1:2014/03/06(木) 20:03:59.66 :dIpQZd9no

沙織「んだば、つぐればいいよー。皆良い人だから」 

文香「……らない」 

沙織「え?」 

文香「つくり方……よく、分からなくて」 

沙織「友達のつぐり方かぁ……」


2:2014/03/06(木) 20:07:07.80 :dIpQZd9no

ちひろ「え?友達のつくり方?」 

沙織「何とかできねーですかね」 

ちひろ「えぇ、できますよ。今からでも大丈夫です」 

文香「……本当ですか?」 

ちひろ「もちろん。まず、友達になりたい人のプロフィールから『友達希望』をクリックして……」 

沙織「ち、ちょっと待って、ちひろさん」 

ちひろ「はい?」


4:2014/03/06(木) 20:09:30.72 :dIpQZd9no

ちひろ「あぁ、『モバ友』の方じゃないんですね」 

文香「すみません……」 

沙織「何か方法とか知ってたら、おねげーできませんか」 

ちひろ「そうですねぇ……友達をすぐに作る方法、ないこともないですけど」 

文香「どんな方法ですか……?」 

ちひろ「未使用のモバコインカードを扇状に重ねて、相手の頬を引っぱたくんです」 

沙織「え゛っ」 

文香「そ、それは……」


6:2014/03/06(木) 20:13:16.11 :dIpQZd9no

ちひろ「冗談ですよ冗談。それで、文香ちゃんの趣味は?」 

文香「趣味、ですか……?」 

ちひろ「共通の趣味を持つ人を探した方がいいですよ。話の幅も広がりますし」 

文香「えっと……本屋巡りとか……」 

ちひろ「でしたら、本を趣味にしていそうなアイドルさんを探せば良いのです」 

文香「本……」 

ちひろ「例えば、あそこで本を読んでる子なんかどうでしょう?」 



ありす「………」ペラッ


8:2014/03/06(木) 20:15:33.23 :dIpQZd9no

沙織「ありすちゃんですね。新刊のミステリー小説に最近ハマってるとがって」 

ちひろ「早速アタックしてみませんか?」 

文香「え?で、でも……」 

ちひろ「ガチャもコミュもアイドルデビューも、思い切りが肝心ですよ!」ドン 

文香「あぅっ」 



ありす「………」 

文香「あ、あの……」 

ありす「?……あ、新しく入ったアイドルさんですか」


9:2014/03/06(木) 20:18:56.90 :dIpQZd9no

文香「え、えっと……ありす、ちゃn」 

ありす「橘でいいです」 

文香「……橘さん。その……今、読んでるのは」 

ありす「これですか?『真・かまいさんたちの夜』と言って……」 

文香「あの、雪山のペンションが舞台の……」 

ありす「そうです、雪山の……あれ?もしかして、読んだ事あるんですか?」 

文香「はい……カップルが、殺人事件に巻き込まれて……」 



沙織「うまぐいってるみてーですね」 

ちひろ「こういう事は先に話しかけなければ、何事も始まりませんからね」


10:2014/03/06(木) 20:21:11.11 :dIpQZd9no

文香「カテゴリ的には、クローズドサークル系の小説で……」 

文香「ミステリー、ホラー、サスペンス……それぞれ交差しているのが、特徴ですね」 

ありす「その通りです。閉鎖空間って、本当にドキドキしますよね」 

文香「それで……確か犯人は、ヤスで……」 

ありす「」 



文香「まず、死○と一緒に」 

ありす「わー!わー!わーっ!!」ガタタッ 

文香「動機は……」 

ありす「だ、だめぇーーーーーーーーっ!!!」


11:2014/03/06(木) 20:23:10.09 :dIpQZd9no

文香「………」ショボーン 

ちひろ「ネタバレはいけませんよ、ネタバレは」 

沙織「んだんだ」 

文香「……もう、読んでしまってると思って……」 

