1:◆qEJgO2U6bM:2014/03/18(火) 21:21:19.23 :Hig5IsaDO

肇「そうですね。お茶がおいしいです」 

聖「…あったかい…です」コク 

柚「お菓子もたくさんあるよっ」ポポポン 

聖「わぁっ…」パァ 

肇「柚ちゃんすごい…手品みたい」 

柚「へへー」 

杏「飴はあるかね飴は」ガサ 



・みじかい 
・ゆるい 


3:◆qEJgO2U6bM:2014/03/18(火) 21:25:12.85 :XcKPVioeo

柚「へへっ柚のパーカーのポケットはマホウのポケットなのだー。はいっ聖チャン♪」ポイポイ 

聖「あむ。あ…ありがとう。えへへ…」 

杏「あむあむ。ゆず結婚してくれ」 

柚「あわっ」 

柚「杏サンにぷろぽーずされたカモっ。どうしよー肇チャン!」 

肇「え、ど、どうって…えっと」カサ… 

肇「…添い遂げる決意をするには、もう少し交際期間を経てからの方がよいのでは…?」パク 

柚「なるほど!」 

柚「じゃー杏サンっ友達からでどぉかなー?」ペカー 

杏「あー。振られちゃったかー」 

聖「…ど…どんまい、です」 

柚「はい!友情の証のあめだよー」 

杏「わーい。友達ばんざい」あむ 

肇(…合ってたかな…)パキ 

肇(…あ、この雷おこしおいしい…ふふ…)ニヘラ 


4:◆qEJgO2U6bM:2014/03/18(火) 21:28:33.69 :Hig5IsaDO

杏「うーん」ころころ・・ 

杏「平和だとは思うけど、私はいつもこんな感じだからなぁ」 

杏「今日が特別平和だって思うことはないかな」 

柚「そっかー」 

聖「…でも、今日は…事務所に来るまで…大変だったので」 

聖「いますごく…ほっとします…」はふ・・ 

杏「それはそうだね。このところ風も強いし引きこもりがはかどるよね」ヘヘ 

柚「こずえチャンは傘を差すと飛んじゃうって言ってたよ」 

聖「そ、それは…大変です…」アワワ… 

肇(…おじいちゃん、川に行ったりしてないといいけど…あっべつに実家の方は天気いいのかな?)ハテ… 


5:◆qEJgO2U6bM:2014/03/18(火) 21:31:38.06 :XcKPVioeo

柚「あれ?でも今日杏サン事務所に来てるよ?」 

杏「杏さん来てるねー」 

杏「なんかごろごろしてて気づいたら日付が変わってた」テヘ 

聖「…え、え?」 

柚「日付が変わることはあっても朝になってることはないカモ…」 

杏「ないかー」 

聖「??…た、たいむとらべるですか…」 

柚「ン??」 

杏(聖はよふかしとかしないんだなぁ。まだはやいか…いやでもまじめっ子だねぇ)アムアム 

肇「…」ゴソゴソ 

肇(ふふ。こういうときはすまーとふぉんです…えいっ)ペチ 

肇(……どうやって調べるんだろ)ツンツン 

聖「?」 


6:◆qEJgO2U6bM:2014/03/18(火) 21:34:15.35 :Hig5IsaDO

杏「昨日プロデューサー泊まり込んで仕事してたからね。ついそのまま一緒にだらだらしてた」 

柚「あっそうなんだ。Pサン大変だー」 

杏「ね。もう少しのんびり生きるといいのにね」 

柚「でも柚たちのためにがんばってくれてるからねー」エヘー 

柚「いまはお外にお仕事かナ?」 

杏「いや、一旦帰ったんじゃないかな。着替えとかシャワーとかで」 

柚「そかそか。じゃあ柚がご飯でも作っておいてあげようかなっ」 

杏(やさしい…柚は案外尽くすタイプなのか…) 

