1:2013/12/23(月) 15:56:07.98 :EtejHcYu0

のんびりと書いていきます


2:2013/12/23(月) 16:08:34.25 :EtejHcYu0

ちひろ「雪乃ちゃーん、ちょっといいですか?」 

雪乃「はいはい、なんでしょう?」 

ちひろ「今度のクリスマスライブの衣装が届きましたよ」 

雪乃「まあ、とっても可愛らしくて素敵ですわ♪」 

ちひろ「そうですね、プロデューサーさんが一生懸命打ち合わせしてましたし」 

雪乃「さすがPさんですね♪」 

ちひろ「試着してもらえますか?大丈夫だとは思うんですけど....」 

雪乃「わかりました、では更衣室をお借りしますね」 

ちひろ「はーい、よろしくお願いします」 




雪乃「フンフン♪Pさんが私のためにあつらえてくださった衣装♪」 

雪乃「本当に素敵♪それでは....」 


ググッ... 


雪乃「あら?入らない....」


3:2013/12/23(月) 16:20:15.87 :EtejHcYu0

雪乃「そんなはずは...でもファスナーが...」グググッ... 

雪乃「い、息を止めれば....」 

雪乃「ん~.....」ググッ 

雪乃「ぷはっ....入りませんわ....」 

雪乃「えいっ!んんっ!」グッ! グッ! 


コンコン 


「もしもし?誰か入ってますか?」 

雪乃「あ、愛梨ちゃん?私です!」 

愛梨「あっ、雪乃さんですか♪なんか変な声がしてましたけど....」 

雪乃「何でもありませんわ!お、お気になさらず!すぐに出ますから!」 

愛梨「急がなくても大丈夫ですよ♪あっ、そうそう....」 

愛梨「またケーキ作ってきましたから、紅茶淹れてもらってもいいですか?」 

雪乃「え、ええ!楽しみにしてます!あとで淹れますからね!」 

愛梨「はーい、ありがとうございます♪」テクテク...


4:2013/12/23(月) 16:33:28.67 :EtejHcYu0

雪乃「ケーキ...」 

雪乃「そういえばここ最近お茶会の回数が増えたような....」 

雪乃「愛梨ちゃんのクリームたっぷりケーキ、かな子ちゃんのさくさくクッキー...」 

雪乃「法子ちゃんお手製のドーナツに、楓さんのスルメ....は違いますけど....」 

雪乃「皆さんが色々持ち寄っていただけるから....」 

雪乃「ついつい食べ過ぎたかも.....」 

ちひろ「雪乃ちゃん、もう終わりました?」 

雪乃「も、もう少しですわ!」 

ちひろ「プロフィール通りの寸法になってるらしいですけど、もしかして着れないとか....」 

雪乃「そんな事ありませんわ!ピッタリです!」 

ちひろ「ならよかったです、じゃあプロデューサーさんにも大丈夫だったって報告しておきますね」 

雪乃「あっ....その...」 

ちひろ「はい?」 

雪乃「....いえ、なんでもないです」 



雪乃(と、とにかく...ライブまでまだ時間がありますわ...) 

雪乃(それまでにこの衣装が入るようにダイエットしないと.....) 

雪乃(うぅぅ....Pさんや皆さんとの楽しいお茶会が....)


9:2013/12/23(月) 20:19:29.84 :EtejHcYu0

------ 


雪乃「はぁ....」 

P「雪乃、なんだか元気ないな」 

雪乃「そ、そうでしょうか?」 

P「大丈夫なのか?ライブも近いんだぞ」 

雪乃「し、心配ご無用ですわ!Pさんのご期待を裏切るようなマネは致しませんから....」 

P「それならいいけど、なにかあるんだったらすぐに言えよ?お茶会も付き合うし...」 

雪乃「は、はい....ぜひぜひ....」 

ちひろ「プロデューサーさん、お電話です」 

P「今行きまーす、じゃあな」 

雪乃「ええ、お仕事がんばってください...」


10:2013/12/23(月) 20:30:59.14 :EtejHcYu0

雪乃(Pさん、やはり優しくて素敵ですわね...) 

雪乃(けれどこの相原雪乃、ライブまでに身体を絞らなければなりませんの!) 

雪乃(その為にはお茶会の開催を控えねばなりません...) 

雪乃(皆さまとの楽しい時間を過ごせないのはとても残念ですが、ライブを成功させるためにも....) 