ちひろ「確かに勢いは大事ですけど、思い込みで突っ込み過ぎてはいけません」 

文香「はい……」 

沙織「まぁ、よぐあることだから。次から気をつければ……」


13:2014/03/06(木) 20:28:58.49 :dIpQZd9no

風香「沙織さーん」 

沙織「あ、風香ちゃん」 

風香「あの、今度書いた小説なんですけど」 

沙織「うっ……また出来たの?」 

風香「はい!」 

沙織「……そ、そうだ!文香ちゃんに見てもらうのはどう?」 

風香「え?文香さん?」 

沙織「文香ちゃんはね、わだすより小説に詳しいんだよ!ね?」


16:2014/03/06(木) 20:31:17.08 :dIpQZd9no

文香「えっと……」 

風香「文香さん、読んで頂けますか?」 

文香「……やってみます……」 

風香「読み終わったら、感想も一緒にお願いします!」 



ちひろ「なかなか良い感じじゃないですか」 

沙織「……文香ちゃん、余計な事言わねーといいんだけんど……」 

ちひろ「え?」


17:2014/03/06(木) 20:34:42.42 :dIpQZd9no

文香「あの……読み終わりました」 

風香「もうですか!?」 

文香「えっと……題材は、とても良かったです」 

文香「剣と魔法の時代、時を駆けるファンタジー……この世に悪があるならば、それは人の心……」 

文香「テーマや設定も斬新で……すごく凝ってるのが、分かります」 

風香「そ、そうですか?えへへ……」 



文香「ただ……少し、残念な点が」 

風香「え?」


18:2014/03/06(木) 20:38:49.39 :dIpQZd9no

文香「三点リーダー……ちょっと多用し過ぎで……」 

文香「読点も、かなり多く使ってましたね……」 

風香「うっ……」 

文香「この書き方だと……読む人がイライラする、かな?」 

風香「そ、そうですか?味が出て、良いと思ってたんですけど……」 

文香「あと……主人公、ナイトハルト・ミュラーの……幼馴染の女の子だけど」 

風香「……何か、問題が?」 

文香「主人公より、活躍し過ぎで……結構、ウザいかなって」 

風香「」グサッ


19:2014/03/06(木) 20:41:31.12 :dIpQZd9no

文香「博学多才、沈着冷静で……誰からも慕われて、頼られてて……」 

文香「その子にしかない能力があって……その子の言う事は全部正しくて……」 

風香「だ、だってあの子は、作中のキーパーソンですし……」 

文香「それにしたって……出番多すぎでは?」 

風香「うぅぅ……」 

文香「ピンチを都合良く切り抜けたり……対立した人はすぐ退場したり……」 

文香「暇さえあれば主人公と……いちゃラブしたり……」 

文香「もう、その……存在そのものがウザい……と言うか」 

風香「」グサグサッ


21:2014/03/06(木) 20:45:40.91 :dIpQZd9no

文香「……多分、この子さえいなければ……もっと面白く出来r」 

風香「う、うわぁぁぁーん!」ダッ 





文香「ど、どうして……?」 

沙織「……文香ちゃん、幼馴染の名前は?」 

文香「えっと……法術士、フーカ・マリーンドルフ……あっ」


24:2014/03/06(木) 20:50:45.96 :dIpQZd9no

ちひろ「友達を作るにはまず、他人への思いやりが必要です」 

ちひろ「思うところがあっても、そのままズバズバ言ってはいけませんよ」 

文香「……はい」 

沙織「まぁ、よぐあることだから。次から気をつければ……」 



比奈「沙織ちゃん、ちょっといいスか?」 

沙織「あ、比奈ちゃん」 

文香「」ササッ


26:2014/03/06(木) 20:56:37.38 :dIpQZd9no

