1 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/16(金) 22:58:53.60 :yKDdrUfa0

こちら、アイドルマスターシンデレラガールズのSSになっております。
初SS、初スレ建てなので、至らない点も多々ありますが、
見ていただけたら嬉しいです~。

では、始めさせていただきますー。


2 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/16(金) 23:07:40.38 :yKDdrUfa0

?「起きなさい、P!」

P「ふぁ~あ...」

...眠い、学校なんてなくてもいいのに。
そう思いながら重い体を起こす。

P母「...やっと起きたのね、あやめちゃん待ってるわよ?」

P「あやめが?...早いなー」

言いながら時計を見る。
...針は8を指していた。

P母「ここ、最低でも、8時には出なきゃいけないのよね?
...どこが早いのかしら?」

P「どうりで父さんもいないわけだ。母さん、
朝飯はいらんよ」

そういって俺は手早く歯磨き等の最低限の身支度
をして家をでる。

?「P殿!遅いですよ!」

家を出ると、目の前にはお洒落な青色のゴムで
髪をお団子に結んでいる少女が立っていた。


3 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/16(金) 23:17:58.25 :yKDdrUfa0

P「おはよう、あやめ」

あやめ「はい、おはようございます!早くいかないと
遅刻してしまいますよ?」

そう言うとあやめは俺の手を引いて歩きだす。

P「先、行ってればいいのに...」

あやめ「いえ、P殿を置いてはいけません!P
殿はあやめのぼおいふれんど?なのですから!」

P「...その意味、わかってないでしょ?」

そんな他愛のない会話をしながら俺達は学校へと歩を進める。

P「...そういえば、今日は俺の誕生日だけど、あやめは何かくれるのか?」

俺があやめにそう聞くと、あやめは顔をそらした。

あやめ「...そ、そうだったのですか!?い、いやー、
忘れておりましたー!」

P「...小さい頃から毎年欠かさず何かしらやってたのに忘れるもんか?」

あやめ「そ、それよりもですね!P殿は今朝のにゅうす
は見ましたか?」

...誤魔化したな。


4 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/16(金) 23:32:48.74 :yKDdrUfa0

P「いや、見てないよ、朝寝坊したし」

あやめ「そ、そうでしたね...そのですね、新聞にも載っていたのですが、
実は、[しんでれらぷろじぇくと]なるものがあるとのことなのです!」

P「...ふーん」

シンデレラプロジェクトね。あやめは横文字が聞きずらい時があるから困る。
...話を聞いてみると、それはアイドル同士で競い合い、3年毎の成績でシンデレラ
となる者...要はトップアイドルを決める。といったものらしい。
...最近アイドルがやたら多いのはそのせいか。

あやめ「でですね!わたくしのしのびとしての特技をあいどるに活かせないかと思いまして!」

P「...アイドルになるのか?」

あやめ「はい!あいどるになって、あやめはしのび...くのいちとしての姿を様々な人に
見せたいのです!」

P「...そっか、...頑張れよ」

アイドルね...まぁあやめはそんじょそこらの奴よりはずっと可愛いと思うし
出来るとは思うが...親御さんが許さないだろうなぁ...。

あやめ「それでですね...あやめがあいどるになる時には
是非P殿にぷろでゅーす?していただきたいのです!」

P「......へ?」

...我ながら素っ頓狂な声が出たな。

あやめ「ですから、わたくしはあいどる。P殿は
プロデューサーとして、二人でこの頂に立つのです!」


5 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/16(金) 23:42:54.49 :yKDdrUfa0

P「...考えとくよ」

いや、俺にプロデューサーは無理があるだろう。
愛想悪いし。演技力には多少の自信はあるが、演技では
いずれボロも出るしな。
そんな事を思っているといつの間にか学校の正門に着いていた。

あやめ「ふぅ...間に合いましたね?」

P「...ああ、そうだな」

会話を交わした瞬間。

......キーンコーンカーンコーン......

...一限目のチャイムと思われるものが聞こえた。
時計は持っていないので正確な時間はわからないが。

あやめ「ち、遅刻です!...P殿!また帰りにお話ししましょう!
では、さらばー!!」

あやめは小等部の方へと走っていった。
...朝から忙しい子だ。
...さて、俺も行くか。
俺は眠気を訴え、閉じようとするまぶたをこすりながら中等部へと向かった。


6 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/16(金) 23:56:03.54 :yKDdrUfa0

学校ではやる事は余りない。友達はそれほど多くないし、
いたとしても別のクラスだ。あやめは小等部なので俺の所に
来ることは滅多に無いしな。

...それにしても、あやめはなぜ誕生日について誤魔化したのだろうか。
何か企んでいるのかもしれないな...

そんな事を考えながら授業を受けていると、
不意に教室のドアが開いた。

教師「...Pはいるか?」

何やら息を切らしている。俺に何か用があるみたいだな。
一体何の話だろうか。
はい、と言って授業担当に軽い会釈をした後、俺は廊下に出た。

P「何の話ですか先生?」

そう聞くと先生は息を整えたのち、重そうに口を開いた。

教師「実はな...君のお父さんが倒れたんだ...」

P「...ほんと、ですか」

...誕生日に、最悪のプレゼントだ...





7 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/17(土) 00:17:53.08 :VsHFjpXO0

--------------三年後-------------

P「...ふぁ~あ...」

友「...おう、よく寝てたみたいだな」

P「今何時だ?」

友「12時だ。ぐっすりだな」

...もうそんな時間か。
俺は机に突っ伏していた影響で怠くなった体を起こす。
...それにしても懐かしい夢を見たな...

...あれから三年、か...。
父さんは心臓病を患っていたそうだ。しかし、軽い症状だそうで
命に別状はないらしかった。父さんはその後体調は安定したものの、
療養している。この一連の騒動により家庭環境がゴタゴタしてしまって、
あやめとは疎遠になってしまった。

...俺は、自分の今の思考に少しの違和感を持った。

友「おーい、大丈夫かー?ぼーっとしてるけど」

P「ああ、問題ない...」

友の気遣いにそう言って返す。
心配されるのは好きではない。

...それにしてもあやめはアイドルにはなれたのだろうか?
まぁそういった話をきかないからまだなってはいないのだろう。
頑張ってほしいものだ。

その後の授業を受け、放課後になるとバイト先のコンビニへと向かう。
眠気を感じながらもレジ対応などの仕事をこなし、バイトを終わる。

店長「お疲れ様」

P「はい!お疲れ様です!」

挨拶をし、俺は外にでる。疲れた...。
それにしても俺も対人付き合いによって随分演技力が上がったのではないだろうか。
これなら人を欺くこともできるかもな。

自分の演技力にそんな評価を下していると、いつもの帰り道に
男が立っていた。
それ自体はおかしなことではないが、この時間帯、
この道は人が通ることはほとんどないので少し不思議に
思うのだ。

P(スーツか...まぁサラリーマンかなんかだろう...)

そんな事を思いながらその男の横を通ろうとしたとき。

肩を掴まれた。


8 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/17(土) 00:37:54.47 :VsHFjpXO0

P(なんだ!?)

突然のことに、俺は動揺した。危険な人物だったのだろうか?

P(面倒事には巻き込まれたくないぞ...!)

そう思うと俺はその男の方を向き

P「...何か、ご用ですか?」

と、作り笑顔を張り付けて言った。
すると男は作り笑顔とは違う、満面の笑みを浮かべて俺にこう告げた。

「君、アイドルをプロデュースしたくはないかい?」

P「...は?」

思わず声が出てしまった。

「驚くのも無理はないか。実は俺はこういう者なんだ」

男は俺に紙を差し出してきた。どうやら名刺のようだ。
俺はその名刺の名前のあたりに目を向けた。

898プロ PaP(名前)

......俺の父さんの会社じゃねえか。

PaP「いやー、君を見た時に俺はティン!っときてね。
是非君にプロデューサーをやってもらいたいと思ったんだ!
...シンデレラプロジェクトの事は知っているだろ?」

P「ええ、まぁ...」

PaP「それを898プロが取り仕切っているんだけど、君にもぜひ参加してもらいたいんだ!
興味がでたら名刺に書かれている番号にかけてほしい!じゃあよろしくねー!」

そう言うと男は走り去っていった。

P「...帰るか。」

その後、家に帰った俺は書類などを整理している
父さんに向かってこう言った

P「...父さん、採用する人はもう少し考えたほうが良いよ?」

P父「...?、どういうことだ?」

P「...なんでもない、おやすみ」

俺は風呂などを済ませ、自室の布団にもぐる。

P(...プロデューサー、か)

三年前の夢について語るあやめが脳裏によぎる。

P(...俺がプロデューサーになる時は、あやめも誘ってやるかな)

そんなことを考え、笑みをこぼした俺は、
そのまま眠りについた。


13 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/17(土) 09:26:27.80 :VsHFjpXO0

----------------------------------------------------

P「...ここかぁ」

俺は今、898プロの前に立っている。
...思ったより大きいな。898プロには子供の頃に連れられて行った
事があったが、その時のことはあまり覚えてなかった。
まさかこれほど大きいとは...。少し気後れしてしまう。
そうやってまごまごしていると898プロから誰かが歩いてきた。
その人物は俺に気づくと、陸上選手並みのスピードで駆け寄ってきた。

PaP「おはよう!興味を持ってくれると思ってたよー!」

P「...ドーモ、PaPサン...」

しまった、急の事に驚いて少しぎこちない挨拶になってしまっただろうか。

PaP「おう、いい挨拶だな!立ち話もなんだし、
さぁさぁ入って入って!」

......あまり気にしない性格のようだ。
そうして俺はPaPさんに案内されながら898プロの中を歩く。

P「すごい大きいところなんですね、ここ」

PaP「ああ!そりゃあアイドル界では知らない奴は
誰もいないと言われるほどの超有名プロダクション
だからな!」

少し誇らしげにそう言うPaPさん。
多少強引なところはあるが、根はいい人なのかもしれないな、と
俺はPaPさんに対する評価を少し思い直した。

P「でもそんなところになぜ?私はプロデューサーとしての知識は
ほとんどありませんし、こんなに大きいところなら他にもプロデューサーは
たくさんいるでしょう?」

PaP「だから、ティンときたって言ってるだろう?」

PaP「それに、プロデューサーに多いも少ないもないぞ?
たくさんいた方が良いだろう!」

......そうなのだろうか?


14 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/17(土) 09:51:08.70 :VsHFjpXO0

PaP「...よし、着いたぞ。ここが俺たちのいる
事務所だ!」

そう言って通された事務所は...意外と小さく見えた。
いや、会社の中の一部分なのだから、これぐらいが妥当な
のだが、ここに来るまでの廊下の長さにしては狭く感じられた。

「...あんたが新しいプロデューサー?」

そう声をかけられ、俺は声のする方へと体を向ける。
そこには顔立ちの整った可愛いというよりは綺麗という
言葉が似合う美女が立っていた。

「...あんたは初対面の顔をジロジロ見るのが趣味なの?」

P「いや!そういうわけじゃ...すみません」

凛「はぁ...別にいいよ。...で、あんたの名前は?
私は渋谷凛。アイドル...かな」

P「私はPです。今日は...そちらのPaPさんとのお話があって
参りました」

目的を思い出しながらもその言葉をなるべく丁寧に変換し、話す。

凛「...そんなに畏まらなくてもいいよ。歳は近い
みたいだし」

P「...わかりました」

凛「...それでも敬語は抜けないんだね...。
そうだ、PaPさん。プロデューサーとCuPさんは
先にあっちにいるってさ」

そう言って渋谷さんは休憩室らしき場所を指さす。

PaP「ああ、ありがとう凛ちゃん!」

凛「私は卯月と未央のところにいるから、なにか用あれば呼んで。じゃあね」

渋谷さんは部屋を出て行った。
この他にも部屋はあるんだな、やっぱり。

そして、俺はPaPさんに連れられ、先ほど示された個室へと入る。
そこには長身で眼鏡をかけた知的そうな雰囲気の男性と、
背が小さく中学生ほどにみえる童顔の男性がソファーに座っていた。

PaP「さぁ座ってくれ。話をしようじゃないか」

そう促され、俺とPaPさんはその二人とは対面側にあるソファーに
座った。


15 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/17(土) 10:12:34.06 :VsHFjpXO0

PaP「まずは自己紹介からだな。俺の名前は知ってるよな?
俺は基本的に元気が溢れてる明るい奴らのプロデュースを
してんだ。んで、この眼鏡をかけている奴が...」

CoP「CoPだ。俺がプロデュースしている奴は落ち着いているものが
大半だ。...よろしく頼む」

PaP「そして、この小っちゃいのが...」

CuP「CuPだよ!かわいーいアイドル達をプロデュースしてるよー。
よろしくね。あとPaPくんは小っちゃい言わない」

PaP「すまんすまん」

...何とも愉快な人たちだ。

PaP「じゃあこれから仕事について説明するなー」

ん?もう入ることは決まってるのか?

CuP「PaPくん、まずは面接しないと...形だけでもね?」

形だけ?なんか緩くないか?

CoP「...すまない。基本的に馬鹿な奴らなんだ」

PaP「誰がバカだと!」

CoP「お前がいると話が進まん...早くやるぞ。
仕事が片付かんからな」

そう言ってCoPさんは切り出した。

CoP「俺が質問することはただ一つ...
...チョコは好きか?」

......は?質問の意図がわからない。しかし、チョコ
が好きか嫌いかと聞かれれば好きな方だろう。

P「はい、好きですね」

CoP「そうか...合格だ」

満足げにCoPさんは微笑んだ。...この人もダメかもしれない。


16 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/17(土) 10:25:10.69 :VsHFjpXO0

PaP「ははは、こいつは無類のチョコ好きでな!」

CuP「...もう面接はいいね。CoPくんがオーケーしたし!で、
君の名前は?」

P「私の名前は...Pです」

名前を告げた瞬間...三人が、固まった。いや
PaPさんは渋谷さんとのやり取りの時に聞いているはずなのだが。

CoP「まさか、お前は社長の息子か?」

P「...ええ、そうですが」

CuP「...PaPくん?なんで事前に確認しなかったのかな?」

PaP「...いやー、これは社長に報告するときにどやされるかもしれんな!」

CuP「報告するときは一人でしてね?」

PaP「...はい。...って、もうこんな時間かよ!?
きらりんの仕事の時間じゃないか!」

CoP「...俺もそろそろ打ち合わせの時間だな」

CuP「僕も仕事入ってるし、説明はちひろさんに
お願いしよっか」

ちひろ「やっぱりそうなると思いましたよ...
みなさん話しすぎです」

そう言ってちひろと呼ばれる女性が入ってくる。
どうやら一連のやり取りを聞いていたらしい。

PaP「神!天使!ちひろ様!あとはお願いしますー!」

そう言うと、三人はせわしなく出て行った。


18 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/17(土) 10:51:44.45 :VsHFjpXO0

P「...おはよう、姉さん」

そういって俺はちひろに挨拶をした。

ちひろ「はぁ...やけに早起きしてると思ったらこういう事だったのね
...びっくりしたわよ?私の弟がいきなり入ってくるんだもの」

P「あははは...それで姉さん、仕事についてなんだけど...」

ちひろ「その前に、聞くことがあるわ」

姉さんは一転して真剣な顔になるとこう言った。

ちひろ「あなたはまだ高校生よ。プロデューサーと高校生活の両立は
難しいと思うわ。それでもあなたはやりきるほどのやる気はあるの?」

P「ああ、それはあるよ。元々プロデューサーにはなりたかったしさ」

ちひろ「...即答するのね。...まぁ、それならいいけど」

ちひろ「それにしてもPがプロデューサーねぇ...やっぱりあやめちゃんのため?」

P「さぁ...どうだろうね?」

ちひろ「ふーん...まぁ誘いたければ誘うといいわ。別に構わないし」

P「?」

ちひろ「...仕事の説明をするわね」

そういって姉さんは説明を始めた。要点をまとめるとこうだ。
アイドルの仕事を営業して取ってきたり、スケジュールの管理を
することが主な仕事。アイドルに関しては、所属済みのアイドルの了承
を得てプロデュースしてもいいし、スカウトして連れてきてもいいとの事。
そしてシンデレラプロジェクトについての事も聞いた。3年に一度、全プロダクション
のアイドル達によるトーナメント制のLiveバトルを行い、それに優勝したアイドルは
晴れてシンデレラガールの称号が得られるのだ。

