【SS速報VIP】神谷奈緒「誤飲事故」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494068903/

■関連SS


1 :◆U.8lOt6xMsuG :2017/05/06(土) 20:08:23.81 :+dXjbmxP0

初投稿でした。


2 :◆U.8lOt6xMsuG :2017/05/06(土) 20:09:17.97 :+dXjbmxP0

今回のあらすじ:志希の薬をPが間違えて飲んだ。

P「ああああああああああああ!!!!」

奈緒「吐き出せ!吐き出せってPさん!!」

P「頭が割れるうぅぅぅうぅぅううぅぅぅ!!!!!」

比奈「なんで飲んじゃったんスか!」

志希「いや~、うち(CuP)の疲労回復用に作ってたやつの副産物を、そこらにほっといたのがマズかったね~。」

P「がぁあ!あがああああああああが!!」ビタ!ビタビタビタ!

奈緒「白目むいてよだれ垂らし始めた!」

比奈「このままじゃ死んじゃうっスよ!!」

志希「んにゃ、死にはしないよ。」

P「あ…………。」

バターン!!

奈緒「倒れた!」

ムクリ

P「…。」

比奈「2秒で起き上がったっス!」

志希「にゃはは~、まあ死にはしないけど…。」

P「…お姉ちゃんたち、誰?」

奈緒「は?」

比奈「え?」

志希「ただ…性格がおかしくなるだけだよ。」

P「えーっと、僕はいまどこに…。」

志希「これは、精神の若返りかな?」

P「あ、始めまして!Pです!」

奈緒「……キッツ。」


5 :◆U.8lOt6xMsuG :2017/05/06(土) 20:19:24.64 :+dXjbmxP0

比奈「なんでアレ飲んだだけで精神が若返るんスか?」

志希「時間戻せば辛いこともなかったことに出来るでしょ?」

比奈「ラスボスとかの発想っスよそれ」

P「ねえここどこ?早く帰らないとお母さんが…。」

奈緒「…大の大人がガワそのままで中身ショタってキッツいなぁ…。」

比奈「申し訳程度に声が少しだけ高くなってるのもなんかイヤっスねぇ。」

奈緒「どうせならコナンくんみたいに体も戻してほしかった。」

志希「無理言わないでよ、志希ちゃんにそんなのまだ出来ないよ~。」

比奈「まだ?」

凛「わたしがママだよ。」

P「え?」

奈緒「凛お前どっから湧いてきた!?」


6 :◆U.8lOt6xMsuG :2017/05/06(土) 20:19:55.95 :+dXjbmxP0

比奈「凛ちゃんいつの間にここに…。」

凛「プロデュ…Pくんの悲鳴が聞こえたからね、駆けつけたんだよ。」パシャパシャパシャ

奈緒「今日アタシと違って凛はオフじゃなかったか?」

凛「細かいことはいいから、今はこのPくんをなんとかしよう。」パシャパシャパシャ

奈緒「その前にカメラ止めろ。」

P「お姉ちゃん?お姉ちゃんはお母さんじゃないよね?」

凛「今からママになるんだよ、一緒にあっちに行こうか。」

奈緒「超えちゃ行けないラインを軽々と踏み越すなよ!」

凛「体は大人、中身は子供、うんストライク。」
比奈「どうみても報復死球並にヤバい球なんスけどこれ」