比奈「こないだ借りた本、返しに来たッスよ。いやー、マジ参考になったッス」 

沙織「あぁ、それはよがっ……文香ちゃん?」 

文香「………」コソコソ 

比奈「……あ、鷺沢文香」 

文香「」ビクッ 

ちひろ「あれ、もうお知り合いになってたんですか」 

比奈「知り合いも何も……」 



文香「は、廃刊になった漫画雑誌の話は、もう……」 

比奈「廃刊じゃねぇッス!休刊ッス!!」


27:2014/03/06(木) 21:03:38.14 :dIpQZd9no

沙織「な、何の話?」 

比奈「この女、前にコミックボンボンを侮辱したッス。コロコロ派だったッス」 

文香「……実際、コロコロの方が生き残ってますし……」 

比奈「漫画は売上より質が大事なんスよ!それが分かってねぇッス!」 

比奈「コロコロなんてミニ四駆やヨーヨー、TCGばかりのオモチャ雑誌だったじゃねぇスか!」 

文香「ボンボンだってプラモデルやゲーム、扱ってましたし……」 

文香「でも結局、売れませんでしたし……ロックマンXとか、打ち切r」 

比奈「岩本先生を馬鹿にするなッス!!」バンッ


28:2014/03/06(木) 21:07:19.43 :dIpQZd9no

沙織「ひ、比奈ちゃん、ちょっとこっちに」 

比奈「がるるるる……」 



文香「………」ビクビク 

ちひろ「だから言ったじゃないですか……好きなものを否定されたら、誰だって怒りますよ」 

文香「だってあの人も、前にコロコロを……」 

ちひろ「相手が思想的に相容れない人でも、空気を読むのは大事です」 

ちひろ「さっきみたいに、余計なトラブルを招きたくないのでしたらね」 

文香「は、はい……」


29:2014/03/06(木) 21:10:14.36 :dIpQZd9no

沙織「比奈ちゃんの方は、何とかなりましたけど……」 

文香「………」 

ちひろ「まだ一人も出来ませんね、友達」 

沙織「どうすたらいいですかね」 

文香「………」 



ちひろ「……まだ思い当たる人が、いるにはいるんですけど」


30:2014/03/06(木) 21:14:42.98 :dIpQZd9no

由里子「ほっほーう……その子がアタシと同好の士になりたい、と」 

ちひろ「え、えぇ」 

文香「………」 

由里子「ま、別にいいですけど。門戸は何時でも開けっ放し、来る者拒まずが基本だじぇー」 



沙織「……あの、ちひろさん」 

ちひろ「来る者拒まずって言ってますし、これはきっと上手くいきますよ」 

沙織「………」


33:2014/03/06(木) 21:19:03.35 :dIpQZd9no

由里子「で、文香っちは、どのジャンルの薄い本に興味あるの?」 

文香「薄い本?……週刊誌ですか?」 

由里子「いや、そういうんじゃなくて。もっとこう、ヒワイな感じの」 

文香「……18禁の雑誌ですか?」 

由里子「んあぁー、近い!近いけど、そうでなく……」 

文香「?」 

由里子「えっと……文香っち、ちょっといい?これ、見てほしいんだけど」ゴソゴソ


35:2014/03/06(木) 21:23:08.64 :dIpQZd9no

由里子「――文香っちの事だけど……アタシには、ちょっと無理かも」 

ちひろ「はい?」 

沙織「でもさっき、来る者拒まずって……」 



由里子「趣味ってさ、人に強制されてやるべきものじゃなくて……」 

由里子「自分からのめり込む“道”であるべきだと思うんだよね」 

沙織「ゆ、由里子さんが真顔に……!?」


37:2014/03/06(木) 21:27:07.84 :dIpQZd9no

ちひろ「……また何か言ったんですか?」 

文香「男の人同士が、抱き合う絵を見せられたんですけど……」 

沙織「!?」 

文香「その、感想をと言われて……特に何も、変には……」 

沙織「え?」 

