春香「おはようございますー。」

小鳥「あら、春香ちゃんおはよう。」

春香「あれ、小鳥さん一人なんですか?」

小鳥「ええ、すぐプロデューサーさん帰ってくると思うけど。」


2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/01(月) 18:35:36.87 :k3EsiFHB0

春香「あっ、そのエプロンお母さんのと同じだ。」

小鳥「あらそうなの?遠縁?の方に頂いたのよ。」

ガチャ

P「ただいま戻りました。」

小鳥「おかえりなさい、プロデューサーさん。」

春香「おはようございます!プロデューサーさん!」

P「おお、春香 丁度良かった。」


3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/01(月) 18:39:12.61 :k3EsiFHB0

P「実は春香にドラマの仕事を持ってきたんだけど。」

春香「本当ですか!?」

P「ああ、でも結構難しい役柄なんだけど・・・。」

春香「どんな役柄なんですか?」


4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/01(月) 18:49:04.36 :k3EsiFHB0

P「アパートが舞台で、管理人と浪人生のラブストーリーだな。」

P「で、その管理人というのが春香にやってもらいたい役なんだが・・・。」

P「年齢的に春香はちょっと若すぎるかなってのがあるんだ。」

春香「なるほど・・・。」

 
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/01(月) 19:00:15.74 :k3EsiFHB0

P「イメージ的にはあずささんなんかが近いのかな。」

春香「け、結構難しそうですね・・・。」

P「先方も是非春香にと言っているし、何より俺も見てみたいというのもある。」

P「どうだ?やってみるか?」

春香「でも私に年上の役出来るかな・・・。」

P「演技力は春香なら問題無いと思う。」

小鳥「ええ、私もそう思うわ。」

 
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/01(月) 19:04:35.62 :k3EsiFHB0

春香「そう言われると・・・、わかりました!私やってみます!!」

P「おお、ありがとう春香!」

小鳥「ふふ、春香ちゃん頑張ってね。」ニコ

春香「はい!」

 
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/01(月) 19:18:58.88 :k3EsiFHB0

P「まぁ、詳しい話は後日またあるんだが。」

P「舞台のアパートは実際のものを使うらしいぞ。」

春香「へぇー!凄いですね!」

春香「実は私小さい時にアパートに住んでたんですよ!」


8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/01(月) 19:23:28.33 :k3EsiFHB0

P「おお、そうなのか。」

春香「はい!時計坂っていう所に住んでいたんです!」

P「あれ?確か今回の舞台も時計坂だったな。」

春香「本当ですか!?」

P「えっと、確かお借りする所は・・・。」

 
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/01(月) 19:25:34.69 :k3EsiFHB0



『一刻館』



10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/01(月) 19:28:44.21 :k3EsiFHB0

春香「!?」

P「春香?」

春香「それって・・・、私が住んでいた所です・・・。」


12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/01(月) 19:31:46.11 :k3EsiFHB0

P「本当か?凄い偶然じゃないか!」

春香「ビックリですよ本当に・・・、昔にお母さんが管理人をやってたんですよ。」

春香「今は郁子さんて親戚の方がやってるんですけど。」


13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/01(月) 19:35:47.31 :k3EsiFHB0

小鳥「春香ちゃん、その郁子さんてもしかして一の瀬郁子さん?」

春香「え!小鳥さん知ってるんですか!?」

小鳥「知ってるも何も私と郁子さん従姉妹なのよ。」

春香「ええええええ!?」

 
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/01(月) 19:47:42.91 :k3EsiFHB0

P「なっ、なんだ!どうしたんだ!」

小鳥「ということは・・・、春香ちゃんのお母様って・・・、」



小鳥「・・・響子さん?」



春香「!?そうです!!」





15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/01(月) 19:52:55.85 :k3EsiFHB0

