■関連SS
【モバマス】麗奈「あんたら気をつけなさいよね!」光&紗南「「え?」」
紗南「今からマッ○に行かない?グランってやつが美味しいらしいから!」


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/19(木) 22:54:58.93 :Ap+TDPhW0

紗南ちゃんSSRおめでとうございます。衝動でご理解しました。
比奈さんボイス実装おめでとうございます。


紗南「ね? みんなで食べに行こうよ!」

比奈「紗南ちゃん、コラボの道ずれを選ぶのはダメっスよ」

紗南「ひっ比奈さん!? やーめーてーよー、アタシそんなつもり」

比奈「ないっスか? ホントに?」

紗南「あるよ!」

比奈「いっそ清々しいっスね」

紗南「先週は光ちゃんと麗奈ちゃんを巻き込んだんだけどさ?」

比奈「巻き込んだ自覚あるんスね……まぁ私は止めないっスよ。行かないけど」

紗南「えー! 行こうよ! 美味しいって! グラン!」

比奈「私はジータちゃん派なんすよ」


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/19(木) 22:55:46.28 :Ap+TDPhW0

琴歌「マッ○……行ったことありませんわね?」

紗南「お昼まだでしょ? 一緒に行かない?」

琴歌「……いいですわね! それならご一緒させていただきますわ!」フンス!

紗南「よっし! ……あと一人!」

比奈「悪びれないっスねー」

琴歌「あと一人?」

紗南「二人でより三人で食べたほういいでしょ? それより上でも可!」

琴歌「確かにそうですわね! えっとこの時間帯は……」


3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/19(木) 22:56:34.43 :Ap+TDPhW0

亜子「おーい、お二人さん、珍しい組み合わせやね?」

琴歌「今からマッ○にいくんです! いいでしょう?」フフーン!

亜子「マク○に行くだけでそんなドヤ顔な人初めて見たわ……」

琴歌「マク○? あら? マッ○ではないのですか?」

紗南「えっと……それはね? なんというかある種の戦争の火種というか」

琴歌「せ、戦争……そういえば聞いたことがあります、きのこと」

亜子「止め止めー! それもそれでアカン火種!」

比奈「私はどっちかと言えば」

紗南「いいからね? 着火しなくていいからね?」


4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/19(木) 22:58:04.53 :Ap+TDPhW0

亜子「んー、うちもお昼食べてないなぁ、そういえば」

琴歌「でしたら一緒に行きましょう! 是非! 是非に!」キラキラ

亜子「うっわ、グイグイ来おるな! わかりました! 行きましょ、マク○」

琴歌「そうですわね! マッ○……マク○……フフ」

亜子「なんやえらいテンションやな、琴歌さん」

紗南「行ったことないらしいから……楽しみなんだと思う」

亜子「紗南ちゃんも、よくあのお嬢様誘ったな? 珠ちゃんとか早耶さんとかおったやろ?」

紗南「えっとその二人は……また今度かな? 来週あたり?」

亜子「来週? 毎週マク○行っとるの紗南ちゃん?」


5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/19(木) 23:01:54.98 :Ap+TDPhW0

比奈「結局で三人でいくんスね?」

亜子「そないなこと言うんやったら比奈さんも行きましょう?」

琴歌「そうですわ! 皆さんでマッ○! マク○ですわ!」

紗南「そうだよ比奈さん! 行こう!」

比奈「紗南ちゃんはどういうつもりなんスか?」

紗南「別に? せっかくだしみんなで行こうよって!」

比奈「むぅ……もうお昼食べたんでコーヒーしか飲まないっスよ?」

亜子「えっ、そんなんやったらいいんですよ?」

比奈「車、出すっスよ。その方楽っスよね?」

紗南「ほんと!? ありがとう比奈さん!」


6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/19(木) 23:04:20.49 :Ap+TDPhW0

