【SS速報VIP】佐久間まゆ「まゆ会議ですよぉ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1466342964/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/19(日) 22:29:24.56 :P0DQ1gJ90

まゆ「本日はお集まりいただきありがとうございます」

まゆ「さて、早速ですが会議を始めたいと思います」

まゆ「司会は私、佐久間まゆが務めさせていただきます」

まゆ「よろしくお願いします」



まゆs「「「「「「よろしくお願いしまぁす」」」」」」」


みく「いやいやいやいや待って待って」


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/19(日) 22:33:23.24 :P0DQ1gJ90

まゆ「どうしましたみくちゃん?」

 「猫アイドルのみくちゃん?」

 「ハンバーグに釣られてやって来たみくちゃん?」

みく「だってまゆちゃんのハンバーグ美味しいんだもん…じゃなくて!」

みく「なんでまゆちゃん増えてるの!?」

まゆ「晶葉ちゃんが一晩でやってくれましたぁ」

みく「晶葉ちゃん万能過ぎない!?」

まゆ「平行世界から」

 「たくさんのまゆを」

 「集めてもらったんです」

 「よぉ」

みく「あちこちで喋るの止めて欲しいにゃ!」


4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/19(日) 22:35:34.02 :P0DQ1gJ90

まゆ「まゆは毎日頑張っていますが、まゆの担当Pさんはなかなか振り向いてくれません」

みく「まあそりゃアイドルと恋愛はご法度だし…」

まゆ「お弁当を作ったり」

 「仕事を手伝ったり」

 「臭いを嗅いだり」

 「肩を揉んであげたり」

 「邪魔者を排除したり」

 「スタドリを差し入れてあげたり」

 「色々やってるんです」

 「よぉ」

みく「途中なんか不穏なのがあったけど!?」


6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/19(日) 22:37:57.58 :P0DQ1gJ90

まゆ「ともかく、これだけやってもPさんは振り向いてくれないのです」

みく「やらなくていいこともあったと思うにゃ…」

まゆ「まゆには何が足りていないのか…考えました」

みく「常識とかじゃない?」

まゆ「そこで閃いたのです!」



まゆ「まゆにはマンパワーが不足していたのです!」

みく「どこをどういったらそういう結論になるの!?」


8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/19(日) 22:40:23.41 :P0DQ1gJ90

まゆ「しかし、四六時中まゆに協力してくれる人を探すのはさすがに難しくて…」

みく「いくら友達の頼みでも四六時中は難しいにゃ」

まゆ「そこで!」

 「平行世界から」

 「まゆ自身を」

 「呼び寄せることに」

 「したんです!」

 「よぉ!」

みく「発想の飛躍がとんでもない!?」

みく「…というか最後の台詞切る必要なくない?」

 「」ガーン

 「ああっ!よぉ担当のまゆが崩れ落ちました!」

みく「よぉ担当って何!?」

 「この人でなし!」

みく「え、何、みくが悪いのこれは!?」


12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/19(日) 22:42:52.02 :P0DQ1gJ90

 「シクシク…」

まゆ「謝ってください」

みく「むむ…ごめんなさいにゃ」

 「許します」

 「YO!」

みく「実は結構余裕あるよね!?」




まゆ「そういう事情があって」

 「Pさんを落とすために」

 「まゆ達は団結したのです」

みく「すでにツッコむの疲れたにゃあ…」


13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/19(日) 22:44:25.71 :P0DQ1gJ90

 「というわけで」

 「何か良い案ありませんか?」

みく「なんでそこでみくに知恵求めるの!?」

まゆ「いや私達みんなまゆなので」

 「考えることも一緒で」

 「作戦も結局似たようなことになってまして」

みく「人員増やした意味ないじゃん!」


14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/19(日) 22:45:51.27 :P0DQ1gJ90

 「お待ちくださぁい」

まゆ「あ、あなたは!」

 「まゆ軍団の中でも無類の病み度を誇る!」

 「人呼んでまゆの中のまゆ!」

 「まゆYさん!」

みく「噛ませ臭が半端ねぇにゃ!」

まゆ「あ、ちなみにこのYはヤンデレの略でして」

みく「どうでもええわ!」


15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/19(日) 22:47:47.87 :P0DQ1gJ90

