短いです


2 :◆mTQtXPIEW. :2014/06/29(日) 14:59:46.66 :iIZmXhEvo

ちひろ「まだ言ってるんですか」

モバP(以下P)「だって」

ちひろ「この前、芽衣子ちゃんと杏ちゃんと話して、考えを改めたんじゃないんですか?」

P「ま、まぁ、そうですけど…。この前、杏の家に行ったんですよ」

ちひろ「へ?」

P「あいつ、マジで家事できてました。そりゃもう完璧に」

ちひろ「やれば出来る子なんですね」

P「なぜ日頃からやらないのか…はぁ」

ちひろ「…ん? じゃあ何故、まだ結婚したくないって言ってるんですか?」

P「いやですね…この前、また友人に会いましてね。このことを話したら、出来るのにやらない人って確かにいる、って言われたんですよ」

ちひろ「はぁ…」

ちひろ(そのご友人はプロデューサーさんをどうしたいんですかね…)

ちひろ「あ、そういえば。ドリンクが入荷されたんですが」

P「ください」

ちひろ「ありがとうございます♪」

 
3 :◆mTQtXPIEW. :2014/06/29(日) 15:00:44.86 :iIZmXhEvo

P「夫婦生活って二人三脚だと思うんですよ。二人が足並み揃え、協力して頑張るんです」

ちひろ「まあ、わたしもそう思いますが」

P「でも、片方がだらけたら、そこで崩れてしまうんです」

ちひろ「…そう、ですね」

ちひろ「なら、夫のためなら何でもしてくれる、従順な子をお嫁さんに貰えばいいんじゃないですか?」

P「またあなたは、そんな簡単に言って…」

 
4 :◆mTQtXPIEW. :2014/06/29(日) 15:01:16.34 :iIZmXhEvo

ありす「ここにいますよ」ガチャッ

P「お、ありす。おはよ」

ちひろ「おはよー、ありすちゃん」

ありす「おはようございます、Pさん。ちひろさん、橘と呼んでください」

ちひろ「えっ」

P「なあ、ありす。ここにいるってどういうことだよ」

ありす「そのままの意味です。私は、Pさんのためならなんでもします」

P「ありす…嬉しいこと言ってくれるなぁ、こいつぅ!」ナデナデ

ありす「えへ、えへへ…」

ちひろ「…具代的にはどうなんですか?」

P「具代的…そうですねぇ。朝昼晩、三食はちゃんと作って欲しいですよね、やっぱ」

ありす「任せてください」

P「おっ、頼もしいな」

P(大丈夫かな)

ちひろ(いやダメでしょ)

 
5 :◆mTQtXPIEW. :2014/06/29(日) 15:01:47.05 :iIZmXhEvo

ありす「それと…これは、私のわがままなんですが」

P「ん?」

ありす「…食事は、いつも二人で食べたいです」

P「…そうだな! 一緒に食べるっていうのも、大事だよな!」

ありす「はい!」

ちひろ(何事もなく落着、かな?)

 
6 :◆mTQtXPIEW. :2014/06/29(日) 15:02:24.65 :iIZmXhEvo

ありす「ところでPさん」

P「ん? なんだー?」

ありす「Pさんは結婚後も、このお仕事を続ける気ですか?」

P「当たり前じゃないか。稼がなきゃならんし、あいつらを置いて―」

ありす「じゃあ、監視は続けないとですね」

P「…えっ」

ありす「何かあるときは逐一報告」

P「え、えっと…」

ありす「夫婦は二人三脚。バラバラになったら…ダメですからね?」

P「…は、はい。その、通りです…」

ありす「Pさんの自由を縛ったりはしませんから、心配しないでください」

P「…はい」

ちひろ(…うん)



おわり


8 :◆mTQtXPIEW. :2014/06/29(日) 15:03:26.39 :iIZmXhEvo

~桃華編~

桃華「こんにちは、ですわ」ガチャッ

P「お、桃華」

ちひろ「こんにちは、桃華ちゃん。…Pさん、桃華ちゃんは」

P「そうですねぇ…いいかも、しれません」

ちひろ「やっぱり!」

桃華「…? 何をお話していますの?」

P「いや実はな~」カクカクシカジカ

桃華「わたくしこそ、Pちゃまのお嫁さんにふさわしいですわ!」

ちひろ(速い)


