1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 21:33:45.47 :dFPJcPJl0

双葉杏「あー……なんだこれ……あー」

双葉杏「こんな腹痛、杏初めてだよ……いたた」

双葉杏「うあー……いつも以上になんにもしたくないぃ……」

双葉杏「はぁ……今日はお仕事入ってた気もするけど、ほんとの体調不良だし、休んでもいいよね、うん」

双葉杏「あーもう、なんでおへその下がこんなに痛いんだろ、悪いもの食べちゃったかな、いたた」

双葉杏「ん……痛みが引くまでずっと寝てよう……おやすみなさい……」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 21:40:04.05 :dFPJcPJl0

……ず……!…………あ……ず……!

P「杏、起きろって!杏っ!」

杏「ふぇ……ぷろでゅーさー……?」

P「何やってんだ杏!もうほんっとに仕事の時間ギリギリだぞ!?早く起きて、準備しろって、ほら」

杏「あー……そうだ、いたた。プロデューサー、今日杏お腹痛いからお仕事休んでもいいよね?」

P「はあ……俺だって伊達に杏のプロデューサーやってないんだから、今更そんな手に騙されるかっての」

杏「ホントなんだってば。あー痛い……プロデューサー、病人には優しく接してよ、もう……」

P「はいはい、分かったから、早く起きろって……そりゃっ!」バッ

P「…………えっ、血?」

杏「えっ」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 21:51:08.62 :dFPJcPJl0

P「えーっと……これってあれだよな、うん」

杏「ち、血なんかいつの間に、あれっ」

P「なんだ、その……そういうことなら言ってくれれば、って言えないか」

杏「えと、血ってその……、プロデューサー、杏どうしちゃったんだろ……」

P「どうしたって、いや、その……こういうことなら杏の方がよく知ってるんじゃないのか?」

杏「知らないよ……お腹から血が出るなんて、杏初めてだし……」

P「……お前、やけに小柄だとは思ってたけど、初潮もまだだったのか……いや、えー……」

杏「初潮って何?杏にも分かるように説明してよ、もう……」

P「確かに最近胸も膨らんで来た気もするしな、いやどうりで」

杏「ひ、一人で納得してないで。杏どうかしちゃったの?プロデューサー……」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 22:12:29.16 :dFPJcPJl0

P「杏、とりあえず事務所に行こう」

杏「えー?あんまり動きたくないんだけどなあ……プロデューサーなんとかしてよ」

P「い、いや、こういうことは同じ女性の方が分かりやすいと思うしな。ちひろさんに相談してみよう」

杏「? ふーん……。じゃあ早く連れて行って。今一歩も歩きたくないから」

P「ああ、そうだな。ちょっとの辛抱だから、我慢してくれな」ヒョイッ

杏「んっ……今日はやけに優しいね。いつもこんな風だったらいいのに、いたた」

P「ま、男には分からない痛みでも、こんな辛そうな顔されてちゃな。ところで杏、こういうこと学校の……その、保健体育で習わなかったのか?」

杏「学校?ほとんど寝てたけど」

P「お前な……」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 22:30:05.15 :dFPJcPJl0

