菜々「おはようございまーす!」

ちひろ「おはようございます。菜々ちゃんに新しい仕事入りましたよ!」

菜々「本当ですかっ♪ 次はどんなお仕事ですか?」

ちひろ「プロデューサーさんが企画した新しいユニットらしいです」

菜々「新しいユニットでお仕事、ですか?」

ちひろ「はい! プロデューサーから書類一式と曲のサンプルを預かっているのでこれをもって第2会議室までお願いします」

菜々「わかりました! 行ってきます!」

菜々(新しいユニット……最近のLiPPS美嘉ちゃんの話を聞いてるとちょっとだけ不安になりますね……)

ちひろ「もう二人は先に行ってるはずなので早めに行ってあげてくださいね♪」

菜々「はい! ウサミン頑張ります♪」

菜々(悩むよりもまずは会ってみて、ですよね!)


2 :◆eF6RWyN1IM :2016/10/08(土) 21:14:58.29 :haARwMkR0

ガチャッ

菜々「おはようございまーす。ユニットのお話聞いて聞いて来たんですけどここであってますよね?」

ライラ「おー、三人目は菜々さんでございましたかー」

イヴ「こんにちは~。ユニットならここであってますよ~」

菜々「もしかしてナナが最後でしたか? 遅くなってごめんなさい!」

イヴ「全然気にしてませんよぉ~。三人揃いましたし改めてよろしくお願いしますぅ!」

ライラ「よろしくお願いするのですよー」

菜々「はいっ! イヴちゃんもライラちゃんもよろしくお願いしますっ!」

菜々(良かった……この二人になら弄られない!)

 
3 :◆eF6RWyN1IM :2016/10/08(土) 21:15:45.37 :haARwMkR0

ライラ「しかしハズレてしまいましたねー」

菜々「…? 何かあったんですか?」

イヴ「私とライラさんの二人だったから三人目も外国人の子が来ると予想していたんですよぉ~」

菜々「ウサミン星人は日本人じゃないですからね! ある意味外国人ですよ!」

ライラ「外国人…異星人でございますねー」

菜々(ウサミン星人に深く突っ込んだり強く興味を持ってこない! 本当に良い人選ですっ!)

菜々(もしこれが薫ちゃんや由愛ちゃん達だったら…ちょっと困っちゃいますからね!)