小鳥「なんというか・・・、凄い偶然だわ・・・。」

春香「もしかしてさっきのエプロンもお母さんに?」

小鳥「ええ、そうなのよ。PIYOPIYOだから小鳥ちゃんにきっと似合うわって。」

春香「まさかお母さんと知り合いだったとは・・・。」


16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/01(月) 19:59:28.13 :k3EsiFHB0

小鳥「まぁ、なんというか・・・。」

春香「あっ、惣一郎さんの事は聞いています。」

小鳥「そうなの・・・、だから一応響子さんは叔母さまになるのよ。」

春香「ほぇ~、ビックリです。」

 
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/01(月) 20:14:40.80 :k3EsiFHB0

P「えっと、音無さんと春香って親戚なのか?」

小鳥「そういう事になりますね。まぁ遠縁?なんですけど・・・。」

P「こんな事もあるんですね。」

P「っと、積もる話もあるでしょうけど春香、レッスンの時間だ。」


18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/01(月) 20:19:40.14 :k3EsiFHB0

春香「はい!小鳥さん、今度もっとお話ししましょう!」

小鳥「ええ、そうしましょう!」ニコ

P「よし、行こうか春香。」

小鳥「行ってらっしゃい。」

春香「行ってきます!」


19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/01(月) 20:30:21.01 :k3EsiFHB0

バタン

小鳥「世間は狭いものね~。」フフッ

小鳥「さて、お仕事お仕事♪」


21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/01(月) 21:32:45.74 :k3EsiFHB0

ガチャ

高木「おはよう。」

小鳥「おはようございます、社長。」

???「どうもお邪魔致します。」

高木「さっき偶然旧友に会ってね。」

高木「ちょっと応接室を使わせてもらうよ。」

小鳥「はい、ごゆっくりどうぞ。」

 
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/01(月) 21:35:34.56 :k3EsiFHB0

ーーーーー
ーーー

どんちゃん どんちゃん ワハハハハハ

小鳥「何事ぴよ!?」

小鳥「さっきの男性もどこかで見たような気が・・・。」

 
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/01(月) 22:56:24.45 :k3EsiFHB0

ーーーーー
ーーー

P「お疲れ様、春香。」

春香「あっ、お疲れ様ですプロデューサーさん。」

P「なかなか調子いいみたいだな。」

春香「はいっ!頑張っちゃいますよ~!」

 
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/01(月) 23:24:47.30 :k3EsiFHB0

春香「あっ、この後プロデューサーさんお時間ありますか?」

P「今日はみんなオフだから簡単な事務処理くらいだけど。」

P「なんかあるのか?」

春香「ちょっと時計台に行ってみたいなって・・・。」

P「うーん、そうだな。下見がてら行ってみるか!」

 
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/01(月) 23:33:37.72 :k3EsiFHB0

春香「本当ですか!ありがとうございます!!」

P「ついでに春香が生まれ育った所も見てみたいしな!」

春香「そう言われるとちょっと恥ずかしいなぁ///」

P「今お昼前だから・・・、食事もそっちでとるか。」

春香(これって・・・、なんかデートみたいですよっ、デート!)


26 :1 :2014/12/02(火) 01:26:55.43 :+rtXKiwH0

___時計坂___


春香「うわぁ!懐かしいな~!」

P「風情があっていい街じゃないか。」

P「よしっ、下見は後にして昼食にするか」

春香「そうですね、お腹ペコペコですよ~!」



???「ありゃもしかして。」


27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/02(火) 01:34:42.87 :+rtXKiwH0

P「うーん、どこにしようか。」

???「ちょっとそこのアンタ。」

P(…変装させてたけどバレたか。)

???「女の子の方、アンタ春香ちゃんじゃない?」

春香「どうしましょうプロデューサーさん?」ヒソヒソ

P「うまく誤魔化すか。」ヒソヒソ


28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/02(火) 01:39:20.29 :+rtXKiwH0

???「目の前でひそひそ話とはいい度胸じゃない。五代春香。」

春香「え?」クルッ

P(なんでこの人本名を!)クルッ

春香「もしかして…、朱美さんですか!?」


29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/02(火) 01:49:53.55 :+rtXKiwH0