奈緒「凛、疲れてるんなら休んでいいんだ」

志希「疲れてるならこれ飲む?」スチャ

比奈「これ以上地獄を広げないでほしいっス」


7 :◆U.8lOt6xMsuG :2017/05/06(土) 20:25:23.13 :+dXjbmxP0

志希「まま、冗談はさておいて…とりあえず元に戻りそうなヤツを試験管に入れて持ってきたよ。」ガラガラッ

奈緒「おお!…おお?」

比奈「…あのー…なんか多くないっスか?試験管の数というか何というか…。」

志希「500はあるね。」

比奈「何故に…。」

志希「いやこれだって偶然の産物だし、何が元に戻るやつか分からないんだよね~。だからとりあえず効果ありそうなのを片っ端から飲ませようよ。」

比奈「数打ちゃ当たるが過ぎるっスよ。」

奈緒「これじゃ500分の1ってことになるのか…?」

志希「マイナスにマイナスかけたらプラスになるよね?」

奈緒「アタシ科学に詳しくないけど間違ってると思う。」

凛「眠い?仮眠室に行こうか」

P「いや、僕は眠くないけど…」

奈緒「凛はさっきから何してんだよ!」


8 :◆U.8lOt6xMsuG :2017/05/06(土) 20:35:07.35 :+dXjbmxP0

奈緒「…とりあえず、この中の何か飲ませるか?」

凛「ちょっと、私のPくんに酷いことでもするの?」

奈緒「現在進行形で一番酷いのはお前だ。」

比奈「うぅー…まあ何もしないよりマシっすね!手当たり次第飲ませましょうか!」

奈緒「間違ってる気がするけどそれしかないもんな!」

比奈「元のプロデューサーさんに戻すため!」

奈緒「よし!じゃあ比奈さんは凛を押さえて!」

比奈「了解っス!」ガバッ

凛「しまった!」

奈緒「Pく~ん!このドリンク飲んでみて!」

P「ええ!?」

奈緒「ただの美味しいジュースだから!一切怪しくないから!」

比奈「余計に怪しいっスよ!」

凛「そんなものをうちの子に飲ませないでよ!」バタバタ

比奈「凛ちゃん暴れないで!そして、間違いしか言ってないことに気づいてほしいっス!」

P「じゃ、じゃあ…。」

ゴクゴクゴクゴク…

P「ああああああああああああ!!!!」

凛「Pくーーーーーん!!」

奈緒「これで元に戻るのか…?」

比奈「また白目剥いてよだれ垂らし始めたっスよ。」

バターンムクリ。

P「…。」

凛「あ、あああぁ…。」

比奈「確率は500分の1…!」

奈緒「どうか戻ってて…!」

P「…………………。」


P「…だぁ?」

比奈「は?」

P「だぁう、あぅ、あだぁ。」

奈緒「まさか…これ…。」

比奈「赤ちゃんにまで…精神が逆行して…。」

P「ばぁぶ!」

奈緒「………キッッッッッッッッッツゥゥ……。」


9 :◆U.8lOt6xMsuG :2017/05/06(土) 20:44:32.61 :+dXjbmxP0

奈緒「どんな業を背負ったら成人男性の赤ちゃん言葉を聞かされることになるんだよ…。」

比奈「ただ単純にキモいっス…。」

凛「ストライク。」パシャパシャ!

奈緒「写真やめろ写真!」

比奈「志希ちゃん、これは悪化し…志希ちゃん?何処に…ん、メモが…。」

志希[やることがあるので帰ります]

