【SS速報VIP】【エムマス】荘一郎「新しいバイトの子誰にしましょうか…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489496327/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/03/14(火) 21:58:47.50 :A5Z+DZmJ0

※これはCafe Paradeに水嶋咲が入る前のお話です
※時折口調がおかしい点があるかもしれませんがご了承ください

アスラン「どの子もいい子であったな」

巻緒「難しいですね」

荘一郎「眼鏡かけてた子は真面目そうでしたね」

アスラン「ちゃんとした業務をしそうだな」

荘一郎「ボーイッシュな子もよかったですね」

巻緒「元気いっぱいって感じしましたね」

荘一郎「あとこの胸の大きかった子もね…」

アスラン「○乳であったな」

巻緒「確かに○乳の子もよかったですけど、最終的に一人に決めないといけませんしね」


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/03/14(火) 22:03:20.35 :A5Z+DZmJ0

アスラン「ソーイチローよ、早く決めてくれぬか?」

荘一郎「分かりました。じゃあ目を閉じて…この人!」ビシ

荘一郎「」チラ

荘一郎「この人!」ビシ

巻緒「この子ですね!」

荘一郎「誰でした?」

アスラン「…○乳の女子だな」

荘一郎「あ、そうでした?」

巻緒「はい」

荘一郎「じゃあ○乳の子でいいですか?」

アスラン「だな。この女子が一番近いからな」

 
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/03/14(火) 22:06:13.35 :A5Z+DZmJ0

荘一郎「いや家近いのは他の子ではありませんでしたか?」

巻緒「…あ、眼鏡の子が徒歩3分で、ボーイッシュの子は徒歩8分ですね」

アスラン「○乳の女子は?」

巻緒「…徒歩1時間」

荘一郎「1時間!?」

 
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/03/14(火) 22:09:23.61 :A5Z+DZmJ0

3人「…」

アスラン「…ソーイチローよ、ちょっといいか?」

荘一郎「どうしましたアスラン?」

アスラン「家が近すぎると油断して逆に遅刻するというのもあるのでは…」

荘一郎「…その通りですね」

巻緒「確かにその可能性高いですね」

荘一郎「てことは…」

3人「「「○乳」」」

 
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/03/14(火) 22:15:17.25 :A5Z+DZmJ0

巻緒「じゃあ連絡しますね」

荘一郎「他の子もよかったですけどね」

幸広「やあおはよう」

荘一郎「あ、神谷おはよう」

巻緒「今採用する女の子決めましたので」

幸広「ああその件なんだけど、おれの姪っ子がここで働きたいって言ってて、悪いけど面接の件なしにしてくれないかな?」

アスラン「え?」

荘一郎「…まあ神谷が言うなら」

 
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/03/14(火) 22:23:10.60 :A5Z+DZmJ0

幸広「ちなみにどの子でした?」

荘一郎「この○乳の子にしようって話でしたけど…」

幸広「…この子○乳なの?」

荘一郎「はい」

4人「「「「…」」」」

巻緒「じゃあ○乳の子に断りの連絡を…」

荘一郎「あ、ちょっといいかな」

アスラン「どうしたソーイチロー?」

荘一郎「姪っ子が働きに来たら未経験者だからミスしますよね」

幸広「そうだな」

荘一郎「でも店長の姪っ子だから怒りにくいってことはないですかね…」

幸広「…そうだな」

3人「「「ですよね!!!」」」

幸広「正直身内が働くの嫌だったんだよな」

荘一郎「あ、そうだったんですか」

巻緒「最初から決めてたんですね」

荘一郎「てことは…」

4人「「「「○乳」」」」

荘一郎「姪はコネを利用としたのが裏目に出ましたね」

幸広「珍しいパターンだな」

 
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/03/14(火) 22:26:47.44 :A5Z+DZmJ0

