超短いです


事務所



モバP「......」ジー

李衣菜「ふんふんふーん♪」シャカシャカ

モバP「...ふむ」

李衣菜「♪~」シャカシャカ

モバP「おーい李衣菜ー」

李衣菜「どうしました?Pさん」パッ

モバP「...おお、すごいな。ヘッドフォンつけてても聞こえるんだ」

李衣菜「まあ、Pさんの声ですから」

モバP「お、おう。照れくさいな...」ポリポリ

李衣菜「? なにがですか?」

モバP「...まあ、それはいいんだ。なあ、李衣菜って育ちが良いよな」


2 :◆Xz1yv1fzOo :2016/10/07(金) 00:42:24.06 :8v35g0mY0

李衣菜「そ、そうでしょうか?」

モバP「面倒見がいいし、家事はできるし、言葉遣いもきれいだし...いや、さすがだと思う」

李衣菜「えへへ、どうも!...でも、それがどうかしたんですか?」

モバP「...李衣菜、ちょっとお嬢様っぽくしてみてくれないか?」

李衣菜「へ?」

モバP「いや、李衣菜ってかなりお嬢様要素強いよなーって思って」

李衣菜「お、お嬢様...それって、星花さんみたいな感じですか?」

モバP「まあ、そんな感じだな。桃華みたいな感じともいう」

李衣菜「うーん、ちょっと待ってくださいね。.........Pさん、このように振る舞えばよろしいでしょうか?」スッ

モバP「おおっ、こりゃすげえや」

李衣菜「へへっ、ありが...んん、お褒めに預かり、光栄です。Pさん♪」

 
3 :◆Xz1yv1fzOo :2016/10/07(金) 00:43:37.35 :8v35g0mY0

モバP「うーん、普段とのギャップが凄いな...こう、いつもパッションあふれてるから」

李衣菜「まあ、Pさんったら。わたくしのことそんな風に見ていらしたのですか?」シュン

モバP「うお、今のちょっとドキッとした」

李衣菜「わたくしはクールでロックなアイドルなのです。お忘れなきよう、お願いしますわ」ドヤッ

モバP「うん、ブラボーブラボー」パチパチ

李衣菜「ふぁあ、やっぱ柄にもないことすると恥ずかしいですね...」パタパタ

モバP「いやいや、なかなか様になってたぞ。こりゃあ皆に見せたらビックリするだろうなあ」

李衣菜「ほ、他の人にもするんですか!?」

モバP「うん。どんな反応するか見てみたいし」

李衣菜「え~...ちょっとさすがにそれは...」

 
4 :◆Xz1yv1fzOo :2016/10/07(金) 00:44:30.98 :8v35g0mY0

ガチャッ

ちひろ「ただいま戻りました♪」

モバP「ああちひろさん、おかえりなさい」

李衣菜「ちひろさん、おかえりなさいませ♪」キャルン

ちひろ「はい、ただい...あら?」

李衣菜「いかがなさいましたか、ちひろさん?」

ちひろ「ん~?あれ、李衣菜ちゃん?ですよね?」

李衣菜「はい、わたくし、多田李衣菜でございます♪」

ちひろ「最新のお仕事は?」

李衣菜「Masque:radeのみなさんとご一緒に、Love∞Destinyを披露させていただきました」

ちひろ「...李衣菜ちゃん、あの時の衣装とってもセクシ-でしたよ」

李衣菜「まあ!そんな、わたくし...照れてしまいますわ」テレテレ

ちひろ「はい、恥じらいボイスありがとうございます」カチッ

李衣菜「ええっ!ちょ、ちょっとちひろさん何録音してるんですか~!」

ちひろ「ふふ、やっぱり演技だったんですね♪」

李衣菜「あ」

 
5 :◆Xz1yv1fzOo :2016/10/07(金) 00:46:14.03 :8v35g0mY0

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


モバP「ちひろさんはさすがにダメか...」カチカチ

李衣菜「まあ、さすがにちひろさんはね」

モバP「てか李衣菜、割とすんなりやってたじゃないか」カチカチ

李衣菜「つ、ついとっさに...ってかPさん、さっきからなにしてるんですか?」

モバP「ちひろさんからこれ送って貰ってた」カチ

李衣菜『まあ!そんな、わたくし...照れてしまいますわ』

李衣菜「な、なに貰ってるんですか~!」

モバP「ははは、これは可愛い」

李衣菜「も、もう...扱いがロックじゃないよ~」

モバP「...よし、じゃあ次はだれか...」

 
6 :◆Xz1yv1fzOo :2016/10/07(金) 00:47:00.29 :8v35g0mY0

ガチャッ

夏樹「おーっす。...あれ、誰もいないのか」

モバP(夏樹がきた!ほら李衣菜、頼んだぞ)ヒソヒソ

李衣菜(え~!な、なつきちにそんな、無理ですよ~!)ヒソヒソ

モバP(いやでも、夏樹のビックリした顔、見たくないか?)ヒソヒソ

李衣菜(...た、たしかに見たいかも)

