【SS速報VIP】友紀「居酒屋にいったら絶対に揚げ物頼んじゃう」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1469102180/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/07/21(木) 20:56:20.58 :FwtcE+v20

居酒屋



友紀「いやぁ、でもびっくりしたよ。拓海ちゃんはともかく、文香ちゃんもこういうところ来るんだね」

拓海「アタシはともかくってのはどういう意味だァ、ああ?」

友紀「だって、拓海ちゃんってヤンキーなんでしょ?だから、若いうちからこういう居酒屋来てても違和感ないかなーって」

拓海「アタシはヤンキーじゃねえ、元特攻だっての。それに酒もタバコも興味はねえよ」

菜々「ヤンキーと暴走族って違うんですか?」

拓海「違う違う。な?」

文香「…えっ?」

拓海「違うだろ?」

文香「さあ……私にはよくわかりませんが……」

拓海「なんだよ、違いの分からねえヤツばっかりだ」ケッ

菜々「今日はお二人だけですか?お酒、飲んでなんかないですよね?」

文香「いえ…プロデューサーさんと撮影の打ち上げに……私たちはジュースです」

友紀「来てるんだ、プロデューサー」

菜々「プロデューサーさんはどこに?おトイレですか?」

拓海「ああ、酔って吐いてる。やっぱダメだわ、あの人」

友紀「お酒弱いからなぁー」

菜々「弱いくせに好きなんですよね」

友紀「苦労するタイプだよ、あれは」


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/07/21(木) 20:58:28.70 :FwtcE+v20

文香「ちょっとプロデューサーさんの様子を見てきます」スッ

拓海「おう、頼んだ」

友紀「あっ、店員さーん。中ジョッキ1つ」

拓海「二人は普通に飲みに来たのか?」

友紀「うん、休みが被ったから買い物して、一杯やりにきたー」

菜々「あっ、ナナはもちろん、ジュースですよ!17歳ですからね!」

友紀「無理することないのになあ……あ、なにこれ、美味しそう」

拓海「あぁ、なんだっけ……なんか……揚げモンだろ」

菜々「なんか揚げモンって……」

友紀「もーらいっ」パクッ

拓海「それ、文香のだぞ?」

友紀「いいじゃーん、もう一皿頼めば。んー!うまー!なんだろ、お肉なのは間違いないんだけど…」

拓海「マジで?……ちょっとアタシも」パクッ

菜々「あーあー、拓海ちゃんまで…」

拓海「へへっ、悪ぃな文香……おー!なんだこりゃ、うめえ!初めて食う味だな」

友紀「ねー!美味しいよこれ!本当、なんの揚げ物なんだろ」

菜々「え…そんなに美味しいんですか………じゃ、じゃあ菜々も…ごめんなさい、文香ちゃん」パクッ

友紀「あっははー、同罪同罪!」

菜々「へぇ~!確かにとっても美味しい!鶏肉?とはまた違いますかねぇ」

拓海「なんだろうな、これ」


3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/07/21(木) 21:00:05.49 :FwtcE+v20

文香「…戻りました」ガタッ

友紀「おかえり~。どうだった、プロデューサーは」

文香「ダメですね。マーライオンのようでした」

拓海「だらしねぇなぁ…」

友紀「ちょっとあたしも見てくるー!」ガタッ

菜々「ああもう、そっとしておいてあげましょうよぅ…」

文香「………おや?」

拓海「ん?」

文香「………私の揚げ物がないのですが…」

菜々「あっ、ごめんなさい、それは……」

拓海「悪ぃ悪ぃ、みんなで食っちまった」

文香「えっ!?」

拓海「全部」

文香「そ、そんな……まだ食べてないのに……」

拓海「悪かったって」

文香「美味しかったですか…?」

拓海「おお、もう絶品も絶品!なんの肉だったのかわからねえけど」

文香「くぅ………食べたかったのに…!」

菜々「も、もう一皿頼みましょう!ね?」

拓海「そうそう、あれなんて料理だ?」

文香「それが、私もにもわからないんですよね……プロデューサーさんが注文したのですが、運ばれてくる前にトイレに駆け込んでしまったので」

拓海「プロデューサーが頼んだのか…」


4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/07/21(木) 21:02:25.46 :FwtcE+v20