荘一郎「じゃあ巻緒電話してください」

巻緒「はい!…あれ?」

幸広「どうした巻緒?」

巻緒「今回年末年始出れる子でしたよね」

荘一郎「そうですけど…」

巻緒「○乳の子年末年始無理って…」

アスラン「え!?」

幸広「他の子は?」

巻緒「他はいけるって…」


9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/03/14(火) 22:29:58.04 :A5Z+DZmJ0

4人「「「「…」」」」

アスラン「…では我が年末年始全部出よう」

巻緒「え!?」

幸広「ちょっと待て!お前そしたら週7になるぞ!」

アスラン「大丈夫だ!限界超えて見せよう!」

荘一郎「そうですか!ありがとうアスラン!てことは…」

4人「「「「○乳」」」」

 
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/03/14(火) 22:33:42.85 :A5Z+DZmJ0

アスラン「あ…」

幸広「どうしたアスラン?」

アスラン「すまないが年末年始1日だけ出れない日があって…」

荘一郎「いやさっき限界超えるって…」

アスラン「いやあの親戚の法事で…」

4人「「「「…」」」」

幸広「…年末年始おれ出るか」

巻緒「え!?」

荘一郎「いやあの海外旅行いくから休むって…」

幸広「そんなもんキャンセルしてやんよ!」

荘一郎「そうですか!てことは…」

4人「「「「○乳」」」」

 
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/03/14(火) 22:38:28.21 :A5Z+DZmJ0

荘一郎「よし今度こそ電話してください」

巻緒「はい!…あれ?」

幸広「今度はなんだ?」

巻緒「今回って長期の子でしたよね?」

荘一郎「そうですけど…」

巻緒「○乳の子2週間の短期希望って…」

アスラン「2週間!?」

荘一郎「他の子は?」

幸広「長期、長期だな」

荘一郎「2週間は…長期に…入…」

4人「「「「…らない」」」」

 
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/03/14(火) 22:45:47.06 :A5Z+DZmJ0

荘一郎「さすがに入りませんね」

アスラン「これじゃあ無理だな」

荘一郎「仕方ない、じゃんけんで決めましょう」

巻緒「そうですね」

荘一郎「僕が勝ったら○乳の子にしましょう」

幸広「いやおれが勝ったら○乳にしよう」

荘一郎「…それなら譲りましょう」

巻緒「じゃあ俺が勝ったら眼鏡で」

荘一郎「じゃあ私がボーイッシュで」

アスラン「では我は一応姪っ子で」

幸広「じゃあいくぞ!」

4人「「「「じゃーんけーん!」」」」

荘一郎「グー」←幸広待ち

アスラン「グー」←同じく

巻緒「グー」←同じく

幸広「…チョキ」

荘一郎「なんでだよ!」


14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/03/14(火) 22:51:17.40 :A5Z+DZmJ0

4人「「「「…」」」」

巻緒「…じゃんけんって失礼じゃないですか?」

荘一郎「そうですね」

幸広「遊び感覚で決めたらだめだな」

アスラン「…では履歴書3枚同時に投げて最後に落ちた女子にするというのはどうだ?」

荘一郎「神様に決めてもらうパターンですか。いいですね」

巻緒「でも3枚同時に落ちたらどうします?」

幸広「○乳にしよう」

 
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/03/14(火) 22:54:14.47 :A5Z+DZmJ0

荘一郎「では行きます。せーのっ!」

フワッ←○乳の子の履歴書を一番高く上げてる

アスラン「あ、落ちたぞ!」

巻緒「どの子でしたか!?」

幸広「」ピラ

荘一郎「…てことは」

4人「「「「○乳」」」」

しかし、プロフィール欄をよく見たら眼鏡の子が隠れ○乳であることが発覚したため眼鏡の子になった。

終わり

 
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/03/14(火) 22:55:00.48 :A5Z+DZmJ0

以上、ロッチのネタから拝借しました。ありがとうございました。

因みに前作

昴「高校野球の助っ人頼まれた」


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】【エムマス】荘一郎「新しいバイトの子誰にしましょうか…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489496327/