―――お昼下がりの泰葉のお部屋


泰葉「…………」カキカキ…

泰葉「……ふう」

泰葉(よし。これでようやく夏休みの課題もおしまい)


泰葉「ん、んーっ……」

泰葉(さて、なにしようかな。出かけるにしても雨降りそうだし……)


ライーン


泰葉「あ」


加蓮
『いま家にいるー?遊びに行っていい?』


泰葉「……ふふ」


『いるよ。気をつけて来てね』


泰葉「少しお部屋の掃除しておこう――」


ぴんぽーん がちゃっ


加蓮「来たよー♪」

泰葉「早いよ……」


2 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/09/22(木) 22:34:24.28 :cke70lSwO

加蓮「ふふっ、びっくりしたでしょ。近くまで来てたんだー」

泰葉「もう。いないって返事してたらどうするつもりだったの?」

加蓮「んー、そのときは泰葉が帰ってくるまで……部屋の前で体育座りしてじっと待つ?」

泰葉「犬ですかあなたは」

加蓮「忠犬だよーわんわん」

泰葉「お手」スッ

加蓮「それよりなんかないー? 歩き回ってたらお腹空いちゃって――」ガチャリ

加蓮「あ、パピコあるじゃーん。食べよ食べよー♪」

泰葉「……というより猫……。はぁ」

 
3 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/09/22(木) 22:36:31.90 :cke70lSwO

加蓮「おいし」チュウチュウ

泰葉「うん」チュウチュウ


加蓮「冷たい……」プルプル

泰葉「寒い……」プルプル…


加蓮「9月にアイスは無理あったね」

泰葉「いつか処理しなきゃならなかったし……」

加蓮「あっためて泰葉~」ムギュー

泰葉「鬱陶しいです」グイ

加蓮「あん、いけずー」

 
4 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/09/22(木) 22:38:38.63 :cke70lSwO

泰葉「ところで」

加蓮「んー?」

泰葉「その袋どうしたの?」

加蓮「これ? 秋服ー。ショップ見てたら雨降りそうだったから。1番近い泰葉のとこに避難してきたってわけ」ガサッ

泰葉「あぁ、そういう」

加蓮「そそ。持つべきは親友だよねー」

泰葉「ふふふ。その親友の家をクローゼット代わりにするのはやめてほしいけどね」

加蓮「ぎくー。あはは」

 
5 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/09/22(木) 22:41:59.94 :cke70lSwO

泰葉「まだ去年の服しまってあるんだけど」

加蓮「あ、そういえば置きっぱなしだったっけ」

泰葉「やっぱり忘れてたんだ……」

加蓮「えへ、ごめんごめん。今度古着屋さん持ってこっか」

泰葉「でも結構たくさんあるよ? 李衣菜入れて3人でも運び切れるかな……」

加蓮「いいこと思いついた。Pさんに車出してもらおう」

泰葉「Pさんかわいそう」クスッ

 
6 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/09/22(木) 22:44:43.23 :cke70lSwO

加蓮「そしたらそのあとはドライブに連れてってもらうとかね♪」

泰葉「あんまりわがまま言ってると愛想尽かされちゃうかも」

加蓮「ないでしょ。あのPさんだよ?」

泰葉「…………」

加蓮「え、ないよね? ないって言ってよ泰葉」

泰葉「……そういう大人を何人も見てきたから……」

加蓮「いやあああああ」

泰葉「まぁPさんに限ってあり得ないでしょうけど」

加蓮「だよねー♪」


7 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/09/22(木) 22:46:05.24 :cke70lSwO

泰葉「ふふ、でもドライブはいいと思うな。Pさんにも羽を伸ばしてもらいたいし」

加蓮「ね。Pさんもだけど、ちひろさんも働きすぎ」

泰葉「いつか私たちで慰安旅行でもプレゼントしてあげる?」

加蓮「あっそれいい! ……ん? でもそしたら」

泰葉「?」

加蓮「Pさんとちひろさんが2人きりで旅行に行くってことに」

泰葉「あ」

加蓮「…………」

泰葉「…………」

加蓮「私たちもついていこうね」ニッコリ

泰葉「そうね、慰安旅行はやっぱり全員で行かないとね」ニッコリ


8 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/09/22(木) 22:50:27.23 :cke70lSwO