まゆY「まゆにかかればPさんなんてお茶の子さいさいですよぉ」

まゆ「おお!なんと頼りになるお言葉でしょう!」

みく「嫌な予感しかしないにゃ…」

まゆY「作戦は…名付けて、ドキドキ!ワクワク?ヤンデレ大作戦!」

みく「ネーミングセンスの欠片もない!?」

まゆY「まずPさんと晩御飯を食べに行きまぁす」

みく「あ、名前に反して意外と普通…」

まゆY「一服盛りまぁす」

みく「いきなり展開がハードになったにゃ!」

まゆY「監禁しまぁす」

みく「超展開過ぎてツッコミが間に合わねえ!!」

まゆ「なるほど、一分の隙もない完璧な作戦ですねぇ」

みく「まゆちゃんの目は節穴なの?」


16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/19(日) 22:50:57.11 :P0DQ1gJ90

まゆY「手錠で繋がって2人だけの世界でソウシソウアイになるんですよぉ…」

まゆ「ソウシソウアイ…最高ですねぇ」

みく「どっちかというと共依存の方が近い気がするにゃ」

 「ちなみに共依存という概念は医療の現場ではなく看護の現場で産まれたそうですよぉ」

 「覚えておきましょうねぇ」

みく「なんでそういうトリビアばっか詳しいの…」

泉「呼んだ?」

みく「お帰りはあちらになりますにゃ」


18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/19(日) 22:53:10.23 :P0DQ1gJ90

みく「ともあれこの案は却下にゃ、監禁とか犯罪だしやっちゃダメにゃ」

まゆY「むぅ…イケると思ったんですがねぇ」

みく「そもそもPチャンが一服盛った程度でやられるわけないにゃあ」

 「普段から薬漬けですからね」

 「それ以上いけない」


19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/19(日) 22:55:22.99 :P0DQ1gJ90

まゆ「というわけでまゆYさんはボッシュートです」

みく「なんで罰ゲーム込みなの!?」

まゆ「えい」ポチッ

まゆY「あー」ヒュー

みく「マジで!?」

まゆY「まゆが死んでも第2第3のまゆがぁぁぁぁ」

みく「間に合ってますにゃ」


まゆM「まゆYがやられたようですねぇ」

まゆC「ふふふ、彼女はまゆ四天王の中でも最弱」

まゆA「まったくまゆの面汚しですね」

まゆ「えい」ポチッ

 「「「あーーー」」」ヒュー×3


20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/19(日) 22:58:33.51 :P0DQ1gJ90

 「きゃあ!自分--し!」

 「自分同士の争いは醜いものですねぇ」

みく「自分にも一切容赦がねぇにゃ…」

まゆ「では次の案があるまゆはいますかぁ?」


 「ではまゆにお任せくださぁい」

まゆ「あ、あなたは!」

 「まゆ軍団の中でも無類の純愛度を誇る!」

 「人呼んでまゆの中のまゆ!」

 「まゆJさん!」

みく「またかませっぽいのが出てきたにゃ…」

まゆ「あ、ちなみにこのJは純愛の略でして」

みく「だからどうでもええわ!」


23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/19(日) 23:02:34.24 :P0DQ1gJ90

まゆJ「大切なのはまず愛なんですよぉ…」

みく「なんか哲学チックなこと言い始めたにゃ」

まゆJ「心に愛がなければスーパー純愛じゃないんですよぉ」

みく「スーパー純愛って何?」

まゆJ「まゆの考えた作戦は…ウキウキ!ラブラブ?純愛大作戦!です!」

みく「ネーミングセンスは据え置きだったにゃあ…」

まゆJ「まずPさんと晩御飯を食べに行きまぁす」

みく「あ、やっぱりそこは鉄板なの」

まゆJ「一服盛りまぁす」

みく「…展開が読めた気がするにゃ」





まゆJ「監禁しまぁす」

みく「ほらぁ…」

まゆ「なるほど、一分の隙もない完璧な作戦ですねぇ」

みく「まゆちゃんは今すぐに耳かきしよ?」


24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/19(日) 23:03:44.47 :P0DQ1gJ90

まゆJ「世間から隔絶された2人だけの空間で純愛が目覚めるんですよぉ…」

まゆ「プラトニックラブですねぇ」

みく「プラトニックのプの字もねえにゃ!」

 「ちなみにプラトンさんがプラトニックという概念を提唱した訳ではないらしいですよぉ」

 「覚えておきましょうねぇ」

みく「だからなんでそういうトリビアばっか詳しいの…」

泉「呼んだ?」

みく「お帰りはあちらになりますにゃ」


25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/19(日) 23:05:04.41 :P0DQ1gJ90

みく「さっきも言ったけど監禁はダメ!犯罪!」

まゆ「ダメですかぁ…」


まゆJ「かーらーの?」

みく「ダメったらダメにゃ!」




まゆJ「と見せかけて?」

みく「えい」ポチッ

まゆJ「あーーー」ヒュー


26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/19(日) 23:06:41.37 :P0DQ1gJ90

