千早「……なぜ事務所にヤ○ザが……?」
やよい「ううー…、プロデューサーの顔が怖いです…」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 23:42:56.48 :E0SDlQhR0

やよい「うっうー!おはようございますー!!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴ……

P「……おはよう……」ニヤリ

やよい「ひ、ひい!」


千早「高槻さん……まだ慣れないのね……かわいそうに(そしてかわいい)」

真美「しょうがないよ。だって顔怖いもん」

亜美「顔だけじゃなく、体もでっかいしねー」 


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 23:44:46.78 :E0SDlQhR0

雪歩「あ、この間、こんなことが……」

雪歩「車で家に送ってもらったんですけど」


雪歩「あ、ありがとうございますぅ」

P「……遅くなったな……」

雪歩「は、はいい!」

P「……ちょっと御挨拶に……」

雪歩「い、いけません!!」 


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 23:46:08.59 :E0SDlQhR0

若い衆1「む、あれはお嬢……と誰だ……?」

若い衆2「ありゃ堅気じゃねえな」

若い衆3「何だと!お嬢を助けるんだ!!」


若い衆3「手前えええええええ!!お嬢から離れやがれ!!!!」

P「……む」

P「……萩原サン……私の後ろに……」

雪歩「……」ドキッ 


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 23:48:04.75 :E0SDlQhR0

若い衆3(腰を落とした……!!)

若い衆3「おりゃああああ」ドカッ

確かに、顔面を殴ったはずだった
しかし、若い衆3は、まるで大木を殴ったような感覚に襲われた

若い衆3「い、痛え!!!」


雪歩「や、やめてください~!!」 


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 23:49:21.99 :E0SDlQhR0

P「……オイ……どういう了見だ……!」

P「……ウチのアイドルに手を出すとはよ……」

若い衆3「は?い、いや……」

若い衆1「アイドル?」

若い衆2「ってーことは……」

雪歩「この人は、事務所のプロデューサーさんですぅ!」 


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 23:51:23.08 :E0SDlQhR0

雪歩「その後も大変だったんですぅ」


雪歩父「何?ウチのモンが、プロデューサーを殴っただとお!!」

雪歩父「この大馬鹿野郎が!!」

雪歩父「さっさとプロデューサーをお通ししろ!粗相すんじゃねーぞ!」

P「……恐縮です……」ゴゴゴゴゴゴゴ……

雪歩父「おお……!!成程成程……!!こりゃすげえな……!!」 


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 23:53:24.72 :E0SDlQhR0

雪歩「って、何故か気に入っちゃって……」

雪歩「しきりに、ウチを継がねえか?って……」

千早「そ、それって……」

雪歩「プ、プロデューサーは断ってました!しっかり!」

真美「な、なーんだ……」

亜美「ははは……」

千早(ほっ……)

千早(どうして私、今ほっとしたのかしら……?) 


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 23:54:54.94 :E0SDlQhR0

そうそう、昔
千早「……なぜ事務所にヤ○ザが……?」
ってのを書いたんで、これを読むと多少わかりやすいかも知れない 


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 23:56:43.91 :6pT6hqmR0
あああれの続きみたいなもんか、期待してるぞ 


