お久しぶりです。
本田を書こうと思ったら奈緒になってた。
今回は一本だけです。
地の文注意です。


2 :◆oeRx5YHce. :2016/12/04(日) 01:40:17.20 :r1h6adL+0

【神谷奈緒】

『奈緒はさー、何でアニメが好きなの?』

つい先日のこと。

レッスン終わりでだらだらしてるとき、加蓮にそんな質問をされた。

『え? あー、なんでだろ』

改めて言われてみると、特に何も思いつかない。

アニメという検索ワードをあたしの中に打ち込んでみると、最初に出てくるのは小学生のときの文集だ。

将来の夢はぽけもんますたーだーだなんて、我ながら可愛い女の子だったと思う。

勿論、そんなことを覚えているのは凛と加蓮が家に来たからで、

イジられすぎてうんざりしてたからなんだけど。

当たり前になっていることに答えなんかないはずだ。

それでも無理やり、なんとかして答えを出そうとしてみると、

あたしはアニメの世界に何かを求めていたんだと思う。

 
3 :◆oeRx5YHce. :2016/12/04(日) 01:41:37.99 :r1h6adL+0

「奈緒ー、そろそろ行くぞー」

事務所のソファーでくつろいでいると、Pさんに声をかけられた。

今日は雑誌の撮影だ。トライアドじゃなくて、あたし一人だけ。

「んー、今行くよー」

小さめのポーチに必要な道具を詰めてPさんの後を追う。

年上の男の人と二人きりというと無駄に緊張しちゃうんだけど、

Pさん相手だと不思議とそんなこともない。

むしろ、この時間が結構好きだったりもする。

加蓮も凛も居ない。

茶化されることなく、アニメの話が思い切りできるからだ。


4 :◆oeRx5YHce. :2016/12/04(日) 01:42:55.14 :r1h6adL+0

「うひー、さっぶ。エアコンでもつけようか?」

車の中。気を利かせてPさんがそう申し出る。

断る理由もなく、素直に頷いた。

今年の11月は一段と寒い。

こうも寒いと部屋の中が恋しくなる。

それは自宅だったり、事務所だったり、色々だ。

ベッドに寝っ転がりながらアニメを見てるときなんて幸せに包まれる。

「もう今年も終わっちゃうんだな……」

何気なくつぶやいた一言が胸に響く。

今年は楽しかった。

アイドル活動も軌道に乗ってたし、毎日が鮮やかに見えた。


5 :◆oeRx5YHce. :2016/12/04(日) 01:47:04.26 :r1h6adL+0

「奈緒はさ、今年のアニメランキングをつけるとしたらどうなる?」

「ランキングかぁ……難しいな。Pさんは?」

「俺はこのすば。次点でDAYSかな」

「あー、このすばって今年か。あたしはリゼロかな。それか甘々」

「あったなリゼロ。すっかり忘れてた」

「今年は豊作だったと思うよ」

「奈緒は毎回『今期は豊作だった』って言ってるじゃん」

「確かに」

そんなことを言って笑い合う。

こんな一時も、楽しかった今年の大切な一部だ。

楽しい空気とあたしを運んで、車は現場へ進む。

 
6 :◆oeRx5YHce. :2016/12/04(日) 01:48:34.64 :r1h6adL+0

「リゼロだと誰が好きなんだ?」

運転しながらPさんが聴いてくる。

「断然レム! あの包み込んでくれる感じがなんとも言えないんだよ!」

「へぇ。奈緒の好きなキャラは一貫性がないよなー」

「そうか?」

「だって物語だったら戦場ヶ原だろ? まどマギだったらさやかで、今回はレムときた」

「言われてみれば確かに……」

好きなキャラを熱く語ってみんなにあやされるのはいつものことだけど、

何で好きかについて真剣に考えたことはなかった。

うーん。

考えてもよくわからない。

案外このあたりにアニメを見てる理由があるのかも。

 
7 :◆oeRx5YHce. :2016/12/04(日) 01:50:16.66 :r1h6adL+0

楽屋に行くまでの道。

歩きながら加蓮に聞かれた質問をPさんにしてみる。

「そういえばさ、Pさんは何でアニメを見てるんだ?」

「どうしたいきなり」

「いや、こないだ加蓮に言われたんだけど答えらんなくてさ」

「んー、そうだな。奈緒が居るからってのはあるかもな」

「なんだよそれ」

「俺だってそこまで老けてるわけじゃないけど、お前らよりはおっさんだろ?」

「否定はしないけど」

「そんな奴が女子高生と楽しく会話するっていったら、何か共通項を持つしかないんだよ」

「じゃあ、あたしがアニメに興味なかったら見てないってことか?」

「かもな。といっても、俺ももともとアニメ好きだったし、奈緒が気にすることないさ」

ぽんと頭に手を置かれる。

立ち止まったPさんの背中越しに「神谷奈緒様」という紙が貼られた扉が見える。

 
8 :◆oeRx5YHce. :2016/12/04(日) 01:51:28.75 :r1h6adL+0

「さーって、今日も一日頑張れよー」

「……なんかテンション高くないか?」

「可愛い奈緒がもっと可愛くなるんだろ? テンション上がらないやつがいるか」

「……バカ。またな」

「ん。先に現場行ってるぞ」

そそくさと楽屋に入ったのに、Pさんのニヤケ顔が頭から離れない。

今日は雑誌の撮影。

主役は衣装なはず。間違ってもあたしなんかじゃない。

Pさんが嫌いなわけじゃない。

ファンのみんなだって嫌いなわけがない。

でも、それでも。

一つだけは未だによくわからないことがある。

納得できないことがある。

あたしは可愛くなんてない。

絶対に、……可愛くなんてない。

 
9 :◆oeRx5YHce. :2016/12/04(日) 01:52:31.53 :r1h6adL+0

「ったぁー。つかりたー」

衣装に皺ができないように、現場の椅子に腰掛ける。

「お疲れちゃん。どっち?」

「そっちってあったかい?」

「勿論。ほいよ」

渡されたミルクティーの甘さが撮影の疲れを吹き飛ばす。

「さっきカメラマンさんに何枚か見せてもらってたんだけど、今回は面白くなりそうだぞ」

「あの人……準備できてるときには一切撮らないくせに、ちょっと気が抜けるとシャッターが早いんだよな」

「それが奈緒の魅力ってことだよ。何枚か画像送ってもらったし。ほら」

ひらひらと掲げられたPさんのスマホには、少し気の抜けた顔のあたしが写っていた。

「あ! けせよ!」

「いーやだーい」

両目に怒りを込めて精一杯睨みつけてみるも、Pさんのニヤケ顔は変わらない。

あー、もう!

