・「アイドルマスター シンデレラガールズ」のSSです




-----事務所----

ガチャ
智絵里「……お疲れ様ですっ」

かな子「……あれ、誰もいないの?」

杏「うぅ……今日も疲れた……」


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/01(火) 18:11:21.27 :uj3NQ7PR0

智絵里「ふふっ。杏ちゃんったら、そればっかり」

かな子「でも確かに、最近忙しいよね」

智絵里「キャンディアイランド、って飴やお菓子に所縁があるユニットだから、いろんなところからお仕事の話を貰ってるんですよね」

かな子「プロデューサーさんも言ってたもんね。今がチャンスだって」

杏「まったく……まさかハロウィンにこんな特需が生まれるなんて予想してなかったよ……」グデー

杏「杏にとってハロウィンは、ただお菓子を享受するための行事だったのに……」

智絵里「でも、今日のお仕事は楽しかったね!」

かな子「うん! 新商品のお菓子の、店頭販売のキャンペーン……あんなにたくさんの人が集まってくれるなんて思わなかったよ」

杏「かな子ちゃんの商品解説がガチ過ぎて、スタッフもお客さんもびっくりしてたよね」

かな子「あ、あはは……つい、熱が入っちゃって」

智絵里「かな子ちゃんの得意分野だもんね」

 
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/01(火) 18:12:00.65 :uj3NQ7PR0

杏「てゆーかさ、ハロウィンだからコスプレってのは分かるよ?」

杏「二人は可愛い魔女の衣装でさ」

智絵里「あっ……今更だけど、変じゃなかったかな?」

かな子「そんなことないよ! 似合ってたよ、智絵里ちゃん」

杏「うん、似合ってた。……いや、言いたいのはそれじゃなくて」

杏「どうして私だけオオカミの被り物なんだよ、っていう」

かな子「あはは……」

智絵里「杏ちゃんも、とっても可愛かったよ?」

 
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/01(火) 18:12:40.84 :uj3NQ7PR0

かな子「もしかして……魔女の衣装、杏ちゃんも着たかった?」

杏「別にー。ただ……」

智絵里「ただ?」

杏「あのオオカミ、めちゃくちゃ暑苦しかった」

かな子「そ、そうだったんだ……確かに、すっごいモフモフだったもんね」

杏「ほんとだよ。毛量はすごいのに、そのくせデザインはそこまで精巧じゃないから、もう犬なんだかオオカミなんだか分かんないし」

智絵里「そういえば、最初事務所でお仕事の話を聞いた時、なぜかみくちゃんが大騒ぎしてたよね」

杏「あー。『杏チャンは猫キャラ寄りだって信じてたのにー!』ってね」

かな子「あはは! みくちゃん、やっぱり猫キャラ仲間が欲しいのかな?」

 
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/01(火) 18:13:31.94 :uj3NQ7PR0

杏「杏的には、猫でも犬でもなくてナマケモノキャラでいいんだけどなー」

智絵里「でも、ナマケモノの衣装なんて、そんなのあるかな?」

かな子「うーん、仁奈ちゃんなら持ってるかも」

杏「……あっても着ないからね?」

杏「それよりさ、かな子ちゃん。帰るときにメーカーから残ったお菓子貰ってたよね? あれ食べようよ」

かな子「あ、うん。ちょっと待ってね」ガサゴソ

智絵里「お皿に空けようか。ちょっと取ってくるね」トテトテ

杏「うーい。……まぁ、こういう報酬が貰えるなら、たまには働くのも悪くないね」

かな子「たまには、じゃ困るよ……。はい、どうぞ」

 
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/01(火) 18:14:06.88 :uj3NQ7PR0

杏「ぅお、結構多いな」

かな子「そう?」

智絵里「あっ、空けますね」ザザー

杏「ありがと、智絵里ちゃん」モグモグ

かな子「……あれ、こんなところに雑誌が置いてある」モグモグ

智絵里「誰かの忘れ物かな?」モグ

かな子「あ、見てみて! これ、美波さんのグラビアが載ってるよ」ペラ

智絵里「うわぁ……美波さん、やっぱり綺麗だなぁ……!」

杏「ほー。……なんというか……相変わらず、布の面積が少ないの着てるねー」

智絵里「で、ですね……」

 
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/01(火) 18:14:39.79 :uj3NQ7PR0

