【SS速報VIP】李衣菜「女子寮のお風呂が壊れた?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1466958467/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 01:27:47.63 :u45K/bzF0

みく「うん、それで昨夜はちょっとした騒ぎになったにゃ」

李衣菜「ふぅん、大変だったんだね」

モバP(以下P)「その件で話があるから、2人ともちょっと聞いてくれ」

みく「わかったにゃ」

李衣菜「え、私も?」

P「あぁ、うちの事務所のアイドル全員に通達してる」

李衣菜「全員ってどういうことだろ?」

みく「それはPチャンが教えてくれるにゃ!どういうこと?」


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 01:29:10.82 :u45K/bzF0

P「まず、修理屋に見てもらったが、直すのにそこそこ時間がかかるらしい」

李衣菜「そんなにひどかったんですか?」

P「いや、修理自体は大したことないが、この機会に他の箇所もまとめて補強しておこうってことになったらしい」

みく「その間は会社別館の浴場を使えばいいの?」

P「いや、入浴のためだけにわざわざ来てもらうのもな。開放時間もそんな遅くまでは難しいし」

みく「えー、じゃあどうしろっていうのにゃ!」

P「そこでだ。修理が終わるまでの間は、寮の近所にある銭湯を利用してもらう」


3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 01:31:29.20 :u45K/bzF0

みく「銭湯なんてあったのにゃ?」

P「けっこうわかりにくい場所にあるから知らなかったのも無理ない。そこそこ老舗みたいなんだが、近年の開発で周りにビルが建つようになって、いまはひっそりと経営してるらしい」

