第6回シンデレラガール総選挙の中間発表がありました。
それを受けて、今回名前の無かった早坂美玲を応援する意味で短編を書きました。

デレステのイベント「∀nswer」を下敷きにした、その後のお話です。


2 :◆S6NKsUHavA :2017/04/30(日) 21:09:50.88 :D+4uS1fU0

「なぁ、プロデューサー。ウチ、ホントにリーダーでいいのかな……」
 
「ん?」


 ──事務所


 いつもと違って妙にしおらしい様子の美玲の声に、差し迫った仕事を片付けるためにディスプレイとにらめっこしていたプロデューサーは彼女の方を見て首をかしげた。

「どうしたんだ、急に。輝子達と何かあったのか?」

「うぇ!? い、いや別にそういうわけじゃない……んだけど……」

 そう言って、美玲は慌てたように彼から目を背ける。プロデューサーは彼女の態度を不審に思いながらも、同じ姿勢で凝り固まった肩と背中を良い機会とばかりに伸ばし始めた。
 早坂美玲・星輝子・森久保乃々の三人で構成されるユニット・インディヴィジュアルズの結成から半年。リーダーである美玲の半ば強引な勧誘から始まったユニットだったが、三人の個性がぶつかり合った絶妙なバランスが話題を呼んでデビューライブは大成功を収め、CDの売り上げも順調に伸びている。ラジオや雑誌などの仕事も増え、波に乗っていると言っても過言ではない。
 そんな中で発せられた彼女の言葉は、状況とは裏腹にかなり弱気だ。

「アレか。思いのほか人気が出て、怖くなってきたのか?」
 
「ちっ違う! そんなんじゃないぞッ!!」

 ニヤニヤと笑いながら敢えて意地悪く言ってみるプロデューサーに、美玲はいつもの調子に戻って否定した。しかしそれも一瞬で、ため息一つつくとまた同じようにうつむき加減になってしまう。
 どうにも様子がおかしいな、とプロデューサーが若干真面目な表情に戻って声をかけようとしたとき、部屋の扉が開いて残りのユニットメンバーが姿を現した。

「おう、乃々、輝子。レッスンお疲れ様」
 
「た、ただいま、プロデューサー」
 
「も、もりくぼ、戻りました……」

 レッスンから戻ってきた彼女たちにプロデューサーがねぎらいの言葉をかけると、二人は銘々に挨拶してそのままソファーにぐったりと座り込んだ。

「きょ、今日のレッスンは、いつも以上にハードだったんですけど……」
 
「トレーナーさん、なんだかはりきってたな……何か良いことあったのかな?」
 
「……ホントに疲れてるな。まぁ、ゆっくり休め」

 疲労困憊といった具合の二人を気の毒そうに眺めてから、プロデューサーは改めて美玲の方へと向き直った。

「で、どうしたんだ美玲。何か心配事があるなら聞くぞ」
 
「あ……う……」

 彼の言葉に、美玲は狼狽えたような声を出す。やはり何かありそうだなと思いながら彼女の様子を観察していると、美玲はソファで溶けている二人をちらりと窺った。その視線には、不安や恐れのような何か良くない感情が交じっているようにプロデューサーには見えた。
 どうやら放置して良い案件ではないらしいと改めて声をかけようと思ったところで、美玲は突然怒ったような声を叩きつけた。

「な、なんでもないッ!! ウチはもう帰るからな!!」
 
「あ、おい美玲」

 言うが早いか、プロデューサーが止める間もなく美玲は早足で部屋から出て行ってしまった。これは追いかけた方が良さそうだと判断し、彼はまだ凝りの残る全身をフル稼働させて立ち上がる。急げば捕まえられるかと思いながらふと視線を横切らせると、こちらを見る輝子と乃々と目が合った。即座に目をそらす乃々と、苦笑めいた表情を浮かべる輝子を見て、プロデューサーは追うのを思いとどまる。
 詳しい事情は、ここでも聞けそうだ。

