1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/09(土) 00:24:02.67 :ij3xwF+P0
 
ちひろ「え? 職場見学ですか?」 

P「はい……なんでも俺が働いているところを見たいそうで」 

ちひろ「妹さんということは、学生ですよね?」 

P「そうですね……土日になると思います、というかいいんですか?」 

ちひろ「ええ、かわいい妹さんの為なんですよね?」 

P「……」 

ちひろ「え?」 

P「ま、いいです……本当にいいんですか?」 

ちひろ「はい」 

P「とりあえず皆にも聞いてみます」 

ちひろ「その方がいいですね」
 

6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/09(土) 00:33:36.97 :ij3xwF+P0
 
P「というわけで……土曜にうちの妹が来るんですけど……」 

麻理菜「へー? 妹さん?」 

留美「あら、家族の事をあまり話さないのに珍しいわね」 

雪乃「是非ともお呼びください、お茶でおもてなし致しますわ」 

芽衣子「いいね! 会ってみたいし呼んであげてよ!」 

P「協力的で助かります……」 

麻理菜「ところでPくん何歳だっけ」 

P「まだ二十歳の若輩者ですよ」 

留美「二十歳にしては落ち着いてると思ったら……妹さんのおかげ?」 

芽衣子「そっか、妹さんのお世話をしてるから大人っぽいんだね」 

雪乃「落ち着いた雰囲気……素敵ですわね」 

P「いえいえ、そんなことありませんよ」
 

10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/09(土) 00:38:06.94 :ij3xwF+P0
 
留美「大丈夫よ、私達はいいトシだから」 

芽衣子「うーん、プロデューサーさんより若いとなると……学生かー」 

麻理菜「うわー、若いエネルギーについていけるかしら」 

雪乃「圧倒されてしまいそうですわね……」 

P「大丈夫です、聞き分けがいいので……多分」 

留美「あら、自信なさげね?」 

P「ちょっとクセが強いといいますか」 

麻理菜「大丈夫! たいていの事じゃびっくりしないから!」 

雪乃「そうですわね、年上らしく落ち着いてお迎えします」 

P「わかりました、それでは土曜日はお願いしますね」 

芽衣子「お任せだよ!」 

雪乃「はいっ……ふふっ♪」
 

11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/09(土) 00:44:05.57 :ij3xwF+P0
 
土曜日 

P「おはようございます……」 

ちひろ「おはようございます……? どうしたんですか?」 

P「いえ、妹がエキサイトしてたので寝不足で……」 

留美「おはよう、平気なのかしら?」 

雪乃「あちらでお休みになられては……」 

P「平気ですよ、神経が張り詰めてますし」 

麻理菜「まあまあ、妹さんの面倒くらい見られるわよ」 

芽衣子「そだね、妹さんの一人や二人くらい……」 

P「先に謝っておきます、ごめんなさい」 

芽衣子「ええっ? どうして?」 

留美「なんとなくだけど、嫌な予感がするのよね」 

雪乃「ドアの外が少し騒がしいような……」 

麻理菜「ま、何とかなるでしょ!」 

P「わかりました……入っていいぞ!」
 

15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/09(土) 00:54:02.72 :ij3xwF+P0

