1:2014/06/04(水) 10:41:08.40 :P04HLcnH0

のんびりと書いていきます


2:2014/06/04(水) 10:54:42.81 :P04HLcnH0

みく「たっだいまにゃー!」 

P「みく、ライブお疲れ様」 

みく「Pチャン、今日のみくのライブどうだったにゃ?」 

P「バッチリだったよ、ファンの人たちもノリノリだったぞ」 

みく「にゃふふ♪Pチャンもノリノリだった?」 

P「ああ、とっても楽しそうに歌ってたからな」 

みく「うん!みんなが盛り上がってるのを見たらみくまで楽しくなっちゃったにゃ♪」 

P「なるほどな、だが楽しくなるのはいいけどそのせいでミスしたりするなよ?」 

みく「だいじょーぶ!いつも気を付けてるにゃ」 

P「それなら安心だな」 

みく「そーそー、安心しててねPチャン♪」 

P「わかったよ、とにかくお疲れ様、みく」ナデナデ 

みく「にゃふふ~、もっと撫でて♪」 





『撫でられて嬉しそうに笑う』


3:2014/06/04(水) 11:20:24.47 :P04HLcnH0

P「おーいみく、ちょっといいか?」 

みく「なーに?」 

P「今度さ、お前にアニメの声優の仕事が来てるんだけど」 

みく「にゃっ!?声のお仕事かにゃ!?」 

P「ああ、どうする?やってみるか?」 

みく「やりたいやりたい!すっごくやりたいにゃー!」 

P「オッケー、じゃあ先方にはやりたがってるって伝えとくから」 

みく「はーい!みくがんばっちゃうにゃー!」 

P「でもみくが声の仕事とは...」 

みく「なにPチャン?もしかしてみくの声に不安でもあるの?」 

P「いやいや、みくの声は綺麗だと思うし好きだけどさ...」 

みく「す、好き?へ、へぇ...そうなんだ...」 

P「でもほら、声優は流暢な発音が求められるし」 

みく「だいじょーぶ!みく早口言葉とか得意だにゃ!」 

P「本当か?」 

みく「本当にゃ!」 

P「じゃあ東京特許許可局って3回言ってみろ」 

みく「東京特許許可局、東京許可局、東京とっきょきょゃ...」 

P「はいアウト」 

みく「もうー!途中までは言えてたのに!ほんま腹立つ!」 

P「ほんま?」 

みく「あっ...今のなし!今のなしにゃ!」 

P「わかってるよ、前川みくが実は関西弁抜けきらなくて困ってるってことなんて知らないぞ」 

みく「も、もうー!Pチャンのバカバカ!」ポカポカ 




『恥ずかしそうに怒る』


6:2014/06/04(水) 11:57:03.43 :P04HLcnH0

みく「うにゃーん!Pチャーン!」ダキッ 

P「おぉ、どうしたんだみく」 

みく「のあにゃんがみくのお弁当食べちゃったにゃ!」 

P「のあさんが?まったくあの人は...」 

みく「グスッ...ハンバーグ弁当楽しみにしてたのに...」 

P「よしよし、のあさんには俺から注意しておくからな」 

みく「お腹減ったにゃ...」グゥゥゥ... 

