【SS速報VIP】如月十早「プロデューサー……。私、何かが足りない気がするんです」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1487422054/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 21:47:35.10 :kk6jit6So

P「ああ……うん」

十早「仕事は増えてますし、歌も歌えて、アイドルとしては充実しているはずなんです。
   それなのになぜか最近、違和感があるというか……」

P「……」

十早「何かが足りないんです。というより、何かが欠けてしまったというか」

P「欠けてる、ね。うん、欠けてるか……確かに」

十早「このままではまるで、自分が自分でなくなってしまうような……」


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 21:48:33.37 :kk6jit6So

P「うん。ていうか既にそうなってる気がするけど」

十早「えっ? そうなってる、って……どういう意味ですか?」

P「いや、だってそりゃお前……」

十早「プロデューサー、私は真剣に悩んでるんです……!
   冗談や悪ふざけは言わないでください!」

P「い、言ってないよ冗談も悪ふざけも。
 取り敢えずお前、鏡見てこい……そしてもう一度自分を見つめ直すんだ」

十早「鏡、ですか? 今更そんなことをしても意味があるとは思えませんけど……。
   一応はわかりました。それでは、失礼します」

 ガチャッバタン


4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 21:49:08.30 :kk6jit6So

P「……」

P(何あれ意味わかんねぇんだけど!
 一本なくなってんじゃん! 何があったらあんなことになんだよ!?)

P「くそっ、こういう時どうすりゃいいんだ……!
 病院か!? 何科だ!? いや、それとも俺が眼科か精神科に行った方が……」

 ガチャッ!

日海奏香「ププププロデューサーさぁーーーーーん!」

P「!?」

 
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 21:50:04.54 :kk6jit6So

奏香「た、助けてください! 見てくださいこれ!
   うわぁーんどうしたらいいんですかー!」

P「え、ちょっ……誰!? 誰だお前!?」

奏香「私です! 春香です! 天海春香ですよぉ!」

P「春香だと!? 馬鹿な……い、いや確かによく見ればそのリボンは春香!
 一体なぜそんな姿に!?」

奏香「わ、わからないんです! ここに来る途中でいつもどおりにコケて、
   そしたらこんなことになってて……!」


7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 21:50:40.61 :kk6jit6So

P「こ、コケたらって……」

奏香「本当なんです信じてください! 私……」

 ガチャッ!

十早「プ、プロデューサー大変です! 画数が、画数が……!」

奏香「あっ、千早ちゃ……え!?」

十早「え、あの、どちら様……あっ! も、もしかして春香!? 春香なの!?」

 
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 21:51:32.07 :kk6jit6So

奏香「ち、千早ちゃんだよね!? どうしたのそれ! なんで百分の一になってるの!?」

十早「春香こそどうしてそんなぐちゃぐちゃに混ざって……!
   どういうことですかプロデューサー!?」

P「俺が知りたいわ! い、いいか取り敢えず落ち着け二人とも! まずは冷静に……!」

 ガチャッ!