比奈「帰った!?」

奈緒「嘘だろ元凶が帰ったのかよ!」

P「あぁぁ、あぁう…。」

凛「なに?おなかすいたの?じゃあ今から出るようにしてもらおうかな。」

奈緒「何だお前は何を出す気だ!」

比奈「業が一番深いの凛ちゃんじゃないっスか!」

P「ううぇぇぇぇん!あうぅぅぅぅぅ!」グズッグズ

凛「大声出すから泣いちゃったじゃん!ほーら、可愛いから泣き止んでね~♪」

奈緒「成人男性の全力の泣き顔のどこが可愛いんだよ!」

比奈「もうさっさと次飲ませて元に戻すっスよ!」

凛「私のPちゃんには一切の手出しもさせないよ…。」

比奈「ここはアタシが!奈緒ちゃん今のうちに!次のを!」

奈緒「なんだこの展開!」


10 :◆U.8lOt6xMsuG :2017/05/06(土) 20:49:49.44 :+dXjbmxP0

奈緒「えーっと…次は499分の1か…?とりあえずこれだ!」ガチャ

比奈「フンフンフンフンフン!」

凛「比奈さん!そこを退いて!」

奈緒「ほら!腹減ってるならこれを!飲んで!」

凛「赤ちゃんにそんなもの飲ませていいわけないでしょ!」

奈緒「赤ちゃんじゃねえ!成人男性だ!」

P「んんっ!」

ゴクゴクゴクゴク…

P「ああああああああああああ!!!!」

奈緒「頼む、次こそは…!」

バターンムクリ。

P「…。」

比奈「も、戻ったっスか…?」


P「…ワン!ワンワン!」

比奈「戻ってない…!四足歩行し始めた…!」

奈緒「今度は犬かよ…!ついに人間ですらなくなってるし…!」

比奈「生物的に逆行してんじゃないっスか…。」


11 :◆U.8lOt6xMsuG :2017/05/06(土) 21:00:44.32 :+dXjbmxP0

凛「首輪あるよ。」スッ…

奈緒「どっから出した!?」

比奈「しかもそれ犬用じゃなくて人間用じゃないっスか!」

奈緒「比奈さんなんで一目で人間用って分かったの!?」

P「くぅ~ん…。」

凛「ふふ、散歩にでも行く?」カチャカチャ

奈緒「ダメだ行くな!散歩はやめろ!」

比奈「首輪をつけようとしないで!」

P「ハッハッハッハッハッハッハ!」

凛「…ストライク。」

奈緒「さっきからそればっかりじゃないか!」

比奈「凛ちゃんにはストライク以外の概念存在してないんスか!」

奈緒「もういい!次のやつ飲ませるぞ!」

凛「ちょっと!変なものワンちゃんに飲ませないでよ!」

奈緒「今ここに居るのはワンちゃんじゃなくてただの社会人だ!」

比奈「奈緒ちゃん!アタシがここは食い止めます!」

凛「今度こそ…!」


12 :◆U.8lOt6xMsuG :2017/05/06(土) 21:07:31.64 :+dXjbmxP0

奈緒「もう、これより良くなるならなんでもいい!これだ!」ガチャ

凛「放して!」ガタガタ

比奈「何なんすかこの膂力…!怖い…!」

奈緒「ほら、飲め!」

P「わふぅ…。」

ペロペロペロペロ…

P「ああああああああああああ!!!!」

奈緒「よっしゃ人語だ!」

比奈「果たしてこれは人語なんスか!?」

バターンムクリ。

P「…。」

奈緒「頼む…人間に…!」


P「…なんだ?俺の方をじろじろとみて。」

比奈「も、戻ったぁ!!人間っス!!」

奈緒「いや、ちょっと待って…なんか…。」

P「ハン、生意気な目だな。でもそんな目、嫌いじゃないぜ。」

奈緒「なんだこのクソみたいな性格…。」


13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/06(土) 21:17:55.86 :+dXjbmxP0

凛「…。」ハァー

奈緒「凛が三角コーナーを見る目で…。」

P「なんだ、そこの女?俺に文句でもあるのか?」

凛「話しかけないで。」

比奈「これはストライクじゃないんスね。」

奈緒「凛のストライクゾーンはアメーバ状なのか?」

P「言ってくれるねぇ…ま、すぐに俺様しか見られないようにしてやるよ。」

奈緒「なんか夢小説で見たことあるイタさだ。」

比奈「アタシの黒歴史を巻き込まないでほしいっス。」


14 :◆U.8lOt6xMsuG :2017/05/06(土) 21:19:09.25 :+dXjbmxP0

P「気の強い女ほど…俺様にふさわしい…!」

奈緒「段々なんか腹立ってきたからさっさと次飲ませよう。」

比奈「そうっスね、アタシの精神衛生上にもよくないし…。」

奈緒「でもあと400以上の中から正解を選ばないといけないしなぁ…確率が低すぎる。」

比奈「でもなんとかするしかないっスよ…このままだと…。」

奈緒「うん…、次これ行こうか…。」カチャ

P「何だ?そのコップに入ったジュース。」

奈緒「いやちょっと…飲んでほしくてさ…。」

P「ふ~ん…ま、いただけるものなら、ありがたくもらうぜ。」

ゴクゴクゴクゴク…

P「ああああああああああああ!!!!」

凛「よし!」

P「謀ったなぁぁぁぁぁぁ!!」ビタビチャビチャ!!

比奈「なんかこの白目剥いてよだれ垂らすのにも慣れてきたっスね。」

バターンムクリ。

P「…。」

奈緒「今度もちゃんと人間か…?」

P「ぼ、ぼクは…。」

比奈「人間っス!」

P「キミたチは…ダれなの…?ニンゲン…なの?」

奈緒「いや違う!人間じゃない人間っぽい何かだ!」

比奈「一回人間に戻ったのにまた人外になっちゃったんスか?」

奈緒「としても、これなんの人外なんだ…?」


15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/06(土) 21:31:45.06 :+dXjbmxP0

P「ミんナ…なんデソんナかヲで…モシかしテ、ぼクのせイで…。」

凛「こんなの、いつか映画とかでみたことある気がする…。」

奈緒「わかったこれは人間の気持ちを理解した悲しいモンスターだ!」

P「でモ…ぼク…ニンゲンのミんナと…イっしョに…。」

比奈「なんか悲しくなってきたっス!」

奈緒「もう次飲ませよう!こんな悲しいモンスターは早く消してあげるべきだ!」

凛「奈緒のその台詞も映画で見た気がする。」


16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/06(土) 21:40:33.39 :+dXjbmxP0