10 :◆mTQtXPIEW. :2014/06/29(日) 15:03:53.75 :iIZmXhEvo

P「桃華は夫を縛ったりするか?」

桃華「そんな無粋なこと、しませんわ!」

P「自分だけワガママは?」

桃華「ないですわ!」

P「…あー、俺の中の考えが変わっていくー」

ちひろ「おーっ」

ちひろ(ちょろっ)

桃華「わたくしは、Pちゃまに優しく慕っていきたいと思っていますの」

P「うわー、それは最高だね」

 
11 :◆mTQtXPIEW. :2014/06/29(日) 15:04:37.51 :iIZmXhEvo

桃華「例えば、Pちゃまは働かなくてもいいですわ!」

P「…ん?」

桃華「Pちゃまが苦労する必要はありませんもの!」

P「いや、二人三脚…」

桃華「わたくしがPちゃまを抱きかかえてでもゴールしますわ!」

P「おかしい…」

ちひろ「でも桃華ちゃん。プロデューサーさんは、結婚後も働きたいそうよ?」

桃華「え…Pちゃま、そうですの?」

P「あ、ああ」

桃華「…困りましたわ」

 
12 :◆mTQtXPIEW. :2014/06/29(日) 15:13:07.56 :iIZmXhEvo

P「へ?」

桃華「な、なんでもないですの!」

P「そ、そうか」

ちひろ(愛が深いですね…)

ちひろ「でも、お金に不自由はなさそうですよね」

桃華「ふふっ、その通りですわ♪」

P「嫁さんの財産を当てにするのはちょっと気が引けますね…」

桃華「遠慮しなくてもいいですのよ?」

P「いや、遠慮じゃなくてさ、男としてのプライドというか」

桃華「プライド、ですの…Pちゃま、かっこいいですわ!」

P「そ、そうか? へ、へぇー」

桃華「そうですわ! 今度、わたくしの家にご招待しますの!」

ちひろ(急だなぁ)

P「え、どうして」

桃華「ふふっ、わたくしがPちゃまを御もてなししますわ! 女性としての魅力を、Pちゃまに感じて、知って欲しいですの!」

P「桃華…じゃあ、お邪魔しようかな」

桃華「嬉しいですわ!」

ちひろ(…あーあ)



おわり


44 :◆mTQtXPIEW. :2014/06/30(月) 19:12:37.51 :lqNH33nXo

~早苗編~

ちひろ「Pさんとしては、引っ張ってくれる女性はどうなんですか?」

P「あー…うん。まあ、家事とかこなしてくれそうですけど、それって気が強いって意味じゃないですかぁ。意見の相違で喧嘩になったら嫌ですよね。どちらも引けなくなったり」

ちひろ「あー」

早苗「こんにちはー!」ガチャッ

P「例えば、ね」チラッ

ちひろ「うーむ…」

早苗「?」キョトン


45 :◆mTQtXPIEW. :2014/06/30(月) 19:18:31.57 :lqNH33nXo

P「子供の教育方針とかありますよね」

ちひろ「な、なるほど」

早苗「ねぇねぇ、なんの話してるの?」

P「結婚って難しいなって話ですよ」

早苗「あー、わかるわかる! …へ? P君、結婚意識してたの!?」

P「もちろんしてますよ」

早苗「へ、へぇ…」ソワソワ

ちひろ(………うん)


63 :◆mTQtXPIEW. :2014/07/01(火) 22:31:47.15 :pOwdaASQo

P「早苗さんは子供をどんな子に育てたいとかありますか?」

早苗「え、えっ!? もう子供のこと!? ちょっと…気が早いよPくん…」ゴニョゴニョ

ちひろ(早苗さん…多分この人はそんなこと思ってないと思いますが…)