朱美「久しぶりっ。何してんのこんな所で?」

春香「お久しぶりです!朱美さん!」

春香「えっと、撮影の下見ついでに。」

P(春香の知り合いだったのか。)

朱美「あ~、アンタ確かアイドルやってるんだっけ?」

春香「はいっ!知っててくれたんですか!?」

朱美「そりゃ知らない方がめずらしいわよ。んでそっちは彼氏?」

 
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/02(火) 01:59:11.75 :+rtXKiwH0

春香「かかかかかっ彼氏!!??///」

P「ははは、えっとこういうものです。」メイシ

朱美「ふーん、プロデューサーね。」

朱美「まぁ、立ち話もなんだからうち来る?」

P「えっと、今から昼食にしようと思ってまして。」

朱美「店やってるから食事くらいなら出すわよ。もちろんお金は貰うけど。」

 
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/02(火) 02:03:59.34 :+rtXKiwH0

P「はははっ、ではお言葉に甘えて。」

朱美「んじゃ行きましょ。」

P「おーい、春香行くぞー?」

春香(彼氏って///そんなぁ~///)

朱美(分かりやすいのも両親譲りだわこりゃ。)
 

32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/02(火) 02:11:10.68 :+rtXKiwH0

___茶々丸___



朱美「ただいま~。」

マスター「おかえり朱美ちゃん。」

マスター「おや、そちらは?」

春香「お久しぶりですっマスター!」

P「どうもこんにちは。」


33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/02(火) 02:20:19.71 :+rtXKiwH0

マスター「もしかして春香ちゃん?」

春香「はいっ!」

マスター「んでそっちは彼氏?」

春香「かかかかかっ彼氏!!??///」

P「はははっ、えっと春香のプロデューサーです。」メイシ

マスター「ご丁寧にどうも。」

マスター「両親にそっくりだね、こりゃ。」ヒソヒソ

朱美「でしょ?」ヒソヒソ

 
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/02(火) 02:36:25.60 :+rtXKiwH0

朱美「とりあえずお昼食べましょ。お腹すいちゃったわ。」

朱美「まぁ好きなの頼んでよ~。あたしナポリタン。」

P「それじゃ自分も同じので。」

P「おーい春香、いつまで立ってるんだ?」

春香「え?あわわっ!!」

ドンガラガッシャーン

朱美&マスター(ドジな所は父親譲りか…。)

 
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/02(火) 02:52:35.60 :+rtXKiwH0

_____
___
_



朱美「んじゃ、今度また遊びにいらっしゃいよ。五代君と管理人さんも連れてね。」

春香「はいっ!絶対に来ます!!」

P「ごちそうさまでした。」

マスター「プロデューサーさんも是非また来て下さい。」

P「ははっ、撮影も近いと思うのですぐにお伺いするかもしれません。」




朱美「春香ちゃん、頑張ってプロデューサー落とすんだよ。」ヒソヒソ

春香「なななっ!?何を言ってるんですか!!??」ヒソヒソ

朱美「アンタ分かりやすいのよ。まぁ応援してるわ。」ヒソヒソ

春香「うぅ…///が、がんばります…///」プシュー


39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/02(火) 18:37:16.93 :+rtXKiwH0

_____
___
_



___一刻館___


春香「プロデューサーさん、着きましたよっ!」

P「おおっ!ここが春香の生まれ育った所か!」

春香「だからそう言われるとなんか恥ずかしいですよ///」


40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/02(火) 18:47:30.33 :+rtXKiwH0

春香「あっ!郁子さんっ!」

郁子「あら、春香ちゃん?」

春香「はいっ!こんにちはっ!」

郁子「久しぶりね~。今日はどうしたの?」

 
41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/02(火) 18:53:01.07 :+rtXKiwH0