ちひろ「...こんなところね。何か質問はある?」

P「...Liveバトルってなんだ?」

ちひろ「Liveバトルはその名の通りライブをしてバトルをするのよ。アイドル同士がね。
お互いに歌を歌ったり踊ったりのライブをしてどちらが会場ののお客さんの心が掴めるかの勝負をするのよ。
お客さんは事前に申し込まれている中から抽選で選ばれるわ。ファンもそうでない人も関係なく、ね」

P「つまり、ファンが多い方は選ばれやすくて有利ってことか...」

ちひろ「そういう事。だからアイドル達は日々の仕事をするってことね。
もちろんアイドルの大半はそんな事は考えずにただ楽しませたい、アイドルとしての
姿を見せたい、って子たちだけどね」

P「...そうか」

ちひろ「もう他にはない?」

P「ああ、ありがとう、姉さん」


19 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/17(土) 11:08:26.16 :VsHFjpXO0

ちひろ「...それで?あなたはアイドルをスカウトするの?」

P「...うん、そうしようと思ってる」

ちひろ「......あやめちゃん?」

P「いや、あやめだとは、言ってないぞ?」

何ニヤニヤしてるんだ、姉さんは。

ちひろ「素直じゃないわねー...まっ、いいわ。あとはお父さんから
許可もらってきなさい」

P「俺が?」

ちひろ「当然じゃない。今お父さんは家にいるし話せるでしょ?ある程度の話は
通しておいてあげるから」

P「...わかったよ」

さっきのPaPさんたちの反応からして、不安だな...。
そう思いながらドアを開け、俺は898プロを後にした。

ちひろ「...元々プロデューサーをやりたかった、ね。本当かしら...」

---------------------------------------------------------------------

家に帰った俺は父さんの私室へと向かった。

P「父さん、調子はどう?」

P父「...ああ、これと言って問題はないな...どうした、何か用か?」

P「ああ...実は...」

俺はここまでの経緯をかいつまんで話した。[PaPさんにスカウトされた]所から。

P父「...そうか...」

俺の話を聞いた父さんは顔を伏せてしまった。
「PaP...後で電話するか」と言っていたのは聞かなかったことにしよう。
その後、父さんは顔を上げ、俺の目をじっと見る。そして口を開いてこう言う。

P父「...俺は反対だ。お前がプロデューサーになるのは」


20 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/17(土) 11:31:25.35 :VsHFjpXO0

P「ど、どうして...」

姉さんは形は違えど、あそこで働いているのにどうして俺はダメなのか。
その事実に俺は動揺した。

P父「お前はプロデューサーになるとして、きっと浜口君をアイドルとして
スカウトするだろう?」

P「...まだ、あやめをスカウトすると決まったわけじゃ...」

P父「正直に言え」

P「...ああ、そうだ。俺はあやめをトップアイドルにしたい」

P父「だから、駄目なんだ...」

あやめを、アイドルにすることが、駄目だと...?

P「どういう事だよ!?まさかあやめがアイドルに向いてないとでも言うのか!?」

P父「...そういうわけではない。浜口君は十分アイドルとしてやっていく力は持っているだろう。
だが、お前が浜口君のプロデューサーになるのは反対だ」

俺はその言葉を受け、顔を伏せる。
...そうか、それもそうだよな。
俺にはプロデューサーとしての知識や経験はまるでない。人とのコミュニケーションだって得意じゃない。
なのにPaPさんに目をつけられただけでできるんだって思い込んでただけだ...そんなおれがあやめのプロデューサー
なんて...。

P父「...だが、一つ条件を飲めば許してやってもいい」

その言葉に俺は顔を上げる。条件...

P「父さん、条件って?」

P父「シンデレラガールを決める大会、シンデレラフェスティバルが今からおおよそ2年後に開催される。
その大会で浜口君を優勝させるのだ。お前の手で。それができなければ、それ以上のプロデュースは認めん。
浜口君にもアイドルはあきらめてもらう」

P「......」

2年後の大会で優勝しろ、だって...?
...無理だ。初めて二年後でシンデレラガールに選ばれたアイドルなんて知っている限りでは見たことがない。
俺には何のノウハウもないのに...それにできなかったときに俺がプロデューサーになれないのはまだいい。でも。

あやめも巻き込まれるのか?

俺が失敗すれば。あやめをシンデレラガールにできなければ、あやめは夢を諦める事になる...


21 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/17(土) 11:56:46.28 :VsHFjpXO0

P父「...どうだ、それでも、お前はやるのか?」

でも俺は、あやめを...

P「...少し、考えさせてくれ」

そう言って俺は部屋を出た。
...とりあえず、あやめに会いに行こ。これは、俺一人で決められる
問題じゃないからな...

そう自分に言い聞かせ、俺は布団にもぐった。

-----------------------------------------

P母「...あなた?」

P父「ん、どうした?」

P母「聞いてましたよ、さっきの話」

P父「...そうか」

P母「どうして、Pをプロデューサーにしないんです?」

P父「...あいつは危ない。浜口君のことになると特に、な」

P父「それに、あの子たちは、俺たちのような目には合わせたくはないしな」

P母「...そうですね」

-----------------------------------------

P「...ふぅっ」

今日は平日で学校がある。
俺は朝早くに起きると身支度を始めた。
あやめと疎遠になってからというものの起きるのも早くなってしまった。
学校に行く時になぜかあやめに会いたくなかったからだ。

P「...なんで、会いたくなかったんだろうな」

ぽつりとつぶやく。その答えは響き、答えが返ってくることはなかった。

父さんからは、プロデュースしたいアイドルが決まれば、そのアイドルと一緒にPaPさんの所に来い、だそうだ。
それと、姉さんは初めから父さんに話を通しておくつもりはなかったらしい。

P「とりあえず、あやめに会いに行こう...」

会わなければ何も始まらない。俺はひとまず学校へと向かうことにした。
...学校へと向かう足がやけに重く感じられた。


22 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/17(土) 19:54:49.19 :VsHFjpXO0

-------------------------------------------------------------

友「おはようさん」

学校の教室には、すでに友がいた。

P「珍しく早いじゃないか、いつも予鈴ギリギリなのに」

友「ん、まぁな」

二、三言を交わし、俺も席に座る。

友「...お前、この休日になんかあった?」

P「...まぁな、バイトもやめたし」

友「まじか、へぇ...」

友はそれ以上は聞いてはこなかった。
なんなんだ?いったい。

放課後になると俺は中等部へと足を運んだ。
...視線を感じる。

P「...友、ついて来たければ来ればいいじゃないか」

友「いや、そういうわけじゃないぜ?お前を応援しに来たんだよ。
お前が中等部へ行くってことは、そういう事だろ?」

ニヤニヤしてそう言う友を後目に俺は三年の
教室へと向かった。がんばれよ、と友が言うのが聞こえた。
...頑張るさ。

そうして、俺は今中等部三年の教室の前に立っている。
ここに来る途中の生徒に聞いて、あやめがここにいるのは
わかっているので、後は覚悟を決めるだけだ。
自分の手を見てみると、僅かに震えていた。
...何を怖がっているんだ。きっと、あやめは昔みたいに接してくれるさ。


23 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/17(土) 20:07:01.64 :VsHFjpXO0

P「...ふぅっ」

俺は扉を開けた。

P「浜口あやめさんは、いますか?」

開けたと同時にそう言い、教室を見ると、そこには少女が
一人いるだけだった。後姿しか見えていないが、俺にはわかる。
相変わらず髪をお団子にしている少女を見間違えるわけがない。
...中学まで、ずっと一緒だったのだから。

そんなことを考えていると、少女も俺の言葉に反応して振り向く。

あやめ「浜口あやめとはわたくしの事ですが...っ!」

俺の事を見てあやめは目を見開いた。

あやめ「...P、殿...?」

P「あ、ああ。ひ、久しぶり」

緊張で声が少し上ずった気がする...まずったなぁ。
そんなしょうもない事を頭に巡らせていると。

あやめ「P殿ーーーーーー!!」

P「うおっ!?」

あやめが俺を吹き飛ばそうとするような勢いで抱きついてきた。

あやめ「逢いたかったです...ずっと、ずっと!!」

あやめは泣きながらそう言ってくる。

P「...ああ、俺もずっと、会いたかったよ」

俺もあやめの事を抱きしめ返す。
...まさか泣くとは思わなかった。避けていたのは俺なんだから
怒られるだろうと思っていた。


24 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/17(土) 20:15:07.45 :VsHFjpXO0

...そのうちにあやめは泣き止み、息を整え口を開いた。

あやめ「...P殿が来てくれたという事は、わたくしの事を許して
くれたのですか?」

P「...ん?なんのことだ?」

あやめ「?...わたくしはP殿の誕生日を忘れていることに
P殿が怒っているのかと...」

P「いや、そんなに心狭くないぞ俺は」

あやめ「じ、じゃあどうして...まさか!ただわたくしの
事を嫌っていただけ...?」

まずい...また泣き出しそうだ。

P「そ、そういう訳じゃないんだ!実はな...」

俺はあやめにあの時に何が起こっていたのかを話した。

あやめ「...そうだったのですか...申し訳ありません。
そのような時にわたくしは...」

P「いや、あやめのせいじゃないさ」

...そう、俺の心が弱かっただけだ。

あやめ「...でも良かったです。P殿に嫌われたと思ってましたから」

P「あれで急に嫌いになるわけないだろ?
...俺とあやめはあの時までずっと一緒だったんだから」

そう言うとあやめは少し頬を赤らめる。

あやめ「...そうですね!」

...さて、誤解も解けたし、ここからか。

P「あやめ、今日は話したいことがあるんだ」

あやめ「...帰りながら話しませんか?外も暗くなってきましたし」

あやめに言われ窓の外に目を向けてみると。
...本当だ。気づいたら外は闇に覆われていた。
結構長い時間を過ごしていたらしい。

P「...ああそうだな、帰るか」


25 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/17(土) 20:32:57.23 :VsHFjpXO0

------------------------------------------------------------

帰り道。俺はあやめと昔一緒に歩いていた道を通っていた。
あの時からあやめと会うのを避けていた俺はこの道を通っていなかったため、
懐かしく感じられる。

あやめ「それで、話とは?」

P「ああ、それはだな...」

P「あやめ...アイドルになる気はないか?」

あやめ「アイドル、ですか?」

おっ、ちゃんと言えるようになってるな。

P「ああ、昔言ってただろ?アイドルになりたいってさ」

あやめ「...覚えていてくれたのですね!嬉しいです!」

...まぁ、あれは忘れられないだろう。いろいろありすぎて。

あやめ「誘ってくださったという事は、P殿も...?」

P「ああ、俺もあやめのプロデューサーになれると思う」

あやめ「本当ですか?やった!」

あやめは無邪気にはしゃいでいる。可愛い奴め。
...だが、まだ話すことはある。
俺は無意識にあやめから目を背けていた。

P「あやめ..だが、俺と一緒にやるには一つ条件があるんだ」

あやめ「条件とは?」

P「デレフェスだ、知ってるだろ?」

あやめ「はい!もっとも素晴らしいアイドルを決める大会の事ですよね?」

P「ああ、その大会が二年後にある。
...その大会で優勝するのが条件だ」

あやめ「...えっ?」

...顔が見れない。

P「それができなければ、俺はプロデューサーを辞めることになるし、
あやめももうアイドルができなくなる...」

そこまで言うと、俺はあやめの顔を恐る恐る見る。あやめは今どんな顔を
しているだろうか。悲しむ顔は見たくない。

...だが。あやめは、笑顔のままだった。


26 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/17(土) 20:54:19.09 :VsHFjpXO0

あやめ「やります!」

P「...へっ?いやそんな、簡単に決める事じゃ...」

あやめ「念願の夢が叶うのですよ!?やるにきまってます!」

P「もし出来なかったらその夢も叶わなくなっちゃうんだぞ!?
それに、別にプロデューサーは俺じゃなくても...!」

あやめ「できないわけがないです!P殿がいますから!
P殿以外のプロデューサーなど考えられませんし!」

あやめ「さらに!...P殿、わたくしの夢はなんですか?」

P「...アイドルになる事?」

あやめ「[P殿がプロデューサーになり、わたくしがアイドルになる事]、です!
P殿がいないと駄目なのですよ?」

...俺なんかに、あやめはここまでの事を言ってくれたんだ。
俺も、期待に応えなきゃな...!

全く、あやめは...

P「...じゃあ、やろうか、アイドル」

あやめ「...はい!P殿もプロデューサー、やりましょう!」

そう言うあやめの笑顔は、俺にとって太陽のように
輝かしかった。

-------------------------------------------------------------------------

...俺は今、あやめの家の前に立っている。
あやめが俺に渡したいものがあると言っていたので、家まで送るついでに貰おうと
思っていたのだ。家も近いしな。

...玄関の扉が開いた。

あやめ「お待たせしました!プロデューサー殿!」

P「プロデューサーって...気が早いんじゃないのか?」

あやめ「何を言っているのですか!何事もまずは形から、ですよ!」

あやめは小包を胸に抱え持っていた。その小包はリボンで装飾されている。

P「これか?渡したいものって」

あやめ「はい!開けてみてください!」

そういいながらあやめは俺に小包を渡してきた。
俺はそれを受け取り、開けてみる。

...そこには手裏剣のストラップが入っていた。


27 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/18(日) 15:07:48.44 :gOIwCwrL0

P「...これは?」

あやめ「夢の道を歩む事となった記念と、誕生日の時に渡し忘れてしまっていましたので...」

恥ずかしいものですが。とあやめは言葉を付け足す。
これが、あの時渡そうとしていたもの...か。
その時、俺の中の止まっていた何かが再び動き出すのを感じた。
ああ...そうか、俺はあの時から...