~車の中~

亜子「紗南ちゃーん? 比奈さんから聞いたで?」

紗南「な、何のことかな?」

亜子「今マックで紗南ちゃんがやっとるゲームのコラボやっとるんやろ?」

琴歌「ゲームと……飲食店がコラボですの?」

亜子「なんや、決まったハンバーガーを頼むとゲームで使えるポイントがもらえるとか?」

紗南「えっと……はい、ホントです」ションボリ

琴歌「まぁそれはお得ですわね! 紗南さん、協力致しますわ!」

紗南「琴歌さん……ありがとう! えっとねー、このクラブサンドってやつが美味しいらしくて!」

比奈「紗南ちゃーん、さらっと一番高いの押し付けるのはアウトっすよー」

紗南「い、いや、先週食べたし! 一番おいしかったんだって!」

比奈「まぁグランは外れないっスからね」

紗南「マッ○ジータは出ないのかな?」

比奈「スタッフコスのスキン欲しいっスねー」


7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/19(木) 23:05:22.03 :Ap+TDPhW0

琴歌「どうしましょう、お二人がゲームの話で盛り上がると私、わかりませんの」

亜子「アタシだって同じやから。泉がパソコン叩いてとるの見てるだけやし」

琴歌「……そうだ、亜子さんのオススメのメニューってあります?」

亜子「ん? なんやろなー、アタシのあんまりいかんのよ。結構割高やから」

琴歌「亜子さんは節制なさってますからね、偉いです!」

亜子「違う違うって、琴歌さんだってそんなお金持ちー!ってカンジしとらんやん?」

琴歌「家のお金であって私のお金ではありませんもの、大切にしませんと!」ドヤァ!

亜子「おー、偉い偉い。……琴歌さん、これ美味しそうやない?」

琴歌「どれです? ……なんだか変わった名前、でも挑戦してみたいですわ!」


8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/19(木) 23:08:10.25 :Ap+TDPhW0

亜子「紗南ちゃーん。そういや、紗南ちゃんはどれ頼むん?」

紗南「え? アタシは……ベーコンチーズかな?」

亜子「お、そりゃいい『アタシとおんなじ』やん! 感想、言い合えるな?」

紗南「うえっ!? そ、それならアタシてりやきにしようかな……」

亜子「なんや紗南ちゃん、アタシとおんなじなんは嫌だってか?」

比奈「……亜子ちゃん、調べたっスね?」

亜子「なんや比奈さん、ネタバレはあかんて」

紗南「えっと……別々の頼んでくれたりは……」

亜子「アタシがそういうのするタイプに見えるー?」

紗南「…………いくら?」

亜子「紗南ちゃん、いくらアタシでも包装紙に値段はつけんて」


9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/19(木) 23:10:52.71 :Ap+TDPhW0

紗南「うそぉ?」

亜子「紗南ちゃんアタシのことなんだと思ってるん!? 別に違うバーガー頼んだってええのに」

紗南「ホント!?」

亜子「あー、でもなー、紗南ちゃんアタシのこと信頼してへんみたいだからなー」

紗南「し、信じてる! ホント! ホントだって!」

亜子「一緒にあのアクシデントだらけの雪降るステージを協力プレイした仲なのになー」

紗南「もー! ほんとゴメンってー!」


10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/19(木) 23:13:40.44 :Ap+TDPhW0

比奈「亜子ちゃん、許してあげるっスよ」

琴歌「そうですよ、紗南ちゃんだって……ほら、亜子さんを考えて言った言葉かもしれませんし?」

亜子「考えた結果が『いくら?』だったら正直アタシは仲を疑うけどな?」

紗南「ち、違うんだって、つい!」

亜子「つい?」ジロッ

紗南「亜子ちゃんなら包装紙にも値段つけそうだなーって。ほら! コストとか考えてくれたじゃない?」

亜子「…………はぁ、まぁええわ。 確かに計算してないってわけでもないし」

比奈(してたんスね……)

琴歌(してたんですわね……)

紗南「やっぱしてたんだ……」


11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/19(木) 23:15:01.13 :Ap+TDPhW0

