【SS速報VIP】桐生つかさ「アンタ、秘書になる?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1411128188/


1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/19(金) 21:03:18.71 :Rsv6vjO/0

P「いや、いきなりはちょっと」

つかさ「とか言って実は喜んでる系? 見た目拒否るけど裏ではガッツポなカンジ?」

P「でも俺プロデューサーだし」

つかさ「これでもアイドル兼社長よ? コネは必要じゃね?」

P「うちには巫女とか魔王とかサンタとかいるんで……」

つかさ「……前々から思ってたけど、アンタ何もんよ?」

P「プロデューサーですけど」

つかさ「へー、しらばっくれる気? そうやって隠すワケ、アイドルにね。あぁそう」

P「拗ねるなよ、つかさ」

つかさ「拗ねてないし!」


4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/19(金) 21:11:42.88 :Rsv6vjO/0

つかさ「あーもー、契約取れないのとか社長の名折れだし!」

P「わかったよ。代わりの秘書、紹介するから」

つかさ「ふーん。役に立たないと承知しないよ?」

P「多分いけるだろ。何人か候補出すから」

つかさ「へー。お手並み拝見じゃん?」

P「じゃあ一人目な」


5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/19(金) 21:17:24.43 :Rsv6vjO/0

P「おしとやかで純情派、だけど行動力は一人前でリボンがトレードマークのキュート系」

つかさ「お、いいね」

P「佐久間まゆちゃんです。どうぞ」

まゆ「よろしくお願いします……」

つかさ「ん。アタシ、桐生つかさね。秘書になれるかどうか、試させてもらうよ」

P「つかさは現役の社長でな。秘書が欲しいそうだ」

まゆ「へぇ……あの、私が不合格だったらどうなるんですか?」

つかさ「まあ、コイツが秘書な」

P「ならないから」

まゆ「……ふぅん」


6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/19(金) 21:25:33.18 :Rsv6vjO/0

まゆ「秘書ってアレですよね。社長さんのお世話とかするんですよねぇ?」

つかさ「そうそう、肩揉みとかしてもらうわけ」

P「それ秘書の仕事じゃないんじゃ」

つかさ「いいのいいの、秘書の全ては社長のものでしょうが」

まゆ「!!? それ、ほんとうですか!?」

P「違う違う。ほらまゆは純粋なんだから、信じちゃうだろ」

つかさ「あながち間違ってないっしょ? 上に立つ者が導くのは義務、つか使命ね」

まゆ「でもアイドルはPさんのものなのに、まだおてて繋ぐだけしかしてもらってないのにこんな……」

P「待て、まゆ」

まゆ「ねえつかささん、まゆも社長になればPさんを思い通りに出来るんですか?」

つかさ「まあ、多分いけるっしょ」

まゆ「Pさん私起業しようと思うんです、けどこれは決して別れとかじゃなくて、むしろ新しい私達の関係の始まりなんですよぉ」

つかさ「自分の足で歩くほうがカッコいいとは言ったけど、仁王立ちは予想外だわー」

P「落ち着こうまゆ、俺は秘書にはならんから」


8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/19(金) 21:36:01.44 :Rsv6vjO/0

P「で、話を戻すけど。まゆは読モやってたから、流行やファッションには強いぞ」

つかさ「ほうほう」

P「まゆをそばに置けば、業務が捗ると思う」

まゆ「リボンの結び方には自信があるんですけど。試してもいいですかぁ?」

つかさ「なんか目が据わってる系なんだけど」

まゆ「大丈夫ですよぉ。簡単には解けませんし解かせませんから」

つかさ「あれ、自由に見放されるとかちょっと今時じゃなくない?」

P「どうどうまゆ、まだ質疑応答あるから」


9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/19(金) 21:42:19.93 :Rsv6vjO/0

