※未央の弟ががっつり出るので抵抗なければどうぞ


前作
【モバマス】茜「藍子ちゃんの1日を」未央「体験しよう!」藍子「……え?」


2 :◆Rj0X.392Pk :2017/07/01(土) 15:58:58.39 :olceFFkE0

未央「いやいやいや、いきなり来られても大変だよ!?」

藍子「やっぱり駄目でしょうか?」

未央「駄目というか、まず千葉だし遠いよ?」

茜「大丈夫です!距離なんて関係ありません!」

未央「いや、大いに関係あるからね?」

茜「足りない分は走りましょう!!」

藍子「ええっ!?」

未央「茜ちんはもうすぐ夜だっていうのに走って千葉に来るつもりかい」

茜「駄目でしょうか?」

未央「駄目です!」

藍子「それで未央ちゃん、お家の方はどうなんでしょう?」

茜「いつでも来ていいと言ってましたよね!」

未央「そりゃ、お母さんは仕事で夜遅いしあんまり気にしない人だけどさ」

藍子「けど……?」

未央「普通聞いた翌日に実行するかな!?」


3 :◆Rj0X.392Pk :2017/07/01(土) 15:59:49.09 :olceFFkE0

茜「未央ちゃん、思い立ったが吉日ですよ!」

未央「私の気持ち的には凶日になりそうだけどね」

藍子「やっぱり都合悪いようでしたら、また明日でも」

未央「譲歩するの1日だけなんだ?……まあいいよ」

茜「ほんとですか!」

未央「うん。ただし、気をつけることがあります!」

藍子「気をつけること、ですか?」

未央「そう。まず移動に時間がかかることね」

茜「大丈夫ですっ!走りま……」

未央「次に弟が家にいること」

藍子「弟さんですか」

未央「思春期真っ盛りの中学生ね。たぶん二人がいたら見苦しい姿見せると思うから」

茜「見苦しい姿?」

藍子「そんなことないと思いますけど」

未央「いやいや、あいつ二人のファンだからね。きっと見苦しく取り乱すと思う」

藍子「……あははー」

茜「?仲良くなれば良いのでは?」

未央「ま、そうしてくれるとありがたいけどね」

藍子「はいっ!」


4 :◆Rj0X.392Pk :2017/07/01(土) 16:00:32.20 :olceFFkE0

未央「それじゃ、帰ろっか」

茜「未央ちゃんのお家ですね!楽しみです!」

未央「その前にスーパーに寄るよ?」

藍子「スーパーですか?」

未央「そそ。このまま家に帰ってもね、二人分の食材とかないと思うから」

藍子「あっ、いきなりお邪魔してごめんね?」

未央「いいよいいよ。私も前それしたし」

茜「未央ちゃん!ご飯は何にするんですか!」

未央「んー?何食べたい?」

茜「カレーです!!」

未央「だろうね。じゃあカレーにしよっか」

茜「ありがとうございます!」

藍子「ご飯って未央ちゃんが作るんですか?」

未央「そうだよ?お母さん仕事だし、弟がお腹空かせてるからね」

茜「お仕事に家事に、立派ですね!」

未央「慣れたらどっちも楽しいからいいけど」

藍子「それじゃあお手伝いしますね」

未央「おっ、ありがとー」

茜「私も手伝いますよ!」

未央「茜ちんもありがとっ。それじゃ行こっか」

藍子「はいっ」


5 :◆Rj0X.392Pk :2017/07/01(土) 16:01:59.68 :olceFFkE0

ーーーーーーーーーー

未央「ただいまー」

弟「……おかえりー。姉ちゃん腹へっ……た……!?」

藍子「お邪魔しまーす」

茜「お邪魔します!!!」

未央「なに廊下で突っ立ってるの?邪魔になるからどきなさい」

弟「……あ、はい」

未央「口パクパクして、金魚かお前は」

弟「…………いやいやいや、姉ちゃん!?」

未央「なに?」

弟「ちょっとこっちきて!」

未央「はあ?……あーちゃん、茜ちん勝手に上がってちょっとくつろいでて」

茜「わかりました!」

弟「……なにしてんの!?」