~マッ○、マク○到着~

亜子「ついたー、やっとお昼やなー」

比奈「違うっスよ、ここは、戦場っス」

紗南「そうだよ! 3種の神器を求めて3週間戦士たちが彷徨う古戦場!」

亜子「神器て……ハンバーガーやろ? 何をそんな大げさな」

紗南「大げさじゃないよ! 金剛石と9/10ダマスカスとSSR確定チケットだよ!?」

亜子「わからん、わからんて……比奈さんどういうこと?」


12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/19(木) 23:17:31.92 :Ap+TDPhW0

比奈「えっと……まずチケットっていうのは福引みたいなもんなんスけど」

亜子「ふむふむ」

比奈「『商店街の福引で絶対2等より上が当たりますよー!』っていう特別な福引券っス」

亜子「なんやそれ、それがもらえるんか!?」

比奈「そっス、んで金剛とダマスカスってのはクーポン券みたいなもんなんスけど、二人に解りやすくに言うと」

比奈「その福引で琴歌ちゃんが好きそうな白い丸テーブルと椅子にお洒落なティーセットが当たったとするっス」

琴歌「まぁ! それは素敵ですわね!」

比奈「でもあぁいうのって椅子は2個、カップも2個セットだったりするっスよね?」

琴歌「そう……ですわね。家で使うには椅子の数も足りなくて……」

比奈「そんな時に金剛やダマスカスをお店で使うと、同じ椅子、また同じカップと交換できる訳っス」

亜子「なるほど、新しくモノはもらえんけど、すでに持ってるもんと同じモノと交換できるってわけ?」

紗南「厳密には違うけど、そんな感じ! ゲームの話だけどね?」


13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/19(木) 23:18:51.49 :Ap+TDPhW0

亜子「えっと……それが? これでもらえるんか?」

紗南「うん、毎週3種類のグランを食べればね!」

琴歌「ということは……4000円くらいですわよね?」

亜子「…………紗南ちゃん」

紗南「えっと……何? 目がガチなんだけど?」

亜子「なんで早く言わんの! それやったら手伝うって!」目キラキラ

紗南「だ、だってゲームの話だよ? 比奈さんが言ったのだって結構わかりやすく誇張してたというか」

琴歌「安心してくださいな! 私達、グランを食べますわ!」

亜子「昼のついでだし、安心してな紗南ちゃん!」

比奈「あはは、予想以上っスね」

紗南「アタシとしては嬉しいけどなんか複雑……」


14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/19(木) 23:20:13.29 :Ap+TDPhW0

比奈「結構混んでるっスね、お昼時だからっスか?」

紗南「違うね……この空気、アサルトタイム! みんな騎空士だよ!」

琴歌「騎空士? なんですのそれ」

比奈「気にしないでいいっスよ。ゲームの主人公の職業っス」

紗南「うわー! あのシートいいなぁ! ルリアちゃんかわいい!」

亜子「エライかわいいイラストやね、比奈さんの絵みたいや」

比奈「い、いや、そんな上手くないっスよ……やっぱスタッフコスジータちゃん欲しいっスねぇ」

琴歌「あのマスコットみたいなトカゲちゃんかわいいです!」

???「オイラはトカゲじゃねぇ!」

琴歌「あら? 今誰か……?」

亜子「気のせいやろ、注文いくでー」


15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/19(木) 23:20:50.58 :Ap+TDPhW0

紗南「琴歌さん大丈夫? 代わりに注文しようか?」

琴歌「大丈夫ですわ! 私だって注文くらいできますもの!」フンス!

店員「いらっしゃいませ、店内でお召し上がりでしょうか?」

琴歌「はい!」

店員「ではご注文をお願いします」

琴歌「えっと……マッ○グランの……」

亜子「あっ、琴歌さん、ちょい待ち!」

琴歌「え? なんですか亜子さん?」

亜子「これ、クーポンらしいから、店員さんに見せてくれん?」ケータイドリダシ

琴歌「まぁ、ありがとうございますわ。えっとこれを……」

店員「はい、655番ですね、他には?」

紗南「亜子さん抜け目ないなぁ」

比奈「ポテトとか結構バカになんないんスよねぇ」


16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/19(木) 23:22:31.56 :Ap+TDPhW0

琴歌「えっと……そう、これですわ!」

琴歌「えっと……えっと……」




琴歌「この『ヘーホンホヘホハイ』というものをお願いしますわ!」ドヤァ!




