初投稿です。


2 :◆b72I1I/FhE :2016/12/25(日) 01:04:39.04 :3++CjzqL0

モバP(以下P)「ふぅ~……せっかく休みになったクリスマスイブは一人か」

P「うちの担当アイドル達は皆それぞれ予定があるらしいし……上京して知り合いも居ない」
 
P「………酒でも買ってくるかn」ピンポーン
 
P「はーい……誰だ?…………」ガチャ
 
 
まゆ「来ちゃいました。まゆですよぉ」ミニスカサンタコス

P「…………」ジワァ
 
まゆ「…Pさん…?」
 
P「やっぱりまゆなんだよなぁ。本当に辛いときに来てくれるアイドルってのは」
 
まゆ「うふふ、もちろんですよぉ。まゆはいつでもPさんのことを考えてますから」
 
P「ほら上がってくれよ…肩まで出したその格好じゃ寒いだろう」
 
まゆ「もー、それだけですかぁ?」
 
P「すごく可愛いよ、まゆ」
 
まゆ「うふふ♪ありがとうございます。お邪魔しますねぇ」


3 :◆b72I1I/FhE :2016/12/25(日) 01:06:07.35 :3++CjzqL0

P「…ところで何処からその格好だったんだ?」
 
まゆ「事務所からです」
 
P「ファッ!?」
 
まゆ「冗談ですよぉ」
 
P「だよなぁ…しかし、まゆももう知名度上がってきてるんだから本当はあまり俺の部屋まで来るのは…」
 
まゆ「……」ウルウル
 
P「なんてな!全然来てくれて構わないぞ!」
 
まゆ「Pさぁん!」ギュッ
 
P「ぉ、おい…まゆ…」
 
まゆ「これから毎日Pさんの家に来ますねぇ」
 
P「…うーん、それ俺もまゆも割と大変なんじゃないかなぁ?」


4 :◆b72I1I/FhE :2016/12/25(日) 01:12:19.60 :3++CjzqL0

まゆ「愛の力があれば大丈夫ですよぉ」
 
P「まゆのそういう所俺大好きだよ?でもちょっと現実的に見て厳しいかなぁ?」
 
まゆ「じゃあまゆがPさんの家に住みますねぇ」
 
P「あれ、俺の話聞いてた?」
 
まゆ「Pさんの声なら24時間365日いつでも聴こえますよ?」
 
P「えっ?…その話は後で詳しく話してもらうとして…そうだ、せっかくだしケーキでも買ってk」ピンポーン
 
P「……誰だ…?誰も呼んでないんだけど…」
 
まゆ「……………Pさん?もし女性だったら……ね?」ニコッ
 
P「いやぁ宅配便とかでしょ」ガチャ


5 :◆b72I1I/FhE :2016/12/25(日) 01:15:28.74 :3++CjzqL0

凛「……来たよ、プロデューサー」ミニスカサンタコス
 
P「えっ凛!?俺の家知ってたのか!?」
 