杏「こりゃー、負けてられないね。かな子ちゃん」

かな子「え、えぇっ!? わ、私!?」

杏「あれ、いつだったか自分で言ってなかったっけ? キャンディアイランドの、セクシ-担当だって」

かな子「あ、あれは番組で何かアイドルらしい自己紹介を考えてって振られて、咄嗟に考えただけで……!」オロオロ

智絵里「せ、せくしー……」ジー

かな子「わわっ! ち、智絵里ちゃん! 想像しないで!」

杏「この時はまだ羞恥を見せていた彼女。しかし二年後、そこにはセクシ-路線を見事モノにしたアイドル・三村かな子の姿があったのだった……」

かな子「もうっ、からかわないでってば!」プンスコ

杏「あっはは、ごめんごめん。ジョーダンだよ」

 
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/01(火) 18:15:32.17 :uj3NQ7PR0

智絵里「わっ、わたしたちにそういう路線は、まだ早いよね、うんっ」

かな子「そうだよね! 私たちは、もっとこう……もっとこう……?」

杏「……お笑い路線かな?」

かな子・智絵里「なんでやねん!」バシ

杏「あぅ」

杏「……ほら、そういうとこだよ」

智絵里「うぅ……つい、身体が反応しちゃいました……」

かな子「つっこみが体に染み付いてるアイドル……なんだかなぁ」ズーン

杏「個性だよ、個性。この業界、駆け出しアイドルなんてごまんといるんだからさ」

 
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/01(火) 18:16:12.66 :uj3NQ7PR0

杏「せめてこれぐらいの個性でも無いと、すぐに埋もれちゃうって」

智絵里「そ、そうだよね……さすが杏ちゃん。しっかりしてるね」

杏「いや、しっかりはしてないけど」

かな子「そこは即答なんだ……」

杏「まあ、遊んで暮らせるだけの印税をゲットするまでは、そうやすやすと淘汰されるわけにいかないからねー」

杏「頼りにしてるよ、二人とも」

智絵里「は、はいっ」

かな子「そうだね……せ、セクシ-とかは難しいけど、でも杏ちゃんや智絵里ちゃん、それにプロデューサーさんの期待に応えられるように、私もいろいろ頑張ってみるよ!」

 
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/01(火) 18:17:03.64 :uj3NQ7PR0

杏「うんうん。なんなら、杏の出番が無くなるぐらい、頑張ってくれちゃっていいんだよ?」

智絵里「あ、杏ちゃん……お仕事やりたいのかやりたくないのか、どっちなんだろう……」

かな子「うふふ。杏ちゃんもお仕事頑張らないと、これから作ってきたお菓子、分けてあげないよ? ……なーんて」

杏「な、なんだってー!?」ガバッ

智絵里「わっ」

杏「くそぅ、お菓子を人質に取るとは……かな子ちゃんがそんなに横暴だとは思わなかったよ……!」

 
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/01(火) 18:18:19.08 :uj3NQ7PR0

かな子「あー、今日は帰ったら、バナナのカップケーキを作るつもりだったんだけどなぁ」チラ

智絵里「わぁ、楽しみ」

杏「トリック・オア・トリート! お菓子くれなきゃ働かないぞー!」

かな子「あはは、これじゃ完全に平行線だね」

智絵里「トリックって、そういう意味だったっけ……?」

智絵里「えっと……杏ちゃんも、一緒に頑張ろう? 明日はお仕事じゃなくて、レッスンだけだし」ナデナデ

杏「うぅ……智絵里ちゃんは優しいなぁ」

智絵里「ちゃんとしないと、トリック……イタズラしちゃうよ?」

杏「と思ったらちょっと厳しかった」

 
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/01(火) 18:19:02.45 :uj3NQ7PR0

