2 :◆ukgSfceGys :2017/10/12(木) 23:25:43.23 :H2ywSMRD0

モバP「橘さん?」

ありす「はい、橘です」


3 :◆ukgSfceGys :2017/10/12(木) 23:27:02.73 :H2ywSMRD0

モバP「これから担当になるPです、よろしくお願いします」

ありす「橘ありすです。よろしくお願いします。橘って呼んでください」

モバP「わかりました、ありすさん」

ありす「……」

モバP「アイドルの道は険しいですが、ありすさんなら必ずトップアイドルになれます」

ありす「……」

モバP「どうされました?ありすさん?」

ありす「……アイドルの道は険しかったようです……帰ります」

モバP「あぁー!ちょっと待って!冗談だから!ホント冗談だから!!」

ありす「子供ですかあなたは」


4 :◆ukgSfceGys :2017/10/12(木) 23:27:31.54 :H2ywSMRD0

モバP「ありすー」

ありす「橘です!」


5 :◆ukgSfceGys :2017/10/12(木) 23:29:17.29 :H2ywSMRD0

モバP「そんな警戒心満載の声を出すなよ」

ありす「初対面であんなからかわれ方されたら警戒の一つや二つくらいしますよ」

モバP「緊張をほぐすための冗談だったんだが……担当なんだから少しは信頼してくれよ」

ありす「担当だっていう割には子供みたいにふざけてばかりじゃないですか」

モバP「打ち解けやすいようにわざと子供っぽくしてるんだよ」

ありす「そんなこと言ってホントはただ単に自分が子供なだけでしょう?」

モバP「……なんでわかったんだ?」

ありす「短い付き合いですけど普段の行動みればすぐにわかります」

モバP「……マジ?」

ありす「本当です、皆さんすぐに気づくみたいですよ?なんなら聞いてみますか?」

モバP「……」

ありす「論破です」


6 :◆ukgSfceGys :2017/10/12(木) 23:29:48.28 :H2ywSMRD0

モバP「ありすー」

ありす「橘です!」


7 :◆ukgSfceGys :2017/10/12(木) 23:30:47.91 :H2ywSMRD0

モバP「頑なだなぁ……まあいいけど。調子はどうだ?」

ありす「まだレッスンばかりですけど、成長してるのを実感します。与えられた役割はしっかりこなします」

モバP「真面目だなぁ」

ありす「真面目にやることこそ成長の一番の近道です」

モバP「ホントにマジメだなぁ…もうちょっと遊び心をもっていいんだぞ?硬くなって却ってパフォーマンス落ちるぞ?」

ありす「そう……でしょうか……?」

モバP「そうだぞ、俺をみてみろよ」

ありす「Pさんは遊び心を持ちすぎて遊びすぎではないですか?」

モバP「……あれ?アドバイスするつもりがアドバイスされてる?」

ありす「アドバイスというより説教ですかね」

モバP「うぅ……ありすが辛辣だぁ……」

ありす「橘です!しっかりしてください、私のプロデューサーなんですから」


8 :◆ukgSfceGys :2017/10/12(木) 23:31:49.37 :H2ywSMRD0

モバP「ありすー」