愛梨「ゆっきっのさん♪」ピョンッ 

雪乃「あら、愛梨ちゃん、どうしました?」 

愛梨「えへへっ♪また新作作ったんです!今度はイチゴのケーキ♪」 

雪乃「まあ、美味しそう♪早速お茶会を.....あっ!」 

愛梨「どうしたんですか?」 

雪乃「愛梨ちゃん、せっかくですけど今回はちょっと....」 

愛梨「ええっ!?どうかしたんですか!?」 

雪乃「べ、別にそうではないんですけど、今日は....」 

愛梨「雪乃さんに食べてもらおうと思ったんですけど....仕方ないですね....」 

雪乃(ああ、愛梨ちゃんがあんなに悲しそうに....) 

雪乃「や、やっぱりお茶にしましょう!なんだかすごく飲みたくなってきましたわ!」 

愛梨「えっ、本当ですか?」 

雪乃「ええ、すぐに用意しますから待っててくださいね」


12:2013/12/24(火) 18:52:54.43 :wWReSyGp0

------ 


愛梨「ん~、いい香り♪」 

雪乃「今日はディンブラにしましたの、イチゴのケーキに合うかと思って...」 

愛梨「ありがとうございます雪乃さん、とっても美味しいです!」 

雪乃「そう言っていただけて嬉しいですわ」 

愛梨「雪乃さん、あーん♪」 

雪乃「え、えっと....」 

愛梨「食べないんですか?」 

雪乃(食べたい...とっても美味しそうですけどダイエットが....) 

愛梨「今日はとっても上手にできたんですけど....」 

雪乃「いただきます!すごく美味しそうですわね、愛梨ちゃんのケーキ!」 

愛梨「本当ですか?それじゃ、あーん♪」 

雪乃「あ、あーん....」パクッ 

愛梨「どうですか?」 

雪乃「と、とっても美味しいですわ....」 

雪乃(本当に美味しいですけどカロリーが...) 

雪乃(でも愛梨ちゃんの悲しそうな顔を見たら断れませんわ....)


13:2013/12/24(火) 19:00:06.88 :wWReSyGp0

------ 


愛梨「雪乃さんが淹れてくれる紅茶って本当に美味しいです!」 

雪乃「あら、そうですか?」 

愛梨「はい!なんていうのかな....とっても優しい味がするんです」 

愛梨「レッスンの後とかお仕事の後とか....疲れてる時に雪乃さんのお茶を飲むと元気が湧いてきます♪」 

雪乃「そう言っていただけるなんて嬉しいですわ♪」 

愛梨「きっと雪乃さんが優しい人だから紅茶にその優しさが伝わるんですね!」 

雪乃「まあ...愛梨ちゃんったら♪」 

愛梨「おかわりもらえますか?」 

雪乃「もちろんですわ、ささっ、どうぞ♪」 

愛梨「ありがとうございます、ケーキもまだありますからね」 

雪乃「え、ええ....ありがとうございます....」


15:2013/12/24(火) 19:11:43.26 :wWReSyGp0

------ 


雪乃(はぁ...結局なんだかんだで食べてしまいましたわ...) 

雪乃(昼間に食べた分だけ晩御飯と朝御飯を抜いたから....) 

雪乃(お腹がすきました....)ググーッ... 

雪乃(でもライブまで間がありませんし、ダイエットしないと....) 