未央「は?なにが?」

弟「なんで日野さんと高森さんが家に来てんの!?」

未央「そりゃ友達だもん。お泊まりくらいするよ」


6 :◆Rj0X.392Pk :2017/07/01(土) 16:02:36.37 :olceFFkE0

弟「お泊まり!?」

未央「さっきから叫んでばっかでうるさいなー」

弟「いや普通そうでしょ!お泊まり、急に、はあ!?」

未央「急にっていうのは認めるけどね」

弟「急すぎだよ!家だって散らかってるし!」

未央「散らかしてるのあんたじゃん」

弟「うぐっ……」

未央「これからご飯作るからその間に片付けてよ?」

弟「も、もちろん!」

未央「んじゃ、……あっ、そーだ」

弟「……次はなに」

未央「あーちゃんと茜ちんも一緒にご飯作ってくれるって」

弟「ふぁ!?」

未央「んじゃ」



弟「……ふぁ!?!?」


7 :◆Rj0X.392Pk :2017/07/01(土) 16:03:18.23 :olceFFkE0

未央「二人ともお待たせー」

茜「弟さん、すごい声量でしたね!」

藍子「会話が丸聞こえでしたから」

未央「うん、近所迷惑だろうね」

茜「負けてられませんね!」

未央「うん、やめてね?ほんとに」

茜「はい!」

未央「さーて、カレー作りますかー」

藍子「わかりましたー」

未央「二人とも、料理経験は?」

藍子「お母さんの手伝いを少しと、簡単なものでしたら……」

未央「ふむふむ。じゃあサラダ作ってもらおうかな。……茜ちんは?」

茜「レモンのハチミツ漬けが得意です!」

未央「それ料理じゃないよね!?」

茜「あと、お茶なら淹れれますよ!」

藍子「あっ、お茶は私も得意ですっ」

未央「……わかった。茜ちんはご飯炊いて、お茶淹れてね」

茜「わかりました!ご飯はどれくらい炊きますか!」

未央「んー、茜ちんどんだけ食べる?」

茜「たくさんです!」

未央「じゃあちょっと多めにしよっかー」

茜「はい!8合ですね!」

未央「……やめて!」


8 :◆Rj0X.392Pk :2017/07/01(土) 16:04:07.96 :olceFFkE0

藍子「できましたー」

未央「二人ともありがとー」

茜「このままカレー盛っちゃいますね!」

未央「うん。あーちゃん、弟呼んできてくれる?」

藍子「……私でいいんですか?」

未央「うん。そっちの方が喜ぶでしょ」

藍子「……わかりました」

未央「よろしくね!」

藍子「……あのー、弟くん」

弟「……はいっ!?」

藍子「ご飯出来ましたよー」

弟「はっ、はい!……す、すぐに行きま……す」

藍子「……いきなり押し掛けてごめんなさいね?」

弟「いえいえ!せ、狭い家ですけど!ゆっくりしていってください!」

藍子「ふふっ。ありがとうございますっ」

弟「……ひゃー」

藍子「そんなに緊張しなくてもいいですよ?アイドルじゃなくて未央ちゃんのお友達って思ってもらえば」

弟「……へ?さすがに難しいです」

藍子「そうなんですか。残念です」

弟「……っ!が、頑張ります!」

藍子「ふふっ。弟くんって何だか可愛いですね」

弟「ふえ!?」


9 :◆Rj0X.392Pk :2017/07/01(土) 16:04:53.62 :olceFFkE0

未央「……おーい、あーちゃん。襲われてないかーい?」

藍子「あっ未央ちゃん。襲われるだなんて、弟くんはそんなことしませんよ?」

未央「おおー。あーちゃんが弟を気に入っている……」

弟「ね、姉ちゃん!」

未央「なに?」

弟「間に入って!」

未央「へー。そんな緊張する?」

弟「当たり前でしょ!?高森さんはアイドルなんだよ!?」

未央「いや、私もアイドルだけど?」

弟「姉ちゃんは何しようが姉ちゃんでしょ!」

藍子「ふふっ。二人ともとても仲が良いんですね」

未央「そう?常に喧嘩してるような感じだよ?」

弟「そうですよ!姉ちゃんなんて乱暴でおっかないんですよ!」

