1:2014/06/01(日) 21:57:23.35 :SsvD8XpL0

ちひろ「あのー、凛ちゃん。ちょっといいですか?」 

凛「うん、どうしたの」 

ちひろ「いきなりなんですけど……愛の告白されるとしたら、どんな風にされたいですか?」 

凛「本当にいきなりだね……」 

ちひろ「さっき恋愛ドラマ見てたんです。なんだか気になっちゃって」 

凛「まあ、たまに考えるよね。そういうこと」 

ちひろ「ですよねっ! というわけで、教えてください!」 

凛「うーん……」 


2:2014/06/01(日) 22:02:03.43 :SsvD8XpL0

凛「まあ、告白なんてあっけないものだよ、たぶん。夢見すぎてもいけないと思う」 

ちひろ「えぇー。凛ちゃん理想が低いです」 

凛「だって告白するされる間柄なら言葉なんて、そう要らないんじゃない?」 

ちひろ「言葉って大切ですよ? 以心伝心なんて当てになりません!」 

凛「確かにテレパシーでスタドリは売れないと思うけど……」 

凛(……言葉か)ポワポワ 


3:2014/06/01(日) 22:06:54.82 :SsvD8XpL0


『なあ、凛。俺と一緒になってくれないか?』 

『……そんな簡単に頷くんだな』 

『もうちょっと、よく考えた方が良いんじゃないかな?』 

『だって、さり気なくとんでもないお願いするかもしれないだろ』 

『例えば……お嫁さんになってください、とかさ』 

『一度頷いちゃったら、取り返しはきかないけど……それでもいいよな?』 


凛(……大事かも)ポワワ 


5:2014/06/01(日) 22:13:00.19 :SsvD8XpL0

凛「……なるほど。言葉って大事だね」 

ちひろ「ですよね。大切な告白なんですし、大胆なのがいいですよ!」 

凛「だ、大胆!? あんまりとんでもないのはダメ!」 

ちひろ「それじゃつまらなくないですかー?」 

凛「それくらいでいいってば……!」 

ちひろ「凛ちゃんはもっと夢持ってもいいと思いますよ?」 

凛「戻れなくなるよ!」 

ちひろ「どこから!?」 

凛(一度夢見たら絶対覚めなくなる……) 





7:2014/06/01(日) 22:18:07.72 :SsvD8XpL0

ちひろ「有香ちゃんって結構モテそうですよね?」 

有香「私がですか? いえ、そんなことありませんよ」 

ちひろ「またまた、こんなに可愛いのに」 

有香「もう、おだてないでください。そうだとしても、Pさんのおかげですから」 

ちひろ「ああ、女の子は男の子のために綺麗になりますもんね!」 

有香「そ、そんなことありません!?」 

ちひろ「あんまり有香ちゃんがモテると、プロデューサーさんもうかうかできませんねー」 

有香(うかうかできない……?)ポワポワ 


8:2014/06/01(日) 22:24:16.29 :SsvD8XpL0


『すまん有香……もう、お前を可愛くしていくことが出来ない……』 

『今まで以上に可愛いお前を、他のやつに見せたくないんだ』 

『可愛い有香を、俺だけのものにしたい。俺のためだけに可愛くなってくれ!』 

『有香のこと、俺のものにしたいんだ。わかってくれるよな……?』 


有香(はわわっ……!?)ポワワ 


9:2014/06/01(日) 22:28:40.21 :SsvD8XpL0

有香「技ありっ!?」 

ちひろ「ひええっ!? 突然受身とってどうしたんですか!?」 

有香「耐えました! 一本は取らせませんでしたよ!」 

ちひろ「何と闘ってるんです……?」 

有香「負けません! 押忍っ!」 

ちひろ「有香ちゃんは無敵かも知れませんけど……でもやっぱり、プロデューサーさんには勝てませんよね?」 

有香「むっ、どういうことですか?」 

ちひろ「有香ちゃんが大好きな気持ちは、あの人が一番ですからね♪」 

有香「はうっ!! 一本!!」 

ちひろ「何が決まったんですか!?」 

有香(独り占め……!!) 





