響子「今日もまた調理場を借りて作っちゃいました」

P「オムライス、大好物です」

響子「どうぞ、召し上がって下さい!」

P「いただきます。今日のケチャップアートは……クマ?」

響子「正解です!」

P「段々わかるようになってきた」

響子「もっと上手に描きたいんですけどね」

P「十分うまいよ、こっちのハートマークなんか芸術の域だ」

響子「……」

P「さて、いただきます。……やはり美味い」モグモグ

響子「良かった、えへへ」

P「響子のオムライスはレンコン入ってて美味しい」

響子「Pさんがレンコン好きなの、覚えてたので」

P「教えたことあったっけ?」

響子「ふふっ、ありましたよ」

P「マジか、覚えてない」

響子「私は覚えてますよ、絶対忘れません♪」


3 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 19:05:19.27 :25R73aiOo

数日後



ちひろ「大変です!」

P「どうした!」

ちひろ「何かもうお決まりの展開でなんやかやあって、どうのこうのした結果に響子ちゃんが小さくなっちゃいました!」

P「そうか!」

ちひろ「こちらが小さくなった響子ちゃんです」

響子「……」チマッ

ちひろ「めっちゃ可愛いです」

P「性格変わってるな、大人しい」

ちひろ「ついでにさくらちゃんも小さくなりました」

P「ついでとか言うな」

ちひろ「あのザマです」

P「あのザマとか言うな」

さくら「ねぇー、テレビつけてよぉ」チマッ

P「いつもとあまり変わらんな」


4 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 19:06:56.33 :25R73aiOo

ちひろ「じゃあ後はお願いします」

P「マジかよ」

ちひろ「では」

ガチャッ バタン

P「……」

響子「……」

さくら「テレビつけてよぉ」

P「はいはい、なに見るんだ」ポチッ

さくら「プリキュア」

P「やってないよ、あれ日曜だろ確か」

さくら「じゃあピタゴラスイッチ」

P「やってるかな……やってないな、始まるまで他の見てろ」ポチッ

さくら「はぁい」


5 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 19:08:26.97 :25R73aiOo

響子「……」

P「響子もテレビ見ろ」

響子「……」タジ

P「怖くないよ、大丈夫」

響子「……誰ですか」

P「ん?」

響子「……」

P「俺? 響子のプロデューサーって言って、分から、ない、みたいだな」

響子「……」

P「まぁ、分かったら響子が俺を怖がるわけ無いか」

さくら「おじさん何するひと?」

P「おじさんじゃない」


6 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 19:10:06.90 :25R73aiOo

さくら「何するひと?」

P「プロデューサー」

さくら「??」

P「お兄さんは、プロデューサーです」

さくら「ぷりょ……」

P「プロデューサー」

さくら「ぷりょりゅーさー」

P「惜しい」

響子「……プロデューサー」

P「おっ、響子はちゃんと言えるな、偉いぞ」ナデナデ

響子「……」

さくら「ぷぉにゅーさー」

P「言えてないけどさくらも撫でてやろう」ナデナデ

さくら「えへへー」


7 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 19:12:04.82 :25R73aiOo

P「子供ってどう対応すればいいんだろう」

響子「……」

さくら「おやつ」

P「遊んでやればいいのか」

響子「……」

さくら「おやつ」

P「取りあえずおやつ食べるか」

さくら「たべる!」

響子「……」

P「ドーナツがあるな、これでいいか、後で買い直しておこう」

響子「ドーナツ……」

P「響子の分もあるぞ、おいで」

響子「……」テテテ


8 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 19:14:22.16 :25R73aiOo

P「では、ちゃんと自己紹介できたらドーナツをあげよう」

さくら「じこ……?」

響子「……?」

P「じゃあ響子、お名前と歳を教えて下さい」

響子「あ……えっと、いがらし、きょうこ、5さいです」

P「ちゃんと言えて偉いから、ドーナツをあげよう」

響子「あ、ありがとうございます……!」

P「にしても、十歳も若返ってたか」

さくら「さくらにも聞いてー」

P「さくらにも聞こう、お名前と歳を教えて下さい」

さくら「さくらはぁ、さくらでぇ、5さいでぇす」

P「ふむ」


9 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 19:15:36.56 :25R73aiOo