未央「は?」

藍子「まあまあ。それよりも、ご飯にしましょう?茜ちゃんが待ってますから」

未央「あっ、そうだった。あんたのは人参多めにしてあるからね」

弟「えっ!」

未央「なに、嫌なの?あーちゃんたちが折角作ってくれたのに?」

弟「た、食べます!食べさせていただきます!」

藍子「……ふふっ。私も茜ちゃんもカレーは作ってないんですけどね」ボソッ


10 :◆Rj0X.392Pk :2017/07/01(土) 16:06:07.72 :olceFFkE0

「「「「ごちそうさまでした!!!!」」」」


茜「ふうー。たくさん食べました!」

未央「ほんとにたくさん食べたね」

藍子「4杯くらい食べてましたね」

弟「日野さんってほんとにたくさん食べるんですね」

茜「はい!とっても美味しかったので」

未央「あんたもやせ我慢して人参美味しいって食べてたじゃん」

弟「そりゃ、二人が作ってくれたんだからしっかり食べないと」

茜「ん?」

藍子「あはは」

未央「そっかー。偉いなー」

弟「とうぜん!」

未央「カレー作ったの全部私なんだけどね。いやー、美味しい美味しいって食べてくれてお姉ちゃん嬉しいなー」

弟「……はっ!?」

未央「いっつも何とも言わないのに、本音はお姉ちゃんの料理大好きだったかー」

弟「……騙された!?」


11 :◆Rj0X.392Pk :2017/07/01(土) 16:06:44.66 :olceFFkE0

茜「ん?何の話ですか?」

未央「私の弟は、お姉ちゃんの料理が大好きって話」

茜「そうなんですか、微笑ましいですね!私も未央ちゃんの料理大好きです!」

未央「おっ。ありがとー」

弟「……姉ちゃんの馬鹿!」

藍子「もー、未央ちゃん。あんまり弟くんをいじめちゃ駄目ですよ?」

未央「いいのいいの。たまには素直な感想聞かせてもらわないとね」

藍子「未央ちゃんも素直に聞けばいいのに」

未央「さて、洗い物しよーかな」

茜「手伝いますよ?」

未央「ううん。二人はお客様だからね。ゆっくりしてていいよ」

茜「そうですか!ではお願いします!」

未央「うんうん。任せたまえー」

藍子「それじゃ茜ちゃん。ゆっくりしてようか」

茜「はいっ。弟くんともお話したいですね!」

未央「……あいつ緊張しまくって吐くんじゃない?」


12 :◆Rj0X.392Pk :2017/07/01(土) 16:07:22.17 :olceFFkE0

未央「さて、ご飯も食べた!洗い物もした!お風呂も入った!」

藍子「どうしたんですか?」

未央「これからゆっくりと長い夜が訪れるわけですよ」

茜「ふむ、そうですね!」

未央「本来ならお話したりゲームしたり遊ぼうってところなんですが」

藍子「ですが?」

未央「未央ちゃん、とっても眠いです……」

茜「早いですね、まだ22時前ですが」

未央「よくよく考えてみたらね、学校行ってレッスンして、帰ってきてもなんだかんだ騒いでたからね」

藍子「あー。さすがに疲れますね」

未央「普段なら日付変わるまで起きてるんだけどね」

茜「疲れてるならしょうがないですよ!」

未央「というわけで、本日はお休みです。明日いっぱい遊びましょう」

藍子「はい。たまには早寝するのも良いです」

茜「健康的な生活ですね!」

未央「それでは、お休みなさい」

藍子「お休みなさいっ」

茜「お休みなさい!」


13 :◆Rj0X.392Pk :2017/07/01(土) 16:08:54.82 :olceFFkE0

ーーーーーーーーーーー

翌日AM06:30

未央「……ふわぁー」

藍子「……スー……スー」

茜「……スー……スー」

未央「……また抱きつかれてる。今度は前と後ろ両方か……」

藍子「……スー……スー」

茜「……スー……スー」

未央「抜け出さないといけないのに、抜け出せない……」モゾモゾ