「……乃々、輝子。話してくれるな?」
 
「うぅ……ぷ、プロデューサーさんの洞察力ぅ……」
 
「かなわないな、しんゆうには……」

 プロデューサーの圧力に負けて、乃々と輝子は事の顛末を話し始めた。


3 :◆S6NKsUHavA :2017/04/30(日) 21:10:49.70 :D+4uS1fU0

「帰るんじゃなかったのか、美玲」
 
「……!」

 社の屋上にしつらえられたベンチに座ってぼんやりと夕暮れ空を眺めていた美玲は、突然飛んできた声にびくりと体を震わせた。目の前に立つ人影を確認して、彼女はかすかに視線を動揺させる。

「わ、悪いかよ……ちょっと風に当たりたい気分になっただけだ! 今度こそ帰るからな! フン!」

 そう言って勢いよく立ち上がった美玲を遮るように、プロデューサーは両手を広げた。思わぬ行動に不意を突かれた美玲は、思わず棒立ちになってしまう。しばしにらみ合うような構図になっていたが、ややあってプロデューサーは腕を下げ、表情を和らげた。
 そして、美玲の中にあるモヤモヤに、正面から切り込む。

「シンデレラ選」 
「!!」

 彼の言葉に、美玲は一瞬泣きそうな表情で顔をしかめた。それを見て、プロデューサーは「やっぱりそれか」と呟くと、頭を掻きながら目の前の彼女を見つめた。
 シンデレラガール総選挙、と銘打たれたソレは、彼らの所属する美城プロダクション・アイドル事業部で開催される大がかりな人気投票だ。在籍する二百名弱のアイドルが芸歴・人気に関わらず全員横一列でエントリーされ、ファン投票によって順位を決定される。上位の者には美城が主催するフェスを飾るテーマ曲を与えられ、更にその頂点に立つ者には一年間『シンデレラガール』と言う称号が付与される。会社の顔として起用され、名実ともにトップアイドルとなれるチャンス。それが、総選挙。
 当然、既にトップアイドルと称してもおかしくないような人材がいる中で、頂点を目指すのは容易では無い。しかし、そこを目指す努力をすることで、個々のアイドルの輝きは一層まばゆいものとなる。そう言った信念の元に毎年開催されるソレは、今年で六回目となる。
 投票自体の終了はまだ先だったが、昨日社内で中間発表が行われていた。これは各プロデューサーに奮起を促すために内部公開されたもので、一般には公表されていない。もちろん、アイドル達にも。
 だが、そう言った情報は何処かで必ず漏れる。

「少し、話そうか」

 そう言って、プロデューサーは美玲を元のベンチへと促した。何となく逃がしてもらえなさそうな気配を感じた美玲は、渋々ベンチに腰掛ける。隣に座ったプロデューサーはスーツのポケットから小さな缶コーヒーを取り出すと、一本を美玲に手渡した。「メロンソーダじゃなくて悪いな」と笑いながら言う彼に複雑な表情をしながら、美玲はソレを受け取る。五月とは言え夕暮れとなると肌寒く、手のひらに伝わるミルクコーヒーの熱は美玲の気分を幾分落ち着かせた。
 カシュ、と言う音が重なり、二人は缶に口をつける。一気に煽るプロデューサーの横で美玲はちびりと舐め、甘さの中に潜む苦みの残滓に舌をしびれさせた。


4 :◆S6NKsUHavA :2017/04/30(日) 21:11:35.68 :D+4uS1fU0

「にが……」
 
「お子様」
 
「ふ、フン! こんなの飲むからプロデューサーみたいなオトナが出来上がるんだ!」
 
「お、それは褒め言葉として受け取って良いんだな?」
 
「ど、どうしてそうなるんだッ!? このバカプロデューサー!!」

 他愛ないやりとりが続く。彼女は、変わった。やりとりを続けながら、プロデューサーは思う。スカウトして連れてきたときは、素直さのかけらもない女の子だった。パンクファッションに身を包み、我が道を行く自称一匹狼。自分のスタイルをかたくなに貫き、認めない者には容赦なく牙をむく。とても扱いづらい女の子。
 その姿勢が、自分の中にある一種の弱さを見せないための防衛反応でもあると言うことに向き合ったときから、彼女は徐々に変わっていった。視界を制限するフードを時には外して周囲を見渡し、威嚇のために大きく見せかけた爪を仕舞い込んで、自分の爪でアピールするようになった。そして、インディヴィジュアルズというユニットを導くために、彼女は最後のこだわりだった眼帯も外した。
 自分を守るための殻だったそれらを一度全部脱ぎ捨てて、美玲はアイドルとしての自分の武器へと再構築した。一匹狼からユニットと言う群れを得た今、彼女は反転攻勢のさなかにいる。
 そんな彼女が受けた評価は。