……あたしの画像なんか、見ても仕方ないのに。

 
10 :◆oeRx5YHce. :2016/12/04(日) 01:54:18.51 :r1h6adL+0

そこからさきはずっと不貞腐れてた。

あたしってまだまだ子供だな。

自分でもそう思うけど、どうしても釈然としない。

可愛いってなんだろう。

Pさんの可愛いはどれくらい本気なんだろう。

凛や加蓮に言われるのとはちょっと違う。

Pさんの可愛いだけは素直に受け取れない。

ベッドに寝転がりながら鏡を見てみる。

人よりも大きな眉。

ボリュームの多い髪。

切りそろえた前髪。

凛みたいに綺麗でもなければ、加蓮のように可愛らしくもない。

あたしの魅力ってなんだろう。

あたしって何なんだろう。

 
11 :◆oeRx5YHce. :2016/12/04(日) 01:56:34.17 :r1h6adL+0

うだつの上がらない気持ちで家の天井を見ても、答えは何にも返ってこない。

それだけなら良かったんだ。

返ってこない答えを待ってる方がずっと楽だった。

そんなことを考えていた時。

ぴろんとスマホが鳴った。

見てみると凛からだった。

メッセージを見て、心臓を鷲掴みされたような感覚に陥る。

求めてなかった答えを突きつけられた。

いらなかった。見たくもなかった。

気づいていなかったあたしの気持ちも、

気づきたくなかったあたしの醜さも。

ダンッと音がなる。スマホはもう手にはない。

色んな気持ちに背を向けて、あたしは無理やり眠りについた。

 
12 :◆oeRx5YHce. :2016/12/04(日) 01:58:01.73 :r1h6adL+0

「……お、奈緒? 大丈夫?」

ふんわりと乙女の香りがする。

声の方向を見やると、眉根を潜めた加蓮が覗き込んでいた。

「あ、加蓮。どうしたんだ?」

「どうしたはこっちのセリフ。なんか今日おかしいよ?」

今日はスケジュール確認のためだけに事務所に寄った。

凛もPさんもいなかったことにほっとしたのか、ソファーでぼーっとしてたみたいだ。

「そんなこと……ないだろ」

「あります。ほら、お姉ちゃんに話してごらん?」

「あたしのほうが年上だ」

「ほら、いつもみたいに元気ないじゃん」

「…………。」

くちばしを作って床を見ていると、小さく「ふぅ」とため息が聞こえた。

不意に右腕がグイッと引っ張られる。

「行こ?」

我ながら情けないけど、今は少し困り顔の加蓮に甘えたくなった。

 
13 :◆oeRx5YHce. :2016/12/04(日) 02:00:19.68 :r1h6adL+0

着いた先はカラオケだった。

ソファーに座ってるだけで加蓮がジュースまで持ってきてくれる。

なんだかお姫様になった気分で、ちょっぴり楽しかった。

一息つくと襲い掛かってくるのは暗い感情。

その暗さが息苦しくて、あたしは神谷奈緒を見失ってしまう。

特に何か歌うわけでもない。ただ沈黙が部屋に広がっていた。

破ったのは加蓮の方だった。

「凛でしょ?」

どんな顔をして振り向いたのかは分からない。

ただ加蓮がやっぱり困った顔でメロンフロートを弄っていた姿が印象的だった。

 
14 :◆oeRx5YHce. :2016/12/04(日) 02:02:12.72 :r1h6adL+0

昨日、凛から送られてきたメッセージは一言だけ。

『プロデューサーと結ばれた』

別にPさんを意識してたわけじゃないけど、何よりも胸が苦しくなった。

何も知らないままなら綺麗だったはずなのに、

あたしの気持ちと、アニメを見ていた理由が透けて見えてしまった。

そんなあたしがあたしはたまらなく嫌で、

多分それが落ち込んでいる理由なんだと思う。

今気づいたよ加蓮。

