このSSはモバP「元日の次の日」の続きみたいなものです

でも別に読んでなくても大丈夫です


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/09(木) 20:28:26.14 :1PhIBuro0

さくら「おっはよーございまぁす!」


し~ん


さくら「あれぇ?だれもいない?」

さくら「おっはよーございまぁす!!!」


し~~~ん


さくら「いないかぁ」

 
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/09(木) 20:29:58.86 :1PhIBuro0

さくら「だれもいないのにかぎがあけっぱなし…ってことは」

さくら「まったくもぉ!せきりゅてぃがなってない!」

さくら「あ!でもせっかくだからお爺ちゃんの机にいたずらしちゃおっと!」

さくら「この間買ったたまむし色のペンはぁ…」


4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/09(木) 20:30:47.50 :1PhIBuro0

???「あ、あの……」

さくら「む?」

乃々「もりくぼが、いるんですけど…」

さくら「机の下からぼわっと」

乃々「メルヘン少女が登場……ってそうじゃないです」

 
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/09(木) 20:31:28.59 :1PhIBuro0

さくら「ねぇねぇ乃々ちゃん」

乃々「な、なんですかさくらちゃん…」

さくら「机の下ってそんなにいいの?」

乃々「えっと、夏場は暑くて……冬場は寒くて……」

さくら「ひどい」

乃々「でも、居心地は結構いいです…程よい狭さが癖になると言いますか……」

さくら「なるほどぉ……」


さくら「ねぇねぇ乃々ちゃん」

乃々「な、なんですかさくらちゃん…」


7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/09(木) 21:21:32.18 :1PhIBuro0

朋「おっはよー!今日は待ちに待った節分よ!」


し~~ん


朋「あれ?誰もいないの?」

朋「おはよーございまーす!」


し~~~ん


朋「……妙ね」

 
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/09(木) 21:22:19.59 :1PhIBuro0

朋(事務所の鍵は開いている、つまりPかちひろさんはすでに出勤している)

朋(でも事務所には誰もいない…)

朋(ということはPかちひろさんは何者かに連れ去られた可能性が高い)

朋「つまりこれは……誘拐事件ね!」

朋「ふふっ、自らの推理力が恐ろしくなるわ…」


乃々(朋さんがなんかブツブツ言ってるんですけど…)

さくら(これ隠れてて大丈夫かなぁ?)

乃々(なるようになります……多分)

 
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/09(木) 21:22:54.33 :1PhIBuro0

朋「ってヤバイじゃない!誘拐事件!?」

さくら(あ、我に返りましたぁ)

朋「えっとこういう場合どうしたら…!とりあえず110番!?」

乃々(雲行きが怪しいんですけど…)

朋「あーもーどうしたらいいの!?」

さくら(さすがにそろそろ出よぉ?)

乃々(同感です…)

 
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/09(木) 21:23:45.54 :1PhIBuro0

朋「」ツーン

乃々「あ、あの……」

朋「不安だったんだから」

さくら「ごめんなさぁい…」

朋「すっごく心配したんだから」

乃々「ごめんなさいぃ……」

朋「それにそういう楽しそうなことはあたしを通してもらわないと!」

乃々「えっ」

さくら「楽しいかなぁ?」

朋「ほら、かくれんぼ的な楽しみがあるというか」

さくら「なるほどぉ」

乃々「納得しちゃうんですか…雑ですか…」

 
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/09(木) 21:24:59.68 :1PhIBuro0

爺P(以下P)「ただいま戻りましたー」


し~~~ん


P「森久保ー荷物持つの手伝ってくれ」


し~~~~~~ん


P「また机の下か?」


P「……いないな」

 
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/09(木) 21:26:39.34 :1PhIBuro0

朋「ふふふ、Pってば首を傾げてるわね」

さくら「推理があまあまでぇす!はちみつくらい」

乃々「さすがにここは見つからないんですけど…もりくぼの、べすとぷれいす…」

さくら「でもちょっとせまい」

朋「そうね、結構狭いわ」

乃々「元々一人用ですしぃ…」

さくら「一人用のぽっどですかぁ?」

朋「ポッド?」


14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/09(木) 21:27:17.32 :1PhIBuro0

