―Pの自宅―


響子「へー、プロデューサーさんのお家ってこんな感じなんですねっ!」

P「ああ。ちょっと狭いけど、ゆっくりしてくれ」

まゆ「うふ、プロデューサーさんの家……うふふ」ウットリ

P「まゆ、部屋を物色するのはいいけど、物を持ち帰るのはやめてくれよ?」

まゆ「でも、響子ちゃんも隠れて持って帰ろうとしてますよぉ?」ガサゴソ

響子「何言ってるんですか、まゆちゃん。私は掃除をしてるだけですよ!」ガサゴソ

P「二人とも、その手を止めてから言ってくれると助かるんだが……」


2 :◆zQ8C2ue3ZM :2017/03/12(日) 01:24:54.21 :4f0Ti0b/0

智絵里「あの、プロデューサーさん」クイクイ

P「ん? どうしたんだ智絵里」

ゆかり「今日は、プロデューサーさんが手料理を作ってくれるって言ってましたけど。その、大丈夫なんですか?」

智絵里「もし良かったら、私たちでお手伝いしたいなって……」

P「ああ、そのことなら心配ないよ。今日の朝から作っておいたんだ」

まゆ「プロデューサーさんの、手作り料理……」

響子「とっても、たのしみですっ!」

P「そう言ってくれると作った甲斐があるよ。まあ、そこで座って待っててくれ。今持ってくるから」スタスタ


3 :◆zQ8C2ue3ZM :2017/03/12(日) 01:26:17.60 :4f0Ti0b/0

ゆかり「それにしても、言ってみるものですね。無理なお願いかとばかり思っていましたが」

響子「私も、お家に行ってみたいなんて、すぐにダメって言われるって思ってました」

智絵里「……お食事まで用意してくれて、すごくうれしい……です」


まゆ「まゆは、何度か来たことがありますけどねぇ」

ゆかり「まゆさん、それは聞き捨てなりませんね」

智絵里「……約束は、守らないと」ギラリ

響子「たしか抜け駆けしたら、指一本、でしたっけ?」

まゆ「うふ。もちろん、夢の中の話ですよ」


4 :◆zQ8C2ue3ZM :2017/03/12(日) 01:28:56.16 :4f0Ti0b/0

ゆかり「鉄の掟はしっかりと守ってもらわないと、ダメですよ」

響子「そうですよ、私たちで決めたことなんですから」

智絵里「……みんな仲良く」

まゆ「そうですね……。まゆもそう思います」


ゆかり(仮に、そういうことをしようとするときは)

響子(みんなに見つからないように)

智絵里(……ひっそりと)

まゆ(やるしかないですよねぇ)


5 :◆zQ8C2ue3ZM :2017/03/12(日) 01:32:01.25 :4f0Ti0b/0

P「おーい、みんなお待たせ!」ガチャガチャ

ゆかり「プロデューサーさん、お勤めごくろうさまです」

響子「私、料理を運ぶの手伝いますよっ!」スクッ

まゆ「――ああっ、急に足が攣りました」ガシッ

響子「そんな、わわっ!」ズテーン

智絵里「……ポイント稼ぎは、ダメです(……響子ちゃん、大丈夫?)」

響子(うぐぐ、目ざといですね)


6 :◆zQ8C2ue3ZM :2017/03/12(日) 01:33:29.18 :4f0Ti0b/0

P「響子、大丈夫か? 急に転んだりなんかして」

まゆ「響子ちゃんは、気分が悪いので早退するそうですよ」

智絵里「……残念、です」

P「そ、そうか。すまん響子、気づいてやれなくて」

響子「いえいえ、今の一瞬で治ったのでもう大丈夫ですよ」ニコニコ

P「……? それならいいんだが」

響子(あとで覚えておいてくださいね)チラッ

まゆ(まゆにはなんのことか分かりませんね)