夏樹「おっ、Pさんにだりー。いるなら返事し...」

李衣菜「夏樹さん、ごきげんよう♪」キャルン

夏樹「て...え?」

 
7 :◆Xz1yv1fzOo :2016/10/07(金) 00:47:46.81 :8v35g0mY0

モバP「おう、すまんな夏樹。おはようさん」

夏樹「あ、ああ...Pさんおはよう。だりーも...」

李衣菜「いかが致しましたか?夏樹さん?」

夏樹「えっと...どうした、だりー?」

李衣菜「どうした、だなんて...わたくしはいつも通り、ですわ♪」

夏樹「...なあPさん」

モバP「どうした?李衣菜ならいつも通りじゃないか」ソワソワ

夏樹(......はあ、成程な)

夏樹「お、おいだりー、大丈夫か?」

李衣菜「もう、夏樹さんったらおかしいんですから」フフッ

夏樹「う、うーん疲れてるのかな...ちょっと外に行ってくる」ガチャ

李衣菜「行ってらっしゃいませ♪」フリフリ

モバP「ははは、うまくいったな」

李衣菜「うう...なつきちに悪いですよ~」

モバP「まあ、夏樹には後でちゃんと説明しとくから大丈夫だって」ハハハ

 
8 :◆Xz1yv1fzOo :2016/10/07(金) 00:48:24.41 :8v35g0mY0

李衣菜「はあ...さすがに次で最後にしましょう!」

モバP「うむ、まあそろそろレッスンもあるからなあ。...あ」

李衣菜「どうしました?Pさん」

モバP「いや、次帰ってくるの多分加蓮だぞ」

李衣菜「ちょっ、ええっ!?」

モバP「うん、今日レッスン入ってるの加蓮だからな」

李衣菜「いやいやいや、無理です!加蓮ちゃんはさすがにダメですってば!」

モバP「うーん、まあ...大丈夫だろ。たぶん」

李衣菜「ダメですって!後で散々いじられますから!」

モバP「でも、次で最後って言ったのは李衣菜だぞ?」

李衣菜「う、ぐぐ...た、たしかにそう言いましたが」

モバP「ほら、中途半端だと加蓮に余計弄られることになるかもだぞ」

李衣菜「...ええい、わかりました!バシッと驚かせてやりますよ!」グッ

モバP「よし、その意気だ!」

 
9 :◆Xz1yv1fzOo :2016/10/07(金) 00:49:11.11 :8v35g0mY0

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ガチャ

加蓮「おはようございまーす」

李衣菜「あら、加蓮さん。おはようございます♪」

加蓮「...へ?」

李衣菜(いける!)「うふふ、どうなさいました?わたくしの顔に、何かついておりまして?」

加蓮「.........えーと、李衣菜。何か悪い物でも食べたの?」

李衣菜「まあ、加蓮さんったら。わたくし、そんな変な物は食べませんわ!」

加蓮「......フ......り、李衣菜。今日ちょっとなんだか変じゃない?」

李衣菜「いえ。いつも通りクールでロックなわたくしですわ!」ドヤァ

加蓮「......フフフ...」

李衣菜「? いかがなさいました?」

加蓮「あーっはっはっはっは!もう限界!限界!」バタバタ

李衣菜「え、え?」

 
10 :◆Xz1yv1fzOo :2016/10/07(金) 00:49:48.36 :8v35g0mY0

加蓮「ひー...おなかいたい...」

李衣菜「ちょ、ちょっとどういうこと?」

加蓮「ここ来る途中に、夏樹さんが李衣菜がまた変な事してるって聞いてたから...ふー」

李衣菜「なっ、なつきち気づいてたの!?」

加蓮「それにしても、李衣菜が『わたくし』だなんて...あはははは!」

李衣菜「ちょ、ちょっと笑わないでよ~!」

加蓮「あはははは!もう、ほんとおかしい...涙がでちゃ...あははははは!」

李衣菜「も、もう!そんなに笑わないで~!」

モバP「むう、さすがにダメだったか...」

李衣菜「ちょ、ちょっとPさん!見てないでどうにかしてくださいよ~!」




 
11 :◆Xz1yv1fzOo :2016/10/07(金) 00:50:54.31 :8v35g0mY0

終わりです。超お嬢様李衣菜を見てみたいです。


13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/10/07(金) 05:41:26.75 :AspbTFgi0
だりーがキュートであることを証明するSSがまた一つ増えてしまったか

 
SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】モバP「ロックなお嬢様」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1475768384/