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 23:56:52.43 :E0SDlQhR0

やよい「わ、私、お掃除しますー!!」

P「……手伝おう……」

真美「おおう!どこからともなくエプロンが!」

亜美「765プロ仕様だね!!」

千早「あ、三角巾も」

雪歩「雑巾とほうきとちり取りもいつの間にか!」

やよい「わ、わ、そんな……」

P「……どこからやろうか……?」 


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 23:57:45.44 :E0SDlQhR0

P「……」←今日もちょっとやよいと仲良くなれたかも、と思っている 


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 23:59:13.26 :E0SDlQhR0

真美「しっかし、やよいっちは慣れないなー」

社長「……それは多分、ご家庭の事情が関係してるんじゃないかな」

亜美「わ、社長!びっくりしたー!」

社長「彼女は、大分苦労しているからね……」

千早「……」 


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:01:02.35 :X+j8nwl90

―仕事終わり―

社長「ふむ、遅くなったな。今日はやよい君を家まで送ってくれたまえ」

P「……お安い御用で……」

やよい「ううー……」

P「……サ、行こうか、高槻サン……」 


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:03:18.92 :X+j8nwl90

―やよい宅前―

「ふざけんなコラァ!なめてんのかコラァ!」

P「……」

やよい「うう……また『お知り合い』の方々ですー……」

やよい「ぷ、プロデューサーにはご迷惑をおかけするわけには!」

P「……」ナデナデ

やよい「はわっ!」 


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:07:06.72 :X+j8nwl90

やよい父「すいません、すいません。本当に今日はこれだけしか……」

取り立て屋1「ああーん?全額今日返すって言ったよなあ?」

取り立て屋2「誠意を見せてくれてもいいんじゃねえかなあ!?ええ?!」

やよい父「せ、誠意と言いますと……?」

取り立て屋1「そこは自分で考えないとなあ!!」

取り立て屋2「そういやあ、中学生の娘が居るそうじゃねえか!?」

やよい父「む、娘だけは何卒……」

取り立て屋2「じゃあどうするんだコラァ!!」 


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:09:19.44 :X+j8nwl90

P「……兄サン方……」

取り立て屋2「ああん!!?何だテメ……え……?」

取り立て屋1「あ……あ……」

P「娘を……どうするって……?」ゴゴゴゴゴゴゴ……

取り立て屋1「いえ……どうもしません!!」

取り立て屋2「へへへ……どうも頭に血が上っちゃって……」 


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:11:50.19 :X+j8nwl90

P「……とりあえず、今日は帰ンなよ……」

取り立て屋2「そ、そりゃ出来ねえ……」

取り立て屋1「いや、わかりやした。帰りやしょう」

取り立て屋2「そ、そんな……」

取り立て屋1「良いから来やがれ!!」

取り立て屋1「し、失礼しやしたー!!」 


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:14:07.02 :X+j8nwl90

やよい父「あ、ありがとうございます!!」

P「……」スッ

やよい父「……これは?」

P「……知り合いの弁護士の連絡先と住所です……」

P「……5000円持って、相談に行って下さい……」

P「……娘サンのためにも……」

やよい「ぷ、プロデューサー!!」

P「……じゃあ、また明日……」 


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:16:41.31 :X+j8nwl90

取り立て屋2「い、いいんですかい?」

取り立て屋1「今日で高槻から回収した金はいくらになった?」

取り立て屋2「えーっと、元本くらいは行ってますね」

取り立て屋1「よし……もう、アソコからは手を引くぞ……」

取り立て屋2「ええ?」

取り立て屋1「あの男見たろ!どう見ても本職だ!それもチンピラ崩れとは格が違う!」

取り立て屋1「高槻……相当ヤバい所に手を出しやがったな」

取り立て屋1「もし仕事がかち合うと、俺達東京湾に浮かぶことになるぜ……」

取り立て屋2「なるほど……娘にこだわってましたね……」

取り立て屋1「もう金輪際、アソコと関わるのは止めだ」 


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:18:02.75 :X+j8nwl90

P「……」←怖い人たちがいっぱいで怖かったなーと思っている 


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:19:26.61 :X+j8nwl90

―後日―

やよい「ううー……」

千早「高槻さん、どうしたの?」

やよい「な、なんでもないですー……」ぱさっ

千早「そ、そう?」

千早「……」チラッ

千早(~中学校、体育祭……) 