李衣菜「寮生のみんなが毎日利用したら、騒ぎになっちゃいません?」

P「その点は大丈夫だ。修理完了までの間は貸切にしてもらえた」

みく「貸切!?けっこう無茶してるのにゃ……」

P「それが寮監さんが事情を説明しにいったら『最近じゃ利用する人も減ってきたし、よかったら』って、向こうから提案してくれたみたいでな」

みく「そういうことなら納得にゃ」

P「貸切ってのは寮生だけでなく事務所のアイドル全員がってことだから、よかったら一緒に行ってみてくれ」

李衣菜「あー、それで全員にってことなんだ」

P「寮のみんなはともかく、通いの子は一緒に風呂なんてそうない機会だろうし、時には裸の付き合いもいいと思うぞ」

みく「Pチャン親父っぽいにゃ……でもせっかくだからそうしようっか!」

李衣菜「私もいいよ、前に泊まったとき以来だね」

みく「あ、行く前に寮に寄ってタオルとか持っていくにゃ」


4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 01:33:13.81 :u45K/bzF0

みく「すぐ取ってくるから、李衣菜チャンはここで待ってて」

李衣菜「うん、私の分もお願いね」

みく「わかってるにゃ、それじゃ行ってくるねー」


李衣菜「わかってたら色々準備してきたのになぁ……ん?このバイクの音、もしかして」

夏樹「あれ、だりーじゃないか。入口で突っ立って、誰かと待ち合わせ?」

李衣菜「やっぱりなつきちだ!うん、これからみくちゃんと銭湯行くんだ!」

夏樹「あぁ、例の銭湯ね」

李衣菜「あ、知ってるんだ。今日はなつきちオフだったから事務所行ってないんじゃないの?」

夏樹「さっき寮生全員へメール回ったんだよ。寮から銭湯までの行き方の画像付きで」

李衣菜「そっか、私とかはともかく、寮のみんなは知っとかないとだもんね……そうだ!なつきちも一緒に行こう!」

夏樹「アタシも?そりゃ構わないけど、なんでまた?」

李衣菜「プロデューサーも言ってたんだけど、寮生じゃないとみんなと一緒にお風呂って中々機会もないしさ。ね、行こうよ!」


5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 01:34:16.99 :u45K/bzF0

夏樹「オーケイ、わかったよ。ツーリングの後でサッパリもしたいし、どのみち行くなら一緒に行こうか」

李衣菜「ほんと、やったー!ロックな話しよーね!」

夏樹「……どうせならあいつも誘ってみるか」

李衣菜「あいつ?」

夏樹「ツーリングって言ったろ?さっき別れたばかりだからまだ近くにいるだろし……あ、もしもし、アタシだけど――」


6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 01:35:23.19 :u45K/bzF0

李衣菜「みんなでお風呂楽しみだねー」

拓海「ったく、なんでアタシまで……走り足りなかったのによぉ」

夏樹「まぁまぁ、いい機会だしさ」

みく「何だかんだ言っても来てくれるのが、たくみチャンらしいのにゃ」

拓海「みく、聞こえてんぞ?……ま、バイク走らせた後にすぐ風呂ってのも気持ちいいしな」

李衣菜「それで、あとどれくらい?」

みく「えっと、次の角を曲がって……けっこう入り組んでるのにゃ」

夏樹「これじゃ知らなかったのも納得だな……っと、見えたよ」


7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 01:36:14.67 :u45K/bzF0

拓海「へぇ、こじんまりしてるがイイ感じだな」

李衣菜「この古めかしくて時代に逆らってる感じ、ロックだね!」

みく「李衣菜チャン、何でもロックって言えばいいってもんじゃないにゃ」

夏樹「『暫くの間貸切の営業とさせていただきます』……間違いない、ここだ」

李衣菜「誰に、とは書いてないんだね」

みく「そんなこと書いたら結局騒ぎになりそうにゃ」

拓海「確かに。そういう指示があったんじゃないか?どうでもいいから、とにかく入ろうぜ」


8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 01:37:23.60 :u45K/bzF0

夏樹「下駄箱の鍵が木札ってのが、またそれらしいな」

李衣菜「やっぱ“ロック”に69番だね」

みく「ならみくは“にゃんにゃん”で22番にするにゃ!」

夏樹「2人らしいね、アタシは適当に。拓海はこういう時決めてたりするの?」

拓海「アタシも特にこだわりはないかな。夏樹の隣でいいよ」


9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 01:38:42.48 :u45K/bzF0

李衣菜「おばちゃーん、4人なんですけど!」

番台「はい、いらっしゃい。お嬢ちゃんみんな芸能人かい?やっぱり可愛いねぇ。御代はみんなからは大丈夫だよ」

みく「あ、そういう風になってるのかにゃ」

拓海「そんじゃお言葉に甘えて……あ、暫くお世話になります!」

