【SS速報VIP】杏「えー、飴ないの?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1439380508/


モバマスssです 

口調など間違いもあるかもしれません 

そのときは指摘をよろしくお願いします


2 :◆HbpyZQvaMk :2015/08/12(水) 20:59:00.58 :j1Cx51SZO

杏「ふわぁ……だる……」 

モバP「おはよう、杏」 

杏「おはよー。ねぇ、飴ちょうだい」 

モバP「よしきた。えーと……あれ?」ガサゴソ 

杏「どしたの?」 

モバP「…………すまん、飴切らしてるみたいだ」 

杏「えー、飴ないの?帰っていい?」 

モバP「すまん!他にお菓子があるから今はこれで我慢してくれ」ドバー 

杏「…………その大量のお菓子をどこから出したの」 

モバP「ポケットからだけど?」 

杏「量がおかしいから……」 


3 :◆HbpyZQvaMk :2015/08/12(水) 21:05:49.47 :j1Cx51SZO

モバP「買ってくるから留守番よろしくな」 

杏「はーい」 

杏「なにがあるんだろ……」 

杏「というか駄菓子多いな……」 

杏「チョコは……チロルチョコ、どらチョコ、セコイヤチョコレート、ブラックサンダー、マーブルチョコ、むぎチョコ…………」 

杏「噛むのめんどいなぁ……」 


4 :◆HbpyZQvaMk :2015/08/12(水) 21:12:55.80 :j1Cx51SZO

杏「他にもいっぱいあるけど…………ガムとかなんで置いてったんだろ……」 

杏「杏が食べるわけないじゃん」 

杏「これでいいか……クッピーラムネ」 

杏「んー……」コロコロ 

杏「飴と違ってすぐなくなるなぁ……」 

杏「何回も口に運ぶのめんどいし……」 

杏「一気に口に入れとくか……」ザラザラ 


5 :◆HbpyZQvaMk :2015/08/12(水) 21:21:20.79 :j1Cx51SZO

まゆ「おはようございまぁす」ガチャ 

杏「…………んー」 

まゆ「あれ、モバPさんは?」 

杏「飴買いに行ったよー」 

まゆ「そうですかぁ……あんまりモバPさんの負担にならないようにしてくださいねぇ?」 

杏「りょーかーい」 

まゆ「……今日は飴じゃないんですねぇ」 

杏「飴ないからプロデューサーに貰ったんだ」 


6 :◆HbpyZQvaMk :2015/08/12(水) 21:32:35.61 :j1Cx51SZO

まゆ「あっ……たしかここに……」 

杏「?」コロコロ 

杏「もうなくなった……」 

まゆ「これなんですが……」 

杏「……飴ぇ!」ガバッ 

まゆ「きゃっ!」 

杏「あ……ごめん……」 

まゆ「もう……ひとつだけですけど、今日の出演者の天海さんからいただいたんですよ」 

杏「ありがとー!まゆは杏の救世主だよ……」 

まゆ「大袈裟ですよぅ」 


7 :◆HbpyZQvaMk :2015/08/12(水) 21:45:38.18 :j1Cx51SZO

まゆ「ではまゆはモバPさんの家の散さ……盗さ……物しょ………………………モバPさんのシャツを貰ってきますねぇ」ガチャ 

杏「お……おぅ」コロコロ 

まゆ「机の上にお茶を置いておきましたから。あと眠たくなったらこのブランケットを被ってくださいねぇ」 

杏「はいはーい」 

まゆ「では」ガチャ 

杏「……………プロデューサーもたいへんだなぁ……」コロコロ 


8 :◆HbpyZQvaMk :2015/08/12(水) 21:57:19.45 :j1Cx51SZO

杏「んー…………」コロコロ 

杏「もうなくなっちゃった……」 

かな子「おはようございまーす」 

杏「おはよー」 

かな子「あ、杏ちゃん。どうしたの?そのお菓子の山」 

杏「プロデューサーに貰った……けど飴がなかった……」 

かな子「そうなんだ……私が作ったのでよかったらあるけど………」 

杏「まゆにも貰ったし飴ならなんでもいいよー」 

かな子「まゆちゃんから?」 

杏「うん。なんでも共演した天海春香って人に貰ったんだって」 

かな子「えぇぇ!?あの天海さんからですか!?」 

杏「けっこうおいしかったよ」 

かな子「そ、そんな人のあとに私なんかの飴なんて……」 


9 :◆HbpyZQvaMk :2015/08/12(水) 22:20:22.64 :j1Cx51SZO

杏「もっと自分に自信持ったほうがいいよ?」 

かな子「え?」 

杏「かな子ちゃんの作るお菓子も美味しいよ。たしかに天海春香さんの飴もおいしかったけどかな子ちゃんが杏のために作ってくれた飴はそれに負けないくらいおいしいはずだよ」 