法子「雪乃さーん!」 

雪乃「あら、法子ちゃん」 

法子「見て見て!新作ドーナツゲットしてきたんだよ!」 

雪乃「そ、そうですか....」 

法子「雪乃さんにもあげるね!はい、あーん♪」 

雪乃「あ、あの...私は...」 

法子「どうしたの?いつもは喜んで食べてくれるのに....」 

雪乃「え、えっとですね...」 

法子「....もしかしてあんまり好きじゃなかった?」 

雪乃「そ、そんなことありませんわ!いただきます!あーん...」 

法子「はい、どうぞ」 


パクッ 


法子「どう?美味しい?」 

雪乃「お、おいひいですわ....」


16:2013/12/24(火) 19:38:38.10 :wWReSyGp0

飛鳥「んっ、なんだか甘い匂いがするね」 

法子「飛鳥ちゃんも食べる?新作ドーナツ!」 

飛鳥「ドーナツ...悪くないね...」 

法子「あっ、ついでに雪乃さんの紅茶も飲もうよ!ねっ?」 

飛鳥「紅茶か、ボクお茶の類は苦手なんだけど....」 

雪乃「あら、どうしてですの?」 

飛鳥「どっちかといえばコーヒーの方が好きなんだ、カフェインは脳を活性化させるからね」 

雪乃「あら、そうですの....」 

法子「飛鳥ちゃんって入ってきたばっかりでイマイチよくわからないよね....」ヒソヒソ 

雪乃「.....」ジーッ 

飛鳥「どうしたんだい?なにか気に障る事でも言ったかな?」 

雪乃「....飛鳥ちゃん、苦手なんておっしゃらずに飲んでみませんか?飲みやすい紅茶を入れて差し上げます」 

法子「そうだよ!雪乃さんの淹れてくれる紅茶、美味しいんだよ?」 

飛鳥「....そこまで言うのなら飲んであげない事もないよ」 

雪乃「ええ、ぜひ♪」


17:2013/12/24(火) 20:09:00.06 :wWReSyGp0

------ 



雪乃「どうですか?」 

飛鳥「うん...まあ、たまには悪くないね」 

法子「あたしのドーナツも食べてよ、ほらほら!」 

飛鳥「ありがとう、ボクが言うのもなんだけどここの事務所の人たちは変わってるなぁ」 

法子「どういう事?」 

飛鳥「だって来たばっかりのボクにこんなに声をかけるなんて、変わってるよ」 

法子「そうかなぁ?」 

飛鳥「ボクを見て思わなかったのかい、痛いヤツだ、とかさ...」 

雪乃「あら、そんなこと思ったりしませんわ、ねぇ法子ちゃん?」 

法子「うんうん、だけどあたし初めて飛鳥ちゃんを見た時にすっごく可愛い子だな、とは思ったよ?」 

飛鳥「へぇ、そうかのかい?」 

法子「その髪も個性的だしカッコいいし、なんていうかこう...ミステリアスって感じ!」 

飛鳥「ふーん、キミはなかなか面白いね」 

法子「でも一番に思ったのはこの子に一番最初に渡すドーナツは何にしようかなって事だけどね♪」 

飛鳥「そうか....興味深い考え方だな」 

雪乃「ふふっ、私たちの事務所のアイドルたちは見た目で人を判断したりはしませんわ、だって見た目も個性の一つですもの」 

雪乃「みんないい人ばかりです、だから飛鳥ちゃんもすぐに慣れると思います」 

飛鳥「そうかな?」 

雪乃「ぜひまたこのお茶会にいらしてくださいな、いつでも歓迎致します」 

法子「そうだよ、あたしのドーナツもごちそうしちゃう!」 

飛鳥「本当に変わった人たちだ....」 

飛鳥「でもやっぱり面白いね、キミたちは...」


19:2013/12/24(火) 21:48:50.89 :wWReSyGp0

------ 


雪乃「ふふっ、楽しいお茶会でしたわ」 

雪乃「飛鳥ちゃんもきっと私たちと仲良くなれますわね♪」 

雪乃「でも結局ドーナツをたくさん食べてしまいました....」 

雪乃「これではいけませんわ、もっと本気でダイエットに打ち込み...」 

かな子「あっ、雪乃さん...」 

雪乃「あら、かな子ちゃん....」 

かな子「これ、クッキー焼いてきたんです、よかったら...」 

雪乃(うぅぅ...美味しそうですけどそろそろ...) 

美玲「......」ジーッ 

雪乃「美玲ちゃん?どうしたんですのそんなところから見て...」 

かな子「美玲ちゃんも食べたいの?あげるよ?」 

美玲「べ、別にそんなのいらないっ!」 

かな子「別に遠慮しなくてもいいよ、ほらどうぞ♪」 

美玲「だ、だから別に....」 


グーッ... 


美玲「.....////」カアァァァァ 

雪乃「あら....」 

かな子「おなか減ってたの?」 

美玲「そんなわけないだろッ!ひっかくぞッ!」 

雪乃「ふふっ、美玲ちゃんこちらへどうぞ♪美味しい紅茶を入れて差し上げますわ」


21:2013/12/24(火) 21:59:51.69 :wWReSyGp0

------ 


美玲「はむっ....」モグモグ... 