友紀「たっだいまー!」ガタッ

菜々「おかえりなさい。どうでした?」

友紀「すっごいよー!もう顔真っ白になってた!」

文香「友紀さん、私の揚げ物食べたでしょう」

友紀「えっ?ああ、ごめんねー!もう一つ頼もうよ!美味しかったし!」

菜々「それが、プロデューサーが注文したので、なんていうメニューなのか分からないんですよ」

友紀「えぇ~?メニューみれば大体分かるんじゃないの?」

菜々「あー、確かにそうですね……って、うわっ!?なんですか、このメニュー表の分厚さは!?」

文香「……ここのお店はメニューの豊富さが売りなんです」

拓海「すげぇぞ?和洋中、全部食える」

菜々「うわぁ…これはちょっとしたタウンページですよ…しかも、メニューの写真とかないんですか」

文香「はい……更に言えば、ジャンル毎の分類すらされていないのです」

友紀「粗雑ーぅ!」

菜々「……別なの頼みます?」

友紀「えぇー!?やだやだ!さっきの謎揚げ食べたぁ~いぃ~!」

文香「私も食べてみたいです………気になって仕方がありません…」

拓海「なら探してみるしかねぇな」

友紀「あっ!だったらゲームしようよ!」

菜々「ゲーム?」

友紀「さっきの謎揚げの正体が分かるまで帰っちゃダメゲーム!」

菜々「えぇ~?なんですかそれ…」

拓海「面白そうだな!」

文香「……いいでしょう、絶対に謎揚げを食べてみせます……!」

菜々「なんでそんなにやる気満々なんですか…」

友紀「やる気まんまんマーーーン!やる気ビーーーーーーーーーム!!!」

菜々「きゅぴぴぴーーーーん!!!やる気電波受信!!!ちょっと、プロデューサーの様子を見てきますから、その間に注文しちゃってていいですよ!絶対に当てましょう!」ガタッ


5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/07/21(木) 21:03:52.58 :FwtcE+v20

友紀「……なに、やる気電波って」

拓海「アンタがやりだしたんだろうが」

文香「そんなことより早く注文しましょう…」

友紀「むむっ!文香ちゃんからとてつもないやる気を感じる…!もしかして、やる気まんまんマンレディだったりする?」

文香「そうです…私はやる気まんまんマンレディ……謎揚げの正体を暴く知的探求者…」

友紀「やる気まんまんマンレディってなんだろうね」

拓海「アンタがやりだしたんだろって……とりあえず、揚げモンだろ?それっぽいものをいくつか頼んでみっか」

文香「では……手作りメンチカツ、ミートボール揚げ、トンカツあたりを攻めてみましょうか」

友紀「おおっ、手堅いねぇ~。いい牽制球」

拓海「まあ、そのあたりが無難か」

文香「……………」

拓海「……………?」

文香「あ…あの…注文してもらえますか…?」

拓海「えっ…ああ………すみませーん!手作りメンチとぉ…」

文香「……すみません」


6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/07/21(木) 21:06:26.05 :FwtcE+v20

