1 :◆3UO.XRpYJ2 :2017/10/20(金) 05:54:08.75 :hMnejziW0

モバP「……」カタカタ

文香「……」ペラッ

周子「……」

モバP「…………」チラッ

文香「……」ペラッ



周子「…………」


2 :◆3UO.XRpYJ2 :2017/10/20(金) 05:55:34.86 :hMnejziW0

ティロン

モバP「……?」スッ

周子「……」



周子『ねえ』



モバP「……」ポチポチ



モバP『なんだ』

周子『めっちゃ見てるよね』

周子『文香ちゃんのこと』



モバP「…………」チラッ

周子「…………」


3 :◆3UO.XRpYJ2 :2017/10/20(金) 05:56:36.40 :hMnejziW0

モバP『なんだいきなり』

周子『いや、別に』

周子『ただ、すっごい見てるな~って思ったから』

モバP『……マジ? 俺、そんな見てた?』

周子『そりゃあもう、ガン見だよね』

モバP『マジすか』

周子『好きなん?💕』

モバP『アホなこと言うな😠』

周子『じゃあなんで?』


4 :◆3UO.XRpYJ2 :2017/10/20(金) 05:57:33.02 :hMnejziW0

モバP「……んー…………」チラッ

文香「……」ペラッ

周子「…………」


モバP『タイプだからだ』

周子『は?』

モバP『そのまんまの意味だ』




周子「………………」


5 :◆3UO.XRpYJ2 :2017/10/20(金) 05:58:11.36 :hMnejziW0

周子『ちょっといい?』

モバP『なんだ?』

周子『ここじゃ話しにくいから外で』

モバP『いや、仕事あるんだけど』

周子『ちょっとだけ』




モバP「…………」ガタッ

周子「……」スッ



スタスタ バタン




文香「……………………」


6 :◆3UO.XRpYJ2 :2017/10/20(金) 06:00:14.36 :hMnejziW0

周子「好きなん?」

モバP「開口一番それかよ……。てかさ、俺そんなに見てた?」

周子「自分でもわかってるくせに。チラチラ見てたでしょ」

モバP「あっ、そっかぁ……」

周子「で、どうなの?」

モバP「好きとかではない、と思う」

周子「ふぅん……」

モバP「なんだその反応。そうだなぁ……格好いい俳優さんと共演した時、お前だってその人のこと見たりするだろう?」

周子「あたしは、そうでもないけどね」

モバP「本当かよ……」

周子「うん。芸能界入って、カッコいい人見慣れちゃったのもあるけど」


9 :◆3UO.XRpYJ2 :2017/10/20(金) 06:03:06.46 :hMnejziW0

モバP「なるほどな。……だとしても、だ」

周子「なに?」

モバP「男というものはだね、綺麗な女性がいたらついつい見てしまうものなんですよ」

周子「……」

モバP「なんだその目は。一般的な男なんてこんなもんなんだって」

周子「Pさんって一般的な男だったんだ」

モバP「どこをどう見ても一般的な男だろうが……」

周子「綺麗じゃなくってすいませんね~」

モバP「……訂正する。タイプの女の子がいれば、だ。周子だって充分綺麗だと思うよ、うん」

周子「……」

モバP「……」

モバP(なんで機嫌悪くなってんだ……)


10 :◆3UO.XRpYJ2 :2017/10/20(金) 06:04:00.30 :hMnejziW0

周子「…………文香ちゃん、Pさんにもチャンスあるんじゃない?」

モバP「え゛!?」

周子「……好きなの?」

モバP「んんっ! ……だから、好きとかじゃないって」

周子「でも、Pさん今凄い反応してたよね?」

モバP「そりゃあ、いきなりそんなこと言われたら驚くだろうが。……根拠は?」

周子「……言わない」

モバP「え、なんで?」

周子「……文香ちゃん、今日休みなんだよね」

モバP「うん、それが?」

周子「そんだけ」

モバP「そんだけかよ。もっとこう、いい感じの理由があるかと思ってたわ」

周子「…………」

モバP(何故このやり取りで機嫌が悪くなるんだ……)