律仔「あーもう! だから知らないって言ってるでしょうが!」

尹織「そんなはずないでしょ!? 早く返しなさいよ!」

P「!?」


11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 21:57:27.80 :kk6jit6So

P「り……律子と伊織、だよな!? どうしたんだ二人とも!?」

尹織「あっ、ちょっとあんた! あんたからもこのドロボーに何か言ってやりなさいよ!」

律仔「泥棒って、人聞きの悪いこと言わないで!」

尹織「何よ本当のことでしょ!? このドロボー! ぬすっと! ひったくり!」

律仔「あぁもうあったま来た……! 私にだって我慢の限界はあるんだからね!?
   表に出なさい尹織! あんたのその高飛車な態度を強制してやるわ!」

尹織「やってみなさいよ律仔!」

 
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 21:58:19.87 :kk6jit6So

奏香「お、落ち着いてください二人とも! 今は喧嘩してる場合じゃ……」

律仔&尹織「「奏香は黙ってて!」」

奏香「ええっ!? わ、私は奏香じゃなくて春香ですよ、春香!」

P「い、いかん。認識までもが侵されはじめている……!」

十早「律子、水瀬さん、落ち着いて!
   今は解決策を探すことが先決でしょう!?」

律仔「十早……じゃなかった。千早……」

尹織「そ、そうね、悪かったわ十早……じゃなかった。千早」

 
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 21:59:06.19 :kk6jit6So

P「よ、よし、千早の声量のおかげで取り敢えず落ち着いてくれたな。
 それじゃあ、まず何がどうなってこうなったのか説明してくれ」

律仔「いや、それが私にも何がなんだか……。
   事務所の前で出会い頭に尹……伊織とぶつかっただけなんです」

尹織「そしたらこんなことになっちゃって……。あーもう!
   なんでこの尹織ちゃんがこんな目に遭わなくちゃいけないのよ!」

奏香「伊織、名前名前!」

尹織「はっ……! そ、そうよ、私は伊織。私は伊織……」

十早「いけないわ……。このままでは本当に、名前に意識を支配されてしまう。
   それまでになんとかしないと……」

 
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 21:59:55.58 :kk6jit6So

P「ぶつかってこうなったってことは、もう一度ぶつかれば元に戻る……。
 ってことはないか? さ、流石に単純過ぎるか?」

律仔「いえ……その可能性はあると思いますけど、
   逆にもっと大変なことになってしまう恐れも……」

尹織「慎重にやり方を考えなきゃ。確実に元に戻せる方法が見つかるまでは……」

 ガチャッ

あずき「なんでもな~い~なんでもな~い~♪」

P「!?」

 
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:00:37.30 :kk6jit6So

あずき「君の笑顔を~……♪ あ、おはようございます~」

律仔「あ、あずきさ……じゃない、あずささん!」

尹織「なんてこと、あずさまで……!」

あずき「? みなさん、どうかしたんですか?」

P「ふ……増えてる……」

あずき「ええっ? ふ、増えてるって、何がですか?
    た、体重は変わってないはずですけど~……」

 
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:01:54.03 :kk6jit6So

P「あ、あぁ、いえ体重じゃありません。
 体重じゃないんですけど……」

あずき「ほっ……びっくりしちゃいました。
    でも体重じゃなかったなら安心です~。
    ふんふ~ん♪ 世界中で~僕だけが知ってる~……♪」

奏香「あ、あずきさん。大丈夫なんですか?」

あずき「え? 大丈夫って、なんのこと?」

十早「その、体に違和感があったりだとか、そういったことは……?」


18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:02:53.68 :kk6jit6So

あずき「? 特にはないけど……。
    なんだか妙に歌を歌いたくなっちゃう気分になるくらいかしら~?
    ほら素敵な君さ~♪ うふふっ」

十早「……」

あずき「あら? 十早ちゃん、どうかしたの? そんなにじっと見て……」

十早「い、いえ、なんでもありません。
   ……あずきさんのアレを、私に移植できれば……くっ」

奏香「プ、プロデューサーさん。もしかしてと思ったんですけど、
   あずきさんがさっきから歌を歌ってるのって……」

 
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:03:32.99 :kk6jit6So

P「あ、あぁ。この異変の影響かも知れない……」

尹織「や、やっぱり外だけじゃなくて中身にまで影響があるっていうの!?
   ますますマズイじゃない!」

律仔「これはいよいよ、早急になんとかしないと……」

 ガチャッ!