ありす「……」


9 :◆ukgSfceGys :2017/10/12(木) 23:32:20.65 :H2ywSMRD0

モバP「ありすー?ありすー?」

ありす「……」

モバP「ありすー?ありすーー?おーい、橘ありすさーーーん?」

ありす「……ハッ?!呼びましたか?!」

モバP「……初ライブの本番前だからって緊張しすぎじゃないか?」

ありす「そ、そんなことないでしゅ!」

モバP「それ違う人の芸風」

ありす「……」

モバP「……」

ありす「……」

モバP「……」


10 :◆ukgSfceGys :2017/10/12(木) 23:32:56.63 :H2ywSMRD0

ありす「……Pさん……私……ちゃんと役割をはたせるんでしょうか……?」

モバP「……」

ありす「……本当に……アイドルになれるんでしょうか……?」」

モバP「ありす、役割をこなそうとしなくていいんだ」

ありす「で、でも!」

モバP「今日は余計なことを考えなくていい、自分の全力を出せばいい」

ありす「で、でも…」

モバP「あれだけ真面目に練習しただろ?ありすなら大丈夫さ」

ありす「……はい」

モバP「それにお前はもう立派なアイドルだ!胸を張ってけ!」

ありす「……はい!いってきますPさん!」


11 :◆ukgSfceGys :2017/10/12(木) 23:33:37.23 :H2ywSMRD0

モバP「ありすー」

ありす「橘です」


12 :◆ukgSfceGys :2017/10/12(木) 23:34:43.42 :H2ywSMRD0

モバP「あ、あれ……?」

ありす「どうしたんですか?」

モバP「いや……初ライブという大きなイベントを感動的に終え、好感度があがり、ありす呼びが許されるようになる流れだっただろ?」

ありす「いえ、そんなことはないです」

モバP「担当アイドルがつれない……」

ありす「ライブは……確かに感動しましたけど……。それとこれとは別です」

モバP「本番前に呼んでた時は何も言わなかったのに」

ありす「あの時は緊張しすぎて気がつかなかったんです!普段なら気が付きます!」


13 :◆ukgSfceGys :2017/10/12(木) 23:35:50.56 :H2ywSMRD0

モバP「はぁ……相変わらず名前呼びを許してくれないか……これはまだまだ担当アイドルと打ち解けてないとみえる。親睦を深める必要があるな」

ありす「はぁ……」

モバP「小学生といえばゲームが大好きなはずだ。一緒にゲームをやれば仲良くなれる。というわけでゲームしようぜ」

ありす「立派な大人が小学生みたいなこと言わないでください。というか勤務中じゃないんですか?」

モバP「男の心はいつだって子供の心を忘れないんだ。そんでもって子供のように勤務中でも突然遊びたくなるんだ」

ありす「勤務中ならちゃんと仕事してください、というわけでやりません」

モバP「おかしい、こんなことは許されない……」

ありす「おかしいのはあなたの勤務態度じゃないんですか……?」

モバP「……なんだよー……ライブ超大変だったから終わった直後ぐらい少しゆっくりしたいんだよぅ…担当アイドルと遊ぶのにかこつけて仕事をサボることのどこが悪いんだよぅ……」