さくら「えらい?」

P「偉い、けど苗字は?」

さくら「みょーじ」

P「さくらは、何さくらちゃんですか」

さくら「……」

P「……」

さくら「……むだまつ」

P「無駄ではない、決して無駄ではない」

さくら「むだではない」

P「村松」

さくら「むらまつ」

P「よし、ドーナツをあげよう」

さくら「わぁい♪」


10 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 19:17:21.49 :25R73aiOo

響子「……」パクッ

さくら「……」モグモグ

P「幼女が夢中でドーナツを頬張る姿……何だこれ可愛いぞ」

ガチャッ

法子「ただいまー!」

P「おかえり法子」

法子「うん! ……あれ!? ドーナツ無い!?」

響子「!」

さくら「!」ビクッ

P「ああ、すまん、後で買い直しておこうと思ったんだが」

法子「えー、楽しみにしてたのにー!」

響子「あ、あのっ……!」


11 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 19:19:26.23 :25R73aiOo

法子「えっ?」

響子「あの……わたしが、ドーナツ食べちゃいました……」

法子「……」

響子「あの、ごめんなさい……べんしょうします……」

法子「……?」

P「響子です、色々あって縮みました」

法子「響子ちゃん!?」

響子「っ」ビクッ

法子「あっ、ごめんね、いい子いい子……超かわいい」ナデナデ

さくら「……」ソー

P「おい、さくら、なぜ俺のほうに使った皿を寄せるんだ」

法子「そっちはさくらちゃん!?」

さくら「ぷろゆーさーさんがドーナツ食べた」

法子「プロデューサーって言えてない! 可愛い!」


12 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 19:21:10.73 :25R73aiOo

さくら「ぷろゆーさーさんが食べた」

法子「口の周りにチョコ付いてるよ」

さくら「ついてない」

法子「ドーナツ食べたでしょ」

さくら「しらないもん」プイッ

法子「ふてぶてしい! 超かわいい!」

さくら「さくら皆からかわいいって言われる」

法子「うん、可愛い」ナデナデ

さくら「えへへー」

法子「ドーナツ食べたでしょ」

さくら「……ほんとは食べた」

法子「美味しかった?」

さくら「ちょーおいしかった!」

法子「良かった! 正直に言えたから許してあげる!」


13 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 19:23:32.47 :25R73aiOo

法子「うっ、ドーナツ分が切れそう……ミスド行ってくるね!」

P「あ、待て待て……これ、ドーナツ代」

法子「えっ、いいのに」

P「お詫びと手間賃いれて千円な」

法子「んー、じゃあ貰っちゃう、ありがとっ!」

P「気を付けて行っておいで」

法子「うん! 響子ちゃんもさくらちゃんも、またねっ」

さくら「またねー」パタパタ

響子「ドーナツ、ごちそうさまでした」フリフリ

法子「手ぇ振ってる! 超かわいい! またねっ!」

ガチャッ バタン

P「さくらおいで、口の周り拭いてやる」

さくら「えー」

P「動くな動くな……よしよし」フキフキ

さくら「んむー」


14 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 19:25:54.65 :25R73aiOo

P「響子も拭いてやる」

響子「あ、だいじょうぶです……」

P「いいからいいから」フキフキ

響子「ん……」

P「よし、綺麗になった」

響子「ありがとうございます……」

P「どういたしまして」

響子「……ハンカチ、かして下さい」

P「ん? いいよ、はい」

響子「しゃがんで下さい」

P「しゃがむの? うん、はい」

響子「……」フキフキ

P「……あれ、俺も汚れてた?」

響子「少しだけ」

P「そっか、ありがとう響子」

響子「は、はい……どういたしまして」


15 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 19:29:09.19 :25R73aiOo

P「何かして遊ぶか」

さくら「ピタゴラスイッチ!」

P「お前それ好きな」

さくら「じょうずに体操できるもん」

P「響子は何したい?」

響子「わたしは、なんでもいいです」

P「じゃあとりあえず体操するか」

さくら「やったぁ」

テッテテッテ テッテテッテテー

さくら「こっち向いて二人でまえならえー♪」

P「待て、三人いる」

~中略~

響子「手をよこにー あらあぶない♪」

さくら「あたまを下げれば ぶつかりません♪」ペチッ

P「身長差がありすぎて下がると顔面にぶつかる」