あたし、落ち込んでるんだな。

 
15 :◆oeRx5YHce. :2016/12/04(日) 02:05:37.02 :r1h6adL+0

くちびるが震えているのが分かる。

普段は気にならない身体の一つ一つが敏感になっている。

バクバクとうるさいくらいに心臓が跳ねてる。

あぁ、あたしは今。

全部さらけ出そうとしてるんだ。

「……か、加蓮はさ、自分のこと……好きか?」

「奈緒?」

「あ、たしは、さ、むかしか、ら自分のこと好き、じゃなくて……」

目の奥がキューッとなる。言葉はもう止まらない。

「昔から、す、素直じゃないし」

戦場ヶ原ひたぎのように強く気持ちを伝えることもできず。

「誰か、のために、頑張れるわけで、もないし」

美樹さやかのように自分を犠牲にもできず。

「すぎ、な人も、ささえ、られなぐ、て」

レムのように全てを受け入れる包容力もなくて。

「あだし、は、それが、いやで……」

そう、あたしは。

アニメを見てるときだけは、理想のあたしで居られたんだ。

アニメを見ることで、Pさんの近くに居られたんだ。

あたしはアニメに救いを求めていたんだ。


16 :◆oeRx5YHce. :2016/12/04(日) 02:09:13.33 :r1h6adL+0

「っぐぅ、うっ……」

横隔膜が痙攣して上手く空気交換ができない。

口から漏れ出る音は、もう言葉ですらなくて、

でも吐き出さずには居られなかった。

悔しかった。

凛だったことが悔しかった。

でも凛が好きだから。

大好きだから悪くは絶対に言えなかった。

あたしは卑怯だ。

凛がPさんを好きなことは知ってた。

あたしは最後の最後までそんな素振りを見せなかった。

あたしに凛をなじる資格なんてない。

こんなあたしが、凛に勝てるわけなんてない。

 
17 :◆oeRx5YHce. :2016/12/04(日) 02:11:12.30 :r1h6adL+0

「奈緒はね」

ぎゅっと加蓮に抱きしめられる。

「もふもふしてて、あったかくて、安心するの」

心のなかに加蓮が入ってくる。

「学校で嫌なことがあっても、奈緒を見ると嬉しくなっちゃうの」

「仕事で失敗しても、奈緒が居るとほっとしちゃうの」

「『どうした加蓮?』って。奈緒のくせに心配してくれるの」

「からかわれてるときなんか子供っぽいのに」

「アニメの話をしてるときも小学生みたいなのに」

「そんなときだけ本当にお姉さんに見えるの」

「それはね、Pさんでも、凛でも、他の人でもできないことなんだよ?」

「奈緒は優しいから。奈緒はあったかいから。みんな奈緒のことが好きなの」

「奈緒のことが嫌いな人なんていないの。みんな奈緒のことが大好きなんだから」

「がれん……」

加蓮の言葉に涙腺が揺さぶられる。

「たまには甘えてもいいんだよ、お姉ちゃん?」

 
18 :◆oeRx5YHce. :2016/12/04(日) 02:15:39.23 :r1h6adL+0

そこから先のことはあまり覚えていない。

加蓮相手に泣きじゃくった気もするし、がむしゃらに歌った気もする。

自分の気持ちと向き合って、改めて考えてみた。

あたしはあたしが好きじゃない。

アニメを見る理由に変身願望があることも否定しない。

でもそれでも。

全部含めてあたしなんだって。

よく見せようとか、完璧で居たいとか。

そんなこと思ってなくても、加蓮はあたしを見てくれた。

加蓮があたしに自信を持たせてくれたんだ。

だからもう、うじうじ悩むのはやめた。

自分と向き合ったヒーローは大きく成長する。アニメの定番だ。

神谷奈緒は、ここからだ。

 
19 :◆oeRx5YHce. :2016/12/04(日) 02:17:45.63 :r1h6adL+0

