【SS速報VIP】あい「東郷あい相談窓口?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1466667049/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/23(木) 16:30:49.62 :T9vVwQ9b0

モバP「やっぱりウチのアイドル達は若い子も多いですから、何かと悩みも多いと思うんです。それで…」

あい「相談に乗ってやれ、という訳か」

モバP「はい」


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/23(木) 16:32:12.00 :T9vVwQ9b0

あい「わかった、私でよければ請け負おう」

モバP「いいんですか?」

あい「といっても私はその道のプロではない。期待はしないでくれよ?」

モバP「いえ、東郷さんなら安心できます」

あい「ふふっ、随分と評価してくれているんだな」

モバP「ええ、事務所で頼れる大人と言えばあいさんですから」

あい「そう言われて悪い気はしないよ」


3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/23(木) 16:32:50.23 :T9vVwQ9b0

モバP「さて、早速相談なんですが…」

あい「君は若い子ではないと思うが…」

モバP「心は少年のままなんですよ」

あい「……まぁいいさ。で、どうしたんだい?」


4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/23(木) 16:33:41.32 :T9vVwQ9b0

モバP「実はその………アイドルの子を自宅に招いた時にお宝本のコレクションを見られてしまいまして」

あい「は?」

モバP「しかも丁度その本が巨○モノで見られたのが藍子だったんですよね~」

あい「」

モバP「最近は目を合わせるどころか半径3メートル以内には近付いてもくれないんですよははは(血涙」


5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/23(木) 16:34:13.44 :T9vVwQ9b0

あい「……プロデューサーくん、君は一回デリカシーと言うものを叩き込まれた方がいい。今度早苗さんに頼んでおこう」

モバP「そ、そう言わないで、ねっ!ねっ!?何とかして下さいお願いしまむら!!」

あい「」イラッ


6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/23(木) 16:35:14.32 :T9vVwQ9b0

あい「はぁ…わかった、コミュニケーションが取れないで仕事に支障が出るというのは困る、なんとかしよう」

モバP「ほ、本当ですか!?」

あい「あぁ、藍子くんを呼んできてくれ」

モバP「いや、そのぉ……」

あい「そうだったな……ちひろさん経由で頼む」

モバP「Yes,Sir.」

あい「女性に対してはYes,Ma'am.と言うんだ」

モバP「Yes,Ma'am.」バタン

あい「……はぁ」


7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/23(木) 16:36:11.36 :T9vVwQ9b0

藍子「失礼します」ガチャッ

あい「突然呼び出してすまない、どうぞ座ってくれ」

藍子「あっ、すみません…。えっと、今日はどういう……」

あい「ふふっ、そう身構えないでくれたまえ、取って食おうという訳じゃない。それで、呼び出した訳なんだが……どうやら最近プロデューサーくんと上手くいってないようだね」


8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/23(木) 16:37:15.31 :T9vVwQ9b0

藍子「!……それは、プロデューサーさんからお聞きになったんですか?」

あい「そういうことになるね。勿論君を責めているわけじゃない。非があるのは100%プロデューサーくんだ」

藍子「…」

あい「だが、アイドルとプロデューサーは切っても切れない関係にある。君達の不和はそっくりそのまま君達の不利益に繋がり得るんだ。

藍子「はい…」


9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/23(木) 16:38:03.11 :T9vVwQ9b0

あい「…それに、彼も決して悪気があった訳じゃない。男というものは得てしてそういう部分を持っているものなんだ。不躾ですまないが、どうか彼と仲直りしてやってくれないかい?」

藍子「………初めてだったんです」

あい「うん?」

 
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/23(木) 16:38:40.22 :T9vVwQ9b0

藍子「初めて、私を見つけてくれた人だったんです。プロデューサーさんが」

あい「…」

藍子「周りのみんながどんどん見出されて、ステージに立って。私、いつも一人でそれを眺めてるだけだったんです。」

 
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/23(木) 16:39:28.30 :T9vVwQ9b0