P「ただいま帰りましたーっ。と、すいませんちひろさん、ちょっと」

ちひろ「あらっ、杏ちゃんのお迎えに行ったんじゃなかったんですか?」

P「い、いや……そうなんですけどね、あはは……」

P「……ところで、こんな人の出入りの激しい所で何ですが、少し大切なお話が」

ちひろ「ドリンクですか?ハロウィンパーティーも実施中ですよ!」

P「そういうのじゃなくて、もっと真剣な話なんです」

ちひろ「えっ?は、はあ」

P「その、言いづらいんですが……えっと、ちひろさん」

ちひろ「あ、はい」

P「……生理って、どう対処すればいいんでしょう?」

杏「痛い……いたいよう……いたいぃ……」グスグス

ちひろ「えっ?……ああ、なるほど」


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 22:45:58.96 :dFPJcPJl0

ちひろ「大丈夫、杏ちゃん?って、大丈夫じゃないわよね」

杏「痛ぁ……ちひろさーん、杏のおなかどうしたの?すっごい痛いんだけど……」

ちひろ「え?えっと」

P「そのー、今日が初めてらしいんです」

ちひろ「そうなんですか……あれ?杏ちゃん、服が血塗れじゃない」

ちひろ「……プロデューサーさん!まさかこんな格好の女の子を外に連れ出したんですか!?」

P「あ、いや、一応車で」

ちひろ「同じです!まったくもう、プロデューサーさんはデリカシーってものがないんだから……」

P「すみません……ごめんな、杏」

杏「グスッ……ど、どうでもいいよ服なんて……死にそうだよぉ……」

P「あ、杏……」


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 23:18:50.05 :dFPJcPJl0

ちひろ「でも、このままじゃね……とりあえず着替えましょっか」

杏「うぁ……う……動きたくないからいい……」

ちひろ「女の子なんだからこういうことはちゃんと、ね」

ちひろ「それに、血が出たままじゃ困るでしょ?」

杏「ん……。……痛いよぉ……優しくしてね?」

ちひろ「うん、任せて。大丈夫よ、痛くはしないから」


P「…………」


ガチャッ

P「…………!」

杏「う……な、なんかこれ、変な感じ」

ちひろ「でも女の子はこうしないといけないの。血が出たまんまじゃ嫌でしょ?」

杏「うーん……ああ、もうっ……痛みは全然引かないし……何なのこれ……」

ちひろ「うーん、この痛みばっかりはね……耐えるしか」

杏「しょ、しょんな、いたたたたた、いだだっ」


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 23:31:31.65 :dFPJcPJl0

杏「ねえ、杏やっぱりお仕事しなくちゃいけないの……?こ、これはちょっと冗談じゃないよ……?」

P「あ、今日は仕事はいいよ。先方には連絡入れておいたから」

杏「そっか……はー、安心したら眠くなってきたかも……ちょっと横になっててもいい?」

P「ああ。どうせなら家まで送るけど」

杏「おうちか……いいや、誰かと一緒の方が落ち着くし、いたっ、……今は車になんか乗れないし」

ちひろ「そうね、こういう時は心細くなっちゃうもんね。さてと、プロデューサーさん!」

P「は、はい?」

ちひろ「私はこれから少し出るんですけど……杏ちゃんのこと、よろしくお願いしますね?」

P「……ええ、任せてください!」

ちひろ「うん、いい返事です。くれぐれも女の子に恥をかかせないように!」

P「あ、あはは……ま、任せてくださいよ」


杏「ううぅ……プ、プロデューサー、ちょっとこっち来てぇ……」


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 23:43:51.64 :dFPJcPJl0

P「あ、おう、どうした杏」

杏「いや、えっと……その……今ちょっと寝たいんだけど、やっぱりお腹痛くて」

P「うん、うん」

杏「それで、お、お腹なでてもらったら眠れそうって感じがするから……えと」

P「もしかして、撫でて欲しい、ってことか?」

杏「う、うん……そゆこと」

P「そっか、お安い御用だよ。はは、なんか今日の杏はしおらしくて新鮮だな」ナデナデ

杏「うー……こっちはほんとにお腹痛くて困ってるのにー……ぐうっ」

P「悪い悪い、でもなんか子どもみたいで可愛いぞ。……なんてな」ナデナデ

杏「何言ってんだか、ばか……」

杏(……きもち、いいな……このまま……眠れるか……も……)

杏「……くー……すー……」


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/04(木) 23:56:55.26 :dFPJcPJl0

P「……寝た、みたいだな」

P「さて、俺もいい加減仕事……っと」

杏「…………ん、ん……」ギュッ

P「……はは、仕方ないな。かわいい奴め」ナデナデ

杏「んー……すー……すー……」

P(しかし意識してみると、杏も妊娠できる身体になったわけだ)

P(初潮が来たってことは、この体型でもう充分女なんだよな……)

P(って、俺は何考えてんだ。そんな変態じゃないんだから)

P「…………」

P「あ、杏……起きて……ないよな?」

杏「んにゅ……くーくー……すう」

P「……小っちゃい腹しやがって……かわいいな、まったく」サワサワ


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/05(金) 00:18:48.35 :QzeyehW90

P「杏……杏……」ナデナデ

杏「むにゃ……」

P「杏……かわいいぞ、杏……」

杏「ん……んくっ」

P「ごめんな杏……い、今だけ……今だけだから……」ギュッ

杏「ふぇ……あ、あれっ?ちょ、プロデューサー?あっ、お、お腹いたっ」

P「あ、杏!?わ、わ、悪い!ごめん、すぐ放すから!」

杏「ん……んーん、これもちょっと落ち着くかも……いつつ。もうちょっとこのままでも……いいかな」

P「そ、そうか?杏がそれでいいなら……なんか、悪い気もするけ――」


島村卯月「ただいま帰りましたっ!……って、えええええええええええぇぇぇっ!?」


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/05(金) 00:34:30.49 :QzeyehW90

卯月「なーんだ、そういうことしてたわけじゃないんですね。びっくりしちゃいましたよ、もうっ!」

P「あ、当たり前だろ。何考えてんだ」

杏「て言うか杏はお腹痛すぎて他のことしてる場合じゃないし……あ、また痛み出した、いたた」

P「お、おい……大丈夫か?またさすってやろうか?」

卯月「え?さするって?え?」

杏「えー?さすがに人の見てる前でそれは……そうだプロデューサー、杏のうちに来てお腹撫でてよ」

卯月「え?え?あれ?」

P「ま、今日はあいにく俺の仕事も少ないしな。こんな日くらいは杏にも甘えさせてやろうかな。ははは」

杏「今日だけじゃなくていつも同じくらい甘やかして欲しいんだけどー……ぐっ、は、早く行こっ」

P「だ、大丈夫か?立てるか杏?よしよし……」

卯月「…………あれっ?」


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/05(金) 00:43:08.37 :QzeyehW90

P「おーい、赤飯炊けたぞー」

杏「えー?今日あんまし食欲ないんだけどなー。なんで赤飯?」

P「それは……やっぱりめでたい日だからな。杏が大人になったお祝いとしてだよ」

杏「? ふーん……」


P「ところで杏、結構血色もよくなってきたっぽいけどもう大丈夫なのか?」

杏「ん、痛みはもうだいぶ引いてきたけど、体中だるいかも。仕事した日とおんなじくらい疲れたかな」

P「そうか……そんなになのか。頑張ったな、杏」

杏「ホントだよ、もう。あーもう、せっかくお仕事休んだのに意味ないし……」

杏(…………!)


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/05(金) 00:47:42.05 :QzeyehW90

数日後

P「お、おい杏、今日は急がないとヤバいって!」

杏「うー?あー……今日は杏お腹痛いから休むー……」

P「嘘つけー。大方こないだので味をしめたんだろうけど……」

杏「あー駄目。これ『せーり』だよ『せーり』……あー痛い痛い」

P「……なあ杏、お前生理って何のことか分かってんのか?」

杏「え?お腹痛くなる病気のことじゃないの?」

P「ていっ」ビシッ

杏「あうっ」



おしり


2ちゃんねるに投稿されたスレッドの紹介です
【2ちゃんねる】双葉杏「なんかおなかいたい……」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1349354025/