【SS速報VIP】響「ねぇ、プロデューサー」 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1374739535/


2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/25(木) 17:07:29.76 :Dmfsu2W+o

P「んー?なんだ響」カタカタカタ 

響「どうして自分には仕事が少ないんだ?」 

P「うぐっ!」カタッ 

響「ねぇ、なんで!」 

P「すまん……俺の力不足だ」 

P「(そう、現在事務所で一番"売れていない"アイドルが響なのである)」 

響「ほんとに……?」 

P「あぁ、ごめんな(俺だって聞きたいくらいだっ!最近はむしろ響重視に売り込んでいた)」 

響「そっか……」 

P「(なのにオーディションは通らない上にどこからも声が掛からないっ!……こんなにも可愛らしいというのに)」 

P「(響には悪いが、こう落ち込んでる響なんて抱きしめたくなるくらい可愛い)」ウズウズ 

響「プロデューサー嘘ついてるでしょ……自分が悲しまないようにって」 

P「?何言ってるんだ響」


3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/25(木) 17:15:39.78 :Dmfsu2W+o

響「だってそうでしょっ!」 

響「プロデューサーはいっつも自分のために走り回ってくれてる!知ってるんだよ?」 

響「自分……見てるんだからぁっ……」ウルウル 

P「うぉっ!泣くな泣くな!」アタフタ 

響「きっと自分が完璧じゃないから……だから仕事がないんだ!」 

P「!」 

P「そんなはずないだろっ!!!」 

響「うぎゃっ!?」 

P「そんなわけない……そんなはずないさ。響、お前は完璧だよ」 

P「ダンスのレベルは言うまでもない、歌だってどんな曲でもいける。料理や編み物、家事全般をこなすし、それに……」 

響「……それに……?」グスン 

P「それに、なにより太陽のように明るくて可愛い!実にアイドルらしいじゃないかっ!」 

響「そ、そう?自分は完璧?」 

P「ちゃんと完璧だ!だからもう泣くな」 


4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/25(木) 17:25:56.09 :Dmfsu2W+o

P「ごめんな、怒鳴っちまって」 

P「(不甲斐ない俺自身と……なにより響の魅力も見抜けないダメ審査員共に腹が立った)」 

響「いいんだ、自分ちょっといじけてたぞ……」 

P「あーあー、そんな顔してたらせっかくの可愛い顔が台無しだ」ワシャワシャ 

響「あぅ……か、可愛いって何度も言わないでよ」 

P「事実だ!ほら、笑った笑った」 

響「うん!ありがとプロデューサー!」ニカッ 

P「やっぱり響には笑顔が一番だな!」 


5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/25(木) 17:34:25.22 :Dmfsu2W+o

響「ねぇ、プロデューサー」 

P「なんだー?」カタカタカタ 

響「暇だぞ」 

P「うぐっ!」ピタ 

P「(そうだった……結局何も解決してないじゃないか)」 

響「自分が完璧なのはわかったさー、でも暇なものは暇だぞ」 

P「よ、よぉっし!遊ぶぞ響!」 

響「えぇ!?」 

P「外だ外!ほらいくぞっ!」ガシ 

響「ちょ、ちょっとプロデューサー!引っ張らないでよ!うぎゃぁぁぁっ…………」 


8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/25(木) 17:50:06.26 :Dmfsu2W+o

響「ぅぅ……も、もういいでしょ!手、離してよぉ!」バッ 

P「ああ、す、すまん」 

響「なんで急に外なんだっ!?(あぅ……プロデューサーと、手つないじゃったぞ……!)」 

P「動かないと始まらんからなっ!いつもやらないことをやってみるのもいいぞ」 

P「意外とそういうところから仕事が転がり込んで来るかもしれん」 

響「そうなのか?」 

P「そういうものだ!プロデューサーを信じろ」 

響「うーん、まぁ事務所にいてもしかたないもんね!」 

P「うんうん、で、どうする?」 

響「何も考えてないのか?」 

P「すまん……」 

響「んもぅ、自分呆れかえるぞ」 

P「(輝く太陽!そして響!うむ、やはりこの組み合わせが一番だな)」 


9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/25(木) 17:58:40.52 :Dmfsu2W+o

P「で、なんで体育館なんだ……」 

響「だって自分暑いの苦手だもん、あぁークーラーが効いてて生き返るーっ!」 

P「お前、沖縄育ちだよな?」 

響「そんなの関係ないぞー!それに自分どっちかと言ったらインドア派だし」 

P「まじか……」 

響「小学校の時も卓球部だったし」 

P「(そういえばそうだったな……)」 

響「ほーらープロデューサー!ラケットと球、借りにいこ!自分、久しぶりに卓球したいっ!」 

P「お、おう!……やれやれ、さっきまで落ち込んでた奴とは思えないな」 

P「(ま、そういうところも含めて完璧なんだけど)」 


10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/25(木) 18:07:21.96 :Dmfsu2W+o