菜々「ただいま戻りましたー」ガタッ

友紀「おかえりー」

菜々「いやー、大丈夫ですかね、プロデューサー。水みたいなの吐いてましたけど」

拓海「えぇ…?まあ……あいつなら大丈夫だろ……アタシらのプロデューサーを信じようぜ?」

文香「熱い展開ですね…」

友紀「信じるっていってもゲロ吐いてるだけだもんなぁ……」

菜々「あ、オーダーきましたよ」

拓海「どれ……」モグモグ

文香「あむ……」

友紀「うーん……美味しいけど…」

菜々「…どれでもないですね」

拓海「ハズレかぁ」

文香「…そういえば、謎揚げの味を知っているのってみなさんだけなんですよね」

菜々「確かに」

文香「どんな味でしたか?」

友紀「えー?肉味」

拓海「うん……肉味だった」

文香「なんですか肉味って……」

菜々「いやでも、本当に肉味としか言い表せない味でしたよねぇ」

拓海「そうそう。すげー美味い肉味」

文香「そうですか……」

友紀「噛んだらサクサクの衣がシャオッ!中のふんわりお肉からジューシーな肉汁がじゅわあ~っと溢れて…」

菜々「そういえば、ちょっと歯ごたえのあるものが入ってましたよね」

拓海「あー…あったかもな。それも肉っぽかったけど」

文香「あっ、それいいヒントで……ぁ痛ッ!!!!」ガターン

拓海「えっ!?」

友紀「なにぃ……?」

文香「攣ったっ……足攣りました……ッ!」

拓海「なんで突然…」

友紀「あっははははは!」

文香「ああ……痛い……いた……ひたひぃ……!」

菜々「足が攣った時は、一度立って、アキレス腱を伸ばすようにするといいですよ」

文香「いやダメです…!痛い、痛いですもん……!立てないです…!」

菜々「いいから立ってください。脹脛を元の状態に戻してあげないと…」

文香「ああああ痛いです!あっ……だめ……あー…あー!」

友紀「あはははははははは!!!」

文香「笑わないでください!!!」

菜々「脹脛マッサージしてあげますから、ほら」モミモミ

文香「くぅぅ…!………ごめんなさい…神様ごめんなさい……!」

拓海「足攣った時って何故か神様に謝るよな……あ、ちょっとプロデューサー見てくるわ」ガタッ

友紀「いってらー」


7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/07/21(木) 21:08:27.52 :FwtcE+v20

文香「ふぅ……ふぅ……治まりました」

友紀「そういうのっていきなりくるから嫌だよねー。店員さーん、ビールおかわりー!」

菜々「ナナもこの前、寝てるときに急に攣って死ぬ思いをしましたよ」

友紀「歳なんじゃない?」

菜々「やっぱりそうですかねぇ……って、ナナは永遠の17歳ですから!この中じゃ最年少!やったーーーーー!!!!」

友紀「次なに頼む?」

文香「そうですね……歯ごたえがあるものが入っていたそうなので、食感がありそうなものを頼んでみましょうか」

友紀「じゃーあー………軟骨入り鳥団子揚げ、砂肝入り鳥団子揚げ、さいころステーキ入り鳥団子揚げってのを頼んでみようか」

文香「良い選択です……ナイスチョイス……」

友紀「店員さーん、追加で注文いいですかー?」

菜々「怒涛の鳥団子押し」

文香「さいころステーキ入りって凄いですね……」

友紀「ね~」


8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/07/21(木) 21:09:27.79 :FwtcE+v20

拓海「うぃ~」ガタッ

文香「お帰りなさい」

拓海「なんか、黒いの吐いてたけど、大丈夫だろ」

菜々「なんで自己完結しちゃったんですか…」

友紀「きたよ~、鳥団子シリーズ」

拓海「なんだこりゃ」

文香「食感がありそうなものをチョイスしてみました」

拓海「なるほどなぁ」

友紀「あーん!……うーん、おいちい!」モグモグ

菜々「美味しいですね、これ!」モグモグ

文香「これは正解を掴んだのでは…!」

拓海「いや、美味いけど、謎揚げとは形が違うぜ?」モグモグ

菜々「確かに、謎揚げは楕円形で、もうちょっと大きかったですかねぇ」

文香「……………なんでそれを先に言わないんですか、馬鹿なんですか」

拓海「そんなキレんなよ…」

文香「キレてないです。ほら、さっさと食べて次注文しますよ」

菜々「えぇ…キリがないですよぅ…」

友紀「ちょっとプロデューサーに正解聞いてくるよ」ガタッ

文香「あっ!ダメですよ!ズルですよ、ズル、そんなの!」

拓海「今から頼むやつがハズレたら正解を聞けばいいだろ。ほらほら、なに頼むよ」

文香「…仕方ないですね、それでいきますか」


9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/07/21(木) 21:11:05.58 :FwtcE+v20