茜「……ん……?」

未央「あっ、茜ちんおはよう」

茜「……おはようございますっ」

未央「うん。……とりあえず離れてくれると嬉しいかな」

茜「……っ!ごめんなさい!」ガバッ

藍子「……ぅ?」

未央「あーちゃんも起きたかな?」

茜「未央ちゃんごめんなさい!まさか、未央ちゃんに抱きついて寝ていたとは」

未央「あははー、しょうがないよー。狭いベッドで三人寝てるんだもん。なぜか私真ん中だし」

茜「はい!柔らかかったです!」

未央「……その報告はいらないかな」

茜「はっ!?」

藍子「……スー……スー」

未央「さて、あーちゃんがまた寝たようですが、抱きつきからは解放されたよ」

茜「藍子ちゃん、ぐっすり眠っていますね」

未央「うん。このまま寝かせておこっか。朝ごはん作ってるお母さんの手伝いにそんな人いらないし」

茜「そうですね!」

未央「まっ、とりあえず出よっか」

茜「はい!」


14 :◆Rj0X.392Pk :2017/07/01(土) 16:09:40.24 :olceFFkE0

ーーーーーーーーーー

未央「さて、朝食の準備も終わりまして」

茜「終わりまして?」

未央「茜ちんが待ちに待ったランニングのお時間です!」

茜「ランニング!!!」

未央「そんな長い時間は走らないけどね。通勤とかで道混んでくるし」

茜「走れるだけで嬉しいです!」

未央「まずはあーちゃんを起こさないとね」

茜「起こしてきます!」

未央「……寝起きにランニングとかあーちゃん大丈夫かな?」

…………………
……………
………

未央「……あーちゃん、起きてるかい?」

藍子「……はい~」

茜「全然目が開いてませんね!」

未央「連れ出してきたはいいけど流石にこれはつらいかな」

藍子「……起きてますよ~」

茜「声もふわふわしてますね!」

未央「とりあえず軽く始めてみて起きそうになかったらお布団に戻してこようか」

茜「はい!」

藍子「……お布団が呼んでいます~」


15 :◆Rj0X.392Pk :2017/07/01(土) 16:10:39.44 :olceFFkE0

…………………
……………
………

藍子「……もうっ!寝起きにいきなり走らせるなんて二人とも酷いです」

未央「あらら。ご機嫌斜めだ」

茜「いつもより距離も時間も短かったですよ?」

藍子「確かにそんなに疲れませんでしたけど、そういうことじゃないです!」

未央「ごめんって。……あっ、あーちゃんそこの醤油取って」

藍子「はい。それに私が寝てる間にこんな美味しいご飯まで作って!」

茜「はいっ!美味しいです!」

未央「いや、作ったのはほとんどお母さんだからね?少し手伝いしただけだからね?」

藍子「それでも私だけ寝てたじゃないですか」

茜「また未央ちゃんに抱きついてぐっすり眠ってましたからね!」

藍子「そうです!……ふぇ!?」

未央「私から離れた後もぐっすりだったけどね」

藍子「えっ!?ちょっと待ってください!?」

茜「どうしましたか?」

藍子「えっ、私未央ちゃんに抱きついて寝てたんですか!?」

未央「うん。背中側にべったりと」

藍子「はわっ!すみません!」

茜「大丈夫ですっ!私も抱きついていたので!」

未央「なんで茜ちんが許したの?」


16 :◆Rj0X.392Pk :2017/07/01(土) 16:11:29.29 :olceFFkE0

茜「いえ、未央ちゃんを抱いて寝ているととても良く眠れるので」

未央「誤解しか生まない言葉だなー」

藍子「未央ちゃんを抱いて!?私、夜中の記憶ありませんよ!?」

未央「そりゃ寝てるんだもん。誰も記憶ないよ」

藍子「……ふぇ?」

未央「さて、そんな話は置いといて。この後何しよっかー」

茜「未央ちゃんが普段していることをします!」

未央「いや、そうなんだけどね?」

茜「何か問題でも?」