 
4 :◆eF6RWyN1IM :2016/10/08(土) 21:17:02.96 :haARwMkR0

イヴ「え~っとぉ…プロデューサーさんから何か聞きましたか?」

菜々「はい。書類を預かってますよ…これですね♪」

ライラ「プロデューサー殿はしっかりものでございますねー」

菜々「そうですねぇ。じゃあ開けますね」

『三人でユニットを組んでもらうことにした。しばらくは試験的なものだが問題がなければそのまま組んでもらう』

イヴ「固定ユニットですかぁ! 今までなかったので楽しみですねぇ~」

ライラ「ライラさんもでございますよー」

『とりあえずは曲の準備がメインになる。歌ってもらう曲のサンプルを入れてあるから確認してくれ』

 
5 :◆eF6RWyN1IM :2016/10/08(土) 21:17:34.01 :haARwMkR0 

ライラ「…これでございますかねー?」っMD

イヴ「あれ? CDじゃないんですね~」

『使い方は菜々が詳しいだろう』

菜々「なんでですかっ!ナナはJKですよっ!」

ライラ「ナナさん。使い方を教えて欲しいのでございますです」

菜々「……まあ分かるので教えますけど……」カチャカチャ

オーネガイーシーンデレラー

菜々「お願いシンデレラなら普通にCDで良いじゃないですかっ!!」

イヴ「わぁ~! みなさん歌ってた曲、私も歌えるんですねぇ~♪」

ライラ「ライラさんも楽しみでございますです。事務所の代表曲でございますから頑張りませんとねー」

 
6 :◆eF6RWyN1IM :2016/10/08(土) 21:18:18.02 :haARwMkR0

『CDには他にもソロカバー曲も収録する。これは各自でトレーナーさんのレッスンを受けてもらう」

ライラ「さっきのはみんなで歌う分でございますねー。ソロ曲もあるらしいでございますよ」っカセットテープ

菜々「……安部菜々、ピンクレディーのUFO……」

イヴ「どうかしましたかぁ?」

菜々「ウサミン星人だからUFOなんですかっ!? それとも世代だからなんですかっ!?」

イヴ「き、急にどうしたんですかぁ?」

ライラ「ナナさんー、これも使い方を教えて欲しいのでございますよ」

イヴ「ライラさんは動揺しませんねぇ~…」

菜々「…そっか…最近の子…知らないんだ…」

 
7 :◆eF6RWyN1IM :2016/10/08(土) 21:18:57.56 :haARwMkR0

ライラ「宇宙人の歌でございますねー。ナナさんにぴったりでございますです」

イヴ「ですねぇ~♪ えーっと…私の分は…」っCD

菜々「恋人はサンタクロースですかっ! 懐かしいですね~…ハッ! なんでもないですよっ!」

イヴ「サンタクロースにぴったりですねぇ~」

菜々「でも普通のCDで来ましたね。やっぱりプロデューサーさんはナナを弄りたいだけなんですね……」

イヴ「そ、そんなことないですよぉ~」

菜々「せめて目をそらさずに言ってください…」

 
8 :◆eF6RWyN1IM :2016/10/08(土) 21:19:43.47 :haARwMkR0

ライラ「ライラさんの分もー」っレコード

菜々「言ったそばからっ!!!」

イヴ「これは見たことがありますねぇ~♪」

菜々「い、今時どこで使われてるんですか…これ…」

イヴ「故郷のお爺さんはそれで音楽聴いてましたよぉ」

『かなり古いものだがきっとそれも菜々に聞けば使い方はわかるだろう』

菜々「さすがにわかりませんよっ!!!」

イヴ「私がかけてみますね~♪」

ライラ「なんの曲なのでございますかねー?」

 
9 :◆eF6RWyN1IM :2016/10/08(土) 21:20:21.78 :haARwMkR0

イヴ「えっと…砂上の夢って書いてありますよぉ」

ライラ「ドバイのイメージなのでございますかねー?」

コレホードーソーバニーイルノニー

菜々「ああ…蒼い瞳の少女だからですか……ってこの曲のレコードってどこで手に入るんですか!?」

イヴ「菜々さんはこの曲知ってるんですかぁ~?」

菜々「ちょっと前のアニメの主題歌なんですよ。蒼い瞳の少女っていうタイトルでライラさんにぴったりなんです!」

ライラ「おー、蒼い瞳でございますかー。確かにぴったりでございますねー」

 
10 :◆eF6RWyN1IM :2016/10/08(土) 21:21:20.73 :haARwMkR0

菜々「はぁ…プ、プロデューサーさん本人がいないのにこんなにツッコむことになるとは…」

イヴ「お疲れ様です~♪」

ライラ「お疲れ様なのでございますよー」

菜々「はい…あとはレッスンの日程表が入ってますね。確認しましょうか」

ライラ「はいですよー」

『スケジュールは下記の通りだ。それからユニット名に関しても考えておいた』

イヴ「そういえばユニットならユニット名が必要ですよね~♪」

菜々「ユニットの顔になりますからインパクトがあってわかりやすい、かつカワイイものが良いですねっ♪」

ライラ「こちらでございますねー」

 
11 :◆eF6RWyN1IM :2016/10/08(土) 21:22:03.62 :haARwMkR0

『三人のユニット名はエイリアンズだ』

菜々「菜々はともかくお二人はこれで良いんですか!?」

イヴ「外国人の意味ですよね~? 気にしませんよぉ~♪」

ライラ「ライラさんもー」

菜々「い、良いんですかね…?」

『パッと思いついたからとりあえず書いたけど自分達でもっと良い名前を考えてくれ』

菜々「なら最初から自分で考えろって書いてくださいよ!!」

ライラ「ライラさんはエイリアンズで良いと思いますです」

イヴ「私もそれで良いと思いますよぉ~」

菜々「えっ、良いんですか? もっとちゃんと考えませんか!?」

 
12 :◆eF6RWyN1IM :2016/10/08(土) 21:22:36.24 :haARwMkR0

ライラ「プロデューサー殿が考えたものならそれで良いと思うのですよー」

イヴ「大切なのは名前じゃなくて中身ですよぉ~」

菜々「二人が気にしないなら良いですけどねっ……」

ライラ「それじゃあレッスンと衣装合わせに行きませんですか?」

イヴ「ライラさんやる気ですね~♪ 私も頑張っちゃいますよぉ!」

菜々「て、あわわ! 置いて行かないでくださーいっ!」

 
13 :◆eF6RWyN1IM :2016/10/08(土) 21:23:18.16 :haARwMkR0

ベテトレ「プロデューサーから予定表と衣装は預かっている。早速始めるぞ」

ベテトレ「まずイヴだが…以前と同じようにサンタクロースの衣装になるな」

イヴ「着慣れたものが一番ですぅ~♪」

ベテトレ「うむ。それでライラはイヴに寄せた赤いドレスだな」

ライラ「おー、上品でございますですねー」

ベテトレ「その分踊るのは大変だから覚悟しておけよ? それで…菜々だが…」

菜々「ナナの衣装がどうかしたんですか?」

ベテトレ「その…まあ見ればわかるだろう」っスパンコールボディコン

菜々「だからなんでナナだけピンクレディーなんですかーっ!!!」

 
14 :◆eF6RWyN1IM :2016/10/08(土) 21:23:50.44 :haARwMkR0

終わりです
html依頼出してきます


16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/10/08(土) 23:39:24.82 :ATqroLaco
ピンクレディーが世代ってうちの親と同じ世代だから菜々さんはろくじy


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】安部菜々「新しいユニットですか!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1475928852/