仁奈「おお、ここがPの職場でごぜーますか」 

雪美「……お兄様……どこ……?」 

小春「おはようございます~」 

聖「……お、おはようございます……」 

愛海「おおっ! より取り見取りだね!」 

まゆ「おはようございます、兄がいつもお世話になってます」 

加蓮「おはようございます、あ……兄さんいた」 

茜「おはよーございまーす!!!」 

海「へー? ここが兄ちゃんの職場ねー?」 

星花「皆さん、騒いではなりませんよ?」 

P「本当ごめんなさい」 

留美「あなた……何人兄妹なの?」 

P「ええと、11人です」 

芽衣子「わー……」 

雪乃「マグカップ……足りるでしょうか……」
 

24: 何とかするわ:2013/03/09(土) 01:01:41.67 :ij3xwF+P0

P「よし、星花から順番に自己紹介してくれ」 

星花「はい、お兄様……長女の星花です、兄がいつもお世話になっています」 

海「いつも兄ちゃんが世話になっとんね! 次女の海だよ!」 

茜「三女の茜です! 何が無くとも元気はあります!!」 

加蓮「茜姉さんうるさい……四女の加蓮、まゆは双子の妹だよ」 

まゆ「加蓮の双子の妹で五女のまゆです」 

愛海「おっぱ……じゃなかった、六女の愛海だよ!」 

聖「……七女……聖……です……」 

小春「八女の小春ですよ~、この子はペットのヒョウ君です~」 

雪美「……九女……雪美……」 

仁奈「最後は十女の仁奈でごぜーます! よろしくしやがるですよ!」 

P「はい、良く出来ました」 

仁奈「おお、もっと褒めやがるです!」 

雪美「……私も……」 

まゆ「うふ……お兄さん……まゆも頑張りましたぁ……」
 

27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/09(土) 01:06:43.69 :ij3xwF+P0

P「ええいまとわりつくな! あとヒョウ君危ないから小春!」 

小春「ちょっとここで休んでてねヒョウ君」 

P「はいはい、お姉さん達の自己紹介あるからちゃんと聞こうな」 

茜「はい!!!!」 

P「うっせぇ」 

麻理菜「あはは! 元気いっぱいだね! 沢田麻理菜だよ、P君に誘われてアイドル始めたんだ」 

留美「和久井留美よ、ちょっと事情があって……アイドルをすることになったわ」 

雪乃「相原雪乃です、今お茶の準備を致しますね」 

芽衣子「並木芽衣子、これでも22歳だからね!」 

海「わっと、皆兄ちゃんより年上なんね?」 

加蓮「兄さんは年上趣味だったんだね」 

聖「子供は……嫌い……ですか?」 

雪美「嫌っちゃ……嫌……」 

まゆ「そんなことありませんよね? お兄様ぁ……」 

P「そういえば皆年上だな」


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/09(土) 01:11:38.62 :ij3xwF+P0

ちひろ「千川ちひろです、ここでプロデューサーさんのお仕事を手伝っています」 

星花「ちひろ様、常々兄から話は伺っております」 

仁奈「すっごい頼りになるおねーさんだって言ってやがりましたよ」 

P「いらん事言いやがって」 

ちひろ「ふふっ、それは嬉しいです」 

海「ホラ皆! ちゃんと挨拶するんよ! 兄ちゃんにくっつかないの!」 

P「嫌いじゃないから心配すんな!」 

聖「本当……ですか……?」 

雪美「お兄様……」 

P「だから嫌いじゃないって」 

小春「嫌いじゃなかったらなんなんですか~?」 

加蓮「まゆ、嫌いの反対ってなんだっけ」 

まゆ「好きじゃなかったかな」 

茜「なら好きって言ってください!!!!!」 

P「茜うるさいって!!!」
 

32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/09(土) 01:18:09.09 :ij3xwF+P0
 
麻理菜「はいはい! お兄ちゃんを困らせたら本当に嫌われちゃうよ?」 

芽衣子「そうだよー! 雪乃さんの淹れたお茶で一休みしようねー!」 

留美「……さ、席について」 

雪美「……お兄様……こわい……」 

聖「…………」 

ぎゅう 

留美「……傷つくわね……」 

P「留美さんは別に怖い人じゃないよ」 

聖「……はい……」 

P「なあ、ところでさっきから愛海が見当たらないんだが……」 

星花「愛海ちゃん……あれ……?」 

海「兄ちゃん、ちとやーな予感がするよ」 

P「まずいな、雪乃さんとこだ!」 

雪乃「お茶、準備できましたわ」 

星花「……あら?」


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/09(土) 01:24:10.24 :ij3xwF+P0
 