かな子「杏ちゃん……」 

杏「だから飴ちょーだい?」 

かな子「ふふ……はい」 

杏「あーん」パクッ 

かな子「おいしい?」 

杏「不味いわけないじゃん」 


10 :◆HbpyZQvaMk :2015/08/12(水) 22:21:59.97 :j1Cx51SZO

かな子「ありがと。あ、そろそろレッスンに行かなきゃ」 

杏「はーい」 

かな子「じゃあね」ガチャッ 

杏「んー…………かな子の飴もなかなか」 


16 :◆HbpyZQvaMk :2015/08/13(木) 20:56:49.98 :IkrsPC1iO

杏「でも少し大玉だな……」コロコロ 

杏「いちご味かな?」ガリッ 

杏「あ…………」 

拓海「おーす」 

杏「おはよー」 

拓海「杏だけか」 

杏「んー、プロデューサーは飴買いに行ったよ」 

拓海「そうか」 


17 :◆HbpyZQvaMk :2015/08/13(木) 21:11:49.58 :IkrsPC1iO

杏「どしたの?」 

拓海「別に………時間聞こうとしてただけだからな」 

杏「いなくて残念だったね」 

拓海「だからそういうんじゃねーっての!」 

杏「まぁまぁ、今は杏たちしかいないんだし隠さなくてもいいんだよ?」 

拓海「だから違うっての」 

杏「でもプロデューサーも言ってたよ?ライオン?の格好してたたくみんカッコいい!可愛い!抱いて!って」 

拓海「絶対嘘だろそれ!」 

杏「聞いてみたら?」 

拓海「……アタシのことからかってんだろ……」 


18 :◆HbpyZQvaMk :2015/08/13(木) 21:16:39.07 :IkrsPC1iO

杏「そんなことないよ」 

拓海「あーもう、わかったから飴でも舐めてろよ」 

杏「その飴がないんだよね。というかプロデューサーが今いないのも飴買いに行ったからなんだよ」 

拓海「はぁ?珍しいな。お前が飴持ってないなんて」 

杏「そろそろ杏は飴不足で爆発しちゃうね」 

拓海「逆に見てみたいぞ。んー……あった」ガサゴソ 

杏「どしたの?」 

拓海「ほらよ」ポイッ 


19 :◆HbpyZQvaMk :2015/08/13(木) 21:20:29.40 :IkrsPC1iO

杏「うわっ」パシッ 

拓海「飴やるよ」 

杏「おー、ありがと」パクッ 

拓海「あんまり食べすぎてお腹壊すなよ」 

杏「大丈夫、飴と杏は一心同体だから」 

拓海「なんだよそれ……と、そろそろ仕事だわ」 

杏「あーい」 

拓海「ちゃんと留守番しとけよ。じゃあな」ガチャ 

杏「……姉御だねぇ」コロコロ 


20 :◆HbpyZQvaMk :2015/08/13(木) 21:52:27.08 :IkrsPC1iO

杏「姉御のはハッカ味なんだ」コロコロ 

杏「うーむ、プロデューサー遅いなぁ……」 

杏「もうなくなっちゃった」 

幸子「おはようございまーす!」 

杏「おはよー」 

幸子「あれ?今日は飴じゃないんですね」 

杏「なくなったからプロデューサーが飴買ってきてくれるって」 

幸子「杏さんのプロデューサーはいいですねぇ……優しくて」 

杏「そうかな?」 

幸子「ボクのプロデューサーなんて空から落としたり箱に詰めたりボクの扱いが悪いんですよ!」 