加蓮「定番は温泉かなー」

泰葉「かな。李衣菜が前にお仕事で行ったところとか、どう?」

加蓮「あー行きたーい。李衣菜、肌すべすべになって帰って来たし」

泰葉「そういえば加蓮、ずっと頬ずりしてたね……李衣菜恥ずかしがってた」

加蓮「だってー♪」

泰葉「ふふ。私ちょっと寂しかったよ、そのとき」

加蓮「あ、それは頬ずりされたいって意味かな~?」ジリッ

泰葉「……余計なこと言っちゃったかなってぁぁぁあああ」


9 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/09/22(木) 22:53:02.18 :cke70lSwO

加蓮「うりうりうりー♪」スリスリスリ

泰葉「きゃふっ! もうかれ、加蓮っやめ、あは、あははは♪」ジタバタ

加蓮「んー、泰葉もすべすべー。スキンケアばっちり♪」

泰葉「い、意識し始めたのはアイドルになってからだけど……やぁんっ」

加蓮「ふふー、まだまだ♪ パピコで冷えた体をあっためよう♪」

泰葉「も、もうやめてっ。充分あったまったから――あっ眼鏡!」バッ

加蓮「っきゃ……あっ! ご、ごめん泰葉っ! 歪んだりしてないっ?」

泰葉「う、うん、平気。はぁ、すっかり忘れてた……テーブルの上に置いといて良かった」

 
10 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/09/22(木) 22:55:42.59 :cke70lSwO

加蓮「ごめーん、調子乗っちゃった……」シュン…

泰葉「ううん、いいってば……ふふ、無くてもそんなに困らないし」

加蓮「目ぇ悪いなら必要でしょ……。ていうか勉強してたんだ」

泰葉「うん、さっきまで。夏休みの課題が残ってたから。……加蓮さんはどうですか? もう終わりました?」

加蓮「う。加蓮さんはね……も、もう少しで終わるかな……? よ、余裕余裕……」

泰葉「そうですか。なら教えなくても平気ですよね」クスクス

加蓮「ウソー! ウソですー! お願い数学教えてー!」

泰葉「ふふふ♪」

 
11 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/09/22(木) 23:00:08.94 :cke70lSwO

加蓮「うぅ、なんで課題の量が他のみんなと同じなの……アイドルで忙しいって知ってるはずなのに……」

泰葉「ほら、加蓮の学校は部活も活発でしょう? 忙しさじゃあまり変わらないんじゃないかな」

加蓮「そもそも授業受けらんないときもあるんだから問題分かんないし! あの鬼教師ぃ!」バフバフ

泰葉「待って枕に八つ当たりしないで」

加蓮「もおお、ライブチケあげたんだからちょっとはサービスしてよねー!」ムギュウウウ

泰葉「あああ潰れちゃう潰れちゃう」

加蓮「あ、泰葉の匂い」スンスン

泰葉「てい」ベシッ

加蓮「いたいっ!?」

 
12 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/09/22(木) 23:03:44.87 :cke70lSwO

泰葉「まったくもう」

加蓮「て、手加減してよ……コブになったらどうすんの」ズキズキ…

泰葉「砂糖でも擦り込んでおけば? ……加蓮の先生もライブ観に来てくれるのね」ナデナデ

加蓮「んー。知らない間にCDまで買ってくれてたみたいでさ、クラスの友だちも。ファンだーって」

泰葉「ふふ、そうなんだ。私のところもそうだよ、チケットはそれぞれ自分で取ってたけれど」

加蓮「……あげるんじゃなくて売りつけた方が良かったかな。クラスみんなにオークション式で……ふっふっふ」

泰葉「悪い顔してる」

加蓮「あは。やんないけどね」

 
13 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/09/22(木) 23:08:31.00 :cke70lSwO