響「うぇぇっ!?今日は卓球の大会やってるのか?」 

P「(そういや妙に人が多かった気がする)」 

響「じゃあ卓球台使えないの?」 

受付「いいえ、大丈夫よ。別の階で数台だけ使えるようにしてあるから、そこなら自由に使っていいわよ」 

響「ホント!?聞いた?プロデューサー!」 

P「おう、さっそく行くか」 

受付「はい、ラケット2本と球一つ。球は潰さないように気を付けてね」 

響「なんくるないさー、ありがとお姉さん」 


11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/25(木) 18:17:13.27 :Dmfsu2W+o

P「えーっと3階3階……ここか」 

響「うわーっ!見て見て!プロデューサー!うぅーん、なつかしの卓球台」スリスリ 

P「ほっぺたを台にこすらない」 

響「ちょっとひんやりして気持ちいいぞ!」 

P「こらこら……(まぁ可愛いからいいか)」 

P「それにしても卓球台か、高校卒業して以来だな……」 

響「?プロデューサーも卓球部だったのか?」 

P「あぁ、高校の時ちょろっとな」 

響「うがっ!プロデューサーをボロ負けさせようと思ってたのにー!」 

響「自分の計画がだいなしだぞ……」 

P「ははっ!ちょろっとだちょろっと」 

響「あっちょっと待っててねプロデューサー」 

P「(なんだ?トイレか?)」


12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/25(木) 18:27:23.09 :Dmfsu2W+o

響「おまたせプロデューサー!ふふーん、いいでしょこれ」 

P「それ、卓球のユニフォームじゃないか。もってきてたのか?準備いいな」 

響「違うさー、お姉さんに頼んだら貸してくれたんだっ♪」 

響「で、どう?自分似合ってる?」クルックル 

P「ああ、バッチリだ!(バッチリどころか、実にけしからん!)」 

P「(サイズがぴったりだから響のおっきな胸が……それにショートパンツ、健康的な太ももとおちりのラインがえろい)」 

響「よっしゃー!自分、ユニフォーム着れて気分いいぞ!プロデューサーはスーツでいいの?」 

P「ん、気にしなくていいぞ」 

響「そっか、じゃあさっそく行くぞー!」 

P「おう、こいこい。サーブはくれてやる」


13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/25(木) 18:34:38.55 :Dmfsu2W+o

響「そりゃー!」カコンカコン 

P「ほれっ」カカッ 

響「どりゃー!」カカッ 

P「ほい」カコン 

響「せりゃー!」カコン 

P「ほほ」カコン 

響「うぉりゃー!どうだ!」カッ 

P「まだまだっ」カコン 

響「!(浮いたぞっ)甘いねプロデューサー!スマッシュさー!先取点もらったぞ!」パカーン! 

P「うーんなかなかっ」カコン 

響「い、今のも返すのかっ!?」


14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/25(木) 18:42:07.66 :Dmfsu2W+o

響「……ハッ……ハッ……」カコン 

P「(あぁ……動くたびに……打つたびに……タユンタユンって……揺れるお胸)」 

P「(いや、あくまでアイドルの魅力として見ているだけだ)」 

響「……はぁ……はぁ……もぅ足が動かないぞ……」カッコン 

P「あきらめるな響!そんなんじゃアイドルは務まらないぞ!」 

響「うがぁぁー!ていうかプロデューサーが強すぎるぞ!なにがちょろっとなのさー!」 

P「はははっ!県大会ベスト4程度さっ!」 

響「うぇっ!?それってめちゃくちゃ強いじゃないか!」 

P「そうでもないさ」 

響「そうでもあるっ……ってうぎぁぁっー!」ドテーン 

P「響!!」


15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/25(木) 18:55:56.04 :Dmfsu2W+o

P「大丈夫か響!?」 

響「えへへっ……大丈夫!ちょっと足がもつれただけさー」 

響「よっと……っと、うぁっ」グラ 

P「だめだっ!見せてみろ……どれどれ」サワッ 

響「んっ……太ももを撫でるなー!」 

P「何を言う!響のためだ」 

響「自分の、ため?」 

P「ああそうだ。響がもし怪我なんてしたら心配だ」ナデナデ 

響「そ、そう……なら、まぁ……」 

P「(響はちょろいなぁ)」サワサワ


16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/25(木) 18:59:32.72 :Dmfsu2W+o