10:2014/06/01(日) 22:34:43.16 :SsvD8XpL0

ちひろ「紗南ちゃんは、プロデューサーさんとよくゲームするんですか?」 

紗南「ん? まーね。Pさんも中々ゲーマーだし」 

ちひろ「仲睦まじいですねー」 

紗南「ふふーん。あたしとPさんなら、攻略できないものはないよ!」 

ちひろ「クレーンゲームとかどうなんですか?」 

紗南「Pさんなら取り放題も夢じゃないかな?」 

ちひろ「へえ、アクションゲームは?」 

紗南「Pさんのコンボは手強いよ!」 

ちひろ「じゃあ恋愛ゲームは?」 

紗南「Pさんに落とせないヒロインはいない!」 

ちひろ「紗南ちゃんも落とすんですかねー?」 

紗南(そりゃPさんが全力で落としに……えっ?)ポワポワ 


12:2014/06/01(日) 22:39:29.59 :SsvD8XpL0


『さて、そろそろ紗南のことも攻略しないとな。完全攻略が目標だし』 

『紗南のルートに入るのには苦労したけど、おかげでコンプリートできそうだよ』 

『あ、抵抗しても無駄だぞ? 紗南がどれだけ頑張っても俺が必ず攻略しちゃうからね』 

『どんなエンディングでも、俺と紗南なら幸せになれる、いや、してやるからな……』 


紗南(堕ちた……)ポワワ 


14:2014/06/01(日) 22:46:17.83 :SsvD8XpL0

紗南「ち、チート禁止ー!」 

ちひろ「えー」 

紗南「あたしモブだから! 攻略できないの!」 

ちひろ「Pさんなら力ずくでしそうですけどね」 

紗南「っていうか、それならあたしの方が先に攻略してやるんだから!」 

ちひろ「わ、攻略合戦ですね」 

紗南「ゲームなら負けないし! 絶対負けない!」 

ちひろ「その意気ですよ紗南ちゃん!」 

紗南(……あれ? これって結局Pさんと……) 





15:2014/06/01(日) 22:54:55.99 :SsvD8XpL0

ちひろ「聖ちゃんは結構ロマンチストっぽいですね」 

聖「ロマンチスト……?」 

ちひろ「例えば、聖ちゃんが告白されるとしたら、どんな風にされたいですか?」 

聖「こ、告白、ですか……!?」 

ちひろ「いや聖ちゃん美人じゃないですか。もうモテモテですよ?」 

聖「そんな、こと……少し、困ります」 

ちひろ「恋もロマンチックなんでしょうねー」 

聖(ロマンチック……)ポワポワ 


17:2014/06/01(日) 23:02:23.58 :SsvD8XpL0


『そろそろ聖の返事も聴きたいな。俺は聖が好きだって伝えたぞ?』 

『聖なら、きっと愛情たっぷりに歌って返事してくれるよな』 

『ああ、返事を聴くまで聖のこと帰さないからな。こうやって、ぎゅーってし続けるぞ』 

『もちろん歌い終わりそうになったら、その唇を塞いであげるからな……?』 


聖(歌えません……っ!)ポワワ 


18:2014/06/01(日) 23:07:06.00 :SsvD8XpL0

聖「ぜ、全然ロマンチックじゃないです……!」 

ちひろ「あれー。聖ちゃん達らしいと思うんですけど……」 

聖「Pさんはそ、そんな人じゃ……」 

ちひろ「あらあらー? 私はPさんが相手だなんて言ってませんよー……へー?」 

聖「あっ、ちが……その、なんとなくで……!」 

ちひろ「なんとなく……愛しちゃってます?」 

聖「愛しっ……まだ、そういうのは早くて……!」 

ちひろ「ふふ。まだ……?」 

聖「あう……」 

ちひろ「大丈夫です! Pさんなら絶対、聖ちゃんと添い遂げてくれますよ!」 

聖(そんなの……毎日聖夜になっちゃう……っ) 