亞美「うあうあー! 大変だよー!」

P「!?」

 
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:04:30.32 :kk6jit6So

奏香「あ……亞美!? どうしたのそれ! 中のとこ何か変じゃない!?」

亞美「落としちゃったっぽいよー! いつの間にかなくなってたんだよー!」

律仔「落としたって、落とすようなものじゃないでしょ!?」

尹織「それを言ったら私たちだって全員そうじゃない!」

律仔「うっ……た、確かに」

十早「でも落としたということは、
   もしかしたら誰かが拾ってくれてるかもしれないわ」

 
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:05:20.91 :kk6jit6So

P「そ、そうだな。亞美、どのへんで落としたんだ?」

亞美「それがわかんないんだよー!
   ちょっと前に撮影スタジオで真美と別れた時まではあったから、
   そこから事務所に来るまでに落としちゃったのかも……」

あずき「あらあら~。それなら、今からみんなで探しに……」

 ガチャッ

響「はいさーい!」

貴音「おはようございます。今日も良き日和ですね」

P「! 響、貴音!」

 
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:06:44.30 :kk6jit6So

P「良かった、お前たちは無事だったか!」

響「おはようプロデューサー! それからみんな、も……」

貴音「……? あの、あなたがたは……?」

亞美「うあうあー! 亞美は亞美だよお姫ちーん!」

響「え、えぇぇ!? ど、どうしたんだみんな!? なんでそんなことに!?」

律仔「実はかくかくしかじかで……」

響「そ……そうなんだ。そんなことが……」

貴音「面妖な……」

 
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:07:35.80 :kk6jit6So

あずき「それで、亞美ちゃんの落し物を
    みんなで探しに行こうって言ってたところだったの~。
    あいつじゃない~こいつじゃない~僕が見つける~♪」

亞美「ひびきん、お姫ちん、事務所に来るまでに見なかった!?」

貴音「響? 亞美の落し物というのはもしや……」

P「! 心当たりがあるのか!」

響「ああ、えっと……。さっき事務所の前で拾ったんだけど。これのこと?」ウネウネ

亞美「それだ!!」

 
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:08:25.00 :kk6jit6So

奏香「ひいっ!? なにそれ!?」

尹織「キモッ!!」

亞美「うおおお! ありがとうひびきん!」

響「ドアの前で寂しそうにしてたから、拾ってきたんだぞ。
 もしかしたら事務所で飼えないかなって思ってさ」ウネウネ

P「お前それを事務所で飼うつもりだったのか……」

十早「さすがね、我那覇さん……」

 
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:10:07.58 :kk6jit6So

律仔「そ、それじゃあ早くそれを亞美に戻してあげましょう!」

尹織「そうよ響、さっさと戻しなさい! なんか寄生虫みたいで気持ち悪いわ!」

響「えー? そうかなぁ。可愛いと思うけど」ウネウネ

奏香「と、とにかく、ね? ほら、もともとは亞美のものだから……」

響「うん、わかったぞ。それじゃあウネ丸、ウネ衛門、
  亞美のところに戻るんだぞ。……って、あっ!?」ピョンピョン

奏香「ひいいいいいっ!? に、逃げ、逃げたぁぁぁぁ!」

 
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:11:02.23 :kk6jit6So

P「出口の方へ向かっていくぞ!」

亞美「こ、こらー! 待てー!」

尹織「ひ、響! 捕まえて! 早く!」

響「わ、わかった! 待つんだ、ウネ丸、ウネ衛門! 大人しく……」

 ガチャッ

やよい「おはようございまーす!」

P「やよい!?」

 
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:11:44.47 :kk6jit6So

十早「た、高槻さん、逃げて!」

やよい「えっ? 何が……はわっ!?」ピトッピトッ

尹織「嫌ああああっ!」

律仔「ま、まずいわ! あの変なのがやよいに!」

やよい「な、なんですかこれ! 虫ですかー!?」ウネウネ

響「だ、大丈夫! やよい、そのまま捕まえてて!」

P「……!? ま、待て! 何か様子がおかしい!」

 
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:12:31.73 :kk6jit6So

貴音「あ、あれはもしや……!」

やよい「あっ……! な、なんですか、これ、あっ、あっ……!」ウネウネズブブ…

十早「た……高槻さんの中に入ろうとしてる!?」

響「な、なんだって!?」

奏香「ひいいいいっ!? や、やよい早く捨てて! 早く!」

やよ’い「あっ、あっ……だ、だめです、体が、動かな……あっ、あっ……」ズブブ…

亞美「や、やよいっちーーーー!!」

 
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:13:12.81 :kk6jit6So

やおい「うっうー! ばねたけ最高ですー!」

尹織「あ、あぁあ……」

やおい「でもP冬も捨てがたいかなーって!」

十早「た、高槻さん……嘘よ、そんな……」

律仔「なんてことなの……! 完全に人格まで侵食されてるわ!」

響「うぎゃーーーー! なんだよこれーーー!」

P「ど、どうすりゃいいんだ!? 病院か!? 手術とかで取り出せるのか!?」


31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:14:32.32 :kk6jit6So

貴音「わかりませんが、放っておくわけにもいきません!
   今すぐ病院へと向かいましょう!」

響「じ、自分も一緒に行くぞ! 自分があれを拾ってきたせいだし!」

P「他のみんなは事態の悪化を防ぐために待っててくれ!
 やおいは俺たちで病院へ連れて行く!」

奏香「は、はい! お願いします!」

P「よし、じゃあ行……」

 ガチャッ!

小鳥「ああっ、ダメ! ダメよ小鳥ぃ~!」

P「!?」


32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:17:27.58 :kk6jit6So

響「わあっ!?」ドンッ

貴音「あうっ!?」ドサッ

小鳥「いたっ!?」ゴチンッ

P「お、音無さん!? どうしたんですか急に駆け込んできて!」

小鳥「いたたた……はっ! ご、ごめんなさい!
   ドアを開けようとしたら魅惑的なワードが聞こえてきたものでつい妄想しちゃってて……!
   響ちゃん、貴音ちゃん、怪我はない!?」