P「いや...ありがとな、あやめ。嬉しいよ」

俺はあやめに平凡な感謝の意を贈る。
だが、それはあやめには平凡には映らなかったようだ。

あやめ「...P殿、目から涙が」

P「え?」

俺は目元に手を当ててみる。...濡れている。確かに涙を流しているようだ。

P「はは、おかしいな。嬉しいんだけど。でも、涙が出てくるんだ」

P「ああ、やっとこうしてまた、二人で一緒にいれてっ、凄い、嬉しいんだ...っ!」

あやめ「P殿...わたくしも嬉しいです...っ」

そう言うなり、あやめも泣き出す。
人目も気にせず、俺たちは二人で泣き続けた。

----------------------------------------------

...恥ずかしいところを見せてしまった。
あの後、泣いていた俺たちはあやめのお母さんに怒られた。うるさいと。
だがその時に、懐かしいわね、とも言われた。

あやめ「...叱られてしまいましたね」

P「...ああ、そうだな」

そのまま気まずい雰囲気のまま俺は帰ろうとする。
...そうだ、その前にもう一度あやめにお礼を言っておこう。

P「あやめ...ストラップ、ありがとな!」

あやめは、俺が昔いつも見ていた、とびきりの笑顔でこう返した。

あやめ「主君に尽くすのが、しのびの役目ですから!」

-----------------------------------------------------

...もう迷いはない。俺はプロデューサーとして、あやめを必ずシンデレラにしてみせる。俺の全てをかけて...!
......それが俺が、あやめの隣にいられるただ一つの方法だから。

P「...12時の魔法は、解けさせてたまるか...っ!」


28 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/18(日) 15:24:57.54 :gOIwCwrL0

--------------------------------------------------

...ここは?
俺は今、砂浜に立っている。周りに人はおらず、どこまで見ても、あるのは砂と海だけだ。
なぜこんなところにいるのだろう...こんなところに来た覚えはないんだけどな。
そう考え込んでいると声がした。その声は近いようでとても遠い。

あやめ「...プロデューサー殿!」

声のする方へ振り向くと、そこには浴衣姿のあやめが立っていた。

P「あ、あやめ?その姿は?」

あやめ「...?何を言っておられるのですか?プロデューサー殿がお祭りに行こうと言ったのですよ!」

...お祭り?
その瞬間。周りにはさっきの何もない砂浜ではなく、
祭りにあるような屋台がいくつも並んでいた。

P「...へっ!?」

あやめ「......P殿」

急な変化に驚きを隠せていなかった俺だったが、あやめの声を聴き
再びあやめの方へ振り向く。あやめの後ろでは花火が上がっており、
火花のきらめきがとても綺麗だった。
あやめは俺の手を掴み、花火を背にしてこう言った。いつも見せてくれていた太陽のような輝きを持つ笑顔ではなく、
崖に咲く一輪のアサガオのような、明るいようでとても儚い笑顔で。

「わたくしの手を、離さないでくださいね」


29 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/18(日) 15:49:14.74 :gOIwCwrL0

-----------------------------------------------

ぷろ......でゅ...さ...

...何やら微かに声が聞こえる。この声は...

あやめ「......起きてください、プロデューサー殿!」

P「...んぅ、あやめか。...てことは、もう朝か...」

あやめ「そうですよ!今日は898プロに行くのではありませんか!」

そういえば今日は898プロに行く日だったな...
あれから俺はPaPさんに連絡を取り、スカウトした
アイドル候補を連れて行く旨を伝えた。
もちろん父さんにもそのことを言ったが、条件を飲むなら問題ないと返された。
...とりあえず起きるか。俺は重い体を起こし、あやめの方に目を向けた。

P「...おはよう、あやめ」

あやめ「おはようございます!プロデューサー殿!」

-----------------------------------------------

起きた俺は母さんが作った朝ご飯を食べる。
食べている俺とそれを見ているあやめを見て母さんはこう言った。

P母「またねぼすけになったわね...これもあやめちゃんと仲直りしたからですかね?」

P父「ふっ...そうかもな」

P「...うっさいよ」

でもそうかも知れないな。重い枷が一つ外れたような気持ちだ。
実際外れたのか。そうしているうちに俺は朝ご飯を食べ終わり、身支度を始める。
今日は898プロに行った後、正式にプロデューサーとして働くことになるはずだ。
準備は念入りに行わなければ......よしっ!

P「じゃああやめ、行こうか」

あやめ「はいっ!」


30 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/18(日) 16:01:05.64 :gOIwCwrL0

あやめは先に玄関を開け、外に出ていく。
それに続き俺も外に出ようとすると。

P父「まて、P」

父さんが俺の事を呼び止める。
...一体何なんだ?こっちが気持ちよく向かおうとしてるってのに...

P「...なに?父さん」

少しぶっきらぼうに返事を返してしまう。...もっと取り繕えるようにならなきゃな。

P父「...本当にいいんだな?プロデューサーで」

P「...ああ、俺はあやめと一緒に頂点を目指すよ」

P父「そうか...」

P「話はそれだけ?...なら俺はもう行くよ」

P父「...一つだけ忠告しておく」

P「...?」

P父「...浜口君の想いを、忘れるなよ」

P「...行ってきます」

俺は扉を開け外に出る。[あやめの想いを忘れるな]、ねぇ...意味がわからん。

--------------------------------------------

ふぅ、息子たちを見送ったことだし、私も仕事をするか。
そうして自室に戻ろうとすると。

P母「...あなた?」

P母の、やけに鋭さを持った言葉が突き刺さる。

P父「な、なんだい。P母?」

P母「また、余計な口出しをしましたね?」

...まずい、怒っているのだろうか?

P父「ま、まぁいいだろ?二人の為だ」

P父「...あの子たちはまだ若い。こんなことをするような歳でもないのに...特に、Pはな」

P母「...本当に心配性ですね、貴方は」

P父「そうかな?」

P母「そうですよ。私の時だって貴方は無茶ばかり...
それに、困難にぶつかる時があっても、それを解決できるのは当人たちだけ...
無駄に干渉するのも考えものだとは思いませんか?」

P父「...そうだな」


31 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/18(日) 16:20:40.53 :gOIwCwrL0

--------------------------------------------

あやめ「うわー、広いですね!」

俺たちは今898プロの中を歩いている。あやめは内部の広さや綺麗にされている廊下等に目を輝かせている。

P「俺も初めて来た時にはびっくりしたよ...ん、着いたぞ、入ろうか」

あやめ「はい...少し緊張します...!」

P「ははっ」

この前行った部屋にもう一度来てくれと言われたので、その部屋の前まで歩いてきた俺は、扉を開ける。

P「おはようございます!」

ちひろ「おはよう、早いわね?、遅刻すると思ってたわ」

P「...するわけないだろ、こんな時に」

扉を開けると姉さんが迎えてくれた。

あやめ「おはようございます、姉上!」

ちひろ「おはよう、あやめちゃん」

P「...あれ、PaPさんは?」

ちひろ「ああ、あの人なら...」

PaP「おう、おはよう!」

あやめ「く、曲者!?」

PaPさんは天井から首だけを現した。

P「...何やってるんですか、PaPさん」

PaP「荷物整理だ!」

...荷物整理?

ちひろ「ここの上にはもう一つ部屋があって、倉庫として使わせてもらっているんですよ」

姉さんが事務員モードになって説明する。

PaP「そういう事だ!この上、みてみるか?...よっと!」

PaPさんは飛び降り、着地までの少ない時間で体を一回転半回し、華麗に着地した後、梯子を持ってくる。
その様子をあやめは898プロの中を見ていた時よりもキラキラとした目で見ていた。

あやめ「本物の忍者みたいでかっこいいです...!」

P「...どれぐらい鍛えたらあんなんになるんだろうな?」


32 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/18(日) 20:17:03.84 :gOIwCwrL0

そんな話をしているうちに、PaPさんはもう既に梯子をかけ終えていた。

PaP「さぁ上がれ!」

俺がまず上がり、その後に続いてあやめが上がっていくと...

P「...なんだこれ?」

部屋の至る所にきのこが生えていた。
そして、その中には少女が座り込んでいた。

「ヒヒ、ヒヒヒヒ、ぼっちのこー......」

あやめ「プロデューサー殿?中はどうなっていましたか?きゃっ!プロデューサー殿!?」

俺はあやめを抱え込み、上への扉を閉め、そっと降りる。

P「...PaPさん、あの子は?」

PaP「ん?あいつはうちが抱えているアイドルの一人だな!
きのこがすごい好きみたいだぞ!」

P「......」

...アイドルにも色々な子がいるんだな。

ちひろ「...色々紹介するのは構いませんが、早く説明しないとまた時間が無くなりますよ?PaPさん」

PaP「ち、ちひろさん...そんな怖い顔しないでください...」

PaP「よ、よし!説明するぞー」

そう言ってPaPさんは俺たちを前話し合ったソファーの所まで連れてくる。
その後、CoPさんとCuPさんもきて、仕事についての詳しい説明を受ける。

PaP「よし!こんなもんかな...」

そして、今日から俺たちは仕事を始める事となる。そうは言っても、
まずは基礎的なところから始めるので、あやめはひたすらレッスンをし、
俺はPaPさんたちの仕事に同行し、それを見て学ぶといった所だ。

PaP「じゃあ早速あやめちゃんだっけ?君のレッスン場に行こう!」

そうして、俺たちはレッスン場へと連れていかれる。
するとそこではアイドルと思われる人たちが汗を流して真剣に
レッスンに取り組んでいた。中にはよく見る有名なアイドルもいた。


33 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/18(日) 20:48:28.47 :gOIwCwrL0

PaP「ここがレッスン場だ。あやめちゃんはここで頑張るんだぞ?」

あやめ「はいっ!」

PaP「おおっ、いい返事だ!」

あやめ「プロデューサー殿、これよりあやめは修練を積んで参ります!」

そう言うと、あやめはトレーナーらしき人物の所へと走っていった。

CuP「僕は今手が空いているから可能な限り様子を見ててあげるよ。
だから君は今日は心配しないで仕事してきなよ!」

CuPさんもついててくれるようだ。なら心配はいらないだろう。

その後俺は仕事について行く事になったが、PaPさんは仕事まで少し時間があると言う事だったので、
俺はCoPさんの仕事に同行する事となった。
これから俺のプロデューサーとしての人生が始まっていくのか...
俺はこの時、何か漠然とした不安を抱えていた。
その不安の正体は仕事をしていく内に明瞭になっていった...。

---------------------------------------------

あやめ「はぁ...はぁ...っ!」

わたくしは今、初めてのレッスンをし、休憩時間へと入りました...
正直、レッスンはとても大変です。足が震えてしまって先ほどまで立つことも
やっとでした。ですが、ほかの皆さんはさすがというべきか、どんなレッスンも
余裕といった表情でこなし、談笑しています。
...わたくしも、早くあの方々のようにならなければ...!
そんなことを思っていると。

「ねぇ、ちょっといいかな?」

声をかけられました。

あやめ「...な、なんでしょうか?」

未央「やっ、たいした用事はないんだけどね。
新しく入った子だし、自己紹介でもしようかなって...」

あやめ「そ、そうなのですね?も、申し訳ありません。
ちょっとまだ息が...」

卯月「未央ちゃん、初めてのレッスンで疲れてるみたいだし、やっぱり後にした方が...」

あやめ「い、いえっ、大丈夫ですよ!少々お待ちを...」

そう言ってわたくしは深呼吸をします。
...少しづつ呼吸が整ってきたところで、再び三人に向き直ります。


34 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/18(日) 21:05:06.72 :gOIwCwrL0

あやめ「...わたくしは、浜口あやめと申します。
この度、アイドルというものになったものです」

未央「...なんか固くない?」

あやめ「そ、そうでしょうか?」

凛「...初々しいね」

卯月「そうだね、凛ちゃん!」

未央「じゃあこっちは私からいくよ~っ!」

そう言って髪が短く、とても活気に満ち溢れている方が前に出てきました。

未央「私は本田未央っていうんだ!もちろんあやめちゃんと同じアイドルだよ!」

その紹介にほかの二方も続きます。

卯月「私は島村卯月っていいます、えへへ、よろしくね、あやめちゃん!」

凛「...渋谷凛だよ、よろしく」

あやめ「本田殿に、島村殿、渋谷殿ですね」

本田「名前でいいんだよー、二人もその方がいいよね?」

その問いかけに二人はうなづきます。

あやめ「では、そうさせていただきますね、未央殿!」

未央「うむ、よろしい!」

その後、私たちは他愛のない話で盛り上がっていると、互いのプロデューサーのお話になりました。

卯月「そういえばあやめちゃんは誰にプロデュースしてもらっているの?」

未央「タイプでいえば、私が近いのかな」

卯月「じゃあ...PaPさん?」

あやめ「いえ、違いますよ」

凛「...もしかして、Pって名前の奴じゃない?」

あやめ「...そうです!よくわかりましたね?」

未央「しぶりん、その人って?」

凛「いや、私もよくは知らないんだけど、最近入ってきたプロデューサーだよ。
一度だけあったことがあるんだ」

卯月「Pさんかぁ、あやめちゃん、Pさんってどんな人なの?」

未央「それ、私も気になる!」

あやめ「P殿の素性、ですか...」


35 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/19(月) 19:40:16.95 :gTd7muZ90

P殿の素性と言っても最近わたくしも再開したばかり...何か話せることは...

あやめ「...昔のP殿の事になりますが、よろしいですか?」

未央「うんうん、大丈夫!」

あやめ「では...」

そう切り出し、わたくしは語り始めました。
そう、あれはわたくしがまだ小学1年生のころ...

--------------------------------------------------------

あやめ「うっ...ひっく...」

あやめ母「あやめ、もう泣き止みなさい...?」

あやめ「だって、だって...!」

あやめ父「お義父さんからもらったおもちゃの苦無、なくしちゃったんだもんなぁ...」

あやめ「うぅ...」

あやめ母「あなた!掘り返すとまた泣いちゃうでしょ!」

あやめ父「うう...すまん」

あやめ母「大丈夫よあやめ、おじいちゃんに言えばまたもらえるわよ?」

あやめ「ですが、ひぐっ、あれはわたくしがしのびとして成長したあかしとしてっ、うわぁぁぁぁん!」

あやめ父「...困ったなぁ」

昔のわたくしはお祖父様からもらった苦無をなくしてしまってとても落ち込んでいました。
その後、わたくしは毎日学校が終わるとなくした泥川のあたりを服を汚しながら探していました。

あやめ「うぅ...ないよぉ...」

そうしていると。

P「...どうしたの?」

その時、小学4年生だったP殿が話しかけてくださいました。


36 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/19(月) 19:56:00.62 :gTd7muZ90

-----------------------------------------------

P「...それは、大変だったね」

あやめ「ひっぐ、ひっぐ...」

私がいつまでも泣いていると、

P「...泣かないで」

P殿がわたくしの頭をなでてくださいました。

P「僕も一緒に探すからさ、頑張ろう?まだ壊れたわけでもないんだからさ」

あやめ「...うん」

そうしてP殿は見ず知らずのわたくしのために一緒に泥だらけになりながら
苦無を探し続けてくれました。
そして...