21:2014/06/01(日) 23:13:09.28 :SsvD8XpL0

ちひろ「加奈ちゃんは、告白とか夢見てそうですよね」 

加奈「ええっ!? 私にはまだ恋バナは早いですよぉ!」 

ちひろ「照れちゃって可愛いですねー。お相手はどんな人がいいですか?」 

加奈「そ、それはもちろん……優しくてかっこよくて、いつも私のこと見ててくれる……えへへ」 

ちひろ「プロデューサーさーん! 加奈ちゃんが呼んでますよー!」 

加奈「わー、わー!? やめてくださいーっ!」 

ちひろ「うふふふ、そのメモ帳見られたら、何か困ることがあるんですかー?」 

加奈(はうっ……)ポワポワ 


23:2014/06/01(日) 23:29:01.48 :SsvD8XpL0


『おっと加奈、そのメモ帳には何が書いてあるのかなー』 

『もしかして、俺と恋人同士になるための必勝法とか?』 

『まったく加奈は心配性だな。そこまで俺と一緒になりたかったのかな?』 

『大丈夫だぞ、そんなことメモしなくても。俺が直接、何度でも教え込んであげるから』 

『メモするまでもなく永遠に忘れられないくらい、ふたりでラブラブになってみようか……?』 


加奈(ラブラブ……っ!)ポワワ 


24:2014/06/01(日) 23:37:18.88 :SsvD8XpL0

加奈「め、メモどころじゃなくなっちゃいます!?」 

ちひろ「あらあら、加奈ちゃんもおませさんですね!」 

加奈「そ、そそそんなこと……ないこともないような、あるような……?」 

ちひろ「うふふ……プロデューサーさんも、色々と教えがいがありそうです」 

加奈「うう……これ以上は覚えきれませんよぉ……」 

ちひろ「いざという時はやっぱり、身体で覚えないとですね!」 

加奈「か、カラダでですか!?」 

ちひろ「ええ、アイドルは歌って踊るのがメインですし……あれ、加奈ちゃん?」 

加奈(プロデューサー専用のメモ帳にされちゃう……っ!) 





26:2014/06/01(日) 23:42:58.60 :SsvD8XpL0

ちひろ「あ、美嘉ちゃんと莉嘉ちゃん」 

美嘉「ちひろさん、おはよっ」 

莉嘉「おはよー! Pくんどこー?」 

ちひろ「残念だけど、プロデューサーさんはおでかけ中です」 

莉嘉「ぶぅ。つまんなーい!」 

ちひろ「まあまあ、私とお話でもして待ちましょう」 

美嘉「それがいいかもね。ヨユー持つのがオトナってやつ★」 

莉嘉「おおー。お姉ちゃんおっとなー!」 

ちひろ「じゃあ、オトナなお話……告白されるとしたら、どんな風にされたいですか?」 

莉嘉「はいはーい! 靴箱にラブレター入ってて、呼び出されたあと……って感じ!」 

美嘉「あはは、莉嘉古いよそれ! やっぱ夜景デートが定番っしょ!」 

ちひろ「ふふ、じゃあ……それより刺激的でオトナな告白、されてみたくないですか……?」 

莉嘉(刺激的で……)ポワポワ 

美嘉(オトナ……)ポワポワ 


28:2014/06/01(日) 23:47:43.81 :SsvD8XpL0


『莉嘉はまだまだお子様だな……そういう所も可愛いけど、早くオトナになりたいのか?』 

『しょうがないな。じゃあ俺とオトナの階段、ひとつひとつ上ってみるか』 

『心配はいらないよ。一段ずつ、俺がきちんとエスコートしてあげるからさ』 

『いっぱいオトナのこと教えてあげるから、ひとつも忘れちゃダメだぞ?』 

『オトナになったら、一緒にお姉ちゃんに自慢しちゃおうか……?』 


莉嘉(オトナってすごい……☆)ポワポワ 



『美嘉はもう十分大人だしな。子どもみたいにいちゃいちゃしなくても、いいよな』 

『なんたってお姉ちゃんだし、まさか甘えちゃったりしてこないよな』 

『もちろん甘えてもいいけど……子ども扱いしちゃうぞ?』 

『もし美嘉がまだまだ子どもだったら、厳しい教育が必要だよな』 

『ああ、安心していいぞ。美嘉が大人になれるまで、俺が手取り足取り、肌身離さず付いていてあげるから』 

『それで大人になったら、ちゃんと妹に報告しないとな。大人になった美嘉の姿を、な……?』 


美嘉(大人ってすご……★)ポワポワ 


29:2014/06/01(日) 23:49:57.15 :SsvD8XpL0

美嘉「うわわ、無し無しそういうの! 莉嘉にはまだ早いって!」 

莉嘉「なんでー!? お姉ちゃんだけズルイー!」 

美嘉「あ、アタシも遠慮しとこうかなぁ……?」 

ちひろ「まぁまぁ、プロデューサーさんも、二人の成長を楽しみにしてることですし」 

莉嘉「やたーっ! Pくんが言うなら仕方ないよね☆」 

美嘉「だ、だだだめー! 莉嘉がするならアタシだってするもんっ!」 

莉嘉「じゃあ、莉嘉とお姉ちゃんとで一緒にしちゃうー?」 

美嘉「そ、それは……ぷ、プロデューサーの意見も必要じゃないかな!?」 

ちひろ「あ、プロデューサーさんおかえりなさーい」 

美嘉「わー! まだ心の準備がー!」 

莉嘉「お姉ちゃんどこ行くのー!?」 

ちひろ「ふふ……お二人にはまだ早かったですかね?」 

美嘉(もうちょっと待ってプロデューサー……!) 