柚「へへ。杏サンもどぉ?」 

杏「あーうん。杏さんはいまちょっとこたつから出られそうにないかなー」 

柚「あと…ううん。そうじゃなくて」 

柚「せっかくだし一緒に作ってあげよーかなって。なにか食べたいものって、あるかナー?」ニパー 

杏「おお。そっちか」 

杏「不覚にもきゅんときた…」 

柚「ン??」ニパニパ 

杏「やっぱり結婚してください」 

柚「あわっ。に、二回もかー、てれるなー」テヘテヘ 

聖「……ここを…こうすると…」ペチ 

肇「おおっ。う、動きました。…あ、くもり……大丈夫そう…」 

肇「ありがとう聖ちゃん。ほっとしました」フフ 

聖「い、いえ…」エヘヘ… 


7:◆qEJgO2U6bM:2014/03/18(火) 21:36:14.90 :XcKPVioeo

杏「へっへ。じゃあお言葉に甘えようかな。なんでも食べるよ」 

柚「そかっ。じゃーわふーなパスタなんてどーかな?」 

杏「いいね」 

聖「わふぅ…ですか?」 

柚「わふーですよー」 

杏(そんな口癖のキャラがいたなぁ) 

肇「なんだか可愛いですね」 

聖「わ、わふー」 

柚「わふー」ヘヘー 

杏「わふー」ゴロン 

肇「わ、わふー。こうですか?」 

柚「おお。可愛いよー」 

杏「そうだね」 

聖「…」コクコク 

肇「あ、あはは…なんだかてれますね…」 


8:◆qEJgO2U6bM:2014/03/18(火) 21:38:10.39 :Hig5IsaDO

柚「そうそうっ。せっかくだし、肇チャンが作ってくれたお皿を使わせてもらえたらなって」 

柚「和風パスタならぴったりでしょ?」 

肇「あ…それですか?はい。使ってくれるのは、嬉しいな。作った甲斐があります」 

柚「へへっやったぁ。ありがとー」ニパー 

柚「そうときまればお料理だー」パタパタ 

聖「だー」パタパタ 

肇「お茶のおかわりはどうですか?」 

杏「うん。ありがと」 

杏「これも肇が作ったんだっけ」 

肇「はい。杏さんも今度どうですか?」 

杏「うーん…どうせなら杏は湯呑み側になりたいなぁ」 

杏「だれかが勝手に形にしてくれるんだよ。素敵だと思わない?」 

肇「…」 

肇「はい。そう…ですね。そういうあり方も一つの生き方かもしれませんね。ふふ…」 

杏「うん」 


9:◆qEJgO2U6bM:2014/03/18(火) 21:40:36.46 :XcKPVioeo

柚「できたよー」 

聖「できました」 

肇「わ。おいしそう…」 

柚「Pサンのぶんはとりわけてラップしとこー。ぺりぺり」 

杏「ずるずる。うまー」 

聖「私も…手伝いました」フンス 

肇「…あーん…うん。おいしいよ」モグモグ 

聖「…」ホッ 

聖「よ、よかった…です」 

柚「よかったねー」ニヘー 

聖「は、はい」ニコ… 

肇「ふふ」ニコ 


10:◆qEJgO2U6bM:2014/03/18(火) 21:42:29.18 :Hig5IsaDO

柚「食後のお茶うまー」 

聖「…この湯呑みも……すごくきれい……」ツンツン 

肇「ありがとう。…自分で作った湯呑みだと…お茶が一層おいしいし…なんだか嬉しいの」 

聖「…」ジブンデ… 

聖「わ、私も…作ってみたい…」 

肇「わあ。ふふ…」 

肇「うん。ではまた今度。私、聖ちゃんは陶芸、向いていると思うよ」 

聖「そ、そうですか…?…えへへ…」 

杏「……」ズズ… 

杏「はふ」 

杏「またさっきと同じになったね」 

柚「うん。そぉだねー」 

柚「今日は平和だねー」 

杏「そうだね」 

肇「うん。そうですね」 

聖「……」コクコク 


12:◆qEJgO2U6bM:2014/03/18(火) 21:45:09.67 :XcKPVioeo

柚「いつも雨が降るとやだなー、はやく晴れないかなーバドミントンしたいなーって思うけど」 

柚「へへ。たまには引きこもりもいいかも」 

杏「ふふ。でしょ」 

杏「まーまだこのていどじゃ引きこもりとは言えないけどね」 

柚「おおっ。杏サンなんだかかっこいいカモっ」 

杏「ふふふ」ドヤー 

肇(格好いいかな…?) 

