1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/02(月) 19:19:43.32 :h4ZY/pVS0

~ある夜、アイドル女子寮 蘭子の部屋~

蘭子「ふぅ、今宵もよく働いたな・・・」

蘭子「とっとと寝て魔力の回復を・・・」

蘭子「その前に荷物の整理を・・・」ガサゴソ

蘭子「・・・あれ?」

蘭子「グリモワールの書(スケッチブック)がない・・・」


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/02(月) 19:20:30.68 :h4ZY/pVS0

蘭子「今朝は確かにカバンの中に・・・」

蘭子「あ、そういえば・・・」

蘭子「事務所のソファーで広げてそのままレッスンに・・・」

蘭子「仕方ない、明日取りに・・・」ハッ

蘭子「そういえば・・・」


3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/02(月) 19:21:00.66 :h4ZY/pVS0

蘭子「あれには絵の他に詩とかちょっとした日記とか書いてあったっけ・・・」

蘭子「その中には我が友とキャッキャウフフしているようなもの(挿絵つき)も少なくない・・・」

蘭子「・・・///」カアア

蘭子「明日先に誰か来て見られでもしたら・・・死んじゃう」

蘭子「怖いけど・・・今から取りに行こう」


4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/02(月) 19:22:12.72 :h4ZY/pVS0

蘭子「あれには絵の他に詩とかちょっとした日記とか書いてあったっけ・・・」

蘭子「その中には我が友とキャッキャウフフしているようなもの(挿絵つき)も少なくない・・・」

蘭子「・・・///」カアア

蘭子「明日先に誰か来て見られでもしたら・・・死んじゃう」

蘭子「怖いけど・・・今から取りに行こう」


5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/02(月) 19:23:54.36 :h4ZY/pVS0

蘭子「では行くぞ!」

ガチャ

シーーーーーーーーーーーーーーーン

蘭子「ひっ!」

バタン

蘭子「こここここここここここ怖すぎィ!!!!!」

蘭子「・・・・・」

蘭子「仕方ない・・・聖なる明かり(懐中電灯)を持っていくか・・・」


7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/02(月) 19:29:21.02 :h4ZY/pVS0

~再び寮の廊下~

蘭子「よ~し今度は大丈夫だ・・・」

コツ・・・コツ・・・

蘭子(うう・・・何も聞こえないの怖いよぉ・・・)

蘭子(大丈夫・・・壁の向こうにはいつも会ってる皆が寝てるんだ・・・我慢我慢・・・)

蘭子(このまま玄関まで・・・)

【ミッション1】

【玄関まで向かえ】


9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/02(月) 20:02:21.68 :h4ZY/pVS0

コツ・・・コツ・・・

蘭子「!」ビク

蘭子(向こうから誰か歩いてくる・・・)

蘭子(まずは明かりを消して・・・)カチ

蘭子(近くのロッカーに隠れる!)ガチャ

バタン・・・


10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/02(月) 20:05:39.08 :h4ZY/pVS0

蘭子(うう、心臓がバクバク言ってる・・・)

ドクン・・・ドクン・・・

コツ・・・コツ・・・

蘭子(早く通り過ぎて!)









アーニャ「屋上で星を見ていたら遅くなってしまいました・・・早く寝ましょう」


11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/02(月) 20:32:31.56 :h4ZY/pVS0

コツ・・・コツ・・・

蘭子(よし、通り過ぎた・・・)ガチャ

蘭子「ふぅ・・・」

蘭子「まだ心臓の鼓動が止まらない・・・」ドキドキ

蘭子「こんなところでつまずいちゃいられない・・・」

蘭子「早く玄関に・・・」


12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/02(月) 21:03:16.62 :h4ZY/pVS0

~玄関~

蘭子「よし、第一段階は完了・・・」

蘭子「これより、深淵の地へ・・・」

ポン

??「ねぇ」

蘭子「ひゃっ!」ビクン


13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/02(月) 21:33:38.04 :h4ZY/pVS0