凛「どうせ彼女も居なくて一人寂しそうにしてるだろうと思って。ケーキも買ってきたよ。今日は泊まらせ……て……」
 
まゆ「………こんばんは、凛ちゃん」ハイライトオフ
 
凛「…まゆ………」ギリッ
 
 
まゆ「…凛ちゃん、みんなには予定があるって言ってましたよねぇ?」
 
凛「こうしてプロデューサーの家に来て“二人きり”でクリスマスイブの夜を楽しむ予定だったんだけどね」
 
まゆ「あら、奇遇ですねぇ まゆもそうなんですよ?」
 
P「まぁまぁ、俺は二人が来てくれて嬉しいよ!二人が仲良しだともっと嬉しいかな!」
 
まゆ「凛ちゃんキスしましょう」
 
凛「そうだね…ん、舌出して」
 
P「極端」

 
6 :◆b72I1I/FhE :2016/12/25(日) 01:18:40.44 :3++CjzqL0

P「ていうか凛もサンタの格好なんだな。可愛いアイドルサンタさんが部屋に二人もいると男一人暮らしの部屋が一気に華やかになったよ」
 
まゆ「うふふ、そうですか?」
 
凛「あ、そういえばケーキ買ってきたんだ」ガサガサ
 
まゆ「凛ちゃんもですか」ゴソゴソ
 
P「おお、本当か!ありがとう、早速3人で食べ……」ピンポーン
 
まゆ凛「……………」
 
P「えっ誰……?まさかまたアイドルか…?」ガチャ
 
ちひろ「プロデューサーさん!メリークリスマス!ミニスカサンタ事務員ですよ~!」ミニスカサンタコス
 
P「」


8 :◆b72I1I/FhE :2016/12/25(日) 01:21:32.47 :3++CjzqL0

凛「……さすがちひろさん、コスプレがすごく似合ってるね」ギリッ
 
まゆ「そうですねぇ」ハイライトオフ
 
ちひろ「あら…?って、まゆちゃん、凛ちゃん…?」
 
 
P「ちひろさんも来てくれるとは思わなかったです、今日はどうしたんですか?」
 
ちひろ「いつも頑張ってるプロデューサーさんに、今日くらいはご褒美を、と思ったんですが…」
 
まゆ「うふふふっ」
 
凛「ふーん」
 
ちひろ「明らかに空気が悪いですね?」


9 :◆b72I1I/FhE :2016/12/25(日) 01:24:01.38 :3++CjzqL0

P「えっ、そうですかねアハハ」
 
まゆ(どうしよう…このままじゃまゆのPさんとの完璧なクリスマスイブ計画が…)
 
凛「…とりあえず、ケーキ食べる?」
 
P「そうだな、皿持ってくるよ」
 
まゆ「あっ、まゆが持ってきますね」カチャカチャ
 
凛「…まゆ、プロデューサーの家の食器の位置とか知ってるんだ」
 
まゆ「うふふ、何度か来てますからねぇ」
 
凛「なっ…!私は今日初めてなのに…!」
 
P(まゆも今日が2回目で食器の場所とか分からないはずなんだが…)