P「俺の弁当でよかったら食べるか?」 

みく「いいの?」 

P「ああ、その代わり午後の仕事がんばってくれよ?」 

みく「うん!ありがとPチャン♪」 

P「ほら、どうぞ」 

みく「はーい、いただきま...」パカッ 

みく「ふにゃああああ!」 

P「ど、どうした!?」 

みく「Pチャン、このお弁当シャケ弁当にゃ!みくお魚食べられないにゃ!」 

P「あっ、忘れてた...」 

みく「うわぁぁん!Pチャンまでみくのこといじめるにゃー!」 

P「ご、ゴメン...じゃあなにか別のもの買ってくるから...」 




『お昼ごはんを食べられなくて号泣』


12:2014/06/04(水) 12:57:52.35 :P04HLcnH0

みく「ふにゃぁ~...」 

P「んっ、疲れたのか?」 

みく「そんなことないにゃ...ちょっと眠いだけ...」 

P「昨日は遅くまで残ってレッスンしてたらしいな、トレーナーさんが褒めてたぞ」 

みく「ホント?それは嬉しいにゃ....ふにゃぁ...」 

P「ほら、やっぱり疲れてるみたいだ、少し休め」 

みく「いいの?」 

P「まだ次の仕事まで時間があるからな、出発の前になったら起こしてやるよ」 

みく「うん...ありがとPチャン...じゃあソファーで横になるにゃ...」 

P「ソファーでいいのか?ベッドの方が...」 

みく「ここでいいにゃ...あっ、ちょっとここに来て座ってくれる?」 

P「なんだ?」 


ポスッ 


P「むっ...」 

みく「ん~...Pチャンのお膝ちょっと硬いにゃ...」 

P「悪かったな、硬くて」 

みく「でも嫌いじゃないにゃ...ちょっとお膝借りるね?」 

P「俺の膝でいいのか?」 

みく「うん...なんか落ち着くの...」 

P「そっか...じゃあ少し寝ろ」 

みく「おやすみ...Pチャン...」 




「安心しきった表情で熟睡」


15:2014/06/04(水) 15:44:30.30 :P04HLcnH0

P「みく、嬉しいお知らせだぞ」 

みく「なになに?」 

P「今回事務所内で新しく猫耳ユニットを組むことになったんだけどな...」 

みく「ふむふむ、猫耳の...」 

P「みくがそのユニットのメンバーに入ることに決定したんだ」 

みく「えっ、みくが!?」 

P「しかもリーダーだぞ、リーダー!事務所からもプッシュされるし、なによりユニットの顔ってことだ」 

みく「みくがリーダー...ユニットの顔...」 

P「ああ、一番目立つし注目されるぞ!」 

みく「ホント?やったー!嬉しいにゃー!」 

P「よかったなみく、忙しくなると思うけどがんばろうな」 

みく「うん♪ありがとPチャン!みく、がんばるね!」 

P「スケジュールも少しキツくなるけど無理するなよ?」 

みく「ふふん、Pチャンこそ無理しないでよね♪」 

P「こいつめ」ナデナデ 

みく「んふふ♪ところでみく以外には誰がメンバーなの?」 

P「他?のあさんとアーニャだよ」 

みく「うーん、何気に濃いメンバーだにゃ...」 




『嬉しさ半分、不安半分な表情』


17:2014/06/04(水) 16:42:56.34 :P04HLcnH0

みく「Pチャーン、ちょっと頼みがあるにゃ」 

P「おっ、なんだ?」 

みく「ちょっと台本の読み合わせにつきあってほしいにゃ」 

P「ああ、今度出る劇場版アニメのやつか」 

みく「そーいうことにゃ、ダメ?」 

P「いやいいよ、今ちょうど急ぎの仕事もないしな」 

みく「それじゃこのシーンから頼むにゃ」 

P「よし、どれどれ...」 



みく「『実は...ずっと前から言いたい事があったの...』」 

P「『ああ...』」 

みく「『私ね...初めて会った時から...』」 

みく「『ずっと...ずっとずっと!』」 



みく「『あなたの事が...好きだったの...』」 




みく「うーん、こんな感じかにゃ...Pチャン、どう?」 

P「....」 

みく「Pチャン?」 

P「みく、お前そんなセリフも言えるんだな...」 

みく「にゃっ!?どういう意味!?」 

P「いや、あのみくが真面目な顔して告白のセリフなんか言うもんだからさ...」 

みく「ふふーん♪ドキドキした?」 

P「ああ、本当の告白みたいだった...」 

みく「にゃふふ、Pチャンをドキドキさせるなんてみくの演技力もたいしたもんにゃ♪」 

P(妙に気持ちがこもってたような...) 