小梅「そんなに驚かなくても・・・」

蘭子「う、うむ・・・」

蘭子(危うく漏らしちゃうかと思った・・・)

小梅「どうしたの?こんな夜中に」

蘭子「え、えっと・・・」

小梅「まぁ深くは聞かないけど、外へ出るなら気を付けた方がいいよ、夜の町は危ないからね」

蘭子「・・・心得ておる」


14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/02(月) 21:56:48.47 :h4ZY/pVS0

小梅「あ、そうだ、これもあげるよ・・・」スッ

蘭子「お守り?」

小梅「きっとそれが蘭子ちゃんを守ってくれるよ・・・それと」

蘭子「?」

小梅「お地蔵さんを見かけたらお賽銭をあげるといいことがある・・・かも」

蘭子「いいこと?」


15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/02(月) 22:34:19.05 :h4ZY/pVS0

蘭子「ともかく行ってくる、止めてくれるなよ」ガチャ

タタタ・・・

小梅「行ってらっしゃい・・・」

ビュウウウウウウ・・・

小梅「あの子も震えてる・・・今夜は本当に危ないかも」

小梅「気を付けてね・・・」


16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/02(月) 23:08:12.70 :h4ZY/pVS0

~夜の町~

ヒュウウウウウウウウ・・・・・

蘭子「ううう・・・」ガタガタ

蘭子(誰も歩いてない夜の町がこんな怖いなんて・・・)

蘭子(いやいや、事務所まではいつも歩いてる道・・・なんてことはないはず・・・)

蘭子「遅るるに足らぬわ!フハハハハ!!!」

ジジッ・・・

蘭子「ん?街路灯に下に人影が・・・」

【ミッション2】

【逃げろ!】


17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/02(月) 23:34:12.62 :h4ZY/pVS0

蘭子(こんな時間にもやっぱり人っているんだな・・・・)

蘭子「あ、あの・・・」

??「・・・・・」クルッ

蘭子「え・・・」









街灯下の影「オオオオオオオ・・・・・」

蘭子「い・・・い・・・」


蘭子「いやああああああああああ!!!!!」ジョロロ・・・

タタタ・・・


19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/03(火) 00:18:42.87 :WlEqJYpu0

蘭子「ハァハァ・・・」

蘭子「なんだったの今の・・・」

蘭子「見るからにヤバそうだった・・・」

ポタポタ・・・

蘭子「とりあえず一度帰って着替え・・・」


??「もしもしそこのお嬢さん」

蘭子「?」


21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/03(火) 00:55:05.12 :WlEqJYpu0

??「私はちひろ地蔵です」

蘭子「ひっ!お地蔵さまが喋ってる・・・」

ちひろ地蔵「あ~待ってください!私は蘭子ちゃんの味方ですよ!」

蘭子「あ・・・」

小梅『お地蔵さんを見かけたらお賽銭をあげるといいことがある・・・かも』

蘭子「・・・お賽銭?」

ちひろ地蔵「はい♪百円玉さえいただければ手助けしますよ♪」


22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/03(火) 06:27:50.59 :WlEqJYpu0

蘭子(百円・・・高いなぁ・・・)

蘭子「はい」チャリン

ちひろ地蔵「ご奉納ありがとうございます、きっといいことがありますよ」

蘭子「はぁ・・・」

ちひろ地蔵「それではお気をつけて、いってらっしゃい」


25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/03(火) 19:29:49.60 :WlEqJYpu0

~再び街灯下~

影「オオオ・・・」フラフラ

蘭子「まだいる・・・」コソコソ

蘭子「・・・そうだ、この魔石(石ころ)で・・・」ポイ

コツン

影「!」ピク

影「オオオ・・・」フラフラ

蘭子(よし、向こう行った!今のうちに・・・)

タタタ・・・


26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/03(火) 20:02:03.98 :WlEqJYpu0

蘭子「ククク・・・意外と容易いものだな」(怖いけど)

蘭子「このまま事務所まで・・・」

ドンッ

蘭子「いたっ!」ドサ

蘭子「今何かにぶつかっ・・・」

道ふさぎ「・・・・・」

蘭子「」







グチャッ!!!!!