夏樹「拓海はそういう所は義理堅いというか、しっかりしてるよな……騒がしくなったらすみません」

番頭「なに、嬢ちゃんみたいな若い子なんて滅多に来ないから新鮮でいいよ。ゆっくりしとくれ」

李衣菜「はーい、お邪魔します!」


10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 01:39:58.80 :u45K/bzF0

みく「木の籠に古い体重計、壁掛けの扇風機……なんか落ち着く雰囲気にゃ♪」

夏樹「ノスタルジックな気持ちになるね、都会の喧騒から切り離されてるようだ」

李衣菜「普通のスーパー銭湯とかってコイン式のロッカーじゃん?そういうときに限って100円玉がない!ってなるから、これだとサッと入れていいよね」

拓海「えらく具体的だな。でもわかる」

みく「でも戻ってきた100円で牛乳瓶買って飲むのが醍醐味にゃ」

李衣菜「私はいつもコーラかな」

みく「えっ!?お風呂上りに瓶の牛乳を飲まないなんて信じられないにゃ!」

李衣菜「別に、そんなの好みなんだからいいじゃん」

みく「李衣菜ちゃんは銭湯のことを何にもわかってないにゃ!」

夏樹「はいはい、いつものお約束はいいから早く入ろうぜ」

みくりーな「誰が解散芸だ(にゃ)!!」

拓海「いや、そこまで言ってねぇから」


11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 01:42:29.81 :u45K/bzF0

みく「はい、李衣菜ちゃん。タオル渡しとくね」

李衣菜「ありがと……改めて、みくちゃんって胸おっきいよね」

みく「な、いきなりなにを言ってるにゃ!目つきがやらしいにゃ!」

李衣菜「ちょ、何言ってんの!?そんなことないって!」

夏樹「ほら、騒いでないで入るよ」

李衣菜「……なつきちもスタイルいいなぁ」

夏樹「ん?なんか言った?」

李衣菜「いや、何でもないよ……そして拓海さん」

拓海「な、何だよ、ジロジロ見んなって!」

李衣菜「年も1つしか違わないのに……なんだろうこの敗北感」

みく「たくみチャン、タオルで完璧ガードにゃ。他に誰もいないから気にしなくていいのに」

拓海「同性にもガン見されること多いから、なんか嫌なんだよ。隠さないと落ち着かねーっていうか……も、もういいだろ、ほっとけ!」

夏樹「大きいとそれはそれで苦労があるってことか。だりーも気にしなくていいんじゃないか?体のラインが全てじゃないさ」

李衣菜「や、やっぱ聞こえてたんじゃん!もう、早く行こ!」


12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 01:43:40.07 :u45K/bzF0

みく「でっかい富士山にゃー!」

夏樹「寮には流石にないからな。これは見事なもんだ」

李衣菜「こういうレトロな所ってみんな富士山だよね。銭湯の壁には富士山を描かなきゃいけない決まりでもあるの?」

拓海「決まりってわけではないだろうが、まぁ日本らしくて良いよな」

みく「あ、この桶知ってる!ケロリンって書いてあるにゃ!」

拓海「実物見るのは初めてだけど、銭湯といえばこの桶って感じするな」

李衣菜「温泉旅館とかは木桶だよね。どこで別れたんだろ?」

夏樹「こっちの方が軽くて丈夫で怪我の心配も少ないだろうし、より大衆向けなんじゃないか?」

みく「何かそれっぽいにゃ」

夏樹「あくまで想像だけどね。帰ったら調べてみようかな」


13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 01:44:57.19 :u45K/bzF0

李衣菜「みくちゃん、シャンプー貸して」

みく「今からみくが使うからちょっと待つにゃ」

夏樹「だりー、アタシのでよかったら使いなよ」

李衣菜「いいの?ありがと!へぇ~なつきちはこのシャンプー使ってるんだ」

夏樹「とくに決まってはないよ。こだわってるのは整髪料の方」

拓海「あの髪型、セットするのは時間かかりそうだな」

夏樹「まぁそれなりにな。気に入ってるからそれくらい苦じゃないさ」

李衣菜「なつきちの髪型ロックって感じで私も好きだよ!」

夏樹「ありがと。今度ギターと一緒に教えてやろうか?」

李衣菜「わ、私には似合わないからギターだけでいいよ!」


14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 01:46:29.75 :u45K/bzF0

夏樹「みくはいつも同じシャンプー使ってるね」

みく「うん!身だしなみの一つだからこだわってるよ!」

李衣菜「猫用シャンプーじゃないよね?」

みく「みくはカワイイネコチャンアイドルだけど、そこまでしてないのにゃ!」

李衣菜「まぁわかってたから借りようとしたんだけどね」

みく「まったく……そういえば、たくみチャンはこだわりとかあるの?」

拓海「アタシ?別にこだわりってわけじゃないけど、昔からずっとこれだな」


夏樹(メリットだ……)

みく(弱酸性にゃ……)

李衣菜(なんか可愛い……)


