子食べたよね?」

柚「うん…?」

かな子「柚ちゃん、一生のお願い…キスさせて」

柚「!?」


33 :◆jsQIWWnULI :2017/10/26(木) 19:10:27.78 :RA0bS/D70

かな子「甘みを感じるにはそれしか方法がないの!」

柚「そそそそそっそんなことないと思うよよよよ!!?」

柚「それよりっ!忍チャンと晶葉チャンは!?もしかしたら晶葉チャンが何か解決してくれるような発明を作ってくれてるかも…」


34 :◆jsQIWWnULI :2017/10/26(木) 19:11:22.11 :RA0bS/D70

かな子「柚ちゃん…」ガシッ

柚「ィかな子ちゃん!?」

かな子「いただきま~す」

柚「~~~~~~~~~~!?!?!」

かな子「んぁっ、むぅ、ふぅ……あむ、ちゅ…ん…」

柚「」


35 :◆jsQIWWnULI :2017/10/26(木) 19:14:08.79 :RA0bS/D70

忍「ああ…柚ちゃんゴメン…助けられなかった…」

忍「それにしてもかな子ちゃん、キスに迷いがなかった…しかもあの感じ、キスに慣れてる…?」

忍「イヤイヤ…そんなことはないって。私たちはアイドル…変な邪推はダメ、絶対!」

忍「しっかし大変なことになってきたぞ…」


36 :◆jsQIWWnULI :2017/10/26(木) 19:18:13.90 :RA0bS/D70

杏「そんなところで何ブツブツ言ってんの、忍」

忍「あ、杏ちゃん…」

杏「入んないの?」

忍「いや、入りたいのはやまやまなんだけど…かな子ちゃんが…」

杏「かな子ちゃん?何言ってんの?」

杏「まあ、いいや」ガチャ

忍「あっ…」


37 :◆jsQIWWnULI :2017/10/26(木) 19:21:23.31 :RA0bS/D70

杏「おはよー…って柚!?智絵里ちゃん!?」

かな子「あ、杏ちゃん…」ユラユラ

杏「ッ!?かな子ちゃん?智絵里ちゃんと柚が…」

かな子「杏ちゃん、飴、舐めてる?」

杏「さっきまで舐めてたけど…ってなんでこっちに近づいてるの!?」

かな子「…」ガシッ

杏「な、なに…?」

かな子「んっ…あむ、れろ、んちゅぅ、むちゅっ……れるっ、ちゅぅ…」

杏「」


38 :◆jsQIWWnULI :2017/10/26(木) 19:25:40.93 :RA0bS/D70

忍「杏ちゃんまで…もうだめかもしれない…」

晶葉「できたぞ、忍!かな子が食べたものが全ておしんこになる効果を打ち消すスイッチだ!」

忍「ようやくできたんだね!よかった…これで助かる!」

晶葉「早速、中に入って使おう」

忍「うん」


39 :◆jsQIWWnULI :2017/10/26(木) 19:28:57.70 :RA0bS/D70

かな子「あっ、忍ちゃんと晶葉ちゃん…」

晶葉「安心しろかな子。このスイッチを押せば、普通の味覚に戻る!」

忍「あ」

晶葉「なっ、しの…」

かな子「はむぅ、れろちゅっ…んむ、れちゅっ…」

忍「」


40 :◆jsQIWWnULI :2017/10/26(木) 19:31:51.78 :RA0bS/D70

晶葉「な、なにをしてるんだかな子!」

かな子「ぷはっ…晶葉ちゃんも、きっと甘いよね…」ガシッ

晶葉「ま、まてかな子!落ち着け!このスイッチを押せばちゃんと甘いものを甘いと感じるようになる!だか…」

かな子「んっ…ん、れぢゅっ、んんっ、はむ、ちゅぅ……るちゅ」

晶葉「」


41 :◆jsQIWWnULI :2017/10/26(木) 19:33:34.96 :RA0bS/D70

その後、かな子は甘いものを食べたことで正気を取り戻し、晶葉と忍は二週間、かな子の手作りお菓子を禁止されましたとさ。


                                     おわり


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】池袋晶葉「できたぞ忍!かな子の口に入った食べ物をおしんこ味に変えるスイッチだ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1509007960/