藍子「どれだけレッスンしても、どれだけオーディションを受けてもダメで。諦めかけてたときに、プロデューサーさんが私を見つけてくれたんです」

あい「…あぁ」

藍子「私、凄く嬉しかったんです。やっと私を認めてくれる人に会えたって…。やっと私も輝くことができるんだって…!」

 
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/23(木) 16:40:15.43 :T9vVwQ9b0

藍子「…プロデューサーさんは私にいっぱい新しい世界を見せてくれました。どれも新鮮で、楽しくて…夢みたいで」

藍子「それで…気が付けばプロデューサーさんに惹かれてたんです、もうどうしようもないぐらいに…。」

あい「…っ」

 
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/23(木) 16:41:03.49 :T9vVwQ9b0

藍子「頑張ってアピールとかもしてみたりしたんです、お菓子を作ったり、お出かけに誘ってみたり…」

藍子「でもやっぱり、私じゃダメだったみたいです。ふふふ、ダメダメですね、私。また一人になっちゃった………」

あい「そんなことはモバP「藍子ォ!!」バターン

藍子・あい「!?」

 
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/23(木) 16:43:28.83 :T9vVwQ9b0

モバP「ごめん、ごめんなぁ!お前がそんな風に思ってたなんて知らなくて!本当にすまん!」ドゲザー

藍子「…………!許し、ません!どれだけ、悲しかったと、思ってるんですかぁ…!」グスッ

 
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/23(木) 16:43:54.14 :T9vVwQ9b0

モバP「許してくれ!これからはお前だけを見てる、ずっとお前だけを見てるから!」

藍子「本当、ですか?」グスッ

モバP「あぁ、本当だ」

 
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/23(木) 16:44:40.86 :T9vVwQ9b0

藍子「私の胸は、大きくないですよ?スタイルだって他の子の方が…」

モバP「俺は藍子がいいんだ。初めて見たときから藍子が一番なんだ」

藍子「じゃあ…私が引退しても、おばあちゃんになっても、そばで見ていてくれますか…?」

モバP「あぁ、約束する。死ぬまで、いや天国でだってずっと、君のそばにいるよ」

藍子「プロデューサーさん…」

 
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/23(木) 16:46:05.13 :T9vVwQ9b0

モバP「藍子、引退したら俺と結婚してくれ。絶対に幸せにする、一生かけて君を愛してみせるから」ガシッ

藍子「…後悔しても、知りませんよ?」

モバP「しない」

藍子「浮気なんて絶対、許しませんから」

モバP「勿論だ」

藍子「毎日愛してるって言ってくれなきゃ、嫌です」

モバP「あぁ」

藍子「………私も、あなたが好きです。プロデューサーさん」ギュッ

モバP「俺も愛してる、藍子」ギュッ



あい「…」








早苗「………………」(扉の隙間)