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:21:39.14 :X+j8nwl90

社長「そうなんだよ」

千早「……」

社長「やよい君のお父さんから連絡があってね……」

社長「あの後、再就職が決まったけれど、単身赴任なさるらしくてね」

社長「その日は他の家族を親戚の所に預けて、お母さんが一緒に準備に行くらしい」

社長「ただ、やよい君は、もう中学生だし、行事もあるので残るそうだ」 


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:22:41.36 :X+j8nwl90

社長「しかし、誰も父兄が行かないのは不憫……」

社長「そこで、お世話になったついでに、彼に出席を頼めないかってね」

社長「もう凄かったよ。彼になら娘を任せられるって」

千早「そ、そうですか……」

千早「……ところで、それはいつですか?」 


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:23:36.46 :JGNt1SHU0
wktk 


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:25:02.43 :X+j8nwl90

千早「プロデューサー」

P「……む、千早サン……」

千早「社長から、伝言です」

千早「~月~日土曜日、~中学校の体育祭にて、
やよい君の勇姿をばっちりビデオ撮影したまえ!

  あ、それから、当日は如月君と行くこと」

千早「だそうです」

P「……え……?」

千早「じゃ、私、高槻さんに伝えますね!」

P「……」 


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:26:55.04 :X+j8nwl90

P「……」←何が何だか分からないと思っている 


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:27:41.84 :X+j8nwl90

―当日―

千早「あ、プロデューサー!こっちです、こっち」

P「……おはよう……」

千早「おはようございます」

千早「ふふっ、今日はご苦労様です」

千早「あ、それ、ビデオカメラですね」

千早「良い映像、期待してます!」 


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:29:34.68 :X+j8nwl90

やよい「あ、プロデューサー……」

やよい「今日はごめんなさい、私のために……」

P「……」ナデナデ

やよい「ふわ……」

P「……頑張ンなさい、応援してるから……」

やよい「はいっ!!」 


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:30:55.92 :X+j8nwl90

千早「それじゃあ、私たちは、場所取りに行きましょうか」

P「……ん……」


……ざわ……ざわ……ざわ……

父兄1「……!!ひいっ!!」

父兄2「ぎゃあ!!」


千早「あ、なんだか空いてますね」

P「……ん、良かった……」 


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:32:35.19 :X+j8nwl90

P「……」←円形にぽっかりとスペースが空いててラッキーと思っている 


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:34:56.31 :X+j8nwl90

千早「えーっと、プログラムプログラム……」

千早「高槻さんは……」

千早「徒競走が最初の出番ですね」


千早「あ……」

P「?」

千早「どうやら、父兄参加の競技があるみたいです」

P「……」 


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:36:10.69 :X+j8nwl90

千早「あ、徒競走、始まりますよ。撮影お願いします」

P「……応……」

千早「高槻さーん!!頑張ってー!!」

千早「あ、プロデューサー、高槻さんが、ほら!」

千早「高槻さん、いつ走るのかしら?」

千早「えーっと、あ、最初に出番ですね」

千早「位置についてって、ドキドキしますね……」 


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:37:58.66 :X+j8nwl90

千早「あ、高槻さん、走ってるー!プロデューサー、高槻さん走ってますよ!」

千早「速い速い!高槻さん速い!」

千早「プロデューサー、一着ですよ。高槻さん一着!」

P「……」←最近千早が春香に似てきたなーと思っている

P「……よく頑張った……」ウンウン 


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:40:08.05 :X+j8nwl90

『次の種目、父兄生徒混合の綱引きの受付を開始します』


千早「……行ってきてください、プロデューサー」

P「……お安い御用で……」


悪ガキ1「高槻ー!お前んとこ貧乏だから、親なんてこねーだろー」

悪ガキ2「やーい貧乏人ー!!」

やよい「そ、そんなことないもん!」 


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:42:09.38 :X+j8nwl90

ゴゴゴゴゴゴゴゴ……

やよい「あ!」

P「高……やよい……受け付けは?」

やよい「あ、こっちですー!」

P「……そちらは……お友達?」ギロッ

悪ガキ1「ひっ」ガクガク

悪ガキ2「」ジョボジョボ

P「……やよいを、よろしく……」ニヤリ



その日、悪ガキ2人は、生まれて初めて、「死」を意識する体験をした 


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:43:26.55 :X+j8nwl90

P「……」←やよいのクラスメートには爽やかな印象を与えなくてはと思っている 


70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:45:05.94 :fJk4m53u0
漏らしてる時点で察せよwww 