『真面目な顔で告白のセリフ』


21:2014/06/04(水) 19:38:53.80 :P04HLcnH0

P「みく...本当にお疲れ様」 

みく「うん...Pチャン、今日のみくどうだった?」 

P「すごくキラキラしてたよ」 

みく「可愛かった?」 

P「とってもな、それに元気いっぱいだった」 

みく「えへへ...にゃん・にゃん・にゃんのラストライブだもん、盛り上げないといけないにゃ」 

P「そうだな...すごく盛り上がってたよ」 

みく「ふふっ、まだ興奮してる...」 

P「無理もないさ、そろそろ行こう、風邪引くぞ?」 

みく「...ねえPチャン?」 

P「...なんだ?」 

みく「みく、ちゃんとリーダーできてたかな...」 

P「当たり前だろ、ライブもMCもバッチリこなしてたよ」 

みく「そっか...よかった...」 

P「やっぱり解散となるとさびしいか?」 

みく「うん、すごく大変だったけど...やっぱり思い入れあるし...なんだかんだで楽しかったもん」 

P「みく...」 

みく「ふふっ、大丈夫だよPチャン♪明日からはまた元気にアイドルするにゃ!」 

みく「だから....」 


ギュッ 


みく「今は...ちょっとだけこうしてて...」 




『さびしそうな顔で抱きつく』


22:2014/06/04(水) 20:00:29.55 :P04HLcnH0

みく「PチャンPチャン、見て見て!かわいいにゃー♪」 

P「そうだな、でもなんだか落ち着かないな...」 

みく「あれ?猫カフェに来たの初めて?」 

P「男ひとりだとなかなかな...」 

みく「ふふっ、じゃあこれからはみくがいっしょに来てあげるにゃ♪それなら恥ずかしくないでしょ?」 

P「まあ、それはそうだけどさ...」 

みく「難しいこと考えないで、素直にこの猫ちゃんを抱っこすればいいにゃ、ほら♪」 

P「おぉ...可愛いなぁ...」 

みく「みくも部屋で猫飼いたいにゃあ...」 

P「そういえば寮はペット禁止だもんな」 

みく「そうにゃ、Pチャンの力で寮でもペット飼えるようにできないの?」 

P「無理言うなよ、でもずっと寮に住んでるわけじゃないし、いつかはみくだって引っ越すだろ」 

みく「それはそうだけどにゃ...ちなみにPチャンのマンションってペットOK?」 

P「一応な」 

みく「ふぅーん...」 

P「なんだよ?」 

みく「なんでもない♪それよりこっちの猫ちゃんも可愛いよ?」 




『含みのある微笑み』


24:2014/06/04(水) 22:24:36.04 :P04HLcnH0

みく「むにゃむにゃ...」 

P「こらみく、いつまで寝てるんだ?そろそろ起きろ」 

みく「うーん、あと少し...」 

P「今日はこの子のネコグッズ買いに行くんだろ?」 

「にゃー」 

みく「ふにゃあ...うん、そうだね...」 

P「早く顔を洗ってこい、朝飯出来てるぞ」 

みく「...今日の朝ごはん何?」 

P「味噌汁と焼き魚だ」 

みく「お魚はいやにゃー...」 

P「好き嫌いはダメだ、ほれ早く起きろ」 

みく「はーい、でもその前に...なにか忘れてない?」 

P「はいはい」チュッ 

みく「うん...ありがと...」 

P「もう大丈夫だな、早くしないとこの子が起こるぞ?」 

「んにゃー♪」 

みく「にゃあ...今起きるから待っててね」ナデナデ 



『寝ぼけみく』


26:2014/06/04(水) 22:40:26.13 :P04HLcnH0

「それでは...誓いのキスを」 


P「はい...」 

みく「...Pチャン、緊張してる?」 

P「まあ...」 

みく「ふふっ♪」チュッ 

P「んっ...」 


パチパチパチパチ... 


P「みく...こういうのは男の方からって...」 

みく「だってPチャンがあんまりガチガチになってるから、ついイタズラしたくなっちゃったんだもん♪」ペロッ 

P「まったくお前は...」 

みく「にゃふふ、ゴメンね♪」 

P「いや、なんだか安心したよ、それでこそみくだ」 

みく「どういたしまして、旦那様♪」 

P「これからよろしくな、みく」 




みく「これからは...ずっといっしょだからね♪」 




『幸せそうな微笑み』


27:2014/06/04(水) 23:00:22.20 :P04HLcnH0

みく「Pチャン、何見てるの?」 

P「みくの昔のアルバムだよ、アイドル時代のな」 

みく「あっ、懐かしいなぁ」 

P「みくがいろんな事やらされてた時だな」 

みく「ふふっ、そうだね♪Pチャンにはいろんな事させられたもんね」 

P「でも見ろよ、これに映ってるみくはどれもいい表情してるぞ?」 

みく「うん、楽しくて笑ったり、辛くて泣いたりもしたけど...どれも大切な思い出だよ」 

P「ああ、俺にとってもかけがいのない日々だったさ」 

みく「ねえ、今のみくとどっちがいい表情してる?」 

P「そうだなぁ、俺は今のみくだと思うよ」 

みく「そうなの?」 

P「アイドルのみくもいい表情だけど、今のみくは俺の奥さんとして家事をがんばってるからな、イキイキしてる感じがする」 

みく「まあね、今は敏腕プロデューサーを支えなきゃいけないし、それに...」 


「ママぁ、だっこ...」 


みく「はいはい、甘えん坊さんだね♪」 

P「それに子育てだもんな、毎日大変そうだ」 

みく「うん、大変だけど毎日楽しいよ♪」 

P「そっか...すっかり立派なママだな...」 

みく「Pチャンこそ立派なパパだよ?」 

P「うん...やっぱり昔より今の方がいい表情してるよ」 

みく「ありがと♪」 

P「愛してるぞみく...」 

みく「私も♪」チュッ 




『とても幸せな微笑み』 




おわり


29:2014/06/04(水) 23:02:15.93 :P04HLcnH0

駄文失礼しました~ 
えっ?百面相って言ったのに10個しか書いてない? 
逆に考えるんだ 残りの90個は想像で補える、と 
あとみくにゃんといっしょだと表情がコロコロ変わっておもしろそうです 
ではまた~


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1401846068