あやめ「み、見つかりました!!」

P「本当!?」

あやめ「ありがとうございます!良かったぁ...」

あやめ母「あやめ!こんなところにいたのね!心配したのよ...」

見つかったと同時に母上が迎えに来てくださいました。

あやめ「母上!見つかりましたよ!お祖父様の苦無!」

あやめ母「そう!...よかったわね...」

あやめ「はいっ!」

P「...よかったね、...じゃあ、僕はこれで...」

あやめ「...待って!」

P「...?」

あやめ「わたくしは、浜口あやめと申します!あ、あなたは...?」

P「ああ、僕は、Pっていうんだ」

あやめ「P殿...ですね!明日、ここで待ってます!一緒に学校に行きませんか!?」

P「...わかったよ、じゃあまた明日ね」


37 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/19(月) 20:10:42.13 :gTd7muZ90

そう言ってP殿が手を振り、わたくしも両手を振って、P殿が見えなくなるまで降り続けました。
そうして、P殿は遠くなっていきました。

あやめ「P殿...」

あやめ母「あやめ、今の子は?」

あやめ「...わたくしの苦無を一緒に探してくれた、とても優しい方です!」

あやめ母「そう...じゃあ今度何かお礼しなくちゃね?」

あやめ「はい!」

この日から、P殿はわたくしの主君となりました。

------------------------------------------------------------

あやめ「以上が、わたくしとP殿の初めての邂逅、というわけです」

...少し話す内容を間違えてしまったでしょうか?
少し恥ずかしくなって急いで言葉を付け足します。

あやめ「で、ですのでP殿はとてもお優しいお方なのですよ!」

そう言って、未央殿たちの方へ目を向けると。
みなさん、一同に感動したような顔もちでした。

未央「...よかったねぇ...Pさんがいてぇ!」

卯月「私、感動しました!」

凛「...中々やるじゃん、あいつ」

未央「そうか...それであやめちゃんはPさんに惚れたんだね!」

未央殿の一言でわたくしの顔が自分でも熱くなっていくのを感じました。

あやめ「ち、違いますよ!わたくしとP殿はそのような関係では...」

未央「ん~?本当かなぁ?」

未央殿がとてもにやけた顔で聞いてきます。

凛「はぁ...未央、もうそろそろ休憩終わるから戻るよ!」

見かねた凛殿が未央殿を止めてくださいました。

未央「ちょしぶりん!?そんな引っ張らないでってば~!」

卯月「あっ二人ともまって!...じゃあね、あやめちゃん!」

卯月殿は満面の笑みを浮かべて去ってい行きました。
...わたくしもいつかはあのような笑顔をしたいものです。

三人が去った後、わたくしは残り少ない休憩時間で軽くリラックスをしていました。


40 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/19(月) 20:27:49.28 :gTd7muZ90

...実は、あの話でまだ、あのお三方には話していないことがありました。
なぜなら、そのことはP殿の為にも秘密にした方がいいと思ったからです。

------------------------------------------------------

それはわたくしたちが一緒に泥川で苦無を探していた時の事です。

P「...君が落とした苦無ってそんなに大切なものなの?」

あやめ「...はい、お祖父様からもらった、とても大切なものです...」

P「そっか...そりゃ探したほうが良いよね」

あやめ「あなたは、どうして手伝ってくれるのですか?」

P「...大切なものを失うのはつらいからね」

あやめ「......」

P「どうでもいい話かもしれないし、君にはまだ理解できないかもしれないけど...
昔ね、僕も大切なものをなくした...いや、奪われたんだ」

あやめ「うばわれた...?」

P「...小さい頃、姉さんが僕の好きなキャラクターの絵をかいてくれたんだ。
それを僕は受け取ってとても喜んだ...でも、それを破り捨てられたんだ...」

P「僕の...そのとき一番仲が良かった子にね...」

P「ばかげた話だろ?仲が良いと思ってたのは僕だけだった。なんてさ...」

...その時のPさんの顔はとても悲し気で、今でもわたくしの頭に強く残っています。

----------------------------------------------------

トレーナー「休憩時間終わりー!、さぁ、続きを始めるわよー!」

休憩が終わったようです。
わたくしはまだ疲れが残っている体を動かします。

...もう、P殿のあんな悲しい顔は見たくない。
そのためにもあやめは努力します。
胸を張って、P殿の隣に立てる、立派な忍ドルになるために...!


41 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/19(月) 22:27:43.67 :4g0exg3GO

------------------------------------------

…俺がプロデューサーになってから早1ヶ月がたった。梅雨は早くも過ぎ去り、夏の暑さをじわじわと感じ始めている。それと同時に俺は焦りも感じ始めていた。

……仕事を取れない。
いいところまでは行くのだが、どうも取り付ける所まではいかないのだ。
PaPさんからすると1ヶ月で仕事がないのは初めてなら当たり前らしいが、俺たちは当たり前ではいけない。驚かせるくらいの成長をしなければ駄目なのだ。

P「はぁぁ…」

思わずため息をつく。
その時背中に衝撃が走った。

友「何学校でそんな暗い雰囲気飛ばしてんだ!」

P「友か…」

友「何か心配事でもあるのか?話してみろよ?」

P「んー、なんていうかな…友は人に何かを勧めたりする時どんな感じに話す?」

友「?なんの話だ?」

P「例えばな、何か自分が好きな物があって、それに関して人と企画したい時はどう誘う?」

我ながらたとえ話が下手な気がした。
だが友は真面目に考えてくれる。

友「うーむ、俺なら語るかな?」

P「語る?どういう事だ?」

友「だって好きなものなんだろ?だったらその好きなものに関して思いっきり話すんだよ。そうすれば魅力が伝わって協力してくれるかもしれないだろ?」

それは…一理あるのか?

P「…すまん、あまりためにはならないかもしれん」

友「そっかー…」


42 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/20(火) 19:39:17.50 :K/bllMQc0

...やはり難しいものだ。打開策がなかなか見つからない。一体どうやってPaPさんたちは仕事を取ってくるのだろうか?
PaPさん達それぞれの仕事をみてやり方は覚えたのでその通りにはやっているのだが...

友「それにしても...最近あやめちゃんとはどうだ?うまくやれてるか?」

P「上手くやっているも何も学校からよく一緒に帰ってることは知ってるだろ?」

あやめとはそのまま898プロへと向かう都合上一緒に帰ることが多い。

友「いやー、ほらなんだ?付き合ったりはしてるのか?」

P「そんなわけないだろ、あくまで俺とあやめは...」

友「俺とあやめは?」

P「...なんでもない」

友「なんだよー、気になるじゃねぇかよー!」

P「引っ付くな!ほら、そろそろ授業始まるぞ」

友「ちぇー」

友はしぶしぶ席へと戻っていく。
...疲れる奴だ。

--------------------------------------------------------------------

あやめ「プロデューサー殿ー!」

放課後になって人の立ち入りがまばらになった教室に俺を呼ぶあやめの声が響く。

P「わああああっ!!」

俺はとっさに大声を出してあやめの声をかき消そうとする。だがそれが余計に注目を集めてしまった。

ざわざわ...えープロデューサーって、そういうプレイ?...

周りの声が痛い...
俺はあやめの手を掴みそそくさと教室を出て898プロへと向かった。


43 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/20(火) 19:47:52.68 :K/bllMQc0

898プロへの一本道まで来るとあやめが口を開く。

あやめ「あ、あの...プロデューサー殿、そろそろ手を放していただけると...」

P「あ、ごめん」

あやめ「どうしてそんな急いでいるのです?」

P「あやめ...学校では俺の事をプロデューサーって呼ぶなって言っただろ?」

あやめ「...あっ」

あやめはどうにも注意が足りないようだ。

あやめ「でも、どうして知られてはいけないのですか?」

P「それは...」

言葉に詰まる。...俺はどうして知られたくないんだろう?

あやめ「別にいいではないですか!様々な方に知っていただきましょう!」

P「うーん...まぁ人気になれば自然とみんなにも知ってもらえるんだし、それでよくないか?」

今度は自然と言葉に出せた。

あやめ「...それもそうですね!」

あやめも納得してくれたようだ。
...それにしてもなぜ俺がプロデューサーだという事がばれるのが嫌だったんだろう。少し胸に突っかかった。

898プロに着くとあやめをレッスン場まで送り、俺は事務所に向かった。
事務所にはPaPさん達プロデューサー三人衆がいた。

P「先輩方、休憩ですか?」

PaP「おっす、学校お疲れ!」

P「ちょうどよかった。少し聞きたいことがあるんですけど...」

そうして俺は悩みをPaPさん達に打ち明ける。それを聞いたPaPさん達は、難しい顔をした。

PaP「うーん、何度も言ってると思うがまだ一か月なんだ、そこまで悩む必要はないと思うぞ?」

CuP「僕たちも最初はそんなもんだったし、何より君はまだ学生だしねぇ...」

P「いや、駄目なんです!もっと頑張らないと...!」

CoP「...うむ」

CoPさんは一人納得しているようだった。


44 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/20(火) 20:03:24.15 :K/bllMQc0

PaP「...なぁ、もっと肩の力抜かないと駄目だぜ?」

P「...?」

PaP「今の君はすごい焦ってる。顔が怖くなってるぜ」

CuP「そうそう!だからもっと楽しまないと!」

そう言ってCuPさんは俺の頬をつねる。

P「たのひぃむ、れすか?」

PaP「俺たちはこの仕事を楽しんでる。楽しめば自然と仕事はついてくるもんだぜ?プロデューサーってのは」

CoP「勝手なことを言うな。全く...」

PaPさんの言葉を聞いたCoPさんが割り込んでくる。

CoP「...だが、楽しむ、というのは間違ってはいない。私が言えることは、己を縛る鎖を一度外してみるのも大切だ。ということだ」

CoP「その鎖を外すためにPaP達は楽しむ。それだけの事だ、焦りは思考の妨げになるぞ?」

P「鎖を外すために楽しむ...」

確かに俺はプロデューサーになってから...いや、その前からずっと基本的に不安や焦燥といった負の感情しか感じていなかった。
学校の奴らにプロデューサーとバレるのが嫌だった時だって...恥ずかしかったんだ、何もできないプロデューサーでいるのが。
...そのぐらい、俺はプレッシャーを背負っていたのか......

P「...ありがとうございます。何か掴めた気がします」

PaP「おっ、そうか。そりゃよかった!」

CuP「んーっ、もうこんな時間かー、そろそろ仕事しないとっ」

PaP「じゃあな、お互い頑張ろうぜ!」

そう言ってPaPさん達は各々の仕事をしに行く。
その際にCoPさんは。

CoP「これを食えば一発で冷静になれるぞ?」

と言ってチョコをくれた。


45 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/20(火) 20:21:47.12 :K/bllMQc0

-------------------------------------------------------

その後、俺はなんとか仕事相手との話し合いの場を設けるところまでこぎつけた。次の土曜日の話し合いでうまく進めば晴れて初仕事となる。
...だが、いつも俺はなぜかここで失敗してしまう。しかも、今度会う人は既に別件で一度断られているので厳しくなるだろう。
やらなければ、という気持ちが心を圧迫し、沈めていく...
おっと...またプレッシャーを感じていたのか、俺は。CoPさんから貰ったチョコを口に入れ、気持ちを落ち着かせる。

...あやめのレッスンが終わる時間か。
あやめのレッスンが終わると俺はあやめを迎えに行き家まで送った後、そのまま俺も帰るか、一度戻るか。というサイクルになっている。
仕事がないのでそのまま帰ることが大半だが。

あやめを迎えに行き帰路につく途中、俺はこんな事を聞いた。

P「あやめ、レッスンは楽しいか?」

あやめ「はい、楽しいですよ!」

あやめ「トレーナー殿は厳しいですが、やり遂げた時には充足感がありますし、ほかのアイドルの方々もとてもいい人ばかりで毎日楽しいです!」

P「...そうか、それはよかった」

楽しむなんて誰もがやっている事なのか...そりゃそうだよな。この仕事はやろうと思わなきゃできないんだから。
...でも俺は、あやめの為にやろうと思ったんだ。ほかの人とは違う。

PaPさん、CoPさん、CuPさん、ごめん。やっぱり俺がこの仕事楽しむことは難しいかもしれない。でも...

あやめ「プロデューサー殿は、楽しいですか?」

P「...あやめと一緒なら、どんな事でも楽しいよ」

そう。あやめとこの仕事を楽しむために俺はプロデューサーをするんだ。

あやめ「...わたくしも、プロデューサーと一緒が一番です!」

P「...うん、ありがとう、あやめ」

...次の打ち合わせは全力で挑み、そして...楽しむ。あやめのために。


46 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/20(火) 20:50:22.02 :K/bllMQc0

-------------------------------------------------------

ディレクター(以降、D)「ですから...ここをこうして...」

P「ええ...」

俺は今、Dと打ち合わせをしている。テレビというのはある程度人気にならないと出られないものだと思っていたが、そうでもないらしい。
さすがアイドルブーム真っ盛り中、といったところか。

そしてその打ち合わせだが...やはり、難儀している。というのも、やる事はもう既に決まっている。食べ物ロケだ。しかし、場所や食べるものが全く決まらない。Dは色々な提案をしてくれるものの、どれもいまいちしっくりこない...それは相手もわかっているようではある。
そういったやり取りをしていく内にだんだん場の雰囲気が悪くなっていく。くそっ、まずいな...

D「...一度、休憩を入れましょうか」

P「...はい」

結局大した案は出ないまま、一度休憩をすることとなった。

俺はCoPさんから貰ったチョコを口に入れ、リフレッシュを図った。そうすると様々な思考が浮かんでくる。
...俺は楽しめているか?思えば、基本受け身で相手の答えに相槌を打ち、無難に終わらせようとしている。
...ふと、友の言っていた言葉が頭に浮かんだ。

P「好きなら語れ...か」

俺はあやめについて思いつく良さを可能な限り浮かべていく。

どんな人にも優しくするとところ。人から貰ったものをとても大切にしてくれるところ。時代劇やお祖父さんの影響で丁寧で、古風なしゃべり方をするところ、そして慌てると、その口調が崩れるところ。そして、勝手にあやめの前からいなくなった俺を許してくれるところ。
ぱっと思いつくだけでこれだけある。そのほかにも考えればあやめの良いところなど星の数ほど湧いて出る。

ふと、あやめのあの太陽のように輝かしい笑顔が頭をよぎる。
その瞬間、俺の方に乗っていた何かが落ちた感覚がした。
...ありがとう友、お前のアドバイスは役に立ったよ。
心の中でそう感謝し、俺は時計を見る。
...もうそろそろか。

......さぁ、語ろうじゃないか、俺の一番好きなアイドルの事を...!


47 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/21(水) 20:01:07.29 :zqE9dyVV0

D「...続き、始めましょうか」

P「はい」

D「まず、収録場についてですが...」

P「それに関してですが、少しいいですか?」

D「...?はい、なんですか?」

P「彼女の魅力を引き出すならここが良いかと」

そう言って俺はニンジャパークのチラシを見せる。パークとついているが、どちらかというと和の観光地として有名な場所だ。

D「ニンジャパーク...ですか」

P「ええ。それで、食べるものについてですが...お団子、はどうでしょうか?」

D「お団子ですか...失礼ですが、初の露出にしては少し地味なのでは?」

P「...いえ、これでいいと思います」

P「彼女は昔から時代劇を見ていて、その中でも忍者が特に好きなのです。そんな彼女が一番力を発揮できる場所...それはここしかない。そう思います」

そういえば、あやめは小さい頃ここに行ってみたいって言っていたっけ。
そういった事を思い出し、思わず笑みがこぼれる。

D「...随分自信がおありのようですね?」

P「ええ。必ず成功します」

D「自分で言うのもなんですが、私はこれでもこの仕事を長くやっている方です。その私が勧めるところよりも良い、と?」

P「...確かにあなたの方が私よりもずっと仕事の腕は立つのは間違いありません。それ以前に私よりも力を持っている人が大半だと思っています」

P「ですが、私はあなたよりも彼女の事を知っている」

あやめの良いところをたくさん知っている、俺は。

P「あやめの、プロデューサーですから」

そこまで言うと一瞬Dさんの表情は固まり、その後にっこりと笑った。

D「...いいね。君は今とてもいい顔をしている。PaPが君をプロデューサーにスカウトしたのもわかる気がするよ」

P「...ありがとうございます」

D「じゃあ、もっと聞かせてくれる?君の、アイドルの事を」

P「...はい!」


48 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/21(水) 20:16:42.56 :zqE9dyVV0

-----------------------------------------------------

俺は今898プロに来ている。レッスン終わりのあやめが待っているからだ。
コン、コン、コン。となぜか事務所の扉を三回ノックする。別に普通に入ればいいものを。
「はい、今出まーす!」という声が聞こえる。この声は、姉さんか。
そして、扉が開かれた。

ちひろ「あれ、プロデューサーさん。わざわざノックなんかしてどうかしましたか?」

P「...あやめはいる?」

ちひろ「...ええ、今レッスンが終わってあなたを待ってるってソファーで休んでるわ」

P「そうか、ありがとう」

お礼を言って俺はあやめの所へと向かう。あやめはソファーに座ってうつらうつらと舟をこいでいた。

P「あやめ」

そう言ってあやめの肩を優しく揺らす。

あやめ「ふぇ?...P、P殿!?」

俺に気が付くとあやめは飛び起きた。...久しぶりに本名で呼ばれたな。

P「お疲れ様。待たせてごめんな?」

あやめ「いえ、大丈夫ですよ!そちらもお仕事お疲れ様です!...恥ずかしいところをお見せしてしまいましたね...」

P「いやいや、可愛かったぞー?」

あやめ「か、からかわないでください!」

...本当に可愛かったんだけどな?と、そうだ。先にこれを伝えないと...