文香「ただのスキンシップ、ですよね?あの絵って……」 

ちひろ「え、えーっと……」 



由里子「腐ったユリユリに……無垢なこの子は、眩し過ぎるじぇ……!」 


39:2014/03/06(木) 21:30:58.58 :dIpQZd9no

ちひろ「……あの、文香ちゃん」 

文香「はい」 

ちひろ「プロデューサーさんには、相談したんですか?」 

文香「………」 

沙織「あ、そう言えば……」 

ちひろ「こういう事はやっぱり、プロデューサーさんに任せるのが一番だと思うんですよ」 



文香「相談は、したんですけど……」


40:2014/03/06(木) 21:33:54.51 :dIpQZd9no

P『友達の作り方を教えて欲しいって?』 

P『オーケー文香、そういうことならお安い御用だ。俺に全て任せてくれ』 

P『そうだなぁ、露出を上げるのもいいが……サイズ一回り小さ目で、生地が薄めのタートルネックはどうだい?』 

P『浮き出す胸元をアピールできるし、そこはかとないエ□さもある。服の上からでも分かるエ□は何よりも重要だぞ』 

P『エ□とはイコール全裸じゃあないし、それでは品が無いからな。やはり着衣が……文香?』 

P『あれ、どこに……おーい、文香ー?』 



沙織「………」 

ちひろ「本当にあの人はデリカシーもクソもありませんね……」


41:2014/03/06(木) 21:37:15.15 :dIpQZd9no

千夏「あ、いたいた。ちひろさん、ちょっと」 

ちひろ「どうしました?」 

千夏「プロデューサーが、モバコインの価格変更の事で話したいことがあるんですって」 

ちひろ「はぁ、またですか?……じゃあ千夏さん、代わりに二人のことお願いしますね」 

千夏「へ?あ、ちょっと……」 



文香「………」 

沙織「千夏さん、助けてくだせ~」 

千夏「何?どうしたの?」


43:2014/03/06(木) 21:43:59.76 :dIpQZd9no

千夏「友達の作り方?」 

文香「………」 

沙織「今まで何人か当たってきたんですけど、全部駄目で……」 

千夏「そ、そうだったの」 

沙織「何とかできねーですかね?」 

千夏「……先に私の用事を済ませたいんだけど、あなた達も一緒に来ない?」 

沙織「どこへ行ぐんです?」 

千夏「ちょっと、夕美の所にね」


44:2014/03/06(木) 21:47:47.55 :dIpQZd9no

千夏「夕美ー、来たわよー?」ガサガサ 

文香「寮の裏に、ビニールハウス……?」 

沙織「このお花、全部夕美ちゃんが?」 

千夏「まぁ、大体はね。実質栽培してるのはあの子だし……」 

千夏「ありすちゃんがイチゴ狩りしてたポスターは、ここで撮ったものだそうよ」 

沙織「へぇ~」 

千夏「ありすちゃんが入ってたチューリップも、ここで栽培したものらしいわ」 

沙織「へぇ~」 



沙織「……えっ?あれも?」 

千夏「冗談よ」


45:2014/03/06(木) 21:50:25.45 :dIpQZd9no

夕美「待ってましたよ、千夏さん!」 

千夏「もう出来てる?」 

夕美「薄紫のビオラでしたよね♪完成してますよっ」 

沙織「お花を貰いに来たんですか?」 

千夏「ううん、正確には花じゃないんだけど……」 

夕美「本当にビオラで良かったんですか?パンジーもお似合いだと思うんですけど♪」 

千夏「……花言葉でからかってることくらい分かるわよ、夕美」 

夕美「あ、バレちゃいました?千夏さんは物知りだから困っちゃうなぁ、もう」


48:2014/03/06(木) 21:55:19.28 :dIpQZd9no

夕美「はい、頼まれてた押し花です。大事にしてあげて下さいね」 

千夏「いつもながら良く出来てるわね」 

夕美「そりゃあ、丹精込めてつくってますからっ」 



文香「あ、あの……!」 