 
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/23(木) 16:47:01.06 :T9vVwQ9b0

~~~~~~~~~~~~~~~~~



あい「さて、結局あの後はどうなったんだい?担当アイドルに手を出した鬼◯プロデューサーくん」

モバP「あ、あはは、いや~助かりましたよあいさん、お陰で藍子と仲直りできました」メソラシ

あい「そうか、それは良かった。しかし一つ問題点があってね」

モバP「はい?」

 
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/23(木) 16:47:56.06 :T9vVwQ9b0

あい「どうやら…昨日の会話を聞いていたのは私だけではなかったようなんだ」

モバP「ぇ?」ガチャッ

早苗「は~いP君♪藍子ちゃんとご婚約おめでとうございま~す♪」ボキッゴキッ

モバP「あ……あぁ……」

あい「まぁ、これも一つのケジメだと思いたまえ」

早苗「シメる♪」

モバP「」


ギャアアアアアアアアアアアアアアアアア


【モバPと藍子編 完】





22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/23(木) 21:45:58.71 :f6RHm3Ax0

あい「やれやれ、プロデューサーというのは鈍感じゃないとなれないものなんだろうか」コンコン

あい「どうぞ」

美優「し、失礼します」


23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/23(木) 21:46:39.08 :f6RHm3Ax0

あい「おや美優さん、久しぶりだね。掛けてくれたまえ、何か用意しよう」

美優「いえいえ、おかまいなく…」

あい「そういう訳にはいかないよ。で、今日はどういった相談なんだい?」

 
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/23(木) 21:47:24.44 :f6RHm3Ax0

あい「ここでの話は一切他言無用だ。安心して欲しい」

美優「その…ね?楓さんとここのところちょっと気まずくて…」

あい「それはまた珍しいね、仲の良い貴女達らしくない。何か理由があるのかい?」

美優「一つだけ、思い当たることが…」

あい「話してくれないかい?」

 
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/23(木) 21:48:38.49 :f6RHm3Ax0

美優「先週、久しぶりに楓さんと飲みに行ったんです。その日は楓さんが凄く機嫌が良くて、どんどん飲まされちゃって…」

あい「うん」

美優「次の日がオフだったからついつい私も言われるままに飲んじゃって…それで気付いたら楓さんの部屋のベッドで寝てたんです」

あい「あぁ」

美優「彼女は朝早くから仕事があったのでもういなかったんですけど、その次の日から何故か目を合わせてくれなくて…」

あい(既視感を感じる…)

 
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/23(木) 21:49:28.12 :f6RHm3Ax0

美優「話し掛けてもふいって顔を背けられてしまって…。私その日のことを何も覚えてないんですけど、多分何か凄く失礼なことをしてしまったんだと思うんです」

あい「それは、彼女自身には聞いてみたのかい?」

美優「それが…『覚えていないならもういいです』って…。私もうどうしたらいいか…!」

あい「落ち着きたまえ。事情はわかった、私から楓さんに少し話を聞いてみよう」

美優「ごめんなさい、お願いします…」

あい「あぁ、任せてくれ」

 
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/23(木) 22:28:25.22 :f6RHm3Ax0

あい「楓さん、ちょっといいかい?」

楓「あら、あいさん…。どうかしたんですか?」

あい「(珍しく凹んでいるな…)美優さんのことで少し話があるんだ」

楓「!…知りません、あんな人」プイッ

あい「(楓さんが拗ねるなんて滅多にないぞ…)すまない、私も事情をよく知らないんだ。どうか話してはくれないかい?」

 
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/23(木) 22:29:16.08 :f6RHm3Ax0

楓「美優さんからは何も聞いてないんですか?」

あい「少しばかりは。ただ彼女もよく覚えていないと言っていた」

楓「そう…本当に覚えてないんですね…」

あい「…何があったんだい?」

 
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/23(木) 22:30:29.89 :f6RHm3Ax0

楓「…美優さんと飲みに行った、っていうのは聞きました?」

あい「あぁ」

楓「その日は随分と久しぶりの飲みだったんです。ここのところお互い仕事が忙しかったから顔を合わせるのも一週間ぶりぐらいで」

あい「うん」

楓「それで、嬉しくてついつい舞い上がって飲ませすぎちゃったんです。今思えばこれが原因なんですけど…」


30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/23(木) 22:31:21.54 :f6RHm3Ax0

あい「そこからの記憶がないと、彼女からは聞いてる」

楓「そう……。それでお開きになって、へべれけの彼女を一人でタクシーに乗せるのも心配だったから、送って行くことにしたんです」

あい「…」

楓「そしたら美優さんが『楓さんの家がいいです!』って。断る理由もなかったし、私もついOKしちゃって」

 
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/23(木) 22:32:05.32 :f6RHm3Ax0

楓「それで、私の家に着いた瞬間…ベッドに押し倒されちゃって」

あい「え?」

楓「もうそこから…されるがまま、朝までぐっちゃぐちゃにされて」

あい「」

 
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/23(木) 22:33:06.65 :f6RHm3Ax0

楓「でも嬉しかった。女同士なんて難しいことだけど、優しい美優さんなら…既成事実があれば私に振り向いてくれるかもしれないと思ったから」

あい「それは…」

楓「私だって、おかしいとは思っているんですよ?でも好きになっちゃったんだもの、どうしようもないじゃないですか…」

あい「そう、だね…」

楓「でも、覚えていないのね。ふふっ、それなら仕方ないのかも、ですね…」

あい「っ…」

 
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/23(木) 22:34:04.75 :f6RHm3Ax0

楓「迷惑掛けちゃってごめんなさい、あいさん。美優さんには私から謝っておくから」

あい「しかし…」

楓「このことは美優さんには絶対内緒にしておいて欲しいんです。それで全部元どおりになるはずだから」

あい「それでは貴女があまりに美優「楓さん」ガチャッ

楓・あい「!?」

 
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/23(木) 22:35:19.72 :f6RHm3Ax0

美優「ごめんなさい、全部聞いてました」

楓「…………っ!何しに、来たんですか…。何で、出てきちゃうんですか…!」

美優「ごめんなさい。私、楓さんがそんな風に思ってたなんて知りもしなかったんです」

 
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/23(木) 22:36:20.70 :f6RHm3Ax0

楓「そう、でしょうね…。貴女は鈍い人だから」

美優「えぇ、本当にそうみたい。こんなにも思われているのに全く気付かないなんて」ギュッ

楓「!離して下さい!」

美優「いいえ離しません。このままだと貴女は逃げていってしまうから」

楓「…っ!やめて下さい、これ以上、私を勘違いさせないで下さい…!」

 
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/23(木) 22:37:10.37 :f6RHm3Ax0

美優「勘違いなんかじゃありません」

楓「え?」

美優「好きです、楓さん。貴女と離れて気付いたんです。私は楓さんがいなきゃダメなんだって」

楓「嘘です…!女同士なんておかしいじゃないですか!どうしてそんな…」

美優「おかしくなんかないですよ。だってこんなにも、私は満たされた気持ちになりましたから」

楓「…ズルいです、美優さん。そんなことを言われたら、もう誤魔化せないじゃないですか…」

美優「誤魔化さないでいいんです。ありのままの貴女が、私は好きですから」

 
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/23(木) 22:38:08.50 :f6RHm3Ax0

楓「いいんですか、私で」

美優「いいんです」

楓「私は多分想像よりもずっとずっと、重い女ですよ?」

美優「構いません」

楓「女同士なんて、誰もわかってくれません」

美優「私達がわかっていればそれで十分です」

楓「っ……好きです、美優さん。愛してるんです」ギュウウウウウウウウ

美優「私も愛してます、楓さん♪」ナデナデ



あい「…」

 
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/23(木) 22:39:36.04 :f6RHm3Ax0