郷「……あぁ、うん……」

貴「怪我は、ありませんが……。何か違和感が……」


33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:18:15.04 :kk6jit6So

小鳥「え……? な、え? 郷ちゃんと、貴ちゃん……?」

律仔「……音が……」

尹織「無くなってる……」

奏香「そ、そんな、まさか……!」

P「お……音無さん、あんたなんてことを……!」

小鳥「ええっ!? わ、私!? 私が何か!?」

P「音が無いんですよ!! わかりますか!? 音が! 無いんですよッ!!」


35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:21:37.11 :kk6jit6So

貴「こ、これは一体? 何か、言いようのない喪失感が……」

奏香「あ、でも良かった! 貴さんはあんまり中身は変わってなさそうです!」

律仔「ね、ねぇ。あなたは大丈夫なの? 郷……」

郷「郷(ふるさと)……」

律仔「え?」

郷「郷(ふるさと)に、郷(ふるさと)に帰らなきゃ……」

小鳥「え、郷ちゃん!? どこに行くの!?」


36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:22:25.71 :kk6jit6So

郷「離して! 自分は帰るんだ! 郷(ふるさと)に……! あんまーに会いに帰るんだ!」

あずき「あらあら~……」

尹織「きーっ! やっぱりおかしくなってるじゃないのよ!」

十早「が、我那覇さん落ち着いて!」

律仔「ちょっ、暴れるんじゃないの郷! 大人しくしなさい!」

 ガチャッ

真「おはようございまーっす……って、な、なんですかこの騒ぎ?」

律仔「真! ちょうど良かったわ、郷を抑えるのを手伝って!」

真「え!? だ、誰!?」


37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:23:08.09 :kk6jit6So

P「説明はあとでする! 今は取り敢えず、律仔の言うとおりにしてくれ!」

真「プロデューサー! え、えっと、よく分からないけど分かりました!」

十早「真は足を抑えて! 私は手を抑えてるから……」

郷「うがーーーーー! 離せーーーーーー!」グイッ

P「!? ばっ、やめ……!」

律仔「わあっ!?」ドンッ

十早「きゃっ……!」ゴチッ

真「うわっ!?」ドサッ


39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:24:34.76 :kk6jit6So

葎仔「いたたた……」

干冒「こ、これは……」

八「……」

P「な、なんじゃこりゃああ!?」

小鳥「ひえええっ!」

尹織「何よこれ!? また知らない奴が増えたんだけど!?」

奏香「八!? 八って誰ですか!?」

八「ボ……ボクは、一体……いや、わ、私は……?」


40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:26:05.54 :kk6jit6So

P「ま……真だ! 八じゃない! こいつは真だ!」

八「まこ、と……?」

P「まずい! 原型が残ってなさすぎて自我を失いかけている!」

貴「なんと……! 早急に手を打たなければ手遅れになってしまいかねません!」

亞美「うあうあー! こんな時真美が居てくれたら、真美の真をわけてあげられたのにー!」

P「と、取り敢えずあずきさんは郷をお願いします!
 あずきさんの母性ならきっと郷を落ち着かせられるはず!」

あずき「あ、はい分かりました~。よしよし、郷ちゃん。
    君がいいね~抱きしめたいよ~♪」

郷「あっ、すごい……落ち着く……あんまー……」

P「よし! 次は八だな!」


41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:27:38.86 :kk6jit6So

P「八にはとにかく十と目と一だ! 干冒から引っこ抜いてぶっかけろ!」

尹織「引っこ抜くって、簡単に言うんじゃないわよ!」

奏香「それにプロデューサーさん!
   引っこ抜いちゃうと干冒ちゃんが日ちゃんになっちゃいますよ!?」

亞美「そしたら今度は干冒お姉ちゃんが危なくなるんじゃないの!?」

P「ぐっ……そ、そうか。しかし他に十はどこにも……!」

葎仔「何言ってるんですかプロデューサー! 私に二つくっついてるじゃないですか!」

P「え……あぁ! ほ、本当だ!」

葎仔「こうなったらイチかバチか、私たち三人でもう一度ぶつかってみるしかありません!」


42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:28:17.82 :kk6jit6So

貴「そうですね、事態は一刻を争います。迷っている暇はありません……!」

亞美「もうやるしかないっしょー!」

P「わ、わかった! なら葎仔、やってくれ!」

葎仔「はい! それじゃあ行くわよ干冒、八! 準備はいい?」

干冒「え、えぇ!」

八「……?」

葎仔&干冒「せーの、えーい!」ゴツン!


43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:29:33.52 :kk6jit6So

具「いたっ……!」

十日「くっ……!」

小鳥「ああっ、惜しい!」

尹織「ちょっと葎仔! あんただけ勢いが足りなかったんじゃないの!?」

葎仔「そ、そんなことないわよ!」

具「あ、あれ? ボクは何を……」

奏香「! 具、思い出したの?」

具「は、はい、なんとか……。あれ、でもボクって具で良かったんだっけ……」


45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:30:25.91 :kk6jit6So

P「よ、良かった。完璧ではないにしろ、
 取り敢えず自我を保てる程度には回復したようだ」

具「すみません……なんだか迷惑かけちゃったみたいで」

亞美「いやー、安心したよー。
   でも真美の出番は必要なかったみたいだね。一応呼んではおいたんだけど」

葎仔「できればあの子が来るまでには解決しておきたいわね。
   なんかまた混乱が起きそうだし……」

奏香「ところで、十日ちゃんは大丈夫なの……?
   なんか、だいぶ具に持って行かれちゃったみたいだけど」

十日「だ、大丈夫……だと思うわ。でも、少しギリギリな気も……」


46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:31:39.72 :kk6jit6So

小鳥「じゃあもう一回チャレンジしてみた方がいいんじゃ……?
   よく分からないんですけど、葎仔さんは何も変わってないですよね?」

亞美「葎っちゃんのを十日お姉ちゃんにちょっと分けてあげたら、
   だいぶゴールに近づくっぽいよ!」

葎仔「そ、そうね……。私の方は多分、これ以上増えそうにはないし、
   少なくとも悪化することはない……はず。
   よし、やってみましょう、十日!」

十日「え、えぇ、わかったわ。お願い、葎仔」

葎仔「行くわよ! せーのっ……えいっ!」ゴツン!