海「愛海おらんね……どこ行ったんやら」 

加蓮「まゆ」 

まゆ「うん……聖を守らなきゃね」 

P「雪乃さん、本当ごめんなさい」 

雪乃「はい?」 

愛海「ゲーット!」 

仁奈「おお! 机の下でごぜーますか!」 

もにゅん 

雪乃「きゃあああ! な、何ですの!?」 

星花「ああ……こら愛海ちゃん!」 

海「本当油断できんね! 離しよ!」 

愛海「おおこれはすごい……」 

雪乃「やん! おやめくださいな!」 

P「小春、ヒョウ君持って来い……あとまゆはリボン貸せ」 

小春「は~い」


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/09(土) 01:30:04.69 :ij3xwF+P0
 
愛海「今までで一番おっきいよ! それなのに弾力もすごい! お兄ちゃんこれにしなよ!」 

雪乃「もう、あん!」 

P「どういう意味だよそれ! さっさと離れろ!」 

愛海「やだー! もっと揉むー! 加蓮お姉ちゃんじゃ最近物足りないんだもん!」 

加蓮「……ふーん?」 

愛海「あ」 

ごちん 

愛海「」 

小春「ヒョウ君連れてきました~」 

P「よし、まゆ」 

まゆ「片結びでいいですかぁ?」 

P「ああ、ぎっちりとな!」 

まゆ「はぁい」 

海「いつも思うけどヒョウ君の刑だけはやだね」 

茜「二度と食らいたくありません!!」


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/09(土) 01:36:10.95 :ij3xwF+P0
 
聖「茜お姉さんは……静かにしてれば……何も怒られないのに……」 

雪美「……うん……」 

茜「そうかな!!?? うるさくてごめんね!!」 

留美「大丈夫?」 

雪乃「はぁ……はぁ……なんとか……」 

星花「本当に申し訳ありませんわ……」 

海「愛海にはよく言って聞かせるから、怒らんであげてね?」 

加蓮「といっても……一番怒ってるのは兄さんなんだけど」 

仁奈「Pを止めないとやべーですよ!」 

芽衣子「うわ! まゆちゃんと二人して目据わってる!」 

聖「……どうしよう……」 

雪美「あの二人……ああなったら……もう……止まらない……」 

茜「私が止めます!!!!」 

麻理菜「まあまあ、ここはお姉さんに任せなさい!」 

小春「愛海お姉ちゃんヒョウ君と添い寝うらやましいです~、小春もできないのに~」


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/09(土) 01:41:06.31 :ij3xwF+P0
 
愛海「……はっ!? 縛られてる!? まさかこれは!」 

P「よう……よくもあんなことしてくれたな」 

まゆ「うふ……愛海……よくもお兄様に恥をかかせたわね……」 

愛海「ひっ!?」 

P「お前帰るまでヒョウ君の刑な」 

まゆ「どうぞ……うふ……」 

愛海「ひいい!? ヒョウ君顔近いよ! わあああ!」 

麻理菜「こら! なんてことしてるのかな」 

P「いえ、これでいいんですよ」 

まゆ「はい、ウチなりのお仕置きです♪」 

麻理菜「だからって縛った上に顔にヒョウ君固定はやりすぎじゃないの?」 

P「大丈夫ですよ、懲りないので」 

まゆ「お兄様に恥をかかせたんだから……当然ですよぉ……」 

麻理菜「まゆちゃん、ちょっと変わってるって言われない?」 

まゆ「たまにですねぇ……うふ……」


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/09(土) 01:46:16.71 :ij3xwF+P0