P「ああ、そうだ、仕事、取ってきたぞ?」

努めて冷静に伝えようとしたが、語尾が上ずってしまった。

あやめ「...え?」

ちひろ「ええええええええっ!!?」


49 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/21(水) 20:34:53.71 :zqE9dyVV0

P「うわっ!姉さん聞いてたのか!?」

俺の後ろから姉さんが出てくる。

ちひろ「あはは...だって可愛い弟と将来の義妹がいちゃいちゃしてたら気にもなるっていうか...」

P「...はぁ」

あやめ「それよりも、本当なのですか!?仕事が取れたというのは?」

ちひろ「そ、そうよ!」

P「あ、ああ、聞いて驚くなよ...?」

俺は仕事内容を二人に伝える。

あやめ「ニンジャパークとは...あのニンジャパークの事ですか!?」

P「あやめがどのニンジャパークを想像してるのかは知らないが...たぶんあやめが今考えてるので間違ってないな。昔行きたいって言ってたからな、あやめ」

ちひろ「こ、これは...快挙よ!」

P「ん?快挙って?」

ちひろ「一か月で仕事を取る。なんてことはまずありえないの。早くて三か月はかかるものなのよ!」

P「そ、そういうものなのか...」

姉さんが騒いでいると不意に事務所の扉が開いた。

PaP「おっすー。騒いでるみたいだけどなんかあったかー?...おっ、Pじゃないか、お疲れ様」

P「あ、はい。お疲れ様です」

ちひろ「聞いてくださいPaPさん!実はですね...!」

PaP「仕事取ってこれたんだろ?」

ちひろ「!?どうしてそれを?」

PaP「んあ、DとCoPから聞いた。P、おめでとう!」

あやめ「CoP殿からも、ですか?」

P「ああ。実はな、その仕事にはCoPさんが担当しているアイドルの一人である橘ありすさんも来るんだ」

そう、あの後CoPさんもDさんとの打ち合わせが入っていて、話を合わせてくれた。CoPさん曰く、新人に任せるのは不安だ。という事らしい。

PaP「...迷惑な奴だよなぁ、あいつも」

P「?、どういうことですか?」

PaP「あ、いや、何でもないぞ?」

一体何なのだろう。とにかく、仕事が取れて本当に良かった...後は無事に終わるのを祈るだけだ...

......後々俺はPaPさんの言葉の真意を知る事となる。そして、それと同時に、思わぬハプニングに見舞われる事となる...


50 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/21(水) 20:50:54.53 :zqE9dyVV0

------------------------------------------------

あやめ「...ここが、ニンジャパーク...っ!」

あやめは目を輝かせている。
そう、俺たちは今、ニンジャパークへと収録に来ているのだ。

P「...あやめ、楽しむのはいいが、一応仕事で来てるんだし少しは自重しような?」

あやめ「わ、わかっていますとも!」

あやめは少し涙目になって言葉を返した。

D「いやー、本当にあやめちゃんは忍者が好きなんだねー」

P「それで...これからの予定に関してですが...」

D「そうだねぇ、準備までにまだ時間があるから...それまでは自由時間かな」

自由時間と聞いた瞬間、あやめが俺の手をぐいぐいと引っ張ってくる。

あやめ「あちらにからくり屋敷がありますよ!行きましょうプロデューサー殿!」

P「お、おい!ちょっと待ってくれ!」

P「あの!Dさん、集合時間は?」

D「うーん、13時くらいかなぁ」

時計に目をやると、針は10時を指していた。

P「わかりました!ありがとうございます!」

D「いえいえ、いってらっしゃーい」

<お、おい、引っ張るなって......


51 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/21(水) 20:57:52.31 :zqE9dyVV0

D「...やっぱり、彼はあやめちゃんと一緒にいる時が一番輝いてるねぇ...そうは思わないかい?CoP君」

CoP「...そうでしょうか?」

D「相変わらず素直じゃないねぇ」

ありす「...」

CoP「おい、橘。どこに行くんだ?」

ありす「...どこだっていいでしょう?ついてこないでくださいね。それでは」

CoP「気をつけろよ?」

ありす「...ふんっ」

D「......ありすちゃん、行っちゃったけどいいの?」

CoP「ついてくるな、と言ったのですから無理にはついてはいけませんよ」

CoP「それでは私も、ニンジャパークを見学させていただきますね」

D「ん?ああ...ってもういないし」

D「...見学するような性格でもないのに、全く...本当、素直じゃないねぇ」

-----------------------------------------------------

あやめ「わぁ、見てくださいこれを!」

P「あやめ、目が回らないか、それ?」

あやめは今どんでん返し(回転する扉のこと)を行ったり来たりしている。

あやめ「とても楽しいですよこれは!プロデューサーも一緒にやりましょう!」

P「いや、俺は...ん?」

あそこにいるのは...橘さん?


52 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/21(水) 22:03:51.50 :zqE9dyVV0

P「なぁあやめ...!?」

あやめがいた方へ再び目を向けるとそこにあやめはいなかった。

P「あやめ!?」

急いで俺もどんでん返しをくぐるが、奥には誰もいない。

P「いない...!?」

一体どこに...そう思った瞬間。

あやめ「プロデューサー殿?」

P「わあっ!!?」

あやめが天井から降ってきた。
どうやら上に隠れるスペースがあるらしい。

あやめ「ふふん、見ましたか?今のはとてもしのびらしい立ち振る舞いだったでしょう?」

P「...ははっ、確かに凄いしのびらしかったな」

あやめ「でしょう!?」

ふぃー、無事でよかった...
その後俺とあやめは内部の仕掛けを一通り楽しみ、からくり屋敷を後にした。

あやめ「楽しかったですね、プロデューサー殿!」

P「ああ...そういえばあやめはここに来るのは今日が初めてなのか?...俺がいない3年間で行ったりとかは...」

あやめ「...ここの事を考えると、プロデューサー殿の事を思い出してしまうので...」

P「...そうか......ごめんな」

あやめ「いえ、気にすることはないですよプロデューサー殿」

あやめ「プロデューサーが覚えててくださっただけでもあやめは満足しておりますから!」

P「...ありがとうな」

あやめ「また、参りませんか?...今度は二人で」

P「ああ、そうだな...ん?あの子は...」

俺はベンチに座ってタブレットをいじっている橘さんを見つけた。


53 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/22(木) 19:55:18.50 :JLR/ITJ50

あやめ「ありす殿ですね。何をしているのでしょう?」

P「からくり屋敷でも見かけたんだけど...」

あやめ「...もしかして!しのびに興味を持っていただけたのでしょうか!?」

あやめ「行きましょう、プロデューサー殿!」

P「おいおい、引っ張るなって!」

橘さんか...正直苦手なんだよなぁ...
失礼だが、子供の割には妙に大人びている気がするので、とても話しづらいのだ。
あやめぐらい素直なら助かるんだけどなぁ。
俺はここに来るまでの車での一幕を思い出した...

-------------------------------------------------------

...気まずい、非常に気まずい。
俺は今、車に乗っている。ここには俺、あやめ、そしてCoPさんと橘さんが乗っているのだが...
後部座席に座っている俺とあやめの間に橘さんが座っているので俺とあやめは話しずらく、橘さんは仏頂面でタブレットを弄っていてとても話しかけづらい。
同じことをあやめも思っていたらしく、とても微妙な顔で座っていた。
しかし、ついにこの空気に耐え切れなかったのか、あやめが口を開いた。

あやめ「ありす殿!しのびはお好きですか!?」

...おいおい、いくら何でも唐突すぎやしないか?
すると、橘さんがタブレットを弄っていた手を止めた。

ありす「...私の事をありすと呼ばないでください。それと忍者は別に好きではありません」

あやめ「でしたら是非ありす殿にしのびの事を...」

ありす「いいです、興味ないので。それとありすと呼ばないでください」

おおう、どっかの格ゲーの大斬りのようなバッサリ感だ...
あやめが縋るような目で見てくる。いや、俺にどうしろと?
しかし、あやめが助けを求めているのに放っておくわけにもいかない。ふむ...

P「...あの、CoPさん」

CoP「私は今運転中だ、話しかけないでくれ」

P「はいすみません!」

...はぁ、CoPさん経由で話して貰おうと思ったが駄目か。仕方ない...


54 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/22(木) 20:18:28.36 :JLR/ITJ50

P「あの、橘さん?」

ありす「...なんでしょうか」

P「もう少し、あやめと仲良くしてくれないかな?その、一緒に仕事もするんだしさ」

ありす「...仲良くする必要性が感じられません。大体ユニットを組むわけではないのですから親交を深める必要はないです」

...むむむ、言い切られてしまった...よしっ。
俺はあやめに目で伝えた。

P(無理だ、俺にはできない)

あやめ(ぷ、プロデューサー殿~!)

よし、俺の思いはどうやら伝わったらしい。
...こんなんで、やっていけるのかなぁ......

------------------------------------------------

あやめ「ありす殿~!」

P「橘さん、こんにちは」

俺たちはベンチに座っていた橘さんに話しかけた。

ありす「...なんでしょうか?Pさん、浜口さん」

P「...名前、覚えててくれてたのか」

ありす「それぐらいは流石に覚えます...」

あやめ「プロデューサー殿!失礼ですよ!」

P「ご、ごめん」

ありす「それで、何の用ですか」

あやめ「...先ほど、からくり屋敷来ていたそうですね?」

ありす「...ええ、まあ」

あやめ「と、いう事は!しのびに興味を持っていただけたのですね!?」

ありす「いえ、それはないですよ。せっかく来たのに勿体ないと思ったので見てただけです。ぼーっと」

...ぼーっと、という言葉を付け足してダメージを上げたか。ひどい。

あやめ「う、うう...」

P「...なぁ、どうしてそこまで俺たちを毛嫌いするんだ?仲良くなるくらい別にいいじゃないか」

P「それに君が一人でいるとき、少し寂し気に見えたし」

...なぜか、俺の心の奥がチリチリと焼けるような感覚がする。


55 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/22(木) 20:34:23.49 :JLR/ITJ50

ありす「...あなたに、私の何がわかるんですかっ!」

P「う...ごめん」

ありす「私だって、CoPさんと...!」

P「え...?」

ありす「...なんでもないですっ」

と言って橘さんは走り去ってしまう。
?、あそこにいるのは...

あやめ「プロデューサー殿!追いかけましょう!」

P「いや、俺はちょっと残る。あやめは橘さんについててくれ」

あやめ「...わかりました!」

あやめは俺から何かを察したのか、すぐにそう答えて橘さんの後を追っていった。
俺はその姿を見送った後、ベンチから少し離れた木に向かって声をかけた。

P「...出てきたらどうです。CoPさん」

木の影からCoPさんが出てくる。

P「何してるんですか?」

CoP「...監視だ。トラブルに巻き込ませるわけにはいかないしな」

P「一緒についててあげればいいじゃないですか」

CoP「...それは」

P「...?」

あやめ「プロデューサー殿!」

CoPさんが言葉に詰まっていると、あやめが息を切らして戻ってきた。

P「どうしたんだ、あやめ?橘さんを追っていったはずじゃ...」

あやめ「ありす殿を見失ってしまいました!」

P「な、なんだって!?」

話を聞くと、あやめは追いかけていたが、橘さんは人ごみに紛れて姿を消してしまったらしい。多分わざとだろう。


56 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/22(木) 21:04:27.28 :JLR/ITJ50

あやめ「申し訳ありません!わたくしのせいで...」

P「...いや、あやめのせいじゃないさ。落ち込むな」

俺は時計をみる。...13時まではあと20分ほどか...くそっ、あの様子だと、まさか仕事すっぽかす気じゃねぇだろうな...!?

P「探しましょう、CoPさん!」

と俺がCoPさんの方に向き直ると、彼は顔面蒼白となっていた。

P「...CoPさん!大丈夫ですか!?」

CoP「...!あ、ああ、大丈夫だ、すまない」

そう言ってCoPさんはチョコを口へと放り込んだ。
...そんなに動揺しているのか。
その後、あやめは先に収録現場へ戻ってもらい、俺とCoPさんで二手に分かれて橘さんを探すことにした。
俺は走った。こんな事であやめの初仕事を台無しにするわけにはいかない。
...ああ、苛つくな、こんなに苛つくのは滅多に無いぞ。

...まるで、俺を見ているかのようだ。
俺の中にはまだあのチリチリとした感覚が広がっていた。

-------------------------------------------------------

俺たちが橘さんを探し始め、十分ほどの時間が経とうとしていた。

P「...見つけた」

橘さんは先ほどのベンチに座っていた。どうやらすれ違いだったらしい。
俺は急いで駆け寄る。
こちらへ向かってくる足音を察したのか橘さんは嬉しそうにこちらに顔を向けるが、
俺を視認した途端、その笑みは失せた。

P「...橘さん」

俺はなるべく平静を保った声色で橘さんに話しかけた。

ありす「...Pさんですか」

P「...もうすぐ、収録だよ」

俺の冷たい声に橘さんの表情が一瞬強張る。

ありす「はい、わかっています」

さっきと変わらない態度でそう言い放つ橘さんに俺は苛ついていた。
だが、橘さんの顔を見ると、その顔はとても不安げだった。いや、後悔、焦燥、失望...
様々な感情が織り交ざったとても複雑な表情をしていた。
その時、俺は中学時代の頃を思い出す。
あの時の俺もあやめから逃げ、その後悔や逃げたことによる日常の変化への不安、そして、何よりも寂しかった。

...今はそうではないと言えるのか?

P(...今はそんなことを考えている場合じゃないな)

もう俺の中から苛立ちは消え去っていた。


57 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/23(金) 21:04:28.46 :0UeT0WT30

P「...どうして、ここにいるの?」

ありす「...っ!すみま、せんっ!」

耐え切れなくなったのか橘さんは泣き出す。
...泣きたいのはこっちなんだけどな。
俺は、橘さんの横に座った。

P「...橘さんはさ、寂しかったんだろ?」

橘さんが僅かに反応する。

P「寂しくて、CoPさんに見てもらいたくて、わざとこんなことをした...違う?」

ありす「...なんでっ」

P「...俺も昔、似たようなことがあったんだ」

------------------------------------------------------

(「今までお前と仲良くしてたのは母ちゃんが898プロの社長の息子だから仲良くしろって...」)

(P「えっ...?」)

(「でももういいってさ!だからお前とはもう遊ばねーよ!」)

(P「ま、待って!」)

(「早くみんないこーぜー」)

(P「そ、そんな...」)

(「...ん?なんだこれ?」)

(P「そ、それは...!」)

(「うわっきもっ!こいつキャラクターの絵なんか大事に持ってたぜ!?」)

(P「か、返してよ!」)

(「...そうだ、いいこと思いついちゃった!...おらっ!」)

ビリビリッ!

(P「えっ...?」)

パラパラ...

(「うわっ、やるじゃん!破いてドブに捨てるかー!」)

(「ほらっ、取って来いよ!」)

ドンッ!...