27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/03(火) 21:09:04.82 :WlEqJYpu0

蘭子「・・・・・」

蘭子「ハッ!」パチ

ちひろ地蔵「あ、お目覚めですね」

蘭子「我は一体・・・」

ちひろ「お化けに襲われて死にかけてたんですよ」


28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/03(火) 21:58:19.87 :WlEqJYpu0

蘭子「じゃあどうしてここに・・・」

ちひろ地蔵「わたしにお賽銭してくれたご利益ですよ」

蘭子「そうなのか・・・ありがとう・・・」

ちひろ地蔵「どういたしまして、地蔵はいたるところにあるので是非ご利用してくださいね」

蘭子「うむ、では改めて行くか」

タタタ・・・

ちひろ地蔵「あ、ちなみにその都度100円玉がいりますから・・・って聞いてないですね」


29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/03(火) 22:37:44.48 :WlEqJYpu0

道ふさぎ「・・・・・」

蘭子「ここは避けて通まわりを・・・」タタタ・・・

蘭子「よし、次はこの踏切を・・・」

女「・・・・・」

蘭子「線路の上に女の人が・・・」


30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/03(火) 23:04:45.55 :WlEqJYpu0

女「・・・・・」

蘭子(なんか不気味な感じ・・・髪で顔見えないし・・・)

ゴオオオオオオオ・・・

蘭子(電車が・・・女の人は・・・?)

シーーーーーーーーーーーーーーーン

蘭子「いない・・・一体どうなってるの・・・」




フーン・・・


31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/03(火) 23:35:16.73 :WlEqJYpu0

蘭子「我としたことが・・・うかつであった」

蘭子「永遠の万屋(コンビニ)なら普通に人間がいるではないか・・・そこを目指していこう」

蘭子「お、早速見つけたぞ」タタタ・・・

裕美「・・・・・」

蘭子(コンビニの前に誰か立ってる・・・あれは・・・裕美ちゃん?)


32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/03(火) 23:38:49.96 :WlEqJYpu0

蘭子「闇に飲まれよ!」フリフリ

裕美「あ、蘭子ちゃん、どうしたのこんな夜中に?」

蘭子「ちょっと野暮用でな・・・そなたは?」

裕美「私?それはね・・・」クルッ











裕美「蘭子ちゃんにこの顔を見せるためだよ」ニタァ


33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/04(水) 00:19:53.08 :KfSeMvPa0

蘭子「ひっ・・・」ビクッ

蘭子(裕美ちゃんのおでこの面積がいつもより広い・・・というか)

蘭子(顔が・・・ない!?)

裕美(のっぺらぼう)「うふふ・・・蘭子ちゃんの顔可愛いなぁ・・・)





裕美「わたしニ、ちょウだあああああイ・・・」

蘭子「きゃああああああああああ!!!!!」

タタタ・・・


34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/04(水) 00:50:53.35 :KfSeMvPa0

蘭子「ハァハァ・・・今のは一体・・・」

蘭子「あ、あそこに・・・」

ありす「・・・・・」

蘭子「お、お~い・・・」

ありす「おや、蘭子さんじゃないですか、こんな夜中に外出なんて悪い子ですね」


35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/04(水) 06:26:34.84 :KfSeMvPa0

蘭子「さ、さっきそこで裕美ちゃんが・・・」

ありす「関さん?関さんがどうかしたんですか?」

蘭子「か、顔が・・・」

ありす「顔?その顔って・・・」クルッ









ありす「こんな顔じゃなかったですか?」ニタァ


37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/04(水) 21:28:49.09 :KfSeMvPa0