莉嘉(お姉ちゃんと一緒に早くオトナになってー……えへへ☆) 





30:2014/06/01(日) 23:59:14.72 :SsvD8XpL0

ちひろ「あら、この眼鏡……誰のかしら?」 

春菜「すみませーん、この辺りに私の眼鏡を忘れてませんでしたか?」 

ちひろ「あ、春菜ちゃんのだったんですね。はい、どうぞ」 

春菜「ありがとうございますちひろさん! お礼に今度、ちひろさんに似合いそうな眼鏡差し上げますね!」 

ちひろ「あはは、楽しみにしておきます。春菜ちゃんは、ほんとに眼鏡が好きなんですねー」 

春菜「ええそれはもう。眼鏡と一心同体ですからね!」 

ちひろ「でもたまには、眼鏡を着けてない春菜ちゃんも見てみたいです」 

春菜「うーん、多分一生着けたままでいるんじゃないかと思いますけど……」 

ちひろ「プロデューサーさんも見たいって言ってましたよ?」 

春菜(Pさんが……)ポワポワ 


31:2014/06/02(月) 00:07:22.77 :Nkiop9kh0


『せっかく二人きりになれたのに……まだ眼鏡着けるんだ?』 

『いいや、似合ってるよ。その眼鏡、とても可愛いと思う』 

『でもね。俺といるときは、可愛い眼鏡を外していて欲しいんだ』 

『もしかすると、春菜が眼鏡にヤキモチ妬くかもしれないだろ?』 

『俺が好きなのは春菜だよ。眼鏡をかけなくても、はっきり見えるくらい近くにいて欲しいな……』 


春菜(ア、アリかもですね……っ!)ポワワ 


32:2014/06/02(月) 00:16:08.78 :Nkiop9kh0

春菜「だ、だからって眼鏡は外せませんけどっ!」 

ちひろ「ちぇー。残念です」 

春菜「期待してもダメですよ! 眼鏡は私にとって体の一部みたいなものですから!」 

ちひろ「隠された部分が見たいです!」 

春菜「見せません!」 

ちひろ「うう……見れるのはプロデューサーさんだけなんですね……」 

春菜「や、Pさんにも見せませんよ!?」 

ちひろ「ぶー。けちー」 

春菜(でも寝てる間にこっそり、なんて……!?) 





33:2014/06/02(月) 00:19:43.25 :Nkiop9kh0

ちひろ「美優さん、そのドレス似合ってますね!」 

美優「そうですか……? ふふ、嬉しいです」 

ちひろ「でも美優さんほど綺麗な人が、未だに独身だなんて信じられません……」 

美優「もう。おだてても何も出ませんよ」 

ちひろ「いやいや、ほんとです! 私がプロデューサーだったら放っておきませんし!」 

美優「ありがとうございます……でも、お断りしなくちゃ」 

ちひろ「あ、もう心に決めた人がいらっしゃると?」 

美優「い、いえ……そういうわけではっ。あの、アイドルだから……」 

ちひろ「あら? プロデューサーさんが、美優さんといると楽しいな、って言ってましたよ?」 

美優「えっ!」 

ちひろ「プロデューサーさんと一緒なら、毎日がドキドキハラハラだと思うんですけどね……」 

美優(毎日が……?)ポワポワ


34:2014/06/02(月) 00:22:52.01 :Nkiop9kh0


『美優さん、いよいよこの日が来ましたね』 

『今日という日を待ち焦がれてたんです。あなたと出会ったその日から、ずっとね』 

『今から美優さんは、永遠に俺と離れることができなくなりますからね。心の準備はできてますか?』 

『愛の契りを交わしたその瞬間から……俺と美優さんの、運命が一つになるんです』 

『ふたりの愛の結晶、一緒に育んでいきましょうね?』 


美優(ドキドキ孕孕……!?) 