7 :◆zQ8C2ue3ZM :2017/03/12(日) 01:35:51.94 :4f0Ti0b/0

ゆかり「それよりも、はやく食べてしまいませんか? せっかくの料理が冷めてしまいますよ」

P「ああ、そうだったな。悪い」

響子「ちなみに、どんな料理を作ったんですか?」

P「ああ。今日はマーボー豆腐を作ってみたんだ。嫌いな人はいなかったかな?」


響子「家では一日三食マーボー豆腐です!」

まゆ「まゆの“ま”はマーボー豆腐の“ま”ですよぉ」

ゆかり「実は、私のフルートの名前は、マーボー豆腐って言うんです」

智絵里「……マーボー風呂が……日課、です」


P「んん? まあ、嫌いな人が居ないならいいんだが」


9 :◆zQ8C2ue3ZM :2017/03/12(日) 01:54:16.15 :4f0Ti0b/0

P「……まあいいか。おかわりもあるから、たくさん食べてくれ!」

ゆかり「それでは早速、私から」パクリ

響子「あっ、ずるいですよ!」

智絵里「……抜け駆け、です」

P「ははは、よっぽどお腹がすいてたんだろう」

まゆ「うふふ、どうやって食べましょうか……。まずは豆腐を割って……いえ、でも、それでは豆腐本来のうまみ成分が……」


10 :◆zQ8C2ue3ZM :2017/03/12(日) 01:56:17.71 :4f0Ti0b/0

P「ゆかり、味はどうだ?」

ゆかり「ふふっ、そうですね。この世の憎しみを詰め込んだような、地獄の業火ともとれる辛みに合わさって、何とも深みのある味わいです」

P「そ、そうか。その割には親の仇のような顔をしているが」

ゆかり「そんなことはありませんよ。ほら、もう一口」パクリ



バタッ


P「ゆ、ゆかり!?」


ゆかり「」ブクブクブク


P「なんかすごい泡拭いてない!?」


11 :◆zQ8C2ue3ZM :2017/03/12(日) 01:58:33.72 :4f0Ti0b/0

まゆ「あら、お昼寝ですか? お行儀が悪いですねぇ」

P「ひ、昼寝だって?」

響子「たしかに朝から寝不足で仕方ないって言ってましたからね」

P「泡吹いてるのは、大丈夫なのかこれは……」

智絵里「……カニさんのものまね、です」

まゆ「うふ。お上手ですねぇ」

P「そ、そうか。カニのモノマネだったのか……」

ゆかり「」ブクブクブク


13 :◆zQ8C2ue3ZM :2017/03/12(日) 02:18:09.34 :4f0Ti0b/0

P「とりあえず、俺はゆかりを別室に寝かしてくるよ。その間、好きにしといてくれ」スクッ

ガチャ

バタン



響子「ゆかりちゃん、プロデューサーさんに抱えられて行ってしまいましたね」

まゆ「――それはそうと、響子ちゃん。お料理、先に食べてみてくれませんか?」グイッ

響子「えへへ、それならまゆちゃんから先にどうぞっ」グイッ

まゆ「あら、さっきゆかりちゃんにずるいって言ってたじゃないですか」グググ

響子「まゆちゃんこそ、あれだけどこから食べるか悩んでましたよね」グググ



まゆ(さっきのゆかりちゃんの反応から察するに)

響子(プロデューサーさんの料理は殺傷能力を持った何かにちがいない)

智絵里(……だとしたら)

まゆ、響子、智絵里(自分が食べる前に、誰かにぜんぶ食べてもらうしかない)


14 :◆zQ8C2ue3ZM :2017/03/12(日) 02:33:44.96 :4f0Ti0b/0

まゆ「うふ。まゆは食べたくて仕方ないんですけどね、せっかくなので先に食べる権利をお譲りしますよ」

響子「だったら、さっきから黙ってる智絵里ちゃんが食べたらどうですか?」

智絵里「……ううん、私は、まだ大丈夫」フルフル

まゆ(この反応。どうやら、響子ちゃんたちも真相に気づいているみたいですね)

響子(ここは出方を伺う前に、先手を打って、まゆちゃんの口に流し込みましょうか)

智絵里(……せっかく、プロデューサーさんのお家に来れたんだから……最後まで残りたい)



現在 脱落者1名


15 :◆zQ8C2ue3ZM :2017/03/12(日) 02:41:46.10 :4f0Ti0b/0

ガチャ


P「いやー、悪い悪い。お待たせ」


まゆ(だとしたら。いかにこの状況を使うか、ですね)

まゆ「きいてください、プロデューサーさん。響子ちゃん、マーボー豆腐たべたくないみたいですよぉ」

P「あれ。でも響子は一日三食マーボー豆腐って言ってなかったか……?」

響子「えへへっ。そうですよ。私、さっきからお腹がペコペコで――って、はっ!」

まゆ「だったら、その止まってる口を動かさないとダメですよねぇ?」ニコリ

響子(は、はめられました)

まゆ(まずは1人、ですね)


16 :◆zQ8C2ue3ZM :2017/03/12(日) 02:46:20.45 :4f0Ti0b/0

P「ほら、響子。遠慮せず食べてくれ」

響子「そうですねっ、えっとスプーンの持ち方は、どうでしたっけ?」


響子(本音を言えば、すごく遠慮したいです)