泰葉「あまり目立つことしないようにね?」

加蓮「はーい。慎ましく礼儀正しく、芸能活動に支障が出ないよう気をつけてまーす」

泰葉「ん、よろしい」

加蓮「って言っても、最近は目立たなくても学校側から寄ってくるんだよね。文化祭近いから、学校全体で私を客寄せに使おうってハラみたい」

泰葉「ああ……事務所通してもらわないと困る話ね、それ」

加蓮「ま、私も丁重にお断りしてるけど。先生もクラスメイトも庇ってくれてるからなんとかなってる感じ?」

 
14 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/09/22(木) 23:10:19.06 :cke70lSwO

泰葉「ふふっ、みんな優しいね。でもあんまりしつこかったら、Pさんにも言ってね?」

加蓮「うん、分かってる。……えへ。色んな人たちに支えられてるね、私たち」

泰葉「ええ、感謝しないと。……だから課題もしっかりね?」

加蓮「……あい。かんしゃ、カンシャ……」

泰葉「やる気出して」

加蓮「学校嫌い……課題増える……。あ、でも好き……みんな応援してくれる……うぅ……」

泰葉「こ、今度課題持ってきて? 一気に片付けちゃおう、李衣菜もいるし……ね?」

 
15 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/09/22(木) 23:13:19.49 :cke70lSwO

加蓮「李衣菜ねぇ……。でも李衣菜バカだもん、公式てきとーだし文法もうろ覚えだし。役に立たないでしょ」

泰葉「いないからってその言い草はひどいよ……」

加蓮「ふーんだ。私たちを置いてバンドのライブ観に行ってる李衣菜なんか知らなーい」

泰葉「ずっと楽しみにしてたって言ってたじゃない……。李衣菜だって好きなことしたいでしょう」

加蓮「むー。1人で行くならまだいいけど。他の子とデートでしょ?」

泰葉「木村さんね。お仕事で会うたびに仲良くなってたから、李衣菜」

加蓮「…………」プクー

泰葉「ふふ、女の子に嫉妬しないの。だったら一緒に行けば良かったのに」

 
16 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/09/22(木) 23:16:42.22 :cke70lSwO

加蓮「それはそれで……。あんまり知らないバンドだし、私が行ったら水差しちゃうかなって」

泰葉「そんなことないと思うけど。色々教えてもらったら?」

加蓮「李衣菜に頼んだら知識偏りそー。自分で曲聴いた方がよっぽどマシだよ、うん」

泰葉「もう……そういうこと言って。寂しいくせに」

加蓮「……違うし」プイ

泰葉「よしよし、私がいるからね。というか、だからうちに来たんじゃないの?」ナデナデ

加蓮「うー……」

 
17 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/09/22(木) 23:18:42.14 :cke70lSwO

泰葉「んー……、本当に降り出しそうね」ポフポフ…

加蓮「……李衣菜大丈夫かな。傘持ってってるかな」

泰葉「心配?」

加蓮「違うってばー。ほら、風邪引いたらお仕事に穴空いちゃうでしょっ」

泰葉「うんうん」クスクス

加蓮「もう!」

泰葉「ふふっ♪」

 
18 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/09/22(木) 23:20:26.12 :cke70lSwO

加蓮「泰葉のいじわる」

泰葉「うん。加蓮にだけいじわるするの」

加蓮「えー。李衣菜には?」

泰葉「あの子は勝手に自爆するから」

加蓮「……泰葉も結構李衣菜に厳しいよね」

泰葉「そう?」


加蓮「あはは♪ 李衣菜、きっと今頃くしゃみしまくってるよ――」

泰葉「風邪と勘違いしてるかも――♪」


―――

――



 
19 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/09/22(木) 23:23:53.18 :cke70lSwO

―――ライブ会場


李衣菜「――ぷえっくち!」


夏樹「おっと。大丈夫かだりー?」

李衣菜「う、うん……ライブの熱冷めちゃったのかな」

夏樹「風邪引かないようにしないとな。もうじき雨も降りそうだし」

李衣菜「ん、なつきちも気をつけてね。もうすぐステージ控えてるんでしょ?」

夏樹「ああ。今日のライブだって、ステージの下見なところもあったからさ」

李衣菜「へへ、びっくりしたよ。着いたら男の人と一緒にいるんだもん――へっくし!」

 
20 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/09/22(木) 23:25:27.71 :cke70lSwO