「……美玲はどう思った、中間発表」

 プロデューサーの言葉に、美玲の表情がこわばった。うつむき、両手に持った缶を眺める。穿たれた穴から見える濁った液体は、彼女の心模様によく似ていた。

「……悔しい」

 ぽつりと、それだけの言葉が漏れる。
 中間発表時点での彼女の順位は、圏外。これは別に選外になったわけではなく、アイドルそれぞれの特性ごとにカテゴライズされた三つの属性別順位トップ十五位までから外れたことを意味する。中間発表の時点では正確な集計がまだなされていないため、あくまで暫定の数値としてトップテンとこのカテゴライズ順位のみが発表される。
 ただ、ここで圏外となった場合、返り咲くのはかなり難しいのも事実だ。

「ショーコも、ノノも、名前が載ってた。ウチだけ名前がなかった」
 
「それが悔しいのか?」
 
「違うッ! ……いや、それもあるけど……でも、違うんだ」

 美玲は続けて何かを言おうとするが、言葉の整理が出来ていないのかなかなか出てこない。プロデューサーは空になって冷え始めた缶を手に、辛抱強く待った。言いたいことの想像はつくが、それは彼女の口から語られるべきものだろう。恐らくは、その続きこそが彼女が今抱えている不安の本質で、彼に問いかけた言葉の真意だ。
 ややあって、美玲は決意したように口を開いた。


5 :◆S6NKsUHavA :2017/04/30(日) 21:12:21.39 :D+4uS1fU0

「ウチは、インディヴィジュアルズのリーダー。ウチがショーコやノノを巻き込んだんだから、それが当然だって思ってて」
 
「うん」
 
「でも、今回の発表を見て、ウチ思ったんだ。ウチがリーダーで、本当に良いのかなって。ユニットで一番人気の無いウチがユニットを引っ張ったら、ユニット自体に傷がつくんじゃないかって」
 
「うん」
 
「だから、ウチ、二人に相談しようと思ったんだ。リーダーのこと。ショーコもノノも、発表のことは知ってたし。でも、なんか言い出せなくって……そしたら、どんどん二人と顔もあわせづらくなって」
 
「それで、今日はレッスンがバラバラだったのか」
 
「……うん」

 こくりと頷く美玲に、プロデューサーは苦笑を飲み込んだ。およそ、予想していたとおりだった。彼女は、ユニットリーダーとしての自分に魅力が無いのではないかと思い始めているのだ。順位だけを見れば、彼女は群れの中で一番『弱い』。そんな自分が、長として群れを率いるのはダメなんじゃないか。そう思い始めている。少し違ったのは、彼女の中間発表の受け止め方が、予想以上に深刻だと言うことだ。
 だが、彼女は勘違いをしている。

「……弱気になるのは許さないって言ったぞ、リーダー」
 
「インディヴィジュアルズを信じてくれって、言ってくれたじゃないですか、リーダー」
 
「……!? ショーコ、ノノ、いつの間に……」

 突然降ってきた声に顔を上げた美玲は、そこに並ぶ二つの影を見て驚いた声を上げた。プロデューサーは思惑通りに言ったことに満足しながらも、軽く種明かしをする。

「美玲に声をかける前に、こっそり隠れて貰ってたんだよ。ここは姿を隠せるポイントが多いからな」
 
「じゃ、じゃあ、今までの話……」
 
「フヒ……全部聞いてた」

 狼狽する美玲に、輝子が肯定した。知らない間に弱気で恥ずかしい告白をしていたことが確定して、美玲は顔から火が出そうなほど真っ赤になる。
 そんな彼女の熱を、意外な言葉が吹き飛ばした。