蘭子「あ、ありすちゃんも顔が・・・」

ありす(のっぺらぼう)「かおヲくださアアアアアい・・・」

蘭子「ひっ・・・」

ヒュン

蘭子「へ?」





女幽霊「フーーーーーーーン」

グチャッ


38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/04(水) 21:52:08.60 :KfSeMvPa0

~蘭子の部屋~

蘭子「・・・ハッ!」パチ

蘭子「あれ、部屋に戻ってる・・・」

小梅「あ、起きた」

蘭子「これは一体・・・」

小梅「お地蔵様の加護がなくなっちゃったんだよ」


39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/04(水) 23:07:52.29 :KfSeMvPa0

蘭子「どういう事だ?」

小梅「そう言われても・・・この建物の前にもお地蔵様あるから聞いてみなよ」

蘭子「くっ・・・もう一度だ!」

バタン

小梅「行ってらっしゃい・・・」


40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/04(水) 23:33:00.68 :KfSeMvPa0

~寮の前~

蘭子「いったいどういう事だ!」プンスカ

ちひろ地蔵「ですから、100円玉一枚で一介のコンティ・・・加護なんです」

蘭子「いちいち払うの?」

ちひろ地蔵「死ぬよりマシじゃないですか」

蘭子「うう・・・」


41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/05(木) 00:19:54.76 :7xBJ63t00

チャリン

ちひろ地蔵「毎度~♪」

蘭子「くっ・・・道のりは遠い・・・」

ちひろ地蔵「あ、先ほど蘭子ちゃんがやられた地点の近くにある地蔵までワープできますよ」

蘭子「本当か!?」

ちひろ地蔵「ワープは一回500円玉一枚奉納してくださいね」

蘭子「」


43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/05(木) 00:53:18.20 :7xBJ63t00

~結局ワープしました~

蘭子「・・・よし」

蘭子「事務所へ行くには、ここを通らなきゃならない・・・でも・・・」






女幽霊「フーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン」


蘭子「やっぱりいるし・・・」


45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/05(木) 06:20:39.74 :7xBJ63t00

蘭子「怖い・・・でも・・・」

女幽霊「・・・・・」

蘭子「事務所にあるグリモワールの書(スケッチブック)を誰かに見られるよりは・・・」

蘭子「先に進むしかない!通らせてもらう!」

女幽霊「・・・フーン」


47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/05(木) 21:32:01.51 :7xBJ63t00

女幽霊「フンッ!」ペッ

蘭子「うわっと!」ヒョイ

ベチャッ!ジュウウウウウウウ・・・

蘭子「溶けた・・・あの液体は危険だな・・・」

女幽霊「フーーーーーーーンッ!!!」シュババッ!!!

グサグサグサッ!!!

蘭子「ひっ!髪の毛がトゲみたいに・・・」


48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/05(木) 22:37:03.41 :7xBJ63t00

蘭子「いったん茂みに・・・」ガサゴソ

女幽霊「ドコ・・・イッタ・・・」フラフラ

蘭子「ううう・・・」ドクン・・・ドクン・・・




女幽霊「ハナコ・・・ドコイッタノ・・・」


蘭子(ハナコ?)


【ミッション3】

【女幽霊を成仏させろ】


49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/05(木) 23:07:33.80 :7xBJ63t00

蘭子(ハナコって一体・・・)コツン

蘭子(ん?何か当たっ・・・)

【イヌのほねを手に入れた】

蘭子「ひっ!」ビク

女幽霊「!」ピクッ


50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/05(木) 23:32:52.93 :7xBJ63t00

女幽霊「ソコカァ!!!」ガサッ

蘭子「きゃっ!」ポロッ

コロン・・・

女幽霊「ソ、ソレハ・・・ハナコ・・・」

蘭子「え?」

女幽霊「ヤット・・・アエタネ・・・イコウ」

女幽霊「アリガ・・・トウ」

フッ

蘭子「消えた・・・助かったの?」


51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/06(金) 00:18:57.57 :9mgtOVST0

