『うっうー!うっうー!』


仕事終わりの帰途を千早ちゃんと取り留めのない会話で埋めていた時、携帯の着信音が耳朶に触れた。


2 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 22:44:12.13 :r0Si7uiZ0

千早「携帯のバイブがなっているわね。春香のかしら」

春香「千早ちゃんさ、いつもバイブと言い張るけど、明らかにこれやよいの声だよね。絶対おかしいよ」


3 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 22:44:48.21 :r0Si7uiZ0

千早「え、高槻さんの声に聞こえたかしら?やったわ声帯模写成功ね……は!いや、これはバイブよ」

春香「いやいや、もう取り消し不可能なとこまで言っちゃってるから!私、とことん引いてるからね!」

千早「……春香が何をいっているのかわからないわ」

 
4 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 22:45:20.82 :r0Si7uiZ0

私の何度目かの指摘を千早ちゃんは馬耳東風に聞き流し、メールの確認を行っている。

本当にわからないという顔をしていた。

次の現場でもスタッフのドン引きした顔を見ることになりそうだ。

 
5 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 22:45:52.08 :r0Si7uiZ0

春香「誰からのメール?貴音さんかな?」

千早「え、どうしてわかるの!?」

春香「メンタリズムですよ。メンタリズム!」

 
6 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 22:46:30.20 :r0Si7uiZ0

千早「メンタリズム?春香はそんなの使えないでしょ?」

春香「はは、まあ私と千早ちゃんは親友だからね。勘でわかっちゃうんだよ」

千早「親友なら……しょうがないわね//」


7 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 22:47:00.80 :r0Si7uiZ0


実は相手がわかったのには理由がある。


8 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 22:47:30.34 :r0Si7uiZ0

千早ちゃんがメールをするのは765プロの人だけだ。

以前こんなやり取りを見たことがある


9 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 22:47:59.97 :r0Si7uiZ0

私と貴音さんが事務所への階段を上ると、扉の向こう中から奇妙な声が聞こえてきた。


10 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 22:48:26.69 :r0Si7uiZ0

千早「うっうー!響さん、楽しそうですねー!何してるんですかぁ?」


11 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 22:48:57.75 :r0Si7uiZ0

響「お!千早、やよいの物真似か?全然似てないな!」

千早「くっ!」


12 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 22:49:23.99 :r0Si7uiZ0

私たちはドアの外で聞き耳を立てることにした。


13 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 22:49:52.44 :r0Si7uiZ0

響「これはな、沖縄の友達とメールしてたんだよ。何か面白いことがあるとみんなで共有するようにしてるんだ」

千早「それは楽しそうね。私もやってみたいわ」

響「うんうん。やってみるといいさー」


14 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 22:50:20.75 :r0Si7uiZ0

千早「それじゃあ、ちょっと私に我那覇さんの携帯を貸してくれないかしら?」


15 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 22:50:48.46 :r0Si7uiZ0

響「ああ、いいぞ……って、え?」


16 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 22:51:16.30 :r0Si7uiZ0

千早「良いネタがあるのよ。今度出演するドラマの脚本の話なんだけど」

響「やめろ!自分の携帯で機密漏えいするつもりか!」


17 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 22:51:42.90 :r0Si7uiZ0

千早「冗談よ」

響「……前、貴音とも同じやりとりをして、自分人間不信になりかけてるぞ」


18 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 22:52:13.69 :r0Si7uiZ0

春香「え、貴音さんも響ちゃんの携帯で何かやろうとしたんですか?」

貴音「響も春香も誤解をしています!私はただ、響の携帯でねっとしょっぴんぐに挑戦しようとしただけなのです!


19 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 22:52:40.36 :r0Si7uiZ0

春香「誤解もなにも真っ黒じゃないですか。銀色の女王なのに真っ黒ですよ、真っ黒!」

貴音「では次から漆黒の女王と呼んでください」

春香「やめてください、神崎蘭子ちゃんじゃないんですから!」

 
20 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 22:53:11.70 :r0Si7uiZ0

響「あのな、千早、こういうのは自分の友達とするから楽しいんだよ。千早は千早の友達とやってみたらきっとわかるって」

 
21 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 22:53:38.54 :r0Si7uiZ0

千早「自分の友達と……ごめんなさい我那覇さん」


22 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 22:54:05.00 :r0Si7uiZ0

響「どうしてあやまるんだ?」


23 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 22:54:30.17 :r0Si7uiZ0

千早「私、765プロ以外に友達がいないのよ。」

響「……」


24 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 22:54:59.52 :r0Si7uiZ0

千早「近所でも、学校でも、私は昔から自分の殻に閉じこもってきたから。友達を作る機会なんて今までいくらでもあったかもしれないのにそのほとんどを無駄にしてきたの。これからだってきっと――」