P「そっか、いないか」

朋「あれ?あきらめたわね」


P「せっかく藤居に今年の恵方を聞こうと思ったのに」

朋「うぐっ」


P「買ってきた飴ちゃんも持って帰っちゃうか」

さくら「うぐぐぅ」

乃々「耐えるんですけど…正念場なんですけど…!」



P「ついでに机の下のもりくぼポエムもコピーしちゃおう」

乃々「待つんですけど!!もりくぼはここにいますけど!!」

さくら「いの一番に出てっちゃったぁ!」

朋「乃々ちゃん…」


15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/09(木) 21:28:16.74 :1PhIBuro0

乃々「もう離さないんですけど…ノートが全てなんですけど……」

さくら「あめうまうま」

P「それで、何故隠れてた?」

朋「ほら、今年の恵方って北北西らしいから」

P「こっち南側なんだが」

さくら「かくれんぼって楽しいから」

P「そうだな、また今度やろうな」

 
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/09(木) 21:28:58.03 :1PhIBuro0

乃々「もりくぼが悪いんです…もりくぼがお二人をもりくぼのもりに連れて行こうとしたんです…」

P「ほうほう」

乃々「元々もりくぼのもりはもりくぼが困った時に隠れる場所で…」

P「なるほど」

乃々「ですから……えっと………」

P「ん?」

乃々「…おろしてくださいぃ……」

P「ダメ」

乃々「おーにぃ……あくまぁ……ち」

P「それ以上いけない」


さくら「いいなぁ、おひざにトン」

朋「借りてきたリスみたいになってるわね」

さくら「つぎやってもらお」

 
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/09(木) 21:29:31.64 :1PhIBuro0

さくら「えへへぇ」

P「座り心地は?」

さくら「うむ、くるしゅうない!」

P「それはよかった」


朋「Pは買い物に行ってたの?」

P「恵方巻の材料と豆をちょっとな」

乃々「……ものすごい量なんですけど」

P「大丈夫だ、経費で落ちる」

さくら「アメちゃんも?」

P「それは無理」

さくら「そっかぁ」


18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/09(木) 21:30:05.56 :1PhIBuro0

さくら「では、さっそく恵方をまきまきしようと思いまぁす!」

朋「わー」

P「わー」

乃々「わー…」

さくら「でも、どう作ればいいのか分かりませぇん!」

P「じゃあここは森久保にお手本を」

乃々「うぇぇ…!?突然のもりくぼ…白羽の矢が立ちくぼ…」

朋「頑張って乃々ちゃん!」

さくら「がぁんばれぇ!まけぇんなぁ!」

乃々「……ちーからーのかーぎりぃ……」

 
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/09(木) 21:30:53.19 :1PhIBuro0

乃々「こ、こんなもんで……いかがでしょう……」

さくら「すごぉい!」

P「丁寧な仕事だ、店売りにも劣らないクオリティ」

朋「正直このまま売れるわよこれ」

乃々「それは、勘弁してくださいぃ…」

P「森久保乃々の恵方巻き…どう?」

さくら「100本買いまぁす」

P「じゃあ俺1000本買う」

さくら「じゃあじゃあ!10000本買う!」

朋「すっごい幸運押し寄せて来そう」

乃々「いやそんなには作れませんけど…所詮はそろくぼですしぃ…」

 
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/09(木) 21:31:31.25 :1PhIBuro0

さくら「ご飯しきまぁす」

P「どうぞ」

さくら「まぐろとーブリとーサーモンとーたまごとー」

乃々「ど、どうぞ」

さくら「きゅうりとーえびとーまぐろとーしそとー」

朋「紫蘇食べられるの?」

さくら「もちろん!」

P「さすが、偉い松」

さくら「えへへぇ!どやぁ!」


さくら「えーっとあとまぐろとー」

乃々「まぐろが多いんですけど…それにそろそろ巻けないと思うんですけど…」


21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/09(木) 21:32:20.31 :1PhIBuro0