春香「えっと今度のドラマの下見に。」

郁子「春香ちゃんが出るの?」

春香「えっと、一応主役なんです。えへへ。」

郁子「凄いじゃないの!春香ちゃんだとは思わなかったわ~。」

郁子「えっと、そちらの方は?」


42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/02(火) 19:01:47.91 :+rtXKiwH0

P「あっ、ご挨拶遅れました、春香のプロデューサーです。」ペコリ

郁子「私はここの管理人の一の瀬郁子と申します。」ペコリ

春香「賢太郎さんはお仕事ですよね?」

郁子「うん、でもこれは賢太郎くん残念がるかしらねぇ。」クスクス

春香「う~ん、小っちゃい頃いっぱい遊んでもらったから残念です~。」


44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/02(火) 19:07:45.58 :+rtXKiwH0

春香「そういえば郁子さんは小鳥さんと従姉妹なんですよね!?」

郁子「そうよ。まぁ小鳥ちゃんはこっちに住んでなかったからそこまで逢ってないけれども…。」

郁子「それがどうかしたの?」

春香「実は小鳥さんは765プロの事務員さんなんですよ!」

P(確かに小鳥さんと少し雰囲気似てるなぁ…。)


45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/02(火) 19:14:01.98 :+rtXKiwH0

郁子「あらっ、凄い偶然もあるわねぇ。」

春香「お互い今日まで知らなかったんですけど…。えへへ。」

春香「でも、小鳥さんとお母さんは知り合いだったみたいなんですよ~。」

郁子「そういえば、おばさまとおにいちゃんは元気?」

春香「いつもお父さんはお母さんに怒られてますね…。」

郁子「相変わらずね~。」クスクス


46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/02(火) 19:22:53.50 :+rtXKiwH0

P「ここってまだ住居者の方はいらっしゃるんですか?」

郁子「えっと撮影の時に替わりの住まいを用意してくださるらしいので、それまでは。」

P「そうなんですか、お手数おかけ致します。」

郁子「レンタル代がいっぱい貰えるんで願ったり叶ったりですよ~。」

郁子「しかも春香ちゃんが主役なんてみんなに自慢できるし!」

春香「照れるな~。」テレテレ

 
47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/02(火) 19:29:53.18 :+rtXKiwH0

???「なんだい!騒々しいねっ!」

郁子「あら、お義母さん。」

春香「一の瀬さん!お久しぶりですっ!」

花枝「おや、春香ちゃんじゃないかいっ!大きくなったね!」

花枝「どうしたんだい突然?」


48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/02(火) 19:41:56.55 :+rtXKiwH0

カクカクシカジカ
マルマルウマウマ

花枝「そりゃめでたいっ!景気づけにパーッといこうかいっ!」

花枝「ほらっあんたもおいで!」グイッ

P「え、え?ちょっと?ええええ!?」

郁子「ちょっとお義母さん!」

春香「ははっ、相変わらずだなぁ~…。」


49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/02(火) 19:54:36.03 :+rtXKiwH0

どんちゃん どんちゃん わはははっ

_____
___
_



P「で、ではそろそろ失礼します…。」ボロッ

郁子「お義母さんがごめんなさいね。」

P「いえいえ、大丈夫です。」ハハ

春香「今度撮影もあるし、また来ますねっ!」

 
50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/02(火) 20:00:15.17 :+rtXKiwH0

郁子「小鳥ちゃんにもよろしく伝えておいてね?」

花枝「今度は管理人さんと五代君も連れて来るんだよっ!」

春香「はいっ!」

花枝「プロデューサーも今度は朝まで飲むよ!」

郁子「お義母さんっ!」

P「はははっ…。」


51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/02(火) 20:05:45.30 :+rtXKiwH0

_____
___
_


P「いやぁ、凄かったな…。」

春香「申し訳ないです…。」

P「いやいや、楽しかったよ。」ハハ

P「でもなんか、いい所だな。」

春香「はいっ、今日来てよかったです!」


52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/02(火) 20:29:15.52 :+rtXKiwH0