みく「さて、少し人口密度も減ったところで次の案があるまゆちゃんいる?」

まゆ「みくちゃん意外にドライですね」

みく「割り切らないと身がもたないにゃ」



 「はぁ~い」

まゆ「あ、あなたは!」

 「まゆ軍団の中でも無類のポンコツ度を誇る!」

 「人呼んでまゆの中のまゆ!」

 「まゆpさん!」

みく「それしか口上ないの!?」

まゆ「あ、ちなみにこのpはpiece of junkの略でして」

みく「なんで無駄に英語なの!?」

まゆ「直訳でポンコツです」

みく「結局ポンコツじゃねぇか!!」



 「ちなみにpが小文字なのはまゆの担当Pさんと区別するためですよぉ」

 「念の為ですねぇ」

みく「誰に向かって話してるんだにゃ…」


27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/19(日) 23:08:58.48 :P0DQ1gJ90

まゆp「ご紹介に預かりました、まゆpですよぉ」

みく「あ、意外とまともそう」

まゆp「好きな食べ物はハンバーグですよぉ」

みく「うんうん、気が合いそうにゃ」

まゆp「好きな飲み物はトールアイスライトアイスエクストラミルクラテですよぉ」



みく「…え、なんて?」

まゆp「好きな犬種はシベリアンハスキーですよぉ」

みく「聞いてねぇにゃ、というかそこは猫種を言って欲しいにゃ」

まゆp「好きな人は、」

みく「好きな物しか言えんのかこのまゆぅ!」

まゆp「まゆPさんですよぉ」

みく「知っとるわ!」

まゆp「以上です」

みく「以上!?」


28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/19(日) 23:11:33.07 :P0DQ1gJ90

みく「作戦の話じゃなかったの!?なんで好きな物羅列するだけで終わってんの!?」

 「美味しいですよねぇ、トールアイスライトアイスエクストラミルクラテ」

 「まゆも好きですよぉ、トールアイスライトアイスエクストラミルクラテ」

 「エスクトラコーヒーノンホイップダークモカチップフラペチーノなんかもオススメですよぉ」

みく「のんきにスタバトークなんかしてんじゃねぇにゃ!というか同一人物なんだから同じもん好きで当たり前にゃ!!」

 「ちなみにシベリアンハスキーは強靭な体力や持久力を持つことから犬ぞりなどに重用されていますよぉ」

 「覚えておきましょうねぇ」

みく「フニャァァァァァァァァァ!!!!」

泉「みくさん、どうどう」

まゆ「しばらくお待ち下さぁい」


30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/19(日) 23:14:33.30 :P0DQ1gJ90

みく「フーッ、フーッ!」

 「気が立ってますねぇ」

 「今日一番猫っぽいですねぇ、図らずとも」




みく「ふー……ゴメンなさい、取り乱したにゃ」

まゆ「ごめんなさいねぇ、うちのまゆが」

みく「おめぇもまゆちゃんやろが!」

まゆ「みくちゃん猫語猫語」

みく「…にゃろが!」

みく「あ、泉ちゃんなら帰りましたよぉ」

みく「どうせまた来るにゃ」


32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/19(日) 23:18:32.82 :P0DQ1gJ90

まゆ「というわけで何か案ないですか?」

みく「確かにまゆちゃん達に任せててもまともな案出る気がしないにゃ、でもぶっちゃけ帰りたいにゃ」

 「みくちゃんが冷たい…」

みく「自分の行い省みてから言えにゃ」

 「私じゃないんですよぉ、私ですけど」

みく「このままじゃまゆG(ゲー)とか出てきてボケ路線まっしぐらにゃ」

 「お願いします、猫にも縋る思いなんです」

みく「みくは藁と同レベルの認識なの?」

 「今のは言葉の綾です」

 「あややー」

みく「帰るわ」

 「「「「「待って!!」」」」」ガガガガガシッ

みく「こんな時だけ妙なチームワーク発揮するんじゃねぇにゃ!」


33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/19(日) 23:21:01.37 :P0DQ1gJ90

みく「はぁー、しょうがないにゃあ…」

まゆ「手伝って頂けますか?」

みく「乗りかかった船って言うし、案くらいなら出すにゃ」

まゆ「ああ、みくちゃん…!」

 「みくにゃんマジ天使です」

 「感動しました、みくにゃんのファン続けます」

 「SSRみくにゃん下さい、なんでもしまむら」


みく「やっぱり帰っていい?」

 「「「ごめんなさい」」」


34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/19(日) 23:24:36.01 :P0DQ1gJ90