35:2014/06/02(月) 00:28:19.94 :Nkiop9kh0

美優「そんなのダメです……身体がもちませんっ!」 

ちひろ「そ、そんなに嫌なんですか?」 

美優「あの、嫌ではないんですよっ? でも私の身体がもつかどうか……!」 

ちひろ(ああ……プロデューサーさんとのデートは大変ですからね) 

ちひろ「プロデューサーさんなら一日中もありえますねー」 

美優「一日中……!? Pさんと、一日中……!?」 

ちひろ「多分、プロデューサーさんならそうでしょう! なんたって美優さんですし」 

美優「うう……ち、ちなみに、あの、何人くらい欲しがってるんでしょう……?」 

ちひろ(何人? ああ、新しいアイドルの数かな?) 

ちひろ「たしかこの前、あと20人は欲しいって言ってましたよ?」 

美優「に、20人……が、頑張ります!!」 

ちひろ「卯月ちゃんのマネですか? 可愛いですよ♪」 

美優「この調子で夜も頑張らないと……!」 

ちひろ「いいなあ、結婚……」 

美優(栄養つけて、健康にも気を配って……いつでも万全にしなきゃっ) 


38:2014/06/02(月) 00:37:08.63 :Nkiop9kh0

ちひろ「泉ちゃんはほんとクールですねー……」 

泉「……? ちひろさん、よく分からないよそれ」 

ちひろ「いえいえ。褒めてるんですよ、いつでもクールだなって!」 

泉「そうかな。無愛想って言われるだけだと思うのだけど……」 

ちひろ「無愛想だなんて、とんでもないです! 泉ちゃんは実は感情豊かな娘ですよ?」 

泉「いまいち実感がないけど……どうして?」 

ちひろ「だって、プロデューサーさんがよく話してくれますからね!」 

泉「Pが……?」 

ちひろ「はい! 泉ちゃんのこと、知り尽くしてる人ですよ!」 

泉(私が……知り尽くされて……?)ポワポワ 


39:2014/06/02(月) 00:40:51.20 :Nkiop9kh0


『フフ……好きな娘のことで知らないことが、俺にあるとでも思ってたのかな?』 

『残念だけど、泉の全ては俺の手の中だよ。好き嫌いも得手不得手も、ね』 

『つまり……今、泉が俺に望んでいることも、ぜんぶ分かってるんだ』 

『でも、もしかしたら間違ってるかもしれないな……それだと面白くないよな?』 

『皆まで言わなくても、泉なら察してくれるだろ? 可愛いおねだり、泉の口から聴きたいな……?』 


泉(はっきんぐされるぅ……っ!) 


40:2014/06/02(月) 00:45:34.75 :Nkiop9kh0

泉「私の心を弄ぶのはダメ!」 

ちひろ「ぷ、プロデューサーさんはそんなことしませんよ!?」 

泉「わからないよ。Pは、簡単に心のセキュリティを破ってくるから」 

ちひろ「おや、経験談ですか? ちょっと詳しく聞きたいです!」 

泉「や、私は大丈夫。理性がある限り負けないよ」 

ちひろ「あちゃ、やっぱり泉ちゃんはクールですねー」 

泉(理性を無くしたことがないとは言ってないけど……ね) 