ありす「担当アイドルと遊ぶのにかこつけて仕事をサボるところじゃないですか?」

モバP「……」

ありす「……」

モバP「……」

ありす「……論破です……」

モバP「……ありすー……」

ありす「な、なんなんですか、その顔は!そんな泣きそうな顔しないでくださいよ!」

モバP「ありすぅー……」

ありす「わかりました、わかりましたから!ちょっとなら付き合ってあげますから!」

モバP「ありすマジ天使」

ありす「橘です、あと天使じゃなくてただのアイドルです」


14 :◆ukgSfceGys :2017/10/12(木) 23:37:16.39 :H2ywSMRD0

モバP「ありすーー!!」

ありす「ここですーー!!」


15 :◆ukgSfceGys :2017/10/12(木) 23:39:00.98 :H2ywSMRD0

モバP「あ、いたいた、よかった見つかった。心配したぞ」

ありす「すいませんPさん……でもPさんと遊園地に来れたから、ついはしゃいでしまって……」

モバP「人が多いんだからはぐれるんじゃないぞ、手つないでいいから」

ありす「あっ……はい!」

モバP「しかし『アイドルと遊ぶのにかこつけて仕事をサボる』ねぇ」

ありす「うっ……その言葉覚えてたんですか……アイドルの私から言い出したことなんだからいいじゃないですか、仕事みたいなもんですよ」

モバP「そうか……ありすにとっては仕事として俺を誘ってくれたのか……」

ありす「そ、そういう意味でいったんじゃ!」

モバP「未だにありすと呼ばせてくれず距離を感じるしな……親しいと思ってたのは俺だけで所詮ビジネスだけの付き合いだったのか……」

ありす「そんな本気で落ち込まないでください!」

モバP「そうだよな……遊園地に誘われたからすっかり勘違いしちゃったけどそんなことないよな……」

ありす「し、仕方ないですね!今日一日楽しませてくれるのであれば、今日だけはありすと呼ぶことを特別に許します」

モバP「橘さん、次なに乗ります?」

ありす「なんでこの流れで名字で呼ぶんですかぁ!!泣きますよ!!女子小学生を泣かす成人男性の図を作りますよ?!」

モバP「大変申し訳ございませんでした、ありすさん」

ありす「分かればいいんです、分かれば」

モバP「ありすさんマジ怖い……」

ありす「怖くないです、ただのありすです」


16 :◆ukgSfceGys :2017/10/12(木) 23:39:41.02 :H2ywSMRD0

モバP「橘さーん」

ありす「ありすです!」


17 :◆ukgSfceGys :2017/10/12(木) 23:41:34.34 :H2ywSMRD0

モバP「ふーーーーん」

ありす「……あっ!?」

モバP「そっか、そっかぁ!やっぱ名前で呼ばれたかったのか、ありすー」

ありす「な、なんなんですかそのニヤけた顔は!ちょ、ちょっと間違えただけです!」

モバP「そんなこと言いながらありすも顔がニヤけてるじゃないか」

ありす「こ、これは単に恥ずかしいだけです」

モバP「いやーこれは信頼されるようになりましたなぁ……」

ありす「ああぁ……」

モバP「あーりすー」

ありす「もぅ!なんなんですか!!」

モバP「ありす、ありす、ありす」

ありす「……」

モバP「ありすー、ありすー、あーりーすー」

ありす「……怒りますよ……?」

モバP「大変申し訳ございませんでした、橘さん」

ありす「イチゴパフェおごってくれたら許します」

モバP「御意」

ありす「もぅ…子供みたいな人なんですから……からかわなければ別にそのまま呼んでもよかったのに……」

モバP「なにごちゃごちゃ言ってるんだ?追いてくぞー?」

ありす「なんでもありません!今行きます!……というか歩くの早くないですか!?待ってくださいよ!子供の私が大人の早足についていけるはずないでしょう!ホント子供なんですかあなたは!」


18 :◆ukgSfceGys :2017/10/12(木) 23:42:05.09 :H2ywSMRD0

モバP「ありすー」

ありす「はい、ありすです」


19 :◆ukgSfceGys :2017/10/12(木) 23:42:55.73 :H2ywSMRD0

モバP「……おや?」

ありす「なんですかPさん」

モバP「……いやだって……いつもの言わないのかなって……?」

ありす「もういいんです。誰かさんに『ありす』って呼ばれ続けたせいで慣れちゃいました」

モバP「反応が面白くて呼び続けた甲斐があったぜ」

ありす「からかってたんですか……?」

モバP「冗談です、そんなジト目で睨まないで」

ありす「…………」

モバP「…………」

ありす「…………まぁ信じます」

モバP「ホッ……」


20 :◆ukgSfceGys :2017/10/12(木) 23:44:39.60 :H2ywSMRD0

ありす「……それに将来見据えて、今のうちに呼び慣れてたほうがいいですしね……」

モバP「ん?なんか言ったか?」

ありす「なんでもありません!子供みたいなPさんには関係ありません!」

モバP「お前だって子供だろ?」

ありす「私はホントに子供なんだから仕方ないじゃないですか。Pさんと違ってこれから成長するからいいんです」

モバP「成長つったってなぁ……心はともかく……体はなぁ……」

ありす「なんなんですかその残念なものを見る目は!」

モバP「文香に憧れてるようだけど、そりゃあ高望みしすぎじゃねーの?」

ありす「あー!いいましたね!そんなこと言っていられるのも今のうちですよ!これから成長して誰もが羨むスタイルの女性になるんですいいんです!そう、文香さんみたいに!」