16 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 19:31:33.54 :25R73aiOo

さくら「ぷよるーさーさんスイッチの つくりかた♪」

P「語呂が悪いな」

さくら「空きばこに ボタンを五つ描きまして♪」

P「空き箱? ちょっと待ってて」

響子「ひらがな五つ入れたなら」

P「待てって。ティッシュ箱でいいか」

響子「まがるストロー アンテナにして♪」

さくら「ぷよるーさーさんスイッチの できあがり♪」

P「出来てないよ、まだティッシュ裏返しただけだよ」

さくら「……」

響子「……」

P「ストロー……あったかな」

さくら「ぷよるーさーさんスイッチの つくりかた♪」

P「二回目? 待て待て待て、必要なもの準備するから待て」


17 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 19:33:33.18 :25R73aiOo

さくら「ぷろうーさーさんスイッチ」

響子「おねえさんも可!」

さくら「いきますよー♪」

P「さくらは呼び方を統一しろ」

さくら「ぷろうーさーさんスイッチ『ぱ』」ポチッ

P「ぱ!?」

さくら「ぱ」

響子「がんばって下さい!」

P「……師よ、技を借ります。空まで飛んでけパラグライダー!」ピョーン

さくら「あははははっ!」

響子「ふふっ、あははっ」

P「尊敬する師匠の持ちネタだ、面白かったか」

さくら「まぁまぁ」

P「あんなに笑ってたのに……」


18 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 19:35:30.11 :25R73aiOo

さくら「……ふぁ~」

P「眠いのか?」

さくら「ねむい」

P「じゃあお昼寝タイムにしようか」

響子「あっ……」

P「ん?」

響子「……なんでも、ないです」

P「言ってみろ言ってみろ」

響子「……わたしは、まだ平気です」

P「そうか、じゃあ取りあえずさくらだけ寝かせよう」

さくら「ねる」

P「ソファーまで頑張れ」

さくら「んー」

P「スイッチ持ったまま寝る気か、壊さないように置いとけ」

さくら「やだー」


19 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 19:37:17.30 :25R73aiOo

さくら「……zzz……」スピー

P「すごい早さで寝た」

響子「毛布、かけてあげなきゃです」

P「その通りだ、響子は気が利くな」

響子「えへへ」

 モフモフ

P「よし、と……それじゃあ、響子は何して遊びたい?」

響子「……」

P「ん?」

響子「……なんでも、いいです」

P「ふむ」

響子「……」

P「響子はもっと、積極的になっていい」

響子「えっ?」


21 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 19:39:54.38 :25R73aiOo

P「やりたい事とか、どんどん言っていいぞ」

響子「でも……」

P「俺の知ってる響子は、もっとぐいぐい来る、強い」

響子「ぐいぐい?」

P「ぐいぐい来るのが響子の魅力の一つだ」

響子「みりょく?」

P「響子のそういう所が好きってこと」

響子「……」

P「さあ、何がしたい、何でもいいぞ」

響子「……でも、大人のひとには、多分つまんないです」

P「問題ない、俺はほら、ものを楽しむ達人だから」

響子「……」

P「……」

響子「……おままごと、したい」

P「よし! じゃあテーブル用意しよう」

響子「あのっ、わたしママやってもいいですか?」

P「いいよ、じゃあ俺パパね」


22 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 19:42:56.00 :25R73aiOo

P「ただいまー」

響子「おかえりなさい!」パタパタ

P「いやー今日も仕事がんばった」

響子「お疲れさまです、かばんお持ちしますね」

P「ちょっと重いぞ」

響子「だいじょうぶです、よいしょ」

P「ありがとうママ」

響子「えへへ。ご飯できてますよ」

P「今日のご飯なに?」

響子「……なにが好きですか?」

P「んー、ハンバーグ」

響子「じゃあハンバーグです!」

P「あとオムライス」

響子「ハンバーグとオムライスです!」

P「レンコン好きだから、どっちかにレンコン入れてね」

響子「えへへ、わかりました」


23 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 19:45:48.72 :25R73aiOo

響子「オムライスに、ケチャップでハート描きました」

P「やった」

響子「はい、めしあがれ♪」

P「いただきます。もぐもぐ、美味しい」

響子「えへへ」

P「ハートの所、食べるの勿体ないな」

響子「のこしちゃダメですよ」

P「ママはハートを描くのが上手いなぁ」