P「やったか!?」

早「くっ……!」

P「違うそうじゃない!」


49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:32:27.41 :kk6jit6So

尹織「きーーーーーっ! なんなのよもう!」

奏香「あっ、でもさっきよりちょっと近付いた気がしません!?
   ねぇ早ちゃん、気分はどう!?」

早「気分ですって……? そんなことより、早く解決する方が先でしょう!?」

奏香「えっ?」

早「急ぎましょうプロデューサー! 私には時間がないんです!」

P「お、おいどうした早! そんなに慌てて……」

早「早くしてください! ほら早く早く!」


50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:33:12.16 :kk6jit6So

早「あぁもうじっとしてられない! 早くしないと!」シュババババ

P「は、早くったってお前……ってなんだその動き!?」

葎仔「あ、あまりのスピードに風が舞い上がってる……!」

尹織「ちょっと、誰か早を止めなさいよ!」

 ガチャッ

雪歩「おはようございますぅ」

P「雪歩!」


51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:34:10.08 :kk6jit6So

雪歩「……」

早「あっ、萩原さん!」シュバババババ

雪歩「……す、すみません。私、事務所を間違えちゃったみたいですぅ。
   お邪魔しました。失礼しますぅ……」

奏香「ああっ、待って雪歩! 合ってるから! ここ765プロの事務所だから!」

雪歩「え、だ、だってプロデューサー以外は知らない人ばっかりだし……」

P「実はかくかくしかじかなんだよ!」


54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:35:04.09 :kk6jit6So

雪歩「あ……なんだそういうことだったんですね。
   ……ってい゛えええええええ!?」

葎仔「驚くのも無理はないわ。でも落ち着いてちょうだい!」

雪歩「お、落ち着いてなんかいられませんよぉ! 大事件じゃないですか!
   私、こんな物足りない感じの具ちゃんや四条さんは嫌ですぅ!」

具「そりゃボクだって嫌だよ……」

貴「しかし、いいですか雪歩?
  こういう時こそ冷静に解決策を練らなけれ」

早「冷静になんてなってる場合じゃありません!」シュバババババ


55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:36:30.59 :kk6jit6So

早「さぁみんな急ぎましょう早く! 早く早く!」シュババババババ

P「ちょっ、だからおまっ、止ま、おい早、ストッ……あ゛あ゛ッ!!」

尹織「ああああもう鬱陶しいわね!!」

奏香「っ! そ、そうだ、もしかしたら雪歩なら早ちゃんを止められるかも!」

葎仔「あ……わかったわ、そういうことね! ちょっと雪歩、こっちに来なさい!」

雪歩「えっ!? な、なんですか!? 怖いですぅ!」

奏香「ごめん雪歩! イチかバチか……えーい!」

雪歩&早「あうっ!?」ゴチンッ!


56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:38:22.71 :kk6jit6So

奏香「ど、どう!? 上手くいってれば多分……!」

雪少「ひぃ~~~ん! 痛いよぉ、いきなり何するの奏香ちゃん!」

止早「」

葎仔「やった! 成功よ!」

P「よ、ようやく止まってくれたか……! でかしたぞ奏香!」

奏香「えへへ……」

雪少「くすん……たんこぶとか出来てないかな。鏡、鏡……。
   ……い゛えええええええええ!!!!????」


58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:39:31.86 :kk6jit6So

雪少「あ、あんまりですぅ! 奏香ちゃん、これどうやったら治るの!?」

奏香「えっ? あ、えっと……」

雪少「も、もしかして一生このままなんじゃ……。
   ぐすっ……ひんそーでちんちくりんなばっかりか雪少になった私なんて、
   もう、もう……穴掘って埋まってますぅ~~~~~!」