P「麻理菜さんの手前許してやる、雪乃さんに謝ってこい」 

まゆ「勿論心をこめて謝罪をしないと……ね?」 

愛海「わかった、わかったよ!」 

雪美「……こわい……」 

聖「……うん……」 

小春「ヒョウ君おかえりです~」 

加蓮「アタシも二度とヒョウ君の刑は嫌かな」 

茜「嬉しい人いるのかな!!」 

仁奈「小春おねーちゃんは喜ぶでごぜーますよ」 

加蓮「あー……そだね」 

雪乃「何とか落ち着きましたわ……」 

海「来たね、愛海」 

愛海「うん……」 

星花「ちゃんと謝りなさい」 

雪乃「いえ、そんな謝罪など……」


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/09(土) 01:51:24.91 :ij3xwF+P0

芽衣子「そうだよ、こんなに落ち込んじゃってるし」 

留美「充分罰は受けたように見えるわ」 

星花「なりませんわ、これはけじめですの」 

海「うん、甘やかしてばかりじゃだめだからね」 

雪乃「そうですわね、では……きちんと言葉を受けますわ」 

愛海「雪乃さん……おっぱいいっぱい揉んでごめんなさい!」 

雪乃「おっぱ……!?」 

愛海「でもね! すっごい大きくてやわらかかったの! これならお兄ちゃんも喜ぶよ!」 

雪乃「よ、喜ぶって……そんな……」 

愛海「ほら、今からもませてあげようよ! きっと喜ぶよ!」 

海「ちっとも懲りとらんね!」 

星花「はしたないですよ、愛海ちゃん」 

愛海「あ……ごめんなさい」 

留美「……P君」 

P「はい?」


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/09(土) 01:56:02.49 :ij3xwF+P0

留美「その……大きい方がいいのかしら?」 

麻理菜「あれ、そうなの?」 

P「へ!? いえ、別に!?」 

加蓮「兄さん動揺してる……あーあ」 

聖「あの……私も……最近……」 

芽衣子「その先は言っちゃいけないと思うよ?」 

雪美「……がんばろ……ね……」 

仁奈「? 何を頑張りやがるですか?」 

雪乃「あの……Pさんさえ宜しければですね……その……」 

留美「アナタもアナタで何をいってるの?」 

愛海「ああ……感触が忘れられないよ……」 

まゆ「うふ……」 

P「やべ、まゆのスイッチ入りかかってる……よし! お茶にしよう!」 

星花「雪乃様、お手伝いいたしますわ」 

雪乃「ありがとうございます、星花……ちゃん?」


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/09(土) 02:00:00.69 :ij3xwF+P0

愛海「でもね! 大きさじゃないんだよ! 小さいのもががががが」 

P「よし、ちょっと黙ろうか」 

雪乃「それでは……改めて、召し上がれ」 

加蓮「いただきます……わ、おいしい」 

星花「これは……素晴らしいお手前で」 

雪乃「ふふ、わかりますか?」 

雪美「……うん……すごいおいしい……」 

雪乃「ありがとう、雪美ちゃん」 

雪美「…………」 

雪乃「あ、あら?」 

海「平気だよ、照れとるだけだからね」 

雪乃「まあ……ふふっ」 

雪美「…………」 

まゆ「良かったね、雪美」 

雪美「……うん……雪乃……優しいから……」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/09(土) 02:05:16.57 :ij3xwF+P0

留美「……わ、私も……撫でてみてもいいかしら?」 

雪美「……うん……」 

留美「……まだ、怖いかしら?」 

雪美「……ううん……」 

留美「よかったら……膝の上にいらっしゃい」 

とてとて ぽすん 

留美「かわいい……ふふっ……」 

芽衣子「留美さんの意外な一面だね?」 

P「だな、滅多に笑わないのに」 

留美「聞こえてるわよ」 

芽衣子「あはは、何でもありませーん」 

小春「ヒョウ君もごはん食べますか~?」 

P「帰ってからな」 

小春「今は我慢ガマンですよ~」 

麻理菜「ずっと抱っこしてるのね? 仲良しだなー」


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/09(土) 02:10:14.06 :ij3xwF+P0