P「ほら、冷却スプレーだ。気持ちいいぞ」シュー 

響「ひゃうっ!つ、つべたい!……あっ……でも、いいかも」 

P「うむ、これでもう大丈夫だろ。立てるか?」 

響「うん、ありがとプロデューサー」 

P「感謝するのはこっちのほうだ」 

響「え?なんで?」 

P「気にするな」 

響「えー……なんか怪しいぞ」ジト 


17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/25(木) 19:02:56.24 :Dmfsu2W+o

響「だいたいプロデューサーは心配しすぎだよ」 

P「当たり前だろっ!」 

響「!」 

P「響は、俺の大事な……っ」 

響「だ、大事な?」ドキドキ 

P「……女の子なんだからな」 

響「ふふっそっかぁ」 

P「な、なんだよ」 

響「プロデューサーは、自分をアイドルじゃなくて、一人の女の子として見てくれてるんだね」 

P「だめか?」 

響「ううん、うれしい!」


18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/25(木) 19:08:36.51 :Dmfsu2W+o

響「ねぇ、プロデューサー」 

P「あぁ、どうした」 

響「もう1セットやろうよ!自分、負けたままはくやしいっ!」 

P「……あぁっ!もちろん!手加減はしないぞ」 

響「うん!……うぅ……でもやっぱりちょっとは手加減してほしいさー」 

P「わかったわかった……そりゃっ」カコンカコン 

響「うわぁっ!いきなりなんてずるいぞ~!」スカッ 

P「うははっ!なんくるないなんくるない!」


19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/25(木) 19:14:06.02 :Dmfsu2W+o

響「卑怯者は成敗してやるさ~!!」カコン 

P「腕の振りが甘いっ!」カコン 

響「このぉ!」カッ 

P「体重移動がなってないな」カコン 

響「なんで返せるんだぁ!」パコーン 

P「考えるな、感じるんだ」カコン 

響「わけわかんないぞー!」ウガー 



「おい!!どういうことだっ!!!」 



P・響「「!?」」ビクウ


21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/25(木) 19:23:32.44 :Dmfsu2W+o

「待てっ!おいっ……ッー……ッー……」 


響「な、なんだ?」 

P「さ、さぁ……」 

男「……!っ……すまない、声を荒げてしまって」 

P「いえ……あの、どうされたんですか?」 

男「うぉほんっ!私はこの大会のスポンサーなんだが……」 

P「(スポンサー?そんな大きな大会だったのか)」 

スポンサー「大会を盛り上げるためにアイドルのイベントを企画していたんだ……しかしたったいま、来れなくなったと電話があってね」 

P「なるほど……」 

スポンサー「すまない、君たちに話しても仕方がないな」 

響「ねぇ、プロデューサー」 

スポンサー「(プロデューサー?……おや、この娘……)」 

スポンサー「ピーンと来たっ!」


22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/25(木) 19:28:42.60 :Dmfsu2W+o

スポンサー「キミィ!」 

響「なに?自分?」 

スポンサー「そうだよ君だよっ!それにプロデューサーと言ったね。芸能関係の方かな?」 

P「はい、実はこういうものです」 

スポンサー「……765プロダクション?たしか竜宮小町で有名な……ってことは君もアイドルなのかい!?」 

響「は、はい!そうです!」 

スポンサー「はっはっは!それはちょうどいい!うむ、君だ、君しかいないっ!」 

P「あの、どういうことですか」 

スポンサー「君が代わりにイベントに出てみないか?」 

響「ふぇっ!?」


23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/25(木) 19:38:19.62 :Dmfsu2W+o

スポンサー「君、名前は?」 

響「が、我那覇響です!自分は、動物が大好きでっそれにダンスも得意でっそれに、それにっ」 

P「落ち着け響!」 

響「うぅあっ……!」 

スポンサー「ははっ!響ちゃんか……それで、どうかね?」 

P「でもいいんですか?そんな急遽アイドルを変更なんて」 

スポンサー「気にすることはない。私はスポンサーだ、問題ない」 

P「響、いけるか?」 

響「う、うん!自分がんばるぞ!」 

P「よしっ!いい返事だ」 

P「この仕事、引き受けましょう」 

スポンサー「そうかっ!だがもう時間がない、早速準備してくれたまえ」 

P「(まさかホントに仕事が転がり込んでくるとは……)」


24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/25(木) 19:48:42.17 :Dmfsu2W+o

スポンサー「えーっと衣装は……なんだっすでにユニフォーム着てるじゃないかっ!」 

響「借りといてよかったぞ」 

P「響!自然体でいい、いつも通りの響を見せてくれ!」 

響「わかった!いってくるねっ!」 



 「それでは、アイドルによる応援メッセージです」 


ワーワー  ワーワー  ワーワー 


響「はいさーい!自分っぁーちがった……私!我那覇響!」 


「だれだ?」「予定のアイドルと違うじゃないか」 

   「でも、可愛いな」 


響「いつもはアイドルやってるんだけど、今日は一人のお客さんとしてみんなのこと応援するぞ!」 

響「精一杯応援するから、最高のプレーを見せてね!」 


「あの子なんて名前だって?」「たしかがなはひびきとか」


25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/25(木) 19:51:00.92 :Dmfsu2W+o