11 :◆3UO.XRpYJ2 :2017/10/20(金) 06:04:45.04 :hMnejziW0

モバP「……わかったわかった。今度飯でも行こう。それで機嫌直してくれ、な?」

周子「ん。ならいいんだけどね」

モバP「結局飯ですか周子さん」

周子「いやぁ、そういうわけでもないんだけどさ」

モバP「じゃ、俺仕事戻るよ。周子は何時から仕事だ?」

周子「あたしは帰ろうかな」

モバP「え、仕事あったんじゃないの?」

周子「ううん、ないよ。オフだったんだけど、暇だから事務所来ちゃった」

モバP「そっか。じゃ、また明日」

周子「うん、また明日。……あ」

モバP「?」




周子「ご飯、楽しみにしてるから。忘れないでね。じゃ!」


12 :◆3UO.XRpYJ2 :2017/10/20(金) 06:05:37.04 :hMnejziW0




ガチャ

モバP「あー寒かった……」




文香「……………………」




モバP「……」カタカタ

文香「……」ペラッ

モバP「……」カタカタ

文香「…………あの、プロデューサーさん」

モバP「ん、どした?」

文香「その……周子さんとは、どこへ……?」


13 :◆3UO.XRpYJ2 :2017/10/20(金) 06:06:32.49 :hMnejziW0

モバP「え、別にどこか行ったわけじゃないよ。ちょっとした世間話をしたんだ。周子は帰っちゃったけど、何か用でもあった?」

文香「いえ……そういうわけでは……」

モバP「ならよかった。……あ、そうだ」

文香「……どうしました?」



モバ「あ、あのさ、その……ごめん、なんでもないわ」

文香「……あ、あの……気になるのですが……」

モバP「そう、だよなごめん。……その、なんで今日は来たんだ? オフなんだろう?」

文香「え、あっ……!」ワタワタ

モバP「あ、無理して答えてくれなくてもいいんだけどさ。ちょっと気になって」

文香「…………その……暇、だったので…………」

モバP「あっ、そっかぁ……」


14 :◆3UO.XRpYJ2 :2017/10/20(金) 06:07:16.96 :hMnejziW0

モバP「……」ポチポチ




モバP『おい』

モバP『文香暇だから来たらしいぞ』




モバP「……あ」

ティロン


周子『当たり前やん』



モバP「くぅ……」


モバP『覚えとけよ』

周子『覚えてたらね』


モバP「…………」ポチポチ

文香「……その」


15 :◆3UO.XRpYJ2 :2017/10/20(金) 06:08:13.20 :hMnejziW0

モバP「なに?」

文香「お相手は、もしかして周子さん、ですか?」

モバP「そうだけど」

文香「……随分と、仲がよろしいんですね」

モバP「いやーそうでもなんだよ。なんやかんやアイツは飯目当てで俺に絡んでくる部分あるからな~」

文香「……“アイツ”……」

モバP「この前も高めのディナー奢らされちゃったしさ」

文香「……ディナー……」

モバP「でもまぁ、トップアイドルと食事行けるなんて贅沢な事だよな。俺もなんだかんだ、周子の事嫌いじゃないし」

文香「……好き…………!?」

モバP「だから……ん、どうした文香?」

文香「プ、プロデューサーさんっ!」

モバP「お、おうっ?」







文香「わ、私もっ! ……い、行きたいです。食事……」


16 :◆3UO.XRpYJ2 :2017/10/20(金) 06:09:37.11 :hMnejziW0

モバP「……はぁ」カタカタ

ちひろ「どうしたんですか、ため息なんかついて?」カタカタカタカタ

モバP「お、さっきからずっといたちひろさん」

ちひろ「なんですかその説明。……文香ちゃん、帰っちゃいましたね」

モバP「勉強する、って言ってましたけど。あれ、店探しですかね」

ちひろ「文脈的にはそうでしょう」

モバP「はぁ~……。ちひろさぁん、俺って、周子といい文香といい、飯を食わせてくれる財布か何かと思われてるんですかね」

ちひろ「さぁーどうでしょうね~」

モバP「あぁ……仕事もしんどい」

ちひろ「プロデューサーさんはアホですからねぇ」

モバP「どういう意味っすか」

ちひろ「いや、プロデューサーとしてはそこがいい所ですよ」

モバP「え、どういう意味なんですか」

ちひろ「そのまんまの意味です」





おわり


17 :◆3UO.XRpYJ2 :2017/10/20(金) 06:10:35.56 :hMnejziW0

以上です。
読んでいただいてありがとうございました。


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】モバP「朴念仁と水面下」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1508446448/