みく「とりあえず…ご飯に誘うのは良いと思うにゃ、その先の行動が問題なだけで」

 「ふむふむ」

 「お昼ご飯でも構わないんですかぁ?」

みく「構わないにゃ、とにかく一緒にいる時間を増やすことが大事にゃ」

 「なるほどなるほど」

 「お弁当作っていったりしてるのは大丈夫でしょうか?」

みく「お弁当くらいなら大丈夫だと思うけど、重いと思われるのが嫌なら、頻度を下げるとか代わりにお菓子を持っていくとかにした方がいいにゃ」

 「勉強になります…」

 「毎日誘うのはご迷惑ですよねぇ?」

みく「さすがにそれは自重した方がいいと思うにゃ、そっちのPチャンにもPチャンの予定があると思うし」

まゆ「みくちゃん詳しいですねぇ」

 「さすみく」

 「よさまゆ」

みく「続けていい?」



泉「こうしてみくさんのレクチャーは夜遅くまで続きました…」

みく「どっから湧いたにゃ」


35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/19(日) 23:26:11.35 :P0DQ1gJ90

みく「うーん、だいたいこんなもんかにゃ、参考になったらいいけど」

まゆ「……様」

みく「??」

まゆ「これから前川様とお呼びしても宜しいでしょうか?」

みく「どうしよう、まゆちゃんが壊れちゃったにゃ」


 「いやいや、ここは恋愛マスターみくにゃんですね」

 「まゆ的にはAll Miku need is loveなんかもいいと思いまぁす」

みく「全くもって意味不明だにゃ…というか普通にみくでいいにゃ」

 「「「みっくにゃん!みっくにゃん!」」」

 「「「みっくにゃん!みっくにゃん!」」」

 「「「みっくにゃん!みっくにゃん!」」」

みく「このノリなんなの!?」

泉「この日産声をあげたみくにゃん教は、後に世界を席巻する一大勢力となるのですが、それはまた別のお話…」

みく「変な地の文入れるの止めて!」


43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/19(日) 23:44:37.24 :P0DQ1gJ90

みく「じゃあもう遅いしみくは帰るよ?」

まゆ「ええ、お世話になりましたぁ」

 「「「「「「なりましたぁ」」」」」」

みく「上手くいくことを祈ってるにゃ!」

まゆ「もちろんです、これで上手くいかなかったら腹を切りますよぉ」

みく「なんでそう極端なの!?」

まゆ「冗談です、冗談」

みく「まゆちゃんが言うと冗談に聞こえないにゃ…」

まゆ「それではお気をつけて」

みく「バイバーイ」


44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/19(日) 23:49:18.76 :P0DQ1gJ90




 「そういえばまゆ思ったんですけど」

 「あ、まゆも思いましたぁ」

 「Pさんに一服盛っても無駄ってみくちゃん断定してましたけど」

 「根拠はあったんでしょうか?」



 「あとそれから」

 「晶葉ちゃんのことだから平行世界の記録とか欲しがると思ってたんですけど」

 「そうでもありませんでしたね、不思議と」



 「それと、みくちゃんのレクチャーですけど」

 「話が続くに連れて」

 「アドバイスが主観的な物になって来てましたね」

 「まるで経験してきたかのようで…」



 「…まあ良いでしょう」

 「まゆ達には」

 「関係ないことですもんね」


46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/19(日) 23:53:12.80 :P0DQ1gJ90





 「たっだいまにゃー」

 「にゃ、みくお帰りー」

 「お疲れにゃー」

 「今日は誰のとこ?」

 「まゆちゃん」

 「ほう、なかなかの有望株だにゃ」

 「あ、それから晶葉ちゃんには根回ししといたにゃ」
 
 「それはどうも、助かるにゃ」







 「ただいまーPチャン、今日も荒れてたのにゃ?」

 「そうなの、手首が傷付くから止めてって言ったのに暴れるんだもん」

 「むー、いい加減にしないともっとキツくしちゃうよ?」

 「それはPチャンも嫌でしょ?」

 「え、監禁だって?」

 「やだなーPチャン監禁は犯罪にゃ」

 「そうそう、これは監禁じゃなくて」

 「同棲って言うのにゃ」







 「「「「「「「「「「「「「「「そうだよね、Pチャン?」」」」」」」」」」」」」」」


48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/19(日) 23:55:46.95 :P0DQ1gJ90

以上です
某双子F聞いてたら思いつきました

前川さんとみくにゃんの音声欲しい…欲しくない?


53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/20(月) 00:43:51.54 :67QpahEmo
この平行世界のPは1人……共有しないとね


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】佐久間まゆ「まゆ会議ですよぉ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1466342964/