未央「普段って友達と遊んでることがよくあるんだけどさ。流石に二人も一緒にはまずいじゃん?」

藍子「……そうですね」

茜「弟くんは良いんですか?」

未央「あれは身内だから」

藍子「それじゃあどうしましょうか?」

未央「いや、二人と遊んでカラオケとかでもいいんだけどさ」

茜「駄目です!何も新鮮味がありません!」

未央「と言うと思ったから、普通に家で遊ぼっか」

茜「わかりました!」

未央「それでは午後から遊びましょう!」

藍子「午後から、ですか?まだ数時間ありますけど……」

未央「……非常に言いにくいことなんだけどさ」

茜「何でしょうか!」

未央「学校の課題溜まってるんだよね」

藍子「あー……」

未央「手伝ってください……」

藍子「……もうっ」


17 :◆Rj0X.392Pk :2017/07/01(土) 16:13:36.63 :olceFFkE0

未央「いやー、手伝ってもらっちゃってありがとね」

藍子「一年前の問題でしたし、簡単でした」

未央「あーちゃんはそう言ってくれるけど、茜ちんはどこに行ったんだい?」

藍子「茜ちゃんなら弟くんと遊んでます」

未央「……わかりません!って叫んでどっか行ったと思ったら遊んでたのか」

藍子「あははー。一番年長なはずなんですけどね」

未央「まあいっか。課題も終わったし、二人に混ざってこよっか」

藍子「そうですね」

未央「……おーい。二人とも何してんの?」

茜「あっ、未央ちゃん!これはですね、サッカーのゲームですよ!」

未央「サッカー?ああ、あの必殺技が愉快なあれか」

藍子「そんなのあるんですか?」

茜「はいっ!この子がボールを蹴るとですね!ボールが燃えるんです!」

藍子「えええ!」


18 :◆Rj0X.392Pk :2017/07/01(土) 16:15:05.36 :olceFFkE0

弟「他にもボールが凍ったりドラゴンが出たりしますよ」

未央「ほんと、らんらんが好きそうな技がたくさんあるんだよね」

藍子「今のサッカーってすごいんですね……」

未央「まあ、ゲームだからねー」

茜「そうですよ!現実のサッカーはこんな風にはなりません!」

藍子「茜ちゃん、そこはわかってるよ?」

弟「少林寺の人たちがやると燃えますけどね」

未央「また、古い映画を……」

藍子「……そんな映画があるんですか?」

未央「それよりさ、四人でやれるやつやろうよ」

弟「いいけど、どれにすんの?」

未央「二人は何やりたい?」

茜「面白ければなんでも!」

藍子「あまりゲームは詳しくないのでおまかせします」

未央「んー、じゃあこれでいっかー」


19 :◆Rj0X.392Pk :2017/07/01(土) 16:16:31.39 :olceFFkE0

藍子「これは何でしょう?……あっ、雷が落ちるんですね」

茜「キノコで加速ですか!燃えますね!」

未央「茜ちん!カーブでこっちに寄りかからないで!」

弟「………………」



藍子「なかなか抜かせないです。……あっ、また雷」

茜「スター状態で回避しました!」

未央「あーちゃん、雷引きすぎじゃない?……ってまた」

藍子「今のは私じゃないですよ?」

弟「………………」



未央「さっきから全然1位取れない」

藍子「私はCPUにすら勝てません……」

茜「このゲーム難しいですね!」

弟「………………」

未央「さっきから黙りまくってるけど勝ち狙いにいってるな?」

弟「そりゃすごいところ見せないとね」


20 :◆Rj0X.392Pk :2017/07/01(土) 16:17:15.15 :olceFFkE0

未央「あっ、待って。待って!」

藍子「やった!初めて未央ちゃんを抜いてゴールできました!」

茜「藍子ちゃん、おめでとうございます!」

弟「おめでとうございます」

未央「くっそー。アイテムの追い討ちが酷すぎだよCPU!」

弟「姉ちゃんの日頃の行いだね」

未央「はあ!?」