店員「はい、ベーコンポテトパイですね」


琴歌「えっ」


紗南(かわいい)

比奈(かわいいっス)


17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/19(木) 23:23:27.81 :Ap+TDPhW0

琴歌「えっ……いえ、私が欲しいのはこのへーほん……」

店員「ご注文は以上でよろしいでしょうか?」

琴歌「へーほん……」ショボーン

店員「お客様?」

琴歌「え、えっと……?」

加蓮「琴歌ちゃん、ドンマイ。これであってるんだよー」

琴歌「か、加蓮さん? そ、そうですか。以上で」

店員「かしこまりました、お会計――」


18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/19(木) 23:24:48.21 :Ap+TDPhW0

加蓮「やほー、比奈さん紗南ちゃん、二人もアレ?」(ポスターを指さして

紗南「あれ加蓮さん! アタシは古戦場!」

比奈「自分は付き添いっス。お昼もう食べちゃいましたし」

亜子「なんや、加蓮さんも同じ要件なんか?」

加蓮「あたし達はよく来るんだけどね。今日は奈緒の付き添い」

比奈「あぁ……奈緒ちゃんも騎空士だったんスね」

加蓮「それがさー、奈緒ったらなんか騒いじゃってさー、注文終わったら隣のテーブル来てよ」

亜子「ならアタシは注文済ませてくるわ、ベーコンチーズもらうで、紗南ちゃん」

紗南「了解ー、先週はクラブハウスだったしちょうどいいかな!」

比奈「自分はコーヒーだけでいいっス……」

紗南「比奈さん! アタシ、ポテトLにするから一緒に食べよう?」

比奈「いいんスか?」

紗南「うん、車で送ってもらっちゃったし!」


19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/19(木) 23:26:00.25 :Ap+TDPhW0

~注文揃って~

奈緒「……紗南! 紗南じゃんか! うわー!」

紗南「奈緒さんどうしたの!? というかまだテーブルに置いてないから! 危ないって!」

奈緒「聞いてくれよー! 凛のヤツ話聞いてくれなくてさー!」

凛「ごめん、紗南。私もよくわからなくて」

琴歌「凛さん!凛さんは……てりやきですか。美味しいですか?」

凛「お嬢様の琴歌にはどうかな……まぁ、悪くないかな。美味しい」

琴歌「そうですか! これは楽しみですわ!」フンス!

亜子「いや、琴歌さん、あくまでファストフードだから過度な期待は……というかクラブハウスやろ琴歌さん」

加蓮「えー? ポテト美味しいよ?」

奈緒「ポテトの話はしてない! バーガーの話だ!」


20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/19(木) 23:27:07.61 :Ap+TDPhW0

紗南「よいしょっと……あ、琴歌さん! 亜子ちゃん! ちょっと待って!」

奈緒「そうだ! 待ってくれ!」

琴歌&亜子「「?」」

比奈「コラボキャンペーンの準備っス、ちょっと待ってあげてほしいっス」

紗南「よっし準備完了……とりあえずてりやきから……よし!」パシャリ!