~そんなこんなで事務所前~

蘭子「やっと・・・着いた・・・」

蘭子「後は中に入ってグリモワールの書(スケッチブック)を回収するだけ・・・」

蘭子「ククク・・・終わりが見えてきたな」

ガサゴソ

蘭子「ん?誰だ?そこにいるのは」









よまわりさん「フヒヒ・・・」バッ

蘭子「」


52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/06(金) 00:50:19.86 :9mgtOVST0

~謎の工場~

蘭子「・・・あれ?」

蘭子「ここは一体・・・」

蘭子「確か変なバケモノに襲われて・・・」

蘭子「どこかの工場・・・かな」

蘭子「とにかく外へ出ないと・・・」


53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/06(金) 06:27:24.66 :9mgtOVST0

??「ZZZ・・・」

蘭子「ん?あそこで寝てるのは・・・」

杏「んあー?」パチ

蘭子「杏・・・さん?」

杏「おー、蘭子ちゃんじゃん、どったのこんな所で?」

【ミッション4】

【工場から脱出せよ!】


56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/06(金) 19:36:41.94 :9mgtOVST0

蘭子「妙なバケモノに襲われてな・・・」

杏「奇遇だね、杏もだよ」

蘭子「一体何なんだアイツは・・・」

杏「さぁ?可愛い女の子を攫うのが趣味なんじゃないの?」

蘭子「とにかくここを出ないと・・・共に行こう」

杏「いいけど、一つお願いが・・・」

蘭子「?」

杏「動くの面倒だからおぶって」

蘭子「」


57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/06(金) 20:12:05.36 :9mgtOVST0

蘭子「・・・・・」ズシッ

杏「わーい!らくちーん」フリフリ

蘭子「せ、聖なる明かりは手放すなよ」

杏「へーい」

蘭子「それでは行くぞ」






蘭子(それにしても・・・杏さんってこんなに重かったかな?)


58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/06(金) 21:10:54.26 :9mgtOVST0

コツ・・・コツ・・・

蘭子「よいしょ・・・っと」

杏「がんばれ~」

蘭子(うう、やっぱり動きづらい・・・)

蘭子(こんな時お化けが出てきたら・・・)

小さなお化け「キャハハハハ!!!」ヌウッ

蘭子「!」


59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/06(金) 21:47:02.03 :9mgtOVST0

小さなお化け(複数)「キャハハハハ!!!」

杏「囲まれちゃったねぇ」

蘭子「ど、どうしよ・・・」

杏「てりゃ」ピカー

小さなお化け「キャハ・・・」フッ

蘭子「き、消えた・・・」

杏「小さいから懐中電灯の光でもどうにかなったね」


60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/06(金) 22:33:49.41 :9mgtOVST0

杏「でも・・・」

ドスン

蘭子「え・・・」




よまわりさん「フヒヒ・・・」

杏「ああゆうのには効かないよね」


61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/06(金) 23:06:08.05 :9mgtOVST0

蘭子「アイツ・・・」

よまわりさん「フヒヒ・・・フヒ・・・」バサッ


よまわりさん(第二形態)「ヒャッハー!!!」

蘭子「な・・・」

杏「更にキモくなったな」


62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/06(金) 23:36:52.90 :9mgtOVST0

蘭子「とにかく逃げるぞ!」ダッ

よまわりさん「ヒャッハー!」ダッ

ドカーン!