P「景色も綺麗だな…。」

春香(お父さんとお母さんもこうやって2人で景色を見たのかな…。)

春香「おーい。好きやでー。」ボソッ

P「ん?」

春香「…プロデューサーさんっ!」

P「春香?」


53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/02(火) 20:30:25.24 :+rtXKiwH0

春香「これからもよろしくお願いしますねっ!」

P「ああ!任せてくれっ!」
 

54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/03(水) 00:07:56.22 :IcoagG3q0

_____
___
_



___765プロ___



P「ただいま戻りました!」

春香「戻りました~!」

小鳥「おっ、おかえりなさい…。」フラッ

P「小鳥さん!?いったい何が!?」

小鳥「そっ、それが…、社長の知り合いの方と盛り上がってしまいまして…。」

P「仕事中に何をやってるんですか…。」

P(まぁ、俺も人の事言えないですけど…。)


55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/03(水) 00:14:12.21 :IcoagG3q0

P「それで社長は?」

小鳥「えっと、たるき亭に…。」

P「まぁ、今日は殆ど業務も無い日ですから上がりましょう。」

小鳥「はいぃ…。」

春香「小鳥さん大丈夫ですか?」

小鳥「なんとか…。」
 

56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/03(水) 00:51:14.28 :IcoagG3q0

P「社長に見つかったら大変だからこっそり行こう…。」

春香「そうですね…。」コソコソ



どんちゃん どんちゃん わははははっ



P「遠目でも凄いですね…。」

小鳥「うっ、頭が…。」


57 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/03(水) 00:54:19.35 :IcoagG3q0

___たるき亭___



???「おや?」

 
58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/03(水) 00:58:33.93 :IcoagG3q0

春香「見つからないうちに行きましょう!」

???「音無さん、もうお仕事は終わりましたか?」

小鳥「」ビクッ

春香「え?よっ、四谷さん!?」


59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/03(水) 01:08:02.81 :IcoagG3q0

四谷「これはこれは、五代くんの娘さんじゃありませんか。」

P「お、お知り合いなんですか?」

春香「えっと、一刻館の…。」

小鳥(小さい頃におばさまの結婚式で会ってたのね…。)

四谷「ささっ、立ち話もなんですからどうぞ中へ。」

P「え、えっと…。」

 
60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/03(水) 01:16:41.94 :IcoagG3q0

キミィ ハヤクキタマエー

四谷「高木さんも、ああ仰ってますし。ささっ。」

P(諦めるしかないか…。)

四谷「音無さんも春香ちゃんもどうぞ。社長の奢りですよ。」


61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/03(水) 01:23:34.91 :IcoagG3q0

高木「キミィ、待ちかねたよ。」

P「ははっ、すいません…。」

四谷「ま、ま、かけつけ3杯。」

小鳥「もうヤケだわ…、いただきますっ!」

四谷「春香ちゃんもどうぞ。」

春香「私は未成年ですっ!!」


62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/03(水) 01:33:34.73 :IcoagG3q0

_____
___
_



高木「なんというか、世間は狭いんだねぇ。」

春香「そうですねぇ、ビックリです。」

P「春香、そろそろ時間ヤバいんじゃないか?」

春香「あっ!そろそろ帰らないと!」

小鳥「もう遅いし、家に泊まっていく?」

春香「いいんですか?」

小鳥「もちろんよ!」

 
63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/03(水) 01:39:18.96 :IcoagG3q0

春香「じゃあ、お母さんに電話してきますね!」

春香「お母さんビックリするだろうな~。」

小鳥「そういえば、私も仕事が事務員としか言ってなかったわ。」

小鳥「あっ、事情説明するからちょっと代わってちょうだいね?」

春香「はい!」


64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/03(水) 01:46:45.63 :IcoagG3q0