奈緒「て、てりやき……紗南! 貸してくれ!」カメラ向け

亜子「えっと……なんやこの異常な光景」

琴歌「ハンバーガーの写真ですか?」

比奈「このコラボ。『食べる前の写真』を専用のアプリで撮影するのが条件なんス」

凛「……なるほど、だから奈緒怒ってたんだ」モグモグ

加蓮「だって奈緒言わなかったし?」

奈緒「言い忘れたんだよ!仕方ないだろ!? でも私が注文待ってる間に先に食べるか普通!?」

加蓮「だってポテト冷めちゃうしー?」

凛「いつもより割高なヤツだったから、あったかいうちに食べたいでしょ?」


21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/19(木) 23:31:42.30 :Ap+TDPhW0

亜子「しっかし……」

琴歌「えぇ……」


紗南「うあ゙ー! ベーコンチーズが反応しないんだけど!?なにこれバグ!?」

奈緒「テリヤキが認証しない……うわ、これベーコンチーズの認証でやってた! 紗南、ベーコンチーズ!」

紗南「アタシもやってるとこ! うわぁこれHELLだよ!」

奈緒「よっし! チーズゲット!」

紗南「嘘!? 早い! あ、アタシも取れた!さぁ次はクラブハウス……」


亜子「カメラ片手にテーブルぐるぐるまわっとるのは中々にけったいな光景やな……」

琴歌「でも、楽しそうですし、いいのでは?」

亜子「まぁ冷めへん程度の時間なら……」


22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/19(木) 23:35:20.83 :Ap+TDPhW0

紗南「ミッションクリアー! 二人ともありがとう!」

亜子「まぁ面白いもん見れたしアタシは問題ないで」

琴歌「私も、携帯片手に跳ねる紗南ちゃん、結構可愛かったですわよ?」

紗南「え? は、恥ずかしいなそれ……」

加蓮「奈緒もねー。さっきガッツポーズしてたでしょ?」

凛「すごいニヤニヤしてたし」

奈緒「し、仕方ないだろ!? 元々は二人が悪いんだからな!」

比奈「言ってない奈緒ちゃんも悪いっスよ」

奈緒「ま、まぁ……でも取れてよかった! また今週来ないといけないかと思ってた」

加蓮「私はそれでもいいけどねー」

凛「私はちょっと……」


23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/19(木) 23:36:02.58 :Ap+TDPhW0

琴歌「クラブハウス、美味しいですわね!」モグモグ

亜子「確かに、ベーコンチーズも美味いわ」モグモグ

比奈「出たばっかりの時は『こんなのマッ○じゃない!』なんて言われてたくらいっスからねぇ」

紗南「チープな出来が欲しいって人もいるしね」

凛「確かに、ポテトとドリンクで済ませちゃう場合ってグランはちょっと高いかも」

加蓮「何? 私のこと?」

奈緒「確かになー、割高だしなぁ」

琴歌「私はほかのバーガーを食べてませんけどそんななんですの?」

紗南「んー……良くも悪くも……?」

加蓮「ジャンクフード!ってカンジの味かな!」

琴歌「それ、気になりますわ!」キラキラ!

比奈「まぁグランもだいぶジャンクフード味なんスけどね」


24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/19(木) 23:37:09.74 :Ap+TDPhW0

琴歌「さて……次はこれでヘーホン」

加蓮「ベーコンポテトパイ?」

琴歌「加蓮さーん?」(頬を膨れさせながら

加蓮「ごめんごめん、なんだっけ?」

琴歌「……コホン、このヘーホンホヘホハイの番ですわ!」ドヤァ!

「「「おー」」」パチパチ……

亜子「あっついらしいから気つけてな」

琴歌「もちろんです! えっとどこから開ければ……」

紗南「あ、それはね? えっと……」

琴歌「いえ、これは自分でやりますわ! ……よし! 空きましたわ!」キラキラ

比奈「なんか和むっスねー」


25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/19(木) 23:38:28.29 :Ap+TDPhW0

琴歌「……」カリッ!モグモグ

亜子「どう? 琴歌さん?」

琴歌「…………」カリッ!モグモグ

奈緒(なんか小動物みたいだな)

凛(なんかハナコ思い出す)


琴歌「……美味しいです!」ペカー!