まゆ「うふふ。響子ちゃん、スプーンは握るだけでいいんですよぉ。たーんと食べてくださいね」


まゆ(そのまま、まゆたちの分まで食べてくれていいんですよ)

智絵里(……まゆちゃん、すごく悪い顔、してる)


17 :◆zQ8C2ue3ZM :2017/03/12(日) 03:05:36.46 :4f0Ti0b/0

P「あっ、そうだ。もしも食べ終わって、ゆかりみたいに眠くなったら言ってくれ。まだ空き部屋に使ってない布団が二つあるからな」

まゆ「ふたつ、ですか?」

P「ん? ああ、そうだが」

智絵里「あの……もしも、四人目が眠くなっちゃったら……どうすればいいんですか?」

P「そうだなあ。そうなったら、仕方ないけど俺の部屋にある布団を使ってもらうしかないな」

響子「……なるほど」


まゆ(自分の命の危険ばかり心配していましたが、どうやらそれ以上のおまけがあるみたいですね)

智絵里(最後まで残って……嘘でも眠いって言ったら……)

響子(プロデューサーさんの布団で眠ることができるんですねっ!)


26 :◆zQ8C2ue3ZM :2017/03/12(日) 20:45:00.02 :4f0Ti0b/0

響子(こうなった以上、心は痛みますが最終手段をとりましょうか)

響子「――ああっ、うっかり、お皿を床に落としてしまいました!」ドボドボ

P「わっ、響子だいじょうぶか!」

智絵里「……逃げた」

響子「す、すいませんプロデューサーさん! せっかくの料理を!」

まゆ「響子ちゃん、お掃除は私がやりますよ。なので、その間にまゆの料理を食べてください」スッ

響子「いえ! 346プロのルンバことお掃除アイドル五十嵐響子がやりますよ!」フキフキ

まゆ(逃げましたね)

響子(なんとでも言ってください)


27 :◆zQ8C2ue3ZM :2017/03/12(日) 20:58:04.78 :4f0Ti0b/0

響子「ささっ。私が掃除している間に、二人とも、食べちゃってくださいっ」

まゆ「うふ。まゆは自分のペースで食べるので、智絵里ちゃんが先に食べてくれますかぁ」

智絵里「わ、私はまだ大丈夫です……」

P「智絵里はゆっくりでいいからな。なんなら、俺が食べさせてやろうか?」

智絵里「えっ……! 食べさせるって……」

P「たまにはいいだろ。はい、口を開けてみな。あーんってさ」

智絵里「あ、えっと、その……」オロオロ




響子(智絵里ちゃん、すごく困っていますね)

まゆ(はい。私も目の前でそんなことをされるなんて、すごくこまゆます)

響子(いつもなら、事務所では絶対してくれませんし。たしかに羨ましいですね)

まゆ(うふふ。でもあれを食べるまでが天国でも、その先には地獄が待ってますからねぇ)

響子(……ちなみに、まゆちゃんならこの状況どうしますか)

まゆ(迷わず食らいつきますね)

響子(私もおなじですね)


28 :◆zQ8C2ue3ZM :2017/03/12(日) 21:12:55.14 :4f0Ti0b/0

P「ほら、あーん」

智絵里「う、うぅ……」キョロキョロ

響子(智絵里ちゃん、すごい涙目でこっち見てますよ)

まゆ(見捨てましょう)



P「あーん」

智絵里「あ、あー……ん」カプリ

P「どうだ、美味いか?」


智絵里「…………」モキュモキュ


智絵里「……んっ……」モゴモゴ



智絵里「………んんっ」ゴリゴリ



響子「智絵里ちゃん、ダメですよ。最後までしっかり飲み込まないと」グイッ

智絵里「んんん……んっ……」フルフルフル

智絵里(……し、死んじゃいます)

響子(大丈夫、死にましょう)