かな子「美味しい?」 

美玲「ま、まあ悪くないなッ!」 

雪乃「あらあら、素直に美味しいと言った方がいいですわよ?」 

美玲「フン!こんなものでウチが餌付けされると思ったら大間違い....ゲホッ!ゲホッ!」 

かな子「大丈夫?のどに詰まっちゃった?」 

雪乃「落ち着いてください美玲ちゃん、ほら紅茶を....」 

美玲「んぐっ....けふっ...」 

かな子「慌てなくても大丈夫だよ、まだまだいっぱいあるからね?」ナデナデ 

美玲「うぅぅ...みんなでウチのこと子供扱いして....」 

雪乃「別にそんなことありませんわ、ただ....」 

美玲「ただ?」 

雪乃「美玲ちゃんがあんまり可愛いからついつい....ですわ♪」 

美玲「な、なんだよそれッ!?」 

雪乃「だって....ねぇかな子ちゃん?」 

かな子「そうですね、美玲ちゃん可愛いんだもん♪」ナデナデ 

美玲「がおーッ!ひっかくぞオマエらッ!」


22:2013/12/24(火) 22:08:04.17 :wWReSyGp0

かな子「美玲ちゃん、雪乃さんの紅茶はどう?」 

美玲「別にこんなの....」 

雪乃「あら、そうでしたの?残念ですわ....」 

美玲「あぅ...」 

かな子「美玲ちゃん、素直に...ねっ?」 

美玲「フン!こんなのよりメロンソーダの方が美味しいモン!」 

雪乃「あらあら....」 

美玲「でも...ウチはこの味、嫌いじゃないぞ...」 

美玲「だから、どうしてもっていうんなら時々飲んでやるッ!」 

雪乃「まあ♪それでも嬉しいですわ」 

美玲「フン!」 

かな子「ふふっ、本当はとっても美味しかったんでしょ?」 

美玲「そ、そんなことないッ!」 

かな子「でもとっても美味しそうに飲んでたよ?」 

美玲「う、うるさーいッ!この!」ムニュッ 

かな子「きゃっ....ちょ、ちょっと美玲ちゃん...」 

美玲「この....えっと....ブヨブヨ!ブヨブヨー!」 

かな子「や、やめてよぅ美玲ちゃん...」 

雪乃「あらあら、美玲ちゃんったら♪」


25:2013/12/24(火) 22:23:22.02 :wWReSyGp0

------ 


雪乃「美玲ちゃん、喜んでくれたようですわ」 

雪乃「やはりお茶会はいいものですわね♪」 

雪乃「って、またクッキーをたくさん食べてしまいました....」 

雪乃「本番まで間がありませんのに....」 

雪乃「も、もう一度衣装を試着してみましょう....」 

ちひろ「あれ?雪乃ちゃん、どうかしました?」 

雪乃「い、いえ別に....」 

ちひろ「ならいいですけど、私ちょっと出かけてきますね」 

雪乃「は、はいどうぞ....いってらっしゃいませ...」 

ちひろ「行ってきまーす」ガチャッ 

雪乃「だ、大丈夫ですわ、きっと...」 

雪乃「確かに間食はしちゃいましたけど食事の量自体は減ってるはずですし....」 

雪乃「ちゃんと入るはず...」 


ググッ... 