蘭子「うおっ!」

杏「見た目に寄らず素早いねぇ・・・」


63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/07(土) 00:23:07.08 :2leQAYgq0

蘭子「ハァ・・・ハァ・・・」タタタ・・・

杏「頑張れ~」

蘭子(体が思うように動かない・・・心なしか背中の杏さんがさらに重くなってるような・・・)

蘭子(このままじゃ・・・)

ドスン

よまわりさん「フヒヒ・・・」

蘭子「しまっ・・・」

グチャッ


64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/07(土) 00:52:17.49 :2leQAYgq0

~スタート地点~

杏「起きろ~」ユサユサ

蘭子「・・・ん?」パチ

杏「やっと起きたね」

蘭子「ここは・・・最初の場所?」

杏「気づいたらここに戻されてたんだよ」


66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/07(土) 08:32:47.85 :2leQAYgq0

蘭子「どうしよう・・・」

杏「杏を背負ったままじゃ自由に動けないもんね~」

蘭子「そう・・・ん?」

杏「どったの?」

蘭子「うむ・・・一つ思いついたことが・・・」


67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/07(土) 10:12:55.73 :2leQAYgq0

よまわりさん「ヒャッハー!!!」ダッ

蘭子「さぁ!走って!」タタタ・・・

杏「ええ~」タタタ・・・

蘭子(そう・・・なんでこんな事にきづかなかったのか)

蘭子(別に杏さん背負わなくても走れるじゃん)


68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/07(土) 14:10:01.33 :2leQAYgq0

蘭子「あ、出口だ!もう少し・・・」

杏「お、お~」

ガララ

蘭子「よし出られた!そしたらすぐに門を・・・」ガラガラ・・・

よまわりさん「ヒャッハアアアアアアアアアア!!!」ダダダ・・・

ドンガラガッシャーン


69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/07(土) 15:05:36.74 :2leQAYgq0

シュウウウウウウウウ・・・

よまわりさん「ヒャハ・・・」ガク

蘭子「あ、危なかった・・・」

蘭子「ねぇ杏さ・・・」クル

シーン・・・

蘭子「あれ、いない・・・」

蘭子「何か落ちてる・・・鍵?」

【事務所の鍵を手に入れた】

杏『杏をあそこから出してくれてありがとね・・・』


71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/07(土) 16:00:43.36 :2leQAYgq0

~再び事務所前~

蘭子「今度こそ・・・」

ちひろ地蔵「もしも~し」

蘭子「ん?」

ちひろ地蔵「ラスト前にスペシャルなご加護はどうですか~?」

蘭子「うむ、お願いする」

ちひろ地蔵「それでは500円玉1枚になります~」

蘭子「・・・・・」


72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/07(土) 17:16:56.36 :2leQAYgq0

~事務所内~

ガララ

蘭子「よし、後はソファからグリモワールの書(スケッチブック)を回収するだけ・・・」

蘭子「室内ならお化けも襲ってこないはず・・・簡単簡単・・・」

ハァハァ・・・

蘭子「ん?何か声が・・・」


73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/07(土) 18:42:30.22 :2leQAYgq0

蘭子「プロデューサーの机から・・・」

??「ハァハァ・・・Pサァン」ペロペロ

蘭子「誰かが・・・プロデューサーの机を舐めてる・・・」ガタ

??「!」クル

蘭子「あ・・・」


74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/07(土) 19:04:06.97 :2leQAYgq0

??「ミマシタネェェェェェェェ!!!」

蘭子「ひっ・・・」

??「ゼッタイニユルシマセン・・・・」シャキン

蘭子「お、大きなハサミ・・・」

コトワリ様「チョンギッテサシアゲマスヨオオオオオオオオオオ!!!」

蘭子「ひいいいいいいいいい!!!!!」ジョロロロッ


75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/07(土) 19:19:16.06 :2leQAYgq0

コトワリ様「ウフフゥ!」バツ

ジョキン!