~~~~~~~~~~~~~~~~~



楓「先日はお世話になりました、あいさん」

あい「いいや、私は何もしていないさ。解決したのは貴女たち自身だ」

楓「いいえ、あいさんがいたからこうなれたんてます。ありがとう」

あい「お役に立てたなら光栄だよ」


40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/23(木) 22:40:19.48 :f6RHm3Ax0

楓「それで、実は一つ相談があるんだけど…」

あい「?まさかまた喧嘩でもしたのかい?」

楓「そうじゃないの。ただ…美優さんが想像以上にその…積極的で」

あい「うん?」

楓「その…今は私の家に二人で住んでるんだけど毎晩寝かせてくれなくて…」

あい「は?」

楓「嬉しいんだけど持たないというか…」

あい「」

 
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/23(木) 22:41:42.04 :f6RHm3Ax0

美優「こんなところにいたんですね、楓ちゃん」ガチャッ

楓「み、美優さん…」

美優「さぁ、帰りましょう♪明日は二人ともオフですよね、どこかにお出かけしませんか?」ギュッ

楓「あ、あの…手…///」

美優「離しませんよ。離したら楓ちゃん、逃げちゃいますから♪」

楓「そ、そんなことありません」プクー

美優「ふふっ、そんな顔しても可愛いだけですよ。さぁ行きましょう♪」

楓「あっ、待って…///」バタン



あい「……………………美優さんが攻める側とは、予想外だったな…」ハァ


【美優と楓編 完】

 
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/23(木) 23:22:52.21 :11iSl3ESO
みゆかえ良いですわぞ~

45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/24(金) 14:40:50.05 :ifxltp3C0
モバマスSSのトラブル請け負い人(強制)、あいさん


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】あい「東郷あい相談窓口?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1466667049/