15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 01:48:04.23 :u45K/bzF0

拓海「お、小さいけどサウナもあるじゃねーか。アタシ好きなんだよ」

李衣菜「こういう銭湯にもあるんだね」

みく「扉が他より新しめだし、後になって改築したのかな?」

夏樹「見たとこそんな感じだね、サウナはアタシも嫌いじゃないな」

みく「みくはあんまり長く入ってられないにゃ」

李衣菜「わ、私は得意かなー」

夏樹「だりー?別にサウナの得意苦手で優劣もロックさもないからな。正直に言っていいぞ」

李衣菜「う……少なくともみくちゃんには負けない自信あるよ!」

みく「みくは李衣菜ちゃんより辛抱強いと思うにゃ!」

拓海「んなことで喧嘩すんな。んじゃ、みんなで入ってみるか」


16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 01:49:32.12 :u45K/bzF0

夏樹「テレビもなし、あるのは砂時計だけってのはシンプルだね」

みく「あ、熱いにゃ……」

李衣菜「まだ3分も経ってないよ……だ、だらしないなぁ」

みく「そういう李衣菜ちゃんこそ、すでにバテバテにゃ……」

李衣菜「な、何言ってるかわかんないなぁ……まだまだ、余裕だから……!」

夏樹「おいおい、2人とも無理しないで出ていいからな?」

拓海「つまんねー意地はってぶっ倒れる方がかっこ悪いぞ?」

李衣菜「ここで諦めるなんて、ロックじゃない……!」

みく「みくは自分を曲げないよ……!」

夏樹「いいこと言ってるが使いどころを間違えている気がするぞ、それ」

拓海「あーもうわかった!お前たち根性あるよ!だから出るぞ!」


17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 01:51:28.56 :u45K/bzF0

夏樹「湯船に浸かるのは、ちゃんと汗流してからな」

李衣菜「うん、大丈夫……はぁ、気持ちいいね」

みく「寮のお風呂もいいけど、違う場所だとまた格別にゃ~」

拓海「あぁ、やっぱ風呂は良いもんだなぁ……」

李衣菜「おぉ、拓海さんのゆるんだ笑顔ってなんか貴重かも」

夏樹「ははっ、違いない」

拓海「な、おい!何言ってんだバカ!」

李衣菜「貴重といえば、なつきちの下ろした髪も見慣れないから、なんか嬉しいな」

みく「確かに、寮でもお風呂上りくらいしか見れないにゃ」

李衣菜「下ろしてるとイメージだいぶ変わるね。普通に可愛いし」

夏樹「よせって、可愛いなんてガラじゃない」


18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 01:53:16.00 :u45K/bzF0

李衣菜「いやー、今日はみんなと来れて良かったよ!」

みく「李衣菜ちゃん、いきなりどうしたの?」

李衣菜「こうやってみんなでお風呂入って、知らなかった一面とか見れたし……裸の付き合いっていいね!」

みく「それはPチャンの発言にゃ……でも、そうだね。夏樹チャンやたくみチャンと、わいわいするってあんまなかったから新鮮かも」

拓海「そもそも夏樹が間に入ってないと成立しない組み合わせだしな」

李衣菜「これからは拓海さんとも、もっと仲良くしたいなーって。駄目、かな?」

拓海「べ、別に駄目とかねぇけどよ。アタシなんかと仲良くったって――」

李衣菜「そんなことない!拓海さんカッコいいし優しいし、ロックだよ!」

拓海「いや、ロックの意味がわからねぇが……いや、李衣菜らしいか」

みく「えーずるい!みくも混ぜるにゃー!」


19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 01:54:58.88 :u45K/bzF0

夏樹「今度みんなで何かするか?」

李衣菜「じゃあツーリング!」

拓海「いやお前ら免許もないだろ」

李衣菜「なら2人乗りならいいよね!それぞれの後ろに乗ってさ!ね、どうかな?」

夏樹「ん、それならいけるが……みくはどう?」

みく「実はみくもちょっと興味あるにゃ」

拓海「はぁ……よし、わかったよ。どこでも連れてってやらぁ!」

李衣菜「やった!海行こうよ!今度は4人で、ね!」

夏樹「海か……そうだな、次はみんなで行こうか!」


20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 01:56:32.05 :u45K/bzF0

みく「っぷはー!やっぱお風呂上りは牛乳に限るにゃ!」

李衣菜「牛乳よりはコーヒー牛乳の方が美味しいって」

みく「む、でもコーラじゃないだけまだ許す……にゃ」

拓海「こら、またつまらん言い合いするなっての」

夏樹「拓海は何にしたんだ?」

拓海「フルーツ牛乳」

李衣菜(やっぱりなんか可愛い……)

拓海「そういう夏樹は瓶じゃないな。ミネラルウォーター?」

夏樹「あぁ、風呂上りは甘い物より水がいいんだ」

みく「李衣菜ちゃん、クールってこういうことにゃ」

李衣菜「な、何だよそれ!コーヒー牛乳もクールでロックだよ!」

みく「もう李衣菜ちゃんのロック像がわからんにゃ」


21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 01:58:54.70 :u45K/bzF0

李衣菜「おばちゃん、いいお湯でした!気持ち良かったです!」

番台「はい、ありがとねぇ」

みく「これで貸切だなんて、夢みたいだね」

夏樹「こんなに良い所なのに、埋もれてるのは何だか勿体ないな」

番台「仕方ないよ。古さだけが取り柄のオンボロ銭湯だからね」

拓海「んなことないッス!寮の風呂が直っても、また来ます!」

みく「でももっと広く知ってほしいよね。あ、みく達のSNSで宣伝しちゃう?」

夏樹「直接アタシ達がどうこうするのは、どうだろう。やるならもっと間接的に……」

李衣菜「あ、じゃあさ、こういうのはどう?みんなにも協力してもらって――」







その後、アイドル達のサイン色紙が壁一面に並んだ銭湯としてネット上で大きな話題を呼ぶことになるが、それはまた別のお話。


22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 02:00:20.54 :u45K/bzF0

銭湯に行ったら思いついたので勢いで書きました。
ここまで読んでくださった方にコーヒー牛乳を。


24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 02:21:48.57 :zuvzuheao
たまに消費期限切れの牛乳も置いてあるから気をつけろ

26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 02:36:54.09 :48f5Cytyo
広い風呂はいいものだ


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】李衣菜「女子寮のお風呂が壊れた?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1466958467/