かな子「ちなみに、どんなイタズラをするの?」

智絵里「ふぇっ!? それは、えっと……」

智絵里「寝ている杏ちゃんの鼻を、ぎゅっとしちゃう……とか……?」

杏「やっぱり全然厳しくなかった」

かな子「かわいいイタズラだね」

智絵里「ごっ、ごめんなさい……あんまり思いつかなくて」

杏「智絵里ちゃん、ドッキリの仕掛け人とか出来なさそうだよね」

智絵里「そ、そんなことないよっ! 演技のレッスン、一生懸命やってるもん」フンス

 
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/01(火) 18:19:41.01 :uj3NQ7PR0

かな子「演技かぁ……私もちょっと苦手だなぁ。杏ちゃんはどう? 得意なほうなのかな?」

杏「営業スマイルなら得意だよ? ……こほん。アイドルの双葉杏でーす! よろしくおねがいしまーす☆」ニパァ

杏「……ってね」

かな子・智絵里「おぉー……」パチパチパチ

杏「はぁ、今のでまたちょっと疲れた」パタリ

智絵里「は、早いね……」

かな子「燃費悪いなぁ」

杏「その分、普段は省エネモードだから、それで帳尻合わせてるってことで」グデー

 
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/01(火) 18:20:25.19 :uj3NQ7PR0

智絵里「ふふ。まぁ、杏ちゃんらしいからいいかな」

かな子「これも個性、だよね」

智絵里「ファンの人たちにも、わたしたちの個性や、いいところをたくさん知ってもらえたら、いいよね」

杏「お、今智絵里ちゃんがいいこと言ったよ」

智絵里「えへへ……」テレテレ

杏「よし、まずは杏らしさを全面に押し出してさ」

杏「二人がステージで踊って、杏は一人楽屋で布団にくるまってるところを後ろのモニターで中継する、変則ライブでもやろうか?」

かな子・智絵里「それはダメっ!」

杏「えー……、いいじゃん。歌は一応歌うからさぁ」

 
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/01(火) 18:22:16.88 :uj3NQ7PR0

ガチャ

凛「お疲れ様です」



かな子「あっ、凛ちゃん。お疲れ様っ」

凛「お疲れ。キャンディアイランドが揃って、何の話?」

杏「杏が楽するためにはどうすればいいか、みんなで相談してたんだよ」

智絵里「あれ、いつの間にそうなったんだっけ……?」

凛「ふふっ、何それ」

 
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/01(火) 18:22:57.27 :uj3NQ7PR0

杏「そうだ、ここはやっぱりカエダーマ大作戦だ!」

かな子「替え玉、ってまさか……」

杏「杏の代わりに、凛ちゃんがメンバーとして出てくれればいいんだよ。このうさぎ持ってさ」ズイ

凛「……は? なんでそうなるの。」

杏「ダメ? うさぎがイヤなら、ほら、ハナコだっけ? ペット抱いてでもいいからさ」

凛「いや、マスコットの問題でもないんだけど」

 
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/01(火) 18:25:01.26 :uj3NQ7PR0

智絵里「さすがに、ワンちゃんをステージにあげるのはまずいんじゃ……」

杏「……ちぇっ。じゃあせめて、ニュージェネから一人派遣してよー」

凛「そもそも、キャンディアイランドはこの三人で成立してるものなんだから、誰かが代わったらイメージも変わっちゃうと思うんだけど」

杏「大丈夫じゃない? 朱に交われば赤くなるよ、きっと」

かな子「……例えばだけど、もしニュージェネレーションズから一人私たちに加わるんだったら、誰が一番似合うかな?」

智絵里「えっ」

凛「それは……」

 
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/01(火) 18:25:43.98 :uj3NQ7PR0

ガチャ
卯月「お疲れ様ですっ!」



凛「……卯月かな」
智絵里「卯月ちゃんだと思う」
かな子「やっぱり卯月ちゃん?」
杏「まぁ、卯月ちゃんだよね」



卯月「はっ、はい! 島村卯月です、けど! ……な、何のお話なんでしょう……?」



おわり

 
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/01(火) 18:29:55.03 :uj3NQ7PR0

以上、お付き合いありがとうございました。
そろそろ他のユニットも書いてみたいんだけど、この3人が書きやすすぎてつい……

前作
キャンディアイランドのやっぱり毒にも薬にもならないおしゃべり

も、よろしければどうぞ。


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】キャンディアイランドの結局毒にも薬にもならないおしゃべり
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1477991451/