やおい「ええええっ!? 穴掘っちゃうんですか!? やお○穴ですかーーー!?」

尹織「やめなさいやおい! 目を覚まして!」

小鳥「やお○穴……はっ! だ、だめよ小鳥! 今はそんなこと考えてる場合じゃ……!」


59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:40:28.12 :kk6jit6So

奏香「お、落ち着いて雪少! きっと大丈夫! 大丈夫だから!」

P「い、いいか、聞くんだみんな!
 せっかく止早が大人しくなったんだから、今のうちに解決策を練ろう!」

貴「あの……プロデューサー。そのことなのですが……」

P「貴! 何かいい案があるのか!?」

貴「い、いえそうではなくて……止早の様子が、何かおかしいような……」

P「え?」

止 早「……」プルプルプル

 
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:41:29.62 :kk6jit6So

葎仔「なっ……!? ぶ、分離しようとしてる!?」

具「そ、そんな! せっかく止まったのに!」

P「くそっ、やはり無理矢理過ぎて繋がりが弱かったのか!」

止  早「あ、あ……」ブルブルブル

貴「このままではもちません! 『止』が弾き飛ばされてしまいます!」

雪少「ひぃぃぃぃ!」

P「み、みんな! 今すぐ伏せ……」

 バァン!

葎仔「ぐはっ!?」ガツンッ!


61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:42:02.46 :kk6jit6So

尹織「葎仔ーーーーっ! ……って、あら!?」

律仔「いたたたたた……な、なんで私の方に……」

具「り、律仔! ちょっと元に戻ってるよ! 余計な部分がなくなってる!」

律仔「え……? ほ、本当だ! 今の衝撃で吹き飛んだんだわ!」

P「待てよ、それじゃあその吹き飛んだ部分はどこへ……」

草「wwwwwwwwwww」

P「お前かよ!!!!!」


63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:43:01.95 :kk6jit6So

奏香「草ちゃん!? なんで!?」

P「なんでお前ばっかこんな変わるんだオイ!」

草「私に言われても困りますwwwwwwww
  どうして私ばかりこんな目にwwwwwwwww」

雪少「な、何がおかしいの草ちゃん……。全然笑えないよぉ!」

草「えwww笑ってるって誰がwwww」

貴「あ、あなたですよ、如月草……」

草「なっwwwwそ、そんなwwwwwww」


65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:44:21.37 :kk6jit6So

尹織「自覚がないなら黙っててちょうだい!
   なんだか分からないけど、ものすっごく腹が立つわ!」

律仔「そ、そうね。半分は私のせいみたいなものだから申し訳ないけど、
   せめてもうちょっと静かに喋ることはできないかしら……?」

草「静かにって、こう?w」

尹織「……」

草「どうかしらw これなら大丈夫でしょう?w」

律仔「……ごめんなさい。やっぱり黙ってて」

草「えw」


67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:45:28.83 :kk6jit6So

P「くそっ、どうすればいいんだ……!
 結局『止』はどこかへ飛んでいってしまったし、
 これ以上何かやっても悪化する気しかしない!」

小鳥「そ、そうですね。もう下手に動かない方が……」

 ガチャッ

真美「おっまたせーい!
   呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃじゃーん! 双海真美、参上だよーん!」

亞美「! 真美!」

真美「えっ? あれ……? なんか亞美、変じゃない? そんなんだっけ……?」


68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:47:07.81 :kk6jit6So

具「あはは……まぁ色々あってね」

真美「んんっ!? まこち……んんっ!?」

P「混乱するのもわかるが落ち着け真美、一旦落ち着け」

真美「兄ちゃん……そっか、亞美がまこちんを助けてって言ってたのは
   こういうことだったんだね!
   タックルすればまこちんは元通りなんだよね!?」

P「え? いやもう別にいいというか山は超えたというか……」

 
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:47:41.32 :kk6jit6So

真美「待っててまこちん! 真美が今助けてあげるよ!」

具「え!? ま、待って真美! ボクはもうそんなに……」

真美「とぉりゃああああああああ!」

具「真美ストップ! ストッ……うわぁああ!」ドンガラガッシャーン!