茜「まあまあ未央ちゃん!」

藍子「そうですよ、落ち着いて?」

未央「むぅー。……ちょっとお茶淹れてくるね」

茜「手伝いましょうか?」

未央「んにゃ、大丈夫だから待ってて」

茜「わかりました!」

藍子「お願いしますね」

未央「ほいほーい」

藍子「……………」

茜「……………」

弟「……あの」

茜「どうしましたか?」


21 :◆Rj0X.392Pk :2017/07/01(土) 16:18:57.49 :olceFFkE0

弟「姉ちゃんってアイドル上手くやれてますか?」

藍子「うん?未央ちゃんなら立派なアイドルですよ?」

茜「急にどうしたんですか?」

弟「……えっと、姉ちゃんってあんまり自分のこと話さないから、誰かの話しか聞いたことないんです」

藍子「誰かの話、ですか?」

弟「はい。◯◯さんと一緒に仕事したとか、事務所にはこんな子がいる。みたいな話しか基本的にしないので……」

茜「それで気になってたんですか!」

弟「……はい。本当に大変なことならお母さんに話してたりするかもしれないんですけど、僕は聞いたことがなかったので」

藍子「未央ちゃんのこと、心配なんですね」

弟「…………はい」

藍子「それで、アイドルとしての未央ちゃんはですね……」

茜「未央ちゃんなら大丈夫ですよ!」

藍子「もちろん、お仕事とかレッスンとか辛いことがありますけど、いつも笑っているんです」

弟「……笑ってる?」

藍子「そうです。レッスン中は大変でも終わったら笑顔なんですよ」

茜「レッスンとか、お仕事がとっても楽しいんだと思います!」

藍子「未央ちゃんが笑っていてくれるから、私も頑張れちゃうんです」

茜「そうです!未央ちゃんとレッスンするときは競いあえてとっても楽しいですね!」

弟「そうなんですか……」

藍子「はい。それに、未央ちゃんって大人の人も小さな子とも、とっても仲が良いんですよ」

茜「だから、安心してください!」

弟「はい!教えてくれて、ありがとうございました!」

藍子「ふふっ。どういたしまして」


22 :◆Rj0X.392Pk :2017/07/01(土) 16:20:07.37 :olceFFkE0

未央「……あのさぁ」

茜「あっ」

未央「すっごく恥ずかしい気分なんだけどさ、一つだけ言わせて」

藍子「……何でしょう?」

未央「もしアイドルやるのが辛かったら今こうしてあーちゃんと茜ちんと遊んでないと思うんだよねー」

弟「………………」

未央「あんた、いつからそんなにお姉ちゃんのこと大好きになってたの?」

弟「いや、そういうんじゃなくて……」

未央「ふーん……」

茜「未央ちゃん!」

未央「ん?」

茜「弟くんは未央ちゃんのこととっても大好きなんですよ!」

藍子「ふふっ、そうですね。お姉ちゃんが無理してないか心配なんです」

未央「ほーほー」ニヤニヤ

弟「……なんだよ」

未央「そんなにお姉ちゃんのことが好きならー、今夜一緒に寝てあげようか?」

弟「んなっ!……このっ!」

未央「うん?」

弟「この、姉ちゃんの馬鹿!」


23 :◆Rj0X.392Pk :2017/07/01(土) 16:20:49.67 :olceFFkE0

茜「……見事に逃げちゃいましたね!」

未央「あはは。からかい過ぎちゃったかな」

藍子「もー。あんまりからかっちゃ駄目ですよ?」

未央「できるだけ気を付けますよー」

茜「ですが未央ちゃん!」

未央「ん?」

茜「耳が真っ赤ですけどそんなに恥ずかしいんですか!」

未央「………………」

藍子「あっ、茜ちゃん。そういうのは気づいても言わない方がいいんですよ」

茜「そうなんですか!いやー、未央ちゃんが照れてるんだと思ったら可愛くて、つい!」

未央「………………」

藍子「もうっ!追い討ちも禁止です、が……」

茜「……?」

藍子「可愛いので今回は許しますっ!」

未央「………………」