小春「麻理菜さんもヒョウ君ペロペロしますか~?」 

麻理菜「ペロペロ!? あはは、次の機会にしようかな」 

仁奈「OKしないで助かりやがりましたね」 

麻理菜「んー?」 

仁奈「本当にペロペロするですよ?」 

麻理菜「え、直接? たとえとかじゃないの?」 

仁奈「小春おねーさんは直に舐めやがるです」 

聖「それが……うちのお仕置き最上級の……ヒョウ君ペロペロの刑……です……」 

麻理菜「ねえ」 

聖「……?」 

麻理菜「結構さ、変わってる家族だって言われない?」 

茜「言われます!!!」


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/09(土) 02:16:31.58 :ij3xwF+P0

まゆ「本当に美味しいお茶……淹れ方教わろうかな……」 

星花「それなら教えて貰ったらどうかしら?」 

雪乃「ええ、今度メモも用意してお待ちしております♪」 

まゆ「ありがとうございますっ」 

P「うんうん、平和だな」 

海「そーね」 

P「あれ、会話に混ざらないのか?」 

海「んー、ウチは繊細なのはよーわからんくてね」 

P「あはは、お前と茜はそうだな」 

茜「呼びましたか!!!」 

P「大雑把だなって言っただけだ!」 

茜「すいません!!」 

芽衣子「おお……結構耳に来るね」 

P「朝あれに起こされるんですよ」 

加蓮「おはようございまーす!! って」


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/09(土) 02:21:51.62 :ij3xwF+P0

芽衣子「それは、お寝坊さんはいなさそうだね」 

P「あー、加蓮はたまに」 

加蓮「最近は大丈夫だって」 

芽衣子「加蓮ちゃん、低血圧なのかな」 

加蓮「似たようなもんで……体が少し弱いんだ」 

芽衣子「そっか」 

海「でもその分、よく兄ちゃんを独り占めしとるね!」 

加蓮「あれはアタシが大丈夫だって言ってるのに兄さんが……!」 

仁奈「ずるいでごぜーますよ!」 

雪美「……ずるい……」 

留美「……かわいい……」 

まゆ「少し茜お姉さんから元気を分けてもらわないと、まゆも心配だよ?」 

加蓮「同じ双子のはずなのにどうして差がついちゃったかなー」 

茜「元気ですか!!?? 分けてあげるよ!!!! どうやってあげようか!!!」 

加蓮「うん、もう充分に貰ったから」


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/09(土) 02:26:25.80 :ij3xwF+P0

P「さあ今日はこれからどうするかな」 

星花「宜しければ、お兄様のお仕事を見学したいのですが……」 

P「といっても、そこまで仕事も無いしな」 

留美「そうね……どうしましょう」 

ちひろ「プロデューサーさん、○○社からお電話です」 

P「っと、すまん……ちょっと外す」 

ちひろ「1番です」 

P「ありがとうございます……はい、Pです……はい……」 

海「お、兄ちゃんが仕事してるね」 

仁奈「おおお! 電話してやがりますよ!」 

まゆ「お兄様……格好いいです……惚れ惚れしちゃう……」 

小春「みんなでお兄ちゃんを応援しましょう~」 

雪美「……頑張る」 

茜「せーの!!!」 

加蓮「ちょ、ちょっと待って」


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/09(土) 02:32:15.66 :ij3xwF+P0

留美「流石に今はちょっかいを出してはいけないわ」 

麻理菜「うん、お姉さん達のお仕事が決まるかもしれないから……ね?」 

星花「そうですね……申し訳ありません」 

聖「……それなら……見守りましょう……」 

星花「皆、お行儀よくね」 

仁奈「わかったです」 

P「ええ……なるほど、それではこちらからですね……?」 

じー 

P(30の瞳がこっちをマジマジと見てる……こええ……) 