雪乃「あ、あら...入りませんわ...」


26:2013/12/24(火) 22:30:06.50 :wWReSyGp0

雪乃「ど、どうしましょう...このままでは....」 

雪乃「えいっ!えいっ!ふん~.....」 

雪乃「も、もう少しで....」 


グラッ 


雪乃「きゃあ!!」バタンッ 

雪乃「いたたた....転んでしまいました...」 

雪乃「グスッ....これではライブに間に合いませんわ...」 

雪乃「Pさんの期待を裏切る事に....」 


ガチャッ 


P「ただいま戻りま....っ!?」 

雪乃「あっ、Pさん....」 

P「ゆ、雪乃!?下着姿でなにやって....」 

雪乃「えっ?きゃあっ!見てはいけませんわ!」 

P「わ、悪い!」


27:2013/12/24(火) 22:39:49.54 :wWReSyGp0

------ 


P「なるほど、それで最近元気がなかったのか...」 

雪乃「申し訳ありません、私が日頃の節制を怠ったせいで....」 

P「そんなことはないさ、雪乃は一生懸命やってるよ」 

雪乃「でも、せっかくPさんがあつらえてくださった衣装が着られないなんて....」 

雪乃「私....アイドルとして失格ですわ...」 

雪乃「本当にゴメンなさい...ヒック...グスッ...」 

P「その事なんだがな、雪乃?」 

雪乃「はい?」 

P「俺も謝らなくちゃいけないんだ、すまん!」 

雪乃「な、なにをですか?」 

P「実はこの前の衣装なんだけどさ、届いた後に業者から連絡が来てな....」 

P「どうもサイズを間違えて作っちゃったみたいなんだ、後で平謝りされたよ」 

雪乃「...つまり?」 

P「一回り小さく作ったんだって、それで今新しいのをもらってきたところだ」 

雪乃「ということは、私が着ようとしていたのは....」 

P「元々入るサイズじゃなかったってことさ」


28:2013/12/24(火) 22:47:19.59 :wWReSyGp0

------ 


P「雪乃、もう振り返ってもいいか?」 

雪乃「ええ、どうぞ」 

P「それじゃ....おおっ...」 

雪乃「いかがですか、Pさん?」 

P「すごくよく似合ってるよ...なんていうか...可愛いな」 

雪乃「ふふっ、ありがとうございます♪」 

P「悪かったな、もっと早く伝えればよかったんだが...」 

雪乃「別に構いませんわ、私もよく確認しなかったのがいけないんですもの」 

P「無理にダイエットなんかさせてしまって...」 

雪乃「いえ、ライブ前に身体を絞らなければなりませんもの、ちょうどよかったですわ」 

P「そうかな?」 

雪乃「どうも私は誘惑に弱いようですわ、ダイエットしなくてはいけないとわかっていてもついつい食べてしまうんですもの....」


29:2013/12/24(火) 22:56:33.89 :wWReSyGp0

P「でも雪乃のお茶会は今やこの事務所に欠かせないものだよ」 

雪乃「あら、そうですか?」 

P「この事務所のアイドルは全員雪乃のお茶会に参加経験があるだろ?」 

雪乃「ええ、皆さんの事を知るにはいっしょに楽しくお茶を飲むのが一番ですもの」 

P「いきなり事務所に入って緊張してる子でも雪乃のお茶会に参加するとリラックスできるんだ」 

P「雪乃の雰囲気や美味しい紅茶のおかげでな」 

雪乃「そう言っていただけて何よりですわ♪」 

P「今回だってダイエットしなくちゃと思ってたけど新人の飛鳥やお菓子を作ってくれるアイドルたちの事を思うとお茶会をせずにはいられなかったんだろ?」 

雪乃「それは....」 

P「雪乃はこの事務所では年長の方だし、みんなのお姉さん的存在だもんな」 

P「本当にありがとう雪乃、お前のお茶会、俺も毎回楽しみにしてるよ」 

P「いつも美味しい紅茶、ありがとな」 

雪乃「Pさん....」


30:2013/12/24(火) 23:43:49.47 :wWReSyGp0

P「雪乃、クリスマスライブよろしくな」 

雪乃「ふふっ、お任せください、それとPさん?」 

P「なんだ?」 

雪乃「よろしければ、紅茶をお淹れしますわ」 

P「ああ、もらうよ」 

雪乃「やはり、Pさんとのお茶会がないとダメですわね」 

P「そうなのか?」 

雪乃「ええ、あなたと過ごす時間は私にとって何物にも代えがたいものですもの」 

P「そうか...」 

雪乃「ええ....あっ、そうですわPさん、ひとつお願いがあるのですけれど...」 

P「お願い?」 

雪乃「はい、クリスマスライブは必ず成功させて見せますわ」 

雪乃「ですからそれが終わった後は....」 

雪乃「私と二人っきりでデートなんていかがですか?」 

P「で、デート!?」 

雪乃「....ダメですか?」 

P「う、うーん....」 

雪乃「お願いです、ねっ?」ギュッ 

P「.....みんなには内緒だぞ?」 

雪乃「ふふっ、もちろんです♪二人っきりの秘密ですもの...」 

P「まったく...雪乃がこんなこと言うなんて...」 

雪乃「聖なる夜ですから、大胆になってしまうのかもしれませんわね....」 

雪乃「Pさん、ライブの後は楽しみにしていてください...」 

P「ああ、そうするよ...」 





雪乃「うふふっ、ふたりっきりで甘々な時間を過ごしましょうね♪」 




おわり


31:2013/12/24(火) 23:45:17.62 :wWReSyGp0

駄文失礼しました~ 
ゆきのん再登場おめでとう! 
とても好きな子なんですけどイマイチ扱いが... 
こうなればSSを書いてステマするっきゃない! 
というわけで今度はSRですよ運営さん! 
ではまた~


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1387781767