「ふぅー」

事務所の前で深呼吸。

うん。大丈夫。

もうあたしだ。

……多分。

「おはようございまーす」

「あ、奈緒」

「おっすー、早いな」

一番見たくない組み合わせだと思ってたけど、思い過ごしだったみたいだ。

凛とPさんのツーショットでも、何も思わない。

何も思わないは嘘だな、うん。

何か思うけど、それほどでもなかった。

「ちょっと気合入れようと思って」

「気合?」

「変な奈緒」

そう言ってくすくす笑う凛。

凛、あたしを舐めるなよ?

 
20 :◆oeRx5YHce. :2016/12/04(日) 02:19:07.21 :r1h6adL+0

「Pさん!」

意思を込めた声で呼ぶと、Pさんも凛もきょとんとした顔をしていた。

へへん。もう今までのあたしじゃないぜ。

スッと右手の人差指でPさんを指す。

照れない。堂々と。当然のように。

「I...」

「しぶりーん、まだー?」

バンッ! と扉が開いて、未央が顔を出した。

「あ、ごめん未央。じゃあ私行くね。ばいばい奈緒」

「おーう、レッスンがんばれー。で、どした?」

うげぇ。全然締まらない。

気を取り直してもう一回。

「I love...」

「うええええ!! 遅刻しましたぁ!」

再び扉が開き、邪魔が入る。

「おっす卯月。遅刻じゃないけど急げー。みんなもう行っちゃったぞ?」

「うわああああああ!! 頑張りますぅうううう!!」

「おーう。転ぶなよー」

 
21 :◆oeRx5YHce. :2016/12/04(日) 02:20:30.08 :r1h6adL+0

「…………。」

なんとも言えない沈黙が。

「で、どした? なんかお前今日変だぞ?」

「Pさん!」

意を決して床を蹴った。

「な、なんだよ!」

一歩、また一歩。

Pさんが身を強張らせるのが少し面白い。

このまま、目の前まで。

「なっ……」

あたしは右頬に。

くちびるは凛のものだから。

ちょっと距離を取ってスッと人差し指を。

「I loved you. ……なんてな」

「奈緒!? ちょっと待て!」

 
22 :◆oeRx5YHce. :2016/12/04(日) 02:21:35.45 :r1h6adL+0

脇目も振らずに事務所を飛び出した。

屋上まで一直線。

もう昨日までの神谷奈緒は居ない。

あたしはここから始まっていくんだ。

本当のあたしはまだ見ぬ誰かさんのためにとっておく。

Pさんには絶対にみせてやらないんだ。

……でも。

何故だか少し。

口の中がしょっぱい味がした。



終わり

 
23 :◆oeRx5YHce. :2016/12/04(日) 02:27:21.07 :r1h6adL+0

お疲れちゃんです。
本田書くぞって思ってたんですが、抱き合わせでやってた奈緒が時間かかりました。
本田ァ! 待ってろォ!! いつになるかは分からん!!!
奈緒は本当に可愛いと思います。

ちなみに限定まゆは取れませんでした。
デレフェスからの月末の流れ本当にやめて欲しい……。


これまでのやつ
【モバマス短編集】「貴方との時間」
【モバマス短編集】「貴方がくれたもの」

モバP「ちひろさーん、飲みましょー」
モバP「ちひろさーん、ドライブ行きましょー」
モバP「ちひろさーん、ライブ見ましょー」
モバP「ちひろさーん、一旦終わりにしましょー」
モバP「ちひろさーん、生き返りましょー」

以上です。
なんかあったらどうぞ。

 
SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】【モバマス短編集】「私が居たから」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1480783180/