つかさ「じゃあ質問に答えてもらうとして……んーと、座右の銘ある?」

まゆ「やるもやらないもなく、やったことは全て善……です」

つかさ「行動力……丸。プロデューサーに叱られた、どうする?」

まゆ「え? 愛のご褒美じゃないんですか?」

つかさ「我慢強さ……丸。鳴かぬなら……どうする?」

まゆ「鳴かぬなら 死ぬまで隣に ホトトギス?」

つかさ「一途さ……丸。よし、とりあえず合格!」

まゆ「ありがとうございます……うふふ」

つかさ「ひとまずまゆは合格ね。でも他の子も見てみたいわ」

まゆ「わかりましたぁ」

P「じゃあ、二人目な」


10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/19(金) 21:52:43.50 :Rsv6vjO/0

P「悠久に揺蕩いし神の落とし子……堕天せし偉大なる魔王!」

つかさ「……は?」

P「神崎蘭子ちゃん!」

蘭子「ファーハッハッハ! 時は満ちた! (お待たせしました!)」

つかさ「お、おう……」

P「蘭子は闇の魔王でな、ポテンシャルは凄いと思う」

つかさ「思うだけか?」

P「思うだけだ」

蘭子「禁忌なる囁き…… (何こそこそ話してるんですか?)」

つかさ「あ、ああ。何でもないわ、うん」

蘭子「我が魔力の前に、恐れるものなどない! (秘書でもなんでも、お仕事頑張ります!)」

つかさ「魔力は凄いな、確かに」

P「わかるか?」

つかさ「なんかわかる」


11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/19(金) 22:05:34.35 :Rsv6vjO/0

つかさ「しかし……意思疎通が難しそうだな」

P「グローバル化に対応できると考えよう」

つかさ「いや、世界レベルで考えてもキツくね? これは」

蘭子「空蝉よ…… (世界レベルの話ですか?)」

つかさ「いや、蘭子にはあくまで秘書業してもらうから。心配いらないから」

蘭子「そうか……留まりし希望の光 (海外にいけるかと思ったのに……ちょっぴり残念です……)」

つかさ「悪いね。旅行とかには行くからさぁ」

蘭子「神の啓示よ! (ほんとですか!? やったー!)」

P「通じてね?」

 
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/19(金) 22:17:01.60 :Rsv6vjO/0

P「これだけ話せるなら、質疑応答もできるだろ」

つかさ「あー、やってみるか。座右の銘はある?」

蘭子「満ちたりし安らぎの魂よ! (よく食べてよく寝ることです!)」

つかさ「健康度……丸。地球最後の日にどうする?」

蘭子「ククク。我が友と我の前に、不可能などないわ! (プロデューサーさんと一緒なら何があっても大丈夫です!)」

つかさ「ヒロイン力……丸。最後に、鳴かぬなら……どうする?」

蘭子「応えねば 闇に飲まれよ 不如帰 (鳴かないの? お疲れモードだ ホトトギス!)」

つかさ「気配り……丸。よし、合格かな」

蘭子「成し遂げたり! (わーい!)」

P「よかったな、蘭子」

蘭子「ふはは! 我が友の力添えあってこそよ! (プロデューサーさんのおかげです♪)」

つかさ「でももう一人くらい見せてもらうけど、構わないわよね?」

蘭子「よかろう! (いいよー♪)」

P「なら三人目だぞ」


14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/21(日) 19:14:30.12 :m+4w37iW0

P「常に夢見る乙女、運命の王子様を信じて自らの道を往く」

つかさ「ほほう」

P「……喜多日菜子ちゃんです」

日菜子「むふふ……おねがいします~」

つかさ「へえ、まともそうじゃん。アタシ、桐生つかさ。よろしくやってよ」

日菜子「日菜子です~。つかさちゃんですねぇ。社長さんだって聞いてます~」

つかさ「まあね。アイドル兼社長ってことになんの。マジ多忙って話」

日菜子「社長と秘書……つまり……むふふふ♪」

つかさ「……なんか妄想し始めたぞ。お前どうにかしろよ」

P「こうなると止められん。少し待ってくれ」

つかさ「おう……」


15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/21(日) 19:19:44.79 :m+4w37iW0