P「いえ何でも……はい……」 

芽衣子「本当にお仕事決まるかもね、一歩前進かな?」 

雪乃「だと良いですわね♪」 

留美「ええ……本当にね」 

麻理菜「私らはP君を信じていれば大丈夫、その分レッスンを頑張るよ!」 

芽衣子「うん、期待に応えなくちゃ」


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/09(土) 02:37:50.99 :ij3xwF+P0

雪美「……? ぴりぴりする……」 

まゆ「雪美、麻理菜さん達を見てみて?」 

雪美「……真剣……」 

まゆ「うん、お兄様が自分達の為に頑張ってくれてるからだよ」 

雪美「……家での……まゆと……一緒……」 

まゆ「……へ?」 

雪美「……ずっと……お兄様を……見てる……から……」 

まゆ「ばれちゃった?」 

雪美「……うん……」 

P「はい……ありがとうございます! それでは失礼します!」 

留美「ど、どういう電話だったのかしら?」 

P「舞台が決まりましたよ! 端役ではありますが四人ともです!!!」 

芽衣子「やった! 初仕事だね!」 

雪乃「ようやくお仕事が……夢のようですわ……」 

麻理菜「うん! 素直に嬉しいね!」


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/09(土) 02:43:10.97 :ij3xwF+P0

P「打ち合わせは月曜日の11時からです、先方に一度顔を出しに行きましょう」 

留美「わかったわ」 

芽衣子「うんうん! 準備しておくよ!」 

麻理菜「ありがとう、プロデューサー」 

P「へ? 普段そんな風に呼ばないのにどうしたんですか?」 

雪乃「未熟な私たちをお仕事まで導いて下さり……ありがとうございます」 

留美「……ありがとう」 

芽衣子「ありがとう! 本当に嬉しいよ!」 

麻理菜「これからも、一緒に頑張ろうね?」 

P「……はい!」 

愛海「おめでとー! 記念に留美さんの」 

P「ぶち壊しだわ」 

愛海「はなしてー!」 

麻理菜「あははは! しんみりしちゃってたけど……これでいいか!」 

星花「ふふ、そうかもしれませんわね」


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/09(土) 02:49:00.09 :ij3xwF+P0

小春「お兄ちゃん、おめでとうございます~!」 

海「兄ちゃん、おめでと!」 

P「何だよ急に」 

仁奈「頑張ったPにごほーびですよ!」 

P「何かあるの?」 

茜「ありません!!!!!」 

P「何がしたいんだよ!!!」 

茜「なんでしょう!!!!」 

P「なぞなぞがしたいわけじゃなくてな……あーもう」 

なで  なで 

P「……ん?」 

聖「……お兄さんは……頑張ったら……なでてくれます……だから……お返しです……」 

P「あはは、ありがとう」 

星花「今日は特別に、みんなでなでてあげますわ♪」 

愛海「たまにはいいね!」
 

68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/09(土) 02:54:40.05 :ij3xwF+P0

まゆ「いつも撫でてくれますからね……今日はいっぱいかわいがってあげます……」 

加蓮「そだね、ほら兄さん……なでなでだよ」 

海「うん、よくできました!」 

小春「お兄さんなでなでです~」 

仁奈「よくできやがりました!」 

雪美「……いーこ……いーこ……」 

茜「全力で撫でますよ!!!!」 

麻理菜「面白そうなことになってるねー!」 

芽衣子「参加しちゃおうよ!」 

留美「そうね、もう一人二人増えても問題ないでしょ?」 

雪乃「ええ、ここで妹さん達と仲良しになってしまいましょう♪」 

P「うおお手がいっぱいいい! 何これ! すっごい怖いんだけど!」 

ちゅっ 

P「!?」 


おわり
 

69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/09(土) 02:55:15.95 :ij3xwF+P0

妹萌えこじらせた 

支援ありがとうね 
おやすみ


元スレ
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1362756242