【SS速報VIP】P「事務所のみんながブルーアイズになった……?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1475665514/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/10/05(水) 20:05:15.03 :zlty2dcm0

P「頭でも打ったのか?」

小鳥『何酷いこと言っているんですか!本当ですって!』

P「……」

小鳥『あ!電話越しでも何言っているんだこいつって顔しているのわかりますよ!』

P「本当にブルーアイズに…?まさか」

小鳥『嘘だと思うならとにかく急いでください!ここにいるの結構心臓に悪いんですよ!』

小鳥『ってきゃあ!』ブツッ

P「もしもし?もしもし!?」

プー…プー…プー……

P「ブルーアイズだと?そんな馬鹿な…」

P「もしなっていたらぜひ見せてもらいたいが」


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/10/05(水) 20:06:40.80 :zlty2dcm0

765プロ

ガチャ

P「おはようございま…」

青眼の白龍「プロデューサーさぁぁぁぁぁん!!!」ドドドドドドド!!

P「うぉ!?何だお前!?」

青眼の白龍「私ですよ私!天海春香ですよ!」

P「嘘をつくな!どこをどうやったら春香が青眼の白龍になるんだ!」

青眼の白龍「こっちが知りたいくらいですよ!朝起きたら突然こんなことになっててびっくりしたんですよ!」ギュオオオオオオン!

P「どうやら、本当に春香らしいな」

青眼の白龍「だから本当に天海春香ですって!」ギュオオオオオオン!

P「わかった。一応信じておこう。お前は確かに春香だ。雄たけびを上げるな」

青眼の白龍「絶対信じてないですよね!」ギャオン

P「くどいぞ、信じるから安心しろ」

青眼の白龍「もう…なんでこんな姿になっちゃったんだろ」

 
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/10/05(水) 20:08:55.69 :zlty2dcm0

P「だが春香が青眼の白龍になっているということは他のみんなもか?」

青眼の白龍「はい、そうなんです…。私の他に今ここにやよいたちもいるんですが…」

Sin・青眼の白龍「あ、プロデューサー。見ないでください…、こんな姿になったボクを」

Sin・青眼の白龍「ちょっとダークでカッコいいですけどボクはもっと可愛いのがよかったです…」

ブルーアイズ・トゥーン・ドラゴン「でもこの姿、空も飛べて動きやすいですよ!うっうー!」パタパタ

青眼の光龍「グォォォォォォォォ……ZZz……」

P「真にやよいに……あれは美希か。ブルーアイズになったせいかいびきが騒音レベルだ」

Sin・青眼の白龍「うるさくて適いませんよもう……」

青眼の究極竜「本当ね、大きい声は出せそうだけど、こんな姿で出したら窓ガラスが割れそうね」

P「なっ!?青眼の究極竜だと!?一体誰だ!?」

 
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/10/05(水) 20:11:38.17 :zlty2dcm0

青眼の究極竜「あ、プロデューサーおはようございます。私です、千早です」

P「ちは……や?どの首が千早何だ?」

青眼の究極竜「全部です。全部が私です」

P「3つ全部か。全部操るなんて起用だな」

青眼の究極竜「そうでもありません。こんな姿ですから目立ちますし仕方なく空を飛んできました」

P「大変だったな」

Sin・青眼の白龍「本当、何でこんな姿になったんだろ?」

青眼の究極竜「プロデューサー、なんとかなりませんか?」

P「なんとかと言われてもわかるわけないじゃないか」

青眼の究極竜「それもそうですよね…」

 
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/10/05(水) 20:13:21.36 :zlty2dcm0

ブルーアイズ・トゥーン・ドラゴン「でもこの恰好長介たちに気に入られていますので、料理もできるし悪くないと思います!」

青眼の白龍「いやよくないよ!これじゃあ歌も歌えないしライブもできないし学校にもいけないんだよ!」

ブルーアイズ・トゥーン・ドラゴン「あっ、それもそうですね…」

Sin・青眼の白龍「そうだよ!いつまでもこのままにいるわけにはいかないよ」

Sin・青眼の白龍「雪歩だって今の自分の姿が見られたくないからあんなに深く穴掘っちゃったんですよ!!」

P「何だって?」

 
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/10/05(水) 20:16:11.14 :zlty2dcm0

P「おーい、雪歩、いるか?」

ヒュゴウ!!!