P「では、自分もそろそろ…。」

高木「キミィ、若い者が何を言っとるのかね?」

P「え?」

四谷「そうですよ。男同士、朝まで語ろうではありませんか。」

P「え?え?」

四谷「きみは何か五代くんに似て優柔不断そうな所がありますね。」

四谷「まっ、何かの縁ですし、ささっ!もう一杯どうぞどうぞ。社長の奢りですよ。」

P「」

 
65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/03(水) 01:50:38.60 :IcoagG3q0

小鳥「では私たちはお先に失礼しますね。」

春香「お疲れ様でしたっ!」

P「音無さん!春香!あんまりだーっ!」

小鳥「私には保護者としての義務がありますので。」オホホ

春香「プロデューサーさん、ファイトですよ、ファイトっ!」


67 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/03(水) 01:57:39.75 :IcoagG3q0

高木「2人共、気を付けて帰ってくれたまえ。」

四谷「今度は五代くんの家に遊びに行きますので、奢ってくださいね。」

春香「……。では四谷さんもお元気で!」



どんちゃん どんちゃん わははっ
________
______
___
_


68 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/03(水) 02:51:04.14 :IcoagG3q0

___赤坂・ブーブーエス___


生っすか!?サンデー放送中


美希「今週の差し入れは、さっき貴音のラーメン探訪で行った“猫飯店”さんから天津甘栗なの~。」

春香「あちちっ!」

千早「春香、大丈夫!?」

美希「あはっ♪春香はドジなの~。」


P「はるかぁ~。」

律子「大丈夫かしら、あの子。」


69 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/03(水) 02:58:37.74 :IcoagG3q0

美希「さて、次の中継は やよい~!」

やよい『はーい!スタジオのみなさ~ん!』

春香「やよい、今日は中継はどこから?」

やよい『わたしは今、“しいの実保育園”さんに来てるんですよ~!』

春香「!?」


70 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/03(水) 03:10:08.67 :IcoagG3q0

やよい『じゃじゃん!今週のお助けパートナーは、あずささんと伊織ちゃんですっ!』

伊織『みーんなー!こーんにちはーっ!』

コ-ンニチハーーー!!

千早「みんな元気いっぱいですね。」

美希「やよいもあずさも、デコちゃんもその衣装とっても似合うの~!」

千早「高槻さんとっても可愛い!」

あずさ『うふっ、ありがとうございます~。』クルン

伊織『ちょっと、洒落になってないわよ!』

千早「これ、放送できるのかしら。」


71 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/03(水) 03:18:59.28 :IcoagG3q0

やよい『それじゃあ、今週も皆さんに笑顔とハッピーをお届けしちゃいまぁす!!』

やよい『みんなー!集まって~~!スマイル体操、いっくよ~~!!』



チュウケイサキニ キリカワリマース!


72 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/03(水) 03:26:41.97 :IcoagG3q0

美希「あふぅ。」

千早「春香、さっきので火傷でもした?」

春香「いや、全然大丈夫だよ!」

律子「中継先に何かあったのかしら?」

春香「いやぁ、実は…。」

キョクオワリデ スタジオモドリマース

律子「おっと、ごめん春香。戻るわね。」


73 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/03(水) 03:37:18.73 :IcoagG3q0

やよい『皆さん、まったね~ ???『春香ーっ!』

春香「!!??」

美希「なんなのなの!」

伊織『え、園長先生!いきなりどうしたのよ!』

???『春香ーっ!』

春香「ちょっとお父さん!やめてよぉ~!!」


74 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/03(水) 03:45:11.82 :IcoagG3q0

やよい『う~?』

あずさ『あらあら~。』

伊織『え?園長先生が春香のお父様?』

裕作『あははっ、どうもどうも。』


75 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/03(水) 03:54:03.19 :IcoagG3q0

裕作『春香ー!頑張れよーっ!!皆さんもどうぞ娘をよろしくお願いします。』ハハハ

春香「」

美希「あっ、春香が息してないの。」

千早「あっ、えーと、凄いサプライズがありましたけれども。」

美希「しいの実保育園の皆さん、ありがとうございましたなのー!!」



P「これ放送事故じゃないよな?」

律子「一応、かなり盛り上がったみたいですが…。」

P「………。」

律子「………。」


78 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/04(木) 01:33:48.87 :Bj7DU7jr0