夏樹「お、おいおい。ほんとに風邪引いたんじゃないか?」

李衣菜「んんっ、だ、大丈夫……きっと噂されてるんだよっ」

夏樹「はは、どこかでファンに見られてたのかもな。ま、どっちにしろ早めに帰って風呂にでも入りな」

李衣菜「ん、そうする……あ、ここから近いのって――」


「――木村さん。お待たせしました」スタスタ


夏樹「お、プロデューサーさん。もういいのか?」

「はい。ステージ関係の方とは、また後日話すことになりましたので」

 
21 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/09/22(木) 23:26:54.18 :cke70lSwO

夏樹「そっか、お疲れさま」

「いえ、私もおふたりの休日に申し訳ありませんでした。多田さんにもご迷惑をおかけして……」

李衣菜「あはは、迷惑だなんて。気にしないでくださいっ」

李衣菜「お客さんが入ってる状態で会場全体を見ないと、分からないことってありますもんね」

「……はい。バンドの演奏も素晴らしいものでした。……それを見ているあなた方の笑顔も」

 
22 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/09/22(木) 23:28:38.45 :cke70lSwO

夏樹「おいおい、口説き文句か? あたしはともかく、だりーは別事務所のアイドルだぜ」

「あ、そ、そういうわけでは決して……!」

李衣菜「ふふっ♪ うちのプロデューサーもそういうことよく言うから慣れてますよ。褒めて伸ばす、いいと思います!」

「…………。……恐縮です」サス…

夏樹「だりーまで口説くなって……。あたしらのプロデューサーを引き抜く気か?」

李衣菜「そんなことしないよー。”なつきちの”プロデューサーさん、とったりしないから♪」

夏樹「ははは! からかうなよ♪」ワシャワシャ

李衣菜「へへへー♪」

「……いい、笑顔です」

 
23 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/09/22(木) 23:30:52.90 :cke70lSwO

夏樹「――じゃあな、だりー。またアツいライブ、観に行こうぜ!」

「お疲れさまでした。……そちらのプロデューサーにも、よろしくお伝えください」

李衣菜「はい、またお仕事でもよろしくお願いしますっ。なつきちもまたね、ばいばい!」



李衣菜「――よしっ。私も帰ろっと」

李衣菜「……泰葉に連絡~」


『降りそうだからさ、今から行っていい?』


李衣菜「んー。…………既読はやっ」


泰葉
『もちろん。オマケも付いてるけどいい?』

加蓮
『オマケとはなによヽ(`Д´)ノ』


李衣菜「あぁ、加蓮もいるんだ……ふふふっ」

 
24 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/09/22(木) 23:32:23.26 :cke70lSwO

『じゃあ夕飯の材料も買ってくね』

泰葉
『ありがとう。加蓮が来たからお買い物行けなかったの』

加蓮
『え、私邪魔だった?』

泰葉
『うん』

加蓮
『うんて』

『なんで一緒なのにラインで漫才してんの。私も混ぜてよー』


李衣菜「……あははっ♪」

 
25 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/09/22(木) 23:35:06.05 :cke70lSwO

―――


加蓮「泰葉、私のことお邪魔虫だと思ってたんだ……」

泰葉「ご、ごめんね? 冗談だから、冗談……機嫌直して、ね、ねっ?」

加蓮「いいよ、李衣菜来たら私帰る。泰葉もその方がいいでしょ」

泰葉「か、加蓮~……!」

加蓮「ふふふっ。いじわるの仕返し♪」


―――


李衣菜「夕飯は……寒くなってきたしおでんがいいかな。それとも月見そばとか? どうしよっかなー」テクテク


李衣菜「へへ、今度は2人も一緒にライブ観に来れたらいいなぁ――♪」



おわり

 
26 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/09/22(木) 23:36:28.96 :cke70lSwO

というお話だったのさ
秋分の日ですね、今年もあと100日ですよプロデューサーさん……

 
SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】モバP「だりやすかれんと秋の休日」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1474551177/