29 :◆zQ8C2ue3ZM :2017/03/12(日) 21:26:24.38 :4f0Ti0b/0

まゆ「水ですよぉ」ドバドバドバ

智絵里「……んんんっ」ゴクゴクゴク

智絵里「……」ゴクン

P「……どうだ?」



智絵里「…………おやすみ、なさい」


バタリ


P「ち、智絵里!?」


智絵里「」ブクブクブク


P「ゆかりの比じゃないくらい泡吹いてるんだけど!?」

響子「大丈夫です! あれは沸騰しただけですからっ」

P「ふ、沸騰だって?」

まゆ「うふ。きっと、顔から火が出るくらい恥ずかしかったんですねぇ」

P「そ、そうか。顔が沸騰したから、口から泡が出て来たのか……」


30 :◆zQ8C2ue3ZM :2017/03/12(日) 21:40:24.06 :4f0Ti0b/0

~数分後~


P「智絵里の熱が冷めるまで、あっちの部屋で寝てもらうことにしたよ」

響子「智絵里ちゃん達、大丈夫でしょうか?」シュン

まゆ「そうですね、私もすこし心配です……」シュン

P「ゆかりも随分と深い眠りについてたみたいだしな。きっと二人とも疲れてたんだろ」

響子「そうですねっ、プロデューサーさんの言う通りです!」ニパッ

まゆ「うふ。さすがまゆだけのプロデューサーさんです」ウットリ

P(……最近の子は、気分の浮き沈みが激しいのかなあ?)



現在 脱落者2名


32 :◆zQ8C2ue3ZM :2017/03/12(日) 22:48:04.56 :4f0Ti0b/0

まゆ「さあ、響子ちゃん。ついにお料理を食べる時間がきましたよ」グググ

響子「えへへっ、そういうまゆちゃんこそ、そろそろスプーンに手を付けてもいいんじゃないですか?」グググ

P「おいおい。二人とも、そんなのどっちが先でもいいじゃないか」ハハハ


まゆ(往生際が悪いですね。ここが死に時ですよ)

響子(右ストレートで口に入れて、真っ直ぐにいって飲み込んでもらいます)


36 :◆zQ8C2ue3ZM :2017/03/14(火) 00:52:22.53 :mwQfxcGz0

響子(とは言ったものの、この調子じゃ埒が明かないですね……。かくなる上は、)

響子「でも、まゆちゃんにしては意外ですよね~」

まゆ「……なんですか、突然」

響子「だって、いつものまゆちゃんならプロデューサーさんの料理に喜んで飛びつくと思うんですけどねぇ」チラッ

P「うーん、そう言われたらたしかに……」

まゆ「うっ……」

響子「もしかして、プロデューサーさんの料理が食べられない理由でもあったりしますか?」

P「ほ、本当か? まゆ?」アセアセ

まゆ「……そ、そんなことにゃ、にゃいですぴょお」シラー

響子「それじゃあ、食べましょうね~」グイッ

まゆ(本気ですか)

響子(本気です)


37 :◆zQ8C2ue3ZM :2017/03/14(火) 00:59:17.08 :mwQfxcGz0

まゆ「落ち着きましょう、いったん。おち、おち、おちついて、」ググググ

響子「えへへっ、私はいつも落ち着いてますよ」ググググ



プーン



まゆ「に、においがすっ、すごすぎてっ、は、はにゃがぁっ」

響子「えへへ。時間が経ったことで、酸化してるんじゃないですかね」

まゆ「響子ちゃん、料理って酸化してこんな匂いになるんですかっ!?」

響子「あははっ、知りませんよ」

まゆ「だったら余計にそんなもの――」ググググ


38 :◆zQ8C2ue3ZM :2017/03/14(火) 01:02:26.72 :mwQfxcGz0

P「……響子、ちょっとやめてやってくれないか」

響子「えっ?」

P「すまんが、いったんスプーンを置いてくれ」

響子「あ、す、すみません……」スッ

P「……なあ、まゆ」

まゆ「え、あっ、は、はい」

P「……別にいいんだぞ、無理しなくても」


まゆ「あっ…………」キュン


P「料理、食べれないんだろ?」


まゆ「ああっ…………」キュンキュンキュン


まゆ(プロデューサーさんが伏し目がちにまゆの方を見てますあんな顔いままで見せてくれたことないのにあああああダメですそんな顔されちゃったらまゆはどんなことをしてでも食べるしかないじゃないですか好き、好きですプロデューサーさん食べ終わったらぎゅってそのおっきな腕で力一杯抱きしめてくださいねそしたら私はあなたのことを)

P(まゆ、辛いの苦手って前に言ってたからなあ。多分さっきも皆に話を合わせてたんだろう)


39 :◆zQ8C2ue3ZM :2017/03/14(火) 01:14:18.42 :mwQfxcGz0

まゆ「スプーン、貸してもらえますか?」

P「えっ、でも……」

まゆ「うふふ、大丈夫ですよ」

P「……ああ、分かったよ」スッ

まゆ「うふっ…………いただきまぁす」



パクパクパクパク


ガツガツガツガツガツ


モリモリモリモリ


ウオォォォン



響子(す、すごい勢いで食べはじめた……まるで人間火力発電所みたい……)


40 :◆zQ8C2ue3ZM :2017/03/14(火) 01:23:21.39 :mwQfxcGz0

まゆ「……」ピタッ

響子(と、止まった……?)