響子「……でもホントに描いたらへたっぴなんです」

P「ん? そんなことないぞ、いつも描いてもらってるけどかなり上手だ」

響子「……? じゃあ練習しておきますね」

P「うん」

響子「スプーンかして下さい」

P「はいよ」

響子「はい、あなた……あーん」

P「あーん」

響子「えへへ、いっぱいたべて下さい♪」


24 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 19:48:26.62 :25R73aiOo

響子「お風呂にはいりましょう!」

P「わかった」

響子「お背中あらいますね」

P「頼みます」

響子「じゃぶじゃぶ」

P「綺麗になった?」

響子「なりました!」

P「じゃあママも洗ってあげよう。後ろ向いて」

響子「お願いします」クルッ

P「じゃぶじゃぶ」

響子「くふふっ、ちょっとくすぐったいです!」

P「……」

響子「……?」

P「えいっ」コチョコチョ

響子「きゃっ! あははっ! ダメです、お風呂であそんだら危ないですよっ、あははっ!」


25 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 19:52:10.67 :25R73aiOo

P「明日も仕事だから寝ようか」

響子「はい」

P「じゃあ、おやすみ」ゴロン

響子「あっ、まって下さい」ヨジヨジ

P「……何故お腹の上に乗る」

響子「ええと、何だっけ……あっ、そうだ、マッサージです!」

P「寝る前のマッサージ? ママは尽くす人なんだな」

響子「ほしいものをお願いするマッサージです」

P「うん? よく分からんが、マッサージなら俺、うつ伏せの方が良くないか?」

響子「?? パパはいつもこっち向きです」

P「……待て、それはもしや」

響子「弟がほしいです!」ユサユサ

P「ゆさゆさするな」

響子「えっ、でも、こういうマッサージだってママが……」

P「……そのうち弟は生まれるよ多分」

響子「ホントですか!?」

P「うん、でもそのマッサージは大人がやるやつだから、響子はもう真似しちゃ駄目だ」

響子「あっ、そうなんですか、ごめんなさい……」


26 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 19:54:39.03 :25R73aiOo

P「……すやすや」

響子「……」ツンツン

P「ん?」

響子「なんでもないです」

P「そう」

響子「……」

P「……すやすや」

響子「……ふふっ」ツンツン

P「なんだママ」

響子「え? なんにもしてないですよ?」

P「そうか」

響子「……」

P「……すやすや」

響子「……えへへ」ツンツン

P「捕まえた!」ガシッ

響子「わっ! あっ!」

P「イタズラする悪いママはくすぐりの刑だ」

響子「きゃーっ! ごめんなさいごめんなさい! あははっ!」

P「んー?」

響子「やだやだ! あははっ! ごめんなさい、やだー!」バタバタ


27 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 19:56:56.70 :25R73aiOo

P「おやすみなさい」

響子「はぁ、はぁ……おやすみ、なさい」

P「……すやすや」

響子「……よいしょ」ギュー

P「ん?」

響子「えへへ」ギュー

P「……すやすや」

響子「……すやすや」

P「……」

響子「……ちゅんちゅん」

P「ん?」

響子「あなたー、朝ですよー」

P「寝た気がしないな」

響子「めだま焼きとたまご焼き、どっちにしますか?」

P「目玉焼きも玉子焼きの一種では?」

響子「??」

P「目玉焼きで」

響子「はーい、すぐに作りますねっ!」


28 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 19:59:59.12 :25R73aiOo

響子「ネクタイ結んであげたいです」

P「そうか、じゃあお願いしようかな」シュルッ

響子「えっと……うしろに回して、かさねて」

P「ネクタイ結べるなんて凄いなぁ」

響子「えへへ、パパにやってあげたことあります……えっと、くるってして」

P「……」

響子「えっと……」

P「……」

響子「……あれ? ええと……」

P「輪っかにして、後ろから輪っかに通して」

響子「輪っかにとおして……」

P「細いほう持って、引っ張って」

響子「ひっぱる……できました!」

P「ありがとうママ、じゃあ会社に行ってきます」

響子「あっ、いってらっしゃいのチュウしなくちゃです!」

P「じゃあ、ほっぺにしてくれ」

響子「はい……ちゅっ♡ えへへ、いってらっしゃい」


29 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 20:01:55.14 :25R73aiOo

P「ぴっぽっぱっ……もしもし、ママですか」