モバP「へー」

ありす「あ!なんですかその声は!」

モバP「そりゃあまあ……今の体形からすればなぁ……」

ありす「なんですかそれは!失礼ですね!そんなこと言って成長した私にメロメロになってから謝っても許しませんよ!」

モバP「ハハッ、もし本当そんだけ成長したらこっちから『結婚してください』って泣いて懇願してやるよ。ホ、ン、ト、ウ、ならな!」

ありす「全く信じませんね!絶対言ったことを後悔させますから!私が結婚できるようになるまで待っててくださいよ!」

モバP「ハハッ!」

ありす「フンッ!」


21 :◆ukgSfceGys :2017/10/12(木) 23:46:29.77 :H2ywSMRD0

========================================
====================
==========


22 :◆ukgSfceGys :2017/10/12(木) 23:48:23.46 :H2ywSMRD0

==========
====================
========================================

モバP「橘さーん」

ありす「ありすです」


23 :◆ukgSfceGys :2017/10/12(木) 23:50:01.36 :H2ywSMRD0

ありす「もぅ、なんで今さら名字で呼ぶんですか」

モバP「いや……なんとなく呼びたくなってさ……」

ありす「なんなんですか……相変わらず子供っぽい人ですね」

モバP「男の心はいつだって子供の心を忘れないんだ」

ありす「全く、もぅ……」

モバP「それに……もう橘という名字で呼べなくなるしな」

ありす「10年前はあれだけ言っても直さなかったのに……これから一緒の名字になるっていうタイミングでこの人は……」

モバP「橘さんがかわいいからな、ついな」

ありす「もぅ!なんなんですか!」


24 :◆ukgSfceGys :2017/10/12(木) 23:51:31.56 :H2ywSMRD0

ありす「……それにしても」

モバP「?」

ありす「正直あの時の冗談を本気にするとは思ってませんでした」

モバP「あの『結婚してくださいって懇願してやる』ってやつか?」

ありす「それそうですし『待っててください』ってやつもです、当時子供の私でも信じてませんでしたよ」

モバP「ありすはあのころから大人だったよ、おれよりも大人にみえたくらいだ」

ありす「褒めすぎですよ、あの頃はまだ子供でした。でも今は結婚できるくらい身も心も成長しましたよ」

モバP「残念ながら身は文香に及ばなかったみたいだが」

ありす「Pさん」

モバP「そうジト目で睨むなって……今のありすのことが一番大好きだぞ」

ありす「……もぅ!」


25 :◆ukgSfceGys :2017/10/12(木) 23:55:41.07 :H2ywSMRD0

ありす「ちなみにPさんあんなこといったことを後悔してますか……?」

モバP「後悔してるなぁ……」

ありす「……えっ?」

モバP「あんな風に子供の冗談みたいな感じであんなこと言ってしまって後悔してる」

ありす「……」

モバP「だから今日ここでその後悔を晴らさせてくれ」


26 :◆ukgSfceGys :2017/10/12(木) 23:56:14.32 :H2ywSMRD0

モバP「ありす」

ありす「はい」


27 :◆ukgSfceGys :2017/10/12(木) 23:56:52.69 :H2ywSMRD0

モバP「『結婚してください』」

ありす「はい喜んで」


28 :◆ukgSfceGys :2017/10/12(木) 23:57:49.97 :H2ywSMRD0

ありす「でも一つだけ条件があります」

モバP「え?」

ありす「大丈夫、簡単なことです。なにせ今まで10年間挫けずに続けられたことですから」


29 :◆ukgSfceGys :2017/10/12(木) 23:58:36.18 :H2ywSMRD0


ありす「これからもずっとありすって呼んでくださいね、Pさん!」


30 :◆ukgSfceGys :2017/10/12(木) 23:59:24.67 :H2ywSMRD0

おわり


31 :◆ukgSfceGys :2017/10/13(金) 00:01:47.90 :jFduHPQA0

以上です。ありがとうございました。
ありすの成長を見守りたい人生だった……
楓さんSS書く予定が何故かありすSS書いてた。
何言ってるかわからねーだろうが、恒常ありすがかわいいからね仕方ないね。


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】モバP「ありすー」ありす「橘です!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507818324/