さくら「巻けなかった」

P「まあ欲張り過ぎよな」

朋「結局海苔2枚のごんぶと巻きになったわね」

乃々「で、でもご利益はありそうですし」

さくら「じゃあいっかぁ」

P「そしたら次藤居、GO」

朋「ここはちょっと個性を出したいところね」

乃々「恵方巻きで出せる個性ってなんですか…?」

 
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/09(木) 21:33:02.60 :1PhIBuro0

さくら「ぱりぱり」

朋「うーん…ハート型も難しいわね」

乃々「星型よりはできそうでしたけど…」

P「そもそも星型は海苔がバラバラになってたからな」

さくら「歯にのりはさまっちゃったぁ」

P「ほれ、糸ようじ」

さくら「んんぅ」

 
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/09(木) 21:33:30.81 :1PhIBuro0

乃々「あっ…ここでもりくぼに電流走る…」

P「言うてみぃ」

乃々「えっと…外側がダメなら中の具材をハート型に切るとか…」

朋「なるほど!」

さくら「なぁるほど!」

P「なるほどなぁ」

乃々「いや、あの…そんなに納得されても…困りくぼ……」

 
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/09(木) 21:34:14.22 :1PhIBuro0

朋「卵を焼いたわ!」

さくら「ハート型に切りましたぁ!」

乃々「そして綺麗に巻き直しました」

P「俺は…お皿を出しました」

さくら「よぉし!」


P「藤居、今年の恵方は?」

朋「今年は丁酉(ひのととり)だから十干は丁!つまり北北西のやや北寄りよ!」

乃々「すごい詳しい…まるで恵方博士…」

さくら「はかせぇ!なんで恵方ってあるの!」

朋「なんかその方向に偉い神様がいるらしいわ!」

乃々「いきなり大雑把になったんですけど……」

P「多分昨日の夜調べたヤツだこれ」

朋「ついでにその神様すごい美人なんだって」ポチポチ

P「今調べてるし」

 
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/09(木) 21:34:48.33 :1PhIBuro0

P「北があっちだから」

朋「まあ大体この向き?」

乃々「玄関向いて食べる感じですか」

さくら「これちょっとおっきすぎたかなぁ」


朋「いい?食べ終わるまでは喋っちゃダメよ?」

さくら「はぁい!」

P「一番不安なのが返事だけはいっちょまえだ」

さくら「むぅ、それくらい出来ますよぉ!」

P「それは悪かった」

朋「音頭は乃々ちゃんに任せるわ!」

乃々「えぇ……もりくぼにそんな大役ぅ…」

P「出来る出来る絶対出来る気持ちの問題だ」

乃々「めっちゃ熱いんですけど…熱血翁Pですか……」

 
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/09(木) 21:35:25.82 :1PhIBuro0

乃々「えー…では不精もりくぼが音頭を取らせて頂きます…」

乃々「いただきまぁーす…」

「「「いただきまーす」」」



P「」モグモグ

朋「」モムモム

乃々「」モキュモキュ

さくら「」ウマウマ


28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/09(木) 21:36:16.12 :1PhIBuro0

ずずず~っ

P「」フゥ

朋「」フゥ

乃々「」フゥ

さくら「」ウマウマ


 ガチャ


P・朋・乃々「!」

ちひろ「おはようございま~す、ってもうお昼ですけど」

さくら「」オチャウマー

 
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/09(木) 21:36:51.49 :1PhIBuro0

ちひろ「あら?恵方巻き食べてる最中でしたか」

P「」OK?

朋「」OKOK

乃々「で、では」

「「「「ごちそうさまでしたー」」」」

ちひろ「私も食べようかなー」


朋「いたわね神様」

乃々「タイミング良すぎなんですけど…」

P「多分弁財天の類だな」

さくら「確かに美人でしたぁ」


ちひろ「??」


おわり

 
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/09(木) 21:40:08.46 :1PhIBuro0

そろそろ題名に困ってきました
上手い付け方とか知ってたら教えてください

森久保も孫適正結構高いと思います
膝に乗せてかいぐりかいぐりしたい


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】モバP「十人十色の恵方巻き」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1486639658/