紗南「パーフェクトコミュニケーションだね!」

亜子「むっちゃええ笑顔しとる」


26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/19(木) 23:39:40.69 :Ap+TDPhW0

亜子「しっかし結構儲かってそうよな、この話」

凛「確かに、グランなんてあんまり頼まないしね」

紗南「グラン売り切れました!って張り紙見たことあるよ!」

凛「そんなになんだ」

比奈「これのためにその日の夕飯をグラン3個にしたり」

加蓮「私は無理かなー、食べきれなそう」

亜子「普段出ない高級バーガーがこんなに出るんや……ふむふむ」

凛「奈緒、私たちに感謝しないとね? 一人で3つって無理でしょ?」

奈緒「それは感謝してる! まぁ……懐的にも」

紗南「みんなで食べれば1個分のお値段だしね!」

亜子「紗南ちゃん、そう考えたらベーコンチーズのお値段は紗南ちゃんに請求しても?」

紗南「えっ? えっと……」

亜子「冗談やって。久々にマク○食べたけど悪くなかったしな」


27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/19(木) 23:40:37.83 :Ap+TDPhW0

亜子「これアタシらもコラボしても売れるんやないかな?」

紗南「え?」

亜子「ほら、アタシらも店員のコスして」

凛「それってもうコラボじゃなくて普通にお仕事じゃないかな?」

亜子「……Pさんに頼んでみるか」

琴歌「それでしたら、私アルバイトしてみたいですわ!」

加蓮「それはそれでできるんじゃない? 学生だし、私達」

奈緒「いや、バイトとかダメだろ、私らアイドルだぞ?」

比奈「多分ダメっスねーちひろさんが怒りそうっス」

亜子「むぅ……パッションバーガーとかありやと思うんだけど」


28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/19(木) 23:41:59.96 :Ap+TDPhW0

琴歌「パッションバーガー……黄色となるとパイナップルですわね?」

加蓮「聞いたことある、アメリカとかのハンバーガーって入ってるよね!」

亜子「でも同じようなもんは……」

凛「ならクールバーガーは……蒼い食べ物ってあったっけ」

奈緒「ないだろ、それこそアメリカのお菓子みたいだ」

紗南「クールは……ほら! 葡萄シェイクとかどうかな! 紫っぽくなっちゃうけど……」

比奈「それなら全部シェイクで再現できそうっスね、葡萄、マンゴー、あと」

???「いちごです!」

紗南「……今なんか画面外から声が聞こえたような」

亜子「あかん、シェイクだと大きな利益にならんわ!」

凛「もう利益の話考えてるんだね……」

琴歌「捕らぬ狸のなんとらといいますけども……」

亜子「いーや! これはいける! アタシ、帰ったらちひろさんに頼んでみるわ!」


※却下されました。

おわり


29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/19(木) 23:43:42.90 :Ap+TDPhW0

おまけ

紗南「いやー、よかったよかった! コラボできて」

菜々「コラボの話ですか? 可愛いですよねーさくらちゃん!」

奈緒「菜々さん、あのアニメ知ってるのか?」

菜々「えぇ、えぇもちろんですとも! あの頃は毎週さくらちゃんの活躍が楽しみで!」

紗南「へー、面白かったんだ! 私は……見てないからなぁ」

菜々「見ましょう! 菜々、VHS全巻持ってますから! 今度寮に持っていきます!」

紗南「……ぶいえいちえす?」

菜々「あ゙」

奈緒「アタシもアニメ専用チャンネルでちょっと見た程度だけど……あれっていつの……」

菜々「そう! そうなんですよー! 菜々もそれで見てハマっちゃって! つい!」


比奈「菜々さん……」


今度こそおわり


30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/19(木) 23:47:40.76 :Ap+TDPhW0

このSSを書いてる最中にSSR紗南ちゃんがきました。
担当ですもの全力投球した結果、ご理解でしたよ!(後悔無し
あの3Dモデルはずるい、ずるいです。

マックコラボはホントすごいみたいですね、田舎なんでグラン売り切れなんて無縁なのですが。

読んでいただきありがとうございました。

今作とは関係のない前作
【モバマス】麗奈「あんたら気をつけなさいよね!」光&紗南「「え?」」


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】紗南「今からマッ○に行かない?グランってやつが美味しいらしいから!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1508421298/