日菜子「むふむふぅ……♪ Pさんが日菜子を攫って……ああっ♪」

つかさ「なんか壮大なストーリーが展開してね?」

P「いつものことだから心配するな」

つかさ「……何で秘書に推してきたし」

P「これを除けば可愛いからな」

つかさ「まあ、そうだけど……それだけじゃなぁ」

日菜子「可愛いだなんて……むふふふ♪」

P「夢があるだろ?」

つかさ「夢しかないんじゃ……」

P「アメリカンドリームってヤツだ」

つかさ「ダメ予感ドリームの間違いだろ……」


16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/21(日) 19:30:08.84 :m+4w37iW0

日菜子「むふふ……はっ。日菜子、また妄想してました~?」

つかさ「……ああ。楽しそうだったけどさ。質問していい?」

日菜子「はい。もちろんいいですよ~」

つかさ「まずは、座右の銘を教えてよ」

日菜子「しない妄想よりする妄想~?」

つかさ「将来性……丸。愛と友情どっち取る?」

日菜子「愛する王子様と、同じ人を愛してしまった親友……ああ、日菜子はどっちの味方……むふふ♪」

つかさ「妄想力……丸。じゃあ、鳴かぬなら?」

日菜子「鳴かぬなら? むふむふむふふ♪ ホトトギス♪」

つかさ「むふふ力……丸。合格でいいや、もう」

P「そんな投げやりな……」

つかさ「妄想はともかくさ、可愛いのは事実なんだわ」

日菜子「むふふ。日菜子を褒めても妄想しか出来ませんよ?」

つかさ「むしろどんな妄想してるのか聞きたくなってくるんだけど。なんかバズい香りする」

P「いかん、つかさが半分足突っ込んだ……」


17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/21(日) 19:43:14.95 :m+4w37iW0

P「で、どうだった? 秘書にしたい子はいたか?」

つかさ「なんだかんだ言ったけどさ」

P「ああ」

つかさ「やっぱお前が一番いいわ」

P「それはまた、何でだ?」

つかさ「いや、普通に考えて、プロデューサーのお前がアタシの面倒見るべきじゃねぇ?」

P「そんな身も蓋もない……」

つかさ「大体どいつもこいつもキャラ濃過ぎんだよ、この事務所。チーズカツカレーかよ」

P「チーズカツカレー美味しいじゃん……カツの風味とカレーの辛さに、ふわふわのチーズがさ……」

つかさ「やめろよ、お腹空いてきた……」

P「これからでも食べに行くか?」

つかさ「それはいいけどさ」

P「ん?」


18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/21(日) 20:10:31.69 :m+4w37iW0

つかさ「お前の仕事はプロデュースじゃん?」

P「ああ」

つかさ「まずさ、24時間アタシのコト考えてる?」

P「いいや」

つかさ「あ、そう……」

P「24時間なんて短すぎるからな。これから先、1年だろうと何年だろうと、つかさのコト考えてるだろうな」

つかさ「あっ……そ、そう……?」

P「そうだ」

つかさ「……いやー、ちっとナメてたかも。うん」

P「照れるなよ」

つかさ「テレてねぇけどさ、コレはさぁ……」

P「デカイ口たたいちゃったかな」

つかさ「いいんだよ、秘書ならそれぐらい普通だし」

P「もう決定事項なのか」

つかさ「まぁね」


19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/21(日) 20:34:36.12 :m+4w37iW0

P「他の子じゃなくてもいいのか?」

つかさ「やっぱ大事なのはさ。誰とやるかだよ。アタシ選んだお前まず、正解」

P「そりゃよかった」

つかさ「にしても、こんな毎日過ごさなきゃならんわけかー」

P「社長かアイドル辞めるか?」

つかさ「辞めねぇけど、アタシでもまだ戸惑いがあんの。あー、自分まだまだだな」

P「まあ、初めての体験だし。戸惑って当然だと思うぞ」

つかさ「やっぱ、いきなりアイドルはちっとキツかったかな。でも人間死ぬ気になれば不可能とかないんで」

P「それは分かる気がする」

つかさ「お前も死ぬ気でプロデュースして。OK?」

P「死ぬ気でプロデュースだな。よろしくな、社長兼アイドルさん」

つかさ「ん。よろしく、秘書兼プロデューサーさん」


20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/21(日) 20:39:41.80 :m+4w37iW0

おしまい


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】桐生つかさ「アンタ、秘書になる?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1411128188/