響子「もしもし、ママです」

P「今日の夕飯は何ですか」

響子「きょうはオムライスです!」

P「オムライス大好きです」

響子「ふふっ、レンコンも入ってます」

P「やった」

響子「はやく帰ってきて……あれ?」

P「ん?」

 ピカー

P「何か光ってる」

響子「……?」

さくら「……zzz……」ピカー

響子「あかちゃんが光ってる!?」

P「赤ちゃん役だったのかさくら」


30 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 20:03:42.88 :25R73aiOo

P「えっ、さくら何で光ってんの」

さくら「……zzz……」ピカー

響子「ど、どうしよう……」

P「俺が見てみるから、響子はちょっと離れてて」

響子「あ、あぶないのは、ダメですよ……」

P「大丈夫」

さくら「……zzz……」ピカー

P「……見事に光ってるな、何これ」

さくら「……zzz……」ピカー

 キラッ

P「眩しっ、何だ……?」

さくら「……んー?」

響子「あかちゃん大きくなった!?」

P「……元に、戻ったみたいだな」


31 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 20:05:58.40 :25R73aiOo

さくら「……なんですかぁ」

P「おはよう」

さくら「おはようございまぁす」

P「戻れて良かったな」

さくら「……? 変な夢みた」

P「ほう」

さくら「ちっちゃいイズミンとアコちゃんと遊ぶ夢みました」

P「いや、小さくなったのはさくらだよ」

さくら「……?」

P「……あれ? スイッチどうした?」

さくら「スイッチ?」

P「ぷよるーさーさんスイッチ、持ったまま寝てたろ」

さくら「??」

P「覚えてないのか?」

さくら「……ふぁ~、何か眠いですよぉ、もう一回ねよー」パタリ


32 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 20:07:39.43 :25R73aiOo

響子「さくらちゃん、いっしょに遊んだの忘れちゃったんですか……?」

P「みたいだな」

響子「さみしい……」

P「うん」

響子「……」

P「……」

響子「……あの、ぎゅって」

P「うん」

 ギュッ

響子「……」ギュー

P「……」

 ピカー

P「おっ」

響子「……えっ」ピカー

P「まぁ、さくらが戻ったって事は、響子もそろそろだわな」

響子「あれ? 光ってる……あれ?」


33 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 20:09:36.68 :25R73aiOo

P「大丈夫、元の大きさに戻るだけだから、怖くないよ」

響子「……もどるって、えっ……大きくなるんですか……?」

P「うん、まぁそんな感じ」

響子「……もどったら、さくらちゃんみたいに」

P「ん?」

響子「今日のこと、忘れちゃいますか……?」

P「……んー、どうだろ」

響子「……」

P「……」

響子「……忘れたくないです」

P「うん」

響子「……」

P「……」ナデナデ

響子「プロデューサーさんのこと、忘れたくないです……」

P「うん、まぁ分からん、覚えていられるかも知れないし」


34 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 20:11:36.18 :25R73aiOo

響子「……あの」

P「うん」

響子「……プロデューサーさん、好き」

P「そっか、ありがとう、俺も響子のこと好きだよ」

響子「今日のこと、ぜったい」

P「うん」

響子「ぜったい、ぜったい忘れないので……」

P「うん」

響子「大きくなっても覚えてたら、プロデューサーさんの……」

P「……」

響子「……お嫁さんにして下さい」

P「……分かった、お嫁さんにする」

響子「やくそく、ですよ」

P「うん」

響子「ぜったい、忘れません、覚えてますから……」

P「うん」ナデナデ


35 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 20:14:14.15 :25R73aiOo

P「大人になっても俺のこと好きだったら」

響子「……」

P「直接言うか、何かでちゃんとアピールしてくれよ」

響子「……」

P「俺、鈍感だから」

響子「……」

P「……」ナデナデ

響子「じゃあ……本物の、お嫁さんに、なれるように……」

P「うん」

響子「お料理も、ほかの色んなことも、いっぱいれんしゅうします……」

P「うん」

響子「それで、ハートも、じょうずに描けるようにして……」

P「うん」

響子「大人になったときに、まだ好きって伝わるように、オムライス――」

 キラッ

P「……」

響子「んっ……」

P「……戻った」