P「ぬおっ!」

青眼の精霊龍「プ…プロデューサー~…」バサッバサッ

P(ふつくしい…)

青眼の精霊龍「朝起きたらこんな姿になって…、みんな怖がって避けられて……」

青眼の精霊龍「もう私、どうしたらいいのか……」

P「とりあえずまず掘るのはやめるんだ。大丈夫、困っているのはみんな同じだ」

P「それに泣いても何も解決しない。まずは落ち着いてお茶でも入れてくるんだ」

青眼の精霊龍「わ、わかりました…、そうします」

バタン

P「ふぅ…。真、まさかみんなこんな姿に?」

Sin・青眼の白龍「さあ、まだ来てませんけどもしかしたら」

 
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/10/05(水) 20:17:36.78 :zlty2dcm0

バタン

究極竜騎士「うわあああああああああん!プロデューサー!!!」ゴォォォォォ!!!

Sin・青眼の白龍「もしかしなくても…あんな姿に……」

P「うぉ!?マスターオブドラゴンナイトだと!?一体誰だ!」

究極竜騎士「自分だぞ自分!朝起きたらこんなことになっていたんだぞ!」

P「響!?こんな変わり果てた姿になってしまったとは……かわいそうに……」サスサス

究極竜騎士「違う違う!そっちはハム蔵!自分はこっち!」

P「は?」

パカッ

響「こっちのほうだぞ!」

P「ああ、カオスソルジャーのほうか。びっくりした」

 
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/10/05(水) 20:20:00.77 :zlty2dcm0

青眼の亜白龍「ちょっとひびきん!亜美たちはドラゴンになっているというのにひびきんだけ人間なんてずるくない!?」ヒョコッ

青眼の双爆裂龍「ふこーへいだよ!ちょっと変わってよ!こんな姿じゃプリンも一飲みで食べちゃうから物足りないよ」ヒョコッ

響「何さ!これはこれで疲れるんだぞ!鎧かなり重たいし!」

ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン「喧嘩はやめなさい!」ズォォ!!

青眼の亜白龍「うわっ!り、りっちゃん!?」

ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン「こんな狭いところで喧嘩なんかやったら事務所が潰れるでしょ!」

ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン「それに誰かが怪我したらどうするの!」

青眼の双爆裂龍「ご、ごめんなさい…」

ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン「ったく…」

P「響、亜美、真美……そして律子でいいのか?」

ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン「はい、どうもお騒がせしました。プロデューサー殿」

ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン「ここに来る途中みんなと会いましたが、なぜかみんなこんな姿に…」

青眼の白龍「ああ…やっぱり律子さんたちも……」

ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン「春香……私たちだけじゃなかったのね、青眼になったのって」

青眼の亜白龍「ガオー!食べちゃうぞー!」

青眼の双爆裂龍「食べちゃうぞー!」

P「適用速いな」

ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン「全く、気楽で羨ましいわ…」

 
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/10/05(水) 20:22:27.19 :zlty2dcm0

ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン「それにしてもまさかプロデューサーをリアルにこうやって見下ろす日が来るなんて夢にも思いませんでした」

P「私もドラゴンに囲まれる日が来るなんて夢にも思わなかったぞ」

ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン「しかし一体どうしてこんなことに…」

P「それはさっき聞いた台詞だ。だが生憎私は戻し方がわからない」

ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン「それもそうですよね…」

P「一日経てば元に戻るんじゃないか?」

ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン「風邪じゃないんですから」

P「う~む、それもそうか。そういえば、まだ何人か来ていないのがいるな」

ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン「ええ、なんか不安ですね」

P「嫌な予感がするな、ここにいる全員が青眼になっているということは、きっと他の面子もなっているはずだ」

P「響!残りを探しに行くぞ!」

響「ええ!?何で自分!?」

P「この中で一番人に近いのはお前だけで親近感が沸くからだ!手伝ってくれ!」

響「あっ、そっか!それなら自分、手伝ってやるさー!行くぞハム蔵!」

究極竜騎士「ギャオオオオオオオオオン!!!」

ヒュゴウ!