25 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 22:55:29.09 :r0Si7uiZ0

響「以前現場でさ、スタッフの人に聞かれたんだ」


26 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 22:55:57.46 :r0Si7uiZ0

千早「……」

響「最近千早がとても明るくなったけど何かあったのかって」


27 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 22:56:25.37 :r0Si7uiZ0

千早「それは、皆が私を変えてくれたからで」

響「皆も同じことを聞かれるみたいなんだって。そして皆同じことを答えるんだ」


28 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 22:57:01.59 :r0Si7uiZ0

千早「……」


29 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 22:57:30.00 :r0Si7uiZ0

響「千早が変わろうと努力してるからだって。」


30 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 22:57:58.93 :r0Si7uiZ0

千早「努力……」

響「そうだ。千早はこれから自分の力で沢山の友達を作れると思うぞ。だから心配する必要なんてない。それに楽しい話なら自分たちとすればいいんだよ」


31 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 22:58:25.32 :r0Si7uiZ0

千早「でも、我那覇さんにはメールの相手が」

響「自分、いつも思うんだ。メールじゃなくて直接会って、顔を見て話したいって。だって、楽しい話をしてるんだから」


32 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 22:58:52.05 :r0Si7uiZ0

千早「我那覇さん……」

響「だからいっしょに喋ろう、そのほうがよく伝わるさー。自分千早の楽しい話を聞きたいぞ」

 
33 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 22:59:19.09 :r0Si7uiZ0

千早「ありがとう、我那覇さん」

響「うん」


34 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 23:00:04.35 :r0Si7uiZ0

千早「……それじゃあ話すわね。なんだか緊張するわ」

響「うんうん」


35 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 23:00:30.45 :r0Si7uiZ0

千早「でも私、良いネタがあるのよ。」

響「うんうん……ん?」


36 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 23:00:56.42 :r0Si7uiZ0

千早「今度出演するドラマの脚本の話なんだけど」

響「まずはそこから離れろ馬鹿―!!」


37 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 23:01:29.54 :r0Si7uiZ0

春香「響ちゃん、とってもいい子ですね」


貴音「ふふ、そうでしょう」


春香「でも千早ちゃんだって負けてませんからね!」


貴音「わかっていますよ春香」


38 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 23:01:57.28 :r0Si7uiZ0

千早ちゃんがメールをするのは765プロの人だけだ。


39 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 23:02:36.54 :r0Si7uiZ0

千早ちゃんはメールを読んだ後、わからないという表情をしていた。

765プロの中でそんな解読不能のメールを送ってくる筆頭は、貴音さんなのだ。

亜美真美も難解だが、解読の余地はある。

しかし貴音さんにはそれがない。


40 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 23:03:13.28 :r0Si7uiZ0

春香「それでなんて書いてあったの?」


41 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 23:03:44.81 :r0Si7uiZ0

千早「一言だけ『らぁめん』と」



春香「貴音さんらしいワードだね」


42 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 23:04:20.30 :r0Si7uiZ0

『うっうー!うっうー!』


43 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 23:04:48.75 :r0Si7uiZ0

千早「またバイブが鳴っているわ」


春香「もうそれでいいよ。で、誰から?」


44 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 23:05:26.65 :r0Si7uiZ0

千早「四条さんね。えーと、


『先ほどのメールを見て、あなたはらぁめんを食べたくなってはないかとお見受けします』


とあるわ」


45 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 23:06:12.31 :r0Si7uiZ0

春香「確かに食べたくなってるかも」
千早「確かに食べたくなってはないわね」


春香・千早「「え?」」


46 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 23:06:39.28 :r0Si7uiZ0

『うっうー!うっうー!』


47 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 23:07:08.54 :r0Si7uiZ0

2人してきょとんとした顔をしていると再び着信音が鳴り響いた。


48 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 23:07:41.25 :r0Si7uiZ0

千早「……四条さんからだわ。えーと


『これが麺たりずむです。らぁめんだけに』



49 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 23:08:09.42 :r0Si7uiZ0

春香「いや、これは……」


文面上どちらの意味にもとれる。貴音さんの勝ち誇った顔が頭に浮かんだ。


50 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 23:08:47.52 :r0Si7uiZ0

千早「


『追伸。もし当たったなら罰として今から事務所に来て下さい。今日あった楽しい話をしたいのです。響もおりますよ』


ですって」


51 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 23:09:16.88 :r0Si7uiZ0

春香「どうする?千早ちゃん?」


私は返答が決まりきった質問をする


52 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 23:09:46.14 :r0Si7uiZ0

千早「ふふっ、すっかりしてやられたわね!行きましょう、私たちの事務所に」


53 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 23:10:16.02 :r0Si7uiZ0

春香「……そうだね!行こうか、事務所に」


千早「ええ!」


54 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 23:10:51.37 :r0Si7uiZ0

千早ちゃんがメールをするのは765プロの人だけだ。


55 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 23:11:19.91 :r0Si7uiZ0

でも千早ちゃんの楽しそうな横顔を見ると、私も楽しくなる。


56 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 23:12:13.78 :r0Si7uiZ0

事務所への道のりを私たちは取り留めのない会話で埋める。


57 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 23:12:50.67 :r0Si7uiZ0

千早「そういえば春香、実は私もメンタリズムを使えるのよ」


春香「え、そうなの?」


58 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 23:13:20.12 :r0Si7uiZ0

千早「メンタリズムといえば心理学よね、心理学といえばユング。ユングといえば?」


59 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 23:13:47.74 :r0Si7uiZ0

春香「ユングといえば……コンプレックス?」


60 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 23:14:59.63 :r0Si7uiZ0

千早「今あなたの頭の中でBEMYBABYが流れているでしょう。これがメンタリズムです」



そこには貴音さんに勝るとも劣らぬ、勝ち誇った千早ちゃんの顔があった。(完)


61 :◆SU.cErYd62 :2017/01/01(日) 23:15:59.25 :r0Si7uiZ0

以上で簡潔です。

ありがとうございました。


HTML化依頼を出しておきます。


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】貴音「麺たりずむ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1483278201/