10 :◆b72I1I/FhE :2016/12/25(日) 01:26:34.86 :3++CjzqL0

ちひろ「2人とも、売れっ子アイドルなんですからあまり男性の部屋に出入りするのはダメですよ?」
 
凛「そんなこと言って抜け駆けする手には乗らないよコスプレ事務員」
 
ちひろ「コスプレの点は今凛ちゃん人のこと言えないと思うんだけど…」
 
まゆ「抜け駆けの点も大概ですけどねぇ?…はい、お皿とスプーンです」
 
P「ありがとう、じゃあ俺がケーキ切り分けるよ…」プルルルル
 
P「…ん?あ、ごめんなさい電話が…はい、もしもし」
 
P「え、今からすぐスタジオに来てほしい?はい、わかりました…はい」
 
P「ごめんなさいちひろさん、凛、まゆ!用が済んだらすぐ戻ってくるから!」ガチャ
 
 
凛まゆちひろ「………」
 
凛まゆちひろ「……えっ?」


11 :◆b72I1I/FhE :2016/12/25(日) 01:33:49.62 :3++CjzqL0

凛「流石に私もこうなるとは予想してなかったよ」
 
まゆ「Pさんが居ないのならあまりまゆ達で集まってる意味も無いですよねぇ…」
 
ちひろ「そんな寂しいこと言わないで、とりあえずプロデューサーさんが帰ってくるまで私達だけで楽しみましょうよ」
 
凛「そうだね、折角ケーキもあるし」
 
まゆ「はぁ…」
 
凛「露骨なため息」
 
まゆ「…」チラッ
 
まゆ「………はぁー……」
 
凛「は?」

 
12 :◆b72I1I/FhE :2016/12/25(日) 01:37:46.78 :3++CjzqL0

プルルルル
 
ちひろ「あっすみません私にも電話が…はい、はい」
 
ちひろ「え?私もですか?分かりました、はい」
 
ちひろ「ごめんなさい、私も必要になったらしいです、ちょっと行ってきます!」ガチャ
 
 
まゆ「…」
 
凛「…」
 
まゆ「…凛ちゃんは最近どうですか?」
 
凛「えっ?」ハスハス
 
まゆ「Pさんの枕はとりあえず置いてくださいねぇ」


13 :◆b72I1I/FhE :2016/12/25(日) 01:46:47.48 :3++CjzqL0

凛「最近はソロの仕事も増えてきて充実してるけど、その分卯月や未央と話す時間が減ってちょっと残念かな」ハスハス
 
まゆ「3人は仲良しですもんねぇ」
 
凛「まぁね、伊達にずっと一緒にアイドルやってないから。まゆは?」ハスハス
 
まゆ「まゆは幸子ちゃんや乃々ちゃん、輝子ちゃん達に仲良くしてもらってますねぇ。モデルからアイドルに転身して不安ばかりな時から優しくしてくれて」

凛「そっか。お互い割と幸せなんだね」ハスハス
 
まゆ「まゆいい加減怒っていいですかぁ?」


14 :◆b72I1I/FhE :2016/12/25(日) 01:56:56.58 :3++CjzqL0

凛「…何?枕は離さないよ」

まゆ「人の話を聞くときの礼儀ってあるじゃないですかぁ」
 
凛「でもプロデューサーの枕だよ?」
 
まゆ「Pさんが好きなのは分かるんですけどまゆに匂いフェチの気は無いんですよねぇ…やっぱり本人の温もりが一番安心できるんですよ」
 
凛「本人の…温もり……?」ワナワナ
 
凛「な、何それ…まゆはプロデューサーの温もりを知ってるっていうの?」
 
まゆ「まゆ、Pさんによくぎゅーってしてもらってますからねぇ…?」
 
凛「ふ、ふーん…」ギリッ


15 :◆b72I1I/FhE :2016/12/25(日) 02:05:10.07 :3++CjzqL0

凛「そ、それなら私はよく事務所から家に送って貰うときに夜景の綺麗なレストランにつれていってもらったりしてるから」
 
まゆ「…へ、へぇ…そうなんですかぁ」
 
凛「……この話はやめよう。誰も幸せにならない」
 
まゆ「そうですね、ケーキを食べて落ち着きましょう」
 
凛「……そうだ。まゆも一応プロデューサーの枕の匂いを嗅ぐといいよ。何事も経験だよ」
 
まゆ「凛ちゃんみたいにダークサイドに墜ちそうな経験は必要無いと思うんですけど……一応」ギュッ
 
まゆ「……」クンカクンカ
 
凛「……どう?」
 
まゆ「~~~っ??」ゾクゾク
 
凛(あっ今イッたな)


16 :◆b72I1I/FhE :2016/12/25(日) 02:18:13.22 :3++CjzqL0

まゆ「なるほど…そんなに頻繁に取り替える訳じゃない枕は特にPさんの匂いが染み付いてると、そういうことですねぇ?」
 
凛「ようこそ“こっち側”へ」
 
まゆ「………」
 
まゆ「まゆに、もっと教えてくれませんかぁ…?」
 
凛「いいよ。まゆは盟友だから」
 
まゆ「うふふ、ありがとうございます?」
 
 
 
P「ただいまー…って、あれ?」
 
まゆ凛「……」スヤァ
 
ちひろ「ふふ、二人とも可愛い寝顔で寝てますね。…あ、ミニスカートの中が見えそう。プロデューサーさん見ちゃダメですよ」
 
P「…あはは、そうですね、すごく可愛いですね」

 
P「俺の洗う前の洗濯物に埋もれてるところ以外は」
 
クンカーEND


17 :◆b72I1I/FhE :2016/12/25(日) 02:19:58.18 :3++CjzqL0

行き当たりばったりすぎてクリスマス全然関係ない終わり方ですみません。凛まゆすき。依頼してきます。


18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/25(日) 02:20:35.49 :WNJUOhOo0
乙。まゆはかわいいなぁ。


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】モバP「メリーク凛スまゆ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1482595280/