58 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/23(金) 21:37:29.01 :0UeT0WT30

--------------------------------------------

P「...怖いよな、人って」

ありす「...いきなりっ、なんですかっ」

P「実はな、俺とあやめは最近、一緒にいるようになったんだぜ?」

ありす「...あんなに仲がいいのに、ですかっ?」

P「ああ、昔、俺はあやめから逃げたんだ...」

俺は橘さんにその時の事を話した。

ありす「...そんなことが、あったんですね」

俺が話し終えるころには橘さんはすっかり泣き止んでいた。

P「...たぶん俺は、怖かったんだと思う」

ありす「怖かった?」

P「ああ。今の俺があやめに今まで道理接することができるのか。あやめがいつも通りの笑顔を見せてくれるのか、怖かったんだ。だから、逃げた」

ありす「...私も、怖かったんです。CoPさんは私に何も言わなくて、だから私はCoPさんにとってなんなんだろうって。そう考えると、怖くて」

P「だったら、正面から伝えればいいんじゃないのか?」

ありす「...正面から伝えれば、私はCoPさんの気持ちと向き合わなきゃいけない。それが、嫌で」

P「それで今回の行動、ってわけか...」

ありす「怖いです...!人とかかわるのが。裏切られるくらいなら最初からかかわりたくない...っ!」

P「それで、あやめにもあんな態度を?」

ありす「...浜口さんには申し訳ないと思っています」

P「...そんなに怖がらなくてもいいだろ」

ありす「えっ?」

P「確かに、裏切られることもあるかもしれない。でも、そうでないことの方が多いさ。少なくともあやめはそんな奴には見えないだろ?」

ありす「...はい」

P「それにCoPさんも」

P「プロデューサーが自分のアイドルを嫌いになるわけないだろ?プロデューサーなんだから」

ありす「...ふふっ、なんですか、その何の根拠もない発言は?」

橘さんの表情が柔らかくなっている。


59 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/23(金) 22:01:08.97 :0UeT0WT30

P「うっ、笑うなよ」

ありす「...なんだか、さっきまで悩んでた私が馬鹿らしくなっちゃいました」

ありす「...触れてみないと、わからないこともありますよね」

P「...ああ」

時計をみる。時刻は13時を指していた。
俺は携帯を取り出し、手早くCoPさんに橘さんを見つけたと伝えた。

P「...帰ろう。あやめも、CoPさんも待ってる」

ありす「...はい!」

そうして、俺たちは収録現場へと向かう。

ありす「...許してくれるでしょうか?CoPさん達は」

P「...それは、わからん」

ありす「わからないって...慰め下手ですか?」

P「...む」

ありす「まぁ、私としては言葉を取り繕わない人の方が好きですし」

その言葉を聞いた瞬間、軽い頭痛が俺を襲った。

(「俺は、言葉を取り繕わない奴は好きだぜ?」)

ありす「...どうかしましたか?」

P「...いや、なんでもないよ。...早く行こうか」

ありす「はい」

...今の声は、いったい?
俺にはその声の正体はわからなかった。しかし、その声は俺の不安を駆り立てる。
...早く行こう。あやめに会わなくちゃ。
自然と俺の足運びは早くなっていった...


60 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/25(日) 00:35:13.28 :uuobZfLo0

俺たちが収録現場へと戻ると、そこには既にセットを終えているDさんとスタッフの人たち、あやめ、CoPさんがいた。

あやめ「プロデューサー殿!ありす殿!」

俺たちを見るなり、あやめが駆け寄ってくる。

D「おお、帰ってきた!良かったよー」

Dさんも安堵の表情を浮かべている。

P「...ほら」

俺はありすの背中を軽く押す。

ありす「...はい」

ありすは緊張した面持ちであやめ達の前に出る。

ありす「...ごめんなさいっ!」

そう言って頭を下げた。

D「...僕としては、さほどの遅れは出ていないし、こうして謝ってくれたからいいよー、みんなもそうだよね?」

他のスタッフたちもDさんの言葉にうなずく。

あやめ「...ありす殿」

あやめはとても真剣な顔つきでありすを呼ぶ。

ありす「...はい」

あやめ「わたくしは、これが初めてのお仕事となります。ですのでとても気合を入れてまいりました。
しかし、ありす殿に危うくそのお仕事を台無しにされるところでした」

ありす「...はい、浜口さんにはなんと謝ればいいのか」

あやめ「...でしたら、一つ条件をお飲みください」

ありす「...私にできる事なら」

P「......」

あやめ「...わたくしと友になりましょう!ありす殿!」

ありす「...え?」

P「やっぱり、あやめはそう来るよな」

あやめ「やはり、プロデューサー殿にはお見通しのご様子ですね」


61 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/25(日) 14:38:13.36 :uuobZfLo0

あやめ「それでありす殿、友となってくれるのですか?」

ありす「...はい!こちらこそよろしくお願いします、浜口さん!」

橘さんは満面の笑みでそう答えた。
...なんだ、いい笑顔できるんじゃないか?

あやめ「友となったからにはわたくしの事はあやめとお呼びください!」

ありす「ええ、わかりました、あやめさん!」

こっちは片付いたな。あとは...
CoPさんがこっちに近づいて来る。相変わらず冷静な顔つきで、どんな感情を抱いているかは読み取れない。

CoP「...橘」

ありす「...っ!、CoP、さん」

CoPさんは橘さんに近づき...そのまま抱きしめた。

CoP「...無事で、よかったっ...!」

ありす「く、CoPさん、ごめんなさい、私...私!」

CoP「いいんだ。俺が悪かった...橘の事も考えないで付き合い方を自己完結してしまって...!」

ありす「ぐすっ...CoPさん!」

橘さんはCoPの腕の中で泣きじゃくった。

あやめ「...やはり、プロデューサーとアイドルの絆と言うものは、とても偉大ですね。プロデューサー殿」

P「...ああ、そうだな」

俺もいつか、あんな自分のアイドルを支えられるプロデューサーに...
...俺の頭の中に、声が響く。


(「無理だろ。あの時、あの人を助けられなかったお前じゃな」)


62 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/25(日) 15:01:01.98 :uuobZfLo0

---------------------------------------------------------

その後の収録はとてもスムーズに進んだ。あやめはとても楽しく収録に臨めたようだ。ここに来てよかったと思えた、橘さんとも仲良くなれたしな。
それと、あやめがお団子をおいしそうに食べている姿がとても愛らしくてじっと見ていたら収録後、あやめに怒られた。

帰りの車の中では、行きの時の重苦しい雰囲気は微塵も感じられず、和やかに話が弾んでいた。
...無事に成功か。よかった......
安心したらどっと疲れが出てきた気がする。帰ったらゆっくり休もう。そんなことを思っていると。

あやめ「プロデューサー殿はどっちですか!?」

...うん?

P「ごめんあやめ。聞いてなかった」

ありす「影分身の術と変わり身の術、どちらがやりたいかという話です」

P「なんだその二択?...まぁどっちかと言ったら変わり身の術かな」

ありす「やっぱりそうなんですよ、あやめさん」

あやめ「ええーっ!?プロデューサー殿は分身したくはないというのですか!?」

P「いや、そりゃあ分身してみたい気もするけど...どちらかと言うと、変わり身の術だなぁ」

あやめ「そんなぁ...」

ありす「ふふん、やはり私の方が正しかったみたいですね?」

俺の意見で決めるのはどうかと思うし、正しいとかあるのか?

P「橘さんは変わり身の術派なのか?」

ありす「ええ、そうですよ。敵を欺くことはとてもかっこいいじゃないですか!」

...まぁ確かに。因みに俺は飛鳥返しが一番好きだ。リュウ・ハヤブサのを見て惚れた。

ありす「...それと」

P「うん?」

ありす「私の事はありすと呼んでもかまいませんよ。一応、友人ですからね」

P「...ありすさん?」

ありす「さんもいりませんよ」

P「...ああ、わかったよ、ありす」

そう言うとありすは顔を赤らめた。照れ臭かったみたいだな...


63 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/25(日) 15:18:09.42 :uuobZfLo0

あやめ「むっ...プロデューサー殿!わたくしの事も呼んでください!」

P「えっ?、あやめの事はいつも名前で呼んでるだろ?」

あやめ「いえ、もう少し凛々しい声でお呼びください!」

難しいな...
俺はさっきありすと言った声を意識する。

P「...あやめ」

そう言うと、あやめの顔が真っ赤になる。

あやめ「...えへへ」

P「...こっちが恥ずかしくなるな...」

CoP「ふっ...相変わらず騒がしいな」

P「うっ...すみません」

CoP「...褒めてるんだ」

P「え、あ、はい」

ありす「ふふっ、なんだかむず痒いですね」

どうにもCoPさんと話していると怒られてる気分になるんだよなぁ。
こんな、他愛のない会話をしているうちに俺たちは898プロへと帰ってこれた。

事務所にいた姉さんやPaPさんに初めての仕事についていろいろと聞かれたが、CoPさんとありすの事については俺からは隠しておいた。
その後俺とCoPさんはそれぞれあやめとありすを家へと送り、898プロへと戻った。今回の仕事についてまとめたかったからだ。

CoP「...少し、話をしないか?」

作業も終わり、一息ついた俺をCoPさんが呼び止めた。

CoP「...今日はすまなかった」

P「...いいんですよ、無事に終わりましたから。それに、もし失敗したら、それは俺の責任ですから」

CoP「そうか...」

CoP「...今日で分かったんじゃないか?」

P「何がです?」

CoP「長く様々なアイドルをプロデュースしている私たちも全然完璧じゃないってことだ」

CoP「だから、それほど焦る必要は...」

P「...別に、劣等感を抱いていたからこんなに焦っているわけではないですよ」


64 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/25(日) 15:40:24.61 :uuobZfLo0

P「...劣等感を抱いていないといえば嘘になります。でもそれが今焦っている直接の原因ではないです」

P「CoPさん、俺は次のシンデレラフェスで、あやめを優勝させます」

CoP「!...できると思っているのか?」

P「できる出来ないじゃなく...やるんです」

CoP「...どうしてそこまで」

P「...実は俺とあやめは最近仲直りしたんですよ。だから、それのお詫びっていうか」

CoP「...それが、本当の理由か?」

P「...ええ、そうですよ」

CoP「そうか...なら、いい」

そう言ってCoPさんは事務所の扉を開ける。
出る時、CoPさんは一言。

「...無理はするなよ」

と言った。
...CoPさんが出て行ったあと、俺はまだ事務所の自席に座っていた。
無理はするな、ね...
少し怪しまれたかな?
そういえば父さんから条件を言われてたし、それを伝えた方が自然だったか。
...無事に仕事は終わった。けど安心ばかりしてもいられない。こんなんじゃまだまだ足りない。...俺は完璧になって、今度こそ守り抜く。そう決めたんだから。...[あの人]が死んだ、その日から。

P「先輩...」

--------------------------------------------------------

(「おい、やめろ!」)

(「ああ?なんだてめぇ?」)

(P「...ガハッ!」)

(「...ちっ、しらけちまった。帰ろうぜ」)

(「君、大丈夫?一学年の子みたいだけど...」)

(「ちょっと先輩!なにもこんな奴...」)

(P「...そうですよ。よく、助けましたね。俺みたいな奴...」)

(「君の噂は聞いてるさ、歯に衣着せぬ物言いでみんなの嫌われ者」)

(P「だったら...」)

(「でも、俺は言葉を取り繕わない奴は好きだぜ?...君の名前は?俺は先輩。でこっちが...」)

(「...友」)

(P「...Pだ、物好きな先輩」)

(「ははっ、よろしくな!」)


65 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/25(日) 16:15:58.97 :uuobZfLo0

---------------------------------------------------

今は八月、俺たちが活動し始めてから三か月がたった。ニンジャパークでの仕事の後、あやめはアイドルとして勢いを伸ばし、次々と仕事が入ってくるようになった。毎日忙しいが好調だ。さらに学校が夏休みに入ったのでこれまで以上に仕事に集中できるだろう。自然と気分が高揚する。

P「ふぅ...終わった」

俺はあやめのスケジュール管理などの仕事を終えて時計をみる。

...三時か。
六時に898プロだし、そろそろ寝るか。俺はベッドに潜り目をつぶる。すると、すぐに睡魔が襲ってきた。
プロデューサーになってからは眠ろうと思えばすぐ眠れるし、起きようとすればすぐ起きられるようになった。便利な体だ。
そのまま、俺はまどろみに身を委ねた。

--------------------------------------------------------

俺はあやめに手を引かれ、お祭りの屋台を回る。これは...前に見た夢の続きか?
するとあやめは急に立ち止まる。

P「...どうした?」

あやめ「...P殿、あなたはいつまでそうしているのですか?」

こちらを振り向きそう告げるあやめの顔は、いつも見るかわいらしい笑顔とは違う、とても冷酷でこちらの心を射抜くように冷たい...

あやめ「そうやって、全てから逃げて、何もできない自分で居続けるのですか?」

---------------------------------------------------------

P「...やっぱり、夢か」

時計を見ると時刻は...五時か。
ふふん、あやめ見たか。もうお前の力を借りなくても俺は起きられるぞ。
そんなつまらない事を考えながら俺はさっさと支度をする。

P父「...早いな。もう行くのか」

P「ん?...父さんか。そっちこそ早いね」

P父「家にずっといる日が増えると、どうしてもな...」

P父「...お前は、私が出した条件を本当にこなすつもりなのか?」

P「...しつこいな。父さんが言ったんだろ?」

P父「...P、お前はまだあの事を引きづっているのか」

P「...」

P父「あれは、お前のせいではないと友君も言っていただろう?」

P「...もう行くよ、行ってきます」

俺は玄関のドアを開け、外に出た。

P父「......」


66 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/25(日) 16:19:52.08 :uuobZfLo0

------------------------------------------------------------

外に出ると、ちょうどあやめがこっちに向かって歩いてくる。

あやめ「あっ、おはようございます、プロデューサー殿!」

P「ああ、おはよう。もうあやめの助けはいらないぞ?」


67 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/25(日) 16:37:50.65 :uuobZfLo0

あやめ「ふふっ、そうですね」

あやめは俺の顔を見て、少し心配そうな表情になる。

あやめ「...大丈夫ですか、プロデューサー殿?顔色が優れないようですが...」

P「ん?ああ、大丈夫じゃないか?」

あやめ「...他人事ではないのですよ?」

あやめは頬を膨らませ、少し怒ったように言う。

P「いや、本当に大丈夫だって。それより、早く行くぞー」

そう言って俺は若干の早足でいつもの道を歩く。

あやめ「あっ、ちょっと待ってください!」

...俺は元気だ、大丈夫だよな?
そう俺の体に聞く。どこもおかしい所は感じられない。うん、大丈夫だな。

--------------------------------------------------

...さて、俺たちは普段俺たちは普段八時に898プロへと向かう。ではなぜ今日は六時に向かったのかというと...

あやめ「わぁ...海がとても綺麗です!」

P「おお...」

そう、俺たちは今日、水着撮影で少し遠くの海に来たのだ。そのために少し早起きをした、という事だ。

スタッフ「いまから準備はいりますんで、それまでは遊んでていいですよー」

あやめ「本当ですか!?」

スタッフ「うん本当本当。せっかくだし撮影に使う水着も着て遊んできなー」

あやめ「ありがとうございます!...じゃあプロデューサー殿。着替えてそこの家の前で集合しましょう!」

そう言ってあやめは更衣室に走っていく。...妙に張り切ってるな。何かあったのか?

俺たちは着替えた後合流し、砂浜を歩く。
行く先々であやめを見た観光客は驚いている。人気になっている証拠だ。
それを見ながら俺たち砂浜を歩いていく...


68 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/25(日) 16:58:03.68 :uuobZfLo0

P「...なぁ、海を泳いだりはしないのか?」

あやめ「ええ、今日はやめておきます。向かう場所があるので!」

P「ん?どこだ?」

あやめ「...着きました、ここです!」

俺はあやめの指さす方へと視線を向ける。あれは...

P「海岸、ホテル?」

あやめ「さぁ、入りましょう!」

P「は、はぁ!?」

P「ちょ、ちょっと待てあやめ。なんでホテルなんかに入る必要があるんだ?」

あやめ「いえ、ホテルとは名ばかりですよ。ここは休憩所です」

P「きゅ、休憩所?」

あやめ「ともかく、入りましょう!」

P「お、おい!」

俺はあやめに手を引かれ、建物内に入る。

入ってみると中は確かに休憩所のようだった。しかし...

P「カップルが、多いな...」

人自体はあまりいないようだが、その大体は男女のカップルらしき人たちだった。
それぞれ片方を膝枕していたり、寄り添って寝ていたりと様々なやり方で各々休んでいた。
だがあやめはそんなことは気にせず、横長椅子に座り...