Sin・青眼の白龍「なんかすごい濃い絵だなぁ」

バタン

青眼の精霊龍「うぅ…。火傷しましたぁ……。こんな手じゃお茶も沸かせません…」

青眼の白龍「あ~、ドンマイ」

 
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/10/05(水) 20:28:07.66 :zlty2dcm0


P「みんな青眼になっているならここからでも目立つはずだ。そう時間はかからないだろう」

響「プロデューサー、かける時間すらなかったぞ。あれ」

ディープアイズ・ホワイト・ドラゴン「あらあら~、ここはどこかしら~?」キョロキョロ

P「スカイツリーの天辺だと…!?何であんなところにいるんだ!」

響「おぉぉぉぉぉい!あずさぁぁぁぁぁぁ!!!」

ディープアイズ・ホワイト・ドラゴン「あら?もしかして響ちゃん?こんなところで会うなんて奇遇ね~」

響「何呑気なこと言っているんだ!早くそこから離れて!」

真青眼の究極竜「グォォォォォォォォォォォォ!!!」ビュン!

響「うわっ!」

P「うぉっ!?」

 
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/10/05(水) 20:29:50.94 :zlty2dcm0

真青眼の究極竜「グルルルルルルルル………」バサッ!バサッ!

ディープアイズ・ホワイト・ドラゴン「あら?」

P「お、おい。あれは…一体誰だ?」

響「さ、さあ…千早っぽく見えるけど腕はないし…」

真青眼の究極竜「グルルルォォォォ………」バサッ!バサッ!

P「なんか様子おかしくないか?」

響「みたいだな…」

真青眼の究極竜「ギュオオオオオオオオオオン!!!」ビュン!

P「うぉっ!?」

パクッ

響「なっ!」

真青眼の究極竜「ギャオオオオオオオオオン!!!」

ひゅうううううううん…

響「た、大変だ…」

ディープアイズ・ホワイト・ドラゴン「プロデューサーさんがさらわれちゃいましたね」

響「どどどど…どうしよう!?」オロオロ

「お困りのようですね」

響「はっ!その声は!」

 
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/10/05(水) 20:33:02.73 :zlty2dcm0

人目に付かないところ

真青眼の究極竜「グルルルルルルルル…」

P「おいやめろ!放せ!私を連れ去ってどうするつもりだ!」モガモガ

ペッ

P「うわっ!」ドサッ

P「いつつ…乱暴だな」

真青眼の究極竜「うぅ…」ポロリ

P「は?」

真青眼の究極竜「やっぱり……気づいてくれなかったのね…」ポロポロ

P「何だと?」

真青眼の究極竜「こんな姿じゃやっぱり私だって気づくわけないもんね…」

P「……伊織か」

真青眼の究極竜「見ないでよ!こんな姿、とてもみんなの前には見せられない!」

P「何を言っているんだ。例え姿が変わっても、中身は伊織のままだ」

P「それに、その姿も私好みだぞ」

真青眼の究極竜「…ばかぁ」


14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/10/05(水) 20:35:52.37 :zlty2dcm0

蒼眼の銀龍「やっと見つけました。こんなところにいたのですね」

真青眼の究極竜「誰!?」

蒼眼の銀龍「私ですよ、私」

P「その口調、あふれ出るオーラ…貴音か?」

蒼眼の銀龍「響から理由を聞きました。それで、貴方は伊織で間違いないのですね」

真青眼の究極竜「ええ、そうよ…」

蒼眼の銀龍「突然その姿になってしまって困惑しているでしょう」

蒼眼の銀龍「ですがそれは皆も同じです。皆でこの状況を解決していきましょう」

真青眼の究極竜「……」

蒼眼の銀龍「大丈夫です。きっと戻る方法は見つかります。だからここで悲しまず、私と一緒に事務所に戻りましょう」

真青眼の究極竜「うん…」

P「ところで響たちはどうした?」

蒼眼の銀龍「先に事務所に戻りました」

P「わかった」

 
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/10/05(水) 20:38:30.27 :zlty2dcm0

765プロ

青眼の亜白龍「何で亜美のプリン食べちゃうの!」

青眼の光龍「そんなこと言われてもミキ、亜美のだって知らなかったの」

青眼の光龍「次からは名前を書いてほしいな」

青眼の亜白龍「もう!今日という今日は許さないよ!今までは勝てなかったけど今なら勝てる!」

青眼の亜白龍「ミキミキなんてもう知らない!これでも喰らえ!」グォォォォォォォォ!!!