_______
_____
___
_


___765プロ___


春香「おはようございますー!」

小鳥「春香ちゃん、おはよう。」

P「おはよう!」

小鳥「昨日は大変だったわね?」

春香「本当ですよ…、帰ってお父さんにたっぷり説教しました!」


79 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/04(木) 01:40:24.82 :Bj7DU7jr0

P「ははっ、俺も何が起きたのかと思ったよ。」

P「いやぁ、一刻館の人たちは凄い個性だな。」

春香「唯一まともなのは賢太郎さんくらいですよ…。」


80 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/04(木) 01:46:56.35 :Bj7DU7jr0

コンコン

小鳥「あら、お客様かしら。」

小鳥「はい?」

ガチャ

小鳥「おばさま!?」

響子「本当にここで働いてたのね、小鳥ちゃん。」

春香「えっ!お母さん!?」


81 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/04(木) 01:57:34.75 :Bj7DU7jr0

春香「どうしてここに?」

響子「ちょっと近くに来たものだからご挨拶をと思ってね。」

響子「うちの娘が大変お世話になっております。」

P「いえ、こちらこそ春香さんには助けていただいてばっかりで…。」

響子「あと、昨日は主人が大変ご迷惑を…。」

P「あ、いや!番組は盛り上がっていたみたいなので!」ハハッ


82 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/04(木) 02:11:16.21 :Bj7DU7jr0

P「ところでお母様、アイドルに興味はございませんか?」

小鳥「ぴよ!?」

春香「ちょっとプロデューサーさん!?」

響子「あら、もうそんな年じゃありませんのよ?」オホホ

P「そうですか…。残念です…。」

P(割と本気だったんだけどな…。)

春香「むむむ…。」


83 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/04(木) 02:22:47.18 :Bj7DU7jr0

響子「そういえば小鳥ちゃん、この間は家に春香を泊めてもらってありがとうね。」

小鳥「逆に私も結構よっぱらちゃってて、介抱して貰ったので…。」

P「………思い出すと頭が。」

響子「なんでも四谷さんと一緒だったそうで…。」

春香「その前には一の瀬さんも…。」

響子「本当にあの人たちは……。」

P「はははっ…。」
 

84 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/04(木) 02:41:40.71 :Bj7DU7jr0

_____
___
_



響子「あらいけない、そろそろ行かないと。」

小鳥「もっとゆっくりしていって下さいよ~。」

響子「ごめんなさいね、ちょっと用事が残ってるのよ。」

小鳥「う~、残念です。」

響子「今度家に遊びにいらっしゃいな。」

小鳥「是非!」


85 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/04(木) 02:47:44.09 :Bj7DU7jr0

響子「プロデューサーさん、春香のこと、よろしくお願いしますね。」

P「はい!任せてくださいっ!」

響子「それでは失礼しますね。」

小鳥「お気を付けて。」

春香「お母さん、気を付けてね!」



P「本当にアイドルやってくれないかなぁ…。」ボソッ

春香「むぅ~~~。」


86 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/04(木) 02:53:24.93 :Bj7DU7jr0

P「さて、今日も張り切っていくか!」

春香「はいっ!」

P「来月にはドラマもクランクインだからな、気を引き締めていこう!」

春香「頑張っちゃいますよっ~!」


87 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/04(木) 03:07:47.03 :Bj7DU7jr0

_______
_____
___
_



春香(お父さんとお母さんが出会い、私が生まれ育った場所…。)

春香(その思い出が詰まった場所で撮影なんて少し感慨深いな…。)

春香(………。)

春香(…いけない、集中しないと!)



ホンバンイキマース 3 2 1


88 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/04(木) 03:09:18.34 :Bj7DU7jr0

春香「こちら一刻館ですね。」




おわり


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】春香「時計坂」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1417426249/