菜々「この、めちゃくちゃ美味しい揚げとかどうですか?当店オススメって書いてありますし」

拓海「適当なネーミングだな…」

文香「ふむ……ではその、めちゃくちゃ美味しい揚げと、爆弾揚げというのを頼んでみましょう……拓海さん」

拓海「ったく……店員さーん!」

菜々「爆弾揚げってなんなんですかねぇ」

拓海「爆弾を揚げたんだろ」

菜々「そんな適当な返事しないでくださいよぅ」

拓海「正直、もう胃もたれしてきた……これ食ったら帰ろうぜ?」

文香「ダメですよ……当てるまで帰れません」

拓海「強情だなあ…」

菜々「爆弾揚げっていうくらいだから、大きいんじゃないですかね」

文香「確かに……」

拓海「おー、早い、もうきた……うわあ、案の定、デケェな、爆弾揚げ」

菜々「すっごい…手のひらぐらいありますよ……でもこれ、さつま揚げですよね」

拓海「でっかいさつま揚げだな。謎揚げじゃねえな」

文香「くぅ……では本命のめちゃくちゃ美味しい揚げを待ちましょう…」

菜々「じゃあ、この爆弾揚げ食べちゃいますよ?」

文香「どうぞ……あまり、さつま揚げが好きではないので」

菜々「美味しいんですけどねぇ、さつま揚げ」モグモグ


10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/07/21(木) 21:11:54.38 :FwtcE+v20

友紀「…………」ガタッ

拓海「お帰り」

友紀「…………」

菜々「…?……どうかしました?」

友紀「プロデューサーが吐いてるの見てたら…もらっちゃったぁ……」

菜々「あちゃ~…」

友紀「口の中が気持ち悪いよぅ……具合悪いぃ……もう帰ろうよぉ~……」

文香「あっ、めちゃくちゃ美味しい揚げがきましたよ…!」

拓海「うわぁ…ちっちぇ…これぼんじりのから揚げじゃねえか?」

文香「ぐぅぅぅぅ………!友紀さん、正体は……プロデューサーさんから謎揚げの正体は聞いてきましたか…!」

友紀「え……あー……謎揚げね…あれ、謎揚げだって」

文香「……はい?」

友紀「だから…『謎揚げ』っていうメニューなんだってさ」

文香「…………ハアアアアアアアアア!!?」

拓海「くっだらねぇ、帰ろうぜ」

文香「待ってください!せめて…せめて謎揚げを食べてから帰りたいです…!」

友紀「それ一日一皿限定のメニューなんだってさ」

文香「」

菜々「へぇ~、やっぱり美味しかっただけありますね」

拓海「だな」

友紀「さーて、帰ろう帰ろう」

拓海「ほら、いくぞ文香」

文香「……………ふぇぇぇん」グスッ

菜々「えっ!?」

拓海「泣くほどかよ…」


11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/07/21(木) 21:15:51.04 :FwtcE+v20

文香「私だけ…食べてない……」グスッ

友紀「また食べに来ればいーじゃーん」

拓海「そうそう。ほら、送ってってやるから…」

文香「拓海さんの運転は荒いから嫌です……」

拓海「うっせぇな!いいから帰るぞ!」

菜々「あのぅ…プロデューサーはどうします?」

友紀「タクシー呼んでおけば、適当に帰るでしょ。お会計済ませてくるね」

拓海「ああ、ゴチっす!……ほら、早く立てって」

文香「そんなに急かさないでくださ……ぁ痛ッ!!!……ああまた…足が…!!!…神様……!!!」


終劇


12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/07/21(木) 21:16:33.95 :FwtcE+v20

これにて終了ですー


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】友紀「居酒屋にいったら絶対に揚げ物頼んじゃう」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1469102180/