バァァァァァァァァァァン!!!

青眼の亜白龍「はぁ……はぁ……どうよ!」

青眼の光龍「無駄なの、ミキに対象を取る効果は効かないの」

青眼の亜白龍「そんな…!反則だよ」

青眼の光龍「次はミキの番なの。シャイニング……」

ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン「いい加減にしなさい!!!」

青眼の光龍「うわっ!?律子…さん!」

ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン「これ以上事務所をボロボロにするならただじゃおかないわよ!」

2匹「ご、ごめんなさい…」

小鳥「ぴよぉぉぉ…、何ここ怖い…」

響「全くもう、でかくなったからって迷子の範囲まででかくなる必要はないぞ」

究極竜騎士「グォォォォォォォォ…」

ディープアイズ・ホワイト・ドラゴン「あらあら、ごめんなさいね」

 
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/10/05(水) 20:41:14.92 :zlty2dcm0

P「おーい!みんな!」

蒼眼の銀龍「ただいま戻りました」

ブルーアイズ・トゥーン・ドラゴン「あれ、もしかして貴音さん?」

青眼の白龍「みたいだね」

真青眼の究極竜「うぅ…」

青眼の双爆裂龍「あれ?もしかしてそこのないているのって?」

ブルーアイズ・トゥーン・ドラゴン「伊織ちゃん?」

真青眼の究極竜「うん」

Sin・青眼の白龍「伊織も随分凄いことになってるなぁ」

青眼の白龍「これで全員揃いましたね」

響「こんなにドラゴンがいるんじゃ狭くてかなわないぞ」

Sin・青眼の白龍「でも響が一番場所とってあるんだよね」

響「まあ…な」


21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/10/05(水) 20:48:18.81 :zlty2dcm0

P「しかしこうして見ると圧巻だな」

青眼の白龍「何呑気なこと言っているんですか!」

P「すまない、だがこの全てのブルーアイズが集結するという光景は滅多に見られないからな」

P「こうやって目に焼き付けておきたい」ジーッ

青眼の光龍「アイドルの時よりジロジロ見られるなんて、なんか屈辱なの」

青眼の精霊龍「そんなにドラゴンが好きなんですね」

P「ああ」

真青眼の究極竜「ああもう!一体どうしたらいいのよ!」ギュオオオオオオオオオオオン!

パリイイイイイン!

青眼の亜白龍「うわっ!ガラスが粉々に!」

Sin・青眼の白龍「ちょっと!大声出すのやめてよ!伊織の場合だと3つ首があるから三倍うるさいよ!」

真青眼の究極竜「何ですって!?」ギュオオオオオオオオオオオン!

ピキピキ

青眼の双爆裂龍「うわっ!今度は壁にひびが!」

P「伊織、今はとりあえず怒りを抑えるんだ」

真青眼の究極竜「え、ええ……わかったわ」


23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/10/05(水) 20:53:43.84 :zlty2dcm0

青眼の白龍「それにしても一体どうやったら元に戻るんだろ」

青眼の究極竜「一体どうしたらいいのかしら…」

青眼の光龍「もうどうでもいいの。別にドラゴンになっても昼寝には影響ないし」

ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン「ちょっと美希!ドラゴンになったアンタのいびき、とんでもなくうるさくなってるのよ!」

ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン「少しは自重しなさい!」

青眼の光龍「そんなことは知らないの、爬虫類だからなんかちょっと寒く感じるしひと眠りするね…グォォォォォォォォ……」

ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン「アンタって子は!もうキレたわ!」スゥゥゥ…

P「まずい!みんな伏せろ!」

青眼の光龍「なの!?」

ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン「混沌のマキシマムバーストォォォォォ!!!」ゴォォォォォォ!!!

青眼の光龍「なのおおおおおおおおおおお!!!」

ドォォォォォォォォォン!!!