奏香「だ、大丈夫二人とも!?」

真「いたたた……」

律仔「! も、元に戻ってる!?」


70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:48:36.83 :kk6jit6So

P「そ、そうか! 良かったな! 取り敢えず真は元通りだ!」

真「えっ、本当! いやー、わざわざ助けに来た甲斐があったよ~」

P「え?」

真「んっふっふ~。ねぇ兄ちゃん、真えらい?
  えらいっしょー? 褒めて褒めて!」

貴「こ、これはもしや……」

具美「いてて……。こら真、危ないじゃないか! いくらなんでも無理矢理すぎるよ!」


72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:50:29.21 :kk6jit6So

具美「……って、あれ? ボ、ボクが二人……いや違う、そんなはずは……」

律仔「も……戻ってないわ二人とも!
   それどころか余計に訳のわからないことになってる!」

真「へっ? なに葎っちゃん、どういうこと?」

P「美が移ったんだ! まずい、今までの感じからするとこのままでは……!」

具美「うっ……な、なに? この感覚……なんか……」

真「兄ちゃ……い、いや、プロデューサー……?
  あ、あれ? ボ、ボク、は……」


73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:52:15.79 :kk6jit6So

奏香「あ、あぁ、そんな……!」

真「へへっ、なんかバリバリ元気出てきましたよ!」

具美「ん~……なんか物足りないけど、別にいっか。
   さっきより落ち着いたっぽいし。ね、兄ちゃん!」

P「やはりそうだ……! 名前に人格を支配されてしまった!」

亞美「うあうあー! これじゃ亞美たち、もう全然双子じゃないよー!」

尹織「もうわけわかんない! どうすりゃいいのよこんなの!」

 ガチャッ

美希「おはようなのー。……あふぅ」

草「美希wwwwwwwwww」


75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:53:34.34 :kk6jit6So

美希「? 誰? 事務所に知らない人がいっぱいいるの」

真「知らない人だなんて酷いなぁ。美希、ボクのこと忘れちゃったの?」

美希「あっ、真くんだ! おはようなのー」

亞美「ち、違うよミキミキ! 真は真だけど、まこちんじゃないんだよー!」

美希「……? あれっ、ほんとだね。よく見たら違うの。
   むー……これどういうことなの? 意味わかんないってカンジ!」

P「実はかくかくしかじかでな……」


76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:54:31.56 :kk6jit6So

美希「へー、そっか。大変なんだね」

尹織「そんな他人事みたいに言ってんじゃないわよ!」

美希「でも取り敢えず真くん……じゃなくて、真だけは元に戻せるって思うな。
   だって、ミキもおんなじようなの持ってるし」

律仔「それが簡単にできたら苦労してないんだけどね……」

希「はい真、これあげるの☆」ブチッ

一同「!?」


77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:55:26.41 :kk6jit6So

真美「へっ? あ……あれ!? 真美、元に戻ってる!?」

具美「うあうあー! なんで!? どうやったの!?」

亞美「もしかして、自分で取り外しできるの!?」

希「うん、できるよ? みんなはできないの?」

尹織「や……やるじゃない希!
   じゃ、じゃあ私にもちょっと貸してちょうだい! その斜めのやつと縦のやつ!」

雪少「そ、それじゃあ私も! 縦二つと、横二つ……!」


79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:56:34.50 :kk6jit6So

希「えーっと、ちょっと待ってね。斜めと、縦と、縦と、横と……」ブチッブチッブチッ

P「ま、待て希! そんなに一気に外したりしたら……!」

伊織「や……やったわ! これでいつもの伊織ちゃんよ!」

雪歩「私もいつもの雪歩ですぅ!」

奏香「す、すごい! 本当に戻ってる!」

乂「あはっ☆ 二人ともよかったね!」

P「誰だお前!?」


81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 22:58:33.39 :kk6jit6So

乂「誰って、乂は乂だよ? ……あれ? 乂って誰だっけ……?」

具美「うあうあー! これじゃあ具美が八になった時と同じっぽいよー!」

P「と、取り敢えず真美! お前の美はもともと乂のものだろ! それを返すんだ!」

真美「えっ!? で、でも真美、せっかく元に戻れたのに……」

P「美はあとで具美から返してもらいなさい! さぁ早くその美を乂に返すんだ!」

真美「わ、わかったよー! でもできるか分かんないかんね!? えいやっ!」ゴチンッ!

乂「あうっ!?」ゴツンッ!


82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 23:00:10.69 :kk6jit6So

支「いたたた……いきなり何?」

貝美「ほらやっぱダメじゃん!」

貴「むしろ遠ざかってしまったような……」

P「ちくしょう!!!!!」

小鳥「あっ……! た、大変ですプロデューサーさん!」

P「なんですか!? これ以上に大変なことがあるとでも!?」

小鳥「みんなが出演する生放送の時間がもうすぐなんです!」

P「えええええええええええええええええええ!!!!?????」


83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 23:01:25.14 :kk6jit6So

P「ぜ、全員出演の生放送!? そんな予定ありましたっけ!?」

小鳥「ありましたよぉ! だからこうしてみんな事務所に集まってるんです!」

P「な、なんてことだ……でもこんな状態じゃ……!」

奏香「プロデューサーさん……! 出ましょう! 出るしかありません!
   ファンの皆さんは、きっと楽しみにしてくれてるはずです!
   そんな皆さんの期待を裏切るわけにはいきませんよ!」

P「い、いやしかし、このまま出たとしてもそれはそれで期待を裏切るような……」

奏香「確かに、失敗しちゃうかも知れません……。
   だけど私、精一杯やりたいんです! ここで諦めて後悔したくないから!
   もしかしたら、もっといい方法があるのかもだけど……。
   でも……私は、日海奏香だから!」

P「いや誰だよ!!!!!」


84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 23:06:21.59 :kk6jit6So

P(……結局予定通り全員生出演することになってしまった……)