響「私も小学校の頃、卓球やってたんだ!そりゃー!どう?ちゃんと素振りできてるでしょ?」 


「揺れたな」「ああ、揺れた」 

   「我那覇さんかわいい……」 


響「それじゃ、みんなっ!一緒に……なんくるないさー!」 


「な、なんくるないさー?」 


響「んー声が小さいぞ。もういっかい!なんくるないさー!」 


「「「「なんくるないさー!」」」」 


ワーワー  ワーワー  ワーワー……


27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/25(木) 19:54:59.24 :Dmfsu2W+o

スポンサー「いやはや、素晴らしかったよ!」 

響「ありがとうございます!」 

P「完璧、だったぞ」ナデナデ 

響「えへへっ……」 

スポンサー「765プロの我那覇響っ!覚えておくよ。それじゃ今日はお疲れ様」 

響「おつかれさまでしたー!」 




P「よしっ!帰るか」 

響「そういえばまだ勝負の途中だったよね?決着つけよーよ!」 

P「お、おい!いまからか?」 

響「早く早く!体育館閉まっちゃうぞ」 

P「これが若さなのかっ!?」 

響「わふふ、だらしないぞプロデューサー」


28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/25(木) 20:01:27.77 :Dmfsu2W+o

響「あっー!見て!自分がテレビに出てる!」グイグイ 

P「うぉっ袖を引っ張るな!(一部の地域だけだが、大会の模様がテレビで放送することになったらしい)」 

響「ほらほらっ!うわぁぁーっ」グイグイ 

P「(くっそ……可愛いなもう!)」 

P「うん、しっかり映ってるな」 

響「でしょ?もっと褒めてもいいぞ!いや褒めろー!」 

P「あぁ、かわいい……響かわいいよ響。小さな体で、でもがんばって大きく見せようと元気よく動き回る響はかわいいなぁ……それにサラッとしたポニテがその魅力をさらに引き立て」 

響「ぁ……あぅ」カア 

P「(抱きしめて耳元で囁き続けてぇ)」


29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/25(木) 20:05:45.21 :Dmfsu2W+o

P「(あれ以来、響の仕事もすこしずつ増えてきていた)」 

P「(やっぱり世間は分かってくれたな、響のアイドルとしての魅力を)」 

P「(今頃、響を落とした審査員どもは目を丸くしてることだろう)」 

P「ざまぁみやがれってんだ」 

響「なにがだ?」 

P「うおっ!いたのか響。ちっちゃくて気づかなかった」 

響「うがーっ!自分、ちっちゃくないぞ!」 

P「ひびきんちっちゃかわいい」 

響「か、かわっ……ってだからちっちゃくない!」 

P「わははっ!ちっちゃいちっちゃい」 

響「うがあぁーっ!もう自分怒ったぞ!」 

P「ちっちゃいから怒っても怖くない」 

響「もーう!」プンプン


30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/25(木) 20:11:47.32 :Dmfsu2W+o

響「ねぇ、プロデューサー」 

P「どうした?」 

響「自分、その、完璧だけど、まだアイドルとしては未熟だし……まぁでも完璧なんだけど……」 

P「?」 

響「なんか自分でも何が言いたいのか、わかんなくなってきちゃった」 

P「おいっ」 

響「と、とにかく!」 

響「プロデューサーは、自分のプロデューサーなんだからっ!これからもずーーっと見ててくれなきゃやだぞ!」 

P「!……あぁ、ずっと見てるよ」 

響「そ、それだけ!」テレテレ 





おわり


31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/25(木) 20:13:11.54 :pY8zbYop0

乙 
響はかわいいなあ!

32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/25(木) 20:14:06.72 :qk9k8+G0o
乙 
すばらですの


33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/25(木) 20:15:53.47 :Dmfsu2W+o

意外と響の卓球について触れられてるSSがなかったもんで書いてみた。 

また思いついたら似たようなスレタイで立てるかもしれないです。


34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/25(木) 20:25:28.40 :BelkV+PD0
ぼかぁこういうSSが増えりゃいいと思うんだよ

35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/25(木) 20:35:38.94 :gbBYNKO6o
乙 
あまり生かされてないキャラ設定シリーズ…ありだとおもいます!

39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/25(木) 21:22:47.90 :8bdZlZVDO
響の素晴らしいが知らない審査員って…こいつは駄目だわ。 


良いスレだった!乙


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】響「ねぇ、プロデューサー」 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1374739535/