21 :◆HbpyZQvaMk :2015/08/13(木) 22:00:41.50 :IkrsPC1iO

杏「そうかな?」 

幸子「そうですよ!ボクはカワイイんですからもっとお姫様とかの仕事のほうが似合ってるんですよ!」 

幸子P「おはよ……ん?」 

杏「あ」 

幸子「なんですかバラエティーばっかりって!いや、ボクはカワイイからどんな仕事もできるんですけどね。でももっとプロデューサーも大切にしてほしいんですよ……」 

杏「あの……幸子……さん?」 

幸子「もっとボクのことを考えてくださいって言ったのに全然ボクの気持ちに気づいてくれないんですよ」 


22 :◆HbpyZQvaMk :2015/08/13(木) 22:14:24.83 :IkrsPC1iO

杏「いや、だからさ……」 

幸子「勝手にいなくならないでくださいって言ったらすぐにいなくなるし……クリスマスにもボクといてくださいって言ったのに……」 

幸子P「…………」ガチャン 

杏「あー……」 

幸子「聞いてますか!?杏さん!」 

杏「聞いてるよー……」 

幸子「この話はプロデューサーさんには秘密にしてくださいよ!」 

杏「あー……出遅れじゃないかな……」 

幸子「え?」 

杏「なんでもないよ」 


23 :◆HbpyZQvaMk :2015/08/13(木) 22:22:07.25 :IkrsPC1iO

幸子「ふぅ……すっきりしました。これ、お礼ですよ」 

杏「のど飴?」 

幸子「カワイイボクオススメののど飴ですよ!」 

杏「ありがとー」 

幸子「ふふーん、ありがたく食べてくださいね」 

杏「たぶん次にプロデューサーに会ったら優しくしてくれるよ」 

幸子「?……まぁ当然ですね!ボクはカワイイので!」 


24 :◆HbpyZQvaMk :2015/08/13(木) 22:30:08.03 :IkrsPC1iO

幸子「ではお仕事行ってきますね」ガチャ 

杏「はーい」 

杏「……あのプロデューサーはこれからどうするんだろ……幸子のこと大好きだからなぁ……」 

カワイイ!サチコカワイイ! 

フギャー!ナンナンデスカー! 

杏「あ(察し)」 

杏「まぁうまくやるよね」パクッ 

杏「あ、おいしい」コロコロ 


25 :◆HbpyZQvaMk :2015/08/13(木) 22:34:03.71 :IkrsPC1iO

モバP「買ってきたぞー」ガチャン 

杏「お帰りー」 

モバP「というかさっきそこの廊下で幸子Pが幸子を抱き締めてたけどなにかあったのか?」 

杏「んー、気にしないでいいよ。それより飴ちょーだい」 

モバP「はいはい、ほら」アーン 

杏「はむ」パクッ 

モバP「そろそろ仕事の時間だぞ」 

杏「はーい」 


26 :◆HbpyZQvaMk :2015/08/13(木) 22:35:07.38 :IkrsPC1iO

おしまいです 

こんな山もオチもないものを読んでくださりありがとうございます


28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/13(木) 22:58:15.18 :K6VK13PAO
幸子のくだりで 
杏Pも杏大好き、あるいは 
逆に杏が幸子みたいに直接的な愛情表現を欲してる 
みたいな暗示に見えてホッコリした