あやめ「どうぞ!」

と、自身の太ももをぽんぽんと叩いた。
その行為に俺は激しく動揺した。

P「ど、どうぞと言われてもだな...一体どういう事だ?」

あやめ「プロデューサーはお疲れのようなので、少しでも休んでもらおうと...」

P「で、でもなぁ...」

あやめ「それとも...私では駄目なのですか?」

瞳を潤ませ、そう聞くあやめ。
ああ...そんな目をされたら断れない...

P「わかったよ...じゃあ、失礼して...」


69 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/25(日) 17:35:08.08 :uuobZfLo0

俺は長椅子に横たわり、あやめの太ももに頭を置く。置いたときにくすぐったかったのかあやめの「んっ...」という声が俺の耳に届く。やめろ、その声は俺に効く。
誘惑はそれだけでは終わらない。水着なので俺は頭を置いた太ももの感触を直に感じる。さらに、少し下を向くと、あやめの白い柔肌をゼロ距離で直視することとなる。正直この光景は高校生の理性を刺激するには強すぎる。しかもあやめだから余計ヤバいだろ...!

あやめ「プロデューサー殿...撮影まではまだ時間はありますので、しっかり休息をとってください...」

俺の今の心境を知ってか知らずか、あやめはそう言って俺の頭に手を置く。
...ふぅ、さっきは焦ったが、落ち着くとあやめの膝枕はとても気持ちがよかった。
そうだな...少し、眠ろうか...そう思い、目を閉じた。

-------------------------------------------------

「...起きてください、プロデューサー殿」

あやめの声が聞こえる。

P「んー」

俺はその声に反応し、寝返りを打つ。俺は何をしていたんだっけ...
ああ、仕事に来ていたんだ。それであやめと海岸ホテルって休憩所に来て...
もぞもぞ動くとむにゅ、と何かにぶつかった感触がし、目を開けると。
その視界はオレンジと白っぽいストライプの柄の布が覆った。

P「んあ?なんだ、これ...」

そのまま視線を上にあげると...
顔を真っ赤にして口をわなわなと震わせているあやめと目があった。

...あ。
状況を理解した瞬間、俺の顔も熱くなっていくのを感じた。

------------------------------------------------

スタッフ「ん、お帰りー。...なんか、顔が赤いみたいだけど?」

P「...何でもないです」

俺は髪をくしゃくしゃと弄る。あやめはあれからずっと俯いたまま喋らなかった。
...やってしまったなぁ。
俺が頭を悩ませていると、あやめは消え入りそうな震え声で喋る。

あやめ「問題ありません...与えられた使命はこなします...」

P「お、おう。頼もしいよ」

...大丈夫だろうか。

あやめ「後...収録が終わった後、行きたい場所があるのですが...」

P「ああ、わかった」

そう頷くと、あやめは少し間を置いた後顔を上げた。

あやめ「それではあやめ、参ります!」

あやめは赤く染まった、先ほどとは打って変わって、まるで蕾が花を咲かせたような輝かしい可愛い笑顔を見せてくれた。


70 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/25(日) 18:04:21.92 :uuobZfLo0

-----------------------------------------------

収録はとてもスムーズに進んだ。
あやめは先ほどの面影はどこにいったのやら、元気にスタッフの要求に答えていた。

そして、収録は無事に終わり、俺たちはスタッフと別れ、約束通りあやめに連れられ砂浜を歩く。
歩くこと十分。あやめは立ち止まる。

P「ん、ここは...?」

俺が見たのは...一面に広がる海とそれに姿を隠そうとしている夕日が一望できる丘だった。その中央にはベンチがおかれている。

P「あやめ、ここが、来たかった場所?」

あやめ「はい...」

あやめ「...座りましょうか」

P「あ、ああ」

何やら元気がないように見える。収録時は元気だったのだが。
俺は言われるがままベンチに座る。それに続き、あやめがその横に座った。

...その後俺たちは一言も喋らず、夕日を眺め続けた。
そうしていると、あやめがぽつぽつと話し出す。

あやめ「...ここは、この砂浜の人気スポットなのですよ?...今はあまり人がいないようですが」

P「...ああ、そうみたいだな。それに、人気スポットだって言うのも、わかる」

あやめ「とても綺麗ですからね」

P「...これが見せたかったのか。じゃあ、早く戻ろうか。時間も遅くなっちゃうし」

あやめ「待ってください、P殿」

立ち上がろうとする俺をあやめが止める。

あやめ「P殿、少しお聞きしたいことがあるのです」

そう言われ、俺は座りなおす。

P「...久しぶりに名前で呼ばれたな。で、なんだ?」

あやめ「...P殿はプロデューサー、楽しいですか?」


71 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/25(日) 18:26:28.13 :uuobZfLo0

P「前も聞いたよなそれ...ああ、もちろん...」

楽しいぞ、そう言いたいが今度は言葉が出なかった。

あやめ「わたくしは、アイドルが好きです。わたくしが一番輝ける場所だと思っています」

あやめ「でも、P殿はいつも辛そうに見えます。それがとても、辛いです」

P「...大丈夫だよ、俺は辛くなんて...」

あやめ「...わたくしのために、無理してプロデューサーをしているのならやめてしまっても...」

P「駄目だっ!!」

思わず強く否定してしまう。あやめの体が少し震えた。

P「ごめん。でも、それだけはダメなんだ...」

P「俺は、あやめの傍にいたいんだ...」

あやめ「でもそれなら、プロデューサーでなくても...!」

P「違うんだ...こうでもしなきゃ、俺はあやめの隣にいる権利は、ない...」

あやめ「...どうして?」

P「それは...」

...向き合わなきゃいけないのか、この現実に。逃げたい。逃げたいよ...

P「俺のせいで、人が、死んじゃったから、かな」

怖い。あやめの顔が見れない。
声が聞こえる。お前のせいだ、とそう責める声が。
呼吸が自然と荒くなる。動悸が激しくなる。

P「...もう、俺は失いたくないんだ。だから、頑張らなくちゃ...」

あやめ「P殿...それは、いったい...」

P「さぁ、帰らなくちゃ!もうこんな時間だぞ?」

急にP殿が立ち上がりました。声だけはとても明るいですが、顔はあの時見た悲し気な顔をより濃くしたような、絶望にまみれた顔していました。

あやめ「...P殿!」

P「ほら、早く帰るぞ、みんなあやめの事心配するぞ?」

そう言ってP殿がわたくしの腕を掴みます。それはいつもの優しい手つきではなく、怯えているような手つきでした。

あやめ「P殿......」

...その後、わたくしとP殿は一言も喋らず、898プロへと帰りました......


72 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/25(日) 19:01:22.44 :uuobZfLo0

---------------------------------------------------

あやめ「......」

ありす「...どうしたんですか、あやめさん?」

あやめ「...ありす殿、ですか」

ありす「レッスン中、とても浮かない顔をしていましたね、いつもあんなに元気なのに。...どうかしましたか?」

あやめ「...」

はたして話してもいいのでしょうか...人に話されるのをP殿は嫌がるかもしれません...

ありす「...Pさんのことですね?」

ありす「話したくないのなら、別にいいですけれど...でも、言わないと後悔することもあるんですよ?」

...言わなければ後悔する。ですか...

あやめ「ありす殿...聴いていただけますか?」

ありす「...はい」

「それ、私たちも聞いていいかな?」

あやめ「...未央殿、凛殿、卯月殿まで...」

卯月「...えへへ、ごめんね?未央ちゃんがあやめちゃんが心配だーって...」

未央「だってあんな元気なさそうにレッスンしてたら気にもなるよ!」

凛「...私にも話してくれるかな?」

あやめ「...はい」

わたくしは四人に話しました。あの丘での一幕を。

ありす「...そんな事が...」

未央「...おかしいよ、だってあやめちゃんの話を聞く限りPさんはすごい優しいみたいじゃん!」

卯月「そんな人が、誰かを追い詰めるとか、傷つけるとかは考えられないよね...」

凛「...あやめは、どう思ってる?」

あやめ「わたくしも、おかしいと思っています。ただ、確認しようにも、あれからP殿はわたくしを避けているみたいで...」

あやめ「一緒にはいてくれるのですが、わたくしが話そうとすると遮られてしまって」

ありす「...この前、私があった時も、とても辛そうでしたね」

凛「そっか...」


73 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/25(日) 19:25:13.88 :uuobZfLo0

みなさん、どんな言葉を言えばいいのか困っている様子でした。
...それもそうですよね、わたくし自身、どうすればいいのかわからないのですから。

凛「...とりあえず、今の段階じゃどうすればいいのかわからないし、Pから聞き出す必要があるみたいだね」

あやめ「そ、そんな...P殿は聞かれるのを嫌がっているのですよ!?」

凛「でも、聞かないと、何も進まない。でしょ?」

未央「...しぶりんの言うとおりだね。大丈夫だよ!それとなく聞いていくつもりだから!」

とりあえず、その場はお開きになりました。
898プロに戻り、P殿に送ってもらいます。
...わたくしは深呼吸をして、P殿に問いかけます。

あやめ「P殿...教えてもらえませんか?あの丘でいった事を...」

返ってきた答えは。

P「...あやめ、明日はオフだからゆっくり休みなよ?」

あやめ「P殿...」

...もう、手遅れなのでしょうか?わたくしは、気づくのが遅すぎたのでしょうか?P殿が抱えている傷の大きさに。
...いいえ、諦めてはいけません。今度は、わたくしがP殿を助けるのです...!

------------------------------------------------------

898プロの扉を開けると、そこには姉上がいました。

ちひろ「あれ、あやめちゃん?どうしたの、今日はオフなんじゃ...」

あやめ「...P殿は?」

ちひろ「まだ来てないわよ?」

時計を見てみると時刻は8時でした。
...寝坊でしょうか?

あやめ「では、ありす殿はいらっしゃいますか?」

ちひろ「ああ、休憩室の方にいるわ」

そこで、姉上はわたくしの様子に気付いたのか、笑顔に陰りがさします。

ちひろ「あやめちゃん...何かあったの?」

あやめ「そうですね...姉上も聞いていただけますか?」

ちひろ「...Pの事ね。いいわよ、力になれることがあれば」

あやめ「...ありがとうございます」

そう言って休憩室の扉を開けると、そこには凛殿、未央殿、卯月殿、ありす殿のほかに、PaP殿、CoP殿もいらっしゃいました。


75 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/25(日) 21:20:01.56 :uuobZfLo0

あやめ「...PaP殿とCoP殿も来ていたのですね」

CoP「ああ、話はありすから聞いている」

PaP「ごめんな、俺があいつを誘っちまったから...」

あやめ「いえ...PaP殿のせいではないと思います」

凛「...いずれはこうなってたでしょ、Pがあのままだったら」

ちひろ「こんなに集まって...そんなに深刻な話なの?」

あやめ「...お話ししますね」

わたくしは姉上に事の顛末をお話しします。すると...

ちひろ「そんなことが...」

あやめ「はい...」

未央「ちひろさんはPさんのお姉さんなんだよね?何か知ってることないかな?」

ちひろ「...一つだけあります」

その言葉に、この場にいる全員が息をのみます。

ありす「...教えてくれませんか?」

ちひろ「ええ、私もよくは知らないけど、教えましょう」

そう言って姉上は話し始めました。

ちひろ「あれは、確かPが中学2年の頃よ、あやめちゃん。あなたの学校で事件があったわね?」

P殿が中学2年の時...わたくしは記憶の糸をたどります。すると一つの事にたどり着きます。

あやめ「...わたくしの学校で、自--した者がでました」

卯月「...それって...」

ちひろ「その子の名前は先輩っていうんだけどね...Pはね、その子と仲が良かったの」

姉上はとても苦しそうな表情になります。

ちひろ「そしてPは...先輩くんの自--の目撃者よ」

姉上の言葉に誰もが固まります。
P殿が...目撃者?

PaP「じゃ、じゃあ、Pはそいつが死ぬ瞬間を...?」

ちひろ「ええ、見たんだと、思います」

ありす「思いますって...」

ちひろ「私にもわからないわ...Pは話してくれなかったから」


76 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/25(日) 21:35:10.80 :uuobZfLo0

ちひろ「Pはその後ふさぎ込んでた...でも少したってまた学校へと通うようにもなったし、立ち直ったのかと思ったのだけど...」

CoP「それが、尾を引いているという事か...」

ありす「あの人に、そんな過去が...」

凛「でもなんで先輩って人は自--なんか...Pが追い詰めたってこと?」

ありす「Pさんはそんな事はしないと思います。...ですよね、あやめさん?」

あやめ「はい...P殿はそんな事はしないです。絶対に」

あやめ「わたくしにあそこまで気を使ってくれる優しいP殿がそんな事するわけないです...」

凛「そうだよね...」

卯月「ならどうして...」

未央「先輩さんを追い詰めた別の何かがあるのかな...」

未央「ちひろさんはそれについては何か知らないの?」

ちひろ「ごめんなさい、私もそこまでは...」

PaP「そっか...」

そこまで話したその時。
事務所の扉を開ける音が聞こえました。
みなさんはその音がした方へと振り向きます。

P「おはよう...ございます...」

そこには、今にも死んでしまいそうな表情で無理やり笑顔を作り挨拶をするP殿の姿がありました。
そしてP殿はそのまま...倒れてしまいます。

あやめ「P殿っ!!」

わたくしはP殿のもとへと駆け寄ります。

CoP「...救急車を...!」

P「待ってください!」

P「...大丈夫です。少し休めば問題ないですから...」

CoP「だが、そうはいっても...!」

P「いいんです!俺に、構わないでください...」

そう言ってP殿は仮眠室へと入っていきました...


77 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/25(日) 21:53:14.01 :uuobZfLo0

----------------------------------------------------

俺は、この前あやめと来た夕日の綺麗な丘に立っていた。

...なぜ、こんなところに?

ふと、俺は崖になっている方へと目を向けた。
そこには、あやめが立っていた。

P「あやめ...?」

俺があやめに近づくと、あやめは俺の方を振り向いた。
あやめは、とても悲し気な表情をしていた。

あやめ「P殿...」

あやめ「さよなら」

あやめは崖下へと身を投じる。
俺は急いで手を伸ばしたが、どれだけ手を伸ばしても届かない。

P「あやめっ!!」

ついに俺の手は、あやめを掴むことができなかった。

----------------------------------------------------

P「......はぁッ!!!?」

P「...はぁ、はぁ......」

...夢か。
......気持ち悪い。体中が汗塗れだ。時間は...五時か。
十分しか寝られなかったのか。...目が覚めたな。
俺はベッドから出て机へと向かう。
...仕事がない。そうか、寝る前にすべて終わらせていたんだっけ...

......駄目だ、こんなんじゃ。あやめをトップアイドルになんてできない。
また俺は、守れないのか?俺には何の力もないのか?

P「...そうだ、俺は何もできない...だから...」

だから、俺は、今まで拒絶してきたんだ。でも...俺はそれからも逃げた。

P「最低な奴だよな...」


78 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/25(日) 22:13:09.82 :uuobZfLo0

-------------------------------------------------

...結局、あれから一睡もできなかったな。
時間は七時か。898プロに行こう。あそこに行けば仕事が見つかる。

P父「P?...おい、どこに?」

ああ、なんだ五月蠅いな。スーツなんだから898プロに決まってるだろ?

P父「おい!」

行ってきます。

...目が霞むな。体も思うように動かない。
でも、俺は行かなくちゃいけない。俺みたいなゴミ屑な人間は死んでも誰かの役に立たなきゃいけないんだ...
震える手で898プロの事務所の扉を開ける。ここまでどうやって来たかなど、もはや覚えていない。

...みんなが見える。みんなが、あやめが遅れた俺を非難している。
挨拶しなきゃな。

P「おはよう...ございます」

笑顔作らなきゃ。......あれ、地面を見てる?
...ああ、転んだのか。全く使えねぇなぁこいつは。
ふと顔を上げると誰かが何かを言っていた。

「やはり...こいつは、もう使えないな」

...嫌だ、どんなに死に体でも、これだけは諦めたくない...!