24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/10/05(水) 20:55:44.24 :zlty2dcm0

美希「うぅ…痛いの…何するの!」

Sin・青眼の白龍「うわっ!元に戻った!」

美希「あれ?本当だ」

青眼の精霊龍「一体何で!?」

P「そうか!モンスターだから破壊されれば元に戻れるということか」

蒼眼の銀龍「なるほど」

真青眼の究極竜「これならいけるわ!」

青眼の亜白龍「それだったら!じゃんじゃん攻撃するよー!」

ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン「だけど適当に攻撃したら誰か一人余ることになるわね」

青眼の亜白龍「あっ、そっか…」


25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/10/05(水) 20:57:06.32 :zlty2dcm0

ブルーアイズ・トゥーン・ドラゴン「う~…このままじゃ元に戻れません…」

P「大丈夫だ、亜美の効果であずささんを破壊したらいい」

ディープアイズ・ホワイト・ドラゴン「え?」

P「ディープアイズ・ホワイト・ドラゴンは効果で破壊されたら相手フィールド上のモンスターを全て破壊する効果を持つ」

P「だから効果で破壊すればみんな元に戻るはずだ」

Sin・青眼の白龍「なるほど!」

青眼の精霊龍「流石プロデューサーです!」

青眼の亜白龍「よーし!そうと決まればいくよあずさお姉ちゃん!」

ディープアイズ・ホワイト・ドラゴン「ちょ、ちょっと待ってね!まだ心の準備が」

青眼の亜白龍「えい!」ゴォォォォォ!!!

青眼の白龍「ちょっ…おま……!」


26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/10/05(水) 20:57:34.20 :zlty2dcm0

01


27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/10/05(水) 20:59:16.73 :zlty2dcm0

シュウウウウウウ……

春香「うぅ……。はっ!?元に戻ってる!」

真「やった!これで普通に外に出れる!」

千早「はぁ…一時はどうなるかと思ったわ…」

亜美「もう……ドラゴンはこりごりだよ……」

真美「そうだね…顔二つあるのってかなり頭使って痛いし」

伊織「そんなこと言ったら私なんて三つよ」

ハム蔵「ヂュイ…」

響「ハム蔵、お前元に戻ったんだな!」

雪歩「はぁ…、なんだかとっても疲れました…」

律子「大丈夫ですか?あずささん…」

あずさ「え、ええ……。なんとか」

貴音「これは…かなり答えましたね」

やよい「う~…。もうくたくたです~…」

美希「みんな元に戻ってよかったの、やっと狭い事務所から解放されるの」

P「だな」

小鳥「ぴよぉ…」


29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/10/05(水) 21:01:12.96 :zlty2dcm0

P「はぁ…それにしても疲れた、こんなのは初めてだ」

P「みんな、今日はもう帰っていいぞ。みんなもくたびれただろ」

春香「そうさせていただきます…」

やよい「お疲れ様でした…」


春香「結局私たちはなんでブルーアイズになっちゃったんだろうね?」

千早「さあ、なんででしょうね?」

美希「だけど美しかったよね。ブルーアイズ」

千早「それは同感ね」

春香「うん、正直びっくりしたけど空とか飛べてちょっと面白かったよ!」

千早「ならまたなってみる?」

春香「それはちょっと勘弁かな?」

アハハハハハハハハ!!!

 
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/10/05(水) 21:02:07.32 :zlty2dcm0

翌日

P「しかし昨日は不思議で不気味な体験だったな。全員が青眼になるとは」

P「全員元に戻ったからよかったものの、ずっとあのままならどうなっていたんだ」

P「皆にしてみれば恐ろしいが、私は意外と悪くなかったな。ドラゴンに囲まれるというのも」

P「今度は別のドラゴンで囲まれたいな、例えば……」

P「おっと、何を考えているんだ。これ以上アイドルを困らせるわけにはいかないな」

P「さて、今日も張り切るか」

 
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/10/05(水) 21:03:26.26 :zlty2dcm0

ガチャ

P「おはよう、みんな」

銀河眼の光子竜「あ!プロデューサーさん!どうしよう…みんながギャラクシーアイズになっちゃった!」

P「!?」

CNo.107 超銀河眼の時空龍「前より動きづらくなってこれじゃあレッスンにもいけません」

銀河眼の光子竜「しかも元に戻ろうとしても攻撃されたらなんか強制的に除外されちゃって……」

銀河眼の篭竜「でもこの姿可愛いですよ!ピカピカ光っていますし!」

銀河眼の光子竜「でも……」



P「んほおおおおおおお!!!これが!!!」

「は?」

終わり

 
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/10/05(水) 21:05:28.05 :o8Tvbwvmo
乙 今世紀最大の怪作

 
SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】P「事務所のみんながブルーアイズになった……?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1475665514/