伊織「テ……テレビの前のみんな、元気~!?
   え、えーっと、今日の司会は伊織ちゃんと……」

雪歩「ゆ、雪歩の二人で、お送りしますぅ!」

伊織「そ、それじゃあ早速、最初のコーナー行ってみよー!
   最初はみんなで歌を歌うわよー!」

雪歩「き、聞いてください! 765PRO ALLSTARSで……」

伊織&雪歩「THE IDOLM@STER!」


85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 23:07:25.33 :kk6jit6So

奏香「もーう伏し目がちな昨日なーんていらない♪」

律仔「今日これから始まる私の伝説♪」

草「きっと男が見ればwwwwww他愛のない過ちwwwwwwwwww」

あずき「なんでもな~い~なんでもな~い~♪」

亞美「あずきお姉ちゃん、それ違う歌!」

郷「でいご~の花が咲き~♪」

貴「郷、それも間違っております……!」

貝美「わっ……! ちょ、ちょっと具美、そこ貝美のポジションだよ!」

具美「えーっ! 違うよ具美のポジションだよ!」


87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 23:08:48.84 :kk6jit6So

草「機嫌取るにはwwww何よりwwwwプレゼントwwwwwwwwwww」

やおい「男では耐えられない痛みってなんですか!? やお○穴ですかー!?」

支「ここはどこ……私は誰……」

あずき「あっという間に~あっという間に~♪」

郷「はいさいおーじさんっ♪ はいさいおーじさんっ♪」

伊織「きーーーーーっ!! もう滅茶苦茶よ!!」

雪歩「や、やっぱり私なんかが司会しちゃいけなかったんですぅ!
   穴掘って埋まってますぅ~~~~~~~!!!」

P「……ゆ、夢だ。これは夢なんだ……!
 あははは! 目が覚めたらいつもの事務所なんだ! あははははははは!」


88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 23:11:45.32 :kk6jit6So

P「うぐぐ、夢だ、夢なんだ……はっ!?」

春香「あ、プロデューサーさん! 大丈夫ですか?
   なんだかうなされてましたけど……」

P「は……春香? こ、ここは……事務所……?」

美希「ハニー、大丈夫? ミキ心配だから、添い寝してあげようとしたんだけど……」

千早「ダメに決まってるでしょう? もう……」

P「み、美希、千早……」

響「あっ、プロデューサー起きたみたいだぞ!」

やよい「プロデューサー、おはようございまーす!」

雪歩「わ、私、お茶用意しますね」


89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 23:12:11.98 :kk6jit6So

真「それにしても事務所で寝ちゃうなんて珍しいですね、プロデューサー」

貴音「お疲れなら、一度休みを取られては……?」

伊織「そうね、倒れられたりなんかしたら迷惑だし。疲れてるなら休んじゃいなさい」

亜美「えーっ、兄ちゃんが居ないとつまんないよー」

真美「そうそう、イタズラもできないしね。んっふっふ~」

あずさ「あらあら、プロデューサーさんを困らせちゃダメよ。亜美ちゃん、真美ちゃん」

律子「まぁ確かに、最近のプロデューサーは働き詰めでしたからね。
   一日くらい休みを取っても……」

P「い……いや、大丈夫だ! 全然平気だぞ、ほらこの通り!」


90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 23:12:48.35 :kk6jit6So

春香「わっ! ほ、本当に平気ですか? 確かに元気そうですけど……」

P「あぁもちろんだ! いつもの765プロでいつも通り働ける!
 こんなに嬉しいことはこの世にない!」

律子「……? よく分かりませんけど、無理だけはしないでくださいね?」

P「大丈夫だって! それよりみんな、今日はレッスンだろ? さぁ早く行った行った!」

響「っと、そうだった……。よーし、真! 今日もダンス勝負だぞ!」

真「望むところだ! 昨日はやられちゃったけど、今日は負けないよ!」

やよい「それじゃあプロデューサー、行ってきまーっす!」

P「あぁ、行ってこい!」


91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 23:13:59.44 :kk6jit6So

P「……ふー……」

P(そうか、全部夢だったのか……。
 そりゃそうだよな、あんなのが現実なわけないし。でも良かった……)

小烏「プロデューサーさん? どうかしたんですか……?」

P「! 音無さん……いえ、実はさっき少し恐ろしい夢を見て……」

小烏「まあ、うふふっ。プロデューサーさんってば、可愛いところがあるんですね」

P「あはは……お恥ずかしい限りです。でも安心しましたよ。あれが夢で……」

P「……」

P「……ん?」


  おしまい


92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 23:14:32.25 :kk6jit6So

何これ

付き合ってくれた人ありがとう、お疲れ様でした


95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/18(土) 23:21:15.59 :9SfItffGo
ぴよちゃん……
刀みたいな名前になって……


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】如月十早「プロデューサー……。私、何かが足りない気がするんです」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1487422054/