41:2014/06/02(月) 00:48:19.73 :Nkiop9kh0

ちひろ「暑いですね……茜ちゃん……」 

茜「そうですか? 今日は涼しくていい天気だと思います!!」 

ちひろ「だって最高気温が、今月最高らしいじゃないですか……」 

茜「太陽も元気です!! 負けてられませんよ、ちひろさんっ!!」 

ちひろ「熱い……やっぱり、茜ちゃんがされる告白も、相当熱いんですかね?」 

茜「告白? なんのですか?」 

ちひろ「それはもちろん、愛の、ですよ」 

茜(あ……愛!?)ポワポワ 


42:2014/06/02(月) 01:03:06.73 :Nkiop9kh0


『茜ーーー!! 茜、聞こえるか? 茜!! 返事はしなくてもいい……ただ聞いていてくれればいい……』 

『俺の理性は逝ってしまったよ・・・全て自分が悪かった、って言い残してね。でも、そんな事はもういいんだ……』 

『……いいんだよ。それとも、その事で俺がお前を責めるって思ってるのか?』 

『なぁ、俺達はこの一年間、一体何をしてきたんだ? 俺達のこの一年間は一体何だったんだ……?』 

『まだ何も答えなんて出てないじゃないか……』 

『……憶えてるか? あの時、事務所で初めて出会った俺達は、ちひろさんに無理やりプロデュースを押し付けられて……』 

『何もわからないまま、芸能界というリングに放り出された……』 

『俺は、無我夢中で闘った!! でも終わってみれば、周りは素知らぬ顔で後のことしか考えちゃいない』 

『でもそれで、俺達のプロデュースが終わってしまっていい訳がないだろ……?』 

『確かに、俺達はLIVEに勝った。でもそれは全て、お前がいつも一緒に居てくれたお陰なんだ』 

『そうだよ……お前と俺とで闘ってきた勝利なんだ。だから、これからも一緒じゃなくちゃ意味が無くなるんだ』 

『なぁ茜、総選挙の朝、俺は言ったよな?CDデビューしたら、お前に聞いて欲しいことがあるって』 

『俺はプロデュースすることしか出来ない不器用な男だ。だから、こんな風にしか言えない……』 

『俺は……お前が……お前が…………』 

『お前が好きだぁ!!!! お前が欲しいーーー!!!!』 

『茜ーーーッ!!!!』 


茜(プロデューサーーーっっ……!!!!)ポワワ 


46:2014/06/02(月) 01:15:58.71 :Nkiop9kh0

茜「そ、そんなの恥ずかしすぎます!!」 

ちひろ「わ、珍しく茜ちゃんが照れてます」 

茜「な、なんなんですかプロデューサーは!! 私、許せません!!」 

ちひろ「うわー……茜ちゃんが怒ってます……!」 

茜「罰として、その……今度ふたりでお出かけします!!」 

ちひろ「かわいい」 

茜「私に相応しいプロデューサーになれるよう、一から鍛えなおしですから!!」 

ちひろ「あ、プロデューサーさんと休み合わせときますねー」 

茜「ありがとうございます!!」 

ちひろ「いやー、プロデューサーさんも幸せ者ですね! こんなに愛してもらえるなんて!」 

茜「あ、あいっ……!? と、とととりあえず走ってきまーーーーすっ!!!」 

ちひろ「え、こんな暑いのに!?」 

茜(熱々カップルになっちゃうじゃないですかーーー……!!!) 


47:2014/06/02(月) 01:36:19.96 :Nkiop9kh0

ちひろ「皆、もうちょっと夢があればいいんですけどねえ……」 

ちひろ「せっかくの愛の告白くらい、夢見てもいいですよね」 

ちひろ「プロデューサーさんとか、絶対大胆な告白してきそうです!」 

ちひろ『もうお前しか見えない……お前のためなら世界を敵に回してもいい!』 

ちひろ「とか……」 

ちひろ『ちひろのためなら死ねる!』 

ちひろ「なーんて言われたりしてっ!」 

まゆ「それいいですねぇ」 

ちひろ「そう思いますよねっ!」 

まゆ「まゆもPさんにそう言われたいです」 

ちひろ「やっと共感してくれる人に出会えましたよー!」 

まゆ「ウェディングドレスまで着せて……うふふ」 

ちひろ「捗りますね! ところでさっきから姿が見えませんけどどこに」 


48:2014/06/02(月) 01:40:39.34 :Nkiop9kh0

P「っくちゅん」 

凛「どうしたの? 風邪?」 

卯月「風邪は饅頭の元ですよ、プロデューサーさん!」 

未央「いやしまむー、万病だから!」 

P「いやな……誰かが噂してるのかもな」 

凛「ふーん……ところでさ」 

P「うん?」 

凛「えっと……何か……言うことない?」 

未央「ごめんしぶりん! この前しぶりんのロケ弁から、から揚げ一個貰っちゃった!」 

卯月「ええっ!? 私の分の減りが早かったのも、未央ちゃんのせいだったんですか!?」 

未央「それ、しまむーが食いしん坊なだけだし!」 

P「今日はオフだぞ?」 

凛「そうじゃなくて……やっぱなんでもない。っていうか未央それ初耳」 

未央「えへへ」 

P「変な凛」 

凛「はいはい」 

卯月「?」 

未央「?」 


凛(やっぱり言葉がなくても……ね) 


49:2014/06/02(月) 01:43:18.51 :Nkiop9kh0

おしまい 
茜がやりたかっただけ


51:2014/06/02(月) 01:54:33.08 :lddmhzn7o
石破ラブラブ乙驚拳


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1401627443