比奈「でも…選ぶといっても候補が多すぎて正解が見えなさ過ぎるっスね…。」

奈緒「選ぶのも慎重にしたいけど…そもそも同じ感じの試験管だしなぁ…。」

P「ニンゲン…ぼク…コワくなイ…ヨ?」

奈緒「ごめんちょっと悲しくなるから黙っててもらえない?」

P「ご、ごメンなサイ…だまル…。」

奈緒「ああ違うそういうことじゃなくて!」

凛「もう全部混ぜて飲ませちゃう?」

奈緒「なんか分からないけどそれだけはやっちゃダメな気がする。」

比奈「それに、混ぜてダメだと取り返しがつかなくなるっス。」

凛「でも、このままだと…。」

P「こノ…キレいな…くだモの…ドうブツさンが…。」

凛「この悲しいモンスターのままだし…。」

奈緒「言動と中身モンスターだけど外見が人間だからややこし過ぎるんだよな…。」

比奈「アンドロイドみたいにも思えてきたっスね」

奈緒「感情を持ったアンドロイド…。」


17 :◆U.8lOt6xMsuG :2017/05/06(土) 21:45:25.21 :+dXjbmxP0

バターン!!

志希「お待たせ~!」

凛「志希?」

奈緒「帰ったハズじゃ…!」

志希「にゃはは~、帰るわけないじゃん。元に戻すヤツを作ってきただけだよ!」

比奈「じゃ、じゃあその手にある小瓶に…!」

志希「うん、全てが解決する薬が入ってるよ。」

奈緒「じゃあ早速飲ませよう!」

比奈「一刻も早く元にもどすっス!」


18 :◆U.8lOt6xMsuG :2017/05/06(土) 21:49:55.10 :+dXjbmxP0

P「ぼク…『うみ』が…みたイなァ…。」

志希「ちょっと…なにが…。」

凛「志希が困惑してる。」

奈緒「その…手当たり次第薬飲ませてたら…。」

比奈「悲しいモンスターかアンドロイドになった。」

志希「…少し、アタシの想定外だね。…まあこれなら絶対大丈夫!元に戻るよ!」

奈緒「ああ、よし…。」

奈緒「プロデューサー!これを飲んでくれないか?」

P「こレお…ぼク、あんどろいどダかラ…なニも…。」

比奈「アンドロイドだったんスね。」

奈緒「いいから!飲んでみて!」

P「わ、わカッた…ニンゲンお…しんジテ…!」

ゴク…ゴク…。

P「ああああああああああああ!!!!」

凛「人間に騙されて処分されるアンドロイドみたい…。」

志希「志希ちゃんもそう思った。」


19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/06(土) 21:55:10.30 :+dXjbmxP0

奈緒「頼む…これで…!」

比奈「終わりに……!」


バターンムクリ。

P「…んん。」

奈緒「…Pさん?」

比奈「ぶ、無事っスか…?」

P「奈緒…比奈…凛?それに一ノ瀬さんも…」

凛「戻った…の?」

P「なんか…記憶がとんでるんだが…なにかあったのか?」

奈緒「元のPさんだ!戻った!戻ったんだ!!」

比奈「よかったぁぁぁ…!」

志希「あ~よかった!これで思い残すことはないよ!」

奈緒「いや、もう本当にありがとう!」

比奈「志希ちゃんのおかげで助かったっス!」

凛(…?元凶は志希って話じゃ…?)

P「…とりあえず、なにがあったのか教えてくれ。」


20 :◆U.8lOt6xMsuG :2017/05/06(土) 21:59:14.17 :+dXjbmxP0

―――
――

これで、全ては終わった…。

ハズだった。

奈緒「…で、相談って何だよ、Pさん。」

比奈「なにかあったんスか?」

P「ああ…これを見てくれ。」ゴソッ

奈緒「……これは…紙おむつにおしゃぶり、そしてよだれかけ?」

比奈「こっちは…首輪?」

奈緒「…これがどうしたの?」

P「いや…そしてこれも」ゴソ

比奈「この小瓶は…!」

P「ああ…おそらくあのときのものだろう…そして…!」

奈緒「そして…?」

P「凛を含む多くのアイドルから…これら全てと同じようなものが見つかった…!」

奈緒「嘘だろ…!」

P「そして何人かのプロデューサーが悲しいモンスターみたいになった…!」

比奈「結局失敗してるんじゃないっスか!」


21 :◆U.8lOt6xMsuG :2017/05/06(土) 22:01:22.90 :+dXjbmxP0

ここまでです、ありがとうございました。

たぶんこのあとはちひろさんがなんとかします。一晩でやってくれます。


22 :◆U.8lOt6xMsuG :2017/05/06(土) 22:03:59.64 :+dXjbmxP0

前作→
鷺沢文香「過去と回顧とこれからと」

時間とお暇があれば。

次回は甘々かイカれのどちらかを書く予定です。


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】神谷奈緒「誤飲事故」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494068903/