P「大きく分けて、強くてたくましい元気っ子か、クールで賢いインテリ風か、みんなにちやほやされる可愛い系とかですかね」

早苗「うーん…男の子だったらやっぱり、強く、たくましく育って欲しいよね!」

P「あー、そうですね。俺もそう思います」

早苗「ほんと!? やったぁ!」

 
53 :◆mTQtXPIEW. :2014/07/01(火) 18:47:27.04 :pOwdaASQo

早苗「女の子だったらやっぱり可愛くてなってほしいよね!」

P「いや…それはいやだ!」

早苗「へ? どうして?」

P「可愛いってことは…娘に男子が好意を持つ可能性があるってわけですよ!?」

早苗「えー、いいことじゃん」

P「よくありません!! ……娘が男を家に連れてき時には……俺死ねますね」

早苗「そ、そこまで!? がんばろうよ! …あ、あたしもいるからさ!」

P「いやしかし…うーん…」

早苗「Pくん?」

P「はいなんですぉぉおおああ!?」ギリギリ

早苗「自分の愛娘を快く送れないようじゃ、いいお父さんになれないよ?」ギリギリ

P「はいぃ! わかりましたぁぁ! ……ごほっごほっ」

早苗「うん。よろしい♪」

ちひろ(一方的じゃ喧嘩もなさそうだなぁ)


65 :◆mTQtXPIEW. :2014/07/01(火) 23:20:18.73 :pOwdaASQo

P「早苗さんは飲みで帰りが遅くなった夫をシメちゃうタイプですか?」

早苗「もちろん♪ あたしも飲みたいのにーってね」

P「な、なるほど」

早苗「あ、そうだ! P君! 今日飲みに行こうよ!」

P「おっ、いいですね。行きましょう行きましょう。ちひろさんもどうですか?」

ちひろ「あっ…私は今日中に済ませないといけない仕事がありまして…」

P「手伝いましょうか?」

ちひろ「い、いえ、1人で十分な量なんで!」

P「そうですか」

ちひろ(嘘だしなぁ…)