6 :◆S6NKsUHavA :2017/04/30(日) 21:13:39.72 :D+4uS1fU0

「もりくぼは……私は、インディヴィジュアルズの森久保乃々ですけどぉぉぉぉ!!」
 
「!? の、ノノ……!?」

 突然ほとばしった乃々の絶叫に、美玲の目が点になる。叫び終えた乃々は息切れしたように肩を上下させると、ポカンとした表情のままの美玲に向けて震える声で言った。

「美玲ちゃんは……もりくぼを机の下から出してくれて、カッコイイもりくぼを見つけてくれたんです」

 そう言って、乃々はまっすぐに視線を向ける。美玲に向けて、まっすぐに。

「ノノ……」

 その横には、背筋を伸ばしていつになく真剣な視線を送る輝子。

「ヒャッハーしなくても、キノコがいなくても、言いたいことが言える。そんな私を見いだしてくれたのも、美玲ちゃんだぜ?」
 
「ショーコ……」

 二つの視線を受け、美玲は再び泣きそうな表情を浮かべた。二人は、心の底からそう思っている。美玲のお陰で新たな自分の可能性を見いだし、自分たちを次のステップへと進めることが出来た。自分たちの力だけでは到達出来なかったかも知れない場所。そこへ連れて行ってくれたのは、間違いなく美玲なのだと。
 空き缶をベンチに起き、プロデューサーは言った。

「リーダーの資質は、人気じゃない。言葉の通り『導く力』だ」
 
「導く……力」

 オウム返しに呟く美玲に、彼は頷いて続ける。

「人気は、個人に対する一時の評価に過ぎない。当然、実力は必要だが、それはあくまで個人の実力だ。リーダーに必要なのは、そんな個人を束ねて、個人の実力以上のものを引き出す力。ちょうど、美玲が輝子や乃々の新たな一面を引き出したみたいにな」
 
「ウチが、引き出した……」
 
「そうだ。それは、美玲だからこそ出来たことなんだ。他の誰でもない、美玲自身の力だ」

 そう言って、プロデューサーは空き缶を手に立ち上がる。日は半ば没し、屋上のライトが一斉に点灯した。一瞬のまばゆさに目を細める美玲。まるで、舞台の上のスポットライトみたいだ。そんな思考が頭の中をよぎったとき、プロデューサーの言葉が、彼女の頭上から降り注いだ。


7 :◆S6NKsUHavA :2017/04/30(日) 21:15:27.57 :D+4uS1fU0

「美玲の目指す『最強』って、なんだ?」
 
「!!」

 逆光に照らされた輪郭が、問いかける。
 彼女の目指すものは何か。彼女の本当になりたいものは、何ものか。

「シンデレラガールの座を勝ち取れば、それが最強か? そこが、美玲のゴールか?」
 
「違うッ!!」

 立ち上がり、否定する。一匹狼だった彼女なら、迷ったかも知れない。目に見える形としての最強(トップ)の座に、心動いていたかも知れない。
 だが、美玲は否定した。迷うこと無く、はっきりと。

「ウチは……ウチ『ら』のゴールは全員で最強になる事だ! 誰にもたどり着けないところまで、ウチらの個性で、昇り詰めること……限界なんてないって、証明すること!」
 
「美玲ちゃん……」
 
「フヒ……そう、だな」

 美玲の言葉に、乃々と輝子も深く頷く。

「シンデレラガールに興味がないって言ったらウソだけど……でも、ウチはきっと食らいつくぞ! トップの座に噛みついて、さらにその先を目指すッ! ……ショーコ、ノノ。ついてきてくれるか……?」

 遠慮がちに、しかし幾分か自信を取り戻したように差し出された彼女の右手に、二つの右手が重なった。三人の視線が交錯し、それぞれの顔に笑みが宿る。それは、志を同じくした、異なる個性の絆。バラバラに檻の中を彷徨っていた怪物たちが、自らの檻を破って形成した、最強の群れ。
 それをまとめあげたのは、眼帯の奥で未来を見据え、鋭い爪で困難を打ち破る怪物。

「へこたれてなんかいられないな……ショーコ、ノノ、気合い入れて行くぞッ!!」
 
「おー!!」

 早坂美玲という名の、個性の塊。


8 :◆S6NKsUHavA :2017/04/30(日) 21:15:56.58 :D+4uS1fU0




「これからは、ウチらのターンだ!」





(了)


9 :◆S6NKsUHavA :2017/04/30(日) 21:16:48.29 :D+4uS1fU0

ありがとうございました。
よろしければお帰りの際に、早坂美玲、早坂美玲に一票を、よろしくお願いいたします。


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】早坂美玲「これからは、ウチらのターンだ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493554124/