杏「というわけではい。とりあえずゲームでもやろう」 

聖「…わ、私にも…できますか…?」 

杏「うん。教えながらやるし、だいじょうぶだよ」 

肇「げ、げーむは不慣れですが…やるからには全力で…」ガシ 

杏「そんなに気負うことはないよ?」 

杏(…あ、そうか…今日は柚と聖と肇と一緒で…いつもとちがうのか) 

柚「ぽちっとなー」ペチ 


13:◆qEJgO2U6bM:2014/03/18(火) 21:46:54.31 :Hig5IsaDO

杏「よーし」 

杏「今日はみんなでだらだらしよう。だらだら。もうしてるけど」 

聖「は、はい。だらだら…」 

肇「全力を尽くします」コク 

杏「う、うん。まあいいけど…肇はちょっと不器用だなぁ」 

柚「肇チャンはちょこっと不器用サンだねっ」ペカン 

肇「ええ!?」ガーン 

杏(面と向かって言っちゃうのか…) 

肇「ぷ、プロデューサーのおかげで、以前よりずいぶんやわらかくなれたと思っていたのですが……」アゥ… 

柚「だらだらなんだから頑張っちゃだめだよ♪てきとーてきとー」 

肇「はあ…む、むずかしいな…が、がんばり……ぅ、…ません!」 

柚「そぉそぉ。柚もがんばらないっ♪」 

杏「いい言葉だね」ウン 

聖「……」クス 

聖「…あ、はじまります…」 

柚「おー」 

杏「おー」 

肇「お、おー。…てきとーに。…ふふ…頑張ろう」 

柚「むむっ」 

肇「き、気のせいですよっ」 

聖「……」クスクス 

杏「あははは」 


14:◆qEJgO2U6bM:2014/03/18(火) 21:48:48.72 :XcKPVioeo

・ 
・ 
・ 


杏「…ん」 

杏「……」モゾモゾ 

柚「すかー」 

聖「…くぅ」 

肇「…すぅ」 

杏「……」ゴシゴシ 

杏「んぅ…そうか…みんな寝おちしちゃったのか…ふああ」 

杏「…プロデューサーまだもどってないんだ…そのまま仕事行ったのかな……」 

杏「……。そうだ」コロン 

杏(そっとこたつからでれば起こさないよね…うん)モゾモゾ 

コト 

杏「……」 

杏「…柚に感化されたなぁ…らしくないや。へへ」 

杏「さー二度寝二度寝っと」ゴソゴソ 

柚「むにゃー」 


15:◆qEJgO2U6bM:2014/03/18(火) 21:49:34.49 :Hig5IsaDO

・ 
・ 
・ 


ガチャ 


P「…ふー。ただいま…」ガサ… 

P「…?」 

杏「ぐうぐう」 

柚「すぴー」 

聖「…」クゥ 

肇「…」スゥ 

P「…」 

P「…風邪ひくぞ」ハァ 


16:◆qEJgO2U6bM:2014/03/18(火) 21:57:28.28 :XcKPVioeo

P「?…これ」 

P「…食べていいのかな。…それにしてもきれいな器だな…」 

P(ドリンクも置いてある…これちひろさんかな…) 

P「……ありがたいなぁ」 

P「さて。食べたら仕事仕事っと」 


   \…チーン/ 



・・・・おしまい 





17:◆qEJgO2U6bM:2014/03/18(火) 22:00:14.58 :Hig5IsaDO

☆おまけ 


P「杏ー」 

杏「杏は出かけてるよー」 

P「…。仕事の話じゃなくてさ」 

杏「なにー?」 

P「…」ハハ… 

P「飴やるよ」 

杏「……」 

杏「…それはまあ…もらうけど…あむ」 

P「まだまだあるぞ」ガサ 

杏「…。えっと…分かった。杏を食べるつもりなんだ。太らせて」ころころ 

P「ちがうっつーの」ムギュ 

杏「もごぐ」 


18:◆qEJgO2U6bM:2014/03/18(火) 22:01:39.48 :XcKPVioeo

P「このまえのお礼。てっきりちひろさんかと思ってた。すまん」 

杏「……」モゴモゴ 

杏「……」 

杏「なんの話かな」 

P「なんの話だろうな」 

P「置いとくから。好きなだけ食べてくれ」 

杏「あ…うん。ありがと…」 

P「こちらこそ。嬉しかったよ」スタスタ 

杏「……」ガサ… 

杏「へへ。とっとこ。た、ただ非常食としてってだけだよ」 

奈緒「ツンデレかよ」 

杏「うるさいなー」 



・・・・おしまい 


19:◆qEJgO2U6bM:2014/03/18(火) 22:02:11.18 :Hig5IsaDO

おわりん 

なにも考えずに書いたら平和すぎた 
肇ちゃんがなんとなく機械に疎そうなのは>>1の勝手なイメージです


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1395145279