P「待ってください!」

P「大丈夫です。少し休めば問題ないですから...」

「だが、そうはいっても...!」

P「いいんです!俺に構わないで下さい...」

もう、自分でも何を言っているかわからない。支離滅裂だ。
でも呪言の様に頭に俺を責める声が聞こえてくる...
嫌だ。死んで、ここから逃げたい。
でもそれは許されない。先輩に申し訳が立たない。

...俺はまだ、何もできてないのだから。


79 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/25(日) 22:27:21.77 :uuobZfLo0

-----------------------------------------------

ありす「...Pさんは?」

あやめ「...寝ています。ですが、とても苦しそうで...」

凛「...本人を見ると、強烈だね。初めて会った時とは大違い」

PaP「...これからどうするんだ?」

ありす「Pさんは今は寝かせておいた方がいいでしょうし...」

あやめ「...わたくしはこれから、P殿のご友人のもとに向かいます」

未央「Pさんの友達?」

あやめ「ええ、あの方なら何か知っているかもしれません...」

ありす「じゃあ、私たちはここでPさんの様子を見ていますね」

あやめ「...はい、お願いします」

わたくしは扉を開けます。

卯月「あ、あやめちゃん!」

あやめ「...なんでしょうか?」

卯月「こんな時に言うのもダメなのかもしれないけど...笑顔を忘れちゃだめだよ!」

あやめ「...はい」

...そうですね。わたくしも最近笑っていませんでした。ですが、P殿はわたくしの笑顔が好きみたいですから、
笑ってないといけないですよね。
...P殿の真実を知っても、私はP殿のだけのしのびです。

------------------------------------------------------

友「珍しいね。あやめちゃんが用がある、なんて...」

今、わたくしは友殿にメールをし、898プロの公用休憩所に呼び出しました。

あやめ「友殿...P殿のご友人が自--した事件について、何か知っていることはないですか?」

その言葉を聞いた友殿は目を見開いて驚いたようです。

友「その話を聞くってことは...あいつ、何かあったんだな」

あやめ「はい...」

友「...わかった、話すよ。俺の知ってること。あの事件についてね」


80 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/26(月) 20:02:33.82 :bkOazruL0

----------------------------------------------

あやめちゃんは知らないだろうけど、あいつ、学校では孤立してたんだよ。
わざと周りを苛つかせる態度をとってな。だから、虐められてた。
でも、そんなあいつに構い続ける人がいた...それが、先輩だよ。
当時先輩の子分みたいだった俺も反対したけど、先輩はそれでも話しかけ続けた。

まぁ、そのうちに俺も気付いたんだよな...Pが、誰よりも優しくて、誰よりも他人の事を心配して、思いやる事ができる人間だって。まぁ不器用だからから回ることも多かったんだけどな。

そうやってPと俺たちは仲良くなった。で、ある日Pが急に虐められなくなったって言ったんだ。
...そんな急にやむわけはない。そう、あいつらは先輩に標的を変えたんだ。Pと仲良くしてるからってな。
先輩はそれを俺達には教えてくれなかったし、あいつらも手が込んでてな。俺とPが気づかないように色々やってた。
先輩は演劇部だったからな...すっかり騙されてたよ。

そうして一人で抱え込んだ先輩は、耐え切れなくなって、夜の学校に忍び込んで、屋上から飛び降りた...
Pは、丁度その日学校に忘れ物をしたって言って夜に学校に行ってたんだ。だから見ちまったんだろうな。

...先輩が屋上で今にも飛び降りそうな姿を。
それからは俺はわからねぇ。ただ、Pの父さんから聞いた話だと、Pは屋上にいたらしいから...止めようとしたんだろうな。

----------------------------------------------------

友「...まぁ、あの事件であいつが体験した話だ。ちょっと推測も入ってるけどな」

あやめ「...」

友「それで、Pは今どうしてんだ?」

あやめ「...事務所の休憩室で休んでいらっしゃいます」

友「そっか...じゃっ、あやめちゃんは行ってきな!」

あやめ「えっ...?」

友「あやめちゃんは俺から聞いたこの話で、一番Pの事を知ってるようになっただろ?なら、Pの目を覚まさせてやれるのはあやめちゃんしかいない!」

あやめ「ですが...今の話を聞いても、どうしたらいいのか...」

友「...大丈夫、あやめちゃんが思うようにやりゃあいい。...それに、あいつももう少しだと思うんだ」

あやめ「もう少し...?」

友「あいつは今不安定になってる。それは、あいつが過去に向き合おうとしてるって事になるんじゃないかな?」

あやめ「過去に、向き合う...」

友「だから、あやめちゃんもそれを聞いてあげてさ。仲直りしようぜ?...ちょっと小言も言ってさ」

そう友殿はいたずらめいた顔して言います。
...そうですよね、きっとP殿は立ち直ります。

あやめ「...ありがとうございます、行って参ります!」

友「おう、がんばれ」

そう言ってわたくしは再び事務所へと駆け足で戻ります。
...どんなことがあっても、わたくしがP殿を支える。そう決意しました。

友「......さぁP、今こそ、一歩踏み出す時だぞ」


81 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/26(月) 20:22:59.23 :bkOazruL0

---------------------------------------------

......逃げるな、現実から、自分のやったことから。

...目を開ける。ここは...そうか、休憩所で寝てたのか。
頭が痛い。相変わらず俺を責める声が聞こえる。
とにかく、今は仕事だ...仕事をしていれば、声も気にならない。
そう思い、扉を開ける。そこには、あやめ達がいた。

P「...あやめ?どうして...今日はオフじゃ...」

あやめ「...申し訳ありません。友殿から聞きました。P殿の中学での事」

あやめの言葉を聞いた瞬間、俺は逃げ出そうとする。嫌だ。あやめにも嫌われるのか、俺は。
だが逃げ出そうとした俺の肩を誰かが掴む。そしてそのまま引っ張られ...

バチンッ!

...事務所内に小気味良い音が響いた。

未央「ちょ、ちょっとしぶりん!」

卯月「頬を叩くなんて、そんな...!?」

凛「...少しは目が覚めた?」

P「...凛さん」

凛「...私にはこれぐらいしかあんたにできることはない」

CoP「...だが、お前ならこれだけでも十分だろ?」

PaP「自信を持て、P!」

P「...」

ありす「...Pさん、言いましたよね。裏切られることもあるけど、そうでないことの方が多いと...私たちはその、[そうでないこと]にはなれませんか?」

P「ありす...」

あやめ「...P殿はいつもわたくしを支えてくれました。...だから、P殿もわたくしを頼ってください!...わたくしはP殿を必ず受け入れます。いえ、ここにいる皆さんが、P殿を受け入れます!」

未央「え、私たちも?」

卯月「ちょ、ちょっと、未央ちゃん!」

P「...なんだ、そうか」

こんなに、簡単な事だったのか。
俺は、ずっと人が信じられなかった。だから、人に頼ることをしなかった。
それに、先輩が死んだとき、俺は自分のせいだって追い詰めて。だから死ぬときは誰かの役に立ってから死にたいって思って、今まで頑張ってきた。
でも、それはただ逃げていただけだった。現実に向き合わないまま、死のうと思ってただけだ。


82 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/26(月) 20:38:50.76 :bkOazruL0

P「...ふぅっ」

俺は息を吐く。みんなが俺を見てる。でも、それは俺を蔑む目ではなくて、とても優しい目だ。

P「...あやめ」

俺はあやめを呼ぶ。

あやめ「...はい」

P「俺は、今まであやめの為って言いながら、逃げるためだけにプロデューサーをやってた」

P「...ごめん」

あやめ「...ふふっ」

P「まぁ、だからその...あやめ、あのストラップって今持ってるか?」

あやめ「はい、もちろん持ってますよ?」

そう言ってあやめは手裏剣のストラップを取り出す。
それに続き俺も取り出す。

P「...あやめから貰ったこのストラップに誓うよ。俺は、もう逃げない。過去を受け入れて、前に進む。そして...あやめをシンデレラガールにするって」

あやめ「...わたくしも誓います。主君を支える事のできる、しのびになると」

俺たちはストラップを手に持ち、その手を握り合う。

P「...改めてよろしくな。あやめ」

あやめ「...はい!プロデューサー殿!」

P「...ほかの人たちも...すみませんでした。お騒がせして」

PaP「いいんだいいんだ!若い奴の成長を見守るのも大人の役目だからな!」

未央「PaPさんもまだ若いでしょ!」

CoP「...お前には助けられたしな。お互い様だ」

P「そうですね...完璧な人なんて、いないですからね」

CoP「ふっ...そうだな」

P「ありすも、ありがとな」

ありす「...情けないですね。私に偉そうなことを言っておいて」

P「ああ、そうだな...こんな奴だから、これからも色々と助けてくれよ?」

ありす「ええ、任せてください!」


83 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/26(月) 20:49:58.59 :bkOazruL0

P「...凛さん、未央さん、卯月さん」

未央「およ?私たちの名前覚えててくれたの?」

P「そりゃ、人気じゃないですか...あなたたちには、うちのあやめは負けませんからね?」

俺の言葉にあやめが慌てる。

あやめ「P、P殿!?いきなり何をおっしゃっているのですか!」

凛「...それは、宣戦布告ってことでいいのかな」

P「ええ...特に凛さん。あなたには、ビンタの分までお返ししますから...あやめが」

あやめ「P殿!?」

あやめがとても慌てている。その姿を見て、俺は思わず笑う。

凛「ふふっ、あやめから聞いてたのと全然違うね...うん、待ってる」

凛さんはそう言うと未央さんと卯月さんを呼んで事務所から出て行った。
...あれが、強者の余裕ってやつか。

P「あんなこと言ったし、頑張らないとな」

あやめ「...無理はダメですからね!」

P「さぁ、どうだろうな?」

あやめ「P殿!」

P「はははっ...まぁでもそうなったら、あやめが止めてくれるって信じてるから」

あやめ「...P殿...」

P「PaPさん、今日は帰ってもいいですか?仕事もないのに来ていたみたいですからね」

PaP「おう、気を付けて休めよ!」

P「はい!」

P「じゃあ、あやめ、帰ろうか」

あやめ「...えへへ、はい!」

俺たちは手をつないで事務所を出ていく。


84 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/26(月) 21:03:14.26 :bkOazruL0

P「あっ...そうだ」

あやめ「?、どうかしましたか?」

俺は帰る途中、あることを思いだした。

P「少し、寄りたいところがあるんだけど、いいかな?」

あやめ「...ええ、わかりました!」

あやめの了解を取ると、俺は向かう。
......先輩の墓へと。

P「...着いた」

あやめ「......」

俺は墓の間に行き、黙祷をささげる。
あやめは察したのか、同じことをしてくれた。

...先輩、俺やっと前に進めます。もちろん、先輩がこうなってしまったのは俺の責任です。...でも、俺は俺の大切な人を守るって決めたんです。
だから、俺は生き続けます。...ごめんなさい。

俺はそこまで思うと目を開ける。すると、あやめの横に、友がいた。

P「友...」

俺の声に気付き、あやめも友を見る。

あやめ「友殿も、きていらしたんですね」

友「ああ、まぁな。...やっと、お前も進めたのか」

P「...ありがとな」

友「いいって事よ。...それに先輩も、きっと嬉しいさ、お前が立ち直ってくれて」

P「...そうだといいな」

----------------------------------------------

その後、俺はあやめを家に帰した後、俺も自分の家の扉を開ける。

P「ただいまー...」

すると、居間には、父さんがいた。

P父「...早かったな。...大丈夫か?」

P「うん、大丈夫。...すごい眠いけどね」

P父「そうか...」


85 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/26(月) 21:14:19.25 :bkOazruL0

P「...父さん。俺、父さんが反対した理由、わかったよ」

P父「...」

P「ありがとう、父さん。俺を守ろうとしてくれて」

P父「...やっと、向き合ったんだな」

P「...うん」

P「だから、改めて、父さんに言いたい」

P父「......」

P「...きっと俺は、これからも過去に囚われることもあるのかもしれない。これはきっと忘れられない。忘れちゃいけない」

P父「......」

P「でも今は、俺は全身全霊で守り抜く。大切な人の、あやめの、未来を。...そう決めた」

P父「...そうか」

P「ああ。だから俺はこれからもプロデューサーを続ける。みんなに...あやめに、支えて貰いながらね」

P父「...勝手にしろ」

P「勝手にするよ...じゃあね」

そう言って俺は居間から離れる。
...寝る前にまず、風呂に入らなきゃな。

-------------------------------------------------------------

P父「...」

「...大丈夫でしたね」

P父「...P母か」

P母「ふふ、だから言ったでしょう?あの子は大丈夫だって」

P父「...ああ」

P母「...あの子たちの条件はどうするんですか?」

P父「...あいつらが言ってくるまでは、変えるつもりはない。...私も、あの子たちならやってくれるって、信じてみたくなったから...な」

P母「ふふっ、そうですね...」


86 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/26(月) 21:27:45.01 :bkOazruL0

---------------------------------------------

ここは、あの丘か。
俺は夕日の綺麗な丘に立っていた。また、あの夢か。
...俺は、崖にたたずむあやめを見つける。

P「あやめ」

そう呼ぶと、あやめは振り向く。その顔は、とても穏やかだった。
俺はあやめの手をそっと掴む。あやめは、何も喋らない。

P「待たせてごめんな。でも、もう...」

この手を、離さないから。

---------------------------------------------

「プロ...デューサー...」

P「ん...」

あやめ「起きてください!プロデューサー!」

P「んあ...おはよう、あやめ」

あやめ「おはようございます!もう七時ですよ!898プロへと行きましょう!」

P「ん、そうだな...」

俺は身支度をし、家を出る。
そして、あやめといつもの道を歩く。

あやめ「...やはり、わたくしには個性が足りないと思うのです!」

P「そうか?」

あやめ「ええ!...なにか、語尾でも考えた方がよいのでは...」

P「...んー、忍者だし、[ござる]とか?」

あやめ「うむむ...それは可愛くないです!」

P「...別に今のままでも個性はあるし、可愛いからいいと思うけどな」

あやめ「...ありがとうございます」

...照れているみたいだな。

P「じゃあ...[ニン]とかは?」

あやめ「ニン、ですか...」

あやめ「...ぷ、プロデューサー殿、おはようございます。ニン!」

あやめは照れながらそういう。


87 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/26(月) 21:38:13.75 :bkOazruL0

あやめ「...うう、やっぱり恥ずかしいですね...」

P「だろ?あやめはやっぱり普段のままが一番かわいいよ」

あやめ「に、ニン...」

ああー、今のニンはすごいキュンと来たけど言わないでおこう。

......こんな感じで、緩く、でも、未来に向かっていく。それが今はいいんだろう。

これからも、色々なことが起こるのだろう。悲しい事、嬉しい事、本当にいろいろなことが。
でも、あやめと一緒なら、どんなことでも乗り越えていける。そう信じてる。
だから、今は...

P「あやめ...」

あやめ「...?なんでしょう?」

P「...大好きだ」

あやめ「...私もですよ、P殿!」

前を向いて歩いて行こう、大切な人と。


終わり


88 :◆LwyZOMDa4U :2017/06/26(月) 21:41:25.20 :bkOazruL0

はい、これで終わりになります。
駄文にお付き合いしてくださった方には御礼申し上げます。
短編集の下書きもあるので、またいつか、書きたいと思います。
その時は、よろしければご覧ください。
それでは、ニン!


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】P「アイドルマスターと」あやめ「シンデレラガール」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1497621533/