夕美「?」 

文香「その栞……よく、見せてくれませんか……!?」 

千夏「別に構わないけど……どうかしたの?」スッ 

文香「……こ、これ……あぁっ!!」ガタガタ 

沙織「ふ、文香ちゃん?」


49:2014/03/06(木) 22:01:02.65 :dIpQZd9no

飛鳥『フフフ……インフィニティ・ジェノサイダー……』ゴゴゴゴゴ 

光『!?』 

飛鳥『さぁ、虚無に還ろう……デッド・エンド・シュート』カッ 

光『う、うわぁぁぁぁぁぁぁぁッ!!』 


チュドーン 



沙織「(――ってレベルの衝撃を受けてる……!?)」 

文香「!……!!」プルプル


50:2014/03/06(木) 22:03:42.66 :dIpQZd9no

夕美「千夏さん、この子は?」 

千夏「最近入ってきた子でね、栞もらうついでに連れてきたんだけど」 

文香「……あの」 

夕美「?」 

文香「私……こういう、者です」スッ 

沙織「名刺……じゃなくて、栞?」 

夕美「わぁ、可愛いですね!あなたも押し花、作って……」 



夕美「っ!!」ビクン


51:2014/03/06(木) 22:06:07.97 :dIpQZd9no

菜々『う、嘘でしょ?……既にこれ程のピュア・エネルギーを、あの子は……!?』 

こずえ『ふわぁー……こずえ、もうあきちゃったから……』ゴゴゴゴゴ 

こずえ『これで、さいごにしてあげるねー……?』ゴゴゴゴゴゴ 

心『!あ、あの構えは……逃げて、ナナーッ!!』 

こずえ『……ばぁーん』ビッ 


ガオンッ 



沙織「(――という規模の衝撃を、夕美ちゃんも……!?)」 

夕美「!……!!」ガタガタ


53:2014/03/06(木) 22:10:21.78 :dIpQZd9no

文香「………」 

夕美「……な、名前は?」 

文香「……鷺沢、文香……」 

夕美「鷺沢さん……ううん、文香ちゃんっ!」 

夕美「私……私、こんなに綺麗な栞、初めて見たっ!」ギュッ 

文香「そんな……私のなんて、夕美さん程の物じゃ……」 



沙織「な、何だかすんごい進展してねーですか、あの二人」 

千夏「そうね。夕美が口を閉じたのなんて初めて見たわ……」


54:2014/03/06(木) 22:14:16.86 :dIpQZd9no

千夏「じゃあ夕美、私はこれで失礼するわね」 

夕美「あ、はーい」 

文香「沙織さん、私……夕美さんともう少し、話がしたいから」 

沙織「あ、うん……じゃあ、また後でね」 

夕美「文香ちゃーん♪見せたいものがあるの、ちょっと来てくれる?」 

文香「はい……!」ワクワク 



千夏「どうやら出来たみたいね、友達」 

沙織「あんな簡単につぐれるもんなんですね……」


56:2014/03/06(木) 22:18:07.70 :dIpQZd9no

千夏「……友達ってね、肩肘張って作ろうとするものじゃないと思うの」 

千夏「小さなきっかけか何かあれば、ああやって自然に作れちゃうものなのよ」 

沙織「……わだすがこげな事しなぐても、文香ちゃんは大丈夫だったんですね」 

千夏「それは違うわ。夕美と文香ちゃんが出会えたのは、あなたが協力してくれたおかげでしょう?」 

沙織「そ、そうですか?」 

千夏「ええ。彼女だって、きっと感謝してるはずよ」 

沙織「……文香ちゃんの力になれたなら……わだすも、嬉しいです」


57:2014/03/06(木) 22:20:29.13 :dIpQZd9no

千夏「ところで、さっきからずっと気になってたのだけれど……」 

沙織「?」 





千夏「あなた、文香ちゃんの友達じゃないの?」 

沙織「え?……あっ」 



おわり


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1394103839