36 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 20:17:35.63 :25R73aiOo

響子「……あれ?」

P「おはよう」

響子「Pさん……わっ、わっ!」

P「どうした?」

響子「なんで、抱きかかえられて……わぁっ……」

P「……」

響子「あ、あの、ごめんなさい、寝ちゃってましたか、私」

P「……まぁ」

響子「ごめんなさい、重かったですよね! すぐ降りますので」ワタワタ

P「今日のこと覚えてるか?」

響子「今日の事、ですか?」

P「うん」

響子「えっと……急にピカッて、光って……気付いたら、今でした」

P「……」

響子「……悲しい感じの夢を、見てました」

P「夢?」

響子「はい。両親が、私のこと分からなくなっちゃうんです」

P「……夢の他には、何か覚えてないか?」

響子「……んー、ごめんなさい、覚えてないです」

P「……そっか」


37 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 20:22:39.50 :25R73aiOo

また数日後



響子「はい、出来ました!」

P「やった」

響子「レンコンも入ってます。どうぞ、召し上がれ♪」

P「いただきます。今日のケチャップアートは……ネコ?」

響子「正解です!」

P「どんどん絵が上手くなってる。こっちのハートなんか最早プロの技だよ」

響子「……」

P「味もプロ並だ、美味しい」

響子「えへへ」

P「ネコとかハートとか、スプーン入れるのが勿体ない」

響子「残しちゃ駄目ですよ」

P「いや残さないけど」

響子「……」

P「勿体ない、こんなに素晴らしいハートなのに」

響子「……あの」

P「ん?」

響子「ハート……何か、思い出したりしませんか?」

P「ハート? んー……」

響子「……」

P「ハートを上手に……ん? オムライス、んん? 待てよ、響子」

響子「は、はいっ!」

P「やっぱりこの前のこと、覚えてるんじゃないか?」

響子「??」


38 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 20:25:14.99 :25R73aiOo

響子「この前って、例の、小さくなっちゃったっていう日ですか?」

P「うん」

響子「んー……ずっと見てた夢は鮮明に覚えてるんですけど」

P「ああ、悲しい夢がどうのって」

響子「はい、夢の中では、パパもママも私のことを知らなくて」

P「ふむ」

響子「小さい私が居るらしくて、でもその小さい私が居なくなっちゃって」

P「居なくなった」

響子「そうなんです、それで、私も探すのをお手伝いしたんですけど」

P「見つかったのか?」

響子「見つからなかったんですよね……」

P「そうか……その後ちゃんと見つかってるといいけど」

響子「ですね……って夢の話ですよ、あははっ」

P「……小さくなってた時の記憶は無いと」

響子「……ごめんなさい」

P「いや、いいんだ」


39 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 20:28:57.35 :25R73aiOo

P「ちょっとネクタイ結んでもらえるか」シュルッ

響子「ネクタイですか? はい、いいですよ」

P「じゃあ頼む」

響子「よいしょ」スルスル

P「……」

響子「後ろから、輪っかに……」スルッ

P「……」

響子「細いほうを持って、引っ張って……はい、出来ました!」キュッ

P「……じゃあ」

響子「?? 何ですか?」

P「じゃあ会社に行ってきます」

響子「ふふっ、ここがもう会社……あれ? 待って下さい……」

P「……」

響子「……っ! あっ、あ、ええと……」

P「……」

響子「あの、行ってきますの、チュウ……なんて」

P「じゃあ、ほっぺにしてくれ」

響子「……っ」


40 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 20:32:21.52 :25R73aiOo

P「本当にこの前の事、覚えてないのか?」

響子「ご、ごめんなさい、この前のことは、思い出せないんですけど……」

P「ふむ……」

響子「……オムライス、冷めちゃいますよ」

P「うん、いただきます」

響子「……」

P「何度か響子にオムライス作って貰ったけど」

響子「……」

P「ハートの絵は、そういえば毎回描いてあったな」

響子「それは、描きますよ……」

P「……」

響子「Pさんの気持ちは変わっちゃってるかもって思って」

P「……」

響子「今さら迷惑かもって思って、言えませんでしたけど」

P「……」

響子「私は、ずっと……」


41 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 20:33:47.69 :25R73aiOo

P「こっち来て」