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:46:06.22 :X+j8nwl90

―綱引き―

先生「いやー、皆さんすいません」

先生「クジの関係で、私たちのクラスは生徒2人分、つまり4人多いチームと対戦することに……」

先生「でも、精一杯、頑張っていきましょう」


P「……」ゴゴゴゴゴゴゴゴ……

父兄「この人、何か殺気が……」

やよい「うっうー!頑張りましょうね!!」

P「……応……」 


74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:48:17.23 :X+j8nwl90

審判「では、始め!」パンッ

相手「……!!」

相手(ピクリともしない……)


やよい「おーえす、おーえす!」

P「……ぬん……!!」

相手(ひ、引かれる!!)


審判「勝負有!!」 


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:49:54.80 :X+j8nwl90

やよい「やったー、勝ちましたよ!!」

P「……」ウンウン


『次の種目、父兄混合、二人三脚の受付を行います』

P「……千早サン……」

千早「プロデューサーの身長だと、高槻さんとは釣りあいませんね……」

千早「では、私が行きます!」

P「……頼む……」

千早「でも、いいのかしら?私が出ちゃって」 


81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:52:40.70 :X+j8nwl90

千早「……」

千早「あっさり受付出来たわね……」

やよい「あ、千早さん!出てくれるんですかー?」

千早「ええ。頑張りましょうね」ニコッ

やよい「うっうー!やったあ!!」

千早(来てよかったわ……) 


82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:54:02.22 :X+j8nwl90

P「……」←自分が出ないほうがドキドキするなーと思っている 


84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:55:06.17 :X+j8nwl90

ざわ……ざわ……ざわ……

父兄「あれ?あの子と一緒にいるってことは……」

父兄「さっきの、綱引きの時の大男の……」

父兄「え?奥さん若くね?」

父兄「つーか、如月千早じゃね?」

父兄「ええええええ?!」 


89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:56:53.76 :X+j8nwl90

千早「高槻さん、さ、私にぎゅっと掴まって」

やよい「は、はいー!」

千早「行くわよ、せーの」

千早「いちに、いちに」

やよい「いちに、いちに」


P「……」ウンウン

父兄「なんだか涙ぐんでる……」 


95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:59:28.58 :9033b9gs0
なにこのP可愛い 


96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:59:29.65 :X+j8nwl90

―お昼ご飯―

やよい「一着でしたー!!」

P「……頑張ったな、偉いぞ……」ナデナデ

やよい「ふわ……」

千早「……」じー

P「……あの?……」

千早「私にも、頑張ったって、言ってくれないんですか?」

P「……千早も、良く頑張った……」

千早「……」じー

P「……」ナデナデ 


97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 01:01:26.61 :X+j8nwl90

やよい「はわっ、そうそう!今日は、お弁当作ってきましたー!!」

千早「私と、高槻さんで、早起きして作ったんですよ」

やよい「食べてください!」

P「……痛み入ります……」

P「……それでは、いただきまして……」パクッ

P「……美味い……」

やよい「うっうー!よかったですー」

千早「ええ、良かったわね」



父兄「如月千早ちゃんのサインをもらいたいけど、怖くて近寄れない……」 


99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 01:03:12.74 :X+j8nwl90

P「……」←美味い、と思っている 


100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 01:04:41.95 :X+j8nwl90

―午後―

千早「うーん、高槻さんは大活躍なんだけれど……」

千早「総合的には、高槻さんの組は2位ですね……」


『それでは、最終種目父兄混合のリレーの受付を行います』


千早「え?最終種目?」

P「……」←父兄生徒混合種目が多過ぎると思っている

千早「プロデューサー……」

P「……任せなさい……」 


101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 01:07:55.01 :X+j8nwl90

やよい「あ、出てくれるんですか?」

P「……ああ……」

やよい「私、アンカーにバトンを渡す順番なんです!」

P「……そうか……」

P「……応援してる……し、私も頑張ろう……」

やよい「はいっ!!」 


102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 01:09:44.56 :X+j8nwl90

父兄「あの……」

P「……はい……」

父兄「アンカー、やっていただけませんか?」

P「……」

父兄「あなたなら、きっと誰もが納得すると思うんです」

P「……お安い、御用で……」 


103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 01:09:50.57 :20zgQHyL0
頼もしすぎる 