早苗「それじゃ、約束ねP君! 実は今日悩みがあってねー、実家から~」

P「飲むとき聞きますよ。ほら、そろそろ仕事の時間ですよ」

早苗「あっ、ほんとだ。じゃ、今晩よろしくねー♪」



おわり


71 :◆mTQtXPIEW. :2014/07/02(水) 01:26:41.61 :XqMPz/tgo

~おまけ~

P「た、ただいまー」ガチャッ

早苗「おっかえりなさぁい!」ヒクッ

P「あー、早苗。また飲んでたな」

早苗「……どうしてP君、帰り遅かったのかなぁ?」

P「えっ……えっと…」

早苗「正直に」

P「…大人組に捕まって、飲みに行ってました…」

早苗「ずーるーいぃ! P君だけ飲むのはおかしい!」

P「早苗も飲んでるじゃん…」

早苗「1人は寂しかったぁ!」

P「……はぁ。ごめんな」

早苗「……ううん。こっちこそごめん…ンッ」

P「…ふぅ。それじゃ、俺は風呂入って寝ま」

早苗「ところで、浮気じゃないよね?」

P「ち、違う! 絶対に違うぞ! 俺が愛してるのは早苗、お前だけだ! 信じてくれ!」

早苗「も、もう、P君…。…もし浮気なんかしたら、シメちゃうから♪」

おわり


76 :◆mTQtXPIEW. :2014/07/04(金) 15:41:57.50 :vV1Di6DJo

~幸子編~

P「でもやっぱり、金は我慢するとして、愛されなくなるのは辛いですよね」

ちひろ「そんなことあるんですか?」

P「どうやらあるらしいですよ。『結婚式で誓ったあれはなんだったんだー!』って例の友達が嘆いてました」

ちひろ「プロデューサーさんのそのお友達さんは大丈夫なんですか…」

P「まあ大丈夫でしょう。『俺、娘ちゃんに愛を注ぐことにするよ…!』とも言ってましたし」

ちひろ「大丈夫そうですね」

幸子「こんにちはー!」ガチャッ

P「よーっ、幸子」

ちひろ「こんにちは、幸子ちゃん」


78 :◆mTQtXPIEW. :2014/07/04(金) 16:04:48.41 :vV1Di6DJo

P「なあなあ幸子」

幸子「ん? カワイイボクに質問ですかプロデューサーさん? このかわいさの秘密は教えれな」

P「好きな人いるか?」

幸子「」

幸子「な、何言ってるんですかプロデューサーさん!? 」

P「いや、お前のその自分大好きが他の誰かに向けられることはあるのかなって。あっ、ラブの方な」

幸子「なっ……あ、ありますよ!」

P「おっ…もしや、好きな人が?」

幸子「も、もちろんです! ボクはカワイイですから! 好きな人の一人や二人いますよ!」

P「おー、そうかそうか。まぁ、アイドルのうちは色恋沙汰は堪忍な」

幸子「……あれ? これで、おしまいですか?」

P「おう」

幸子「」

 
79 :◆mTQtXPIEW. :2014/07/04(金) 16:12:07.24 :vV1Di6DJo

幸子「と、ところで、どうして急にこんな事を訊いてきたんですか?」

P「さあなー」

幸子「なっ!? ま、まあボクはカワイイですからね!ボクの恋愛事情に興味を持つのも」

P「実は結婚について話しててな」

幸子「どうしてこのタイミングで答えるんですか!? ……えっ、けっ、結婚!?」

ちひろ「実はね~」カクカクシカジカ

幸子「な、なるほど…」

P「幸子はあれだな。『ボクの子供はカワイイですね! なんせ、ボクの子ですから!』とか言いそう」

幸子「当たり前じゃないですか! ボクの子供ですよ? カワイイに決まってます!」

P「うんうん。そうだね」

幸子「そ、それってボクがカワイイって認め」

P「でも実際はどうなんだろうな」

幸子「なっ……ふんっ! もういいですっ!」

P(かわいいなぁこいつ)

 
80 :◆mTQtXPIEW. :2014/07/04(金) 16:15:42.98 :vV1Di6DJo

ちひろ「……ん? もしかして、プロデューサーさん…?」

P「はい。ちひろさんの思っている通りだと思いますよ」

幸子「な、なんですか二人で分かりあっている雰囲気を出して!」

P「なんだ? 仲間に入りたいか?」

幸子「べ、別に………はい」

P「おー、よく言えたよく言えた」

幸子「なんですかその言い方!? 全っ然褒められてる気がしません!」

P「気のせい気のせい」

 
81 :◆mTQtXPIEW. :2014/07/04(金) 16:31:51.79 :vV1Di6DJo

P「いやな、幸子は、あれだ。結婚後、自分と子供に全力で愛を注ぐ、つまり夫はほったらかすかしにするかもと」

幸子「そ、そんなことしませんよ! ボクはカワイイ上に優しいですから! 平等に愛を注ぎますよ!」

P「例えばだ。夫が仕事が長引いて夜遅く帰ってきた。さあ、どうする」

幸子「もちろん! 待っていたボクに対する謝罪と子供ともっと関わりを持って欲しいと――」

P「労えよ!」

幸子「……えっ」

P「夫は夜遅くまで家族のために頑張ってたんだぞ!? 労えよぉおお!!」

幸子「」

乃々「も、もりくぼは…プロデューサーさんは……頑張っていると思うんですけど…」

P「森久保ォ! レッスンの時間過ぎてるぞ!」

乃々「…あたし、頑張ったんですけど…」

ちひろ(乃々ちゃん……)

 
82 :◆mTQtXPIEW. :2014/07/04(金) 16:36:44.56 :vV1Di6DJo

幸子「ぼ、ボクだってやればできますよ!」

P「本当か?」

幸子「もちろんです!」

P「じゃあ…俺を労ってみろ!」

幸子「どうぞ!」ポーズ

P「……何をしてるんだ、幸子」

幸子「カワイイボクを見て、癒されてください! 感謝してくださいよプロデュ」

P「レッスンの時間だァ! 輿水ゥ!」

幸子「こんなのおかしいですよ!」

おわり

 
83 :◆mTQtXPIEW. :2014/07/04(金) 16:38:13.49 :vV1Di6DJo

おわりです
こんなキャラじゃない!って思うのもあると思うけど堪忍して


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】モバP「やっぱり結婚なんて…」ちひろ「…はぁ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1404021510/