響子「……はい」

P「……」

響子「……」

P「さっきの」

響子「さっきの……続き、ですか……?」

P「……」

響子「……ほっぺで、いいんでしたっけ……あの、それとも……」

P「……」

響子「……」

P「……」

響子「……」スッ

 ガチャッ バーンッ

ちひろ「大変です!」

P「!!」

響子「……!」ササッ


42 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 20:36:04.33 :25R73aiOo

P「ど、どうした」

ちひろ「……あ、何かお邪魔だったみたいですね」

P「いや……」

響子「……」

P「それより、何があった」

ちひろ「このザマです」

P「ん?」

さくら「……」チマッ

P「……」

さくら「ぷよるーさーさんスイッチ おねえさんも可!」

P「何でまた小さくなってんだよさくら……」

さくら「いきますよー♪」

P「スイッチあったのか」

響子「……さくらちゃん!?」

P「ああ、この前は響子もこんな感じだったぞ」

響子「わぁ! このスイッチ、わっ、懐かしい……!」

P「懐かしい、ふむ……」

さくら「ぷよるーさーさんスイッチ『ぷ』」ポチッ

P「ぷ!?」

さくら「ぷ」


43 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 20:38:41.18 :25R73aiOo

P「ぷ、ぷ……」

さくら「わくわく」

P「プロデュース活動……?」

さくら「??」

P「……いや」

響子「……」

P「響子」

響子「は、はいっ」

P「響子は大学は行くのか」

響子「えっ? え、大学、ですか? はい、多分……」

P「アイドルをそれ以降も続ける気は?」

響子「えっと、高校生のうちは、続けようと思ってます」

P「ふむ」

響子「大学は分からないですけど、続けたとしても、卒業までかなって」

P「そうか」

響子「卒業したら、普通に就職とか……もしくは……えっと」

P「……」

響子「……」

ちひろ「何かピンク色な空気なんで、向こう行きましょうねー」

さくら「ピンク! さくらはぁ、ピンクが大好きぃ」

ちひろ「そうだねー」


44 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 20:40:48.92 :25R73aiOo

P「響子」

響子「……はい」

P「七年、待てるか」

響子「……」

P「もし、その頃まで俺のこと――」

響子「好きに決まってます」

P「ん?」

響子「十年間もずっと好きだったんですから、七年後も好きに決まってます」

P「……そっか」

響子「約束、ですからね」

P「うん」

響子「私は、ぜったい覚えてますから、ずっと好きですから」

P「うん」

響子「Pさんも、今度は忘れたら駄目ですよ」

P「分かった」

響子「……えへへ」

P「じゃあ、七年後、大学を卒業したら」

響子「はい」

P「……」

響子「……」

P「……言うの恥ずかしい」

響子「そこははっきり聞きたいです!」


45 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 20:43:19.12 :25R73aiOo

さくら「お姉さんスイッチ『あ』」ポチッ

ちひろ「あ、あ……甘いもの食べる?」

さくら「たべる!」

ちひろ「でも良い子にしかあげません」

さくら「ちょうだいっ、いい子にするから、ちょうだいっ」

ちひろ「それなら、はい、どうぞ」

さくら「わぁい♪」

ちひろ「やっぱりあーげないっ」ヒョイッ

さくら「……」ジワッ

ちひろ「わっ、ごめんなさい! はい、あげる、いっぱいあるから全部あげます!」

さくら「えへへぇ、やったぁ」

ちひろ「私も食べよ」

さくら「えー、さくらがぜんぶ貰ったのにぃ」

ちひろ「……」

さくら「えへへー」

ちひろ「分ーけーてっ」

さくら「もー、しょうがないなぁ……じゃあー、分けてあげるねっ」

ちひろ「うざ可愛い……」


46 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 20:46:24.61 :25R73aiOo

以上です。
分かりにくかったら申し訳ありません。矛盾などは見つけても見なかった事にして下さい……。
ではHTML化の依頼を出して参ります。


47 :◆J6sXPQ/xjk :2015/01/28(水) 20:50:42.70 :25R73aiOo

村松を出したのは趣味です。
ご覧いただきましてありがとうございました。


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】モバP「幼児退行とオムライス(レンコン入り)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1422439373/