107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 01:12:25.60 :X+j8nwl90

千早「高槻さん、頑張って……」

千早「あ、高槻さんの組、バトン落とした……」

千早「ああ、みるみる最下位に……」

千早「逆転の決め手に欠けるわね……」

千早「あ、次、高槻さん!」

千早「高槻さーん、頑張って―!!」

千早「あ、高槻さん、やっぱり早い!!」

千早「一人抜き、二人抜き……」

千早「二位まで上がったわ!!」 


108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 01:13:05.02 :X+j8nwl90

やよい「……ハア……ハア……」

やよい(あ!!)

P「……」

やよい(プロデューサーがアンカーなんだ!!)

やよい(よーし、らすとすぱーと!)

やよい「プロデューサー、お願いします!!」

P「……応……」 


113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 01:14:56.69 :X+j8nwl90

この時点でPの前を走っていたランナー、後に述懐す

始めは、スローだと思った

あ、大したことないな、と

でも、それが彼の巨躯故の印象に過ぎなかったと気づいた時には

既に彼は、僕のすぐ後ろまで迫っていた

強大な威圧感と共に!! 


116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 01:16:24.46 :X+j8nwl90

ランナー「ひいいいいい」

P「……」


さらに述懐す

それは、ターミネーターの走りに似ていた


P「……」

ランナー「ひいいいいいいいい!!」 


121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 01:18:00.32 :X+j8nwl90

審判「ゴールです」

ランナー「……へ……?」

ランナー「俺?勝ったの?」 


124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 01:19:42.73 :X+j8nwl90

P「……スンマセン……」

やよい「すごいですー!プロデューサー、とっても速かったですよ!!」

千早「そうです。凄いです、プロデューサー」

やよい「えっへへー、プロデューサー、しゃがんでください!」

P「……」

やよい「よく頑張りましたー」ナデナデ

P「……恐縮です……」 


126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 01:21:06.12 :X+j8nwl90

―終了後―


千早「プロデューサー、私の家で、夕飯、ご一緒しませんか?」

やよい「プロデューサー、お願いします!」

P「……」

P「……痛み入ります……」


終わり 


129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 01:21:49.28 :N7H650ry0
おつ 


131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 01:22:15.03 :X+j8nwl90

番外編1

伊織「……なんですって……」

千早「あの、高槻さんの体育祭に出て……」

伊織「何ですってー!!!」

伊織「私も呼びなさいよ!!」

P「……仕事が……」

伊織「ふん、そんな仕事、やよいの体育祭に比べたら……」 


135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 01:23:47.47 :X+j8nwl90

律子「……私が取ってきた仕事が何だって?」

伊織「あ……律子……これは言葉の綾で……」

伊織「さよなら!!」

律子「こらー!!」


千早「あ、社長。これ、例のものです」

社長「あ、ありがとう」 


136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 01:25:48.33 :X+j8nwl90

P「……」←まだやよいのお父さんという歳じゃないのにスルーされて凹んでいる 


138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 01:26:50.57 :X+j8nwl90

番外編2 やよいの家に行ったとき


長介「すげえ……」

長介少年の目には、プロデューサーは、悪人を追い払うヒーローに見えた

彼は密かに誓う。あのような大人になろうと


本当に終わり 


141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 01:28:36.70 :Y16DxWX60
>>138
面白かった
おつ 


144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 01:29:28.63 :X+j8nwl90

スカーフェイスと哭きの竜を読んでうずうずしたので書いてみた

が、書き終わって、どうしてこうなったとも思ったけれど、
書いてるときはすげー楽しかった

読んでくれた人、どうもありがとう