まゆ「……ううっぷ」スクッ

響子「まゆちゃん!? どこ行くんですか!?」

まゆ「……はぁはぁ」フラフラ



ガチャ      バタン



響子(真っ青な顔で部屋を出ていきましたけど、)




オ、オロロロロロロロロロロロ




響子(あれ、ぜったいトイレで吐いてますよね……)




オロロロロロロロ



オロロロロロ…



……。



…。


41 :◆zQ8C2ue3ZM :2017/03/14(火) 01:31:19.38 :mwQfxcGz0

~数分後~



ガチャ


まゆ「……」

P「ま、まゆ? さっきはどうしたんだ? 急に部屋を飛び出したりなんかして……」

まゆ「うふ、心配ないですよぉ」


響子「……さっき、トイレで吐いてませんでしたか?」

まゆ「うふふ、そうですね……すこしだけ」

響子「少しの量には思えませんでしたけど……」

まゆ「産気づいてしまいまして」

響子(つわりと言い張るには無理がありませんか)


P「お腹に赤ちゃんがいるのか!?」

まゆ「はい……プロデューサーさんとの子供が、ここに……」サスサス

響子(あの料理、脳にもダメージを与えるんでしょうか……?)


42 :◆zQ8C2ue3ZM :2017/03/14(火) 01:43:37.84 :mwQfxcGz0

まゆ「……さて、それじゃあ今度こそ響子ちゃんの番ですよねぇ」ユラリ

響子「そ、そんなわけ……」

まゆ「まゆはたくさん食べましたからね……。響子ちゃんには倍以上食べてもらいますよ?」

響子「ほ、本気ですか?」

まゆ「うふ。そんな顔して逃げないで下さいよぉ」ガシリ




まゆ(……すぐに地獄を見せてあげますから)ボソリ

響子(本当にゆるしてください)ズササ


43 :◆zQ8C2ue3ZM :2017/03/14(火) 01:48:33.55 :mwQfxcGz0

まゆ「待ってくださいよ、響子ちゃぁん」ユラユラ

響子「ぷ、プロデューサーさんた、たすけてっ!」

P「……まゆと俺の子ども、いやしかし、そんなのいつの間に」

響子(ダメだ、聞いてない)

まゆ「うふふふ……捕まえたぁ……うふ、……う、ううっぷ」

響子「ま、まゆちゃん?」

まゆ「……………うふ」ガシリ

響子「ちょっと、待ってくだっ、ああっ服をつかまないでくださいっ! 脱げちゃいますからっ!」グイグイ

まゆ「エチケットぶくろ……」ゴソゴソ

響子「や、やめっ、だれかー! 誰か私を助けてくださいっ! ま、まゆちゃんも離れてっ!」グググ

まゆ「うふふ、丸い袋……丸い袋がふたつ……」

響子「そ、それは私のブラ――い、やだそ、そんなっ返してください!」

まゆ「………うぷ」



オロロロロロロロ



響子「いやああああああっ!」


44 :◆zQ8C2ue3ZM :2017/03/14(火) 02:03:28.04 :mwQfxcGz0

~数十分後~


P「んん? 考え事をしてたらもうこんな時間か」

P「と言うか、まゆの奴……ほんとに俺との子どもを……いやさすがにないよなぁ」ウーン

P「本人にもう一回聞いてみるか。おーい、まゆ――って、なんだこれ?」



まゆ「」

響子「」



P「二人とも、床に寝そべってやがる……ったく、マーボー豆腐も盛大にこぼしてるし……」

P「まあ俺の可愛い担当アイドル達のやったことだし、仕方ないな」フフッ

P「そうだ。二人を運んだら、みんなが起きた時に食べる晩飯でも作っとくか」

P「そうとなったら準備をしなくちゃな……ハンバーグとかでいいよな。響子もいるし」

P「恋のハンバーグならぬ鯉のハンバーグなんて斬新で美味しいんじゃないかな」ウンウン

P「んー、それにしても、鯉はどこで手に入るんだ?」

P「近くの川にでも探しに行くか~」


おわり


45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/03/14(火) 09:41:14.50 :1nRNo3eL0
Pは基礎技術がないのに斬新なアイデアばかり先行して料理しちゃうタイプだったか…


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】響子「プロデューサーさんの家でお食事会をすることになりました」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489249385/