蘭子「わっ!」

コトワリ様「アラ、ツインテールノカタホウダケデスカァ、ツギハハズシマセンヨォ」

蘭子「うう・・」ハラハラ


76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/07(土) 19:27:42.02 :2leQAYgq0

蘭子「とにかく逃げ・・・」

フッ

蘭子「え、空間転移・・・」

コトワリ様「ニガサナイトイッタデショウ?」

グチャッ


77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/07(土) 19:43:35.32 :2leQAYgq0

~地蔵前~

ちひろ地蔵「お帰りなさ~い」

蘭子「うう、加護を・・・」

ちひろ地蔵「千円札一枚になりま~す」

蘭子「え・・・」

ちひろ地蔵「でももっといい加護ですよ?」

蘭子「むう・・・仕方ない」


78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/07(土) 19:55:52.05 :2leQAYgq0

~再び事務所内~

コトワリ様「ウフフ・・・ドコイッタンデスカネェ?」フラフラ

蘭子(ロッカーの中)「うう・・・」ガタガタ

ドクン・・・ドクン・・・

コトワリ様「オヤァ?」ニタリ

蘭子「?」

コトワリ様「ロッカーカラシンゾウノオトガキコエマスネエエエエエエエ!!!」

蘭子「え・・・」

グチャッ


79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/07(土) 20:23:27.78 :2leQAYgq0

ちひろ地蔵「2千円札いただきま~す」

蘭子「うう・・・どうすればいいのだ・・・」

小梅『蘭子ちゃん』

蘭子「・・・え?」

小梅『私だよ』

蘭子「お守りから・・・声が・・・」


80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/07(土) 20:32:24.63 :2leQAYgq0

小梅『あの子が言ってたの、コトワリ様が目覚めたって』

蘭子「コトワリ様・・・あのバケモノか」

小梅『あの子が言うにはね・・・コトワリ様は人形を見せれば消滅するって』

蘭子「人形・・・」

小梅『頑張ってね・・・』


81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/07(土) 20:35:24.46 :2leQAYgq0

コトワリ様「ウフフ・・・コリナイデスネェ」ジョキジョキ

蘭子(人形なんて・・・いきなり言われても・・・)

コトワリ様「ツギデオワリデスヨォ!!!」バッ

蘭子「くっ・・・」

蘭子(あ、そういえば・・・)


82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/07(土) 20:42:20.25 :2leQAYgq0

蘭子(多分ソファの下に・・・)ガサゴソ

コトワリ様「ウフフ・・・ソロソロカンネンシテクダサァイ!」

蘭子「あった!」ヒョイ

コトワリ様「!」

蘭子「くらえ!怠惰の乙女の愛玩人形(杏のウサギ人形)!!!」ポイー


83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/07(土) 20:48:36.12 :2leQAYgq0

コトワリ様「ウフフ・・・」ジョキン

人/形「」ボトッ

コトワリ様「フゥ、スッキリシマシタ」

フッ

蘭子「消えた・・・助かった・・・」ヘタッ


84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/07(土) 20:52:04.93 :2leQAYgq0

蘭子「あ、そうだ、スケッチブック・・・」ヒョイ

蘭子「やっと戻ってきた・・・」

蘭子「なんかどっと疲れたな・・・」

蘭子「おやすみなさーい」バタ

蘭子「ZZZ・・・」


85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/07(土) 20:57:08.31 :2leQAYgq0

~あるアイドル事務所の朝~

蘭子「ZZZ・・・」

ちひろ「おはようございます・・・って蘭子ちゃん早いですね」

凛「しかも寝てるし・・・」

まゆ「大事そうにスケブ抱えてますねぇ」

輝子「フヒ・・・私も机の下で昼寝するかな・・・」

杏「そこ杏の場所なのに~」


86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/07(土) 21:00:28.17 :2leQAYgq0

蘭子「・・・ん?」パチ

蘭子「あれ・・・寝てた?」

蘭子「今までのは・・・悪夢だったのか?」

小梅「うふふ・・・それはどうかな?」

この後、足元に広がる水たまりと財布の中身を見て、彼女がまた恐怖を抱くことになるのは別のお話・・・

~おわり~


87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/07(土) 21:01:48.37 :2leQAYgq0

これで終わりです
夜廻は夜の怖さを再認識させてくれる作品でした


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】神崎蘭子「深き夜を廻る物語」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1506939583/