24 :◆Rj0X.392Pk :2017/07/01(土) 16:21:45.32 :olceFFkE0

未央「……おーい、弟よー。あーちゃんと茜ちんが帰るぞー?」

茜「あっという間の1日でしたね!」

藍子「はい。楽しい時間はすぐ終わっちゃいますね」

未央「まあまあ。明日も事務所で会えるんだからさ」

茜「そうですね!明日が楽しみです!」

未央「それに、今度は茜ちんのお家にお邪魔する番ですし?」

藍子「また、楽しくなりますね」

茜「はいっ!いつでも待ってます!」

未央「茜ちんの私生活って想像できないから怖いんだよねー」

茜「そうですか?割と普通ですよ?」

未央「もしかしたら1日中走ってたり」

藍子「それは、かなり嫌ですね……」

茜「そんなことしたら、流石に私も倒れますよ!」

未央「ま、冗談だけどね。……おっ、やっときた」

弟「………………」

未央「どしたん?そんな遠くで」

弟「……あの」

藍子「何でしょう?」

弟「……サイン、もらっていいですか?」

未央「何そのファンみたいな行動」

弟「いやっ、ファンだし……」

茜「いいですよ!」

藍子「ふふっ。私もです」


25 :◆Rj0X.392Pk :2017/07/01(土) 16:22:57.19 :olceFFkE0

未央「二人とも弟に優しいねー」

弟「優しくないのは姉ちゃんだけだよ」

未央「ふーん。じゃあ優しさを見せてお姉ちゃんのサインも書いてあげよう」

弟「いや、もういらないから。姉ちゃんのサイン何枚押し付けられたと思ってんの?」

未央「さあ?数えてないなー」

茜「できましたよ!」

弟「ありがとうございます」

未央「おー。あーちゃんと茜ちん二人のサイン色紙なんてレアだよー」

藍子「未央ちゃんも書いたらどうですか?」

未央「いやー、それが断られちゃって」

茜「ですが、未央ちゃんのサインも書けばポジティブパッションのサインにもなりますよ!」

未央「というわけだが、どうする?」

弟「……じゃあ、書いていいよ」

未央「……りょーかい」

藍子「ふふっ。二人とも仲が良いですね」

茜「微笑ましいです!」


26 :◆Rj0X.392Pk :2017/07/01(土) 16:23:45.67 :olceFFkE0

藍子「それではもう帰りましょうか」

未央「帰るのにも時間かかるからねー」

茜「まだ夕方ですけど、名残惜しいですね!」

弟「いつでも来てください」

未央「あんたが言うんかい!まっ、その通りだけどね」

藍子「はいっ。またオフが重なれば是非!」

茜「弟くんもお元気で!」

弟「はい!……お二人も、姉ちゃんのことよろしくお願いします」

未央「……はあ」

藍子「ふふっ。もちろんです」

茜「任されました!」

未央「それじゃ、二人ともばいばい」

藍子「お邪魔しましたー」

茜「お邪魔しました!」




未央「……そんなにお姉ちゃんのこと心配かい?」

弟「……まあね」

未央「はぁー。……ありがと」

弟「……うん」

未央「………………」

弟「………………」

未央「……ご飯好きなの作ってあげる」

弟「……ありがと」


27 :◆Rj0X.392Pk :2017/07/01(土) 16:26:22.28 :olceFFkE0

終わりです。

今回もポジパの1日体験でした。

書いてる途中何度も思ったんですが、弟が羨ましすぎてスマホを投げそうになりました。

姉が未央ちゃんなら全力で甘えます。

それでは、読んでいただきありがとうございました。


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】【モバマス】藍子「未央ちゃんのお家に」茜「突撃です!!!」未央「待って!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498892287/